おりがみと日記とパソコン遊び

2013年1月おりがみを作り始めました。
Jtrim額縁やパソコンで遊んだメモなど記録します。

あしかがフラワーパーク~2018ニューイヤーイルミネーション1

2018-01-11 | 散策

『あしかがフラワーパーク 光の花の庭』

「日本三大イルミネーション」にも認定され 
『ハウステンボス 光の王国』『さっぽろホワイトイルミネーション』

2016・2017と2年連続全国第1位獲得
ラジオで放送されていたので行ってみました。
ニューイヤーイルミネーションでは
~光と冬ボタンの競演~

2018/2/4まで開催される

 

冬ボタン

大藤神社

奇蹟の大藤

うすべに藤の橋を抜けた先にはハートのベンチ

フラワーキャッスル

ピラミッド

みんなの地球

食事場所からイルミネーションが見えます。

 

つづく

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎大師に参拝 2018

2018-01-06 | 散策

今年も青春18切符で川崎大師に行って参拝してきました。

 

 

境内には出店がたくさん出ています。

遍路大師の周りにある新四国八十八ヵ所霊場を歩きました。

 

銀色のだるまさんがありました。

 

川崎大師駅からの車道に参拝者が歩いてしまいます。

 

大師線ヘッドマークデザイン2018

これから東京駅に行きます。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉長谷寺他に行ってきました

2017-12-11 | 散策

友人が鎌倉に青春18切符で行きたいと話してたので行ってきました。

お天気が良く小町通りを歩くときは汗ばみベストを脱ぎました。

残念ながら何年か前に入ったお店が見つからないと言ってました。

 

鎌倉から海岸まで大分歩くので江ノ電に乗って長谷寺まで行き海を見ました。

友人は鎌倉に会社の保養所があり何度も来て海岸を歩いて長谷寺に行ったとのこと。

 

次に鎌倉の大仏を見学に行きました。

長谷寺に何度か行ったことがありますが大仏見学は小学校の遠足以来です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光散策3 輪王寺

2017-12-06 | 散策

輪王寺

本堂(三仏堂)・大猷院・慈眼堂・常行堂・中禅寺・大護摩堂・四本龍寺等のお堂や
本坊、さらに十五の支院を統合して出来ており、その全体を指して輪王寺と総称します。

境内地は大きく分けて、「山内」(さんない=標高 約630メートル)と、
「いろは坂」を登った「奥日光」(標高 約1300メートル)の2ヶ所となります。

 

今回は日光山輪王寺山内地区を歩きました。

 

 

大猷院 は東照宮とそっくりです。
入口にも同じような仁王門があり、鼓楼・鐘楼があり、
唐門があって「拝殿」「本殿」があり、その奥にお墓があります。
多少規模が小さいだけで、ほとんど東照宮と同じような作りです。

大猷院とは徳川三代将軍「家光公」の廟所(びょうしょ)(廟所=墓所)です。

 

大猷院の仁王門

仁王門 を抜けると、石畳があります。

この石畳は神奈川県根布川(ねぶかわ)のもので、雨にぬれると色が赤や青に変わるそうです。

 

 二天門(にてんもん)

二天門 (にてんもん)とは、四天王のなかで
「持国天(じこくてん)」と「広目天(こうもくてん)」を祀っていることから
「 二天門 」といいます。
大猷院の門の中では一番大きな門になります。

 

二天門の後ろ側に「風神・雷神」の像がおかれています。

 

夜叉門 の手前には、鐘楼と鼓楼があり灯籠があります。

 

夜叉門(やしゃもん)

牡丹唐草の彫刻がほどこされているので、「ボタン門」とも呼ばれています。

 

夜叉門 には四体の「夜叉像」が祀られているので 夜叉門 と言います。

毘陀羅(びだら)

犍陀羅(けんだら)

烏摩勒伽(うまろきゃ)

阿跋摩羅(あばつまら)、

 

大猷院の拝殿

大猷院の拝殿と本殿は相の間でつながっていて
「工」の字型に三つの建物が並んでします。

大猷院の拝殿の天井には「天蓋」があり、それがあると寺院で、
天蓋がなければ神社だそうです。

中に入って参拝しました。

拝殿の天井には140の竜の絵が描かれています。

 

 

ここから三仏堂に行きます。

 

 

輪王寺黒門

 

輪王寺三仏堂

三仏堂 とは三体の本地仏(ほんじぶつ)を祀っているので、「 三仏堂 」と言います。

 三仏堂 に祀られているのは、千手観音、阿弥陀如、来馬頭観音の3仏です。

仏さまが戻っていたので中に入り近くで拝観できました。

 

天海大僧正(慈眼大師)銅像

天海は寛永20年に108歳で大往生する。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日光散策2 二荒山神社

