S.C.相模原サポーターブログ

SC相模原を楽しく応援するブログです

安永監督に初勝利をプレゼントしたかったが・・・

2016-09-25 20:37:25 | SC相模原・激闘の足跡

本日の「SC相模原vsFC琉球」の試合は1-3でSC相模原は、敗れました。これでSC相模原は順位を10位に下げています。前節の栃木戦では、非常にいいサッカーを見せていただけに、この日の試合は「安永監督初勝利」を大いに期待したのですが・・・残念です。この試合、いろいろな見方ができると思いますが、私が思う勝敗の分岐点は、1-0のリードで迎えた前半20分前後、3回続いたビッグチャンスで、攻撃の選手たちがシュートを決めきれなかった事が、一番大きかったと思います。後半も17分の井上のヘッド、その直後の深井ゴール前どフリーの2つのチャンスも決めきれず、結局後半43分に琉球に決勝点を与えてしまいました。後半、SC相模原の守備は不安定で、藤吉のスーパーセーブでなんとかしのいでいたものの、最後の最後にやられた、という感じです。

前半は、攻守のバランスが栃木戦に続いてよかったと思います。前半9分、岩渕が先制ゴールを決めると、試合はそのままSC相模原がいい形を作り続けます。前半17分、右サイドの石田の突破から中央の岩渕シュート、前半23分牧内のパスに岩渕のシュート、前半24分深井のカウンターから、GK正面石田がどフリーシュート。しかしこの決定的なチャンスに前線の選手がゴールを決めることができません。琉球は、前半30分過ぎから、左サイドバック浦田が起点となりSC相模原の右サイドを崩しにかかります。前半41分、中央やや左のバイタルで琉球・富樫がボールを持つと その左を浦田が駆け抜け、SC相模原のDFの意識が外にいった瞬間、富樫がそのままシュート。これが決まり1-1の同点になります。

この試合のセンターバックは坂井と寺田。前節、工藤が負傷し誰を使ってくるか、注目していましたが、赤井・ルーカスら、このポジションのスペシャリストが使われることはありませんでした。ただ、前半は、ボランチ北原がうまくセンターバック前のエリアをケアし試合の流れをつかんでいました。しかし、後半14分、北原に変えて飯田を投入。安永監督としては、決勝点を取りに行くためにリスクを取って攻撃の度を一層強める交代でした。が、これを見た琉球は後半20分、後半0分から4-4-2に変更したフォーメーションをレオナルドを入れて再度4-2-3-1に戻し、型通りSC相模原の1ボランチ菊岡のスペースでチャンスを作り猛攻をしかけます。相模原はなんとか藤吉のスーパーセーブで失点を免れていたものの、最後は2列目の田中に決められ琉球の狙い通り勝ち越し。SC相模原は敗れました。

来週は再びホームに長野を迎えます。今度こそ安永監督に白星をプレゼントしたいところ。再び応援がんばりましょうね!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

雨の中の激闘!栃木にナイスゲーム!

2016-09-19 10:15:25 | SC相模原・激闘の足跡

昨日栃木グリーンスタジアムで行われた栃木SCとの試合は、1-1の引き分けでしたが、試合内容はよく、宇都宮に集ったSC相模原サポーターを納得させるような、いい試合だったと思います。安永監督となって二試合目ですが、チームとしてのサッカー戦術が明快で、かつその戦術をやり切ろうとするようなチームとして強いまとまりができつつあり、今後の試合が非常に楽しみになってきました。

前節は基本4-1-4-1のシステムでしたが、この試合は基本は変形の4-4-2で、守備の時は5-3-2、後半工藤負傷交代からの守備は5-4-1でした。ボランチに入った普光院が、守備の時は左サイドバックの位置に流れ5バックになるシステムです。スローインも普光院が入れていました。しかし攻撃になると普光院は中央のボランチの位置に菊岡と2人並び前線にも飛び出していきます。攻撃の時も4-4-2から右サイドの牧内が高く上がりっぱなしになるために3-5-2にもなります。またこうした戦術は「栃木は強い」の認識の元、その栃木に勝利するために安永監督が打った一手で、まちがいなくこの判断は試合で功を奏しました。7月の第15節の時の栃木戦を考えれば、同じことをやっていては勝率が低くなるのは当然です。

