handmadeのある暮らし

PWと日々の雑記帳。手作りで暮しに豊かさを~
PW講習会メンバー募集中♪(月or金曜午前…2,3名 土曜午後…若干名)

今日のお買い物

2017年02月20日 | お買い物

昨年発売された本、遠藤亜希子先生著「ボンジュール!バックと小物の素敵なアイディア」が届いました

地元書店では探せなくて、結局ネット書店で購入遠藤先生お得意のエスプリのきいたおしゃれな小物いっぱいの本です。

ずっと某ハンドメイド雑誌に連載したものを1冊にした本みたい。掲載の作品は殆どがミシンキルトの作品で、How toもかなり詳しくかいてありました。もちろん、ハンドキルトでも作れるものばかりです

遠藤先生は大好きな作家さんなので、HPもよくチェックしているんだけど、キルトフェスティバルではミシンメーカーさんでこちらの本のデザインをWSされていたようでした。

まあ、それにしても…ミシンキルトでここまで出来るのか…驚く事ばかり

私はミシンキルトは全くやらないので、解説を見ながら、はぁ〜ほぉ〜と声を上げる事が多かった凄いもんだ

可愛い図案や作品が多いので、利用したいとおもってます

先週、2ヶ月ぶりに仙台のお教室へ。冬場はどうも交通事情もあり、コンスタントに通えないのが難点ですね

先生方はじめ、生徒さん達にも久しぶりにお会いできて、楽しい時間を過ごさせて頂きました

ネットのお友達でも話題の、こうの先生のカラーパレット新柄やケイトの新柄が出てたので、それを実際見るのも今回の楽しみの一つでした


カラーパレット新柄はドームでも見たんだけど…どうも私的にパッとしない…ベースの色に惹かれた2枚だけカットクロスでお買い上げ

ケイトの新柄も色味の珍しいグレー系の小花柄をチョイス

ブルーのドット+蕾柄は昨年でたカラーパレットですが、これから作る作品用に

このところ、布類の材料購入を極力控えてるので、最小限ですこれで、と言われそうだけどね

いずれにしても新しい布を見て色々と考えるのは楽しいものです使わなきゃね


2月も後半…昨日は雪の朝でした。雪が降るとやっぱり寒いですね〜
体調がまだ今ひとつのbluerose…春が待ち遠いです
お友達の皆様もご自愛下さいね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチジクとピスタチオのケーキ

2017年02月16日 | お教室

 今月のお菓子教室はチョコレートケーキ。大人っぽいチョコレートパウンド。フィリングにはイチジクとピスタチオがたっぷり入ってます

 イチジクのプチプチとした食感は食欲をそそりますよね~大好きです。

 チョコレートをバターケーキで…というと結構重くなりがちなんだけど、このケーキはそれほど重さを感じません。。。卵とBPでふっくらさせているからでしょうか?

 持ち帰りで作ったケーキは先生からお借りした細長いパウンド型に作りました。これで普通のパウンド型約半分の分量fだそうです。

 形が違うとちょっと違うケーキみたいですね。
←上にイチジクやクルミ、ナッツ類を飾って…大人っぽいケーキになりました

                

 先日はバレンタインディでしたね。我が家は何事もなく~職場でもそういう行事はやめましょう、と暗黙の了解で何もなくしました。主人の会社もご同様だそうです。

 我が家は↑のケーキで一足先のバレンタインディでした。

 TVでもここ1週間は手作りチョコのレシピを紹介したり有名チョコラティエが出演していたり…この時期のチョコレート消費はどんだけなんだろう・・・と思います。それでも高級チョコレート、さすがにおいしいです

