内村特殊法務事務所、ただいま営業中

免許取消の回避&軽減、つまり免許停止にしたり処分無しにすることに関しては日本一を標榜しています。

琵琶湖雑感

2016年08月28日 | 雑談
僕は仕事柄全国に出張します。
とはいっても免許センターか警察本部ですが
それでもその土地ならではの風景や空気感に触れるのは楽しいです。

自分の楽しみも多少なりともある以上
出張費という名目で頂くのは純粋な交通費よりも低額に押さえているのです。

今回行った場所は僕も好きな滋賀県、
ただ、僕にとってこの滋賀県というのは少し不名誉な評価というか
【全国の警察本部の中で一番変な臭いのするところ】なのです。

これはもちろん警察本部から変な臭いがするのではなく
その周辺に凄まじい悪臭が漂っているということです。

ちなみに滋賀県は警察官の人当たりも良く、
聴聞会でも「これは取調べではありません、制限時間もありません。何を話したから怒られるとか非難されるということはありませんので
きちんと思いの丈を話してください」とわざわざ声をかけてくれるくらいで、処分の軽減に関しては違反内容によるのはもちろんですが、
人間的には全国の中でも非常に優しい県と言えるでしょう。

そして警察本部の建物もキレイです。
またあまり関係ないことですが警察本部の職員駐車場のようなところには
カスタムハーレーも数台あって、バイク乗りの僕にはそういうところも好印象です。

ただ
だからより一層そういうネガティブな部分が目立ってしまうのです。

この悪臭の原因ですが、
滋賀県警察本部は琵琶湖の南端の畔(ほとり)にあるんですが、
ここは琵琶湖から流れ出る二つの川のちょうど間のような形状になっている部分で水がよどんでいる場所です。
また季節にもよると思うんですが風向きもあって、外来種の藻が非常に溜まってしまい、
その藻が腐敗してとんでもない悪臭を放ってしまいます。

あまり気持ちの良い表現ではありませんが
ザリガニの死んだ水槽と
防波堤で海藻が痛んだ状態の臭いがミックスされて
そこに一般的なドブ臭さが合わさって増幅されたような・・・
そんな臭いです。

もしかしたら真夏なのでより一層ひどかったのかもしれません
実際冬に来たときにはあまり悪臭という感じはありませんでした。

そして以前に車で通りがかった時に見て気になっていた
琵琶湖文化館という建物もありまして、

非常に良い雰囲気の建物でどうやら館内には近江の文化資料の展示や琵琶湖の淡水生物の水族館もあるとか、
しかし外観にはもう寂寥感しかありません・・・

手前の、かつては桟橋だったと思われる朽ちた木片が物悲しいです。
なんだか役目を終えても死ぬべき時を見誤った武士のような、
立つことも戦うこともできるのに、忠義の精神はあってもそれを活かせる場所のない悲しさのような、そんな外観です。
入口は現在閉鎖中、



少し琵琶湖の周辺を歩いてみました。
釣りをしている人も結構います。
その辺りも尋常でない悪臭ですが、藻の溜まっているところよりも風上に行けば多少臭いは緩和されるようです。
外来魚回収ボックスというのもあります。

人間の都合で連れて来られて、
美味しくない、あるいは食べたくないという理由でゴミ扱いされる魚たちには同情を禁じ得ません。

そしてあまりいい写真ではありませんので小さい画面にしているのですが
琵琶湖文化館の脇では藻がヘドロ状になっていて魚も沢山死んでいます。

ちなみにこの辺りにも水路のようなものはあるんですが
流れているわけではなく、ただ溜まっているだけのような感じです。

そして小さい流出路はあるものの、汚れきった水が出ていく感じで
たとえば触れるかと聞かれたら「無理」と答えると思います。

地元の方に話を聞いたんですが
一番ひどい頃に比べると多少マシになったらしいですが、
それでも酷い状態だとかで、引っ越した方も沢山いるようです。

そして警察本部のすぐ近くには滋賀県庁もあります。
最寄り駅は大津駅、新幹線京都駅から3つ先の、
いわば滋賀県の正面玄関のようなところです。

それなのに町全体に活気がありません。
単に地方でさびれているというのとも少し違う気がします。

取り壊されるでもなく放置されている文化館といい
その周辺の地獄絵図といい、
変な表現ですが命の循環が止まっているような気さえします。

その周辺も昔は湖畔に寝転がって花火が見られたそうです。
遊歩道で南端から少しから離れたところまで歩いていけば
キレイとは言いにくいもののそんなに汚いという感じではありません。

ちなみに琵琶湖は北の方では比叡山に降った雨が湧き水になって出てくるそうで
その周辺は非常に水もキレイで遊泳場もあるそうです。

そして南に行くほどだんだん汚くなっていく・・・と

でも見た感じの印象でしかありませんが
藻の伐採と回収や、水の流れを変えていくことでもっと改善されるんではないのかなと思います。
多少はマシになっているということは行政でも何らかの対策はしていると思います。
でもきっと予算とか、いろんな問題があるんでしょうけど、

景色も良くて、人も温かい、まだまだ土地にも余裕がある。
せっかくの基盤があるのに本当にもったいないと思います。
こういう予算こそクラウドファンディングとか、世に広く知らしめて有志を募るべきではないかと思うのです。

滋賀県頑張れ!

