S.C.相模原サポーターブログ

SC相模原を楽しく応援するブログです

9人のサイドサイドバックの選択肢

2016-07-24 03:19:25 | SC相模原日記

前節ガンバ大阪U23に敗れホーム3連敗となってしまったSC相模原。なんとか再び上昇気流に乗せるべく、この7月新しい戦力の獲得のニュースが相次ぎました。トロの復帰、栃木SCから赤井、長野から近藤、ザスパクサツ群馬から石川、そして京都から石田と合計5人の選手を獲得しています。サイドの選手が2名、FWの選手が2名と、強化したかったポジションは両サイドとFW。代わりに川上・安藝というセンターバックの2人が移籍したのでNetするとDFの選手の総数は増減なしで、手薄だったFWの選手2名を増員したことになります。

ガンバ大阪との試合では、石田を除くトロ・赤井・近藤・石川の4選手が出場しました。トロと赤井は、チームに帯同して2試合目として先発、まだ日が浅い近藤・井上は控えとして登録されました。こうした新しい選手が加入しての試合の興味は大きく2つ。一つは新加入選手の個々の力は、チーム全体の底上げを可能にするだけのものなのかどうか。二つ目は、チームのサッカーに適応してその個々の力をチームの力に変えることができるか、です。一昨年からSC相模原に所属しているトロの力はよくわかっています。ただその特徴である球際の強さ、中盤の底でボールを奪う技術の高さは、残念ながらこの日の試合にはあまり表現できていませんでした。薩川監督の期待、チームとしてどのようなサッカーをチームメイトがイメージしているのかを、まだ確認している最中という感じです。赤井は保崎に変わり左サイドバックとしての出場でした。サイドバックのスペシャリストとして長年プレーしている選手だけあって基本プレーは堅実ですが、2点目の失点は、セットプレーで赤井がマークする選手がゴール。捕まえきれずに前に簡単に入られてしまいました。

2失点し追いかける展開となり得点が欲しいところで近藤と石川が出場しました。近藤は大柄な体躯にも関わらず相模原のつなぐサッカーに適応しようと前線でポジショニングを考え、機敏に動きボールに絡む姿が印象的。石川は短い出場時間であったにも関わらずサイドでの個人技の高さを発揮してくれました。ただ、岩渕の右サイドもよかっただけに、サイドの選手を薩川監督が今後どう配置していくのかにも注目されます。薩川監督にとってサイドバックの選択肢は、保崎、天野、寺田、成田、牧内、石川、赤井、岩渕、石垣と9人。過剰とも思えるこの「サイドバック投資」を投資以上の効果を発揮させることが出来るかどうかに後半のSC相模原の命運がかかります。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

鳥取にアウェイ勝利!連敗脱出でほっと一息

2016-07-10 21:13:39 | SC相模原・激闘の足跡

今日のアウェイ・鳥取戦は、19時試合終了ということで、鳥取空港からの当日帰相は無理で、米子空港の最終にかろうじて間に合うか、さもなくば鳥取に一泊という大変な応援だったかと思います。応援お疲れさまでした。2016年J3リーグ後半戦最初の試合、SC相模原は鳥取に0-1で勝利しました。この試合、トロの復帰、ベテラン赤井の加入でバックラインの守備が安定したと思います。

赤井が栃木SCからの移籍が発表されて、前節の栃木が前半執拗にSC相模原の右サイドを執拗に攻めてきた理由がはっきりしました。赤井を欲しがっているからには、サイドバック、特にメンバーが安定しない右サイドバックに困ってる、と確信したのでしょう。しかしこの栃木の攻撃をうまく守り切った岩渕を今節そのまま右サイドに置きました。FWには井上、交代で入ったのがシンバと1トップにはゴールハント・ポストプレーもできるFWの選手を置きました。今年の攻撃のコンセプトからすれば、普光院・菊岡・岩渕がトップでもよいのですが、やっぱり相手DFと体を接触しながらもボールをキープする、相手DFに寄せられてもシュートを打つということを長年やってきた選手がトップにいると、相手DFラインもやりずらいし、DFラインを上げずらいので、何よりSC相模原の2列目の選手が動きやすくなると思います。