 今年は買い物にも行かずしまいだったのでTVを見て満足するとしましょう

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ナチュラルなポーチ

2017年02月14日 | Quilt

  大分前に出来ていたポーチ。遠藤亜希子先生著「パリ色のかわいいキルト」掲載のポーチが完成しました


麻生地とリバティを組み合わせたシンプルなポーチです

本のオリジナルは茶系だったのだけど、リバティはグリーン系にしました。爽やかな雰囲気になったと思います

このポーチはいつもお世話になってるお友達にプレゼントしました

彼女の御宅ではさくらんぼを作っているのでぴったりな図案だったわ

先日久々に一緒にランチに出かけたので、その時お渡し活用してくれるといいな

これ、出来たばかりの時insに画像をUPしておりました。insをフォローして下さっているお友達も多いので目にしている方も多いかも

沢山コメントを頂きましたが、その時驚く事にデザインされた遠藤先生御本人よりinsにコメントを頂きまして

もう、驚くやら、嬉しいやら、恐縮するやら…

SNSって凄いよね〜思い出深いポーチになりました。

さて、このポーチを差し上げたお友達も一緒だった先日のランチ。話題の老舗旅館のガーデンカフェ。

隣の市にある有名旅館「天童荘 ガーデンカフェ」リニューアルしたから、とお友達が予約してくれました

山形産の食材を使ったミニコースはお肉とお魚を選べるタイプ。この日私はお肉のコースを。

山形牛を使ったハヤシライス。お友達は庄内産真ふぐとカラスミのシーフードパスタ
見た目よりしつこくなく、食べやすかったです

ゆったりとできるガーデンカフェ。ついつい長居しちゃいました美味しゅうございました
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

デイリーユースのバック(1)

2017年02月12日 | Quilt

年末からバック作りが続いております
今回もまた、バック以前購入したこうの先生デザインのキット、「デイリーユースのバック」です。
TOPが完成しました
麻生地をベースに四角つなぎ、というシンプルなものですが、この四角つなぎがランダムというか、微妙にズレて組まれてるので、ちょっと手間取った
配色も思ったより暗めになったような気がしますがまあ、いいか…
実はこの配色布、カットした時に何を思ったのか、必要枚数の倍カットしてしまいまして…

布がたっぷりあったので倍の数裁っても間に合いました。気がつかなかったわ
2つ同じ物を作ればいいだけの話ですが…そんな気にもなれないので、悩ましいところです
まずは早々にキルティングにかかりたいと思います

荒れた天気の週末になりました。山形もかなり積もり、雪かきに追われた1日で、体中が痛いです
明日は晴れるといいなぁ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Lovely Basket(4)

2017年02月10日 | My Favorite Sampler

 サークル企画として進行中の「lovely basket」遅れ遅れでUPしておりますが、今月のパターンのお披露目です 

 今回のパターンも2つ。「フラワーバスケット」「クリスマスバスケット」ちょっと分割の数が多いパターンを選んでみました。

 パターンの寸法が10㎝四方なので、特に「クリスマスバスケット」の方は細かいかも知れません。色合いもクリスマスを意識して…(ちょっと画像が白っぽく出ているようですねぇ…)

 今回の企画パターンは全部で7回分配布の予定です。私はほぼパターンを作り終えまとめの試案に入っているところ。

 サークルでは同じものを作る必要はなく、好きな布で好きなサイズでもちろん配置も好きなように~あくまでも作り手の個性を大事にするつもりです。

 私は細かいPOPな色調ですが、他の方も皆さん個性あふれるバスケットになることでしょう。皆さんのパターンを見ながらワイワイ意見を言い合うのも講習会のいいところだな、と思います。

 みんなのパターンを見せていただくのが楽しみです

 さて、昨年まで進めていた講習会企画のサンプラーですが、先月のサークルで土曜メンバーのお一人「ニコニコさん」が素敵なタペストリーに仕上げられてお披露目してくれました

 ←リバティを贅沢に使ったタペストリーです。ボーダーに使ったのはR・アシュレイのインテリア生地だそう。蝶が飛んでいてまるで春のようです。綺麗で豪華なタペになりましたね。おめでとうございます

