ふぉるもさキッチン(台湾厨房)

台湾あれやこれや、色々なトピックスをご紹介したいと思います。

ご主人自慢の鉄道民宿

2016-02-08 21:39:53 | オススメの宿
 花蓮縣光復にある一風変わった、ステキな民宿に泊まりました。



 ここが民宿「盛夏之軌跡」の第一歩。なかなか素敵な門ですよね。



 すべて造園業を営んでいたご主人の手作りの民宿なんだそうです。部屋はこの木造のお部屋。



 広い木のお部屋です。ヒノキで造られています。このタイプは4人部屋。



 冷蔵庫もテレビもついていますが、この宿ではテレビなんて見ないで、思いっきり民宿全体を楽しみましょう!



 まず、敷地がとっても広いんです。緑の中に池もあり、いい環境。



 広いお庭!走り回れます!



 大きな木も植わっていて、のびのびとした気分になります。



 しかし、何といってもこの民宿の目玉は、ほら、この線路を見てください!他の民宿にはありませんよ、こんなもの!



 民宿の敷地の中にどうどうと線路が敷かれているのですが・・・・これはご主人の趣味が高じてなのですが、庭の中に汽車を走らせているのです!!



 あれに見えるは汽車の先頭車両。ディーゼルでございますよ〜!



 普段は庭の片隅に、このようにぽつねんと佇んでいますが・・・・・



 ギャラリーが多いと、ご主人自ら運転してくださいます。この赤い帽子をかぶった方がご主人です。



 イエ〜イ!発車オーライ!!煙を吐いて出発進行!



 私たちも乗ってみました。ゆっくりゆっくり走りますが、風情があっていいですなあ。



 敷地内を走るだけですから、距離はちょっとだけですけれど、それでも庭を汽車で走るなんて愉快愉快!


    
 これで驚いていてはいけません。ディーゼルはもう一台あったのです!新しいほうのディーゼルは室内の車庫の中にあります。それがこちら。


    
 汽車1台だけでは飽き足らず、2台目をゲットしたというご主人。マニアですなあ。



 2台目も走らせようってんで、ご主人運転のディーゼルにギャラリーが飛び乗りました。



 庭の中ほどまで走ってからは、写真撮影大会。


    
 ご主人ご自慢のディーゼルはお客さんにも大人気!



 男の子にはたまらなく魅力的!!



 2台目のディーゼルが収納されている車庫にはレトログッズが陳列されており、時には映画鑑賞会も開かれるそうです。



 映写機も数台配備。ご主人のこだわりがここでも発揮されています。



 宿泊客には朝ごはんもついています。奥さん手作りの台湾式朝ごはんも美味しかったです。台湾式玉子焼きとカボチャの天婦羅が特に美味でした。

盛夏之軌跡民宿:花蓮縣光復郷佛祖街8巷5號 電話:(03)870−2629
 民宿のサイトはこちら(中国語)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ 
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富里のお花畑 | トップ | デビルマン?(追加記事あり) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL