我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

Robin Hood / ロビン・フッド

2010-10-28 11:38:50 | 劇場&試写★5



暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ
よっぽど好きなのね


前髪短過ぎじゃ?
ラッセル・クロウってあまり好きじゃないけど、このコンビの作品ではアカデミー賞作品賞をとった
「グラディエーター」がやっぱり一番面白かったな。

本作の脚本はブライアン・ヘルゲランド。


ノルウェーからの帰りの機内、吹替えで鑑賞。全米では5月公開。大作のわりにはヒットしていない。

こういう歴史大作だと 内容的に相当面白くないとわたしにはキツいジャンル。
それが2時間半もあるものだからそれは大変。

ロビン・フッドに関して、Wikipediaでは    
<弓の名手で、イギリスのノッティンガムのシャーウッドの森に住むアウトロー集団の首領とされる。
吟遊詩人により一編の物語として編集され、一般に広まる>とある。

この作品、12世紀のイギリスを舞台に、勇猛果敢なヒーローの戦いぶり いかにしてシャーウッドの森の英雄となったのか、ロビンフッド誕生までを描く。

だから ロビンフットやその歴史、背景に興味がないと楽しめない部分も大きいのも当然かも。
それに、基本 戦うだけの話、それにラブストーリーが加わると余計にダメなので
結果から言ってしまうとわたしにはかなりどうでもいい映画でした これ。(笑)

でもこれから公開だし(12月)吹替えでやってたから観たけど、劇場には観に行くつもりなかったから観れて良かったかな。



ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シドー、そして
「シャーロック・ホームズ」でも悪役だったマーク・ストロング。

キャストからいって、大体の役目も検討がつくところ。




5/10(50点)



一応普通評価だけど もともとに興味がないため、残念ながらそのくらいしか感想なし
やたら長過ぎるのも うーん 機内の小さい画面だったし迫力もないしね。
あとラストがフツウ過ぎ。って変えようがないから仕方ないのか。

ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェットファンか、リドリー・スコット監督ファン、
歴史超大作、あとはもちろん、ロビンフッドのファンの方向け




十字軍の遠征から帰ったロビン・フッドは、戦友の剣を届けようと彼の家族のもとへ向かう。
ところが友の故郷は国王に任命された悪名高い代官と無法者たちに牛耳られていた。
これを知ったフッドは、苦境に喘ぐ貧しい農民たちを救おうと仲間と共に立ち上がる。









公式サイト
Robin Hood 2010年  アメリカ 140min
12月10日(金)~全国ロードショー







一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (50)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Letters to Juliet /ジュリ... | TOP | シングルマン/A Single Man »

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
マーク ストロング (hino)
2010-10-28 11:51:53
migちゃん、今日は寒い~。
コメント多くてごめーん。
足痛くて、今日も仕事休んじゃった。なので暇~。
観るDVDあるのだけど、17歳の肖像もアップしたいし~。暇忙し~。

歴史超大作で、ラッセルとくれば、やっぱし私好みだ。是非、劇場観したいな。
前髪短すぎ(爆)多々あるよねえ、この髪型。

機内映画は全部英語の字幕なしだと思ってたよ~。
日本行きはちゃんと吹き替え用意してくれているんだね!そっか、小さな画面で(^^;

やっぱ、マーク ストロングはmigちゃんの言うガルシアと私の言うもっくんとかぶるわ~。
ウィリアム ハートも久しぶりに観たいし。

ずいぶん先の日本公開みたいだけど、劇場観入り~(祝)





hino(ゆきえ)ちゃん★ (mig)
2010-10-28 11:56:30
おはよ♪うわ~早い!
コメントいっぱいありがとー!
今から出るのでまたあとでお返事するね☆

モックン、ウケた~ ゆきえちゃん面白過ぎ。
そうそうまた今日中にメールします♪

ゆきえちゃん、今月は(というかあさって)「ソウ」があるじゃない♪

え?劇場で観ないの?そんなー観ようよ。
じゃまたね~☆
Unknown (xtc4241)
2010-10-28 12:41:26
migさん、こんにちは(いま28日12:30頃です)

会社の福祉厚生クラブに<秋のシネマ特集>で、
この「ロビン・フッド」が、なんと、999円で購入できるといのがありました。
それでどうしようか?って、迷ってたんですが、
これで行くのはヤメに決めました(笑)

僕にとっては「グラジエーター」もこれがアカデミー賞って感じでしたし、
はじめから乗る気がしなかった映画ですから。

migさんの何気なく、ちょこんと書いているコメントがおもしろいです!
「よっぽど、すきなのね~」
「前髪短すぎ」とかね。

それじゃあ、また。
こんにちは♪ (yukarin)
2010-10-28 16:54:45
うーん、普通か。
ラッセル・クロウにはテンション上がらないんですよねぇ(笑)
歴史もの好きだから一応観る!