SC相模原をスカウティングしていた栃木にしてみれば、試合が始まってみれば想定していたフォーメーションと異なりびっくり。これも安永監督の「奇襲攻撃」と思います。大分戦と異なるのは、SC相模原が井上のヘッドで先取点を獲得、試合の主導権を握ったこと。前半の入りこそ、7月の第15節と同じく、栃木は左サイドの牧内の裏にボールをだし、再三左から攻撃してきました。が、20分過ぎからSC相模原が2つのコーナーキックでペースをつかみ始め前半29分、菊岡のコーナーキックに井上が合せて1-0とします。

後半は、栃木が追いつこうと必死の攻撃。後半18分、栃木左45度付近からシュートが決まり1-1に。すぐさま相模原は井上を下げて近藤を入れ決勝点を狙いにいきます。21分の近藤のシュートなど惜しい攻撃が続き決勝点が奪えません。栃木も至近距離からのセットプレー等で決勝点を狙いますが、全員のゾーンDFで守るSC相模原の守備をこじ開けるにはいたらず試合終了。1-1で引き分けに終わりました。来週はホームでの琉球戦。安永監督はどんな試合を見せてくれるのでしょうか。始まるまでわからない安永劇場、来週のスターティング11発表が楽しみですね。来週こそ勝利を!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

安永新監督・新システムとその選手起用

2016-09-13 22:49:07 | SC相模原・激闘の足跡

9月11日(日)久々のホーム相模原ギオンスタジアムに大分トリニータを迎えての「SC相模原vs大分トリニータ」の試合は0-3でSC相模原は敗れました。安永新監督になって変わった点は「システム」。基本4-1-4-1の布陣ですが、点を取りに行くときは3-1-4-2と前線に人数をかけて点を取りに行きます。ただ、システムというのは、そのポジションを担う選手によってチームのサッカーはがらりと変わります。安永監督の選手起用は「超・攻撃的」。坂井をディフェンスラインにいれ、今年から10番を背負う、ドリブラー飯田をDFライン前にアンカーとして張らせました。この狙いは中盤の底から精度の高いパスで攻撃を組み立てるため。特に前線の選手との連動で、効果的な縦パスを供給するためかと思われます。前半からSC相模原はボールを前に前に運ぼうと非常にアグレッシブなサッカーを展開し大分と渡り合いました。攻撃時のDFラインの位置も薩川監督時代よりもさらに高くなり、ボールの位置に応じて前後左右に細かくコントロール。「SC相模原のサッカーが新しくなったな」感が満載の楽しいサッカーが前半繰り広げられました。個人技では普光院が切れてました。この夏、さらにレベルアップを遂げたようです。

それだけに、前半ロスタイムの失点は痛かった。終わってみれば、実質この試合を決める1点になりました。FKからのミドルシュートだっただけに、川口になんとかさばいて欲しいシーンでした。0-1の後半スタートとなると、後半の入りSC相模原はさらに点を取りに行くサッカーをしなければならなくなります。そんな状況下で、後半6分の大分のカウンター攻撃からの失点で0-2に。3失点目は、バイタルエリアを大分に自由に使われてのシュートが決まってしまいます。SC相模原が新しいサッカーを展開していただけに「勝利」という成果をなんとしても勝ち取らせたい試合でした。残念。今、振り返っても「前半ロスタイム、川口がFKを止めて欲しかった。」と、悔しさがこみあげてきます。

安永監督の悩みどころは、4-1-4-1システムの「1」のポジション。もともと今のSC相模原は、4-2-3-1の薩川監督のシステムにはまる選手を獲得してきたチームです。ですからDFラインの前に位置するアンカー役の選手に誰を起用するのかが、悩ましいところ。大分戦では飯田・菊岡が務めましたが、この二人だとセンターバックの工藤・ルーカスへの守備の負荷が大きくなり、この大分戦の2点目、3点目のようなシーンが、今後も出てきそうです。「さがみはらドリームチーム」の福西さん的な、攻守のバランスがとれた岩渕・トロあたりの選手の方が、失点リスクは低くすることが出来そうです。いずれにしても、次節では、新しいSC相模原のサッカーで首位・栃木に一泡ふかせてやりましょう!頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

