ぽんすけ日記

ぽんすけのマイペースな日常

みーすけの高校卒業

2017-03-02 23:00:11 | 日記
今週の火曜(28日)、みーすけの高校で卒業式があって、
みーすけもめでたく高校を卒業した。



登校するみーすけを見送るのも最後。

卒業式には、ワタシも出席しましたが、
寒さに震えながら2時間を過ごしました。
答辞を読んだ女の子の語りがナレーター並みに手慣れた感じで、
全然感動しなかった。(笑)

卒業式後、教室で最後のHRがあって、生徒がひとことずつ皆に挨拶して、
それはちょっとよかったな。

HR後、卒業式のお約束で、クラス皆で写真を撮ったりしてた。
みーすけの友達に、クラス全員の写真を撮る時、カメラを預けられ、
失敗したらどうしようと思いながら、シャッターを切ったのだが、
何枚か撮る時間があったので、なんとかうまく撮れていてよかった。
ワタシのカメラでも何枚か撮れたので、なおよかった。



仲の良かった友達にあげるためにみーすけと作ったマフィン。
久しぶりに作ったので、個数が把握できず、中途半端な個数になったけど。

みーすけは、卒業したけれど
地元で就職するので、ずっと家にいます。

今まで通り、ワタシは、朝起こしたり、弁当を作ったり、見送ったり
する予定です。(汗)



明日は、お雛様ですね。



沈丁花がほころんできましたね。


最近読んだ本。

「1週間で8割捨てる技術」筆子

カナダに住んでいる主婦の筆子さんの片付け術。
内容は、まあ今まで読んできた本の内容とそんなに変わらないです。
お気に入りの物だけ残して、使わない物は手放せ。
不要なものは家に入れるな。
捨てるかどうか悩んだときは捨てろ。などなど。

性懲りもなく、片付け本を読んでいるワタシ。
でも、家は片付かない。(汗)

「ロマンティックあげない」松田青子
翻訳家、小説家の松田さんのエッセイ。

ワタシは洋画も洋楽もあまり見ないので、
よく知らない俳優やアーチストの話も書かれてますが、
割と身近な内容の話もあったりして、面白かったです。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

また雪が積もった。

2017-02-13 22:08:51 | 日記
2月10日(金曜)から降り始めた雪が積もった、どっさりと。
金曜は、一日中雪が降っていて、
ワタシが家の駐車場に帰ったら・・・

主人の車が変なキノコみたいになっていた。
(主人は、変な虫みたい、と言っていた。)
次の日の朝、ワタシの車は・・・

すっかり雪に埋もれていた・・・。
家の前の除雪と車を掘り出すのに、50分くらいかかった。(汗)
毎日除雪しないといけないので、肩も腰も手首も痛い。

家の近所の会館の碑がこけしのようになっていた。
結局ぽんすけ市では、平年の4倍の80cmの積雪を記録したそうな。
近くの温泉地の駅では、JRが運休になって、
温泉客たちが足止めされ、昨日(日曜)まで連泊を余儀なくされたらしい。

ワタシは、9日(木曜)、出張で、新大阪に行ってたのだけれど、
雪が降るのが1日早かったら、ワタシもやばかったかも。
余談ですが、新大阪には、今の仕事になってから、毎年今頃行かないといけないのだけど、
新大阪駅の周りには、貸し会議室とかはいっぱいあるんだけど、
お昼を食べるような場所があまりなかった。
しかし、今回気づいた。
改札を出ずに、駅構内で探せば、食べる所もお土産も結構あるのだ。

というわけで、オムライスを食べた。
自分で作るオムライスと違って、卵が薄くて繊細な感じでよかった。
オムライスがチキンとキノコの二種類から選べて、
エビフライとから揚げとサラダもついてたのもよかった。

みーすけのお土産に買ったたい焼き型アップルパイ。(他にもサツマイモのパイとかもあった。)

あと、アニメイトで買った、「ポムポムじゅっし」のランチトート。
「ポムポムじゅっし」とは、「おそ松さん」と「サンリオキャラ」のコラボ商品の内のひとつで、
「ポムポムプリン」と「十四松」のコラボで、みーすけが今はまってるやつ。
みーすけは、「何これ、めっちゃ可愛い♪」と喜んでいた。(母満足)

