内村特殊法務事務所、ただいま営業中

免許取消の回避&軽減、つまり免許停止にしたり処分無しにすることに関しては日本一を標榜しています。

HPいろいろリニューアルに伴って

2017年01月06日 | お仕事全般
僕の事務所のHPですが、
かなり長く使っているのでリニューアルします。

それに伴ってブログもHP内に移転します。

デザインなどは多少可愛げが無くなってしまうかもしれませんが、
そこはまぁ御容赦ください(笑)

新ブログへの移行とかも追ってアナウンスいたします

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンラッド東京にて

2017年01月06日 | 雑談
今日は汐留にあるコンラッド東京というホテルに行ってきました。

一緒に仕事する機会も多いコンサルタントの社長が東京に来ているのでおしゃべり会という感じです。
けっして肉欲接待ではありません

しかし高級ホテルというのは
いつきてもよく分からない調度品やらオブジェがありますが、
これも雰囲気づくりの一環なんでしょうね。

とりあえず僕には天狗さんにしか見えません。


いつものように廊下を進みますが
まぁ・・・ミニ四駆なら走れなくなるレベルの毛足ですね

そして部屋にin


ラスボスの間です(笑)

そしてバスルームは

僕が昔住んでたアパートの3倍以上の広さですね。

基本的にはサシ飲みのような感じですが
僕は車なのでお茶です。


話す内容はといえば基本的にはお仕事関連のことで
お互いにいろんなアイデアを出しながら、同調したりダメ出ししたり、
年はだいぶ離れてるものの仕事に関してはお互いの得意分野を活かして丁々発止です。

といっても別に喧嘩腰になるわけでもなく
もともと持ってるアイデアを磨き上げる感じで
意識高い系の人達に言わせれば【ブラッシュアップ】とか【ブレイクスルー】というような事なんでしょうけど
僕らがやってるのは単なる『おしゃべり会』です。

変に格好付けるわけではなく
楽しんでその結果良いように流れればいいなと思っている。

それだけの話なのです。

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転傷害という違反です。

2017年01月05日 | 雑談
バイク集団にイラッ 車で激突 沖縄・恩納村 39歳男逮捕
故意に人身事故を起こすとはとんでもないですね。

逮捕容疑は殺人未遂ということですが
交通違反としては『故意に人身事故を起こして人に怪我をさせる違反』として
【運転傷害】というものがあります。
場合によっては【危険運転致傷】という違反になりますが点数は同じです。

ニュースを見る限りでは
両親を後部座席に乗せたまま対向車線に飛び出して10台前後のバイクのグループに突っ込むというのは正気の沙汰とは思えませんが、
ひとまずはっきりしている行為だけで違反行為を判断するなら、この場合は被害者の怪我によって点数が分かれます。

通常の事故の場合事故原因になった違反と加害者の責任の程度と相手の怪我の程度によって点数が決まりますが
運転傷害(危険運転致傷)という違反の場合はいくつかの違反の合計という感じではなく、単体での違反という扱いになります。

ちなみに人身事故で被害者が複数いる場合には最も重い怪我の人を基準として点数が決まります。

そして実際に付く点数は
被害者の怪我の治療期間が
15日未満の場合⇒45点
15日以上30日未満の場合⇒48点
30日以上3カ月未満の場合⇒51点
3カ月以上または後遺症が残った場合⇒55点

死亡した場合は【運転殺人】【危険運転致死】と違反名が変わり、点数も62点と
これは単体の違反としては最も大きい点数となります。

さらに現場から逃走していた場合、ひき逃げ(救護措置義務違反)の35点が加算されてしまいます。

普通に運転している人には全く縁のない違反ですが
知識として持っておくのも良いかも知れません。


運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を聞かれているかを読み取る能力

2017年01月04日 | 雑談
就活の時期になると毎年のように
「意識高い系の学生って・・・」という言葉が見聞きされます。

いわゆるリア充っぷりを無意識に自慢してたり
留学経験だとかボランティア等の経験を喜々として語ったり
カタカナ用語を連発したり・・・

一言でいえば
背伸びをしようとしているだけなんですよね。

僕は個人的には背伸びは全然いいと思います。
むしろ目一杯背伸びして引っ込み付かなくなったらその現実に自分を合わせるしかないんですから
自ら退路を断つくらいの覚悟があってやるのであれば自分の能力を信じ切るという意味では
よく分からない関係なんて【言ったもん勝ち】です。

