ふれるほどやさしくなる立谷沢川流域

山形県庄内町の観光スポットやイベント情報を紹介するサイトです。
四季折々の写真や流域の今をアップします♪

直前告知☆『2月18日月の沢龍神冬まつり』へお越しください!

2017年02月15日 | 月の沢龍神冬まつり

ご無沙汰しております

地域おこし協力隊の竹嶋です。

 

大分日も長くなり、少しずつ春が近づいているような・・・?

とはいえ、まだまだ雪はたくさん

 

2月18日(土)は、ついに!「月の沢龍神冬まつり」の本番です!!

今週は雪三昧

只今、スタッフ総出で「龍神様」の雪像をつくっています!

 

≪BEFORE≫白いキャンパスに果たしてどんな龍神像ができるのか?!

 

 

≪STEP1≫スプレーで、下書き!

        これは結構新鮮でした!間違えても削ったらすぐに消せるとか!

        しかしながら、スプレーで描いたのはここまで・・・あとは実行委員長と

        ベテラン龍神職員の佐藤さん!

 このあとどうなったかは・・・

ぜひ当日見に来てください!!

巨大かまくら&かまくらBarもありますよ~!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月山ジオパーク現地学習会in庄内町を開催しました!

2017年01月24日 | ジオパーク

え~、ご無沙汰しております

かなり久々の更新となりましたが、月の沢龍神冬まつりの会場となる北月山荘も順調に雪が積もり、開催のときを待っております。

 

さて、本題

1/23(月)に月山ジオパーク構想の現地学習会を庄内町で行いました。

今回の現地学習会は月山ジオパーク構想の関係5市町村それぞれの会場でガイドスキルを上げることを目的に行ってきたのですが、これまで4会場で行い今回の庄内町会場が5開催目の大トリとなりました。

今まで4会場で改善へ向けてのさまざまな意見が出された中での集大成としての開催とあり、皆さまの目が肥えている状況での開催となりました

 

事務局ばかりがジオを学んで経験を積むよりも、今後の活動に活かして欲しいとの願いもあり、庄内町では地域おこし協力隊の二人にジオガイドを務めてもらいました。

 

栗原隊員、竹嶋隊員の両隊員ともジオガイドは今回が初めての経験となります

これまでも月山管内以外にも様々なジオパークに行き、ジオガイドを見てきてはもらいましたが、やはり見るのとやるのは違いますよね(笑)

 

この日のガイドコースは「風車村⇒町営風車⇒砂防資料館⇒板敷川砂防堰堤⇒北月山荘」のルートを設定しました。

月山ジオパーク構想のテーマである「雪 風 大地のおそれとめぐみ」を意識しながらのコースです。

 

↑「風」担当の栗原隊員はやはりかなり緊張の様子。

 

↑風車村では、NHKの「プロジェクトX」で実際にスタジオで使われたジオラマを使って、「清川だし」をうみだす地形の説明。

 

↑いかに住民がこの風に苦しめられてきたか、そして全国の自治体で初めて風車による売電を行うまでにどのような苦労をしてきたかの物語を情感たっぷりに話してくれました。

先週見たばかりの「プロジェクトX」の影響が濃すぎた内容だったのが、多少気にはなりましたが(笑)

 

そして、実際に町営の風車を見に行きました

車窓から見る風車と、真下から見る風車ではその迫力はまるで違います

 

その後はテーマを「大地」につなぎ、担当を竹嶋隊員にバトンタッチして立谷沢川と砂防事業の話へ移ります

↑社会人経験のある竹島隊員は、栗原隊員より堂々としています(笑)

 

↑砂防資料館では、国交省の職員の方から地すべり模型などを使って分かりやすく説明していただきました。

やはり、話だけを聞くのに比べて目で見て情報が入ってくるのはイメージしやすいですね。

 

その後は、移動の車中で立谷沢川がいかに暴れ川で住民を苦しめてきたかなどの話をしながら、板敷川砂防堰堤へ

↑立谷沢川が、いかに多くの土砂を最上川に供給してきたかのお話。

 

↑積雪期以外は近くまで車で行けるのですが、今のシーズンはスノーシューを履いて「雪」を体験しながら、堰堤へ向かいます

 

立谷沢川流域には現在45基の堰堤がありますが、この「板敷川砂防堰堤」は他の堰堤とデザインが全然違うんです。

数年前にヘリコプターに乗って上空から見たときから、個人的にずっと気になっていた堰堤です。

普段から堰堤を見慣れている参加者も、このタイプの堰堤を見るのは全員が初めて(国交省職員を除く)

 

↑なんでこんな形になったのか説明を聞いた後は、あらかじめ準備しておいた雪だるまを囲んでの記念撮影

本当に面白いデザインの堰堤ですよね

 

