ふれるほどやさしくなる立谷沢川流域

山形県庄内町の観光スポットやイベント情報を紹介するサイトです。
四季折々の写真や流域の今をアップします♪

「山の芋収穫感謝祭」を開催いたしました!

2016年12月02日 | イベント報告

協力隊の竹嶋です

今、立谷沢地域では、「山の芋」がアツいです

 

・・・ヤマノイモ?

 

と思われた方も多いでしょう。

「山の芋」とは、関西地区で昔から高級食材として

老舗料亭や高級和菓子に用いられてきた芋のことです。

 いい土(やわらかくて水はけがよい)でないと育たない

 漢方で「山薬」と言われるほど滋養強壮に富んでいる

 もちのような粘り気と上品でなめらかな味わいを持っている

これらの特徴が、高級食材として扱われている所以ではないでしょうか。

見てのとおりの粘り気!!(写真は、北月山荘の支配人兼古氏)

 

さて、この「山の芋」、東北では青森や秋田の一部の地域で

栽培されているようですが、山形では酒田市で昨年から始まったばかりです。

今年は、立谷沢の有志の方々が立谷沢で初めて「山の芋」を栽培し、

約1トンを収穫

これらの芋は、酒田市の日本農販サポートセンター企業組合により、東京や大阪に出荷されます。

 

Q.立谷沢では食べれないのですか?

A.いえ、食べれます

 

日本農販サポートセンターから、北月山荘が買い取り、

北月山荘の「食事処 やまぶどう」にて、山の芋を

美味しい料理に替え、ご提供させていただいております。

この食材をどのように活かすか、とやまぶどうのお母さんたちが

試行錯誤で研究しているところです。

 

23日には、庄内町町長、副町長、教育長を始め、生産関係者の方々も

揃い、「山の芋収穫感謝祭」を開催しました。

現在、北月山荘でお昼のメニューであるのは次のとおり。

山の芋うどん 600円

山の芋カレー 700円のところを、発売記念で600円!!

山の芋御膳  1,500円~(※3日前要予約、ご予算に応じます)

 

他では味わうことができない、上品なお味をご堪能ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月の沢温泉北月山荘「冬のお得な湯治プラン」発売中!!

2016年12月02日 | 月の沢温泉

協力隊の竹嶋です

クリスマスが近づいてきましたね!

大阪に住んでいた頃は、「ホワイトクリスマスになったらロマンチックやなぁ~」と

わくわくしていましたが、こちらでは、無条件に「ホワイトクリスマス」になるのでしょうね

←北月山荘もすっかり雪支度です。

 

そんな寒空の中だからこそ、

北月山荘のおいしいお食事とあたたかい温泉でゆったりした時間をすごしませんか?

「北月山荘平日宿泊ネット予約割引プラン」に加え、

「冬のお得な湯治プラン」をご用意いたしました!

2泊3日(夕食・朝食付)で、通常14,700円のところ、

12,000円でご利用いただけます(※税込)

小学生は、通常10,600円のところ、8,000円です(※税込)

 

利用要件は、次の5点です。

 平成28年12月1日(木)から平成29年3月31日(金)までの期間における月の沢温泉北月山荘営業日

 2名様以上でのご利用

 原則として、一週間前までの要予約

 部屋数は、7名までは原則1部屋。8名以上で2部屋のご利用。

注意点※全額前金払いとします。万が一、2泊3日期間中に帰宅されても、ご返金することはできません。

     ※「北月山荘平日宿泊ネット予約割引プラン」との併用はできません。

 

2泊3日以上のご利用にも使えます!

その場合、1泊追加ごとに 大人6,000円、小学生 4,000円です。

 

一緒に楽しい冬を過ごしましょう~!!!

皆さまのお越しをお待ちしております

 

【お問い合わせ】

庄内町商工観光課立川地域観光振興係 ☎0234-56-2213

月の沢温泉北月山荘 ☎0234-59-2137

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形日和推進事業「北月山荘平日宿泊ネット予約割引プラン」発売中!!

2016年12月02日 | 月の沢温泉

 商工観光課の横田です

 月の沢渓谷の静かな湯宿「月の沢温泉北月山荘」では、現在標記特別割引プランを実施しております。

 平成29年3月31日(金)までの平日に「楽天トラベル」で食事付きプランでご宿泊になられた先着20名様に限って、

  通常7,350円のところ、6,350でご利用いただけます(※税込)

 利用要件をチェックしてみると・・・

  平成28年12月1日(木)から平成29年3月31日(金)までの平日

  楽天トラベルで平日宿泊(食事付き)をネット予約された方

  先着20名様まで

 の3点です。

 お子様の場合は、通常5,300円のところ、4,300円です(※税込) 

 先着20名まで、というのがポイントですお早めに

 ※「湯治プラン」との併用はできません。 

 

 12月に入り、ライトアップが始まりました!皆さまのお越しをお待ちしております

 

【お問い合わせ】

庄内町商工観光課立川地域観光振興係 ☎0234-56-2213

月の沢温泉北月山荘 ☎0234-59-2137

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月山公園線情報&「元気なまちづくり推進会議」参加のご報告

2016年10月20日 | 庄内町

こんにちは!地域おこし協力隊の竹嶋です

秋めいてきましたね

月山公園線は、10月24日(月)15時で4合目ゲートが通行止めとなります

ですので、週末は今週がラストチャンス

そして、24日(月)に登山される方はくれぐれも早めの下山を心がけてください

8合目からでも今はすばらしい紅葉ですので、

一時間くらいのトレッキングにもおすすめですよ

 ↑ 10月15日(土)月山八合目(駐車場)の紅葉。天気がよいと朝日連峰や鳥海山も見えます!