川上選手の移籍が発表されました。地域リーグの九州リーグのデゲバジャーロ宮崎です。九州リーグからJ3に昇格する原動力になって再びSC相模原との試合上のピッチで成長した川上の姿を見たいですね。頑張れ!川上。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

栃木に敗れ4連敗

2016-07-03 23:00:58 | SC相模原・激闘の足跡

SC相模原は昨日も栃木SCに0-2で敗れました。炎天下の中、SC相模原の選手の闘志は感じられたし、前半はほぼ互角の試合だっただけに結果が伴わず残念です。ただ、後半は開始早々2点を失うと、暑さとともに以降流れの中からはほとんどシュートを打たせてもらえず試合が終わりました。

栃木は、前半は左サイドからの攻撃を多用。SC相模原のポジションでここ数試合選手がよく変わる右のサイドバック。栃木は「まず切り崩すはSC相模原の右サイド」とばかりに、左を崩して中にクロスを上げる攻撃を繰り返します。SC相模原も、ビルドアップから深井、曽我部ら技術の高い二列目が、裏にぬけたり、パスで崩したりとゴールに向かう攻撃を繰り返しました。

後半は栃木のサッカーに封じ込まれた感があります。最初の失点は、右コーナーキックからニアで栃木FW大石が頭で合わせて失点。合せたのがFWの選手ですから捕まえておかなければならないはずなのはセンターバックと思いますが、集中途切れて捕まえ損ねて失点。直後、今度は曽我部の前線での攻撃のボールを奪われて栃木が一気にSC相模原陣内へ。右から崩し中央でこぼれたボールを栃木2番がミドルシュート。これがきまり0-2。このあともSC相模原は、天野・普光院・服部ら攻撃の駒をいれますが、力を発揮できず試合終了。0-2で敗れました。

次節から後半戦。上位対決でいい結果が出せなかった分、もういちどここで取り返して勝利をもぎとりましょう。頑張れSC相模原!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

トロの復帰

2016-06-29 22:29:54 | SC相模原日記

前節、SC相模原は1-2で長野に敗れました。勝ちたかった、、のはSC相模原の選手、サポーター皆同じ気持ち。「たら・れば」の話をするなら、やっぱりホーム富山戦、5600人のサポーターの力で勝っていたら、、。と、また愚痴。ここは切り替えて次の栃木戦の必勝に向けて全力応援頑張りましょう。とにかくホームでは絶対勝つこと。引き分けではなく勝利することが優勝に向けての絶対条件です。

そこに明るいニュース。トロが復帰しました。前半の失点が続いているSC相模原に、守備のいいトロの復帰は大いにプラスです。7月10日の鳥取戦からの出場が可能です。今のSC相模原は、上位対決においては前半をとにかくゼロに抑えること。その為に守備力の安定した選手をスターターで使うことがキーポイントと思います。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

5,668人のお客様の前で痛~い一敗!

2016-06-19 20:00:51 | SC相模原・激闘の足跡

本日開催されたSC相模原vsカターレ富山の試合は0-1で敗れました。前節の大分との試合の敗戦も残念ではありましたが、アウエーの試合でもあり、「ま、しゃぁない」で切り替えることができますが、今日はホームに5600人ものお客様をお迎えし、実力的にも拮抗した相手だけに勝ちたい試合でしたが、0-1で落としました。印象として、よく形をつくり後半は積極的にゴールを狙っていったものの、ビルドアップ・中盤・サイドチェンジ・クロスの部分部分にパスミス・トラップミスがこれまでのSC相模原の試合に比べて多く発生し、今一つ勢いに乗れない試合でした。

今日は、FWワントップのポジションに普光院が基本入り、ポジションチェンジの中で岩渕もこのエリアでプレーしました。2人ともチャンスでシュートを放ち攻撃をよく支えていましたが、2人とも基本2列目の選手なので、服部や井上、シンバがプレーするポジションよりも低くなりがちです。そうすると富山の2人のセンターバックはプレーの中で余裕が生まれ、サイドから侵入する相模原の攻撃にもしっかり対応できてしまいます。SC相模原はこの試合よくシュートを放ちながら決めきれなかった中には、最後の最後で富山のセンターバック陣に体を寄せられ精度を失うシュートがあったかと思います。昨年はセンターフォワードに高原・服部・樋口・タレス・井上と人材豊富でしたが、この試合は終盤服部が出場したまでにとどまりました。望月代表は常々「サッカーはセンターが大事」とお話しされています。匠の多い二列目、サイドの強みをもっと生かすためにも、センターフォワード陣の奮闘が待たれるところです。