雪が降る前に撮った小鳥たち。

カシラダカ。

ツグミ。

ジョウビタキ(メス)。
ジョウビタキがちゃんと撮れたのは、初めて。
できれば、オスも撮りたい。
冬鳥なので、春までに撮れるといいな。
ま、雪がもっと融けないと、写真も撮れないけど。(笑)
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥尽くし ♪ 2017-02

2017-01-30 20:57:53 | ちくちく布小物
先週の雪は、久々に積もった、積もった。

ぽんすけ号もこの通り。
めっちゃ毛の多い犬の顔みたいになってた。
この日、義母をお医者さんに送って行かないといけなかったので、
必死に雪下ろしをして、なんとかクルマを出してました。

タイトルの「鳥尽くし」ですが・・・


ニワトリさんの相方が26日に完成しました~♪

反対側。

晴れて、ペアになりました~♪
バンザ~イ♪

ちょっと前まで、お昼休みのウォーキングコースには、まだ柿の実が残ってました。

ツグミが食べてます。


これが、何の鳥か分からない。


これは、ヤマガラ。


これは、カシラダカたち。(ホオジロの仲間)


これもツグミ。
雪が降って地面が見えてるところが少ないから、水路で餌を探しています。


これ見たことない鳥だなあ。


家に帰ってから調べたら、エナガでした。
フワフワで可愛い鳥です。


イソヒヨドリのオスです。
この子は、すごく人が近づいても逃げませんでした。

最後はやっぱりコウノトリ。

雪の中だと、どこかしら神々しい感じがする。

何かおいしいものがみつかったようです。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の日のぽん散歩&最近読んだ本 ~2017年1月~

2017-01-16 21:19:51 | 本と雑誌
全国的に大寒波がやってきて、ぽんすけ地方にも雪が降りました。

13日から降ったけど、14日の朝の車はこんな感じで、
雪国的にはまだまだ。
気象情報では、大雪警報が出てましたが、除雪しなくても、車を出せる程度の積雪でした。
お昼休みに、ウォーキングしましたが、いつものコースもこの通り。


赤と白のコントラストがきれいなガマズミに積もる雪。

見てるだけだときれいな雪ですが、
この日の帰り道、職場近くの道路で非常に怖い目にあった。
道路に積もった雪に轍(わだち)ができていて、
ちょっと油断して普通に走ってたら、ハンドルをとられ、
対向車線にはみだすほどめっちゃ蛇行した。
マジで完全に事故る、と覚悟決めたけど、
幸い対向車もなく、なんとか元の車線に戻ることができて、本当によかった。
めっちゃ冷汗が出ました。(滝汗)

翌日は休みだったのですが、引き続き大雪警報が出てました。
先日の「ハンドル取られ事件」に懲りたので、今日はでかけないぞ、と思ってましたが、
隣の家の屋根のつららを見て、いろんなつららを見に行こう、と酔狂なことを考えて、
雪の日のぽん散歩に出発しました。


鴨がいました。カルガモかな?

雪の神社。

赤い鳥居がキレイ。

いつもの土手も雪が積もってるけど、道が開いてる。
中学生の通学路になってるからかな。

山も真っ白。
雪の中、土手でそり遊びをする親子に遭遇したのですが、
親子の連れてるワンコが面白かった。
飼い主さんに撮影許可をもらったので、パチリ。

トイプードルのルルちゃん(もうすぐ2歳らしい)の足についてる雪がすごい。

小さな雪玉になっているんですよ。
雪玉が気になるルルちゃんは、雪玉を食べてました。
最近の雪は、PM2.5とか混じってるらしいから、食べたらお腹壊すよ~。

もう1匹のバニラちゃん(6か月)も人懐っこくて可愛い。

踊ってる?サービスですか?(笑)
久しぶりにワンコと戯れることができて、楽しかったです♪
飼い主さんありがとうございました♪

あ、つらら探しの旅でした。

交番にもつらら。

びっしりつらら。


冬の小鳥って、丸っこくて可愛い♪
これは、ツグミかな。

この前見たイソヒヨドリも丸かった。

完全防備で歩いていたので、すごい寒風吹きすさぶ中だったけど、(特に土手)
そんなに寒くなかったです。
雪の日の散歩もまたよいものです。(笑)
また機会があれば、行こうと思います。(酔狂なワタシ)

