我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ブラインドネス/Blindness

2008-10-30 11:15:50 | 劇場&試写★6以上
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作!


ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。
いよいよ来月公開!!

原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」
脚本は、俳優でもあり本作にも出演しているドン・マッケラー。(どの人かわかんなかった)

突然、次々と視力を失う人々!それはどんどん伝染して行く、、、、
パニックの中、見えないからこそ見えなかったものが見えてくる...
※霊じゃないよ

下の方の感想部分は、ややネタバレ込みでいきます〜

日本から、三池崇監督の『スキヤキ・ウェスタンジャンゴ』に出てた二人、伊勢谷友介と木村佳乃が堂々出演。

伊勢谷友介は最初に失明する男の役。  木村佳乃はその妻。

二人の会話シーンは殆ど日本語。 英語も流暢で違和感なし、
ちょい役かと思ったら、しっかりこの作品の主要メンバーで、完璧にこなしてました

色んな作品に出てるけど、ジュリアン・ムーアが出てる作品は微妙なの多い気がして勝手にちょっと不安だったけど、、、
この役かなりハマってた

いい人、マーク・ラファロは夫で眼科医。


これはイッちゃってる顔してるけど普段はまともです、ダニー・グローバー。


いきなり自分を王と名乗り、仕切りたがるオレ様にガエル・ガルシア・ベルナル。
悪役ガエルもなかなかです
歌も披露。


他に政府の人間で登場するのは、サンドラ・オー。(ちょこっとすぎた。)



ひとりの男が、突然失明した。それは悪夢の始まりだった―。
原因不明、治療法もない、そして驚異的な感染力を持つ「白い病」が世界各地で発生。
混乱を恐れた政府は、かつて精神病院として使われていた収容所へ、失明患者を強制隔離する。
その中に唯一“見える”人間が、盲目を装い紛れ込んでいた。
続々と失明者が入室し、不安と恐怖で派閥が出来、争いを始める人々。
この真っ白な闇は永遠に続くのか?果たして人類はどうなってしまうのか、、、、?



7/10


どんな映画だって賛否あるものだけど、
こりゃまた、極端に意見が分かれる作品だろうなーと、ラストまで観た時点で頭をよぎった。

原因はわからないまま、説明もなし、この作品は至ってシンプル。
みんなが皆、失明して見えない者ばかりになった時、
人々はどのような行動にでるのか、自身をどのくらいセーブ出来るのか?
人間の本質が暴かれる



過去、密室サスペンススリラーとして『ソウ』や『エス』なんていう、最悪の状況での人の心理描写、
極限状態に置かれた人々の取る行動を描いたものがあったけど
最近ではスティーブン・キング原作『ミスト』もそう。
『ミスト』では本当、極限状態での人間の心理、団体行動になった時の最悪の状況が怖い程リアルに描かれていたけど
こちらはその描写、ちょっと甘かった気も。。。



この映画の中で、ジュリアン・ムーアはまるで守り神のような存在。
夫だけならまだしも、他人のあらゆる面倒までみることになるなんてすごいことだし、
そんな無茶なって思うー。わたしだったら気が狂いそう
それにいくら売春婦が相手とはいえ、自分の夫があんなコトしちゃって黙って
受け入れちゃって、まるで女神ですわ!

ひとり見える人を作らないと成り立たないし、
また 見える人が一人いるってことが逆に面白くしていたと思う。

視覚的に、見えないもの同士だから 観てるわたしたちにも伝えるための手段として
カメラはわざと白く見えないようにぼんやりした映像が多いのがなかなか面白い効果を生んでいた。
でも暗がりの中ではとくによく見えないシーンが多くて
なにをやってるのか理解しがたいようなところもあった。
これもざわと観る側に全部みせてないのかなー?
もうちょっとよく見せてよーって感じでした。


まったく最後まで何の説明もなく、なぜひとりだけずっと見えたままで感染しないのか、
政府は結局何もしなかった、ということだけであれだけ?とか
全員が見えないならもっと混乱してるんじゃないか?とか
どうしていきなり治るのかとか
観終えた後でギモンだらけでしっくりいかないところが気に入らないって言う人も続出しそう。

シャマランの『パプニング』でも、原因不明のまま終わってたけど、
『ハプニング』がダメだった人はこちらもダメなんじゃないかなって気がする。
なぜ?っていう答えがないまま終わるっていうのがね。

わたしはと言えば、前半がとくに良かった☆
ガエルが現れて、徐々に集団の秩序が乱れて混乱になるあたりから、
皆見えないんだから、ただひとり見えるジュリアン・ムーアが
夜中にこっそり忍び込んで銃を奪ったり食料奪ったり出来ないのかな?と思ったり
ちょっとづつ疑問が出てはきたけど映画としては楽しめたからOK♪
話は全然違うけど、雰囲気はちょっと『28日後...』も思わせた。
目の見えない人がうろうろするのがゾンビ彷彿とさせ、寂びれて閑散とした街の感じも。


もし自分もこの世界で突然視力失ったらどうなるだろう?
自分ひとりじゃなく、皆が、視力を失った世界で生きるとしたら、、、、?

