handmadeのある暮らし

PWと日々の雑記帳。充実した毎日を送るべく日々邁進♪
山形市内公民館で講習会開催中。最新情報はTwitterで♪

My Favorite Sampler Quilt(10)

2016-05-25 | My Favorite Sampler

 講習会のメンバーさんたちと一緒に進めているサンプラー企画「My Favorite Sampler Quilt」

 パターンの配布を先日の月曜クラスで終了しました。メンバーさんそれぞれ自由に作ってくださっています。

 先日blueroseもようやく1枚のTOPに仕上げました。私の「My Favorite Sampler Quilt」完成ですsizeは76.5cm四方。配布したパターン20枚すべて使って配置しました。


                 

 当初から淡い色合いで…と考えていたこのサンプラー。どんな場所にもなじむように…と思って作っておりました。

 イメージは「朝の花園」

 いつもの配色よりずいぶん淡くなったので試行錯誤何とかまとまりました。 使っているボーダー布はYUWAのセカンドラインコレクションの1枚。ラティスもYUWAのドッド柄です。ボーダーやラティスも含め、すべて在庫の布で賄ってます。なんとかなるものだわね

 サンプラーと一口に言っても、配置をただ並べればいい、というものではないですね。色合いパターンの形分割…色合いをできるだけばらして…と思い配置したつもりですが、こうしてみるとちょっと単純なパターン同士が固まってしまった感があります・・・難しい…

 四隅のパターンは、四方に広がり感のある複雑なパターンを置いてみました。

 暑くなる前にキルティングを…と思ってすでにラインは引いてあります。ラインは至ってシンプルですが…

 でも考えてみたらメンバーさん達、TOPの状態で実物を見たいかな次回の講習会までそのままにしておこうと思います。

 出来れば。。。本格的な夏が来る前に、仕上げたいな(サンプラー企画制作経過はこちらから→  )

                       

 蒸し暑い1日になりました。雨が降りそうなそんな空です。じめじめとしてちょっと気分悪いです

 ここ2日ほど山形も30度近い最高気温急に暑くなって本当に体がしんどかった…

 仕事に行かない日は、スポーツジムでランニングしてるんだけど、まあ、汗の出方が半端ない。。。暑い日は本当に室内でも気を付けないと脱水症になってしまいますね。皆様お気を付けくださいね

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

通帳ケース

2016-05-20 | 課題

 教室の課題として作った「通帳ケース」完成しました。(design by Rose *tutu・花音先生)

 サイズは19×13センチ。ファスナーで開閉するタイプのマルチケースです。

 課題と書いたのですが、当初このケースは一緒に習っている生徒さんが直接先生にリクエストしてレシピを出してもらったものだったようです。

 たまたま隣に座っていたblueroseが目ざとくみつけ、「先生私も」と手を挙げた次第。。。せっかくなので課題の一つとして見ていただきながら作りました。

 表地に使っているのは。。。得意の端切れだいぶ前2〜3年前の布が中心でしょうか?四角つなぎなので見た目でポンポンと布を置いて決定

 一番多く使ったベース地のピンクはmodaの「CABBAGES & ROSES」の生地。ミニカットの残り布しかなくて、バイヤスまで作れなかった。。。慌ててバイヤステープ探したわ

 端切ればかりなので、配色はなんとなく、パッとしません。。。代わりに両ピコブレードを付けて華やかにしました。

ファスナーを開けるとこんな風。カード入れがいっぱいあって、使い勝手考えられた作りです。

 このところ先生デザインの小物作品を課題として作っているのですが、(↓のキーケースもですが…)すべてに共通しているのはとにかく仕立てが、しっかりしているということ

 芯を入れる位置とか、裏地の指定とか…細かいことですが、こういうところに手を抜かないことで、ものすごく完成度の高い物になるんだなぁ。。。と改めて感心。とてもいい勉強をさせていただいてます

 ところであまり考えないで作っていたので、ちょっと失敗な部分がそれはケースの角の丸み。。。

 カーブになっている角の丸みですが、適当に手元にあるものでラインを引いたので、実際形になってから、カードを入れてみたら・・・入らないじゃないですかカーブつけすぎたわね。。。

 先生にも、「あら〜」と笑われました他の皆さんは、ここチェックしてくださいね〜

 それでも、カードポケットは十分な数があるので何とかなりそうです。

 今まで使っていたポーチ式のケース。。。そろそろくたびれてきたので、提出も終わったことだし、早速こちらに変えようかな

              

