内村特殊法務事務所、ただいま営業中

免許取消の回避&軽減、つまり免許停止にしたり処分無しにすることに関しては日本一を標榜しています。

社長の男気!中型無免許の歴史を変えろ!

2016年07月28日 | 交通違反
今回のご依頼は
会社の仕事で中型トラックを運転してしまった無免許運転、
よくある事例なんですが、積載量は2000キロと普通免許でも乗れる範囲内でしたが
総重量というのが5000キロ以上の中型自動車の基準に届いてしまっていたのでした・・・

そして会社も総重量について認識しておらず
見た目の積載量で乗れると判断してしまい従業員に運転の指示を与えてしまったということです。

この場合は
運転した従業員には『無免許運転をした違反』
乗車を支持した会社側には『無免許運転をさせた違反』発生します。

ちなみに
会社側の責任が問われて社長や運行管理者が免許取り消しになってしまう場合もあります。
(ならないこともあります)

ただ運転していた人にはほぼ25点が付いてしまいますので
他に違反がなくても2年間の免許取り消しに該当してしまいます。

なお、この点数の付与についても早い段階で御相談をいただいている場合、
点数が付かないようにするのを狙うこともできますが、今回の場合にはすでに点数は付いている状態からのスタートだったことと、無免許運転について厳しい県だったため点数なしというのは狙えませんでした。

ところでこの都道府県の傾向ですが
免許証の住所のことです。

これが『その違反では絶対に軽減されない都道府県』だった場合、
そのままでは軽減率はほぼ0%となり、
最も重要なポイントは引っ越しができるかどうかということになります。

今回の場合、
実は最も大変なポイントがこの『住所』でした。

御依頼者様の住所は
無免許運転の点数が19点の頃には正しい手順で進めればほぼ助かる県でした。
しかし25点に厳罰化されてしばらくしてからは『絶対に軽減されない県』になってしまいました。
県の方針が変わった理由は不明ですが、事実として存在している以上その部分は認めなければなりませんし、勝ち目のない喧嘩を勧めることはできません。

ところが会社の社長は「運転させた責任は会社にもある。若者の将来がかかっているんだからできることは何でもしたい」とまで言ってくださいました。

そこまで言われては男として成すべき行動というものがあります。

そして警察での調書の内容や取調べのやり取りをさらに洗い出し
いくつかのポイントを押さえ。

細かい部分まで詰めていった結果・・・・

本来ありえないはずの軽減措置を受けることができました。


県警本部の担当警察官と話すと
多少方針が変わったことも教えてくれましたので
もしかしたら純粋に運が良かっただけなのかもしれません。

しかし方針が変わったのはごく最近のことだったようですので
それまでの行動がなかった場合には手続きが早まって軽減がないうちに意見の聴取の日程が来ていたかもしれません。

非科学的といわれるかもしれませんが
少なくとも今回に関しては社長の心意気が通じたんだと

思いたいです。

いい結果をお届けできてよかったです。


行政書士内村特殊法務事務所
代表
行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
メール:gseiki_shotgun@ybb.ne.jp
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間違ったときにどう行動できるかが適正であるということ

2016年07月27日 | 交通違反
青信号なのに青切符 高岡署が誤交付、回収
このニュースを見て「警察はなんて杜撰な取締りをしてるんだ!」と憤る声がよく聞かれました。

ですが、
僕はこれに関してはきちんと正しく取り扱ったと思います。
もちろん間違ったことはいけません。
しかしきちんとカメラの映像を見て違反が事実ではなかった事によって取り扱いを中止したのですから
間違いを正したということでそれは当然だと思います。

間違った取締りについて損害を受けたのであれば
それは然るべき方法によって請求すればいいだけですので
それによって交通の取締りを全否定するような材料にはなりません。

