そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ベイマックス

2014-12-23 | 劇場映画れびゅー
アナ雪』で勢いづくディズニー・アニメの最新作、『ベイマックス』を観てきました。
★★★

『アナ雪』の後なのを意識したのか、姉妹の話だったのが兄弟の話に。女子が喜びそうだった話から男子が喜びそうな内容になっています。

舞台は空想上の街サンフランソウキョウで、サンフランシスコと東京をミックスしたような街並みに英語と日本語の看板が同居。
主人公の少年の名前はヒロ・ハマダでアジア系と言うか日系、他の登場人物たちはアメリカらしくあらゆる人種に渡っているものの、日本語と英語が混在。
日本のアニメや漫画においてこういう設定は当たり前に有るけど、ディズニーがやってるってところが感慨深い。
原作はマーベル・スーパーヒーローものなのだそうですが、ラセター率いるディズニーのチームがディズニーらしさとスタジオ・ジブリへのオマージュを込めて、ほぼ別物に作り変えてしまったのだそうです。

オリジナル・コミックスの内容は知りませんが、本作は夢を見つけた天才少年が思いもしない現実にぶち当たり、友人の力を借りながらも困難に立ち向かう話。
その結果、原題の『BIG HERO 6』と言うヒーローチームが出来る訳ですが、日本では全く名前の通っていないコミックスなので、ロボットの名前が邦題に。
字幕版はエンドロールの時に流れるタイトルまで『BAYMAX』に変えられている凝りよう。

公開前にNHKで制作風景が放送されていて、CG技術の高さを推していたので、そこに注目して観ていたのですが、イマジネーションを忠実にCGアニメ表現を使って再現する事に関しては、本作で完成したと言って良いのじゃないかと思えるレベルでした。

ハラハラワクワクはさせてくれるけど、泣ける程では無かったかな。

ピクサーの『Mr.インクレディブル』との差別化が難しいんじゃないかと思っていましたが、全然違う感じで楽しませてくれました。
個人的には『Mr.インクレディブル』の方が好き。



Mr.インクレディブル [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホビット 決戦のゆくえ 3D | トップ | バンクーバーの朝日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベイマックス (心のままに映画の風景)
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。 幼くして両親を亡くし、兄のタダシとともに叔母キャスのもとで育った14歳の天才少年ヒロは、謎の爆発事故でタダシが命を落として以来、すっかり心を閉ざしてしまった...
劇場鑑賞「ベイマックス」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたを、必ず守ります… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412200000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【CDポイント3倍対象商品】ベイマックス オリジナルサウ...価格:2,700円(税込、送料込) 【ベイマ...
ベイマックス/ベイマックスはドラえもん? (MOVIE BOYS)
マーベルコミックスの「BIG HERO 6」を元にして作られたアニメーション。日本人の主人公に架空の都市サンフランソウキョウを舞台としている。敵のボスが歌舞伎の仮面をかぶっていたり、街のいたるところに漢字やカタカナの看板があったりと日本文化とアメリカ文化が融合し...
ベイマックス (Akira's VOICE)
こんにちは。僕はヒロ。ヒーローです。  
『ベイマックス(吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス」□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫 ■鑑賞日 12...
プニプニは心を癒すのね~。(*^_^*)~「ベイマックス・2D字幕版」~ (ペパーミントの魔術師)
むっちゃ突然ですが、ちょい前にものすごい雪がよそで降ったときに(わたしんとこはチラチラ程度でした) Twitterにあがってきた雪だるまの本気に感動してました。 ・・・1時間半もかけてつくったベイマックスのリアリティと根性。(いっしょに写ってるオラフも ちゃ...
ベイマックス(日本語吹替版)  監督/ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児....
『ベイマックス』 期待される日本 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作...
『ベイマックス』(吹替版) (仲間が増えるといいなぁ・・・)
孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの 長編アニメーション。 最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の 天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、アンダーグラ ウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。 ヒロの良き理解....
「ベイマックス」 (或る日の出来事)
日本風味の風景がよかったかな。
ベイマックス (だらだら無気力ブログ!)
まさかの戦隊物だったとは。
映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存...
<ベイマックス> (夢色)
観てきました~ ←違。始まる前に「愛犬とごちそう」っていうショートムービーが流れて、途中までそんなに食べたら太ってしまうよ!ダメだよ!って、なんかバッドエンドになるのかと思ってヒヤヒヤしたでも途中で「くぅ~ん」ってなってるワンちゃんが、飼い主の...
ベイマックス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か....
ベイマックス (miaのmovie★DIARY)
ベイマックス オリジナル・サウンドトラック (初回生産限定)(2014/12/17)V.A.商品詳細を見る 【Big Hero 6】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 深夜、あるラジオ番組で、リスナーからの西洋と東洋の 文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んで い...
「ベイマックス」 ぷにぷに、ふわふわ (はらやんの映画徒然草)
ロボットが人を守るっていうと、その力(パワー)でっていうイメージがありますね。
ベイマックスの愛くるしさよ (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。 14歳の天才児ヒロは兄のタダシを亡くし深い悲しみに沈む そんな時 タダシが開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる 苦しんでいる人々を回復させるケアロボット・ベイマックスの優しさ...
ベイマックス (銀幕大帝α)
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
ベイマックス (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。 アニメ かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を...
ベイマックス (のほほん便り)
シンプルに、とても面白かったです。楽しめました。笑いあり、涙あり、友情あり、なのが素敵。なるほど、第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞も納得です。随所にユーモア満載の活劇で、ベイマックスの愛らしさもグッド。舞台となった、サンフランソウキョウの...
ベイマックス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ 出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュデ...
ベイマックス (Big Hero 6) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち...