我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

SOMEWHERE /サムウェア

2011-04-03 17:31:14 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click


ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作

 

むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。

タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声もあがってたけど

わたしもややそう思うな~。タラちゃんたら。

ソフィア・コッポラの映画って、個人的にはいつも雰囲気的魅力っていうのが大きいと思ってる。

確かに「ロスト・イン・トランスレーション」は評価されたし、わたしも一番すきだけど、

'99年のデビュー作「ヴァージン・スーサイズ」、「マリー・アントワネット」にしろ。

本作は、初めて男性目線で撮った作品。

 

ソフィアの父フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮、兄ローマン・コッポラが製作を務め、

相変わらず選曲にこだわるソフィアが今回選んだ、スウィートな音楽は、フランス・ヴェルサイユ出身の4人組ロック・バンド、フェニックス。

 

主演には、脚本を書いた時からイメージしてたという、LA育ちのスティーヴン・ドーフ。

話題作に出演するハリウッドスターで、モーション(古い?)かけてくる女性は後をたたず。

フェラーリを乗り、酒と女には不自由しない ジョニー・マルコ。

別居中の妻との間の娘が数日間戻り生活を共にする。

 

素直で可愛い11歳の娘、クレアには、ダコタ・ファニングの妹として幼少時から注目されてる

エル・ファニングちゃん。デビューは「チャーリーと14人のキッズ」

その後「帰らない日々」「バベル」「ベンジャミン・バトン」などに出演。

姉のダコタ同様、知的な印象とあどけなさを併せ持つ天才子役。だけどこの初々しさがいいんだよね。

この作品が、静かなだけの作品にならずにすむのはこの子の存在感のおかげかも。

 

 

6/10(64点)

 

なんとも起承転結というか、ドラマ性がないストーリー。

だけど、華やかな世界に身を置く一人の中年男が 娘との大切なひとときを過ごすことで

何かを感じていく。そういう情緒的な雰囲気もの。

何か起こるわけでもなく、日常のある数日間を切り取った形で

この一人の男の人生の一部が映し出される。人によっては退屈だろうな。

わたしはといえば、このスティーヴン演じるジョニーが俳優ってことで

普段普通に行われる新作のインタビューや、記者会見、写真撮影、映画祭での受賞スピーチ、

そんなシーンが退屈ではなかった。

面白いかって言われたらそうでもないけど(笑)

あ、新作に使う老人になるための特殊メイクのマスクの型取りシーンはちょっと面白かった。

喋れない状態で真っ白にされたまま、スタッフたち包帯を取りに行くといったきり

しばらく戻ってこないから、この時何か起こるのかと思っちゃった。

あれだけ長写ししておきながら何にもないんだけど何か起こせばいいのに。

なんて思っちゃうんだけど、そういう映画ではないんだよね。

 

ラストにしてもそう。

 

この映画、父と娘が ただ普通に一緒に同じ時を過ごし、

夜中にアイスクリームを頼んだり、TVゲームしたり、食事したり、ドライブしたり、、、

なにげない生活のひとこま。その距離感。そしてそれこそが、人生に大事なものだと思えて来て。。。

エル・ファニング、ほんとキュート。スケートシーンは全く経験がない中で

本作の為に特訓したんだとか。今後の成長も楽しみ。

 

 

ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”を住まいに、高級車を乗り回してはパーティーで酒と女に明け暮 れ、まさにセレブらしい派手な生活を送っていた。

しかし、それはいずれも孤独な彼の空虚感を紛らわすだけに過ぎない。

ある日、ジョニーは前妻と同居す る11歳の娘クレオを夜まで預かり、親子の短いひとときを過ごす。

それからほどなくして、自堕落な日常へ戻っていた彼の前に、再びクレオが現われる。

前妻 が突然家を空けるため、今度はしばらくの間、娘の面倒を見ることに。やがて、授賞式出席のためクレオと一緒にイタリアへと向かうジョニーだった…。

 

