S.C.相模原サポーターブログ

SC相模原を楽しく応援するブログです

次のステップでもがんばれ!天野&寺田

2016-11-26 23:26:49 | SC相模原日記

シーズンが終わるこの時期、様々なJリーグチームで退団する選手の発表が相次いでします。SC相模原でも引退・退団する選手の発表があり、その中で天野恒太・寺田洋介の引退が発表になりました。

天野は2011年から6シーズン、SC相模原を支えた中心選手です。特に木村監督が就任した2012年、それまで金澤大将のポジションだった右サイドバックにコンバートされると、水を得た魚のように、相模原のサイド攻撃の核として活躍してくれた選手です。特に前線での菅野(現・長野)・曽我部とのコンビネーションが絶妙、右サイドからの迫力ある攻撃は見ていて本当にワクワクしましたよね。しかし昨年から怪我を繰り返し、試合出場が少なくなっていた中での今回の引退の発表。残念ではありますは天野には「ここまで相模原を引き上げてくれてありがとう。」の言葉しかありません。

寺田も相模原には欠かせない選手でした。寺田を最初に見たのは2010年YSCCの右のサイドバックとしての寺田のプレーでした。あの頃の寺田のプレーは非常に攻撃的で、サイドから中央にドリブルで上がってきては自らシュートを決めるという華やかさ。長野に移籍して以降は、薩川監督の下でプレーし、攻撃よりも守備のスペシャリストとして以降琉球・相模原で活躍した選手です。新しい次のステップでもがんばってほしいですね。ありがとう、寺田。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

SC相模原は11位で終了~そのカギとなった試合は?

2016-11-24 01:24:35 | SC相模原日記

SC相模原は今年11位でシーズンを終了しました。一試合当たりの平均観客数は4300人を超え、その意味で営業チームは非常に好成績でシーズンを終了しただけに、後半戦の試合内容の悪さ、不甲斐なさに一層悔しさが募る一年でした。地域リーグ時代からのライバルであるYSCCや福島よりも上に踏みとどまって最低限のメンツを保てたかな、と思う反面、藤枝・琉球・秋田に大きく追い越されてしまったこの順位はやっぱり残念です。順位表は以下の通りです。今年のJ3は8位以上のチームと9位以下のチームではっきりと力の差がついてしまったシーズンでした。

 シーズン終了して振り返ると、その順位に至るカギとなる試合があります。昨年2015年シーズンは間違いなく山口との3試合3連敗でした。今年は、私は6月19日のホーム・カターレ富山戦だったと思います。5月末の段階でSC相模原はJ3で首位に立ちました。しかし首位で臨んだアウェイ大分戦に完敗、首位の座を一試合で明け渡してしまったその次の試合がこの富山戦でした。内容は相模原が圧倒的に優位に立ち勝ち点3を絶対取りきらなければならない試合でした。しかし再三の決定的なチャンスを決めきれないまま、ワンチャンスを活かした富山に敗れてしまいます。この敗戦で、前半戦首位に上り詰めたSC相模原の勢いが完全に止まりました。この富山に敗れた後、長野・栃木にも連敗し4連敗。薩川監督は「ミスが多すぎる」と、選手個人の能力の低さがその連敗の原因であるとし、ルーカス・FWとしての服部・シンバに見切りをつけ、現場が主導する形で赤井・近藤・石川を獲得し選手を入れ替えていきます。しかし、選手を入れ替えても成績は好転せず、横浜猛蹴戦の失態の責任を取って薩川監督はシーズン途中で辞任してしまいます。

 その後、転落の一途をたどったのはもう説明する必要もないでしょう。カターレ富山に勝っていれば、長野・栃木戦は引き分けでOK。後半戦の頑張りで十分優勝は狙えたはずです。私にとっては、あの富山戦こそが、今年の結果を導き出した鍵の試合に思えてならないのです。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

ホーム最終戦、ようやく安永監督初勝利!

2016-11-13 19:57:30 | SC相模原・激闘の足跡

今日のホーム最終戦、小春日和の素晴らしい気候の元、なんと5500人のお客様をお迎えすることができました。藤枝サポーターの数は多くなくほとんどが相模原サポーター。こうした熱気あふれる相模原ギオンスタジアムでSC相模原は藤枝MYFCに3-1で勝利しました。安永監督になって9試合目、ようやく初勝利をプレゼントすることができました。よかったですね。