失点シーンは富山コーナーキックから。川口が手を伸ばし弾き出そうとしたところ弾き出せず、中に折り返されてしまい失点。攻撃はSC相模原の方がシュート数も、攻撃の内容も上回っていただけに残念でした。が、これがサッカーです。富山としては引き分けでもよし、とにかく相模原の得点を0点に抑えるサッカーを徹底しよう、とサッカーをしていましたのでプラン通りのサッカーができたといえるでしょう。来週は長野戦。上位対決今度はなんとか勝利をもぎ取りましょう。頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

3連勝で遂に首位!川口またまたファインセーブ!

2016-05-29 23:16:37 | SC相模原・激闘の足跡

遂にSC相模原首位に立ちました。シーズン序盤ならともかく、今年既に3分の1の試合数を消化した時点で首位に立ったというのは久々。しかし、2位秋田との差は得失点差わずか1、選手層の厚い長野・大分までも勝ち点差は3~5程度しかなく1位~8位までがまだ団子状態です。しかし「5月は団子状態のJ3が上位と下位に2分するだろう」と考えていたのは正しく、9位以下のチームとの勝ち点は開きつつあります。次節からは上位との直接対決、大分・富山・長野・栃木との4連戦は、一試合一試合を全力で応援しなきゃいけませんね。がんばりましょう。

スタメンは、今シーズン初めて岩渕が右のウィングに入り、ボランチに飯田の布陣。一方鳥取の試合の入りは、3-4-3のフォーメーションで中盤のウィングが引き気味の位置。SC相模原の攻撃をガッチリ守って、前線の前田・黒津の両ベテランンの個人技で得点、という構えでした。しかしSC相模原は鳥取の両サイドからゲームを組み立て中に攻め込みます。双方譲らぬ膠着した中盤戦から、シュート・チャンスが生まれ始めたのは前半30分過ぎ。鳥取前半36分、山本がゴール前細かいドリブルからシュート、しかし川口が弾き出しピンチ脱出。一方前半38分、今度はSC相模原が右サイドを牧内が抜け中央にクロス、これを岩渕が頭でシュート!しかし、ゴール右隅にハズレゴールはなりません。前半42分、今度は再び鳥取、FW前田がフリーでゴール前に迫りますが、工藤・ルーカス・飯田がこれを抑えこのまま前半0-0で終わります。前半40分過ぎから、柱谷監督が激怒し続け鳥取の選手たちにデカ声で指示を飛ばしていたのが印象的でした。

後半15分に今シーズンを象徴するようなSC相模原の粘りの守備が輝きました。鳥取の右サイドからの攻撃。そして、中央クロス、黒津がヘッド!決まったかに見えましたが、川口タッチ、ルーカスクリアーでゴール寸前ボールを書き出し失点を免れます。昨年まででしたら、あのゴールは入っていました。今年の成長を見せつけられたシーンでした。こうした守備は攻撃にもいい影響を及ぼします。後半23分、右サイドを菊岡・牧内が崩すと、中央で飯田が左の深井にパス、深井は打つと見せかけ、左の保崎にパス。保崎シュート!ゴーール!美しいパスの連動で決まったゴールに4500人を超えるお客様が大歓声。

追いかけたい鳥取はすぐさま後半26分、2枚選手を入れ替えて攻撃のネジをまきます。しかし後半38分、鳥取左ウィングで前半から牧内にファウルし続けていた鳥取・廣田が2枚目のイエローカードで退場。これでますますパス回しが楽になったSC相模原は後半40分、飯田・途中から入った曽我部・菊岡のパスのコンビネーションで前線を崩しシンバ・ヘッド・シュート。しかし追加点はなりません。後半ロスタイム4分ありましたが難なく逃げ切って1-0でSC相模原が勝利しました。

次節、岩渕が累積で出場停止が予想されますが、飯田が今日のようなサッカーができれば大丈夫。2週間インターバルがあるので井上や曽我部もコンディションがもっと上がってくることでしょう。次節は大分。冒頭にも書きました通り応援も頑張りましょうね!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

川口のスーパーセーブ!SC相模原勝利!