いきなり視力なくすなんてきっと絶望的だろう、、、、。
うーん、想像つかないな。
でも、逆に突然原因不明でなったものだから、突然見える様になるという希望を持って生きられるかもしれない、もしかしたら。
などといろいろ考えてしまった作品でした〜。



 公式サイト
Blindness    2008年  カナダ=ブラジル=日本  122min  PG-12
11月22日より、全国ロードショー


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

カンヌ国際映画祭にて



10月14日、東京で行われた完成披露試写会にて





19日、東京国際映画祭にて。







映画ブログランキング、最近映画とは無関係の韓国系blog、YouTube系無料動画サイトばかりです
応援して下さってる方、ありがとう〜

クリックしてね 
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (50)   Trackbacks (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かけひきは、恋のはじまり/LEATH... | TOP | 11月公開☆新作映画リスト »

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ。 (michi)
2008-10-30 12:25:39
伊勢谷サン、木村サン、二人とも結構重要な役でしたよね!
日本人俳優のハリウッド映画での活躍、
とても嬉しいです。
ようやく、日本人が日本人を演じる時代がきましたね〜♪
みてきました。 (かつを)
2008-10-30 12:50:13
自分も観てきました。
いやー、確かに賛否分かれるでしょうね。これは。
結構エグイことをやらされるシーンなんかもあるのにPG-12扱いでいいのかな?とか思ったり。

全てのことをわからないと気が済まない人もいるかもしれませんが、俺はわからないからこそいいと捉えます。主人公たちが一般人に近ければ近いほどそっちの方が感情移入しやすいからですね。

しかし視力は大切ですよね。大好きな映画も見れなくなっちゃいますしね。。
migちゃ〜ん♪ (きゃんでぃー)
2008-10-30 17:24:37
migちゃ〜ん こんにちは!
「おかえり」のコメントを どうもありがとうございました
とってもウレシかったよ〜〜!!
日本にいる間、ポニョでも見ようかな?って思っていたんだけど、
結局ナニも見れませんでした

でも、帰りの飛行機の中で「ゲットスマート」を見て、旦さんと私の爆笑の声が 飛行機の中で響いておりましたあはは。。
アレはオモシロいね〜。
DVDでちゃんと見てみたいと思いました。

しばらく遊びに来れなかったけど、落ち着いてきたので これからもまたちょくちょく遊びにこさせて頂きますね〜〜
どうぞ、ヨロシクでーっす!
みた。 (とく)
2008-10-30 23:27:36
うん、普通より★一つ減らした感じかな?
やっぱり、なぜ?なぜ?なぜ?が、出てくるかな?
でも、映画って、答えがなくてもいいんです。
でも、やっぱり、知りたいな!てのが、本音かな?
でも、むりくり、ラストでなんでか!って、答えをだす時は、
結局、なーんだ?ふん。って、みたくなってしまうね。とく的にね
ただ、映画本編は、121分間、飽きもせず、満喫できたと思います。ただ、日本人キャストが、英語と日本語のチャンポンで、日本人同士でも、英語で話したりしてたのが、不思議かな?
でも、この監督さんの「シティ・オブ・ゴッド」「ナイロビの蜂」って、苦手だな。同じく、マイケル・マン監督作品も苦手かな?migさんて、そういうのないかな?例えば、レンタルやさん行ってみたものの借りようかなーと、思ってるんだけど、やっぱ、いいや。みたいな?また、今度にしようみたいな、で、ズルズル。
みたいな。最近、レンタル屋さんで有名俳優なのに劇場スルーされてるのって、一応見てみると、やっぱり「おもしろくない!」みたいな。最近だと「アルファドッグ」B・ウイリス、「スピードレーサー」の男子、シャロン・ストーンも出てたかな?もう、忘れてますが。なんか、長く、なってもうた。なんだか、今月は試写、たくさんみたな。でも、寒くなって来たので、唇がカサカサしてきた。
おやすみなさーい。
★michiさん★ (mig)
2008-10-31 11:54:54
こんにちは♪
michiさんは映画祭で観てたんですね〜☆

日本人が日本人を演じる時代!
ほんと。
こんなにずっと出てるとは!
ふたりとも良かったですね
★かつをさん★ (mig)
2008-10-31 11:57:14
こんにちは♪

わからないからこそいい、
そうですよね。
それにもともと作ってる側も、そこはポイントにしてないと思うから
つっこんじゃダメなとこですね〜、
とはいえ、あの結末ではダメな人も多そうです。
見応えありましたよね♪
★きゃんでぃーさん★ (mig)
2008-10-31 11:59:42
おかえり〜♪
&お久しぶり!

そっか〜、日本では映画観なかったのね。
それどころじゃなかった感じだもんね
いろんなとこいって、美味しいもの食べて
旦さんも大満足でしょ?

ゲットスマートねぇ、、、
DVDになったら観ようかなって思ってマス。

ってきゃんでぃーさんこの映画のことに触れてない
そちらではもうDVDになってるはず。
日本人二人も良かったのでDVDでいいから
時間あったらみてね〜
★とくさん★ (mig)
2008-10-31 12:04:54
おや?またニアミスだったのかな?

フツウより★一つ減らしたってことは★4?
ダメな人は沢山いそうだなーって思えたけど
わたしはOKでしたよん。
あ、日本語と英語のちゃんぽんっていうのはすごくよくわかりますヨ。
あっちに住んでると、つい会話の中に英語混じっちゃったりするんですよ、
わたしの友達もそうだし、,妹のyueもよく
日本人の友達と話してて英語と日本語混ざってるときあるので。逆にリアルな感じでした★

えー、とくさんは『シティオブゴッド』ダメですか。
わたしは衝撃的に面白かったです。
そうですね、監督によってダメってありますよね。
わたしはアルトマンのがそうで、
沢山観てるんだけどどれもほとんどダメ

唇荒れにはリップたっぷりつけて寝るのがおすすめでーす
原作は傑作です (ボー)
2008-11-01 00:34:39
多くの方に読んでほしいので、本の感想をTBしちゃいました。(削除してもいいです)
原作自体も、いろいろと理由は明かされませんが、そこがいいともいえるわけで。
映画のほうも早く観たいですよ〜。
Unknown (象のロケット)
2008-11-01 09:40:10
いつもTB(新作含)有難うございます。
gooサイトにはTBが掛かりませんが、記事は
大切に反映させて頂きます。
Unknown (あすか)
2008-11-01 10:31:43
観たんだね〜。TB+コメントありがとう〜。
migさんも結構楽しめた口か。よかった。
でも本当に意見が分かれそうな感じ。
私はこういうなんか人間の本質の垣間見れるような作品って好きだから、興味深く観れたけど。

