磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

『福井の月の輪熊と原発』&『福井のイヌワシと原発』

2008年03月14日 | 読書日記など
『福井の月の輪熊と原発』
   山崎隆敏・著/八月書館1990年

日本オオカミは絶滅したのではないという。下「」引用。

「一九○五年に奈良県で捕獲されたのを最後に、絶滅したとされる日本オオカミは、絶滅というより家犬や野犬と混血してしまったという説が有力であるが、オオカミが絶滅しても、人間は何も困らなかった。月の輪熊が絶滅しても、人間がたちどころに困るわけがない。だがオオカミの絶滅の原因とは根本的に異なる深刻な事態が、そこに横たわっていることに気づいてほしい。森の中のいのちは熊だけではないのだ。」

そういう説もあるんですね。
--最近、白熊とグリズリーが地球温暖化のため、ハーフーができているというニュースを見ました。
動物も環境によって変化する……。

人間も自然の一部ですね。 下「」引用。

「岐阜県白川村の町並み保存基金や長野県大平宿の保存運動などのように『村おこし=金もうけ』とは違ったやり方をとりいれていけないかと思います。西ドイツでは、政府の援助で農村の景観を整備(沿道に花を植えたり、農家をペンション『民宿』に改造したり)し、農村そのものもをリゾートにしいているようです。都会の人びとは長い休暇をとって農村にやってくると、安いペンションに泊まり、あたりを散歩したり、釣りをしたりしながら農村のたたずまいを楽しむとか。」

福井商法というものがあるそうです。下「」引用。

「「福井商法」といわれるのは、原発を取り引き材料にしているからである。原発のこれ以上の増設はないと、県議会などでもたびたび表明しておきながら、その舌の根の乾かぬうちに増設を認めてきた背景の理由に、この臨工の失敗があったのである。
 三菱金属が買い上げた敷地内には、全国の加圧水型の原発の燃料を製造している三菱原子燃料会社が、核燃料集合体の組立工場を作ることになっていた。」

クローバーの奇形についても書かれてありました。下「」引用。

「その他の奇型葉の形状について触れておこう。隣り合わせの葉が完全に分離せずにつながっているもの、一枚の葉だけがとんがり帽子のように円錐状に丸まったもの、三ツ葉の上に茎が伸びてさらに三ツ葉ガ映えているもの。こんなクローバーをあなたは今まで見たことがあるだろうか。」



index

大事故と差別を比べたら、やはり大事故が恐いですね。下「」引用。

中島哲演氏は、昨年著書を出版される際に、このような生々しい実態をさらけ出すことにより、若狭住民への逆差別が生まれるのではないかとずい分反煩されたそうである。しかし大事故のことを考え、事態が悪化せぬいちに警鐘の意味で内外に知らしむべきだと決断された。」



『福井のイヌワシと原発』
   山崎隆敏・著/八月書館1993年


イヌワシは複数の巣をもつという。

人間も自然の一部ですね。下「」引用。

「自然の恩恵を忘れ、何故・山の緑を犠牲にして不要不急の遊び場を造るのか」

鰹山百姓騒動記』についても書かれてありました。

空港はなくなったという。下「」引用。

「一七年前に福井空港が廃止された理由は、旅客が少なく採算が合わなかったからである。それに、真価戦線で福井から東京までが三時間半の現在、空路が絶対必要とは思わない。」

1993年5月8日、毎日新聞、世界初『蒸気発生器事故で原発閉鎖』米・オレゴン州 日本でも同型器5基稼働という記事を取り上げていました。

『生活道路』ができたのは原発のおかげだというが、原発のための道路であるという。

“もんじゅ”でも道路ができたという。下「」引用。

「高速増殖炉“もんじゅ”のある白木は、半島西浦地区とはいっても陸路は断たれており、今ではトンネル越しにある半島南側の美浜町丹生の方がはるかに近い。周知の通り、このトンネルは、“もんじゅ”の誘致と引き換えにつくられたものである。」

自律した開発をしている人たちもいるそうです。下「」引用。

「立花さんの名子地区では、区民が一億二○○○万円の借金をして、ヨットハーバーを建設した。原発に頼らない生き方を区民が協力し合って始めた事業である。」

こんなことも書かれてありました。下「」引用。

「西浦あたりで白血病患者が増えているといった話は本当でしょうか。美浜町の佐田辺りや河野村でも甲状腺異常が多いと聞いてるが、と私は尋ねた。死亡原因を聞くと多いようです。甲状腺異常もちょくちょく聞いています、と立花さんは答えた。」

index

--1991年、イギリスの4チャンネルテレビ。下「」引用。

「インドのラジャスタン原発の風下の村で生まれた赤ん坊の間に、先天性の「障害」児が多いことを暴いた。」



■中池見湿地―開発から守られた里山の自然―■








index

目 次



エンタメ@BlogRanking

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原爆前後XI | トップ | 128  I Want to Break Free »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。