それでは全部の取締りが100%正しいのかといえば
もちろんそんなことはありません。
間違いもあります。

ですが、現実の取締り現場では
実際は違反をしているのに「やってない」と言い張るドライバーが非常に多いということです。

これに関してはとある警察本部では動画を撮影しながら
ドライバーの「自分はやってない」という否認調書を作成し終わってからその映像を見せ
「まだ否認する?」と確認するところもあるくらいです。

違反について不満があるのは仕方ないです。
僕も標識を見落として取締りを受けたら
「一回くらい見逃してくれよぅ・・・」と思うでしょう。

でも見落としたのが標識だったから良かったわけで
これが小さい子供だったら大変です。

この辺は具体的な危険性が無いんだから処罰するに値しないと主張する人も多いですし、
そういうジャーナリストもいます。

考え方はいろいろあって良いと思いますが、
それは最終的に本人のプラスになるものでなければならないと思います。

争いたいのなら法律上正しい手続きを踏んで争う方法は保障されていますので、
嘘を言ってゴネ得を狙うのではなく、車載カメラなどできちんと証拠を押さえて主張すべきだと思うのです。
それは『違反をしていない』でも『取締るべきではない』でも主張の内容は自由です。
ただし行動の責任と結果は本人のところに返ってきます。

ちなみに免許取消の前の意見の聴取で
「免許なくなると生活できないんです、お願いします寛大な処分をお願いします」と泣きながら訴えた人が
「あなた累積の違反の時納得できないって凄い喧嘩腰だったそうですけど、随分態度違いますね。
ここでも同じような主張して良いんですよ」と言われた人もいます。

『その行動によってどんな影響が出るのか、その行動によってどんなリスクがあるのか、どういう目的ならどんな行動をするのが正しいのか』
それらを把握しているからこそ【目的に沿った回答】ができるのです。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外のサプリの大部分には味という概念が無いっぽいです

2016年07月26日 | 格闘技とかスポーツとか
僕は高重量のトレーニングをするとき
エナジーブースターというサプリを使います。

これは簡単に言えば
一時的に筋力のピークを高めるというか底上げというか、
そういう表現だとインチキ薬物っぽいですが、性能を出し切るというイメージの方が近いと思います。
眠い時にカフェインとってテンション上げていくような感じですね。

ちょっと前のブログにも書きましたが
成分がきちんと表記されてないのも結構多くて
今回新製品として出ていたので試してみたこれも

メーカーオリジナルブレンドと題して成分は記載されているものの正確な割合は記載されていません。

スプーン一杯を水に溶かして飲むんですが
溶かした状態がこれ・・・

RPGに出てくるダークグリーンスライムの色というか、
溶けきってない粉が表面に浮かんでいる様子が何かの排水みたいな色というか
トイレの手洗い用洗剤みたいというか・・・

正直あまり気持ちのいい色合いではありません。

そして味も一応ブルーベリーアイス味と、僕でも読める程度の美味しそうな単語が並んでいるんですが
その要素はあまり感じられません・・・
粉の時には少し古いヨーグルトと仏壇をミックスしたような香りで、
溶けた状態だとほぼ芳香剤のような匂いがします・・・

正直なところ
飲みやすいものではありません。

国民性なのか、日本人の舌には合わないだけなのか
あるいはアメリカの人たちにも不味いほど効くみたいな信仰があるのか分かりませんが
僕の知る限り海外のサプリで美味しいと思ったものは数えるくらいしかありません。

不味いというほどではないのはいくつもありますが
甘さや酸っぱさ、または不味くはないけど表現しようのない味が強いというかキツいものは結構多いです。

とはいえ、
効果は高いものが多く、限界からのもう一回とか
いつもは一セットしかできないピークの重量をもう1セットやる気になれるとか
そういう限界値を高めるものですので重宝しています。

ただ同じものを使っても個人差が大きく
合う合わないがはっきりと出てしまいます。

使うときの体調とかもあるので
こういう組み合わせを試してみるのもまた楽しいのです。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついつい選手目線で見てしまいます。