注目は、安永監督の初采配

2016-09-11 00:15:32 | SC相模原日記

明日は、さがみはらドリームマッチ2016が開催されます。元・日本代表の選手たちのパフォーマンスが楽しみですね。昨年同様、大いに盛り上がることと思います。みなさん、一緒に楽しみましょうね。その後のJ3公式戦が「SC相模原vs大分トリニータ」の試合です。ギオンスタジアムでは一か月以上試合がなかっただけに、こちらも待ちに待った試合です。しかも、SC相模原は監督が交代し新監督安永聡太郎氏の初采配。どんなサッカーを見せてくれるのか、楽しみです。

安永新監督は、日本のJリーグでの監督は今回が初体験で、おそらくJチームの中でのコーチの経験も初めてに近いものと思われます。ですから、望月代表としては「安永は相模原を勝利に導く監督として素質がある。」と見込んでのオファーかと思います。明日の大分トリニータ戦での私の注目ポイントは「守備」。安永監督は、誰を使ってどのような守備を指示しているのか、薩川監督時代からどのように変わっているのか、また継承するのか、注目ですね。

今日のJ1の試合で名古屋グランパスが、19試合ぶりに勝利しました。今年名古屋は小倉隆史・前監督時代、苦悩したのがやはり「守備」。小倉前監督自身が、守備に関して、選手をまとめ上げる明快な指導理論を持っているように見えず、最後は5バックの奇策で完全に選手からの信頼も失い、小倉監督は退任しました。安永新監督にとっても、明日の大分戦はまず守備の整備が出来ているかがポイント。大分相手に勝利してほしいところですが、0-0でも合格点。頑張ってほしいです。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

薩川監督が退任~横浜猛蹴に敗戦の衝撃

2016-08-19 22:49:33 | SC相模原・記念日

薩川監督が退任しました。前日、地域リーグ、つまりアマチュアクラブの横浜猛蹴に天皇杯・神奈川県予選で敗れたことが、薩川監督にこの決断をさせたことと思います。この横浜猛蹴戦、不甲斐ないのは出場選手の方だと思うのですが、情けない結果になってしまった責任を現場のマネージャーが取った形なのでしょうか。

私が思う薩川監督のこの試合での失敗は、先発選手の選択です。ちなみに先発メンバーはFW:石田・シンバ 攻撃的MF:普光院が左、右が牧内、守備的MFは曽我部と坂井 DFのセンターバックが服部とルーカス、サイドバックが左が寺田、右が石川。GKが藤吉という布陣でした。鹿児島戦から中2日の試合ということで、若手中心のメンバーにした薩川監督の判断は、私は「あり」だと思います。またこの先発メンバーの個々の能力は、横浜猛蹴よりも上だったと思います。問題は、各選手のポジションです。服部のセンターバック、寺田の左サイドバックは、私は、今年の公式戦で初めて目にしました。石田の先発も初めて。結果的にはこの初ポジション、移籍後初先発の選手が、この試合機能していたようには見えませんでした。前半の入りから左の攻撃は機能せず、曽我部が左にポジションを変えることで、ようやく回復しました。服部は守備に手いっぱいで、ビルドアップのパス・前線へのパスはまだまだ不安定。こうした練習試合に臨むような先発布陣を組んだ背景には、横浜猛蹴の力を甘く見た部分があったと思います。薩川監督は横浜猛蹴との試合は初めてです。何回も横浜猛蹴に苦杯を喫してきた過去を知るサポーターにとっては、天皇杯・神奈川県予選という「負けたら終わり」の試合での「センターバック・服部」の先発布陣は疑問です。

