幸福の科学高知 なかまのぶろぐ

幸福の科学の、高知の信者による共同ブログです。
日々の活動や、イベントのお知らせをいたします。

究極のローコストの国家発展繁栄法【減税・規制緩和】

2016-10-19 21:56:18 | 幸福実現党の願い

  

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします!   

先日の16日(日)に、幸福実現党から、8人目の議員が誕生いたしました。新潟県阿賀野市議に、横井もとひろ氏です。

これまで幸福実現党の地方議員は、町村クラスでしたし、横井氏は、24人立候補中14位ということで、着実に得票していただけていて、本当にありがたいことです。

地方議員さんがいると、日常的に政治活動ができるので、幸福実現党の政策の普及にとって、とても有り難いことです。

 幸福実現党 新潟県阿賀野市議 横井もとひろ氏

幸福実現党の政策は、確実に国民の所得と資産を増やし、またそれがひいては、日本国を豊かにしていきます。

幸福実現党の経済政策には、基本的にコストがあまりかかりません。

なぜならば、減税と規制緩和が中心だからです。

減税と規制緩和には、基本的に経費がかからないのですね。

なぜならば、今ある法律を、なくしてしまうだけですから、経費はゼロ円なのです。(爆笑)

ですから、もっと多くの国民の皆様にご支援頂きたいのですね。 

 

   ◇東京10区 幸福実現党 吉井としみつ候補 (抜群の経済通)  

  

   ◇福岡6区 西原ただひろ候補 (お悩み相談の達人)

さて、2014年4月から、消費税が現行の5%から、8%へと税率が上がりました。
そしてもう既に、その後の10%消費税への布石を、政府は打ち出しつつありますし、一方これまで自民党安倍政権は、2度も、「増税延期」を掲げて衆院解散しました。

なぜ延期しないといけなかったかというと、不景気がものすごいからです。

金融緩和を中心軸とした当初のアベノミクスが、急激に頓挫したのは、5%だった消費税を8%に上げたからですから、税率8%に据え置きにしたところで、不景気が緩和されるわけはないのですね。

ここで皆さんに訴え、ご理解いただきたいことは、「税金というのは、最後には使われるものだ。」ということです。
ということは、使うために多くを集めようとしても、ただそれだけならば無駄になるということです。

なぜならば税金というものは、集めるにも、またそれを使うにしても、両方に行政コストがかかってしまうからなのです。
目的があって、税金たくさん集めようとしても、その集めるにも費用がかかり、結局使うならば、それにも費用がかかります。
ですから無理な税金、無理な労力を使う税金の集め方は、結局コストばかりがかかるだけなのです。

ですから、国家や自治体が、税金をたくさん集めようという目的があるならば、自然と税金が集まるようにしないと、結局コストばかりがかかり、国家や自治体は、長い目で見れば衰退するのです。

では、自然と税金が集まるようにするには、どのようにすれば良いかと言うと、結局は、国民に儲けさせ、国民を豊かにするしか方法論はないのです。



ですから、無駄な税金・・・つまり、税収は少ないくせに、その税金があることで経済の滞りの大きい税金こそ、無駄なのです。

要するに、無駄な税金こそ、最も無駄であって、無駄な法律こそ、究極の無駄なんです。

ですから、経済を滞らせる税金や不必要な規制は、なければないほど、少なければ少ないほど、国家にも国民にも良いことなのです。

ですから一度、「その仕事は、本当に行政がやらなければならない仕事なのか?」ということを考えなければならないのですね。

たとえば、年金や社会保障などの問題があろうかと思います。

しかしそれらが、本当に国民の需要のある仕事であるならば、ビジネスとして成立するはずですよね。
本当に需要ある分野であれば、セーフティーネットを設けた上で、国家はその仕事を民間にやらせ、産業として育てるべきだと思うのです。