2017-12-05 | 散策

日光東照宮拝観後少し歩いて二荒山神社(市内)で参拝し階段を下りました。

 

日光二荒山神社

日光市内に3社あると説明がありました。
  男体山山頂⇒ 奥宮
  中禅寺湖畔⇒ 中宮祠
  山内(市内)⇒ 御本社


霊峰男体山の登拝期間は、毎年5月5日から10月25日までです。
 冬山は、入山禁止です。
 男体山は、二荒山神社の境内地と説明がありました。

 

 

 

階段を下りて振り返ると二荒山神社の門がありました。

次は 大猷院へ行きます。

 

二荒山神社神橋

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光散策1 日光東照宮

2017-12-04 | 散策

12月1日野崎研修センター主催の女性セミナー講座で日光に行きました。

とても寒い日でしたが雨が降らなかったので良かったです。

 

日光東照宮は、元和(げんな)3年(1617)徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。

現在のおもな社殿群は、三代将軍家光公によって、寛永(かんえい)13年(1636)に造替されたものです。

 

石鳥居(いしどりい)

↓ 継ぎ目があり地震があっても倒れないそうです。

五重塔(ごじゅうのとう)

 

表門(おもてもん)

これから東照宮を拝観します。

 

上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。

 

神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)

 

唐銅鳥居の向こう側に陽明門があり、その奥には唐門、本殿、そして奥宮があります。

日本で最初に作られた青銅製の鳥居だそうです。

柱の足元には神社には珍しい「蓮の花」の模様が彫られていますが、

当時は神仏習合だったのです。

 

 

伊達政宗が献上した灯篭

。「南蛮鉄灯篭」と呼ばれています。

 

陽明門(ようめいもん) 「日暮の門」ともよばれています。

3月10日約4年ぶりに一般公開されました。

 

「魔除けの逆さ柱」

陽明門の柱には「グリ紋」と呼ばれる渦巻きの模様が彫られていますが、

そのうち1本だけ渦巻きの模様が逆になっている柱があります。

  

神輿舎(しんよしゃ) 

神輿(みこし)が納められています。

 

唐門(からもん)

 

眠り猫(ねむりねこ) 左甚五郎作と伝えられています。

この位置から見ると猫が墓の番人としてねずみ一匹通さない

動き出す構えに見えるそうです。

 

鳴龍

昔は板の上で手をたたきましたが、今は係の人が拍子木を鳴らして鳴き声を聴きます。

 

表門 (出口)東照宮から出ます。

狛犬 角があるほうがメス

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大田原市 雲厳寺の紅葉 2017

2017-11-18 | 散策

 

昨日雲厳寺の紅葉を見に行きました。

筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並んで、
禅宗の日本四大道場と呼ばれ、
山門の正面にある朱塗りの反り橋を渡って石段を登ると、正面に釈迦堂、獅子王殿が一直線に並ぶ
代表的な伽藍配置となっています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐久山御殿山の紅葉 2017

2017-11-15 | 散策

佐久山御殿山の紅葉を観てきました。

イベントは12日にあり今年は参加できませんでした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017古峰神社の紅葉を見てきました & 風景印

2017-11-02 | 散策

昨日笑いヨガの移動教室が古峰(ふるみね)神社だったので参加しました。

バスの中で体を整える運動をしました。

座席が左側だったので川の流れが澄んで底が良く見えました。

 

何度か行ったことがありますが初めて中に入って見学しました。

古峰神社の御朱印は天狗の絵柄がたくさんあり選べるようです。

境内にある(神社の右側)古峰ヶ原 (こぶがはら)郵便局で風景印があるとのことで

訪れた日が年賀状売り出し日だったので購入して押印してきました。

 

古峯園(こほうえん)の入り口

 

昼食は古峯園にある峯の茶屋の懐石料理を予約したので

ゆっくり景色眺めながらいただきました。

↓ 座敷から見える景色

↓ 峯の茶屋があります。 

 

古峯園を散策

 

解散後自宅に帰る途中の景色

男体山と女峰山が見えます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯西川ダックツアー(水陸両用バス)で湖上遊覧

2017-10-25 | 散策

今日はほほえみセンターで計画されたバス旅行に参加しました。

 

バスに乗車すると先日の台風の影響で鬼怒川ライン下りが中止になり

予定を変更して湯西川ダックツアー(水陸両用バス)に乗車することになりました。

 

最初に逆杉で休憩

 

日塩もみじラインの白滝で休憩

 