もちろんそれは結果を出すまでがセットになってるんですけどね。

とはいえ、
就職活動というのは会社に入社できなければ意味がありません。
それなのに面接の場でさも勝ったような気分になって大敗を喫するというのは
結局『何のために何を頑張るのか』が分かってなかったというだけです。

企業としてはそんな人は不要です。

だったらどうすればいいのかといえば簡単な話で
その意識の高さでどんな人が求められているのかを研究すればいいだけです。

意識高いだけではなく
その意識の高さを正しい方向への行動に転換すればいいだけです。

とまぁそんなことをなんだか偉そうに語る僕ですが
学生時代の生物のテストで満点を逃した時の話です。
『クジラを陸に上げるとどうなるのか、理由を添えて記入しなさい』という問題で
僕の答えは【クジラを陸に上げると死んでしまう。死因は窒息、ただし魚のように酸素が取り込めないという意味で呼吸ができないのではなく、
水中生活に適応したクジラの骨格や呼吸に使う筋肉は陸生生物に比べて貧弱なので自分の重さで圧迫されてしまい息が吸えなくなってしまうための窒息、もしくはそれよりも早く自重によって圧死してしまう】
文言は同じではないと思いますが、だいたいこんな感じです。

ちなみにこの問題の《このテストでの》正しい答えは
『クジラは哺乳類で肺呼吸しているため、陸に上げても死ぬことはない』です。

生物の問題としては間違ってます。
しかしここで問われているのは生物に関する正しい知識ではなく
そこまでの授業を踏まえた上でそのテストで正解を読み取る技術なのです。

僕は他の問題が全問正解だったので必死で反論しました。
しかしその回答が覆ることはありませんでした。

これが大学入試とか国家試験なら
全面戦争してでも自分の主張を通すべきですが
たかだか学校のテストですので、それ以上騒ぎ立てることもありませんでした。

会社に入るための面接などではそれこそ『正しい答え』などと言うものはありません。
だからこそ相手が何を求めているのかを読み取るスキルを発揮した人を採用したくなるのも企業側の都合というものですし、
それを割り切って自分の為に結果を出すのもまた仕事と自分を天秤にかけた時にどっちを取れるかと問われているようなものと考えるのが
『今この場での正しい答え』に近づけるポイントだと思うのです。


運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29年の方針は

2017年01月03日 | お仕事全般
今日まではスタッフも休みですし
事務所は比較的静かです。

さて、僕の事務所も今年で10年目に突入しました。
とあるデータですと中小企業の場合、起業後10年して残っている会社は僅か6.3%しかないのだとか

まぁ実際には完全に勢いだけで起業してしまった人とか元々経営に向いてない人というような
倒産すべくして倒産してしまった場合や、法改正だとか従業員の不祥事のようにただ単に運が悪かったなど、
様々な場合があるとはいえ、やはり実力のある会社はちゃんと生き残っていると感じます。

また交通違反の取り扱い、特に免許取消を軽減するという仕事に関して言えば
僕のキャリアも25年目、四半世紀に突入しています。

去年で大きく変わったことといえば
1:従業員が増えた
2:提携先が増えた

この2つがやはり大きかったと思います。
まず従業員が増えたことで僕がある程度自由に動ける場面が増えました。
また増えたスタッフも司法書士の有資格者ですので、会社設立や土地の登記、裁判代理権も持っているので簡易裁判所の範囲内での裁判業務も扱えるようになりました。

そして調査部門の充実という点では元腕利きの探偵が今までよりもさらに高いレベルの調査をしてくれるようになりました。
これは例えば被害者の怪我がウソっぽい場合にそれを調べるような状況ですね。

更に提携先が増えたというのは、今までも刑事裁判に関して提携先の弁護士先生を紹介して争うということはできたんですが、
腕のいい弁護士事務所は御多分に漏れず沢山の事件を抱えていますので、何をどうやっても新規で受けられなかったり、他の裁判と重なれば行けなかったりするんですが、こちらも単純に提携先が増えたので日程などが合わせやすくなりました。

あとはスタッフそれぞれの得意ジャンルも異なりますので、
僕自身もある程度以上は一般的な業務も扱えるように勉強しないといけないなと思ってます(笑)

今年もやることは盛りだくさんです

運転免許取消処分の回避&軽減が専門の内村特殊法務事務所
代表:行政書士:内村世己
URL:http://www.seiki-office.jp/
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-5永谷ビル703
TEL03-5285-1840:090-9341-4384
コメント
この記事をはてなブックマークに追加