私の今日の一番印象に残ったプレーは、3点目の起点となった普光院のスペースへの縦パスです。右サイドの牧内のポジションと牧内の縦に走るスピードを計算し「ここ!」という藤枝DFラインの裏に普光院はスルーパスを出しました。このパスで藤枝の守備を完全に崩しました。牧内はこのボールに追いつき中央にクロス、これを中央で飯田がシュート!ゴール右にゴーーール!普光院の攻撃センス、牧内のクロスの精度、飯田のシュートの精度、この3つの要素が相まって生まれた見事なゴールでした。

1点目はコーナーキックから服部がニアから決めました。勝負を決めたのは後半開始早々の2点目。同じくコーナーキックからの流れで岩渕が決めました。安永監督になってから1試合で2点以上取れた試合がこれまでありませんでしたから2点目が取れたことでSC相模原全体に「行ける」という雰囲気になりました。そして飯田の3点目。1試合3点をとったのは4月24日のセレッソ大阪戦以来2度目です。こうした記録を見ても如何に今年は攻撃陣が不振だったのかが実感としてわかります。

今日はホーム最終戦。ですがまだあと1試合あります。次節の富山戦も必ず勝って今シーズンを終えて欲しいです。最後まで頑張れ!SC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

今年のSC相模原、低迷の原因は?

2016-11-03 17:23:48 | SC相模原日記

SC相模原は10月30日(日)、FC東京U23に敗れ、チーム創設以来最悪となる5連敗を喫しました。昨年、一昨年も4連敗はあったのですが5連敗は初めて。しかも8月から引き分けを挟んで9試合勝利がありません。順位も11位まで転落し14位との勝ち点差も1しかありません。チーム創設以来、毎年優勝、あるいは上位でシーズンを終えていたSC相模原。ここまでチームを転落させた原因はどこにあったのでしょうか。もちろん原因は一つではありません。様々な要因があろうかと思いますが、私が挙げる最大要因は「外国人選手の起用方法」です。

薩川監督でスタートしたシーズン当初から、今年のSC相模原はFWの1トップの選手がなかなか固定できませんでした。編成を担当する望月代表はここに「アレシャンドレ」「シンバ」「深井」といった選手を獲得し井上と服部・半田の契約を更新、これらの選手から1トップをまかなうチーム編成を想定したと思います。しかしアレシャンドレは早々に帰国、シンバもなかなか出場機会を得ることができません。服部は決定機になかなかシュートが決められず、シーズン中盤からはディフェンスにコンバート。深井・井上は相手ディフェンスと体を寄せての接近した状態でのボールコントロールに精度が上がらず、薩川監督は2列目で2人を起用します。こうして、開幕からこのFWのポジションは、近藤・石田の獲得をもってしても現在まで固定することができずSC相模原得点力低下の最大要因となりました。

現在の5連敗を招く原因となっている一つにセンターバックの選手の層の薄さも挙げられます。望月代表の今年のチーム編成は工藤とルーカスを軸に、安藝、寺田をサブで、といった構想で薩川監督にマネジメントを指示したと思いますが、薩川監督のルーカスに対する評価が低く、夏場からルーカスのスタメン起用を中断してしまいます。安永監督に至っては、坂井や天野をセンターバックにコンバートさせるという奇策に打って出て失敗。大量失点での敗戦が未だに止まりません。このように薩川・安永両監督の外国人への人材マネジメントは結果「アレシャンドレ帰国、シンバ・ルーカス・トロ・ヨンファンは戦力として使いきれず」という結果です。

薩川監督は、若い選手の育成に定評のある監督です。また選手の兄貴分としてオープンマインドで選手と接しチームの人心をまとめ上げていくのが非常に上手です。サッカーの基本も「コミュニケーション」を非常に重視しています。ですから技術があってもコミュニケーションが円滑にできない外国人よりも、非常に高い素質を持つ若い選手を預けると期待以上の成果を出す、といったタイプの監督です。ここに望月代表が指示したオーダーを薩川監督が消化しきれなかった一因があると私は考えています。

J3のチームはどこも、選手の人件費に充てる資金を潤沢に持っていません。J1・J2であれば、多様な高い技術をもつ選手をたくさん獲得できるので、その集まった選手の顔ぶれから監督がやりたいサッカーを組み立てる自由度が高いと思います。が、J3ではまずチームコンセプトをGMと監督で考え、それを実践できる最適な選手を限られた予算の中でピンポイントで探して獲得しチーム作りをしていかないと経営が回らなくなります。もう11月、来年に向けての編成が始まっていると思いますが、外国人選手をどうするのか、SC相模原の未来を託す若い有望選手をどう獲得し育成するのか、今年の反省をうまく活かして欲しいと思います。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