 今日も暑い一日でした。バイト先の周囲も田植えが始まり、いよいよ夏に突入

 暑くなると、またまたblueroseも慌ただしくなってきます。そう、魔の6月がやってくる・・・今年は季節が少し早いようで…気持ち焦ります。

 来週から蔵王のペンション村でオープンガーデンが開かれるので、本格的に忙しくなる前に行ってこようと思います 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

端切れでトレー

2016-05-18 | Quilt

 このところ、生地や副資材の在庫を減らすべく、課題と講習会の提案作品以外はできるだけ布を買わずに、手持ちで進めよう、心に決めてます。

 まあ、キルターや手芸好きの方は皆さんそうだと思うのだけど、小さな端切れでさえ捨てられない…たまる一方。。。

 今回はそんな端切れだけを利用して小さな小物入れを作ることに

 参考にしたのは「鷲沢玲子のパッチワークキルト 暮らしを楽しむバックと小物」という本の中の五角形を使ったバックと小物入れです。

 本をお持ちの方は観ていただくとわかるのだけど、五角形のモチーフを作りそれをつないでいくとバスケットのような丸い形になります。

 一番小さなサイズで作り始めたのだけど、思っていた以上に大きい…本の通り作ると結構な存在感になりそう。。。ということで、途中でやめちゃいました。

 五角形のトレー、完成です一辺の長さは5㎝。見た目より大きさのある「お花風トレー」になりました。(そういえばこうの先生のお花のトレーはドレスデンのパターンでしたね〜似ているかな?) 

 キルト芯を挟んでいるので、完成もふんわりした感じ。しっかりしたトレーではないけどちょっとディスプレイするにはぴったり。布だけなので洗えるし、お子さん方が使うにはいいのかも。。。
←私は義母のお部屋に置くお菓子籠の代わりに使おうと思います。落としちゃつたりしても割れる心配も、怪我する心配もなし。ちょうどいい

 小さな作品、しかもはぎれ使いで1日もあれば出来ました。このトレー今度講習会でも小さなお子さんがいる方に提案してみようかな、とおもってます。

                   

 暑い一日になりました。。。周囲の田んぼには水が入り、そろそろ田植えの季節です。お天気が良くて仕事がはかどりそうですね。

 久しぶりに講習会の話題…先日、月曜クラスの講習会がありました。私の都合で平日クラスは2か月お休みをいただいていたのです。皆さん進んでいて。。。焦る焦るメンバーさんの作品を少しだけ紹介していきますね。

 お休みの間にサンプラーパターンを進まれていたのはKさん。。。

 バスケットのパターン。こちらはサイズが20センチ四方。私の作っているサンプラーの倍の大きさがあるので見ごたえあるパターンになりました。いつも優しい色使いのKさんですが、「ぱんかご」のパターンはチェック生地を大胆に使って面白いパターンになったと思います


←こちらはFさんがチャレンジ中の「ファンのタペストリー」のパターン。modaの布を上手に使われていて華やかなパターンになりました。とても縫い目が細かくてびっくり!きれいです〜

 まだ1歳のお子さんがいるFさん。子育ての合間にPWを楽しんでくれたらいいな、と思います。

 

  講習会では随時メンバーを募集しております。

 同じ趣味を持つ方々とおしゃべりしながら手仕事してみませんか?経験のない方でも大丈夫その方のペースにあった作品つくりをご提案いたします。もちろん、作りたいものをご持参してくださっても結構です。

 月曜(午前)クラスと土曜(午後)クラスがございますので、ご都合のよいクラスに参加いただけます。

 興味のある方は左メッセージ欄、またはコメント欄にメルアド明記の上ご連絡ください。どうぞよろしくい願いいたします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キーケース

2016-05-12 | 課題

 随分前に出来ていたのですが・・・お披露目するのを忘れてました。


 お教室の課題で作った三つ折りキーケース、完成ですサイズは14×6㎝。中に金具の付くタイプです。


 先生からは寸法の指定だけをいただいて、TOPの仕様は自由、ただし一部・ふたの部分とか…PWして!という指示を受けました。


 どうしようかな〜と思いつつ…「最低ふたの部分だけは…」という指示を逆手にとって蓋じゃないところを細かくピースワークしております。このパターン、よくこうの先生が使うよね


