ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



恋愛に敗れた人。受験に落ちた人。仕事で失敗して降格になってしまった人・・・。人生の戦いに敗れてしまって、どうしたらいいのか分からない人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『大悟の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 知恵を尽くしても勝てず、敗れ去ったとき、次に必要なものは何でしょうか。それは勇気です。どのような勇気であるかといえば、自分を許す勇気です。
 「自分はだめなのだ。こんな人間はだめなのだ」と、自分を責める思いもあるでしょうが、自分を許す勇気も必要です。「自分なりによくがんばった。力の限りを尽くした。しかし、力及ばなかった。これについては、しかたがない」と、自分を許す力、自分を許す勇気が必要なのです。
(114~115ページ)

そう。自分を許す勇気を持とう。自分を許す力を持とう。そして、他人をも許す勇気を持とう。

人生は一冊の問題集」。失敗した事件も、今世の大事な問題の一つなんだし、これを解いてみたのは、今世の大事な経験なのだからって、ね。 
 



『大悟の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




お金持ちが神の国に入るのは、らくだが針の穴を通るよりも難しい、なんて言葉を聞いて、「そうだそうだ、だから私は貧乏なのよね」、なーんて考えてる人、いたりいませんか? 心が清いと、貧乏じゃなきゃいけないんでしょうか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『人を愛し、人を生かし、人を許せ。』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 宗教的なものを求める人には、この経済的感覚でつまずく人が多いのです。
 精神的に貧乏性になっていると、現実にも貧乏になっていきます。心の世界で貧乏になっていると、それが現実になるのです。(中略)
 「真理経済学」においては、「人の役に立つことをすれば評価される」ということになっています。お金は交換価値を持っており、人の役に立つことをすれば、その対価として与えられるようになっているのです。
 お金があまり入ってこない場合には、役に立たないことをやっているか、自分の“趣味”でやっていることになるので、真に人の役に立つことを考えればよいのです。お金もうけではなく、世の中の役に立つことを考えるのです。
 役に立つ仕事やサービスを提供していれば、お金は自然に集まってくるようになっています。お金が集まらないのは、たぶん人の役に立っていないのです。
(111~115ページ)

そうかあ。あの松下幸之助には、電器製品で世の中のお役にたとうという「水道哲学」なんて考え方があって、松下電器は大発展したんだなあと、改めて気がつきます。

会社創業とか起業なんて大きな話じゃなくっても、私たちも、今いる場所で、役に立つ仕事やサービスを提供していれば、だんだんうまく行くんだよ、ってことなんですよね。 
 



『人を愛し、人を生かし、人を許せ。』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私って、こんなに働いてるのに、なんでうちの旦那はぜんぜん評価してくれないの? こんなに美しく着飾ってかわいくしてるのに、なんで彼はほめてもらえないの? なんて思ってる人、いませんか? それでケンカしちゃって、今日は運勢が悪い日だわ。なーんてことになってませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

「足りないところだけを見て、それを求めつづけた場合、幸福になれる人間はいないのだ」ということを、まず悟らなくてはいけません。(中略)
 人間関係を良好にし、幸福な方向に導くには、一円のお金も要らないし、汗水垂らして努力する必要もないのです。必要なのは、心の態度を変えること、そして、具体的な、ささやかな好意を示してあげることです。それが大事です。
(153~159ページ

だんなさまが会社で頑張ってることを、ちょっとだけほめてあげたらいいのに。彼とは、マンネリかもしれないけど、でも、ちょっとだけ、いいところを見つけてほめてあげたらいいのに。ささやかなプレゼントなんて、選んでみませんか?

そうすれば、星占いなんて気にせずに、幸福な毎日が、簡単にあなたにやってくるのです。

 



『幸福の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんで他人と比べられなくてはならないの? 自分は自分なのに。なんで他人にいろいろ言われなきゃいけないの。人間関係って、ややこしいな。あーあ。・・・なーんてこと、思ったりすること、ありませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『愛の原点』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 他の人が存在することのありがたさを、みなさんは考えてみたことがあるでしょうか。(中略)
 他人の存在は、それ自体が、幸福を生むための一つの源泉となっているのです。人間は、自分一人のみがロビンソン・クルーソーのように生きていたとしても、そこに真なる幸福を感じ取ることはできないのです。
 他の人々の言葉、他の人々の視線、他の人々の態度、そうしたものがあるということが、自分の生きがいに、自分の幸福に、どれほど貢献しているか、どれほど影響を与えているかということを、みなさんは知らなくてはならないのです。
(45~46ページ)