 (ニコニコさんの素敵な作品が見られるblogはこちら →  )

 他にも平日クラスのKさんはリバティ使いの大き目ポーチを完成→(私の見本はこちら→  )

 私自身もリバティをよく使いますが、メンバーさんも皆さんリバティ使いがお上手ですね。リバティ、さすがに手触りがいいです。高級感あふれるポーチになりましたご苦労様でした

  講習会では随時メンバーさんを募集しております。

      平日(月OR金)午前

      土曜  午後   のクラスがございます。月1回のサークル形式ですのでお気軽に参加して頂けます。(山形市内公民館です。)

  興味のある方は、メッセージ欄又はコメント欄へ連絡先アドレスを明記の上お問い合わせください(TW,insのダイレクトからでもOK

  おしゃべりしながら楽しんで作りましょう

              

 またまた雪の朝になりました。ちょっと心配していたのだけどその後は小ぶりになり、今は晴れ間も出ています。今週末は中国近畿地方で大雪の予報だとか。ひどい雪にならないことを祈ります

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トートバック

2017年02月08日 | Quilt

  ドームから帰宅後、少しだけやる気になってます今頃遅いって感じですが。。。

 制作中の「トートバック」が完成しました。sizeは縦30×横53×マチ幅17センチ。

 「こうの早苗の布と楽しむ私のまいにち」掲載のバックです。旅行用のトランクに丁度乗せられるようにデザインしたというバック。1泊旅行にも十分な大きさ

 このバック、昨年こうの先生のイベントでもよく題材にされていたバックだったようで、ネットのお友達でも作られた方が多かったよう。SNSでもよく見かけます。シックな雰囲気がとても素敵なバッグです。

 ドームに出かけた時、こうの先生のお店で見かけたストライプのベース生地。スタッフの方とお話したら、ベース生地は「アンティークの生地なので高いけどなかなか手に入らないんですよ」 

 見本のバックも見せていただき、心動くbluerose・・・(実は新刊掲載のバックを買いたいと思っていたのだけど、値段を見てびっくり思わず手を放したわ…)

 どうせなのでベース生地と配色用に麻地カットクロスセット、持ち手も合わせてお買い上げ。結構なお値段になったわ…(キット買うより安かったけどね

 外ポケット用も厚手のリネン生地。麻地カットクロスセットからシックな色味の布だけをセレクトしています。

 ベース生地はとても厚い生地です。「カツラギ」より厚いんじゃないかな?(今回こうの先生の新柄にカツラギがあるけどそれよりずっと厚い。。。)キルティングや仕立てはミシンを使ってます。ポケットのキルティングだけハンドキルト。その分進みは早かった全体に厚手の芯を貼っているのでかなりしっかりした仕上がりになりました。

 ←外ポケット部分。上からメタルボタンで押さえてます。アクセントになりますね。

 バックの中もポケットいっぱい本のデザイン通りにつけました。文庫本やペットボトル、メガネケース等々・・・しっかりしたポケットが3つ。裏地に使った布は在庫のYUWAセカンドラインの優しい花柄この大きさになると袋布も1M位用尺がいるのでびっくりよね。

 実のところ、ここまで大きいとは思っていませんでした。本でもサイズ見てるし、見本もしっかり見たはずなのにねあれ~?って感じ記憶の不確かなことはなはだしいです

 昨年作った「プチ旅行バック」とどちらが大きいでしょう?いいとこ勝負だわね

 キルトフェスで購入するとそれだけ~でできた気になることが多いけど、形に出来てよかったでも、ちょっと大きすぎるしこれからの季節には色合いが合わない気がする・・・サイズを小さくしてもう1個作ろうかしら、なんて考えております。

 在庫の生地を眺めながら、頭ひねります

                  