水陸両用バスに全員が一緒に載れないので2班に分かれ半分の方が道の駅湯西川で下車

私達残りの方は15分先の湯西川水の郷からの乗車になりました。

ダックツアーで湯西川ダムの見学、

他の班の方は先に湖上遊覧してきて水陸両用バスが到着これからダムの見学です。

私達はこの場所で水陸両用バスに乗り変え湖上遊覧になりました。

 

龍王峡に行って昼食になりました。

少し雨がぱらつきましたが虹見橋まで行ってきました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAXA筑波宇宙センター見学

2017-10-08 | 散策

自治会親睦バス旅行に参加してJAXA筑波宇宙センターを見学しました。

ロケット広場

 

 

↓ 展示館「スペースドーム」

 だいち2号他模型

↓ 実物大の「きぼう」とロボットアーム

↓ 歴代ロケット模型

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

会津ころり三観音巡り3 中田観音 

2017-09-23 | 散策

ころり三観音(鳥追観音、立木観音、中田観音)地図

蔵屋敷あづまさで昼食をいただきました。

うるし美術博物館で作品鑑賞

 

「清酒 会津ほまれ」の蔵元直営店雲嶺庵で試飲しました。
1300坪の広大な日本庭園があり散策することができます。

 

会津ころり三観音巡り3 中田観音(弘安寺)

(平成29年3月1日から平成30年2月28日まで観音堂改修工事中)

御本尊は十一面観世音菩薩

今回は参拝することができませんでした。

野口英世の母シカが息子の火傷治療と立身出世のために祈願したことでも有名です。

 

 

会津ころり三観音巡りでは抱きつきの柱が印象に残りました。

過ごしやす天気でしたが山には雲がかかり見えず残念でした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会津ころり三観音巡り2 立木観音

2017-09-22 | 散策

ころり三観音(鳥追観音、立木観音、中田観音)地図

会津ころり三観音巡り2 立木観音(金塔山恵隆寺)を参拝

 

仁王門

 

観音堂

御本尊「十一面千手観音菩薩」は身丈8.5mあまり、
根の付いている立木からの一木彫で、日本最大級の仏像です。

弘法大師空海の作とも伝えられている仏像
(左右の脇侍には、二十八部衆・風神・雷神、30体)

 

銀杏 他にかしわ、ひのきが植えられている

三重の塔 小金塔の本尊 胎蔵界大日如来像  

 

金塔山恵隆寺

 

ころり信仰

三観音本来の意としては「三毒消滅」。
中田観音・立木観音・鳥追観音の三霊場を巡拝すれば、
仏教でいう「貧」「瞋」「痴」が無くなり、心安らぎ長寿を全うし、
極楽往生ができるという観音信仰です。

「ころり」とはズバリ、巡拝すればコロリとあの世に旅立てるというもの。
今も昔も、周囲にあまり迷惑をかけずに最後を迎えたいという心

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

会津ころり三観音巡り1 鳥追観音

2017-09-22 | 散策

21日は那須シニアネットの研修旅行で会津ころり三観音巡りで参拝してきました。

ころり三観音(鳥追観音、立木観音、中田観音)地図

最初は妙法寺の鳥追観音です。

 

 

仁王門

 

 境内には、徳一大師が開創の時に植樹されたと伝えられているコウヤマキの巨木があります。

 

観音堂の彫刻には左勘五郎作の「隠れ三猿」があり、

「災難より隠れ猿」「災難より逃れ猿」「安楽に暮らし猿」

三体全て見つけた者には幸運が訪れるといわれています。

 

 

観音堂は東口から入り、参拝したら戻らずに西口から出るようになっている東西向拝口。

御本尊には行基御作と伝えられる聖観音像。

十二支の御守本尊

 

妙法寺の六地蔵とラッセル車展示

 

駐車場脇のすすき

この後は次回に

 

 

(パソコンの調子が悪くパスワード入力画面が出なかったので強制終了後立ち上げ)

新規投稿面で画像アップロードが出来なかったので

画像フォルダからアップロードしたら出来ました。

とても時間がかかりました。 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

江竜田の滝に寄りました

2017-09-12 | 散策

いわき市に行く途中いつもはもう少し先の四時ダムで休憩したのですが

江竜田の滝に休憩で立ち寄りました。

 

大小さまざまな滝を総称して「江竜田の滝」と呼ぶそうです。

二見ヶ滝、そうめんの滝、虹ヶ滝、青葉の滝、龍神の滝、昇龍の滝

遊歩道は「ふくしま遊歩道50選」にも選ばれています。

 

この滝(二見ケ滝)をみただけで戻りました。

 

木の名前はわかりませんが実がなっていました。

 

ヴィラ前の景色 霧雨が降っていました。

 

 

   

下記ブログに色々な方のおりがみ作品が掲載されています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ

にほんブログ村  

 

ブログ訪問有難うございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加