日本人二人もほんと何気に主役級で、しかも全然違和感なかったよね。
木村よしのちゃん綺麗だったぁ。
★ボーさん★ (mig)
2008-11-01 10:58:17
あ、ボーさんは原作読まれてるんですね!
わたしも観たあとで気になってたんだけど、、、
読んでみます♪

TBは大丈夫です、関連記事ですし★
あとでお邪魔しますねー。
★象のロケットさん★ (mig)
2008-11-01 10:59:47
こんにちは、コメントありがとうございます♪

あれ?以前はTB頂いてたと思いますが、、、
ダメになっちゃったんですね、、、ゴメンナサイ
いつも記事観させて頂いてます★
★あすかちゃん★ (mig)
2008-11-01 11:01:52
わたしも観てる時はおもしろかったんだけど
最後の方になって、(とくにラスト)
これは分かれるなぁって。

これはこれでありだと思えたよ〜☆
怖い世界だよね
日本人二人も良かった〜
昔この二人つき合ってたんだよね★
面白かった〜♪ (ともや)
2008-11-16 10:02:59
こんにちは、migさん♪
かなり前に観てたんだけど、やっと感想アップ。
まだまだ貯まってるのにいっぱいあるから頑張らなくっちゃ!

これ面白かったです〜。
こんな状況になっちゃったら、ともやは生き抜く自信がないわ〜。
身体を差し出すことしか…(笑)。
この監督さんの作品、まだ観たこと1本もないのよね。
観たこと無い作品がゴロゴロあって、ホント困っちゃう。
原作も面白そうなんで読んでみたいし…。
あ〜、時間が足りないですわん。

>脚本は、俳優でもあり本作にも出演しているドン・マッケラー。(どの人かわかんなかった)
冒頭の車泥棒の人ですわん。
かなり美味しい役どころ(笑)。
★ともやさん★ (mig)
2008-11-16 10:21:15
おはよう〜♪

そっかけっこう前に観たのですね〜

ともやさんならきっと面白かった派だと思った♪
年末に向けてラストスーパートでどんどんやってくるねぇ、新作!

あ!そうなんだ!あの憎らしい人かぁ。。。
良かったですよね、あの人。
さすがともやさん、教えてくれてありがとう

ソウ5のレビュー、待ってまーす♪
ハプニング (たいむ)
2008-11-22 18:19:44
migさん、こんにちは。
雰囲気的には「ハプニング」に近いですよね。何となく始まって何となく終わるところが(^^;

結局彼女の番になったのか少し気になりますが、放置で治るならば、怖さは半減ですよね。
だんだん目が見えるようになった時、人々は「パヒューム」での広場のような気持におちいるのかな?とかも思ったり・・(^^)
Unknown (えふ)
2008-11-22 21:04:37
なんか・・・
急に見えなくなっちゃった!
とおもったら、今度は
急に見えちゃって!(汗)
いったいなんなのよー(怒)
ってかんじでした(苦笑)
それから収容先が・・・
汚くなっていくのが苦痛でした。。。
★たいむさん★ (mig)
2008-11-22 23:43:29
こんばんは♪

そうですね、理由なくってとこが似てますね〜。
これは意見分かれるだろうと思ってたけど
早速賛否になってますね、

いきなり治るのもどうなのという感じもあるけど
こういう風になったら?って世界を描いたとのことでOKです☆

先ほどはトロピックサンダー、送ってしかも吐露とか書いちゃって失礼しましたぁ
★えふさん★ (mig)
2008-11-22 23:44:34
こんばんは♪

えふさんはダメだったのね〜

あとであそびにいきまーす。
1408号室はどうだったかな?
こんばんは♪ (ゆかりん)
2008-11-23 00:38:49
日本人組はちょい役だと思ってたらちゃんとした主要メンバーでしたね。
ジュリアン・ムーアの役はハマってたと思うんですけど、なんで彼女だけなの???
突然見えるようになるのはいいんですけどね。
違ったパニックものを期待してたので微妙な評価です。
おはよー☆ (きらら)
2008-11-23 11:04:14
migちゃん、昨日見てきたよー!
ううん。。。もうちょっとおもしろいかなって思っていたから私もビミョー。
日本人らも、かなり登場してきたけど
なんで日本人?って思ってしまって、、、英語はお上手だけど日本語もなんか不自然に思えちゃった☆

ミストの方が全然おもしろかったよー
ジュリアン・・・ (eno)
2008-11-23 18:52:25
私も「フォーガットン」以来 この人の映画は苦手です。
作品選びに疑問(笑)

でもこれはなかなかよかったです。
白人特有の体中のシミ?がすごく気になりましたが・・・
自分だけ見えるという優越感で傲慢そうだけど
やるせない複雑な女を上手く演じてたと思います。

それにしてもあの屈辱的なアレの前にどうにか出来たでしょ?
ダンナは妻が見えてること知ってるのになぜあんな所であんなことを??
キング、あの状況で金目のモノは要らないのでは?
等々疑問やイラッと来るとこテンコ盛りでしたね