 ベースはこうの先生オリジナルの麻生地。これは以前作ったチュニックの残り布です。結構な量があるのでこれをメインに〜華やかな布なので、これだけでいい感じ
←TOP全体。結構細かいな


←開いたところ。金具は先生にやってもらったのでピッタリ!このタイプ初めてつけました。手づくり市なんかでも、よく見かけるキーケースですが、こんな風につけるんですねぇ…


 作り方よく見ないで内側の部分ちょっと失敗なんとかできて良かったわ



教室の他のメンバーさんも作っているキーケース。先生のを含め、いろんなデザインを見せて頂きました。作り手の個性がでていて面白く、かつどれも素敵で楽しく見せて頂きました
こういう形ありき、の課題が続きます。頭悩ませながら頑張ります

暑いと言いたくなる1日になりました
ジムで走っていたら汗だくだくです
明日はまだ暑くなると予報です…変な天気だなぁ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

modern elegance(2)

2016-05-10 | Quilt


「すてきにハンドメイド」マンスリーキルト エレガントスタイル5月のパターンが完成しましたsizeは18センチ四方です。
今月はバスケット。先月同様、blueroseカラーで仕上げました。随分テキストとはイメージ違っちゃいましたが、いかがでしょう
基本の簡単なバスケットなんだけど…今回もペーパーライナーを使う、という変則仕様
これが、大変でございました
思いの外面倒…
テキスト通りにやってみたのですが、こんな感じで全てピースを紙に包みます(ペーパーライナー方式なんだから当たり前だね)
バスケットはピースワーク、という思い込みや慣れがあるので、なかなかやりにくかった
ですが、さすがに寸法は狂いがなく、きっちりこういうやり方もあるんだ、という勉強にはなりましたね〜
ペーパーライナーで包む、という事は型紙を作って印を付け、縫い代をとって裁断…という所を一気に出来るのですよね
しかも、なかなかキチンといかない角の部分もとっても綺麗かつスッキリ仕上がりました
前回も感じたのだけど、初心者の方にはこの方式の方が楽に綺麗に出来るような気がします
さて、今回も全て在庫布でございますが…なんとかなるもんだわねちょっと青すぎたかな、と思うところもあるんだけど…
この調子で行きたいと思います
Twitterやins見てると、作られている方見かけるようになりました皆で頑張りましょう

今日は雨の1日…思い切って残っていたリンゴを整理。6個分かな?ジャムにしました
今年もありがたく全て頂きました。もう少しの間、買わずに済みそうです
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

Chou a la creme(Parisienne)

2016-05-08 | お教室

 随分前だったのですが、お菓子教室がありました(先月の事なんだよね。。。)


 メニューはシュークリーム。定番のお菓子ですが、今回はアーモンドをトッピングした「パリジェンヌ」と呼ばれるタイプ。前回の教室でリクエストさせていただいたメニューです。


 本当に久しぶりのシュークリーム。家ではなかなか焼かないからねぇ。。。


 皮がしっかり膨らむかどうかが心配…オーブンを開けて見られないって不安が募ります。。。


 ばりっとした片目のシュー皮ができてほっとしました。形が不ぞろいなのはご愛嬌


 皮さえ焼けてしまえばこっちの物だわね〜とクリームをたっぷり詰め込みました。


 今はいろいろなタイプのシュークリームがあって、好みもそれぞれだけど、私は昔ながらの普通のシュークリームが一番好きです


 コンビニでも手軽に変えるお菓子ですが、手づくりはまた格別ですね。たっぷりの紅茶と〜美味しゅうございました


 


                        


 GWは義母が在宅だったので、あまり遠出もできずにおりましたが、唯一出かけたのが上杉の城下町米沢市。このGW中は有名な川中島合戦が再現されるイベントもある「上杉まつり」が盛大に行われております。


 上杉まつりが終了してから(笑)、今まで行ったことがない「上杉神社」に出かけてきました


 こちらは上杉謙信公をお祀りした神社で、米沢観光では外せないところではないのかしら?


