考えるのが好きだった

徒然でなくても誰だっていろんなことを考える考える考える。だからそれを書きたい。

はじめに

 このブログは、ほり(管理人)が、自分の思考を深めるために設置したブログです。私のものの見方を興味深く思う方は、どうぞお楽しみください。 / 書かれていることは、ほりが思考訓練として書き連ねた仮説が多く、実証的なものでありませんが、読み方によって、けっこう面白いと思います。 / 内容については、事実であっても、時空を変えて表現している場合が多々ありますので、リアルの世界を字面通りに解釈しないでください。何年か前の事実をまるで今起こっているかのように書いたものもあります。 / また、記事をUPしてから何度も推敲することがあります。記事の中には、コメントを戴いて書き換えを避けたものもありますが、どんどん書き換えたものも交ざっています。それで、コメント内容との整合性がないものがあります。 / なお、管理人は、高校生以下の方がこのブログを訪れることを好みません。ご自分自身のリアルの世界を大事にしていただきたいと思っているからです。本でも、学校でも、手触りのあるご自分の学校の先生や友人の方が、はるかに得るものがありますよ。嗅覚や触覚などを含めた身体全体で感じ取る感覚を育ててくれるのはリアルの世界です。リアルの世界で、しっかりと身体全体で感じ取れる感覚や感性を育ててください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです

2016年05月13日 | 教育
 久しぶりにブログを開けたが、ツイッターとブログではずいぶん感じが違う。ツイッターは、タイムラインに乗らなければ忘れられる。でも、ブログ記事はそうでもなさそうだ。いくばくかでもひと様に読んでもらえそうだ。
 ブログに長文記事を書かなくなったのは、時間がないのもあるが、授業でてきとーに雑談してるから、本人としては満足してるのかもしれない。授業の1/3くらいは雑談だろうから。でも、生徒も結構喜んでくれるから、そう自己満足だけというわけでもないと思う。
 生徒は、まじめな雑談に飢えている。自分の人生がこれから始まろうとしているのだから当然といえば当然だが、気の毒なことに、抽象的な話を具体的にしてくれる大人がいないようだ。その昔「おじさん」の必要性について語った本があった。親や教師のような説教じみた話ではなく、もう少し身近な大人の存在。もっとも私は彼らの親より年上だろうし教師でもある。しかし、感覚的には「近所のおばちゃん」だろう。幸いなことに、今私が相手にしている生徒は、一言二言三言続けても、筋が通っていれば耳を傾ける。その意味では面白い。多少でも鍛えてやりたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆が過ぎればもう2学期

2015年08月18日 | 教育
 ツイッターにかまけていて、こっちはご無沙汰してました。
 ツイッターの場合は、とにかく140字で納めることが目的化する。まあ、連続ツイートのように書いても良いのだが、それも、どこで区切ろうかなど考えなければならないからややこしい。
 文章は、書いているとそのうちに何らかのリズムのようなものが生まれてくるはずのものだが、このところ何も書いてないからうまくいかない。習うより慣れろとはよく言ったものだ。
 夏休み前、生徒から何をしたら良いのか、などのちょっとした相談があったが、私のアドバイスは、至って簡単である。毎日2,30行の新しい英文を読むこと、文法事項、単語等の復習をすること。あ、そうそう、センター演習は時間を計って行うと良かろう。早さになれることは大事だ。
 長文に関しては、生徒はしばしば問題を解くことを目的とするが、それは下手なやり方だ。とにかく、きちんと読み、知らない事項を頭にたたき込む。要約をする、和訳をする。そんなところで十分だ。問題が付いてなかったら何を勉強して良いのかわからないという状態では今後が思いやられる。問題付きの場合、「答えが欲しい」ともよく聞くが、答えがなくても英語は何とかなる。辞書を引けば何とかなる。そんなものだ。何とかならなかった時はそれまで。今までだって、いくらでもあったはずだ。なんで今更問題になるのだ。わからないことは、「やっているうちにそのうちわかってくる」ものなのである。冷たいように聞こえるかもしれないが、キャパは限られている。しばらく奥歯に物が挟まったような状態でいる方が案外学習効果は高くなる。そんなものだ。
 イマドキの生徒に最も欠けているのは、そうした「自分の潜在的能力の確信」とでも呼べるものか。自習であれ勉強をしていれば、自ずから力が付いてくる。さすれば、その前はわからなかったことが、独りでにわかってくるのである。
 うん、大丈夫。
 ということで、2学期の予習もおすすめである。授業を受ける頃に夏休みにやった予習のノートを見ると、自分の間違いに気がつくだろう。
 力がつくとはそんなもである。
 あと2週間頑張ってもらいたいものだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