 淡雪…そんな言葉がぴったりの雪が降る1日になりました。さすがに2月ともなると雪が降ってもすぐ消えますね。

 今朝は起きた時10㎝ほど積もっていて…ちょっと心配したのだけど、今はすっかり消えてほっとしているところです。

 さて、今日は「針供養」の日。本来はきちんとお参りをするところだけどなかなかそうもいかず…夕食に用意したお豆腐で一人供養をする予定です。

 お裁縫、どうか上手くなりますように

 

 

 

 


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Libertyのヘキサゴン(3)ーWith a memoryー

2017年02月03日 | Quilt

「With a memory 思い出と共に」

Design by Sanae Kono from 「KIMONO wo Hodoite PACTHWORK」

 制作中のブランケットが完成しましたsize90×90cm(レースのぞく)

 こうの早苗先生の著書「きものをほどいてパッチワーク」掲載のデザインです。(トップ完成時の記事はこちら → ☆)

 本のデザインは着物の胴裏を使った白地に赤いヘキサゴン。シンプルながら艶やかな作品です。

 私はリバティの端切れと、ベース地には古着のシャツとレース刺繍生地を使いました。古着のシャツは2着分くらいあるでしょうか?色合いが微妙に違うのも味の一つかな、と思います。

 ←全体図。

 リバティも在庫のタナローンの端切れ。30年くらい前に購入した、今では発売されていないリバティの柄もあります。本の作品はキルト芯を使っていませんが、私は薄手のキルト芯を入れてキルティングしています。

 周囲には在庫していた幅広レースを・・・「亜麻色」というのでしょうか?リネン(ラミーかな?)らしい色がアンティークな雰囲気四隅を止めたボタンも古着のシャツについていたボタンを再利用しています。

 年を取っていくにつれ、何でも捨てて新しいものに…そういう行為に疑問を持つことも多くなりました。同時に「断捨離」という言葉に代表されるように物を買い増やすことにも抵抗が…

 だったら「ある物」を利用すればいい。こうの先生の本はそんなことを気づかせてくれるきっかけになった気がします。キモノではないけれど、捨ててしまうはずだったシャツもこうしてまた活用して…シャツについたシミや汚れもいい思い出になるようです。

 私にとっては大変思い入れの深いキルトになりました。

                         

 節分ですね~今日はスーパーへ行ったらお総菜コーナーが巻きずしの山!「ああ、恵方巻き!」と気が付きました

 昔は恵方巻きなんて、この辺りでは聞かなかったのだけど…20年くらい前から一般的になったのかしら?沢山の種類があって驚きます。

 昨日大雪になった山形・・・今朝のニュースでは49センチの積雪と言ってましたが、体感的にはもっとあったような1日中雪かきをして終わってしまいました。今日は一転、暖かくいいお天気で、雪の溶けるのが目に見えてわかります。

   暖かいな…とはいえ外の最高気温は1~2度ですが、お部屋の中では一足先に春が来たよう・・・

 啓翁桜、が今年も咲き始めました。今年は作柄が例年よりよくない、という話ですが、「はんなり」とした優しい色に心惹かれます。

 明日は立春…少しづつ春を感じられそうです

 

 

 
 


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Gâteau Fontaine

2017年01月31日 | お教室

 先週の事ですが、今年お初のお菓子教室がありました

 メニューは「ガトーフォンティーヌ」たっぷりのバターと卵を使ったシンプルなお菓子です。

 先生のお母様がスクラップされていた昔の婦人雑誌に掲載されていたレシピを元にアレンジしたケーキだそう。バタークリームをホイップして名の通り、泉の湧水のように絞り出してます。

 バターと卵、砂糖に小麦粉…リキュールやフィリングなどは入っていないので素材の味がダイレクトに出ますね。シンプルだけど上品な味。

 いつも思うのだけど、家庭でこそこういうシンプルで丁寧なお菓子を味わいたいもの・・・バターケーキというと紅茶と~と思いがちだけど、このケーキは濃いめに入れたコーヒーでもあうね

