ブログ・プチパラ

未来のゴースト達のために

ブログ始めて1年未満。KY(空気読めてない)的なテーマの混淆され具合をお楽しみください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みうらじゅんが説く「般若心経」の教え-「ギャーテー、ギャーテー」は「フレー!フレー!」である

2010年01月14日 | 宗教・スピリチュアル
私はみうらじゅん氏を尊敬しており、所詮私の思い込みだろうが、みうら氏のことが、まるで現代の聖者の一人のように見えてきて、困ってしまうことがある。

今日は、みうらじゅん対談集『正論。』(2009年)から、拙ブログに関係がありそうな所を抜き出しておこう。

ちなみにこの本は、およそ400ページにも渡って、みうらじゅんと、各界著名人の方たちとが対談を繰り広げているものである。

その論じられている内容とは、80パーセントくらいは「エロ話」のことであるといってよいだろう。
そして残りの19パーセントくらいは「下ネタ」である。

しかし、最後の1パーセントくらいのところで、仏教や仏像の話が出てくるので、ここに抜粋しておく。「小見出し」は私がつけている。


般若心経の「ギャーテー、ギャーテー」は「フレー!フレー!」である

<10p-11pより>
峯田和伸 般若心経はいつも持ち歩いているんですか?
みうら 文字が小さい上に老眼でよく読めないんだけどさ。あ、この最後のところ、ギャーテー、ギャーテー、ハーラーギャーテー(羯諦、羯諦、波羅羯諦)ってあるでしょ?

峯田 ギャーテーは聞いたことありますね。ギャーテーズとかいいますもんね。
みうら このギャーテーの部分が、訳してはいけないとされてたんですよ。ここだけは。

峯田 どういう意味なんですかね?
みうら どうやら「フレー! フレー!」ということみたいなんだ。…何も無い。肉体も無い。生きてることも滅することも汚いことも綺麗なことも無い。増えることも減ることも無い。全部無い無いですよ。でも修行を積む者だけには「フレー! フレー! 彼岸に行く者達よ!」って応援するんですよ。

峯田 彼岸ってお彼岸の…?
みうら そう。現世のことを此岸って呼び、あっちは彼岸。彼岸って死ぬことじゃなくて到達するというのかなあ。だから修行を積み重ねる人達だけには、「フレー! フレー!」って言うんですよ。これ僕の訳なんだけどね。(笑)

峯田 (笑)。「ギャーテー! ギャーテー!」と。
みうら 般若心経って、今風にいうと応援歌っぽい感じがするんですよ。最初はマイナスと取れることばっかり言っておいて、それじゃ救われないんじゃないか? って思わせといて、後半「でもね」を言い出す。あの『イマジン』と同じやり口ですよ。ジョン・レノンは多分これに影響を受けたんだと思うよ。


駐車場で説かれる仏の教え

<13pより>
みうら よく、駐車場のところに「空あり」って書いてあるでしょ。
峯田 見かけますね。

みうら 「空なし」ともあるんですよ。あるけど無いんだよね。無いけどあるように。
峯田 町中で説かれているんですよね。

みうら 釈迦が悟った「空」の思想は全ての問いに答えられることなんですよ。あの方はもう全て分かっちゃったんですよ、ボブ・ディランは「答えは風に吹かれている」と表現しましたが。
峯田 はーなるほど!

みうら ボブ・ディランは、結局答えは風に吹かれているだけで、あるかも知れないし、無いかも知れないって。

仏像も見た目が9割?

<318pより>
はな みうらさんの般若心経の本(『アウトドア般若心経』)。あれは凄かったね。
みうら ありがとうございます。実は般若心経って昔から凄くジョン・レノンの『イマジン』に似てるなって思ってた。

はな え? そうなの?
みうら 『イマジン』は「国境は無い、天国も無い」って言うでしょ? 般若心経も「無い、無い」だから。「色も無い、形も無い」っていうことだから。多分ジョンが釈迦の教えをパクッったとみたね。

はな パクリ? 『イマジン』パクリだったんだ。そっか。みうらさんって阿修羅像の置物持ってますよね? 結構大きいの。
みうら あれは奈良の土産物屋さんで買ったの。パクッてないよ(笑)。

はな ええー!
みうら そろそろ仏像教ってのを作らないとね。

はな いいね!
みうら それを「イマ寺院」って呼ぼうかな。今度はジョン・レノンの『イマジン』をパクッて。


・・・以上!


関連記事:山崎隆之『一度は拝したい奈良の仏像』-阿修羅と金鼓の響き 2009年11月27日
(→すまない。阿修羅の記事だが、みうらじゅん・いとうせいこうの『見仏記』のような面白さはない。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「始原の遅れ」-内田樹『いきな... | トップ | 政治の目的は「不幸の最小化」-... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。