twitter始めました

2015年03月03日 | 教育
高校の先生@kkhrpenです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校で習うことだけが「知」ではない

2015年02月25日 | 教育
 自民党の礒崎某氏がツイッターで次のように書いたようだ。
 「時々、憲法改正草案に対して、「立憲主義」を理解していないという意味不明の批判を頂きます。この言葉は、Wikipediaにも載っていますが、学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。昔からある学説なのでしょうか。」
 この言への批判が多くあるようだが、批判の矛先は立憲主義に関する無知(と呼んで良いだろう)に対するものだ。私も大いに疑問を持つが今回憲法談義についての批判はとりあえず脇に置く。それでもこの礒崎某という方の知見には大いに疑問を持つ。

 気になるのは、「学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。」という言葉だ。
 学歴は東大法学部の卒業である。高校時代の勉強はかなりよく出来たのだろう。おそらく文科一類からの法学部進学だろうから大学受験の点では文科一類が文系で最難関だから、また、もし特に現役での合格なら、彼は「相対的にものすごくできた」はずだ。
 高校生で「勉強がよくできる」生徒にも多くのタイプがいるが、共通している点がある。どんな難関であろうと入試は、要は試験だから必ず「試験範囲」というものがあり、大学入試のそれは「高校までの学習事項という試験範囲」でしかないので、生まれ持った記憶力と論理的思考力がその試験範囲をクリアできるほどのものでありさえすれば、授業と受験参考書の何冊かを勉強すれば「自ずから点も取れて試験も合格できてしまう」ものだということだ。(うん。今、かなり能力の高い集団を教えているから、ホント、そーゆーものだということは実感としてわかる。同意してもらいにくいとしたら、このレベルの生徒は少ないというだけの話である。)この方も高校生の時はそんな風によくできたことだろう。
 ここで注意していただきたいのは、試験には「習ったこと以外は出ない」ことだ。特に東大の問題は基礎基本を根幹から理解し、十分な応用ができるほどの思考力を習得すれば「それなりにできてしまう」ものである。それで、この際に必要な「思考力」とは「必要なときに必要な既習事項を迅速に思い出してちょっとした思考過程を経て使う」というものだ。思考過程にちょっとしたコツが要ると言えば要る。が、こうしたコツは人から教えてもらっても教えてもらわなくても、東大を目指す程度の記憶力と思考力の持ち主なら何となく体得してしまうことも多い。
 前置きが長くなったが、まあ、要は、上記にのべたような能力が人よりも優れていれば試験はできてしまい、そのせいで、(ここから大事→)本人も自分は優秀だと思い、自分の思考の方法に何の疑問も持たなくなることだ。「オレ、周りの人間よりできるもん」てなわけで。だから、「勘違い」が起こる。
 この礒崎某氏の大きな勘違いは、「大事なことはすべて学校(大学)で人から教えてもらえる」というものだ。
 この方は、世間的な意味で、おそらくもの凄く「アタマがいい」のだろうと思う。ちょうど我々が小学校低学年のときに、先生から教えてもらうことを習得すると「学校で習った」という思いを強く抱く。ちょうどそのように、彼は大学までに学ぶべきことを、もちろんそれが大学の講義内容だけでなく参考文献なども含めたとしても、容易に理解し習得したという経験を持つのだろう。(ここで「ならば、立憲主義を。。」という突っ込みはなしにしてね。論点がずれるから。)
 多く人の場合、大学に入るまでに、或いは、大学に入学してから自分の知的能力の限界を知るなどして何らかの葛藤をするだろう。(もちろん、レベルが低くても「これは必要ない。オレには関係がない」と、葛藤が生じない人も多い。)しかし、この方にはそうした経験はないのではないか。でなければ、大の大人が、「学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。」などという、「学校で教えてもらってないから知らないよ。当たり前だ。」という小学生がよく口にする言い回しは恥ずかしくて出てくるはずがない。それを堂々と公言するに憚らない方が台頭してきているというのは、今の社会の知性がまだまだなのか、日本がどんどん劣化してきているということに他なるまい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