牧内-石川の右サイドの連動も息が合っていません。石川がハードワークして再三右サイドのスペースに飛び出しているのに、牧内はパスの判断が遅く、有効な攻撃になりません。曽我部・シンバ・近藤が、個人技の高さでゴールにドリブル・パスで切り込んでいきますが、石田・牧内・成田らがここに絡むこと少なく、パスで前線を崩していく今年のSC相模原のサッカーが体現できていません。戦術的にも横浜猛蹴対策ができていませんでした。このチームの攻撃の要はいうまでもなく28番の鳥毛。ディフェンダーは常に28番の動きを意識して横浜猛蹴の攻撃をつぶしていかなければなりません。しかし失点シーン、決定的なシュートチャンスを作り出したのは28番のパス。こういう様々な状況を考えれば、この試合「負けるべくして負けた。」結果におわりました。

 そして何より、相模原のチームは横浜勢を倒さないと上には上がれない。横浜勢に勝てない監督は、チームを上昇させることはできません。今、SC相模原がこの地位にあるのは、横浜勢のチームとの死闘に勝ち続けてきた結果到達したのです。コブラ・六浦・猛蹴・県教員FC・日本工学院マリノス・桐蔭横浜大・関東学院大・神奈川大学、、そしてYSCC。横浜市のサッカーレベルは質の高さ・層の厚さともに日本一。SC相模原が短期にJに加入できたのもこの横浜市のサッカーレベルの高さと選手層の厚さの恩恵を受けているのも間違いありません。しかし試合の勝負は別。YSや猛蹴との対戦で勝利に導けなかった監督の退任は「止む得ない」と受け止めるしかありません。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

上を目指すには横浜勢に勝たなければ駄目

2016-08-14 22:29:06 | SC相模原・激闘の足跡

8月のアウェイ2連戦は、YS戦が引き分け、そして鹿児島戦も引き分けに終わりました。実力が拮抗している今年のJ3リーグの中で勝ち続けるのは難しいことは確かです。が、2位の鹿児島との引き分けはともかく、波に乗れず残念ながら最下位に沈んでいるYSとの年2回の対戦で、3月20日の負け、そして8月7日が引き分けと勝ち点が1しか取れなかったことは、今年のSC相模原の順位を決める大きな決定打となります。町田がJ2に上がった今、YSとの闘いが唯一のダービーマッチなのですが、YS戦は観客数も少なく選手にもダービーマッチの気迫がありません。

サッカーだけでなく野球も同じですが、神奈川県相模原市のチームが活躍するためには「横浜勢に勝つ」というメンタリティは不可欠です。相模原市の高校野球・高校サッカーの関係者にとっては、横浜勢に勝たないと神奈川県代表として全国の舞台を踏むことができません。SC相模原も同じです。J3でYSに、J2では横浜FCに、J1ではマリノスに勝たなければ上に上がれません。ですからスタッフ・選手全体に「このチームが上を目指すには横浜勢に勝てないようでは駄目」のメンタリティを刷り込む必要があります。私たちサポーターも大きな声で「調子が出ていない今年のYSに負けているようでは薩川監督も情けない・・」と横浜勢を乗り越えられないチームへの苛立ちを言葉にすべきです。

今週の水曜日、8月17日に天皇杯神奈川県予選で、SC相模原は横浜猛蹴と対戦します。2013年から昨年までの3年間、この天皇杯予選で大学生に負け続けているSC相模原。4年前の2012年の天皇杯予選では、今回対戦する横浜猛蹴に敗れました。こうした状況から、多くのサポーターが「今年は大丈夫かな、、」と期待と不安が半々と思いますが、「横浜に勝たないと上には上がれないチーム」の監督・選手たちが、8月17日一念奮起して勝利してくれることを祈って応援頑張りたいと思います。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのホーム快勝!1-0で福島に勝利