ここだけの話「グラディエーター」は未見だったりする(笑)
劇場向け (ノルウェーまだ~む)
2010-10-28 17:13:52
migちゃん、これは劇場向け映画だわ~
やっぱり王道のストーリー展開だからこそ、大画面で迫力たっぷりに観ないと、確かにイマイチになるよね。
ラストは当然の予測どおりだけど、その分、CGなしのガチ戦争が、かなり迫力あったよ。

migちゃんのあっさりレビューが面白い☆
hinoちゃんのモックン+ガルシア+海老蔵でどだ?
わたしのロビンフッドさま♪ (ともや)
2010-10-28 19:45:10
こんばんは~、migさん♪
かなりシリアスで重い重い映画だと思ってたら、意外に軽くてビックリ。
嫌いじゃないんだけど、最後まで『これ…「ロビンフッド」である必然性があるのかなぁ…』って思ってました。
(だってあんまり弓の名手ってシーンが無かったんだもんww)

あいかわらず観てるんだけど感想書いてないんで、また遊びに来ますね~♪
(ともやも書いてない映画の記事がゴロゴロしてるんで、アップアップです・笑)
☆xtc4241さん (mig)
2010-10-28 22:27:34
こんばんは☆
そちらでは先取りで新作観れて羨ましいです~。
あ、それで999円。そちらではDVDがもう出てるんですね!
うーん、グラディエーターがダメだったらこれは、観なくてもいいかも。

他にもっと興味のある作品観た方がいいですよ♪

yukarinちゃん★ (mig)
2010-10-28 22:28:46
えー、意外!「グラディエーター」は作品賞とってるし、こんなわたしでもすごく楽しめた作品。
ドラマがあったし。
こちらはうーん。わたしはフツウ。
でも歴史ものとか大作好きなyukarinちゃんなら楽しめるかも!
☆まだ~む (mig)
2010-10-28 22:31:38
うん、まだ~むに同感だわ~。
でもたぶんわたしは劇場で観てても結果は同じだったと思うんだ。
最初からこの手の戦い+ラブある大作っていうのがニガテだから。
ブラピの「トロン」とかも同様でダメ。
こちらの方がまだ良かったケド、、、
もうね、時間が足りないので言いたい事書いてオワリよ(笑)

モックンは目力しか似てないなー
海老蔵の方がまだわかる、ゆきえちゃん、ごめん

ともやさん☆こんばんは (mig)
2010-10-28 22:33:35
そうそう~、ともやさんブログ、最近つぶやき表示ばかり!(笑)

ホラーDVDとかもっと書いておきたいのがあるの~
とてもパリスにまで手も廻らないし
ともやさんも沢山観てるもんねー、TIFFはもう観ないのかな?
レビュー待ってまーす☆

あらら (KLY)
2010-10-28 22:46:32
migさんはだめかぁ。
私はもう大好物の西洋史モノで、アクションモノでラッセルとリドリー・スコットと来たらもうドツボ。
やっぱ同じオッサンでも腹出てるより筋肉質だよね。いや映画俳優としてはさ…^^;

ところでともやさんと違って私はもう最近ツイッターにすっかりご無沙汰。モバゲーにはまってるってのもあるんだけど、携帯がぼろくて表示にやたら時間がかかるのがもうストレスで…。^^;
☆KLYさん (mig)
2010-10-28 22:49:29
ごめんなさいーって謝ることはないんだけど、今回は意見割れちゃった。
だってKLYさんやたら高い!(笑)

やだぁ、kLYさんもちゃんとツイッターしてほしいー
ここでも話してるけどね☆
また会っておしゃべりしましょうね~。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2010-10-29 01:27:50
ラッセルクロウは苦手と言いながら、結構作品多く観ていて、最近は嫌いじゃあないのかも?とか思ったりしてます(笑)
KLYさんと同じで西洋史ものは好きですしリドリースコットも好きなので、多分私は楽しめると思います^^migさんがふつうなら、つまらなくはないでしょう(笑)鑑賞したら、また
お邪魔しま~す♪
ひろちゃん☆ (mig)
2010-10-30 07:58:56
おはようございます☆
私もニガテといいながら殆ど観てるんですよ~
今回はわたしはフツウになっちゃいました