私だったらああするこうする〜って色々考えましたよ
実際にそうなったら何も出来ないものかもしれないけど・・・

伊勢谷&木村のお二人はがんばってましたね
本当に自然で違和感なかったです。
ハリウッド映画でこの二人が観られただけでもよかったかも

放置状態のラストですが結局みんな元通りなら「めでたしめでたし」でしょうか(;・∀・)
いろんなこと考えさせられる映画でした。
観て後悔はしなかったけど人には勧めないなあ
人間の本質が暴かれる (かめ)
2008-11-24 11:29:35
大変ご無沙汰です。
映画は結構毎週2本ペースで観に行っているのですが、なかなか更新が出来なくて、ストックとフラストレーションが溜まっています。

この作品は、重かったですね、自分にとって。
「何でこんなに人間って...」という思いが観ていて繰り返し繰り返し頭を巡りました。
「ミスト」の時もそうだったのですが、愚かな生き物なんですね。
でもそんな中に少しでも善意や優しさがあって、癒されます。

宗教的なバックグランドはわからないですが、もしかしてジュリアン・ムーアは神で、我侭な人間達に手こずっているのでは、と思われました。

深く心に焼きついた作品でした。

★ゆかりんちゃん★ (mig)
2008-11-24 11:39:29
いまいち派かな??
そう、なんで彼女だけ??っていう疑問はあるんだけどね、、、、
映画の性質上、目が見えるひといないとなりたたないからね〜
仕方ないかも☆

わたしはそういうとこ割り切って観れたから楽しめたよ♪
★きらりん★ (mig)
2008-11-24 11:41:38
あれ?きらりんのレビュー読んだら
まあまあ楽しめたみたいに書いてたけど
微妙なのね?

日本語は、海外で暮らしてると普段英語使うからちょっと発音微妙になってきちゃたりするんだよね〜。

うん、わたしもミストの方がもちろん上だよ
★enoさん★ (mig)
2008-11-24 11:45:07
こちらにもありがとです♪

早速ご覧になったのですね!
わたしもジュリアンムーアはいつも微妙だなぁ、って思ってたんだけど
今回の来日のインタビューとかみてたら
すごくキュートな女性で、好感もっちゃった
シミは目立つけど(笑)

>それにしてもあの屈辱的なアレの前にどうにか出来たでしょ?
ダンナは妻が見えてること知ってるのになぜあんな所であんなことを??
キング、あの状況で金目のモノは要らないのでは?

そうなんですよ!
細かいことツッコむとキリない感じでしたよね〜。
同じくそこ思いましたもん。

あはは、
わたしは興味あるひとは観て!って言いたいです
★かめさん★ (mig)
2008-11-24 11:47:36
こんにちは、お久しぶりですね〜☆
沢山TBありがとうございます★

時間がないのでTBだけは先に返させてもらったのであとでお邪魔しますね!

完全に意見分かれる作品でしょうけど、
なんだかんだいって、観て良かった映画です、
こういう答えのない作品もアリですよね。
昨日見てきました! (マイマイ)
2008-11-25 10:53:31
ホラー的な怖さじゃなくて、人間の本質を見せられて怖かったです><
人間って、極限に達すると何をするかわからないし本能のまま動いてしまうので、一番怖い存在ですね><
知能がある分だけやっかいそう。。。

途中何回も気分わるくなるシーンとかあったけど、
確かに暗かったり白かったりして、あまりはっきり見えなかったので、そのおかげで最後まで見れたかも^^;
でも見えないって想像してしまうので、見えることよりも怖いですよね><

ラストは私はよかったかなって思いました!
こんばんは (ノラネコ)
2008-11-26 00:41:03
メイレレスだから大期待してたのですが、ちょっと今までの作品の中では一番下かも。
中盤の展開が、無理に理不尽な状況を作っている様で、キャラクターのリアリティを感じませんでした。
なぜ神にも等しい力を持った主人公が、王様に陵辱されてまで、見えるという事を隠すのか。
今ひとつ彼女のキャラクターが良くわかりません。
まあそれでも心理劇として見応えは十分あったのですけどね。
★マイマイちゃん★ (mig)
2008-11-26 11:31:22
そうそう、ホラーじゃないからね★
人間の怖さというか、ああいう極現状態で人はどうなっていくのか、
みたいな作品が最近は多いよね〜。

自分だったらどうするだろう?って考えちゃうね。

マイマイちゃん、ラスト良かった派なのね★
わたしもこれはこれでアリかなって思えたな
★ノラネコさん★ (mig)
2008-11-26 11:33:53
こんにちは♪

ノラネコさんはいまいち派でしたかぁ、、、。
やっぱり1人だけ目が見える人間がいるというのはそれだけでもう攻撃されるということもあるからじゃないですかね、
でも色々とわたしもつっこみたい所はありましたけど
そこは目をつぶって観ました(笑)
怖かった・・・ (マリー)
2008-11-26 18:30:23
こんばんは〜〜
やっと、観てきました。
思ったより“怖い”映画だった。
人間って目が見えないと、一番悲惨だね。何も機能しなくなる。
あの汚れた部屋、街に、呆然・・・

そして、どんな時も“女”をウリにしなきゃいけないのかって哀しくなった・・・

「作品」として見ればいいんだろうけど、妙なリアルさを感じてしまって、後味が悪かったの。
でもどうなるの?どうなるの?って、飽きさせることなく最後まで楽しめた(?)