 今人気の大河ドラマでも上杉景勝公が出ておられたけど、少し前の「天地人」(上杉景勝公の家臣・直江兼続が主人公でした)の時のにぎわいはすごかった…という話。(そういえば謙信公や鷹山公の他に兼続とお船の方の像もあったな。。。)


 上杉まつりが終わったといってもかなりの人ですね〜着いた時は時折小雨降る肌寒い天気でした。


 上杉神社と近くの松岬神社を参拝しました。


 ちょうどお昼近かったので、そばの「上杉城史苑」のレストランでランチ。ここまで来たら米沢牛でしょう〜と私は牛重を家族はシチューやカレーなどを。大変美味しゅうございました。


 その後はボランティアガイドの方に聞いた上杉家の菩提寺「林泉寺」と上杉家廟所へ。


 上杉家廟所は歴代当主のお墓があるところです。杉の木立に囲まれ、ひっそりとした厳かな御廟所でした


 林泉寺では本堂でお参りさせていただいた後、丁寧な説明を受けました。越後から米沢に入った経緯からお寺が建立されたいきさつ等々。大変興味深く見せていただきました。


 どちらも大変なにぎわいで〜人気の高さがうかがえました。


 京都からずっと寺社巡りが続いておりますが、なんとなく落ち着きますね〜同じ県内に住んでいながら、全く来たことがなかった場所だけに感慨深いものがありました




今日は朝から爽やか〜お洗濯頑張ろうかな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

庄内刺し子展へ

2016-05-06 | 雑記

 GW初日、4月29日〜5月5日まで行われていた「庄内刺し子展」へ行って来ました。

 会場は山形市にある文翔館昭和レトロな建築様式で国の重要文化財にも指定されている名所です。

 中のホールやお部屋は一般に開放されていて、サークル活動や発表会の会場としても人気の高い場所です。

 さて今回の刺し子展、県内在住で刺し子作家として活躍しておられる小竹貞子先生とその門下の生徒さん方の作品が並びます。小竹先生は刺し子製作・指導の他にも映画や舞台の衣装制作なども手掛けている第一人者でおられます。

 実はこの頃、刺し子に大変興味のあるbluerose。やってみたいな〜なんて軽い気持ちで展示会へ〜ところが入ってすぐ、そんな軽い気持ちはすっとびました。。。芸術品だな、これは

 日本三大刺し子に数えられる庄内刺し子(あとの2つはこぎん刺し(青森・津軽)、南部菱刺し(青森県南部))もともと刺し子は東北の厳しい冬を乗り切るためにきれを接いで、糸で厚みをだし少しでも暖かく…という昔の人の知恵から生まれたのだそうです。

 そう考えるとPWも原点はものを大事にして生活する知恵から生まれたものですよね。手仕事というのはどれも生活の知恵から生まれたのだなと実感します。

 ←こちらが小竹貞子先生。入場してすぐ先生がおられ、快く撮影に応じてくださりました。他の見学者の方と一緒にいろいろと説明をうかがいます。(会場内の作品は刺し子の普及に〜と撮影とネットUPの許可をいただきましたありがたいことです

 バックに飾られているのは映画「座頭市ザ・ラスト」の衣装。倍賞千恵子さんが実際着ていたという衣装が先生のちょうど後ろに飾ってあるものです。(ポスターがありますね〜)

 ←これがすべて手作業って…最初は織り柄だと思ったわ…

 ←こちらは反町隆史さんが実際に着用の衣装。ポスターとデザイン画も飾ってありました。

 壁にかけてある2枚の衣装は同じデザインの物です。が上に飾ってあるものをよく見ると… 

 肩から切り目が入っているのがわかるでしょうか?これは切られた時の撮影用に作ったものだそうです。撮影の順番上、2枚作ることになったという先生のお話をお聞きしました。 すごいもんだ。。。

 

 衣装の他にも沢山の作品が並んでいます。お教室の生徒さんの作品も数多く並んでいました。どれも緻密で繊細な手作業です。小物は実際に使えるものも多かった。

 刺し子=花布巾というイメージがあったので、驚くと同時に繊細な手仕事に感動して会場を後にしました。 いろいろ説明してくださった先生、そして生徒さん方ありがとうございました

                  

 この日は一人でゆっくりと見学に来たので、近くのカフェで早めのランチを。久しぶりに来たな、ここ。。。

 カフェと古本屋さんが一緒になっている「紙月書房」いつもはランチというよりはお茶、が多いかな。お茶とお茶請けのセットがなかなかいいのです。

 カフェの中は書棚がいっぱいあって、古本が並んでます。買うこともできるんだけど、お茶やランチをしながら読むこともできるのです。読書好きにはたまらないお店だわね。入ってくる方もお一人でゆっくり〜という方多いです。