私の評価基準でそう予測するの、面白い(笑)
うん、ひろちゃんはきっとお好きです
今時間ないのでまたブログあとでお邪魔しますね~☆

気になる・・・ (562_1992)
2010-10-31 21:59:44
こんばんはー。

ケイト・ブランシェットも好きだし
予告編観た時から気になってる映画です。

そして実は・・・マーク・ストロングが
結構好きなの♪
色んな作品に出てて、その度に違う表情を
見せてくれる役者さんだと思ってるんだけど、
とにかく個人的に一番カッコイイと思ったのは
『ワールド・オブ・ライズ』のヨルダン諜報員役♡
レオとラッセルより断然良かったんだけど…
(私だけ?笑)

それに歴史物、いわゆるコスチューム系が
好きなので観たいな~と思ってたんだけど、
確かにストーリーは判ってるし長いのね…
迷う~
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2010-11-01 09:38:04
おはよう~。

ケイトブランシェット好きな人多いんだよね☆

マークストロングまで好きだとは、じゃあ観るしかないんじゃない?(笑)
これDVDだったら迫力なくて駄目かも、画面大きかったら別だけど。

レオくんは渋くていいけど、マークストロングも悪役似合ういい役者さん☆

歴史&コスもの好き?
もうそりゃ観るしかないよ!(笑)
今日は映画の日、何か観るのかなー?

こんにちは。 (BROOK)
2010-12-10 16:46:22
私も「グラディエーター」よりは劣りました。
それでも、ラストの戦いはかなり興奮しましたし、面白かったです。

そして、あの結末は・・・
成績次第では続編も出来たのでしょうが、無理っぽいですね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2010-12-10 21:25:47
>あとラストがフツウ過ぎ

そうそう、結局今までの戦いは何やってん!と思わせるあのラストってどないなん?とも思いましたよ。
全然スカッとすることがありませんでした。
BROOKさん☆ (mig)
2010-12-10 22:37:03
こんばんは☆
グラディエーターとは比べ物になりません~
あちら、アカデミー賞
とりましたしね☆
けっこうこれ、厳しい評価も出てるみたいですね
☆にゃむばななさん (mig)
2010-12-10 22:38:04
こんばんは☆

そうなんですよね~。

なーんか、どの部分もありきたりでフツウなんですよね。
長いからこれまた、、、
Unknown (佐藤秀)
2010-12-10 23:03:54
観る前はあまり面白くなさそうと思いつつ気が付いたら楽しんでました。本当の意味で2時間限定で別世界を楽しめ、観た後、後腐れなしの映画というか。王冠をいきなりジョンにかぶせて新王誕生とか、ブランシェットの騎士の甲冑姿に萌えたり、細かなところで意外に楽しめたかな。
こんばんは (michi)
2010-12-11 19:40:21
>ラブストーリーが加わると余計にダメ…

そうでしたか~。
実は私も基本、ダメなんですが、
今回は何故か受け入れられたんです。
年取って丸くなってきたのかな。。。笑

こんばんは♪ (yukarin)
2010-12-11 22:52:25
あはは、migさん的にはどうでもいい作品かぁ(笑)
歴史ものは好きなほうなので楽しめたクチです。
そういいつつもロビンフッドは名前しかしらなくて、、、
私の場合、戦いのシーンが迫力があるかないかで面白さが決まるので、そういう点では面白く観られましたよ。
んも~イケメン出てこないしィ(笑)
Unknown (風情♪)
2010-12-11 23:57:09
こんにちは♪

>ノルウェーからの帰りの機内、吹替えで鑑賞。

イイなぁ…ボクなんてネパールからの帰りの機
内では英語版と中国語版しかなくて泣く泣く観
るのを諦めましたよ…。

>歴史大作だと内容的に相当面白くないとわたし

あぁ~コレよく解るなぁ。
ボクは日本の戦国時代専門なんで欧州の歴史大河
は正直苦手なんすけど、序章的な作りの本作に当
初は当惑しましたが、重厚な作風と手に汗握るア
クションにいつの間にやらスッカリ作品にのめり
込んでさすがR・スコット監督と言ったところでし
た♪ (゜▽゜)v
佐藤さん☆ (mig)
2010-12-12 09:41:55
そうですねー、こういうの歴史大作って好きな人は好きですよね~。

私ももっと盛り上りあったりすれば良かったんだけどどうにもフツウでした 笑
☆michiさん (mig)
2010-12-12 09:43:54
おはようございます♪

うーん、男のロマンにラブ話はいらぬ!って昔から思っちゃうので最後の方のケイトとのやりとりはしらけて観ちゃってましたわ~
yukarinちゃん★ (mig)
2010-12-12 09:45:32
おはよう♪