ガエルくん、やっぱりキレた役が似合うわ〜〜〜
こんにちは♪ (ミチ)
2008-11-26 18:35:48
パニック映画のようだけど、人間ドラマ重視でしたよね。
意外と良かったと思ったわ。
migさんは私の点数を★3つって予想していなかったっけ?(笑)
実は★3,5付けました〜

ガエル君演じる権力者が憎くて、「早くハサミで刺し殺せ〜〜!」なんて物騒なこと考えてました
★マリーさん★ (mig)
2008-11-26 23:23:49
コメントしにマリーさんとこ行ったらまだupされてなかった(笑)
さっそく来てくれてとっても嬉しい

そうだよね、これちょっと極端では?って思う部分もあったけど
ガエルくんがイヤなヤツでねー。ほんとムカついちゃった(笑)

マリーさんも楽しめて良かったぁ。
パリスupしました
★ミチさん★ (mig)
2008-11-26 23:25:59
こんばんは♪

うんうん、そうですね。パニックではなくドラマ。
ミチさんの予想してたんだった!
おしい!(笑)
でもちょっと良い方でよかった☆
ほんとガエル憎らしかったー!
わたしも
夜中に殺しにいっちゃえ!とか思ってましたよ
みましたー! (ボー)
2008-11-27 00:31:53
原作を読んだときは、旦那がサングラスの女とあんなことしてるのも、男たちにされるがままなのも、まったく違和感なかったんですが。なんでだろうと思い返しても、正確には思い出せませんです。

目が見えるといっても、やはり1人だけで何十人も男がいる場所へ入るのは難しかったんでしょうね。見張りもいたし。敵の1人である、もとからの盲人は、音などの感覚も鋭いと思いますし。

映画は、原作をなぞっていった感じで、サプライズがなかったです! しょうがないかな…。 
★ボーさん★ (mig)
2008-11-28 13:57:02
そうなんですね〜、原作ではあそこ違和感ないんだ〜

そうか、なるほど。
原作に忠実ってことかな?
原作もラストはあんな感じなのでしょうか、、、?
少し気になるなぁ、、、、。
こんばんは〜♪ (ひろちゃん)
2008-11-28 20:17:20
migさん、ナイロビ〜はダメですか?(^^ゞ
私は結構好きなんですがσ(^◇^;)
シティ〜は未見です。

脚本家がわからないとのことなので、パンフで見たので、泥棒役の俳優さんです^^って書いたら、
すでに、ともやさんが、コメントされてました(笑)

私も、収容所での暗い映像は、もうちょっと
見せてよ〜(でも、見たくもないかな(^^ゞ)と
感じました。

嫌いではない作品ですが、かと言って好きとも
言えない、評価が難しい作品でした(ーー;)
否組です (くまんちゅう)
2008-11-29 16:26:56
これ駄目でした〜
設定に説得力ないと入り込めないんですよ
造り手の言いたい事は判ったんですけどね
行動原理に整合性が無いと飽きちゃう人なんだ自分って確認できました。
ハプニング2 (クラム)
2008-11-29 17:53:29
いろいろな終末観を見せる映画がありますが、
事象や理由が何であれ、ぼくは概ね好きです。
突然現れ突然去って行く。原因は分からない。
まさに「ハプニング」のそれだなーと思いながら観てました。

「ナイロビの蜂」の監督だと後で知りました。
よかった。あの作品、2006年のワースト1でしたから。
先入観なく観るっていうのは大事ですね。
ゾンビ (kossy)
2008-11-29 22:58:22
終盤はゾンビ映画っぽかったですよね〜
あの汚い街を後片付けするスタッフの姿を想像してしまいました。大変だろーなぁ。

俺的にはメインは収容所内の出来事。
他はプロローグとエピローグにすぎないととらえてます。
それでもラストはイマイチだったなぁ・・・
Unknown (りお)
2008-11-30 00:10:10
観てきたよ〜
やはりツッコんでしまいました(笑)
やっぱり「エス」とか「ミスト」に比べると甘いよね。
わたしもそこ気になりました。
サンドラ・オーも何しに出てきたのかわかんないし(笑)
Unknown (風情♪)
2008-11-30 00:25:14
こんにちは♪

こう言う作品は謎の多くを語らない方が恐怖
心が煽られるから、謎は謎のまま&突然に起
きて突然に終わるでOKじゃないですかね?
まぁ、この考えも観た時の心持次第でコロコ
ロと変るから難しいところですよね。

同系の「ハプニング」より遥かに恐ろしくは
あったしオモシロい作品ではあったのですが、
どうもJ・ムーアの後手に回る行動等に納得で
きかねるものありで、微妙と言ったところです。

サンドラ・オー、ちょい役なのにインパクト
は【大】ってスゴイ女優さんすよね♪ (゚▽゚)v
★ひろちゃん★ (mig)
2008-11-30 10:17:38
こんにちは♪

「ナイロビ〜」はいまひとつだったんですよねぇ、、、、
でも「シティオブゴッド」は衝撃でした。
あ、ありがとうございます★
ひろちゃんも調べてくれたんですね!

毎回パンフ買ってるひろちゃん、スゴい☆
この作品は完全に意見分かれちゃいますよね。
★くまんちゅうさん★ (mig)
2008-11-30 10:19:32
こちらにもありがとうです、
ダメでしたかぁ〜、、、

でもこれはほんと分かれると思う、
くまんちゅうさんがダメだったという自己分析
わかりやすくてなるほど〜って感じです、
わたしはけっこうそういうの平気みたいです
★クラムさん★ (mig)
2008-11-30 10:21:44
こんにちは♪

>突然現れ突然去って行く。原因は分からない。

ほんとまさにそういう映画でしたよね。
コレを受け入れられるかどうかで意見が分かれちゃう。

わたしもつっこみどころはあるものの、
こういうのキライじゃないです。
むしろ楽しめたかな★

「ナイロビの蜂」ワーストでしたか(笑)
それは
ほんと変な先入観でこれ観ないようなことにならずに済んで良かったですね♪
★kossyさん★ (mig)
2008-11-30 10:23:51
>あの汚い街を後片付けするスタッフの姿を想像