 余り甘さを感じないので男性にも受けるお菓子になりました

 お菓子教室の後は毎回お友達とランチに出かけます

 今月は結婚式場に隣接したイタリアンレストラン。中に入ると場所柄ウェディングのディスプレイが~華やかですね
←教室で試食にケーキをいただいてきたので、多いかな?と思いつつもプチコースを~

 「赤いカルボナーラ」と名付けられたトマト味のカルボナーラは初めての味!美味しゅうございました

                  

 早いもので1月も今日でおしまい。。。

 「1月は行く」とはよく言ったもので、本当に予定したことがはかどらず、あっという間に1か月過ぎてしまいました

 中旬大雪が降ったものの、今は道路もすっかり消え(もちろん路肩や庭、公園などにはどっさりあるけれど…)日差しがある時などは春の香りさえ、するような。。。そんな陽気です。

 2月の予報を聞きながら、春を待ちわびるこの頃。。。インフルエンザも猛威を振るっているという話…皆様どうぞご自愛くださいね。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コインケース

2017年01月27日 | Quilt

 先日のドームで購入した唯一のキットが小関鈴子先生のショップ「La Clochette」から購入したコインケースキット。

 今回、小関先生のキットが欲しくて前もってネットショップで検討し、あれとこれ…なんて考えていたのだけど…

 ドームの小関先生のショップ・・・私の行った時間帯は混雑というようなものではなく、もうすごい状態で入る余地もないほど、でしたでもせっかく 行ったのだし、何より先生オリジナルのファスナーがどうしても欲しくて、隙間を縫ってお店の中へ~

 ファスナーはちょうど通路に面したところに置いてあったので手を伸ばして何本か検討できましたが、キットは一番奥に置いてあって、見本は見えるものの物が取れない…

 とりあえず、一番手の届くところにあったコインケースキットを手に取りカラーを検討(赤と青があった)こちらのカラーをようやくお買い上げ…

 小関先生のお店はとにかく大人気だったようですねぇ…他のお友達も混んでいた、とレポがありました。

 ドームから帰宅後少し時間に余裕があったので、余韻に浸りながら作ってみました↑size9×13.5cm。今回はミシンキルトで作っています。

 

 あまりミシンキルトをしたことがないのですが、作り方にも「ミシンキルトする~」と書いてあったのと転写プリントしてある布が厚いので手ではちょっと・・・小さなものなので、私の家庭用ミシンでもできました。まっすぐ縫うだけだからね~

 小関先生らしいモチーフはマーガレットでしょうか?これはさすがに手で付けました。結構しっかりしているモチーフです。

 ファスナーもまた素敵オリジナルのファスナーには「ボンジュール」と仏語で~同じタイプのファスナーを買ってきましたけど、本当にかわいい

 いつもイベントではなんやかんやと買いこんで…それだけで満足、となるんですけど、まずはよかった。

 今度は厚手の生地を少し購入してきたので、バックでも作ろうかしら

                    

 このところ出かける用事も多く出先でランチ、という事が多くなってます。

 先週も用事があって市内の中心街へ。お昼時だったので昨年できたというカフェへ行って来ました。話題のリノベーションビルです。

 築40年のビルをリノベーションしてcafeや雑貨店、オフィスやスタジオといった店舗(?)が入居しているもの。その1Fがcafeなんですよね。ランチはカフェというより定食屋さんのようなメニューでしたが…私はその方が好き

 入ると木の香りがする静かな空間。ベンチを思わせる椅子と机が並びます。ランチは3種ありました。野菜プレートとお魚、お肉、の3種。どれも県産にこだわって…

←今回は野菜が沢山のプレートを~いったい何種類のお野菜が使われているのかな?ご飯も新庄市産の特別栽培米だそう。かみごたえのある、しっかりしたごはんでした。カロリーこそ高くないものの、繊維質が多いのかかなりお腹にきます