ロビンソン・クルーソーというのは、無人島で、天涯孤独で、ただ一人だけ。話そうと思えば話す機会がいくらでもある「都会の孤独」とは違って、ほんとに人は誰もいなくて(あ、でも正確には、従僕になった現地住民が出てきましたっけ)、携帯なんてのもなくって。

そんな生活なんて、考えただけで、勘弁かんべん、じゃないかなあ。

他の人がいてくれることのありがたさって、人生のありがたさを考えることでもあるんだろうな。これを機会に、自分も考え直してみよう。
 



『愛の原点』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




つらいことがあった人、悲しいことがあった人、いませんか? そんなとき、いったいどうすればいいのでしょうか。

幸福の科学の大川隆法先生は、『成功の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 つらいとき、悲しいときに、人間は、どうしても悲観的な言葉を出しやすいものです。そういう言葉が口をついて出るようになります。しかし、ここに大きな落とし穴があるということを、みなさんは知らねばならないのです。(中略)
 むしろ、つらいとき、悲しいときにこそ、積極的な、力強い言葉を出していくことが大切です。その言葉によって、暗い感情を一気に断ち切ってしまうことです。
 これは、人生の成功にとって、実は、いちばん大切な方法の一つでもあると思うのです。
 成功者は、常に積極的な言葉を口に出しています。成功者は、常に建設的な言葉を口に出しています。成功者は、常に明るい言葉を口に出しています。なぜなら、言葉というものは一つの牽引車でもあるからです。
(93~97ページ)

そうだよなあ、と思います。天気がよければ、「今日はいい日だ」と。ごはんがおいしければ、「ごはん、とってもおいしかった」と。友だちにいいことがあったら、「よかったね、おめでとう!」と。

積極的で、建設的で、明るい言葉を、口に出すようにしてみれば、つらいこと、悲しいことが、いつの間にか過ぎ去って行っているのに、気がつくんですよね。 
 



『成功の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




アニメ映画「君の名は。」って、8月公開なのにまだ今も上映してて、海外でも評判を呼んでて、とにかくものすごい大ヒットだよね。新海誠監督って、どうなのよ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『映画「君の名は。」メガヒットの秘密 新海誠監督のクリエイティブの源泉に迫る』(幸福の科学出版)のあとがきで、次のように述べておられます。

 実際の風景よりも、アニメ映画の絵のほうが美しい、といわれるのは、監督としてどういう気分だろう。
 単に絵が美しいだけではなく、詩感覚が心の琴線をかき乱さずにはおれないのだろう。時代はまた、純愛ブームに戻っていくのかなあという想いがフツフツと湧いてくる。
 新しく、日本映画の可能性を考えさせてくれた点で、新海さんには感謝している。
 また、当会で新海監督の守護霊霊言を収録し、内部で上映した際、「新海監督と大川隆法の魂が入れ替った?」とかのネット情報が、映画をなぞるように流れたことを、面白がって下さったという話を伝え聞いて、結構、大物なのではないかと思った。
 時折、アドバイスを頂けるような、良好な関係が築けるとうれしいと考えている。
(192~193ページ)

新しく、日本映画の可能性を考えさせてくれた点で、新海さんには感謝している──。

アニメ映画「君の名は。」で一躍、時の人になった感がある、あの新海誠監督の守護霊霊言が、ついに活字化されて刊行されました。

大川隆法先生がここで触れておられるのは、幸福の科学の公式サイトでこの霊言情報が公開された直後の10月27日、ちょっと面白くいじったツィート(書き込み)をした人がいて、監督本人がそれをリツィートしたことがけっこう話題を呼んだことを指しておられるんだと思います。

本書に登場する新海監督の守護霊の個性は、テレビなどで見かける新海監督とほとんど同じように感じます。ちょっと素朴だけど、優しくて、美的感覚にあふれていて、ほんとに魅力的な方ではないでしょうか。

自分の作品が予想をはるかに超えて大ヒットしてしまったことで感じている本音の部分を率直に語ったり、他のメディアで本人自身が語ることはおそらくないだろう、創作の秘密の部分まで語っておられるのも、守護霊による公開霊言ならではだと思います。