2016-05-15 18:40:52 | SC相模原・激闘の足跡

本日行われたJ3「SC相模原vs藤枝MYFC」との試合は1-0でSC相模原が勝利しました。この日、今シーズン初めて所属するFW4人全員が顔を揃え、控えのメンバーも含めてベストメンバーで試合に臨みました。今日は互角の内容の試合ながら、SC相模原の選手たちの厳しい球際、ゴール前守り切る執念が素晴らしく藤枝に得点を許しませんでした。特に後半22分、自陣ゴール前で藤枝の選手2人がほぼフリーとなりボールを流し込めばゴールだったところを、川口が巧みなボディーバランスと、俊敏な身のこなしでこれをスーパーセーブ。このシーンにはSC相模原サポーターも藤枝MYFCサポーターも「さすが川口」とスタジアム全体を大いに沸かせました。本当に素晴らしいセーブでした。

今年の藤枝MYFCは、J2-J3経験選手を中心に構成されよく組織化されていました。昨年までの藤枝MYFCは素晴らしい選手が揃うもののチーム全体の選手層が薄い、という印象でしたが、今年の藤枝FYFCは秋田・琉球・群馬・町田にいた選手達が集まり現在ホームで3連勝中と勢いに乗っています。この試合SC相模原が藤枝に敗れると藤枝がSC相模原より上位に進出します。SC相模原としても決して負けることのできない試合でした。試合開始から前節の反省を活かしてか、SC相模原は慎重な試合の入り。藤枝は11番FWの峯にボールを集めゴールを目指しますが、ルーカス・工藤がこれを防ぎます。SC相模原は前半20分頃からようやく形を作りはじめ26分のコーナーキックから先取点が生まれます。右コーナーキックを菊岡が蹴り入れると中央のフェイクで飛んだ選手の頭の上を越えてファーサイドのルーカスの足元に。ルーカスはスライディングしながらこれをシュート!ゴオオオオオオル。1-0。SC相模原が先取点をゲットしました。このあと34分と35分にも岩渕・井上がバイタルエリアでボールをうまくキープしてからのシュートを打ちましたがきまらず、このまま1-0で前半を終了します。

後半早々、SC相模原は牧内に代わって曽我部をボランチに入れ岩渕を右サイドバックに、FWのシンバに代えて普光院を入れます。藤枝MYFCも2トップから3トップにに変えてSC相模原ゴールに迫ります。特に後半20分以降は藤枝のチャンスが連続します。21分、SC相模原ゴール右側で藤枝MYFCのフリーキック。22分にはSC相模原ゴール前に藤枝MYFCの選手がフリーでボールを持ち込みますが川口のスーパーセーブでこれを凌ぎます。SC相模原も29分、中央から曽我部がドリブルで抜けると左にサポートで走る深井にパス、深井がゴール前シュート!しかしこれは右ゴールポストに当たってしまいます。30分を越えると、なかなか追いつけない藤枝の選手たちのプレーが荒っぽくなります。44分には藤枝MYFCはハンドを犯しながらもボールをゴールに蹴りこみますが当然のことながらノーゴール。藤枝は最後までSC相模原のゴールに迫りますがSC相模原の選手たちの体を張った守備に悪戦苦闘する中試合終了。1-0でSC相模原が勝利しました。SC相模原は現在6位。首位との勝ち点差は4です。5月は団子状態のJ3から上位と下位に分かれていく月になると思います。SC相模原は上位についていく為にも次も勝利あるのみです。頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

クリアミスから失点2、しかし最後は追いついた!