 

公式サイト 

SOME WHERE     2010年   アメリカ   98min

4月2日より公開中~

 

 

毎回楽しみなソフィア・コッポラ作品の音楽。今回の選曲、

クレアのスケートシーンでかかるグウェン・ステファニー「Cool」や、

ホテルのウェイター(おじいちゃん)がエルヴィス・プレスリーの「TeddyBear」を弾き語りなど、

今回も色々なジャンルからの選曲がイイ。

ラインナップが挙ってるのにサントラとしての発売は未定とのことでちょっと残念。

01. Love Like A Sunset Pt 1 – Phoenix
02. My Hero – Foo Fighters
03. One Thing – Amerie
04. Cool – Gwen Stefani
05. Love theme From Kiss – Kiss
06. Look – Sebastien Teiller
07. Message Music – William Storkson
08. Ghandi Fix – William Storkson
09. So Lonely – The Police
10. 20th Century Boy – T.Rex
11. Che Si Fa – Veleria Marini
12. Teddy Bear – Romulo
13. Teddy Bear – William Storkson
14. I’ll Try Anything Once – The Strokes
15. Terrasse – Phoenix
16. Love Like A Sunset Pt 2 – Phoenix
17. Smoke Gets In Your Eyes – Bryan Ferry

 

1月19日に都内のホテルにて来日記者会見。ゲストは富永愛

 

1971年生まれ

1973年生まれ

意外にふたりとも若いのであった。

 

ヴェネチア映画祭にて

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう

 
←please click

 


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしを離さないで /Never l... | TOP | ほぼトワイライト /オフロでG... »

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日観ました。 (ケロ)
2011-04-03 18:24:34
 久々にコメントを書きます。
 ソフィア・コッポラの作品は全て観たのですが、今作はピンとこなかったんですよね。数年経っていくと、自分の好きな映画の雰囲気などが変わっていくから、そうなのかと思いましたが、男性目線で撮ったことが大きいのかもしれないと思いました。
 だけど、毎度ながら音楽は最高でしたし、作品の雰囲気好きだったのは言うまでもありませんでした。エル・ファニングちゃんも可愛かったですし。
Unknown (KLY)
2011-04-03 18:35:03
前半は何ぼなんでも冗長的過ぎるかな。意図しているところは解らんでもないのだけど。
でも父と娘がそろって極普通の生活を送っているシーンのあの輝きだけで許せます。幸せのお裾分けしてもらったみたいで、それで満足です^^
ソフィア・コッポラ (ノルウェーまだ~む)
2011-04-04 00:32:25
migちゃん、こんにちは☆
ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」を丁度見たばかりだったの!ガレージセールに出そうと思ったけど、見たらよかったから止めたわ。
ダコタちゃんの妹ちゃんがかわいいね!
☆ケロさん (mig)
2011-04-04 09:04:01
おはようございます☆
そうですね、わかります、
今回は意識して音も減らしたっていうし、
セリフもかなり削ぎ落として少なめだし
ちょっと淡々としてる上あまり展開とかはないですしね~。
わたしも雰囲気で好きってくらいかな。
デビューの「ヴァージンスーサイズ」また観たくなっちゃいました。
KLYさん★ (mig)
2011-04-04 09:05:58
実は私オープニングの部分だけ観れなかったのだけど、入って行ったらすぐもう延々続くシーン。
今回ほんとにそういうシーン多くてハネケか?と思っちゃった(ウソ)

うん、スティーヴンドーフ&エルちゃんが可愛いし微笑ましかったな
☆まだ~む (mig)
2011-04-04 09:07:46
おはよう☆
アハハ、そうだったんだ!タイミングいいね~。
スカちゃんはあれで売れたような気がするな、その前にも子役から色々出てはいたけど。
こちらは逆にセリフが少なめだから字幕なしでもいいかも?
結局 (mezzotint)
2011-04-04 21:41:46
何か起きるんじゃないかと期待しながら
最後まで観ましたが、特に大きな展開も
なく、、、。終わっちゃいましたね。