うん、ごめんー フツウとしか感想が出て来ない、、、、、(笑)グラディエターは大好きだけど、、、、
もうこういうのマンネリなストーリーって思えちゃうの。
風情♪さん (mig)
2010-12-12 09:56:16
おはようございます☆

風情♪さんも機内であったんですね、
でも他の映画は字幕なしも多かったから

この難しそうな大作は吹替えで良かったです☆
で、タダ観で良かったと(笑)

上にも書いてるけどあんまりのめり込むとこもないし長いしでかなりフツウでした

人物を描いた歴史ものってそのひとにある程度興味ないと楽しめない部分もありますよね~
よほど見せ方も面白いとかじゃないと、、、

夜おじゃましますね!
タダ観のqだし♪ (q  マーク・ストロング大好き)
2010-12-12 21:46:51
白馬に跨ったメタボなオヤジは
\(・_\)それは(/_・)/おいといて
むふっむふふふふふっ
マーク・ストロングだったわ~ん
ワル大好きワル顔大好きのqとしては
ロビン・フッド演じるにはメタボオヤジな彼はどうでも良い
ワルよっワルワルッ!!!と。マーク・ストロングに奪われたわ
リドリー監督により世界史の史実と寓話がミックスすると、こうも凄いものか
と惹きこまれて来たわよん
でも。ガチバトルの男のロマンにラブ話はいらぬ!これ、すーんごい解る
確かに、ケイトとの云々かんぬんは頂けないと・・・
なんてタダ観のqなのだった
qちゃん☆ (mig)
2010-12-12 23:08:18
マーク好きだったらアンディガルシアも好きでしょ?

私ラッセルクロウがそもそもどうでもよくて、、、(笑!)
それでも「グラディエーター」は好きなんだけど
こっちはほんとどうでも良かったのよねぇ。。。つまらなくもなかったんだけど
今晩は、ホント普通でしたね! (パピのママ)
2010-12-13 17:12:32
あまり期待してなかったので、私もポイント貯まってたので、タダ観です(笑)
何だかロビン・フッド役は中年の俳優さんが多いのね、もっと若い肉体美の俳優さんいるのに。
そう、伝説の熱血アウトローにラブは似合いませんからね。
でも、映像美は奇麗でした。
パピママさん☆ (mig)
2010-12-14 10:39:10
おはようございます☆

タダでちょうどいいくらいですね~(笑)
機内での食べ「ながら観」でちょうどいいくらいでした~
こんばんは (ノラネコ)
2010-12-14 22:56:40
う~ん、この手のジャンルが大好きな私としては、更にあと30分長くして、後半を描きこんで欲しいと思いました。
まあ機内のモニターだとちょっとキツイかな。
これは伝説の内容とはあまり関係なく、ブライアン・ヘルゲランドのオリジナルのビギニングなんで、ロビン・フッドの熱心なファンからは賛否ありそうです。
個人的にはこれもありだと思いますけどね。
こんにちは (えめきん)
2010-12-15 09:08:13
手堅いながらも見応えのある歴史活劇でした。予告からはもっと派手な印象でしたが、予想よりも地味にまとまっている感じでした。むしろ村の再建の話の方が面白かったような気もします。

☆ノラネコさん (mig)
2010-12-15 10:41:36
おはようございます☆

えーー?そんなに長くてもOKなんですか私はムリ(笑)

そうですね、機内モニターだからだらだらみちゃうかんじなのかな。

どうしても好みに分かれますよねこういうコスものって。
グラディエーターみたいに内容が面白ければOKなんだけどなー

えめきんさん☆ (mig)
2010-12-15 10:42:54
おはようございます☆
うーん、私はなんともいえずフツウでした

あちらの評判よりもブロガーさんの評判はいいですよね、ちょっとびっくり(笑)
意外にも。 (mezzotint)
2010-12-15 10:49:37
楽しめました!
歴史もの、苦手なのですが。
分かりやすかったのが、良かったのかも
しれませんね。
リドリー・スコット監督はラッセル・クロウ。
弟トニ―監督はデンゼル・ワシントン。
兄弟ともそれぞれ一人の俳優さんに思い入れが
あるのか?不思議ですね。やることが似て
いますね(笑)
mezzotintさん★ (mig)
2010-12-15 10:54:34
おはようございます☆

ありゃ、mezzotintさんも楽しめたんですね♪

私、
この映画に関してはなにも言う事なくて(笑)
要するに、のめり込めなかったし、好みじゃないってことで

そうですよね~、お気に入りの人起用し続けるってどうなんだろう(笑)
ロビン・フッド (ともや)
2010-12-15 19:32:59
こんばんは、migさん♪
ともやもかな~り前に観てたんだけど、やっと感想アップできた~。
もう年末は忙しくてアップアップですww(駄洒落?)