とにかく、新海ワールドのファンにとってはもちろんのこと、クリエイティブな世界に興味関心がある方、必読必携の文献の一つであると私は思うのです。
 

『映画「君の名は。」メガヒットの秘密 新海誠監督のクリエイティブの源泉に迫る』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まだ相手がいないんだけど、自分には結婚を約束してきた人っているのかな? なんて、よく聞く質問です。また、こんな相手と結婚しちゃったのは、何かの間違いだったんじゃないかとか、考えている人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『限りなく優しくあれ』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 夫婦には深い縁があります。よく「三世の縁」と言われますが、魂の真実を知ったならば、「夫婦は深いところで結ばれている」ということが分かるでしょう。
 「偶然にこの世に生まれ、偶然に結婚し、偶然に子供をもうけ、偶然に数十年の人生を歩む」ということは、ありえないことです。「何千万人もの相手のなかから唯一の人を選ぶ」ということは、偶然ではありえないことなのです。
 「人類の大多数は数百年おきに転生している」という事実を知れば、自分が伴侶として選ぶ人は、過去の幾転生のなかでも伴侶だった相手である場合が多いことが分かるはずです。
 それは当然のことです。今世、生を受けて生きていくにあたって、「過去、うまくいった人、うまの合った人と、また家庭を持とう」と思うことは、ごくごく自然な感情でしょう。
(222~223ページ)

やっぱり、「赤い糸の伝説」っていうのは、ホントだったんですね! 

 



『限りなく優しくあれ』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




UFOを見たことって、あります? 見たことない人は、UFOってほんとにいるのかなあ、宇宙人なんているのかなあって疑問、持ってるのが普通ですよね。

幸福の科学の大川隆法先生は、『神秘の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 近代では、UFOがかなり目撃されています。UFOは、昔から来てはいたのですが、特に近代になってから数多く目撃されるようになりました。それは、地球の人間が空を飛ぶようになってから、空や宇宙に対する一定の視点、見方ができ、昔であれば神話的にしか捉えられなかったものが、現実のものとして捉えられるようになってきたからです。(中略)
 いろいろ伝えられているように、UFOの現われ方や動き方は、まるで幽霊のようであり、物質化したり消えたりします。(中略)
 実は、異星人たちは霊界ルートを知っており、霊界ルートを使って、あの世とこの世を行ったり来たりできるのです。彼らの科学技術はそのレベルまで進んでいるわけです。(中略)
 地球には何種類もの異星人が来ていて、現実に出入りしています。
 ただ、日本では、霊界についての情報が少ないのと同じように、異星人関係の情報も非常に少ないのです。そういうものを疑うことが正義であり真理であると思われているので、“情報鎖国”をされていて、情報がきちんと入ってこないのです。(中略)
 科学技術の差からすれば、異星人に、やりたい放題のことをやられる可能性があるので、心配かもしれません。ただ、宇宙には、地球の国連と同じように、もう一つ別の意思決定機関があり、きちんとした約束事があるので、異星人たちも一定以上はできないようになっています。(中略)
 異星人が一方的に地球の人類をすべて滅ぼすような状況にはないのです。
(262~282ページ)

幸福の科学というのは、心の教えを説く宗教なんだけど、「オカルティズム」に対しても一定の見識を持っている、というあたりは、もっと多くのみなさんに知っていてほしいですね。

『神秘の法』という本は、「この世とあの世を貫く秘密」が解きあかされた、凄い本、なのです。
 



『神秘の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんで自分がこんな非難とか中傷とか受けるの、って思ったことありませんか。こんなに頑張ってるのに、間違ってないはずなのに、こんなおかしなこと言われて、自分はどう受け止めて、これからやっていけばいいのか分からない。そう悩んでる人、いたりしませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福への方法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 たとえば、よく勉強ができ、よく仕事もできる優秀な女性が、男性から厳しいことを言われたとしても、たいていの場合、嫉妬であることが多いのです。それをまともに受け取ってはいけません。「これは嫉妬の言葉だ」と理解して、通り過ぎさせていくのが、いちばんいいのです。
 もちろん、男性の場合も同じです。
 世の中では、非難や批判、中傷が集まってくるときには、成功している場合が非常に多いということを知ってください。学力においても、この世的な仕事においても、人生観においても、みなさんが急速に成長しているとき、魂的に伸びているときには、非難や中傷が集まりやすいものなのです。
(70~71ページ)