ベニチオ・デルトロさんが出てましたね。
カメオ出演だったそうです。
mezzotintさん★ (mig)
2011-04-04 22:00:03
こんばんは♪あ!デルトロ、そうそうカメオですね。
書いたつもりで忘れてました!!
あ~最近忘れっぽ過ぎ、、、。

雰囲気ものだと思ってます(笑)
う~ん・・・ (562_1992)
2011-04-07 09:14:28
おはよう、migちゃん。
これ評価割れてるみたいだね。
前々から観たいなぁとは思ってたんだけど
他にも観たいのがどんどん公開されてるから
後回しになっちゃいそう。
映画と関係ない話になっちゃうけど
富永愛すっごいスタイルね。
外人さん2人と並んでるのに…神がかってる!
☆562_1992Tamaちゃん (mig)
2011-04-07 10:53:05
おはよう☆

うん、そうね~何がダメとかじゃなく、とくに何もなく雰囲気ものって感じだからかなぁ。
私もソフィアコッポラの映画は好きなのと嫌いなの分かれるんだけど、今回はキャストが良かったくらいで。
DVDでも全然良いよ(笑)
富永愛、最近よく出てるよねー
引っ越したよー (rose_chocolat)
2011-04-09 18:55:16
楽天ブログが4月11日からTBを廃止するそうです!(まじでありえね~~~)

新しいところの記事もTBしました。
今後はgooでお願いしますね~。

ところでこの、数字入れるコメントのやり方ってどうするの??
migちゃん教えて~
☆roseさん (mig)
2011-04-09 20:02:42
いえ~い♪ようこそ♪

でも酷い話よね~。
TB受け付けないなんてへんなの!
goo早くなれるといいですね。
今からご飯なのであとでゆっくりお邪魔しますわ!

数字いれるの??
コメントを受け取らないとか、受け取るとかの設定ボタンで、全部を受け取るにしたら自動的にこれがついちゃうはずなんだけど、、、
もう解決したかな?

あと、事後ですが 翔の映画の告知最新記事本文にblogリンクはらせてもらってます★宜しくです。


おはよー☆ (tomoco)
2011-04-16 08:32:42
うん、そこまで引っぱっといて何もないんかい!って感じ?
でも終わってみるとなんか良かったよ~
スティーヴン・ドーフ目当てで行ったけど彼合ってたし
エル・ファニングちゃんも。キャストによるとこ大きいね☆

そうだ、音楽のこと書くの忘れたけどオリジナルだけじゃなく全編よかったね
☆tomocoさん (mig)
2011-04-16 23:45:08
なんかね~、何にもないんだもんね!
ドーフは良かったよね☆
うん、はまってたしね。
そういつも映画そのものより私はサントラの方が好きだなぁ。
「ロストイントランスレーション」は好きヨ☆
こんにちは (えめきん)
2011-04-29 08:33:02
セレブな映画スターの日常を描いている点が興味深かったです。ハリウッド俳優って撮影以外の時はあんなことしてるんだなぁ。
スティーブン・ドーフとエル・ファニングの親子がとても微笑ましい親子を演じていましたね。それにしてもエル・ファニング可愛い!近い内に是非、お姉ちゃんのダコタ・ファニングと共演して欲しいです。
えめきんさん☆ (mig)
2011-04-29 08:58:11
おはようございます☆

二人が良かったですよね~
エルちゃんはダコタに負け劣らずカワイイし。
ダコタは美少女、エルちゃんは可愛いって感じ。
うん、共演してほしいですね!
Unknown (kanako)
2011-05-02 06:49:11
migさんお久しぶりです~!
これ日本でも公開になっていたんですね!
私にはちょっと退屈な映画だったんですけど、意外と高評な方もいるみたい!