何のために勉強をするのか

2015年02月09日 | 教育
 俗の言うトップ校の生徒を教え始めて思うのは、彼らにとって勉強をするのはあまりにも当たり前のことだから、これまでの生徒の指導、いかに勉強に興味を持たせて勉強させるかといった指導は全くどうでもいいものになる。学力をどのように付けさせるかと言う観点では、これまでの学校と似たり寄ったりとも言えるし、どうしても若干は高度になるから面倒と言えば面倒である。しかし、長年の経験による蓄積があるせいか今のところはさして問題は生じていない(と思う)。3年生を担当するとなるとどうなのかなとも思わないではないが、まあ、何とかなるのではないかと近頃は気楽に考えている。
 そもそも勉強なんて、少なくとも私が教えている英語という教科に関して、教えなければならないことなんて何もないに等しい。(「授業放棄」じゃないよ、念のために言っておくけれど。)自分自身、英語の勉強で(他の教科でもだが)先生に教えてもらったなんて感覚はほとんどないに等しい。勉強なんて自分でできるものだ。勉強をする機会としての授業はあったし、授業という場を通して他の生徒の発言などから学んだことは多いが、先生の存在は化学反応の触媒程度だろうと自分で思う。英語の解釈や表現の間違い、読解そのものの間違いをすることは誰でもあるから、そうした間違いや間違いの正し方、なるべく正確に読むための方法、より良い表現をするための学習法、自分の間違いの可能な限りの見つけ方などは教える。だが、それらを一通り体得したら、あとは訓練だ。おそらく現役で東大京大に合格しそうな生徒以外はなかなか習得出来ない技能のような気もするから授業は必要と言えば必要だろうが、それでもその程度のものでしかない。だから、もうほとんどのところ「勉強は自分で辞書を引いてやればそれでいいんだよ。」で、終わりである。そもそも知識なんてそのあたりに転がっているのだから、あえて私がわざわざ教えてやる必要なんてないも同然なのである。逆に、知識を人から教えてもらうことに慣れてしまうと自分で発見できない人間になってしまう。知性の極み?に近い生徒集団に対して教えてばかりの指導をするのは人類の知性への冒涜だろう。
 だから、最大の課題は、「授業はなんのためのものか」に収斂する。通常の学校のような授業は必要がないとも言えるからだ。もちろん、受験があるからそれ相応の「学力」を付けてやる必要はあるが、学力なんて、それなりにマトモに勉強をすれば試験に対応する程度の学力は能力に相応する程度には自ずから付いてくる。だから、いかに広汎な力にするか、また、更に、日本の遠い将来のことを考えると、彼らがその知性をどのように使うかという観点の方が授業の目的としてははるかに重要になるだろうと思う。
 生徒はけっこう雑談を好む。ことに今の社会の状況を勘案すると、自分たちが生きる世の中がどうなるのか、あるいは、自分たちでどのように構築していくべきものなのか、関心を持たない訳がないだろうし、逆に、関心を持たせなければならないだろうと思う。しかし、こうしたことは、特に私の英語という教科は、その枠内で十分に考えさせることができるだろう。
 というわけで私の授業は雑談が多い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2015年01月04日 | 教育
あけましておめでとうございます。