勇気が出る教えですねー。
嫉妬の言葉は、黙って通り過ぎさせていくこと。
こう書いていて、ちょっと自分も元気が出てきた気がしています。



『幸福への方法』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の記事を読んでくれた人、じゃ、守護霊のアドバイスをガンガン受けたいけど、どうしたらいいのよ。・・・という疑問って、わきませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『常勝の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 各人には、守護霊という存在が必ず付いています。さらに、職業が専門分化してくると、その職業にふさわしい、いちだんと格の高い指導霊が付くこともあります。天上界には数限りない指導霊たちがいて、地上の人が、それなりの立場に立つようになると、その人に合った霊人たちの指導が始まるのです。やはり、こうした指導を受けるべきです。そうすると、非常に素晴らしい結果が出てきます。
 これについては、努力していくと、「援助を受けている」ということが、ある程度、自覚的に分かるようになってきます。
 この守護・指導霊の力を受けるためには、いつも虚心坦懐でなければいけません。私心というものをなくし、謙虚に、「仏神の力をこの世において体現しよう」という気持ちを持っていれば、しだいに、あの世からの指導のパワーが倍加していきます。
(41~42ページ)

必ずいてくれる守護霊だけじゃなく、指導霊って存在もいて、自分を応援してくれている。とても素晴らしいことですよね。

天上界(要は「あの世」ですよね)って世界が実際にあって、この世の私たちにアドバイスをくれたり、応援してくれてたりっていうのが、ホントなんだとしたら。

死んだらすべて終わりって考え方よりも、絶対、そっちの方がいいと思うけどな。 

 



『常勝の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




いつかすてきな男性にめぐりあえると思って、待っていても、ちっともチャンスがやって来ない。そんな人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福のつかみ方』(幸福の科学出版)で、最初に大人の智慧として、こう教えておられます。

 すてきな男性とめぐりあう方法は、あなた自身がすてきな女性になっていることです。…
 すなわち、あなたのもっておられる美点のなかで、いちばん自信があるところを最高度に引き出し、そして自信のないところ、すなわち欠点とも短所ともいわれるところをできるだけ抑える工夫をするということです。…
 男性には、狩猟本能というものがあり、追いかけられるよりは、追いかけるほうが好きなのだという事実に気づいてほしいのです。
(10~12ページ)

そして、スピリチュアルな方面からも、こうアドバイスされます。

 人間には一人ひとりに、それぞれ「守護霊」という存在がついています。
 この守護霊とは、霊界に住むあなたの魂の兄弟姉妹で、男性にも女性にもついています。もちろんその守護霊が勤勉に働いているか、いねむりをしているかは各人さまざまで、一慨には言えませんが、この守護霊という存在は、あなたのいちばん引き寄せたいと思っている男性が、どういう男性であるかをじつによく知っているのです。
 ですから、この守護霊によくよくお願いしておけば、あなたの目に見えない世界で相手の男性の守護霊を探り当て、どうにかしてふたりが出会えるようなチャンスをつくってくれます。そのチャンスを素直に受取り、受け入れることです。そのときに、へんに自我の心を出してチャンスを逃さずに、みごとに守護霊のアドバイスを受け取ることが大事だと思います。
(12~13ページ)

これまで知らなかっただけで、実は、幸福のつかみ方って、とても簡単なのかもしれない。そう思ってしまうのは、私だけでしょうか。
 



『幸福のつかみ方』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカのトランプ新大統領もすごいけど、フィリピンのドゥテルテ大統領って、ほんとにものすごいよね。それこそ、暴言王だし、法律なんか無視して統治したりしてるみたいだし。この人、どうなのよ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊メッセージ』(幸福の科学出版)の序文(Preface)で、こう教えておられます。

 最近来日されたフィリピンのドゥテルテ大統領がどういう人なのか。日本政府も、マスコミも、国際政治学者もさっぱり分からないらしい。ドゥテルテ氏の本心が分からなければ、日本も安全保障上のしっかりとした方針が出せず、アメリカ政府の顔色をうかがってばかり、といったことになりかねない。
 本書のドゥテルテ大統領の守護霊メッセージは、同時に彼の霊査(スピリチュアル・リーディング)もかねているので、“結論”がきわめて透明度の高いものとなっている。どうやら外見上、恐そうなこの方の本心は、“日本の武士精神”のようである。彼の言動だけで先入観を持ちすぎず、日本国としては、フィリピン政府は信じられる、という態度をピシッと決めたらよいだろう。
 日本の真なる独立をも願っている、真なる愛国者の姿を発見して驚くのは、読者の楽しみとして期待してもらうこととしよう。
(2ページ)