これぐらい深く読み取れたら楽しかったかも~なんて今読んでて思いましたww
雰囲気の映画。なのかな?
でも主役の彼、そしてエルは本当に良かったと思いますね^^

Kanakoちゃん★ (mig)
2011-05-02 23:38:47
こっちにもありがと☆
そちらでは色々満喫してるのねー♪
そうだね~退屈っていうの、分かるわぁ。
キャストで観れた感じだもん。
そもそも私はあまりソフィアコッポラの映画は好きでもないかも。
ロストイン~は好きだったけど。
エルちゃんの (sakurai)
2011-06-20 14:09:22
おかげですね、いわれてみると。
映画として、どうやら見れたのは。
生活臭たっぷりの、毎日超日常に追われすぎてるおばさんに、気分転換になるかと思ったのですが、逆にストレスたまっただけでした
☆sakuraiさん (mig)
2011-06-21 10:09:58
こちらにもありがとです、
そうなんですよね~
ドーフも良かったけど、、、、
sakuraiさんはソフィアコッポラ苦手なんですね。
私は好きなのもあるんだけど、
「マリーアントワネット」がダメでした~

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

37 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
SOMEWHERE (LOVE Cinemas 調布)
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受...
ソフィア・コッポラ監督『SOMEWHERE』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督『 SOMEWHERE 』 主演は「バック・ビート」「ブレイド」の スティーヴン・ドーフと
SOMEWHERE (映画情報良いとこ撮り!)
SOMEWHERE ジョニー・マルコは、ハリウッドの人気俳優だ。 そんな彼には、前妻との間に一人の娘がいた。 その娘が突然やってきて、しばらく生活を友することとなる。 しかし、彼は普段シャトー・マーモント暮らし、享楽的で、少し物悲しい暮らしをしていた。 ...
SOMEWHERE (ここにあるもの)
ソフィア・コッポラが正解な理由が、明確になる映画。 光と音楽と家族と素敵にバランスよく全編を覆う感じにふわっとできる。 待ちに待ったソフィア・コッポラの新作『SOMEWHERE』を ...
SOMEWHERE(2010) (銅版画制作の日々)
 どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 MOVX京都にて鑑賞。ソフィア・コッポラ監督の待望の新作。 2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作だそうです。ということでかなり期待度高い作品でしたが、、、、。う~ん特に大きな展開があるわけではなく、...
『SOMEWHERE』 (ラムの大通り)
(原題:SOMEWHERE) ----これってソフィア・コッポラ』監督の映画だよね。 確かヴェネチア国際映画祭金獅子賞だったような…。 「うん。 実を言うと、 あまりノレた映画じゃなくって、 いったんはスルーしようかと思っていたんだけど、 今回の地震で思うところがあっ...
SOMEWHERE (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『SOMEWHERE』  (2010) ロサンゼルスのホテルで派手な暮らしを送るハリウッドスターのジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、別れた妻のもとで暮らしていた11歳の娘クレオ(エル・ファニング)をしばらくの間、預かることになる。 騒々し...
SOMEWHERE (うろうろ日記)
試写会で見ました。俳優の主人公が離れて暮らす娘との交流で娘っていいなー。という感
SOMEWHERE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの ...
シャトー・マーモントホテル~『SOMEWHERE』 (真紅のthinkingdays)
 SOMEWHERE  ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAの ホテル「シャトー・マーモント」で暮らし、空虚な日々を過ごしていた。そこへ、 前妻と暮らす...
16.(?)SOMEWHERE (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 31オープニング土日動員: 9310人オープニング土日興収:
SOMEWHERE (心のままに映画の風景)
ハリウッドスター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”に住み、酒と女に明け暮れ、高級車を乗り回し、孤独を紛らわす生活をおくっていた。 ある日...
SOMEWHERE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ソフィア・コッポラ監督、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス、ベニチオ・デル・トロ、ミシ ...
『SOMEWHERE』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:SOMEWHERE監督:ソフィア・コッポラ出演:スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・トロ 、ミシェル・モナハン公式サイトはこち...
『SOMEWHERE』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:SOMEWHERE監督:ソフィア・コッポラ出演:スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・トロ 、ミシェル・モナハン公式サイトはこち...
「SOMEWHERE」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「SOMEWHERE」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、他 *監督:ソフィア・コッポラ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽に...
SOMEWHERE (風に吹かれて)