そして、今朝(16日)。
洗濯物を干すとき、物干し場から見た風景。

隣の屋根が雪山の連なりのようできれいだった。
この後、また吹雪きました。(笑)
何度も何度も吹雪きました。(笑)
一日中吹雪いたり、やんだり、時々日が差したり、の忙しい天気でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近読んだ本。

「まことの華姫」畠中恵
お江戸は両国の見世物小屋で話題の出し物は、芸人月草が操る麗しき姫様人形のお華。
今で言う腹話術で、人形の華姫が語るは、真実の話、ともっぱらの噂。
両国の地回りの親分の娘は、華姫にどうしても尋ねたい事があった。


「おべんとうの人」阿部了
NHKの「サラメシ」をご覧の方はご存知でしょう。
フォトグラファーの阿部了さんの「お弁当を見に行く」。
ワタシ、このコーナー大好きでよく見ているのですが、
お弁当と、そのお弁当の持ち主さんのお話。
いろいろなお弁当と人が載っていて楽しい本です。

「和布の針仕事 私の毎日使いたいバッグとポーチ」岡崎光子
和布を使ったパッチワーク作品集。
表紙の四角つなぎに丸アップリケのバッグが可愛いです。
持ち手は酒袋です。
こんな素敵な和布は持ってないので、真似できませんが・・。


「木もれ日を縫う」谷瑞恵

今回のイチオシ。
今日読み終わったばかりです。(笑)

小峰紬は、ファッションメーカーに勤めるOL。
地方出身の彼女は、常にファッショナブルな都会的な女性を目指して日々努力をしている。
同じスカーフを嫌いな同僚がしていた、と言う理由で、
5万もしたスカーフを捨て、新しいスカーフを下ろす。
そんな彼女のもとに、一人の青年が紬の母だという女性を連れてくる。
紬の母は、2年前突然消息を絶っていた。
山姥になって山に入っていたと言う、その女性は、
紬の知っていたはずの母と確かに似ているのだが、どこか違和感を感じるのであった。

セレブな暮らしを手に入れた長女絹代、男勝りな次女麻弥、そして、三女の紬の三姉妹は、
突然現れた母だという女性に戸惑いを覚えつつも、次第に母だと信じ始めるのだが・・・。

小さなハギレがつながって大きなパッチワークになるように、
山姥とパッチワークと女たちの人生が描かれてます。

縫う人も縫わない人もぜひお読みくださいませ。

以上、長々とお付き合いくださって、ありがとうございました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます♪ ~2017年 2017-01

2017-01-07 00:02:54 | ちくちく布小物
明けてもう7日目ですが、明けましておめでとうございます♪
本年も宜しくお願い致します。


新年第1回目は、記念すべき今年第1作目の作品ですよ♪

う~ん、ちゃんとした作品って、いつ以来だ?と本人も忘れるほど、
縫ってませんでしたが、年末から、ちまちま作ってました。

キルトジャパン1月号に載ってた、ニワトリのぬいぐるみ。

反対側。
羽の部分は、小さいヘキサゴンをつないでます。
ヘキサゴンを縫うの苦手なので、ここで、心折れそうになり、止まってましたが、
なんとか、壁を乗り越えて、羽ができました。
本体を縫い合わせたら、後はトントンとできたので、
小正月までにできたら、と思ってましたが、一気に完成となりました。


ちなみに、キルトジャパンの見本はこんなのです。
本当は、画像のように、2羽作って、対にしたかったんですけどね。(汗)
たぶん、羽のヘキサゴンを省略すれば、もう少し完成が早いはずなんだけどな。
ヘキサゴン省略バージョンで作ってみようかな。

そもそも、図書館で借りた本で、最新号なのでコピーしたらダメ、というルールを順守して、
すごくテキトーに、型紙を写したので、ヘキサゴンが変形してた、というミステイクもあり、
よくつながったな、と我ながら思った羽なのでした。

今年は、23550655年越しをご一緒にスペシャルで、たなくじをやりました。

「何をやっても大吉」でした。やったー!


神社のおみくじは、「中吉」でした。
みーすけは、「小吉」で、ちょっと拗ねてました。


うちの近所のイソヒヨドリ(♂)です。

今年は酉年ですが、バタバタするだけで終わらないよう、頑張りたいです。
特に、パッチワークに力を入れたいと思ってます。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加