気づいてみたらこのブログを開設して丸10年。この頃は記事のupが少なくなりましたが、これは忙しいばかりでなくイマドキのご時世ゆえ関心の幅が広がってしまったせいでもあるのです。授業の雑談もあれやこれや英語どころじゃない、という気分です。まあ、「ほりに聞くより辞書に聞け」のモットーは変わらず、「英語なんてそこら中に転がってるのだから、自分で辞書首っ引きで勉強をすればそれでできるようになるんだよ」と言ってのけるものだから生徒は大笑い。「じゃあ先生の仕事は?」「私は君たちがヘンな方向に向きかかったら、あ、そっちは違うよ、とちょちょいと軌道修正するの。それで十分なのよ」ってなものです。そう、教えてもらうからできるようになる、なんて気楽じゃないのですよ。それだと教師を超えることは決してできません。それより何より今現在重要なのは、「何のための勉強なのか」にちがいありません。「喰う寝る遊ぶ」という人間の生理に合わせた「政治」の根幹がないがしろになってきている現在、もはや英語の細かいあれこれはどうでもよろしい。(理由は前述の通り。)「ものの道理」の基本をそのままストレートに伝えるほかないでしょうよ。というわけで、雑談が(あいかわらずかもしれませんが、)非常に多い授業です。「格差社会」の言葉通り、公立と言えど裕福な家庭の生徒が多い学校ですから、ここは是が非でも格差是正の思考を獲得させるのが公教育に携わる者の務めでしょう。
「勉強は自分が将来出会うであろう人のためにするんだよ。今、ここにいない人のためにするんだよ。人間は、今ここにないものを想像する存在なのだから。」

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よくできる生徒たち

2014年11月30日 | 教育
 かなりよくできる生徒とそうでもない生徒はここが違う。

よくできる生徒は。。。。
1 ほぼ必ず予習をしてくる。
2 テストで間違えても次のテストではもう間違えない。学習能力が高い。
3 授業をよく聞いている。
4 だいぶ前に言ったことでも覚えている。
5 最初は質問に来ても、やり方を教えるとだんだん来なくなる。
6 多彩な具体例につながる抽象的なまとめによく反応してよく覚えていてくれる。(だから応用が利く。)
7 謙虚で学習内容や教師にたいしてとても素直。
8 姿勢が良い。
9 英語に限って言うと品詞、その他、日本語と英語で違う捉え方に敏感。
10 教師が間違えるとちゃんと指摘してくれる。
11 「わかった人、手を上げて」「知っている人、手を上げて」と言うと、ちゃんと手を上げてくれる。(知っていても手を上げない生徒は多い。)
12 どうやったら間違えずに済むか、に関心が高いし、その方法を体得してくれる。

 あまりできないというか、今ひとつの生徒はこんな感じ。
1 なんだかんだと理由を付けて塾へ行こうとする。
2 教えてもらえればできるようになると思っている。
3 授業を嘗めている。たとえば、教師の言うことを「そんなこと、知ってる」という顔をして、確実な習得を目指そうとしなかったり、同じ英語の授業でも他のことをしたがる。
4 試験でいかに点を取るかに興味津々、というか、どうしたら効率よく点が取れるかが頭から離れない。
5 教科書を忘れていても、知らん顔してそのまま。
6 問題をやると、答え合わせだけして終わり。
7 「重要事項」が何かをひどく気にするが、自分が何がわかっていて何がわかってないのかにあまり関心を持たず、それが大事だとも思わない。
8 英文を理解するより問題を解くことに関心を持つ。
9 やたら「話せるようになりたい」と言う。
10 わかってないことでもわかっているふりをしたがる。
11 勉強が自分の知らない世界を知ることではなく、自分が既に体得している概念で理解することだと思っている。自分の世界を広げることが困難な様子。
12 中学英語でなんとかなる日常会話がすんなりできると、もうそれだけで自分は英語ができると思いこんでそれ以上の学習意欲を持たない。というか、英語学習の必然性を芯から感じないのでどこか熱心になれないようす。(帰国子女などに多い。)
13 暗記すればできますか?とすぐに聞いてくる。
14 具体的に「これとこれをやれば〇〇点が取れる」と言われれば必死になって勉強をするが、学習の対象がほんの僅かでも漠然としていると、「何をして良いのかわからない」と勉強をしない。プロセスよりも結果重視主義。
15 いつもより少し多く勉強をしてそれなりに点が取れると、「私はできる」と思いたがる。
16 要は、まあ、プライドが高い指示待ち人間。思考停止状態で「ちょっこっとだけ自分で考える」という勉強のコツが大事だと思わない。自分で自分を見つめようとしない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素直と従順は違う