2016-08-01 00:24:07 | SC相模原・激闘の足跡

今日は、晴れのち曇り、豪雨、晴れ、と変化の激しい天候の中、SC相模原は1-0で福島に勝利しました。いいサッカーをして相模原が勝利しなければならなかった6月19日のホームでの富山戦以来約1ヶ月半ぶりに、SC相模原らしいサッカーをギオンスタジアムでお客様にお見せすることができました。全員の守備の集中が落ちることがなかったのと、近藤とシンバの中央のセンターフォワードの2人が、福島の大きなディフェンダーをうまく交わしトップでボールをコント―ロール出来たことが、深井・飯田らのシュートを引き出しました。最大の決定的チャンスだった前半28分も、シンバが前線での守備から奪取したボールを、深井にパス。深井がそのままGKと一対一になりゴール!となるはずでしたが、残念ながらシュートをGKに防がれ得点になりませんでした。得点シーンの前半45分は、深井が巧みなドリブルで相手ディフェンダーを交わし打ち込んだ右足のシュート。綺麗なゴールでしたから、ギオンスタジアム全体が盛り上がります。いい時間帯に取ることができたいいシュートでした。

後半ラスト10分、福島は193センチの梅井、192センチのパウロン、185センチの村岡の3枚をトップに並べパワープレーを仕掛けてきました。すると薩川監督はボランチに服部を入れて、工藤・赤井・服部の3枚で福島のハイタワー3トップに対抗しました。見ていて非常に楽しいシーンだったと思います。こうした福島の攻撃にも耐えSC相模原、久々のホーム勝利を勝ち取っています。

ようやく新メンバーがチームプレーに溶け込んできた感があります。来週のニッパツのYSCC戦も、もっともっとチームプレーを熟練して連勝といきましょう。栃木SCの連勝もいつかは必ず止まります。優勝のチャンスは再び巡ってくるはずです。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

今、「官」の世界で起きている大きな問題

2016-07-31 09:14:49 | SC相模原日記

前節、ロスタイムのセットプレーで失点し勝ち点3を取り切れなかったSC相模原。このセレッソ大阪戦の最初の失点シーンも、相手FWが全くのフリーで放置されており、最後のコーナーキックからの失点も同じく、マンマークに対する意識が甘くなっての引き分け。シーズン当初の薩川監督がすりこんだチーム守備の連動性と最後までボールを追い続ける勝利への執念が、今少し低下しています。新しい選手が入って選手個々の経験や個人能力は上がっているので、チーム守備力さえ上昇してくればまた連勝できるはず。頑張ってほしいです。

その敗戦の翌日の未明、悲惨な事件が相模原で起きてしまいました。「相模原、両手に軍手」というYahooのニュースの見出しも、7月25日以前だと何の意味だかさっぱり分かりませんが、今は多くの人がこれで意味が通じてしまうほど、相模原市の事件として世界に情報発信されてしまっています。神奈川県立の公共の介護施設でおきた事件で、犯人がその県の介護施設の元・職員という、官の組織と人に深く根差した事件でした。あまりにも凄惨な事件で、詳細な情報を全く知りたいと思わないので詳しい内容はわかりませんが、犯人が2月に事前予告をしていたにも関わらず、事件を防ぎきれなかった神奈川県警の警備の手落ちも含めて、「神奈川県」という官の組織と人は、二度とこのような事件をひき起こさないよう、組織づくり・人づくりの改善が必要です。公共の介護の現場が引き起こした事件であることは疑いようのない事実なのですから。

相模原市は被害にあわれた皆様のケアが最優先ですが、こうした「相模原事件」とメディアに銘打たれる事件名の修正にも、尽力してほしいです。地元で起きた事件に、多くの市民が心を痛めています。それをこの「相模原事件」という名称が市民の心の傷に塩を塗っています。街のイメージは棄損し、SC相模原を通じて私たちが行動している「スポーツを通じて心豊かな街に」という取り組みにも大きくマイナスです。「こんな仕事をする部署は、相模原市の組織にはない」などと言っているようではダメ。法律や条例、議会の決定にもとづく業務の執行はもちろん、市民の健康や財産を守るため、フレキシブルかつスピーディな動きが、これからの官の職場には必要です。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