2016-05-08 22:21:57 | SC相模原・激闘の足跡

本日のSC相模原vsブラウブリッツ秋田の試合は2-2の引き分けで終わりました。現在秋田は4勝3引き分け。その4勝全て、しかも引き分け試合を見ても、前半得点をあげて後半守り切る典型的な「逃げ切りサッカー」。3-4-3のフォーメーションこそ違いがありますが、前線からのチェイシングにより中盤でボールを奪い展開するSC相模原と似たコンセプトのサッカーでここまで負けなしで首位に立っています。こうした前半逃げ切り型チームは、スカウティングが綿密で、相手の弱点を前半から正確に突いて得点を重ねていきます。こうした秋田の特徴を考えれば、今日のSC相模原の試合の入りは全くに迂闊。相手がSC相模原のどこを突いてくるのか?を確認しながらの注意深い守備を重ね、秋田が「これは駄目だ」と思わせ前半をゼロ失点に終わらせれば、攻撃に強力な控え選手を持っていないだけに、後半でSC相模原が優位にたてるはずでした。しかし2分、川口のクリアミスから与えた最初のFKで、最も警戒すべき相手1トップのFWにゴールを許してしまいます。川口自身久しぶりの試合出場で試合感覚がやや鈍っていたかもしれませんし、秋田は戦前の予習が実った得点でした。

前半風上に立つSC相模原、トップの服部にボールを当てセカンドボールを拾い、攻撃の形を作ろうとしますが、服部へのロングボールが、追い風に流されなかなかアジャストできません。0-1のまま、前半30分頃までは中盤でボールを奪い合う緊迫したサッカーが続きます。しかし前半30分過ぎてから、SC相模原がサイドチェンジを加えたいい攻撃の組み立てから深井・服部が連続シュート。この時間帯になんとか1-1に追いついておきたいところでしたが、秋田のゴール前のDFの体を張った守備に阻まれこのまま0-1で前半を終了します。

後半、相模原は早々に服部を曽我部に入れ替えます。しかし、この交代後前半30分以降のいい攻撃は影を潜め、アタッキング・サードの手前でボールを回すばかり。試合の流れは変わりません。後半19分には、秋田の左からのシュートを牧内がクリアミス。ボールは不運にもゴール枠に入ってしまいオウンゴール。0-2。こうなると攻撃をもっと活性化させて早く1点を取りたいSC相模原は後半24分、牧内に変えて天野、普光院に変えてシンバを投入します。この交代でチームのサッカーそのものがすぐに好転することはありませんでしたが、後半30分を過ぎると前半逃げ切り型の秋田のプレスの足が落ち始めます。その中交代で入ったシンバ・曽我部らが「攻撃するしかない」と前に前にプレッシャーを掛けていた気持ちが結実します。後半37分、相手ゴール前で曽我部ーシンバー曽我部と2人のテクニックで相手ディフェンダーを交わしてシュート!ゴール!。1-2。この得点でこの日集まった4873人のお客様がわぁーと大歓声になり「あと一点」。後半43分、コーナーキックのこぼれを保崎がシュート、さらにこれを坂井が押し込み2-2の同点。これもう最後の気持ちで押し込んだ同点ゴールでした。このまま試合終了。2-2の引き分けで終わりました。

結果的には奇しくも昨年の松原監督の最終節の秋田戦と同じで2点先行されて後半2点追いつくという流れ。川口・牧内のミスは悔まれますが、この試合からシンバが戦列参加し、また天野が戦列復帰してきて戦力がまた少し回復しつつあります。次節こそ勝ち点3を積み上げましょうね。頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

2点差を追いつかれた・・でも引き分け上等

2016-05-01 23:43:19 | SC相模原・激闘の足跡

本日のSC相模原vsFC琉球の試合は2-2の引き分けでした。私は今回の沖縄遠征は参加しませんでしたが、LCCの安い便をうまくスケジュールして応援に行った方が多かったと聞いています。応援お疲れさまでした。試合は、前半44分にFC琉球は選手が退場。以降一人少ないFC琉球に0-2の2点差を追いつかれるという内容で、ちょっともったいない試合。特に失点がルーカスのトラップミスから失点したり、相手の攻撃のフォーメーション変更への対応が遅れて失点したり、と「相手10人2点差」という状況にボランチとDFラインの頭の緊張感が緩んでしまったようです。ますますをもってもったいない試合でした。またこの日から川口が控えながらもチームに合流しています。

ただ、幸いにもこの日他会場で、大分が富山に敗れ、長野が鳥取に引き分けたため上位有力チームとの勝ち点差は開いていません。次節ホームで戦う秋田だけが上位で勝利しこの日首位に立ちましたので、この琉球戦の引き分けで一層次節の必勝の必要性が高くなりました。