あはは!kossyさんらしい!
確かに〜
ほんとすごい散らかりようでしたしね。

収容所のシーンはまさに地獄絵図でした
自分がそこにもしいたらどうなってるかなとか考えちゃいましたよー。

ラストはあっけなく勝手に解決しちゃってましたね(笑)
★りおさん★ (mig)
2008-11-30 10:25:58
りおさんの評価キビしそう〜!
楽しめた派のわたしにはツラいかも?(笑)

>サンドラ・オーも何しに出てきたのかわかんない
そうそう、ほんとにね
あの人顔観るだけで笑っちゃうんだけど(シツレイ)
全然話に絡んでないんだもん(笑)
あとであそびにいくよ〜!(時間あるかな
★風情♪さん★ (mig)
2008-11-30 10:28:33
こんにちは♪

>謎は謎のまま&突然に起
きて突然に終わるでOK

そうなんですよ〜、わたしもそうでした☆
でもつっこみどころは多いんですよね〜。
ジュリアンムーアの行動もそうですしね、

全体的には楽しめちゃいました。

サンドラオーの威力!スゴいですよね

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

72 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ブラインドネス』 (ラムの大通り)
(原題:Blindness) ----あっ、この映画なら フォーンも聞いたことあるニャあ。 確か『ナイロビの蜂』の監督作品で 日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加してるんでしょ。 カンヌ国際映画祭で オープニングを飾った上にコンペティション作品にも 選ばれたとも聞いたけど...
「白の闇」 ジョゼ・サラマーゴ (或る日の出来事)
傑作小説だと思う。 私の読書歴は、たいしたことはないから、傑作の設定レベルが低いかもしれないが…。
Blindness (2008)/ブラインドネス (epiphany)
【邦題】ブラインドネス(2008年11月22日公開) 【あらすじ】ひとりの男が、突然失明した。それは悪夢の始まりだった――。原因不明、治療法...
ブラインドネス(2008日/ブラジル/加) (CINEPHILIA〜映画愛好症〜)
キャストは割と豪華に揃えていますが、インディ系でここまで作ったというのが素晴らしいです。 街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、男は検査を受けるが原因は一向にわからない。しかも
試写会「ブラインドネス」 (流れ流れて八丈島)
三日連続の試写会です。今日は新橋のヤクルトホールで「ブラインドネス」を観てきました。株で相当損させられたGAGA・USENの配給なんで、応援したいんだけど、この映画はちょっとイマイチでしたね。また、株価も下がっちゃうかなぁ頑張れ、GAGA内容的には「あ...
ブラインドネス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BLINDNESS) 【2008年・カナダ/ブラジル/日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 第61回カンヌ国際映画祭オープニング作品。 第33回トロント国際映画祭特別上映作品。 第21回東京国際映画祭特別招待作品。 ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を国際色...
ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...
blindness「ブラインドネス」みた。 (たいむのひとりごと)
「結局何だったんだ?」の結末でもあり、観る人によって評価がぱっきりと分かれそうだけど、シュミレーション映画として考えると、説得力があるというのか、何もかもが起こり得るような、空恐ろしくなる作品だった。
ブラインドネス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニ...
ブラインドネス (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト原作はノーベル文学賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」、フェルナンド・メイレレス監督。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー。何か頭と尾は良いが、中身は不...
ブラインドネス (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本、カナダ、ブラジル 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    ダニー・グローヴァー    サンドラ・オー    木村佳乃    ...
「ブラインドネス」:京葉交差点バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}このごろ、ものが見えづらくなってさあ。あそこに見える病院でも行くかな。 {/hiyo_en2/}でも、あの病院に眼科はないわよ。 {/kaeru_en4/}うそ!目の前、真っ暗になりそう。 {/hiyo_en2/}真っ暗じゃなくて、目の前がまっ白になった映画が、「ブラインドネス...
ブラインドネス (悠雅的生活)
見えない時、見えてくるもの。
ブラインドネス (映画鑑賞★日記・・・)
【BLINDNESS】PG-122008/11/22公開(11/22鑑賞)製作国:日本/ブラジル/カナダ監督:フェルナンド・メイレレス出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブラガ、伊勢谷友介、木村佳乃、ダニー・グローヴァー全世界、失明。
「ブラインドネス」見えるものと見えないものと (ももたろうサブライ)
監督 フェルナンド・メイレレス少しあらすじ 街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介)がパニックに陥る。その後、彼を診察した医者(マーク・ラファロ)、彼の車を盗んだ男にも同じ症状が出る。この感染症と思われる症状...
映画「ブラインドネス」(2008年、加・ブラジル、日) (富久亭日乗)
★★★★ ☆  視界が真白になって失明する感染症のパンデミック(大流行) に襲われた人類を描いたSF。 原題は「Blindness」。      ◇  車を運転していた日本人男性(伊勢谷友介)が 突然「白い闇」に襲われ失明した。 妻(木村佳乃)と眼科医(Mark Ruffalo)...
映画 『ブラインドネス』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック・サスペンス。視界が真っ白になる伝染病がまん延する状況下で、人間の本性や社会の恐怖をあぶり出していく。街の交...
「ブラインドネス」貧困と暴力そして希望 (再出発日記)
(ちょっと粗筋)ひとりの男が失明した。突然目の前が真っ白になり、視力を完全に奪われたのだ。そして、それは悪夢の始まりだった。世界各地で同時発生した“白い病”は、爆発的な伝染力を持っていた。原因不明、治療法もない。これ以上の混乱を恐れた政府は、失明患者の強...
[映画『ブラインドネス』を観た(パワフル!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、パッと見で似た作品イメージであるシャマランの『ハプニング』にも、なかなかの高評価を与えた者であるが、  いかんせん、所詮は、この『ブラインドネス』の前座でしかなかったようだ。  『ブラインドネス』・・・、物語の中盤、この下腹部に鬱積する暗澹たる...
「ブラインドネス」 豊かさと倫理 (はらやんの映画徒然草)