チームで勝利への強い意志を見せてくれ

2016-10-23 21:25:43 | SC相模原・激闘の足跡

今日のSC相模原vs鹿児島ユナイテッドの試合は、0-4でSC相模原は前節に続き大敗しました。Jリーグもシーズン終盤になるとチームとして目標を失うチームが数多く出てきます。これはサッカーだけでなく野球など多くのプロスポーツ・リーグで同じ状況に陥るチームが出てきます。しかし、お金を払って見に来るファンに支えられているプロ・スポーツチームは、シーズンの最後の試合が終わるまで、勝利への強い意志をもって戦っています。ですからサポーターも最後まで全力で応援します。今日もなんと4000人を超えるお客様にご来場いただくことができました。

ただ、残念なことに「0-4」でした。勝負事ですから勝てない時期が続くことはよくあります。ですから私たちも長い目でチーム状況を把握し応援しています。しかし現在Jリーグで5点差、4点差の大差をつられて負け続けているのはSC相模原だけです。今日、練習をよく見に行くサポーターの方から「練習の雰囲気もよくない。」との声を耳にしました。シーズン当初より練習は短時間で終わり、選手はもちろん監督・コーチからも以前ほど声が出ていないそうです。8月・9月は非常に細かくプレーに指示が飛んでいたようなのですが・・。

今日のSC相模原の試合をみていても、攻撃はバラバラでした。チームとして鹿児島をどう崩すのか、チームとしてどのようにゴールを決めようとしているのかが、全く見えませんでした。今シーズン当初は、アタッキングサードに入ったら、細かいパスの連動で相手のDFラインを崩しゴールを挙げるのだ、というチーム全体のゴールへの意志が見えました。昨年はウィングと両サイドバックによるサイドからの切込み、クロス、パスを多用し、徹底してサイドから崩そうというゴールへの意思が見えました。今日の試合は、ゴールは個人技頼み。昨年の高原のような高い個人技をもつ選手がいればそれでもいいのですが、今年はFWの得点能力が落ちているので、個人技だけではゴールは奪えません。

しかしこの試合、飯田・普光院ら、若手の溌剌としたプレーにスタジアムがわきました。個々のプレーは素晴らしいSC相模原。私たちも長い目で見守っていますので、もう一度チーム全体で勝利のために全力を尽くしてほしいです。それも毎日の練習から。次の試合の勝利に没頭し、勝つための練習を繰り返す。意見が違うなら話し合う。毎日頭と体100%つかって全力で練習してください!SC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

残念ながら・・・でもちょっと心配

2016-10-19 07:18:15 | SC相模原・激闘の足跡

本日のSC相模原とグルージャ盛岡の試合は0-5でSC相模原は敗れました。盛岡も相模原も7月から勝利に恵まれない不調チーム同士の対戦でしたが盛岡の圧勝におわりました。これでSC相模原は7月31日の福島戦での勝利以来、J3リーグで3分け4敗と勝利がありません。

この試合、SC相模原は前半から前線の攻撃の連動性が高まり、サイドからの崩しが効果的に決まりだします。が、前半で2失点し試合の主導権を盛岡に握られてしまうと、後半40分過ぎからは体力・気力ともに切れてしまい3連続失点で0-5での敗退となってしまいました。5失点は今シーズン最多失点。昨シーズンまでさかのぼると、山口でのアウェイ戦で完敗した時以来の大敗です。

戦力的にはSC相模原の方が上でした。トップに近藤・シンバ。攻撃的MFには曽我部・牧内・岩渕、成長著しい普光院・飯田。こうした主軸を深井・菊岡・井上らベテラン選手がバックアップ。ボランチにはブラジル代表のトロ・坂井、サイドバックには石川・保崎、センターバックに工藤・ルーカス。そしてGKは日本を代表する守護神・川口。これだけのJリーグでの経験豊かな戦力を持ちながら、なぜ盛岡に勝てないのか、が不思議です。

次節は鹿児島戦。上位につける鹿児島ですが、個々の戦力はSC相模原は全く遜色がありません。ホームでの巻き返しを期待しましょう。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

審判が主役の試合はつまらない・・・

2016-10-05 00:37:58 | SC相模原・激闘の足跡

10月2日、J3・SC相模原と長野パルセイロの試合は、両チームともに3つのPKによる得点の1-2でSC相模原は「判定負け」しました。お金払って見に来た試合が、審判の独り相撲だと、本当にしらけてしまいます。試合開始5分、フリーキックからの競り合いで長野の選手が倒れると「PK」。自宅に戻り、ビデオをみても「これPKか?服部と競り合ってこけただけじゃん」と思います。