本書は、本年10月29日に収録された、フィリピンのドゥテルテ大統領の守護霊に対する英語インタビュー(「公開霊言」)の対訳本です。左ページには英語、右ページにその日本語訳が並べて掲載されています。

ただ、他の霊言の対訳本とかなり違うのは、なんと最初はちょっとたどたどしい感じの英語で話していた守護霊が、対話の途中で突然、流暢な日本語をしゃべりだして、それ以降は、日本語の対話部分の英訳がつけられた形になっているところです。

要は、ドゥテルテ大統領の守護霊は、日本人として生まれていて、「武士(もののふ)の心」を持った、あの有名な軍人だったわけで、もう驚くほかありません。

ドゥテルテ大統領が、訪日の帰路に飛行機の中で聞いた「神のお告げ」の真相とは?

アメリカや中国に対する外交の真意とは?

日本に対するその本心とは?

もう、スクープの連続というほかない本書は、フィリピンという国に興味関心がある方はもちろんのこと、これからのアジア外交を始めとする日本の外交の行く末を知りたい方、必読の文献と言ってもよいのではないかと私は思うのです。

 

『ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊メッセージ』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんだか不幸な人生なのよね。姓名判断とか、星占いとかみても、自分の運勢って、とてもよくないんだけど。こんな人生、運命なのかなあ・・・なーんて悩み持ってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『奇跡の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

「人間というものは、その人が考えるとおりのものである。自分が考えているところのものが、自分自身なのだ。
 あなたは毎日どのようなことを考えているか。あなたがくり返し考えていること、思っていることが、あなた自身なのだ。服装や外見などは関係がない。履歴書を見ても、あなたが何者であるかは分からない。要は、あなたが何を考えているかなのだ。
 人は、その人の思うとおりの人間になる。あなたが考えているところのものが、あなた自身なのだ」(中略)
 未来が肯定的か否定的か、楽観的か悲観的か、幸福であるか不幸であるかは、あなたの「心の種子」によります。
 未来を幸福なものにしようと思うならば、肯定的な種子を心のなかにまき、育てなければいけません。その種子を育てるには、常にくり返し考えることです。
(57~59ページ)

「考え方には人生を変える力がある」ってことです。悪い話ばかり信じて、自分で自分の人生を不幸にしていかないこと。自分で自分の人生は切り開いていくことができるんですよ。

これ、ホントなんですから。
 



『奇跡の法』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




学校の勉強とか、就職とかで、思い悩んでる若い人、いませんか?
これができるって胸を張れることがあるわけじゃないし、社会に出るって、どんなことなんだろう、自分は何者なんだろう、ってね。

幸福の科学の大川隆法先生は、『青春に贈る』(幸福の科学出版)で、「青春の方法」と題して、こう教えられています。

未来への自信は、まだないであろう。
過去と訣別するには、春はまだ浅すぎる。
しかし、無明(むみょう)の薄暗がりの中で、
手探りをしているのは、あなた独りではない。
恥ずかしくて消えてしまいたい日も、
悔しくて、涙が止まらない日もあるであろう。
挫折の中、
砂の如き時間を、噛み締め、
耐え続けることもあるであろう。
しかし、
それが青春。
それも青春。
未来の大鷲にも、
飛べない雛の時代はあるのだ。
(11~13ページ)

自分は、いま、飛べないヨチヨチ歩きの雛(ひな)かもしれない。けれども、未来は大鷲となって、大空を羽ばたいているんじゃないだろうか。

まず、自分の念いを変えるところから、成功するための青春の方法は、はじまっていくんですよね。



『青春に贈る』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




身近な人と、ぎくしゃくしてる人はいませんか? 今まで楽しくお話ししていたし、親しい関係だったはずなのに、なんだか最近、よそよそしい友だち。なんでだろう? どうしたらいいの? なんて、けっこうみんな体験してるんじゃないかな。

幸福の科学の大川隆法先生は、『希望の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 実は、人間関係がぎくしゃくするときには、たいてい、自分が慢心し、高慢になっていて、自分の気持ちが、かなり驕り高ぶっていることが多いのです。そして、自分のなかに、相手の悪いところを見て欠点探しや粗探しをする傾向があります。
(158~159ページ)

・・・と、自分の胸に手をあてて、うーん、そうだなあって思えたら、これはいけない、と素直に反省することが大切ですよね。すると、不思議なことに、自分の心が変わるだけで、あっという間に、また仲のいい友だちに戻れるんですよね。

心って、ほんとうに不思議なものです。
 



『希望の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