2016年07月25日 | 格闘技とかスポーツとか
テレビやラジオなどでよく聞くのが東京五輪の話ばかりですね。

まぁ確かに一大イベントではあると思いますが、
その前にリオのオリンピックもあるはずですよね・・・

こないだ見たテレビの字幕でも【あと4年に迫った東京五輪】なんて表示されてましたけど
選手は目の前に迫ったオリンピックの方に真剣になってると思うんですよ。

もちろん現時点ではまだ実力が足りなかったけど
4年後を見据えて練習している選手も沢山いるでしょうけど、4年もたてば新しい選手も台頭してくるでしょうから
競技内での勢力図が今のままということはあり得ません。

世界一を争う場と考えれば
どこでやるかは大した問題ではなく
そこで勝てるかどうか以外に興味はないと思うのです。

国威高揚の代理戦争だったり
経済政策の一大イベントなのは分かりますが、
本当に選手のためを思っているならあと数か月くらいは
リオ五輪の選手たちにスポットを当てる時間に使うべきなんではないかと思うのです。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンデミック>アウトブレイク>エピデミック>エンデミック>>>>>>この部分

2016年07月24日 | 雑談
タイトルの言葉の意味ですが
パンデミック⇒多国間を股にかけた伝染病の大発生
エピデミック⇒社会的あるいは数か国レベルでの流行、更に急速に広がっていくものがアウトブレイク
エンデミック⇒地域的レベル

ウィキペディアに載ってた程度のもので、
『この部分』としているのは特に用語などは見つからなかったんですが
学校の一クラス分くらいの人数に限定された感染経路っていう意味です。

さて、
僕は先日口唇ヘルペスの症状が出ました。
疲れている時とかに出るものですが、僕自身はといえば初めてか、
もしかしたら過去に出た事もあるかもしれないというくらいで
ほとんど経験は無かったんですよ。

で、
レスリングなど格闘技のスパーリングのようなコンタクトスポーツは控えるようにしていました。
これは移すのを避けるためで、10日くらいで症状も収まりかさぶたのような状態になっているので
とりあえず人に移す心配はほぼ無い段階まで来ています。

しかし念のため完全に元の質感になるまでは
対人練習は控えるようにしています。

ところで
今の僕のトレーニングや練習は自分で管理できます。
やるもやらないも自分で選択します。

でもこれが高校生くらいの時代なら少なくとも自分の判断で休むということはできません。

今回のヘルペスというのも
最初の頃に痛痒い感覚はあるものの特に体の調子が悪いという程ではないので
おそらく学生時代なら練習を休むということはできなかったはずです。

当時の柔道部の練習というのは
監督が気に入らない事があれば殴られます。

腹とか蹴られたら当然体丸めます。
すると「まだ動けるだろうが!なに休んでんだコラ!」みたいな感じで
立ち上がるまで竹刀とかパイプ椅子で滅多打ちです。

人間の体というのは不思議なもので
そんな状態になるとあんまり痛くないんですよ(笑)

不思議と「死ぬんじゃないか?」っていう不安感も無くなりますが
多分脳から変なホルモンみたいなのが出てたんでしょうね。

まぁ・・・
殴られてるうちに多少体力も回復して立てるようにはなるんですが
そしたら「さっさと立て!」と言われてまた殴られます。

でもそんな状態の練習の中で感染症持ってる奴が一人でもいたら
あっという間に全員に移りますね。

僕らくらいの世代だとヘルペスウィルスなんていうのはほぼ全員が赤ちゃんの頃から持ってるらしいんですが、
それなら尚のこと部活の人数の中にも必ず何人かはいたはずで、本来は持ってなくてもその時に感染した人もいるんではないかなと思います。

怪我しても練習させるとか体罰とか目に見えるものもありますが、
罹らなくていい病気になってしまうっていうのもあったんじゃないかと考えると
スポーツに関わる指導者はもっと医学的な知識と身に付けないといけないと思います。

今はそんな頭のおかしい練習はだいぶ少なくなっていると思いますが
無くなっているということはないと思います。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384

コメント
この記事をはてなブックマークに追加