審判というのは、どんなスポーツもその根幹は「人格の発露」です。裁判も同じ。裁判官によっては、一審と二審で異なる判決がでることもしばしば。これも裁判官の人格がなせる業です。私は判定が「正しい・正しくない」の話をしているのではありません。仕事に忙殺され忙しい中、日曜日楽しみにかけつけたサッカーの試合が、力と技の勝負ではなく、審判の判定で勝負が決まるのは「つまらない」と感じるのです。一番つまらなかったシーンはSC相模原の牧内が倒されSC相模原のPKが決まった瞬間です。審判によって作られるゴールって本当につまらないですよね。

試合開始直後に得点した長野は当然のことながら、リスクは冒さないし、SC相模原は、攻撃の連動性が低く、決定的なシュートすら打てません。両チームシュートが少なく、一言でいえば「今年一番つまらないホームゲーム」でした。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

安永監督に初勝利をプレゼントしたかったが・・・

2016-09-25 20:37:25 | SC相模原・激闘の足跡

本日の「SC相模原vsFC琉球」の試合は1-3でSC相模原は、敗れました。これでSC相模原は順位を10位に下げています。前節の栃木戦では、非常にいいサッカーを見せていただけに、この日の試合は「安永監督初勝利」を大いに期待したのですが・・・残念です。この試合、いろいろな見方ができると思いますが、私が思う勝敗の分岐点は、1-0のリードで迎えた前半20分前後、3回続いたビッグチャンスで、攻撃の選手たちがシュートを決めきれなかった事が、一番大きかったと思います。後半も17分の井上のヘッド、その直後の深井ゴール前どフリーの2つのチャンスも決めきれず、結局後半43分に琉球に決勝点を与えてしまいました。後半、SC相模原の守備は不安定で、藤吉のスーパーセーブでなんとかしのいでいたものの、最後の最後にやられた、という感じです。

前半は、攻守のバランスが栃木戦に続いてよかったと思います。前半9分、岩渕が先制ゴールを決めると、試合はそのままSC相模原がいい形を作り続けます。前半17分、右サイドの石田の突破から中央の岩渕シュート、前半23分牧内のパスに岩渕のシュート、前半24分深井のカウンターから、GK正面石田がどフリーシュート。しかしこの決定的なチャンスに前線の選手がゴールを決めることができません。琉球は、前半30分過ぎから、左サイドバック浦田が起点となりSC相模原の右サイドを崩しにかかります。前半41分、中央やや左のバイタルで琉球・富樫がボールを持つと その左を浦田が駆け抜け、SC相模原のDFの意識が外にいった瞬間、富樫がそのままシュート。これが決まり1-1の同点になります。

この試合のセンターバックは坂井と寺田。前節、工藤が負傷し誰を使ってくるか、注目していましたが、赤井・ルーカスら、このポジションのスペシャリストが使われることはありませんでした。ただ、前半は、ボランチ北原がうまくセンターバック前のエリアをケアし試合の流れをつかんでいました。しかし、後半14分、北原に変えて飯田を投入。安永監督としては、決勝点を取りに行くためにリスクを取って攻撃の度を一層強める交代でした。が、これを見た琉球は後半20分、後半0分から4-4-2に変更したフォーメーションをレオナルドを入れて再度4-2-3-1に戻し、型通りSC相模原の1ボランチ菊岡のスペースでチャンスを作り猛攻をしかけます。相模原はなんとか藤吉のスーパーセーブで失点を免れていたものの、最後は2列目の田中に決められ琉球の狙い通り勝ち越し。SC相模原は敗れました。

来週は再びホームに長野を迎えます。今度こそ安永監督に白星をプレゼントしたいところ。再び応援がんばりましょうね!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

雨の中の激闘!栃木にナイスゲーム!

2016-09-19 10:15:25 | SC相模原・激闘の足跡

昨日栃木グリーンスタジアムで行われた栃木SCとの試合は、1-1の引き分けでしたが、試合内容はよく、宇都宮に集ったSC相模原サポーターを納得させるような、いい試合だったと思います。安永監督となって二試合目ですが、チームとしてのサッカー戦術が明快で、かつその戦術をやり切ろうとするようなチームとして強いまとまりができつつあり、今後の試合が非常に楽しみになってきました。

前節は基本4-1-4-1のシステムでしたが、この試合は基本は変形の4-4-2で、守備の時は5-3-2、後半工藤負傷交代からの守備は5-4-1でした。ボランチに入った普光院が、守備の時は左サイドバックの位置に流れ5バックになるシステムです。スローインも普光院が入れていました。しかし攻撃になると普光院は中央のボランチの位置に菊岡と2人並び前線にも飛び出していきます。攻撃の時も4-4-2から右サイドの牧内が高く上がりっぱなしになるために3-5-2にもなります。またこうした戦術は「栃木は強い」の認識の元、その栃木に勝利するために安永監督が打った一手で、まちがいなくこの判断は試合で功を奏しました。7月の第15節の時の栃木戦を考えれば、同じことをやっていては勝率が低くなるのは当然です。