割と普通に面白かったけど、キュンキュンする程ハマらなかったですわん♪
やっぱり「ロビン・フッド」って痛快で明るい活劇ってイメージなのよね~。
(緑のタイツを履け…とまでは言わないからww)
ともやさん☆ (mig)
2010-12-16 17:20:34
こんばんは☆

アップアップだよねー、
私もやっとこ 9月のラテンビートの感想書いたよぅ~
ずっとストックに入れっぱなしだったの。

うーん、緑のタイツはいたらコメディだけど
もう少し引き込まれたかったなぁ(笑)
真夜中こんばんは(笑) (ひろちゃん)
2010-12-18 01:57:15
>ひろちゃんはきっとお好きです

もう~migさんてば~なんでわかったんでしょうか?(笑)はい、ドンピシャ!ツボでした(笑)鑑賞後ですので、改めてじっくり感想読ませて頂いたら・・・いや~アッサリ(笑)
migさんがいかにこの映画に興味ないかがわかりました(笑)ラッセルは人間的には好きじゃないんですが(笑)役者としては、好きだと
気がつきました(笑)

比較したらグラディエーターのほうが面白いですが、この作品も好きでした♪
ひろちゃん☆ (mig)
2010-12-18 07:31:13
おはようです♪
ふふふ、ひろちゃんやマリーさんのお好み、もう長いおつきあいなので大体分かります

さすが、でもひろちゃんもわかってますね、
あっさりすぎるのはそれ以上言う事もないから(笑)

役者として好きっていうひと、いますよね~うん。

ひろちゃんとこあとでお邪魔しますね

今日は朝から英語で
コレですみませんが‥。 (koji of the dead)
2011-01-02 14:38:28
migさま、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致しますね。
1日に観てまいりましたよ。
migさんは、もとからこの手の映画ダメなんですね‥。

kojiは、この手の時代モノ(お馬さんの出てくる時代)大好きなのでフツーに楽しめました(笑)
ケイトが鎧着て、戦闘に参加した時には若干シラケましたが‥。

そうそう、今借りてるDVDでマッチポイント観たんですが、面白かった!カサンドラドリームも面白かったし。ウディさんの映画って味があっていいですね。タロットカード~もそうでしたっけ?ウディさんのでなんかおすすめありますか?よかったら教えて下さい。
エスターもようやく観ましたが、あの娘の演技凄いわ!!(笑)
オチも今までになくて、だからあの悪行三昧も納得できる(笑)
それでは、今年もRECを凌駕するホラー・オカルトに期待しましょう。長くなりました、すみません。

koji さん☆ (mig)
2011-01-02 18:13:17
あけましておめでとう♪

新年そうそう来訪ありがとう!

そうねぇ、わたしはどうにもこれはフツウだったの(笑)
評論家や海外評より日本の映画ファンにはウケがいいんだよね~。

マッチポイントだけわたしはそうでもなかったんだけど(ありゃ?笑)
タロットカードの方が好きだな。
ウディのは昔のも面白いyo☆

そうなのー、ホラーもの これは!というのがまた観たいよネ。
期待!今1本SFサスペンス借りてるの。
あと今月の映画リストupしたのでみてみてね!
Unknown (SGA矢伍一)
2011-01-07 08:19:28
こちらにも。この映画アメリカでもそんなにヒットしてないんだ・・・ リドリー・スコットは前の『ワールド・オブ・ライズ』もこけちゃったらしいし、大丈夫なのかな~

まあ世間の売れ行きはともかく、わたしはやっぱりリドスコ好きだな。新作が出来たらとりあえず見にいくくらいには

それに比べると弟のトニーさんのほうは兄に比べるといまひとつ個性が希薄のような。そんなわけで『アンストッパブル』はスルーしてしまいそう
伍一くん☆ (mig)
2011-01-07 23:40:16
こちらにもありがと☆
正直わたしはほんっとにこれどうでも良かったので話す事ないの(笑)

ラッセル×リドリー組過ぎ。
もういい加減別の人にしろーと言いたくなる

ワールドオブライズもそういえば私はイマイチだったなぁ。

ってあら伍一くんは好きなのね。
私は昔のリドスコ(笑)のほうが好きだわ。
グラディエーターは面白かったなぁ。

トニーのも私はどうでもいいかも。
あんまりオトコ臭いの好きじゃないのかも、、、、。
アンスト~ってけっこうヒットしてるみたいよね☆伍一くんみないのー?
おはよ~^^ (みすず)
2011-01-08 09:10:54
migさん、ダメでしたかー^^;
わたしは結構面白く鑑賞出来ました♪
こういう歴史もの好きなのよね^^
で、ロビン・フッドもよく知らなかったし、グラディエーターも未見だから余計に良かったのかも^^
おっさんばっかりだったのが残念だったけど・・・
みすずさん☆ (mig)
2011-01-09 11:59:55
おはよう~♪