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表現が違うだけでどれも大体中身は同じ

2016年08月27日 | いろいろレビュー
出張するときって
車やバイクで行くときもあるんですが
新幹線や飛行機で行くことも多いです。

そういうところの売店では
ビジネス関連の自己啓発本もたくさん売ってます。

大体特設コーナーになっているくらいです。

もちろん僕も全部を呼んでいるわけではありませんが
ざっと眺めてみる限りどれも内容は似たり寄ったりというか
表現が違うものの似たようなことを書いています。

とはいえ真逆のことを書いていたりもするので
結局のところは自分に合うものを自分で探してね、ということなんでしょう。

でも全く個人的な印象ですが
こういう本を購入する人って
何冊も買ってるような感じがします。

ビジネスで成功する手引きみたいな本を何回も買っているということは
その人は成功していないか、単にそういう本を読むのが好きかのどっちかということですよね?

もし前者だとすると
成功本を何冊も読みこんでいる人は成功していないということになりますね

【論語読みの論語知らず】なとということわざもありますが、
洋の東西時代の古今を問わず、人間というのはあんまり進歩していないような気がしますが
だからこそ成功への道筋も基本のところでは変わってないと思います。

やっぱり大事なのは
動くことなんだと僕は思います。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毛まで愛せよ♪

2016年08月26日 | 雑談
時々話題に上るネタで『旦那さんの電気シェーバーで奥さんがムダ毛を処理することに対し、旦那さんが怒る』というのがあります。

あとは部分によるって人もいます
腕の産毛とか脛までならOK、脇はダメみたいな感じですね。

でも僕にはそれが解せんのです。

だって好きな女性ですよ?
好きな女性なら全身余すところなく好きなはずですよね?
少なくとも僕はそうです。
好きな女の子なら顔も体も毛の一本まで全部好きです

それなら腋毛も脛毛も、陰毛だって一緒に剃ってもらえばいいじゃないですか。
大事な部分の毛のほうが希少性があるような気がしますので
女性の陰毛>女性の脇>>>女性の産毛>>>>野郎どもの髭くらいでいいじゃないですか

それに女性用のシェーバーってあんまり高性能なのは少ないように感じますが、
対して男性用電気シェーバーって毎年のように改良されてます。

肌の当たりも優しくなってるし本体以外でも自動洗浄だとか、防錆潤滑まで自動でやってくれるタイプもあるくらいです。
女性の肌を大事に考えるなら高級シェーバーくらい安いもんじゃないですか

むしろ世の男性たちは、自分が直接肌に当てているマシンを敏感な部分で共用してくれる女神に感謝すべきだと思うのです。









そんな僕がカミソリ派なのは
ここでは一旦置いときます


運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧困というけれど

2016年08月25日 | 雑談
最近よく聞く言葉に【貧困】というのがあります。

貧しく困る、物凄い言葉のような気がします。

でも僕の事務所は歌舞伎町ですが
毎晩沢山の人が飲み歩いています。

雑貨店などを見れば
少なくとも生きていくためには必要でなさそうなものもたくさん並んでいます。

まぁ生きていくのに必要でないの線引きは難しいところですが
生活での優先順位としてはかなり後ろの方と思える商品も
見た感じけっこう売れてるんだろうなと思います。

流行ってるお店には時間を犠牲にしてでも並びますね。

僕は小学校の頃から働いてまして、
柔道始めたのは高校に行くお金が無かったから
スポーツ特待生になればタダで高校に行けると言われたからです。

学校辞めた後も
当然持ち金は微々たるところからスタートですので
借金が無い分マイナスではないとはいえ、17歳所持金ほぼ無し
高校辞めたばっかり、住所不定無職、なかなかのロースペックですね(笑)

僕はお金がなくて苦しいことって選択肢が無いことだと考えています。
選べない苦しさが貧乏の苦しさだと思っています。

でも
石油王の長男みたいな【生まれた時から大成功】なんていうのは100%運ですが
ある程度の小成功ほど自分の力だけで叶う比率が高まると思ってましたので、
今できることに必死に頑張りました。