私は昨日4月30日、ギオンスタジアムにノジマステラの試合を見に行ってきました。現在なでしこリーグ2部で首位を走るノジマステラ。細かいパスの連携からサイドを崩してシュートに持っていく攻撃パターンがよく訓練されていて兵庫県のASハリマに快勝しました。スタジアム・サイドには、SC相模原の試合にも来ている淡路島カレーのキッチンカーが来ており、美味しいカレーを食べながらの観戦。観客も1000人弱とまずまずの雰囲気でサポーターも皆勝利を楽しんでいました。このままの勢いでなでしこリーグ1部昇格を決めて欲しいです。頑張れ!

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL
↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加

岩渕・普光院初ゴール!セレッソ大阪に勝利!

2016-04-24 19:37:13 | SC相模原・激闘の足跡

今日のSC相模原とセレッソ大阪の試合は3-1でSC相模原が勝利しました。今日の試合から深井と曽我部が復帰し前節の盛岡戦から選手層が回復しました。また、先週の試合が中止になったことで再度チームのサッカーを立て直すことに成功、この試合の勝利につながっています。先発はFW:井上、MF:深井・菊岡・普光院・坂井・岩渕、DF:工藤・ルーカス・保崎・牧内、GK:佐藤の11人です。前半、SC相模原はSafety First。セレッソ大阪のサイドを中心とした崩し、クロスをしっかり排除する守備のサッカーが続きます。SC相模原も中盤を細かくつなぎセレッソの守備陣形を崩しにかかりますが、セレッソの身体能力優れた選手たちを崩し切るには至りません。6分の岩渕のミドルにゴール前井上が、17分に牧内の右からのクロスに保崎が合せますがいずれもゴール枠を捕えることができません。

この日の審判は、主審と副審の連携があまりうまくいっていないようでした。この日主審は副審が判断したオフサイドを2度もオフサイドと認めず試合を流します。逆にゴールラインを割ったボールを主審がゴールキックと判断しましたが、副審が意義を唱えコーナーキックに変わるといった具合。後半、SC相模原はボランチの坂井・岩渕が局面・局面で前線に上がり攻撃に厚みを加えます。後半7分、FKからのこぼれ球を坂井がシュート、これがクロスバーにあたり跳ね返るところ、井上が頭で押し込みゴール。1-0と先取点をSC相模原がゲットしました。一気にこれでいける、と気持ちが高まります。が、しかしこの直後のプレーでSC相模原が味方同士の守備の連係ミスからオウンゴール、1-1。結果的に勝利したから今は笑い話で流されますが、やはりなぜこうしたことが起きたのかはGK・DF陣で再確認が必要です。

13分、左からの菊岡の正確なコーナーキックにボランチ・岩渕が頭で合わせゴール。25分には坂井が左から入れたボールに普光院が頭で合わせJリーグ入団初ゴールを決めました。3-1。セレッソ大阪は、追撃すべく一方のサイドの攻撃陣をテコ入れしたり、DF一枚減らして攻撃の枚数を増やしましたが功を奏しません。SC相模原も飯田・服部・曽我部を投入し前掛かりになるセレッソをうまくいなしそのまま試合終了。3-1で勝利しました。

 

これでSC相模原は4位に浮上しました。本当に勝てて良かったです。SC相模原は、ここからゴールデンウィークの2試合は上位を走る琉球と秋田との試合が待っています。今シーズンこのまま上位に食らいついていけるかどうか、を占う重要な2試合です。まず次節は開幕から好調のFC琉球。相手のホーム沖縄での試合だけに今まで以上にしっかり守りリーグ最多得点をあげる琉球の攻撃をしっかり押さえ接線に持ち込むことが重要です。薩川監督の古巣でもあり何としても勝利して秋田との試合に臨みたいところです。頑張れSC相模原。

ブログ応援のために下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!↓
にほんブログ村 サッカーブログ JFLへにほんブログ村 サッカーブログ S.C.相模原へ
サッカーブログ JFL   

↑携帯電話からはこちらをクリック。ありがとうございます。励みになります。↑


この記事をはてなブックマークに追加