9人のサイドサイドバックの選択肢

2016-07-24 03:19:25 | SC相模原日記

前節ガンバ大阪U23に敗れホーム3連敗となってしまったSC相模原。なんとか再び上昇気流に乗せるべく、この7月新しい戦力の獲得のニュースが相次ぎました。トロの復帰、栃木SCから赤井、長野から近藤、ザスパクサツ群馬から石川、そして京都から石田と合計5人の選手を獲得しています。サイドの選手が2名、FWの選手が2名と、強化したかったポジションは両サイドとFW。代わりに川上・安藝というセンターバックの2人が移籍したのでNetするとDFの選手の総数は増減なしで、手薄だったFWの選手2名を増員したことになります。

ガンバ大阪との試合では、石田を除くトロ・赤井・近藤・石川の4選手が出場しました。トロと赤井は、チームに帯同して2試合目として先発、まだ日が浅い近藤・井上は控えとして登録されました。こうした新しい選手が加入しての試合の興味は大きく2つ。一つは新加入選手の個々の力は、チーム全体の底上げを可能にするだけのものなのかどうか。二つ目は、チームのサッカーに適応してその個々の力をチームの力に変えることができるか、です。一昨年からSC相模原に所属しているトロの力はよくわかっています。ただその特徴である球際の強さ、中盤の底でボールを奪う技術の高さは、残念ながらこの日の試合にはあまり表現できていませんでした。薩川監督の期待、チームとしてどのようなサッカーをチームメイトがイメージしているのかを、まだ確認している最中という感じです。赤井は保崎に変わり左サイドバックとしての出場でした。サイドバックのスペシャリストとして長年プレーしている選手だけあって基本プレーは堅実ですが、2点目の失点は、セットプレーで赤井がマークする選手がゴール。捕まえきれずに前に簡単に入られてしまいました。

2失点し追いかける展開となり得点が欲しいところで近藤と石川が出場しました。近藤は大柄な体躯にも関わらず相模原のつなぐサッカーに適応しようと前線でポジショニングを考え、機敏に動きボールに絡む姿が印象的。石川は短い出場時間であったにも関わらずサイドでの個人技の高さを発揮してくれました。ただ、岩渕の右サイドもよかっただけに、サイドの選手を薩川監督が今後どう配置していくのかにも注目されます。薩川監督にとってサイドバックの選択肢は、保崎、天野、寺田、成田、牧内、石川、赤井、岩渕、石垣と9人。過剰とも思えるこの「サイドバック投資」を投資以上の効果を発揮させることが出来るかどうかに後半のSC相模原の命運がかかります。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

鳥取にアウェイ勝利!連敗脱出でほっと一息

2016-07-10 21:13:39 | SC相模原・激闘の足跡

今日のアウェイ・鳥取戦は、19時試合終了ということで、鳥取空港からの当日帰相は無理で、米子空港の最終にかろうじて間に合うか、さもなくば鳥取に一泊という大変な応援だったかと思います。応援お疲れさまでした。2016年J3リーグ後半戦最初の試合、SC相模原は鳥取に0-1で勝利しました。この試合、トロの復帰、ベテラン赤井の加入でバックラインの守備が安定したと思います。

赤井が栃木SCからの移籍が発表されて、前節の栃木が前半執拗にSC相模原の右サイドを執拗に攻めてきた理由がはっきりしました。赤井を欲しがっているからには、サイドバック、特にメンバーが安定しない右サイドバックに困ってる、と確信したのでしょう。しかしこの栃木の攻撃をうまく守り切った岩渕を今節そのまま右サイドに置きました。FWには井上、交代で入ったのがシンバと1トップにはゴールハント・ポストプレーもできるFWの選手を置きました。今年の攻撃のコンセプトからすれば、普光院・菊岡・岩渕がトップでもよいのですが、やっぱり相手DFと体を接触しながらもボールをキープする、相手DFに寄せられてもシュートを打つということを長年やってきた選手がトップにいると、相手DFラインもやりずらいし、DFラインを上げずらいので、何よりSC相模原の2列目の選手が動きやすくなると思います。

川上選手の移籍が発表されました。地域リーグの九州リーグのデゲバジャーロ宮崎です。九州リーグからJ3に昇格する原動力になって再びSC相模原との試合上のピッチで成長した川上の姿を見たいですね。頑張れ!川上。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加