娘と過ごして気づいた事公式サイト http://somewhere-movie.jp監督: ソフィア・コッポラハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAにあるホテル“シャ
『SOMEWHERE』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
楽天ブログ「Nice One!!」のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 Somewhere (trailer HD) 原題: SOMEWHERE 監督: ソフィア・コッポラ 出演: スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・トロ 、ミシェル....
Some where (ケントのたそがれ劇場)
★★★  フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』に続いて撮った三作目の映画である。本作は『ロスト・イン・トランスレーション』同様、ドキュメンタリータッチのけだるい雰囲気が漂...
■映画『SOMEWHERE』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー...
『SOMEWHERE/サムウェア』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
     ソフィア・コッポラ監督・脚本・製作   ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品 この作品がヴェネチアでタランティーノ絶賛で賞を獲ったのは知ってたけど、 キャストまではよくわかってなかった。 『英国王のスピーチ』の時だったかスクリーンで予告...
No.252 SOMEWHERE (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、父フランシス・フォード・コッポラとの思い出や、2児の母となった自らの経験を投影して製作。 ...
Somewhere (映画的・絵画的・音楽的)
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期....
『SOMEWHERE』 メローな空虚 (Days of Books, Films )
SOMEWHERE(film review) 「俺は空っぽの男だ」。ハリウッドの
隙間を埋める存在 (笑う学生の生活)
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...
~『SOMEWHERE 』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、ソフィア・コッポラ監督&脚本、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演。
SOMEWHERE (5125年映画の旅)
優雅なホテル暮らしを満喫するハリウッドスターのジョニー・マルコは、離婚した妻から突然「しばらく家を出るから娘のクレオを預かって欲しい」と頼まれる。久しぶりの娘との生活 ...
SOMEWHERE (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は ...
SOMEWHERE (Diarydiary! )
《SOMEWHERE》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SOMEWHER
「SOMEWHERE」 淡々とした生活、だが大切な日々 (はらやんの映画徒然草)
ヴェネチア国際映画祭で受賞したのは元カレのタランティーノが贔屓目でみたからとか言
SOMEWHERE (voy's room)
タブロイド紙を頻繁に賑わす俳優ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ハリウッドにある伝説的なホテル、シャトー・マーモントで暮らしている。フェラーリを乗り回し、ホテルで一緒に過ごす女性にも事欠かず、ふわふわと漂うように毎日を過ごしている。そんな...
[映画『SOMEWHERE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うん、分かる分かる、映評ブロガー・セレブとして名高い私の、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の感想を聞きたいんだろう?  でもね、私、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを一作も見たことがないんだわ^^;  一週間程前に、前三作を借りてきて見...
SOMEWHERE (迷宮映画館)
だめだ。。やっぱりソフィアとは性が合わない。
『SOMEWHERE』 (だらだら無気力ブログ)
「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」の ソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、 前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル ・ヒューマン・ストーリー。 主演は「パブリック・エネ...
SOMEWHERE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
SOMEWHERE'10:米◆原題:SOMEWHERE◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポ ...
DVD:SOMEWHERE なぜか「あとをひく」L.A.版「甘い生活」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラの最新作。 ほとんど「何も起こらない映画」という噂を聞いていたので、かなり警戒して鑑賞。 ところが、そこまでではなかった。 主人公(スティーブン・ドーフ)は、たいした努力もせずとも運よく出世し、今....
SOMEWHERE (こんな映画見ました~)
『SOMEWHERE』---SOMEWHERE---2010年(アメリカ)監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ 、エル・ファニング「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スター....