そうなの、駄目ってほどではないんだけどまぁフツウにTVでみる感じで観てたなぁ(笑)
機内の小さい画面だし、リラックスする感じで(笑)

海外評よりも、ブロガーさんたちにウケいいですよね~
ありゃりゃ~ (miyu)
2011-01-16 19:21:11
そっかぁmigさんはフツーだったのかぁw
まぁでもこうゆうのが好みじゃないのなら仕方ないのかもね^^
あたしは結構こうゆうの好みなんですよぉ~。
あ、でも、戦って、恋愛、ってパターンはあたしも
本来はあまり好きじゃないパターンだなw
そこは同じ♪
miyuさん☆ (mig)
2011-01-16 23:44:38
んー、機内の小さい画面だったからというのもあるんだろうけど、
こういう戦いの伝記みたいの好きじゃないのよね、、、、
「グラディエーター」はストーリーがそりゃもう面白かったけど、、、。

こういう男臭い映画には恋愛はいらん!って思っちゃうよね

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ロビンフッド」だんだん暑苦しく (ノルウェー暮らし・イン・London)
日本公開は12月なんだー? ラッセル・クロウ演じるマッチョなロビンフッドと共に、額に汗を滲ませながら熱く戦う戦士たち。 やっぱり日本の暑い夏に観るのは、辛いよね。 子供の頃に親しんだ『ロビンフッド』は、緑のタイツで弓の名手の爽やかな青年。 それがいつの...
ロビン・フッド (LOVE Cinemas 調布)
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホー...
映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...
『ロビン・フッド』(リドリー・スコット&ラッセル・クロウ) (ラムの大通り)
(原題:Robin Hood) ----リドリー・スコット&ラッセル・クロウ。 この顔合わせって多いよね。 「そうだね。 ふたりの代表作は アカデミー作品賞に輝いた
RobinHoodとShrekforeverafter観てきた。 (下り階段をかけのぼる。)
久々に映画観てきたよー。RobinHood、日本公開12月って遅くね?http://robinhood-movie.jp/あとこのトレーラー・・・だいぶニュアンスが歪められてるな・・・。えーと、この話はかなり史実っぽ...
ロビン・フッド (あーうぃ だにぇっと)
12月1日(水)@よみうりホール。 “ロビン・フッド” は早く観たくて一所懸命葉書で応募した。 ところが、現実は厳しい! まあったくカスリもしなかった。 しょうがない映画館で観よう! と思っていたら、美女様から嬉しいお誘いがあった。 いつもありがとうご...
ロビン・フッド (シネマDVD・映画情報館)
ロビン・フッド スタッフ 監督: リドリー・スコット キャスト ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット マーク・ストロング ウィリアム・ハート マーク・アディ オスカー・アイザック ダニー・ヒューストン  劇場公開日:2010-12-10 ...
ロビンフッド (うろうろ日記)
試写会で見ました。イギリスの十字軍の遠征の途中に王様が亡くなり、混乱のついでにこ
ロビン・フッド (Akira's VOICE)
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。 
劇場鑑賞「ロビン・フッド」 (日々“是”精進!)
「ロビン・フッド」を鑑賞してきました「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、再びラッセル・クロウを主演に迎え、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化したスペ...
『ロビン・フッド』 (こねたみっくす)
オッサンとオバハンの年齢不相応の色恋沙汰をジィさんが撮った、既視感だらけの時代活劇。これって正直どうなん?という感想しか出てこない映画でした。 本当にリドリー・スコッ ...
ロビン・フッド(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ...
[映画『ロビンフッド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
映画レビュー「ロビン・フッド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Robin Hood - O.S.T.◆プチレビュー◆伝説的義賊の誕生秘話を虚実を巧みに絡めて描く歴史アクション。肉食系オヤジヒーローに注目だ。 【65点】 12世紀末。イングランドの十字軍遠征の ...
グラディエーターの再来?『ロビン・フッド』 (水曜日のシネマ日記)
12世紀のイギリスを舞台に伝説の義賊ロビン・フッドを描いた作品です。
ロビン・フッド (心のままに映画の風景)
12世紀末。 弓の名手、ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、イングランドの獅子心王、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。 ...
タイトルデザイン_22・「ロビン・フッド」Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『グラディエーター』『キングダム・オブ・ヘブン』に続いてのリドリー・スコット監督による歴史スペクタクル『ロビン・フッド』。主人公ロビンには5度目のタックとなるラッセル・クロウ。よく知られている緑のタイ
ロビン・フッド (映画鑑賞★日記・・・)
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オ ...
ロビン・フッド (だらだら無気力ブログ)
『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・ スコット監督が同じく『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャング スター』のラッセル・クロウを主演を迎え、イギリスの伝説の義賊“ロビン・ フッド”の誕生を描いた歴史スペクタクル大...