 ということで、私も本を読みながらランチ〜ハヤシライスセットを。

 「紙月」=ペーパームーンだよね。コーヒーのスプーンには「ペーパームーン」の刻印が〜オーナーのこだわりが垣間見えますね(このコーヒーカップ&ソーサーも好きなDANSKの物なんだよね…ここに来るたび欲しい…と思う

                     

 GWも終わりやっと平常に戻りました。このGWは気温の変化が激しく…お疲れモードだったこともあり、久しぶりに風邪をひきました。。。とはいえ、予定はぎっしり。

 お庭仕事を勧めなくちゃいけないし。。。叔母夫妻が来たり、米沢に出かけたり。。。(そのお話はまた今度

 今日は少し、ボッ〜としております皆様もどうぞお気を付けくださいね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行用に〜

2016-05-02 | Quilt

 先日の京都行きもそうだったのですが、この何年かJRのツアーを利用して出かけることが多くなりました。新幹線を利用するのでホテルの手配が楽で便利

 だいぶ前ネットで仲良くしているお友達が、「ツアーのパンフレットやチケット類をすべてすっぽり入れられるポーチ」を作っておられてなるほど〜と関心したbluerose。

 ケースでなくてポーチなるほど〜ケースよりポーチの方が何でも入れられていいな〜と思ったものです。

 今回思い立って作ってみました。 

 リバティの端切れを使って作ったちょっと大きめのポーチですサイズは縦14×横26×マチ1.5cm。A4コピー用紙が三つ折りですっぽり入りサイズに仕上げてます。

 リバティを使ったので高級感?PWっぽくないところがお気に入り。しかも手触りがいいです。

 リバティはC&Sさんのオリジナルが多いかな〜タグもC&Sさんの物です。

 ←ファスナーを開くと片側にポケットを付けました。JRの乗車券がすっきり入るようにしました。

 そういえば裏地に使った生地もC&Sオリジナル海のブロード。パリッとした生地です。これもソーイングの残り布。在庫にこだわって〜

 このポーチには乗車券やチケットの他にツアー申込書やパンフ、旅行用ノート、ペンなど入れてました。バックの中でひとまとめになって重宝でした。

 次に使えるのはいつかしら〜楽しみです。 

 

                  

 GW前半も過ぎました。こちらはどうもお天気に恵まれず…すっきりしないお天気しかも何だか寒の戻り?連日最高気温16〜18度で暖房が離せません

 私もこの連休は暦通りなので、前半はガーデニングにいそしもうと思っていたのですが…雨と寒さで全く進まず。。。予定が狂ってしまいました。

 後半の天気はどうでしょう?

 先ほど予報を見たら明日の最高気温29度

 ・・・・・今の曇空をみるとちょっと信じられないけど・・・

 体がついて行かなくなりそう。。皆様ご自愛くださいませ

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都へ(3)

2016-04-28 | 雑記

 最終日。この日は午後3時頃京都発の新幹線に乗るので、近くを観光することに


 まず向かったのは「東福寺」世界最古かつ日本最大級の伽藍がある臨済宗の大本山。紅葉が有名なお寺ですね。秋のシーズンには参拝するにも並ぶ…なんて話を聞いていました。


 この時期で朝一番に出かけたので人でもあまりなく、ゆっくりと参拝できました。


  圧倒される造りです。そういえば高校の修学旅行で来たかも…思い出したわ…


  東福寺、といえば名勝「本坊庭園」そして「通天橋」ここを見ずして帰れません。ちょうど雑誌?マスコミの取材が入っていたようです。記者さんが何人かおられました。


美しい石組は南庭


こちらは東庭。北斗七星を模したといわれる造りです。


有名な北庭の小市松(そういえばオリンピックのエンブレムの市松模様〜昔からある文様なんですね)美しい…


 通天橋を渡れば開山堂につきます。←開山堂の中のお庭も市松模様。静寂の中心洗われますね。緑がとても深いです。紅葉の時期はこの橋が人でいっぱいになるとのこと。わかる気がしますね。


 駅に戻りもう少し時間があったので、東寺へも行きました。


 地図で見ると近いような気がするんですが…徒歩で15分くらいでしょうか?