 

帰りはぜひ、主婦れすとらん「やまぶどう」と「月の沢温泉北月山荘」へお立ち寄りください

 ↑ 主婦レストラン「やまぶどう」のお食事(例)

 

さて、話は変わりますが、昨日小国町で、「元気なまちづくり推進会議」という集まりがありました。

『「田園回帰」が開く未来』というテーマで、明治大学の小田切徳美先生にご講演いただきました。

 ↑ 同じく協力隊の栗原君が率先して質問

 

皆さんは、「田舎暮らしをしてみたい」と思ったことはありませんか?

私は、そう思った一人なので、ここにいるわけですが、全国的にもそのように考える方は増えているようです。

都市住民への世論調査では、10年前に比べ、

全ての年代が「農山漁村に定住願望」が増えているそうです

また、子育てを意識して移住するファミリーや若い女性も増えてきているとか・・・

移住者はうなぎのぼりで伸びる一方で、人気のある県、集落というのに偏りがあるようです

山形県への移住者は、人気のある県の1%

まだまだ課題は多いようです。

しかしながら、全国的に農山村再生の事例は増えてきています。

人口は増えなくても、「人財」は増える!これが農山村の「地方創生」の本質。

いかに地域の人々が輝ける場所か、それがキーなのかな、と感じました。

移住するなら輝く人がたくさんいる地域のほうがいいですもんね

 

まだまだ見習いの地域おこし協力隊ですが、

「元気なまちづくり」の可能性を見出すことができた講演でした

 ↑ 講演会後は、「地域おこし協力隊」だけの会も開催いただきました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月山のもう一つの楽しみ~東普陀落&御浜池コース~

2016年10月14日 | 月山

地域おこし協力隊の竹嶋です

秋・・・というか一気に冬が近づいてきましたね。

月山山頂はすでに初冠雪したようです。

4合目までのゲートも近いうちに、閉鎖される模様です。

とはいえ、この時期は紅葉がすばらしいのです

晴れている日に山を見ると「行きたい!」と思わず思ってしまいます

 ↑ 10月7日に撮影(八合目付近) 草紅葉がきれい~

 ↑ 10月12日に撮影(山頂付近)

 

先日は、商工観光課の佐藤さんと協力隊の栗原くんと3人で、

「東普陀落&御浜池コース」へと行って参りました!

皆さんはご存知ですか?

月山は頂上だけではなく、岩登りと御池でゆっくりできるという穴場コースがあるんです

「御田原参篭所」から左へ50mほど行くと、3差路があり、御浜池へは左折後、10mくらいしたところで、

直ぐロープを越え右に行きます。(ロープは保護区域のため張ってありますが、登山道です)

 

梯子あり、ロープありのぬかるんだ道で、一気に200mほど下ります

(下りということは帰りは登るということを念頭にいれつつ行きましょう

 

しばらく行くと、展望が一瞬開けて藁田禿山と東普陀落と月山の紅葉と遠くに鳥海山が見えます!

(なぜ写真がないかというと、この日の天気がガス・雨だったからです・・・

 

1時間くらいすると目の前にカッコイイ岩が!!

これはもう登るしかない!とテンションのままに登っていきました!かっこいいー!!!

 ↑ 天に聳え立つ岩!

 

 ↑ 登ってみると神様の剣が!

 

 ↑ 下には今から目指す、「御浜池」が見えています。

 

 ↑ コーヒーを一杯飲んで、一服したあと、御浜池へ!

 

ここからピンクテープがあるのですが、間隔が広く、

「あれ?どっち?」状態に・・・。空白の45分がありました

道なき道を道にしていく、山の男、佐藤さん。

戻る道がわかるように、鉈で目印をつくる栗原くん。

頼もしいパーティとともに、私も藪こぎ藪こぎ・・・。

熊のいる形跡はありましたが、会わなくてよかった

 

冷静にもとの道に戻ってみると、すぐに正式な道は見つかり、

さらに200mくらい下っていくいと、いきなり目の前に大きな池が!!

栗原君は走り出してました

 ↑ 求め続けた御浜池。透明感がすごかった天気によって色が違って見えるんだろうなあ・・・。

 

空白の45分を超えただけに半端ない達成感。

そして、太陽まででてきている、という最高なコンディションでコーヒーをもう一杯。

あまり時間がなかったのでゆっくりできませんでしたが、

今度はお昼食べながらゆっくりしたいと思えるようなスポットでした

 

帰りはお察しいただいているとおり、標高400m分を一気に1時間半くらいでのぼりきり、

八合目に無事到着

 

岩登りと御池を楽しめるいいコースですが、けっこうハードなコースです。

一回いったことのある方と行くことをお勧めいたします。

 

とまぁ、山登りの新しい領域をしった一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加