SC相模原をスカウティングしていた栃木にしてみれば、試合が始まってみれば想定していたフォーメーションと異なりびっくり。これも安永監督の「奇襲攻撃」と思います。大分戦と異なるのは、SC相模原が井上のヘッドで先取点を獲得、試合の主導権を握ったこと。前半の入りこそ、7月の第15節と同じく、栃木は左サイドの牧内の裏にボールをだし、再三左から攻撃してきました。が、20分過ぎからSC相模原が2つのコーナーキックでペースをつかみ始め前半29分、菊岡のコーナーキックに井上が合せて1-0とします。

後半は、栃木が追いつこうと必死の攻撃。後半18分、栃木左45度付近からシュートが決まり1-1に。すぐさま相模原は井上を下げて近藤を入れ決勝点を狙いにいきます。21分の近藤のシュートなど惜しい攻撃が続き決勝点が奪えません。栃木も至近距離からのセットプレー等で決勝点を狙いますが、全員のゾーンDFで守るSC相模原の守備をこじ開けるにはいたらず試合終了。1-1で引き分けに終わりました。来週はホームでの琉球戦。安永監督はどんな試合を見せてくれるのでしょうか。始まるまでわからない安永劇場、来週のスターティング11発表が楽しみですね。来週こそ勝利を!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

安永新監督・新システムとその選手起用

2016-09-13 22:49:07 | SC相模原・激闘の足跡

9月11日(日)久々のホーム相模原ギオンスタジアムに大分トリニータを迎えての「SC相模原vs大分トリニータ」の試合は0-3でSC相模原は敗れました。安永新監督になって変わった点は「システム」。基本4-1-4-1の布陣ですが、点を取りに行くときは3-1-4-2と前線に人数をかけて点を取りに行きます。ただ、システムというのは、そのポジションを担う選手によってチームのサッカーはがらりと変わります。安永監督の選手起用は「超・攻撃的」。坂井をディフェンスラインにいれ、今年から10番を背負う、ドリブラー飯田をDFライン前にアンカーとして張らせました。この狙いは中盤の底から精度の高いパスで攻撃を組み立てるため。特に前線の選手との連動で、効果的な縦パスを供給するためかと思われます。前半からSC相模原はボールを前に前に運ぼうと非常にアグレッシブなサッカーを展開し大分と渡り合いました。攻撃時のDFラインの位置も薩川監督時代よりもさらに高くなり、ボールの位置に応じて前後左右に細かくコントロール。「SC相模原のサッカーが新しくなったな」感が満載の楽しいサッカーが前半繰り広げられました。個人技では普光院が切れてました。この夏、さらにレベルアップを遂げたようです。

それだけに、前半ロスタイムの失点は痛かった。終わってみれば、実質この試合を決める1点になりました。FKからのミドルシュートだっただけに、川口になんとかさばいて欲しいシーンでした。0-1の後半スタートとなると、後半の入りSC相模原はさらに点を取りに行くサッカーをしなければならなくなります。そんな状況下で、後半6分の大分のカウンター攻撃からの失点で0-2に。3失点目は、バイタルエリアを大分に自由に使われてのシュートが決まってしまいます。SC相模原が新しいサッカーを展開していただけに「勝利」という成果をなんとしても勝ち取らせたい試合でした。残念。今、振り返っても「前半ロスタイム、川口がFKを止めて欲しかった。」と、悔しさがこみあげてきます。

安永監督の悩みどころは、4-1-4-1システムの「1」のポジション。もともと今のSC相模原は、4-2-3-1の薩川監督のシステムにはまる選手を獲得してきたチームです。ですからDFラインの前に位置するアンカー役の選手に誰を起用するのかが、悩ましいところ。大分戦では飯田・菊岡が務めましたが、この二人だとセンターバックの工藤・ルーカスへの守備の負荷が大きくなり、この大分戦の2点目、3点目のようなシーンが、今後も出てきそうです。「さがみはらドリームチーム」の福西さん的な、攻守のバランスがとれた岩渕・トロあたりの選手の方が、失点リスクは低くすることが出来そうです。いずれにしても、次節では、新しいSC相模原のサッカーで首位・栃木に一泡ふかせてやりましょう!頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加