ロビン・フッド (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イングランド北部のノッティングガム、シャーウッドの森にいたとされる弓の名手ロビン・フッドの伝説と12世紀末の歴史上の人物とうまく融合した歴史アクション映画になっている。戦闘シーンは迫力満点で、フランスとイギリスの領土争いやマグナ・カルタまで取り込んだ脚本...
ロビン・フッド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰もが知っている中世の吟遊詩人が生んだという伝説の義賊、ロビン・フッド。『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と主演のラッセル・クロウのコンビで映画化した歴史ス ...
ロビン・フッド / Robin Hood (勝手に映画評)
12世紀の伝説の人物、ロビン・フッドを描いた映画。 ロビン・フッド自身は、その実在性が疑われている人物ですが、言い伝えられている伝承を下に上手く描かれています。劇中では、ロビン・フッドはロビン・ロングストライドと呼ばれていますが、何故ロビン・ロン...
ロビン・フッド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 さすがはリドリー・スコット!映像演出の重量感は凄い。
「ロビン・フッド」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
姫君には、騎士(ナイト)も夜(ナイト)も大切だ。セピア色とブリティッシュグリーンの背景、主人公の馬は白、姫君は青いドレス、衣装も鎧も色彩の組み立てもキャラクターの設定も...
『ロビン・フッド』 (purebreath★マリーの映画館)
            幾たびも立ち上がれ、羊が獅子となるまで『ロビン・フッド』監督・・・リドリー・スコット脚本・・・ブライアン・ヘルゲランド出演・・・ラッセル・クロウ...
ロビン・フッド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これは“ロビン・フッド:ザ・ビギニング”だ。 リドリー・スコット監督とラッセル・クロウの五度目のコンビ作は、永遠のヒーロー“ロビン・フッド”の大胆な再解釈。 「L.Aコンフィデンシャル」の脚本家、ブラ...
ロビン・フッド・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これは“ロビン・フッド:ザ・ビギニング”だ。 リドリー・スコット監督とラッセル・クロウの五度目のコンビ作は、永遠のヒーロー“ロビン・フッド”の大胆な再解釈。 「L.Aコンフィデンシャル」の脚本家、ブラ...
映画「ロビン・フッド」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ロビン・フッド」観に行ってきました。 12世紀末のイギリスを舞台に伝説上の無法者(アウトロー)にして弓の名手とされるロビン・フッドの活躍を描いた作品。 物語は、十字軍で有名なイングランドのリチャード獅子心王が、フランスのシャールース城を攻撃してい...
ロビン・フッド (5125年映画の旅)
12世紀末。十字分遠征に参加していた弓の名手・ロビンは、王の戦死を機に軍を脱走する。その途中、襲撃された騎士・ロクスレーと遭遇し、王冠とロクスレーの剣をイングランドに ...
ロビン・フッド(2010)★ROBIN HOOD (銅版画制作の日々)
 彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日...
ロビン・フッド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ROBIN HOOD) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆) 中世イングランドの伝説上の義賊ロビン・フッドを、史実とフィクションを織り交ぜながら等身大の人物として描いたアクション・アドベンチャー。 12世紀末。弓の名手であるロビン・ロング...
『ロビン・フッド(2010)』('10初鑑賞159・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 14:15の回を鑑賞。
『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? (映画のブログ)
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは? (映画のブログ)
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
★ロビン・フッド(2010)★ (CinemaCollection)
ROBINHOOD彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。上映時間140分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2010/12/10ジャンルアクション/アドベンチャー映倫G【解説...
ロビン・フッド/ROBIN HOOD (いい加減社長の日記)
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「ロビン・フッド...
映画「ロビン・フッド(ROBIN HOOD)」 (わかりやすさとストーリー )
そもそもロビン・フッドってなんだ?ロビン・フッド誕生の物語にフォーカスしているからこそ、ブレがまっくないシンプルでわかりやすい良作となっている。
映画「ロビン・フッド」 (FREE TIME)
映画「ロビン・フッド」を鑑賞。
映画「ロビン・フッド」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ロビン・フッド(デジタル上映)』(公式)を、本日(12/12)鑑賞。観客は30名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 『ヤマト』で惨敗したので、私の好きなリドリー・スコット監督の出番ってとこで、監督以外の情報は、予告...