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
ブラインドネス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日はフェルナンド・メイレレス監督の新作「ブラインドネス」を観てきました。今日が初日で土曜のお昼に鑑賞したにも関わらず、お客さんが10...
ブラインドネス プレオープンの西宮ガーデンズで観たよ (労組書記長社労士のブログ)
【42-20-】 当社にもいろんな影響がある西宮ガーデンズ、グランドオープンは11月26日(火)やけど、実は地域の人にだけこそっとお知らせして、11月21日(金)からプレオープンしているのです。 というわけで、いったいぜんたいどうんな風になっているのか、見に行きがて...
ブラインドネス - BLINDNESS - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく公開初日に、ブラインドネスを観てきました。 観るまでは、たまたま予告編でやっていた「感染列島」のようなパニック映画だろう...
ブラインドネス/Blindness (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、急遽日曜の朝一の回で観に行くことにした「ブラインドネス」。 かなり宣伝してるけど、M・ナイト・シャマラン監督の「ハプニング」を連想させる感じがあって、ちょっとはずれの不安も^^; 「UCとしまえん」は、ちょっと少ない感じかな? 「...
ブラインドネス◆「盲目」を通してえがく極限の寓話 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ブラインドネス」 (2008年・日本・ブラジル・カナダ) 視界を覆う白い闇。都会の真ん中で突如はじまる視覚の異変にとまどう人々。眼球にも視神経にも異常は見られず、失明の原因は不明。ほんの数分間の接触でも感染するこの謎の奇病は、次々と人々の視力を...
『ブラインドネス』・・・全世界失明の先にあるもの (SOARのパストラーレ♪)
深く、そして重い作品だった。当たり前だと思っている人間社会のモラルや秩序が、目が見えなくなることであっけなく崩壊していく様が怖い。
Blindness (ブラインドネス) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、ジュリアン・ムーア主演、原因不明の病原菌で人類が次々と失明していく恐怖を描いた心理サスペンス「Blindness ブラインドネス」 ランキングに参加してます。    街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった男(伊勢谷友介...
映画レビュー「ブラインドネス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
公式サイト◆プチレビュー◆謎の病の発生により人間の本性がむき出しになる心理パニック・サスペンス。メイレレスの手腕が見事。 【90点】  街角で若い男性が突然視力を失う。それから各地で失明者が続出し、白い闇の病“ブラインドネス”は驚異的なスピードで拡大し...
ブラインドネス (へでいくっ!)
お互い見えない同士のセックスって、想像力膨らんで、けっこう燃えそう・・・ ぁ 失礼。映画の中でそういうシーンがあるんです。 極限の中で問われる人間性。あなたは自分の倫理観に自信が持てますか?そんな映画です。 自分だけ目が見えるなら・・・ 悪いこ...
【99.6Kg】 「ブラインドネス」を観てきました (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ♪ 3連休の最後の日、クマは本当は、スーパーホテルマンのTさんと、プロレス観戦の約束をしていました。ですが、Tさんにしては珍しくチケット購入時に既に完売!の憂き目を見たということで、先週の時点で予定のキャンセルが確定しました。口では「いやぁ、...
ブラインドネス (だらだら無気力ブログ)
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説『白の闇』を映画化した パニックサスペンス。ある日、車を運転中の日本人の男性が突然、目の前が真っ白になり視力を 失う事態に見舞われる。男性は眼科で検査を受けるも原因は不明。 しかし彼に接触した人間も同様の症状に見舞...
映画 【ブラインドネス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブラインドネス」 『ナイロビの蜂』のメイレレス監督がノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白い闇」を映画化。 おはなし:街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく突然目が見えなくなった日本人男性(伊勢谷友介)。原因は一向に分か...
ブラインドネス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「全世界失明」の中で見えるのが自分だけだったとしたら・・・!? “見えない”恐怖より“見える”恐怖の悲劇。 物語:それは一人の日本人男性が突如失明したところから始った。車を運転していた男(伊勢谷友介)が突然視力を失ったのだ。 目に映るのはただ白い世...
「ブラインドネス」 (或る日の出来事)
ううむ…どうなんだろう。 ジョゼ・サラマーゴが書いた原作「白の闇」が、すごく良かったと感じていて、その延長線上で映画を観たせいか、こ...
【映画評】ブラインドネス (未完の映画評)
「白い闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。
『ブラインドネス』2008・11・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかった...
ブラインドネス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価★★★★ 隔離病棟での争いは人間の醜い部分がさらけ出される。
「ブラインドネス」 (かいコ。の気ままに生活)
視界が真っ白になる伝染病がまん延する心理サスペンス。「ブラインドネス」公式サイト「全世界、失明。」「誰もが見えないのになぜ私だけ見えるのか」の予告でちょっと興味もって観にいったんですケド・・想像してたのと違いました。全員が失明する極限状態の人間がどうす...
【ブラインドネス】 (日々のつぶやき)
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ガエル・ガルシア・ベルナル 「ある街で車を運転していた日本人男性が突然目が真っ白になり見えなくなった。通りがかりの男性に運転してもらい妻の待つマンショ
白の闇〜『ブラインドネス』 (真紅のthinkingdays)
 BLINDNESS  点滅する信号機、クラクション。渋滞する交差点で、一人のドライバーが声を 上げる。「見えない」 彼の視界には白い光が...
★ブラインドネス(2008)★ (CinemaCollection)
BLINDNESS全世界、失明。失明するより怖いー私だけが見えていることが上映時間121分製作国日本/ブラジル/カナダ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2008/11/22ジャンルサスペンス/SF/ドラマ映倫PG-12【解説】「ナイロビの蜂」のフェルナンド....
「ブラインドネス」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
諦めていなければ、終わったわけではない。突然視界が真っ白になる。それが次々に伝染していく。原作はあるようだが、根底に流れるのは、最近とみに増えた感のある極限状態における人間ウォッチングである。ゾンビや地球外生命体が眼の伝染病に置き換わっただけと言ってし...