2014年10月20日 | 教育
 生徒は、素直でなければならないと思う。しかし、それは「従順」とは異なろう。
 「素直」は、英語の動詞で言えば自動詞っぽい概念だろう。しかし、「従順」は他動詞的で、従う相手、ことのほか「人間」を必要とする。おそらく何らかの権威があった上での相対する概念である。(人を主体とした場合、非常に多くの場合、相対性は他人との関係にあろう。)しかし、「素直」の方はありのままに、対象が人間でなくとも、むしろ対象がなんであれ、心が開いている感覚だ。
 数学であろうと英語であろうと、勉強する際に大事なのは、「素直」の方である。対象とする学問に対して、心を開いてありのままに受け入れることが大事だ。そこに、自分独自の感覚を紛れ込ませると、途端に勉強はできなくなる。
 「従順」は教師に対する言になろう。しばしば、先生に対する従順さが勉強に対する素直さにつながるが、(なぜなら、先生は勉強を教える存在だから、非常に多くの場合、先生に従うことが勉強をすることそのものになる。)必ずしも相容れないものである。
 ところが、どういうわけか、近年は勉強や学問に対する素直さが、従順さと変わりないものとして捉えられている気がする。持論になるが、今は、本当に「相対性」、「人間関係」に立脚した世の中だと思う。学問や勉強に対しても、権威や点数など(←同義だね)ばかりが重視され、人知ではどうしようもない絶対的な世界観が軽んじられているように思うのだ。
 これでは子供は自己の成長させられないだろうし、従って、能力の伸長という観点での学力も高まるわけがないと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人は日本が嫌い?

2014年10月02日 | 生活
 思うに、日本人は、よほど日本が嫌いになったのではないのかしら?
 でなければ、これほどまでに若者や同胞を痛めつけるような諸策に同意しますまい。

 「嫌なことは水に流して、水で流れないことも流れたことにして忘れたい。」「今の楽しみだけを求めたい。」
 ----でも、↑これは、桜が咲いて散るのと同じなのかな?
 習性は変わってないのかな。
 かつて指導者として気骨あった少数の人たちが姿を消したということか。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「知識」は外界の切り取り方

2014年08月30日 | 教育
 「知識」は「言葉」を外側から、何か集合体として捉えたものだろう。私が生徒によく言っているのは、「『知識』は自分の周りに転がっているものだから、大事なのは、いかにしてそれを外界から切り取るかの方法だ」というものだ。これは「分類」に通じる考え方だ。
 随分前だが、養老先生がゾウリムシをいろいろ並べ替えて分類していた。そのとき何と言っていたか明確には覚えてないが、並べ替え方が世界観だ、みたいなことじゃなかったかと思う。大きさで分けたり、色で分けたり、他の細かな形態で分けたりすることで、分類した人がゾウリムシの集団をどのような世界観で捉えたかがわかるというものだった。単純な分類なら、小学生や幼稚園児でも行うが、背後にあるのは、実は非常に根源的な人間の思考である。
 学校で教えられている知識も、これと同じで、学ぶ知識を通して、人類がこれまで、その文化圏においてどのように世界を捉えてきたかを伝授している訳である。知識を単なる羅列と捉えるなら、それぞれがバラバラの断片でしかない。しかし、本当のところは、養老先生の分類と同じで、特定の体系を持つ世界観の表明である。では、何が特定の体系なのかを問えば、通常表に出てこない「切り取り方」こそが知識を形作るものということになる。
 ならば、一般に知識の習得が大切な勉強とされるのであるなら、根本にある「切り取り方」に着目する方がそれこそ本当の意味で効率良い学習になるだろう。この考え方は、学習事項を量的な知識と捉える人には評判がたいそう悪い。しかし、そうでない人にはかえってなるほどと感心される。この両者には傍目以上の間隙があろうと私は思っている。生徒なら、今後の知性の発展の仕方に大きな差異が生じるはずだと想像するが、皆さんは、いかが思われるだろうか。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加