その後は北月山荘で美味しい昼食をいただいてから、恐怖の駄目出しコーナー(笑)

どんなことを言われるのかビクビクしていましたが、なんと皆さまからは暖かいお言葉ばかり

 

お褒めの言葉をたくさん頂戴して、ガイドデビューを果たしたばかりの二人もさぞ自信になったことでしょう

 

栗原隊員・竹嶋隊員、ジオガイドお疲れ様でした。

この経験はきっと今後の活動に活きてくるはずです

お二人の更なるご活躍を期待しております

 

今回はこの現地学習会用に設定したコースではありますが、これは地域学習や防災教育にもそのまま使える内容を意識しております。

興味のある方は下記お問い合わせ先か、二人の隊員までお気軽にお声かけください

今ならきっと二つ返事で引き受けてくれるはずです(笑)

 

【お問い合わせ】

庄内町商工観光課立川地域観光振興係

電話0234-56-2213

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楯山公園に鳥除け磁石を設置しました

2016年12月21日 | 楯山公園

めずらしく連日の更新です(笑)

 

12/20に楯山公園に鳥除け用の磁石を設置しました。

↑赤い丸で囲まれた中にある「O字型」のキラキラ光っているのが、その磁石です。

 

かなり強力な磁石なため、心臓のペースメーカー等に悪影響が出る恐れがありますので、設置期間中は公園内への入場はご遠慮ください。

設置期間:平成28年12月20日~平成29年4月上旬

 

設置期間中は、公園入り口に↓の看板が設置してあります。

↑この看板が設置されている間は磁石があります。

ペースメーカー以外にも、風雪等により磁石自体が落下してくる可能性もありますので入園の際はご注意願います。

 

【お問い合わせ】

庄内町商工観光課立川地域観光振興係

電話 0234-56-2213 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベント告知☆2017月の沢龍神冬まつりにお越しください!!

2016年12月20日 | イベント情報

協力隊の竹嶋です

本日は、昨日に続き、「月の沢龍神冬まつり」の告知です!

今年は、2017年2月18日(土)10時~20時で開催されます!

会場は「月の沢温泉北月山荘周辺」です。

 

毎年、子供から大人まではしゃげる楽しいイベントが盛りだくさん

冬祭りといえば、北海道の「さっぽろ雪まつり」が有名ですが、

実は豪雪地帯である山形でも、雪を利用したお祭りはたくさんあります

北海道に比べると規模はもちろん小さくなってしまうわけですが、

イベントに併せて航空券が高くなるわけではないので、穴場かも?!

 

数ある冬祭りの中でのお勧めポイントはこちら

「巨大すべり台」が迫力満点

豪雪を利用してハーフパイプをちょっと崩した感じの迫力のあるすべり台です

上に立つと、大人でもちょっとひるんでしまうくらいのダイナミックさ(のわりにこの子達は笑顔ですね

 

「寒中いわなつかみ取り」はまさかの裸足

いえ、裸足でなくてもいいのですが、「裸足であれば無料」というイベントにしたところ、

この状況見てるだけで寒い

 

雪の夜に幻想的な「プロジェクションマッピング」&大感動「メッセージ花火」

雪に灯りってなぜこんなにも似合うんでしょう

10人以上余裕では入れるくらいのビッグサイズ

今年は協力隊の栗原くんが、「かまくらBar」をOPENする予定ですので、楽しみが増えますね~

そして、この巨大かまくらにプロジェクションマッピングが投影されるのです

このマッピング、業者に依頼するのではなく、庄内町の方が作成してくださっています

花火は、希望者の方は上のロッジまでスノーシューをはいて、トレッキングをします。

つまり、花火を間近で見れるのです体力に自信のある方は、ぜひチャレンジしてください

ほとんどが手作りの「月の沢温泉冬まつり」

だからこそ、暖かさと愛が詰まっています

私も初めての体験ですが、がんばります皆さま是非、お越しください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017月の沢龍神冬まつり「メッセージ花火」大募集!!

2016年12月19日 | 月の沢龍神冬まつり

イベント本体の告知記事もまだですが、とり急ぎ花火の募集記事のみUPします

 

月の沢龍神冬まつり「雪上花火ショー

日時:平成29年2月18日(土) 日没後スタート(18時頃)

会場:月の沢温泉北月山荘周辺(山形県東田川郡庄内町立谷沢字西山1-67)

 

単価や種類はこちらをご参照ください ⇒ 観光HP花火募集記事

熱い想いも昨年同様 ⇒ 当ブログでの昨年の募集記事(もちろん開催日時は変わってます)

 

イベント内容自体も今後このブログや町のHP・観光HP等で情報発信していきます。

もう少々お待ちくださいね

 

【お問い合わせ】

月の沢龍神街道スノーアートフェスティバス実行委員会

(庄内町商工観光課内 電話0234-56-2213)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加