さすれば国家は負担が減り、国家の本来やるべき仕事に集中できますから。
これの結果が、規制緩和であり減税です。



たとえ話をしましょう。

夏に「暑い暑い。」と言いながら、防寒具に身を包み、冷房を最大に効かせている人がいたならば、皆さんはどう思いますか?
おかしいですよね。(笑)

これが、今の日本の姿なのです。(爆笑)

「暑ければ、服を脱げば?」と言えば、「いやそれだと、冷房が効いているから寒くなる。」と言うのが、財務省的論理なのです。(爆笑)

「じゃあ、服を脱いで、冷房を切るなり弱くするなりすれば良いではないか?」「その方が、経済的だよ。」 と言うのが規制緩和論です。

さすれば財務省側は、「服を脱げば、冬が来ればどうすれば良いのだ。」と言うでしょうね。(爆笑)

答えは簡単ですよね。
「じゃあその時は、また服を着れば良いですがねぇ。」と言えばいい。(笑)

今の日本は、戦後の新体制以降、ほとんど廃法をしておりません。
ですから、もう時代遅れとなった法律で、国中ががんじがらめです。

江戸時代、藩は300もあって、藩を超えての自由な行ききも経済活動もできませんでしたが、これと同じような状況が、21世紀の日本において、「規制」と言う名で復活しているのだと思います。

ですから、税金を上げるくらいなら、まず法律を整理し、いにしえの不必要な規制を撤廃するべきです。
法律には実行力が求められるので、どうしても費用=予算がかかるからです。

規制緩和に必要な予算は0円です。
今着ている服を脱ぐだけなら、費用はただです。(笑)
それと同じで規制緩和とは、今ある規制をなくすだけですから、行政コストは限りなく0円です。

同様に減税も、今ある税金をなくすだけです。
冷房のスイッチを切る費用も・・・0円ですよね。(爆笑)

このように規制緩和や減税は、大幅な行政コストダウンとなるのです。

増税は結局、大幅な行政コストの引き上げとなります。
集める費用だけでなく、減税・免税対象などの選定にも、行政コストはかかるからです。

本日はLiberty webより、横井もとひろ市議誕生のニュースをお届けいたします。

                     (ばく)

  ランキングに参加中。クリック応援お願いします!   

大川隆法総裁 大講演会「歴史の先駆者となるために」(宇治文化センター)より

新潟県阿賀野市議選に幸福実現党候補が当選

16日に投開票が行われた新潟県阿賀野市議選において、幸福実現党県本部副代表の横井基至氏(36)が当選確実となった。

横井氏は本誌取材に対し、

「ひとえに支援者の方々のお陰です。心から、感謝申し上げます。阿賀野の市政には若い力が欠けていると言われています。経済の低迷、少子高齢化の問題、雇用の増加などに取り組み、阿賀野を活性化させていきたいと思います。阿賀野の発展、繁栄をつくっていきたいと思います」

と決意を語った。 

横井氏は、阿賀野市出身。航空自衛隊の幹部候補生課程を終了し、幸福の科学・大川隆法総裁が創立したHS政経塾を卒業している。 

本市議選においては、農業や医療分野での企業誘致による雇用創出などを訴えていた。 

【関連サイト】

横井もとゆき公式サイト

http://yokoi-motoyuki.com/

HS政経塾公式サイト

https://hs-seikei.happy-science.jp/ 

2016.7.9 横井もとゆき 街頭演説

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【11/20(日)】大川隆法総裁... | トップ | アメリカの陰謀を打ち砕いた... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
転載させていただきました。 (オフェアリスガーデン)
2016-10-20 12:05:40
いつもお世話様です!!

こちらの素晴らしい記事を、また転載させていただきました。(いつも事後報告ですみません。)

とてもわかりやすく、色々なことを学べます。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。 (ばく)
2016-10-23 11:34:40
オフェアリスガーデンさん、記事転載していただきありがとうございます。

こちらこそ、お世話になっております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。