ロビン・フッド (花ごよみ)
時代は12世紀末。 ロビン・フッドを演じるのはラッセル・クロウ、 共演はケイト・ブランシェット、マーク・ストロング等。 「グラディエーター」「キングダム・オブ・へヴン」の、 リドリー・スコット監督と ラッセル・クロウで、 イギリスの伝説的英雄、 ロビン・フッ...
ロビン・フッド (Movies 1-800)
Robin Hood (2010年) 監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート 13世紀イングランド、国王リチャード1世亡き後の混乱の中、英仏の政治的陰謀に巻き込まれた弓の名手が英雄となるまでを描く史劇...
映画 「ロビン・フッド」 (英国日記)
ロビンが無法者として 森で暮らすようになるまでのストーリーが 描かれています。
伝説となった無法者~『ロビン・フッド』 (真紅のthinkingdays)
 ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか...
ロビン・フッド (映画的・絵画的・音楽的)
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。...
シネトーク45『ロビン・フッド』●ロビン・フッドになったと思ったら話が終わっちゃったよ (ブルーレイ&シネマ一直線)
? 映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター45/『ロビン・フッド』の回 監督・製作:リドリー・スコット 製作・出演:ラッセル・クロウ 出演:...
ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊...
ロビン・フッド (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ロビン・フッド'10:米、イギリス◆原題:ROBIN HOOD◆監督:リドリー・スコット「グラディエーター」「プロヴァンスの贈りもの」◆出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィ ...
ロビン・フッド (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ロビン・フッド'10:米、イギリス◆原題:ROBIN HOOD◆監督:リドリー・スコット「グラディエーター」「プロヴァンスの贈りもの」◆出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィ ...
カラスが駒鳥になるまで リドリー・スコット 『ロビン・フッド』 (SGA屋物語紹介所)
新年ということで、気持ちも新たに(というか気持ちだけ・・・)再スタート! 201
ロビン・フッド (みすずりんりん放送局)
 『ロビン・フッド』を観た。  【ストーリー】  12世紀末、十字軍を率いる獅子心王リチャード1世(ダニー・ヒューストン)が戦死。  部隊を離れた傭兵のロビン・ロングストライド(ラッセル・クロ...
映画『ロビン・フッド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円...
ロビン・フッド (RISING STEEL)
ロビン・フッド / ROBIN HOOD 12世紀末のイングランド。弓の腕を買われて傭兵として十字軍遠征に参戦していたロビン・ロングストライドは 騎士ロバート・ロクスリーの暗殺を目撃。自分の剣を故郷に届...
ロビン・フッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。』  コチラの「ロビン・フッド」は、中世イングランドの伝説の義賊”ロビン・フッド”を映画化した12/10公開のヒストリカル・アクショ ...
ロビン・フッド (いやいやえん)
ラッセル・クロウ×リドリー・スコット監督作品。 ロビンフッドといえばケヴィン・コスナー版を思い浮かべてしまいますが、内容がまるきり違います。どちらかといえばこちらは英雄譚に近い。 約束を守って剣を届けたらロバートの身代わりになることになり、彼の妻レデ...
ロビン・フッド (メルブロ)
ロビン・フッド(原題: ROBIN HOOD) 341本目 2011-01 上映時間 2時間20分 監督 リドリー・スコット 出演 ラッセル・クロウ(ロビン・ロングストライド) 、ケイト・ブランシェット ...
ロビン・フッド (銀幕大帝α)
ROBIN HOOD/10年/米・英/156分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:リドリー・スコット 製作:リドリー・スコット、ラッセル・クロウ 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シ...
ロビン・フッド (Robin Hood) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを...
ロビン・フッド (こんな映画見ました~)
『ロビン・フッド』---ROBIN HOOD---2010年(アメリカ/イギリス)監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング 、ウィリアム・ハート マックス・フォン・シドー 12世紀末。 イングランドの獅子心王リチャー....
【映画】ロビン・フッド…大きな期待に応えて然るべき(?)なのに (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ずっとモンハンポータブル3rdばかりしている(お陰で肩こりや頭痛にも悩まされている)ピロEK(主に双剣使い)です モンハンばっかりやっていた事も一因ですが、全然ブログの更新が出来ておりません 映画だけでも10本以上溜まっていたりして そんなわけで、何とかま....
「ロビン・フッド(2010)」 伝説の男ができるまで (はらやんの映画徒然草)
ご存知の通りロビン・フッドは実在の人物ではなく、イギリスで語り継がれている伝説上