ブラインドネス (週末映画!)
期待値: 76% 小説『白の闇』の映画化 出演: ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブ
ブラインドネス (ネタバレ映画館)
観客からは見えてますよ・・・ジュリアン・ムーアさん。
2008-80『ブラインドネス』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-80『ブラインドネス』(更新:2008/11/24) 評価:★★★★☆ もし、目の見えない奇病に世界が襲われたら? そして、その中で一人眼が見えたら? 戦慄の恐怖が襲ってくる。 木村佳乃、伊勢...
ブラインドネス (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ブラインドネス/BLINDNESS 2008年/日本、ブラジル、カナダ/121分 監督: フェルナンド・メイレレ...
ブラインドネス(映画館) (ひるめし。)
全世界、失明。
ブラインドネス (描きたいアレコレ・やや甘口)
どよ〜ん。見えないって辛いのね。で、観てても辛かった(汗) よく、わからなかった、映画の内容...。あんまり面白いとも、興味深いとも...
★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
映画『ブラインドネス』 (健康への長い道)
日曜日の三宮は人が多い・・・。人混みは嫌いです(笑)。 さて、神戸国際松竹にて、伊勢谷友介さんと木村佳乃さんも出演の『ブラインドネス』。ここの今日の受付嬢は、劇場のことを「お部屋」と言う。「4番のお部屋になります」− 違和感があります秊。 S...
ブラインドネス (5125年映画の旅)
ある日突然、視界が白く覆われ盲目となる奇病が世界中で蔓延した。政府は感染者を隔離するが、感染者は完全に政府から見捨てられていた。隔離施設から出ることが出来ない感染者たちは次第に平常心を失い、その中の一人が銃を持ち施設を支配しようと画策する。しかし施...
「ブラインドネス」 第7位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 139オープニング土日興収: 5720万円(BOX OFFI
ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制...
ブラインドネス (Diarydiary!)
《ブラインドネス》 2008年 日本/ブラジル/カナダ映画 − 原題 − BLI
映画 「ブラインドネス」 (ようこそMr.G)
映画 「ブラインドネス」 を観ました。
ブラインドネス (そーれりぽーと)
もしも人々が一斉に視力を失ったら。 そして、何故か自分だけが見え続けていたら。 『ブラインドネス』を観てきました。 ★★★★ うーん。 思わず唸ってしまうリアリティー。 大半を限られた空間である収容所でのエピソードとしている辺りで、主人公の心理を自分の事の...
ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。 (銅版画制作の日々)
何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファ...
ブラインドネス (メルブロ)
ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  ...
ブラインドネス を観ました。 (My Favorite Things)
今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!
『ブラインドネス』 2008-No82 (映画館で観ましょ♪)
最後に光はさすものの、 気持ち良さは残らない映画でした。 原因不明。 次々に感染していく失明。 この最低な状況でも? だから...
『ブラインドネス』 (試写会帰りに)
追いつめられた先にある、希望の光りはとても力強くまぶしい。 人間の暗部、汚いところを徹底的に描く事で、逆に、生きる事、人間の素晴らしさをあぶりださせるよう。映画的な感動、興奮があり、スクリーンに身を委ねる幸福を感じる121分。『ブラインドネス』(『BLINDNES...
ブラインドネス (Movies 1-800)
Blindness (2008年) 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリス・ブラガ、ガエル・ガルシア・ベルナル 突然、目が見えなくなる病気に感染し、施設に隔離された者たちの醜態を描いたドラマ ノーベル文学賞獲得経験のあるポルト...
322「ブラインドネス」(カナダ・ブラジル・日本) (CINECHANの映画感想)
見えない恐怖、見える恐怖  ある日、車を運転していた日本人の男が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た医者によれば、眼球に異常はなく原因は不明だった。  その後、同様の患者が各地で続出、混乱が広がっていく。感染症の疑いが...
ブラインドネス 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画[ ブラインドネス ]白に包まれる心の闇 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ブラインドネス ]を渋谷シネパトスで鑑賞。 全世界の人々が突然の奇病によって失明になり、一瞬にして白い闇につつまれる。ホラーよりも恐ろしい心理パニックサスペンス。ノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」の映画化であり、[ シティオブゴッ...
ブラインドネス (Addict allcinema 映画レビュー)
全世界、失明。
「ブラインドネス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この病原体(?)は一体・・・?
【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...
ブラインドネス (りらの感想日記♪)
【ブラインドネス】  ★★★☆ DVD(22) ストーリー ある日、車を運転していた日本人の男が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見
「ブラインドネス」大解説〜「私には見えなくなる」の意味〜 (映画にみるキリスト教文化と聖書)
医者の妻だけ目が見えるワケ。ラストシーンのナレーションと「私には見えなくなる」の意味。なぜ目が見える医者の妻は「力」を使おうとしないのか。医者の妻が収容所で泣いた理由。日本で「ブラインドネス」が不評をかう要因。黒い眼帯の老人とラジオ。亡くなった女を清め...
映画『ブラインドネス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
94.ブラインドネス■原題:Blindness(EnsarioSobreaCegueira)■製作年・国:2008年、カナダ・ブラジル・日本■上映時間:121分■鑑賞日:11月29日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キ...
ブラインドネス (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 映画はモノクロームな世界観。 モノクロームって、Artを感じさせて くれますよね? 解説 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル 文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック ・サスペンス。 ...