 境内が大きな公園のようになっているので観光客以外にも市民の方が散策されています。


 残念ながらこの日は雨…青空ならもっときれいに撮れたのかな…残念です。


 こうして京都観光を終え、一路山形へ〜バタバタの(相変わらず)道中でしたが、大変思いで深い旅になりました 

ところで、京都には手作り好きには見逃せないお店が沢山ございまして…「○ヴリル」さんや「○INNET」さん、「○トコバコ」さん…PWショップも有名先生のお店があるので、時間があればそちらにも行きたい…なんて思っていたのです。。。


 が、そんな余裕は全くなく…(今度来るときはお店周りの為に1日多く滞在したいわっ


 唯一行けたのが「三條本家みすや針」さん→


 商店街のにぎわいの中、細い路地を通ると信じられないような空間がそこにありましたこの日本庭園の奥にあるのが店舗。行く前にネットで調べていたのですが、そうでなかったら入口見逃したと思う。。。


 店内には数多くの針がずらり〜裁縫道具も素敵なものが多くてどれも欲しくなってしまう。気さくなご主人とお話ししながら、針を選ぶのが楽しくて、時間を忘れてしまいそうです。


 どちらも飾り待ち針。


 一つ一つ手作業と言うこの待ち針はどれ一つとして同じものはないんですね。ワンちゃんの表情も全部違うの。虫眼鏡片手にどれがいいか迷ってしまいます。


 ←さんざん迷って、自分用にはこちらの針を購入。飾り待ち針は「バラ」PW用ももちろんだけど、刺し子用の針も買ってみました。持っているだけで腕が上がった気がします


 京都はやはりいいですね〜世界一の観光地だと思います。またいつかぜひ来たいな


    (長々とお付き合いいただきありがとうございました


                      


 明日からGWの長期連休という方も多いかな〜残念ながらこちらは雨になりました。。。お出かけの方も多いかしら?


 九州も雨とか…ひどいことにならないことを祈ります。


 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の京都へ(2)

2016-04-27 | 雑記

伏見より1度京都駅前に戻り、今度は金閣寺方面へ向かいます。

 京都市内は市バスが均一区間1日乗車券というお得なパスがあって、それが500円で乗り放題!均一区間は市内の観光地ほぼ網羅しているのでこれを活用しました。午前中の伏見行もこちらを利用しています。

 金閣寺・・・前回京都に来た時は修復中?だったのか拝観不可で、戻った覚えのある思い入れのある場所。今回は絶対行きたいと思っていたところの一つです。

 世界遺産に登録され、その美しさを一目見ようと外国の方がとっても多い印象ですね。バスもギュウギュウ詰でした

 新緑美しい参道。休日なので修学旅行生はいなかったから、空いているほうだそうです。

 まるで絵葉書のように美しい金閣寺↑美しいですね。池の周りをぐるっと回りながら散策します。

 境内ではお抹茶をいただけるところなどもあり、観光客でにぎわってました。

 この日は見ての通り大変お天気がよく、金閣寺を回って帰るころには汗だくだく…少し休憩しようか、と金閣寺前の甘味処で休憩。←京都といえば抹茶。。。抹茶パフェとアイスティをいただきました。冷たくて甘くて美味しい甘いものはやっぱりいいですね

 休憩後またまたバスで今度は「清水寺」へ

 清水寺は主人が行きたいといっていたのでコース入りしたのですが、朝早くから夕方遅くまで拝観できるということで最終コースになってしまいました。

 5時近くだったにもかかわらず、ものすごい人ですね〜

 足がクタクタだったので石段を上るのが結構つらかった…

 夕日に映える「清水の舞台」晴れた日中もいいけど夕日もまた良し〜

 ←音羽の滝付近から舞台を見上げると高さがわかりますね〜

 歩いた歩いた…この日の歩数23000歩…こんなに歩いたことないわ(汗)

 この日は利便性を考えて駅そばのホテルに宿泊さすが一流ホテル海外のお客様がとても多く、ロビーは多国籍の言葉が…ホテルの従業員の方すごいです。

 夜の京都駅には展望スペースができたということで、そちらにも行ってみました。大空広場とつけられた屋上から京都市内が一望できます。夜なのにすごい人です。そこから見た京都タワー。こちらも美しい…

 屋上に行く途中の大階段にはこんなイルミネーションも話題の嵯峨野トロッコ列車ですね〜

 夜の京都もまた素敵です(新緑の京都(3)に続く・・・)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加