何を食べたい、
どこに行きたい、
あれが欲しい、これが欲しい、
選択肢が0か1でなくなったとき、少なくとも自分は貧乏ではなくなったと思いました。

世に言う貧困と僕が思う貧乏がイコールなら
世の中はもっと殺伐としていると思います。

でも全然そんなことはありません。

貧困というのは文字で見れば大変そうですが
そんなに苦しい状態じゃないんではないかなというのが正直な本音です。

そして
人間の行動にも慣性の法則は働いていると思います。
止まっているものは止まり続ける、動いているものは動き続けようとするあの法則です。

身動き取れない貧乏で選択肢が0なら、そこから1に上げるのはなかなか大変かもしれませんが
選択肢がある程度の貧困なら、1を2にして3にするようなものなので、
いくらでも何とでもなると思うのです。

まずは一生懸命やる
それだけで大抵のことは良い方向に向かいますから

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピックでびっくりしたこと

2016年08月24日 | 雑談
色々批判も多かったリオ五輪ですが
まぁテロも起きず、小さい問題点はたくさんあったようですが
致命傷に至るような事件は無かったので良かったと思います。

さて、競技の結果に関しては今どうこういうこともないのですが
僕が今回のオリンピックで踊りいたのは、オリンピックの諸業務って
ボランティアが担ってる面が大きかったんですね・・・

僕はこの話を聞いたとき
あんなとんでもない予算を組んでるのに
来たがってる人の足元見て人件費削ってるんじゃないのか?
と思ってました。

次に思ったのは
ボランティアということは行ってみればプロではない人たちですので
貴重な才能に接するような仕事や、国際問題になりかねないような仕事を、
・・・まぁボランティアの人たちに対して意識が低いとか無責任とかいうつもりはありませんし
ちゃんとやってる人も沢山いると思います。

しかしいざというときの動きについてはどうなんでしょう?
きちんと責任を果たせるんでしょうか?と思いました。

そして最近のニュースを見ると
案の定というか、5万人いるボランティアの3割が来なかったとか・・・

ここでも【そんなに来なかったの?】という驚きと
『それでもちゃんと仕事は回ったのか・・・』という感心というか関心も生まれたり・・・

さてさて
『パレートの法則』というのがあります。
これは『全体の8割の仕事は総員の2割の人員でこなしている』というような
2割と8割の法則のようなものです。

似たような法則に2:6:2というのもあります。
これは働きアリの全体のうち一生懸命働いてるのは2、ほどほどに手を抜きつつもまぁちゃんと働いてるのが6
サボってるのが2だそうで、この割合はエリート軍団を編成しなおしても、ダメ軍団だけを寄せ集めても
その中でまた2:6:2の分布図が出来上がってしまう・・・と

ということは今回のオリンピックも全体の3割がいなくなっても
仕事自体は多少品質が落ちるとはいえダメになるということはありませんね。

良いように考えれば『社会的怠惰』という考え方もあって
人数が増えることで個人レベルの手抜きを生み出してしまう面もありうると考えれば
最初からお金を掛けずに人だけ集めて、そこから来ないような低レベルな連中をカットした状態で始めれば
2:6:2に分かれる段階で全体のレベルを底上げできるかもしれませんね。

また国民性ということもあるでしょうから
東京オリンピックの時には来ない人はもっと少ないと思います。

ただ、これだけ国家レベルで天文学的なお金を動かすイベントなんですから
ボランティアなどという表現ではなく、みんな期間スタッフとして責任をもって臨ませる方が良いと思うのです。

それにオリンピック自体も色んな国で開催することについて
金儲けと政治家の自己満足以外の理由が分かりません。

ここまで巨大化したイベントなら競技ごとに持ち回りでもいいのではないかと思います。
そしたらきっと競技ごとにもっと選手もやりやすくなるでしょうし、より特化してサービス面も完備するはずです。

そうかんがえると
インフラ業者の金儲けという側面もあるでしょうから
なお一層そういう企業もボランティアではなく人員提供の面で協力すべきです。

色んな施設の建設などを個人レベルで考えてみると
海外からの友人がたくさんやってくるからと
自宅を増築&改築し隣の土地も買い取ってもう一軒家を建てたような状態だと思います。
たしかに遊びに来た時にはすごいと感心されるでしょう。
称賛もされると思いますし、新築祝いくらいはくれるでしょう。
もちろんお土産も沢山持ってくると思います。

ですが
帰った後に残るのは
見栄と虚飾で膨れ上がった自宅という名のオブジェしか残りません。
そこに残るのは家であれば維持管理費や固定資産税です。

再利用するという手もあるでしょうけど
どこのだれがどんな目的で使うのか・・・・

経済的には劇薬だからこそ
21世紀の世で焼き畑農業になってる場合ではないと思うのです。

選手村の建物を保育所や住宅地として再利用する案も出ているようですが
僕はよほど政治的に圧力をかけない限り移民のたまり場になる危険もあると思います。

まぁあんまり良くないようなことを書きましたが
本音のところではプレイヤー目線では『真夏の東京でオリンピック・・・少なくとも屋外競技は運動できる状況ではないんじゃないの?」ということと、車やバイクでまともに走れなくなるのは勘弁してほしいです・・・という切実な感情なのです(笑)

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加