 こちらのお店、お席は広いのだけど、どの席もお一人でゆったり食事されていました。お友達とワイワイ!というより一人でゆっくり味わって…そんな雰囲気がよく似合うような気がします。

 ランチと一緒にコーヒーをオーダー。たっぷりのカップにコーヒーがとてもうれしかった

 駐車場がないのがちょっと行きにくいんだけど…機会があったらまた行きたいお店の一つです

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

東京国際キルトフェスティバル

2017年01月25日 | キルト展

先週木曜日、本日まで開催中の「東京国際キルトフェスティバル」に行って来ました。

 前回行ったのは何年前?(その時の記事はこちら→  と  )2012年の事でしたね。あれから随分時間がたちました。(ずっと横浜のキルト展は言っていたんですけどねぇ…)

 この時期、という事でやはり気になるのは天候・・・出かける前々日に大雪で新幹線が遅れるという事もあり、ちょっと心配したけれどこの日は難なく…予定通りに到着しました。今回は初めて行かれるお友達も一緒なので、ゆっくりのんびり、の予定です。

 初日という事で一般開場も遅い時間だったので混むだろうと、ランチしてからの会場入り。ランチはドームホテルの3Fレストランで~ちょっと早めに。レストランから見たドームの空は限りなく青い。。。

 さて、キルトフェスです。予想はしていた通りすごい人で圧倒。。。サークルのメンバーさんであるうさぎさんが別口ですでに入場していたので様子を聞いたら、会場内もすごいという話でしたので、とりあえずぐるっと一周してから見ることにしました。

 メインステージではちょうど焼田美紀先生のトーク中。明るくてかわいいキルト!心惹かれます

どれをとっても素晴らしい作品ばかりなのですが、何せ人が凄いのと私たちの時間が限られているのでなかなか写真を~というところまでいかなかったのが事実でした…その中でも目を引いた作品を何枚が撮っています。

 今年の大賞はTOPの画像↑、ボタンでしょうか?立体的で素晴らしいですね

こちらは「ハンドメイド賞」受賞作。人でいっぱいなのと大きすぎてスマホに入らなかったので切れてますが…今回の受賞作の中では、このキルトが一番好きかな~と思いました。

 繊細なブロックやライン。。。ハンドならではですよね。改めて私はハンドが好きだわ~と再認識しました。

 今年の企画は「オズの魔法使い」鷲沢先生門下の先生方の力作がずらり~中でもこちらのお人形のブースは目を惹きました。
お人形もとてもかわいいし、絵本の世界観がすごく出ていますよね。


足元のお花たちもヘキサゴン!
そして布花が、まるで生きているように咲き誇ります。


←ドロシーのお部屋。懐かしいようなキルトが並んで…
リンゴのキルトは鷲沢先生お得意のパターンですよね。リンゴのオブジェを作るけど、この位いっぱい作るとかわいいしインパクトがあっていいのかも~と思ってしまいました。


 もう一つ楽しみにしていた企画は斉藤謡子先生の作品展示 新旧取り混ぜて代表作が並びます。

 こうしてみると斉藤先生も初期と今の作風が本当に違うのがわかりますね。
コーナー正面に展示されていたキルト。北欧風の淡い色合いが光に透けてとっても素敵です。
お家の中にも素晴らしい作品の数々…
 このコーナーで一番気になったキルトがこれ→仏キルト雑誌「キルトマニア」で連載されていたミステリーキルト!見覚えのある方も多いのではないかしら?

 6回シリーズで完成するものでしたが、blueroseは5回まで作ってあります。。。その後課題に追われ、家の事に追われ…そのまま・・・

 この作品を見て思い出しました。。。完成されたものを見るといいものですしやる気になりますね。早速出してこようと思います。

 招待作家の方々の作品も少し。こうの早苗先生はホワイトキルト。
大きすぎてうつりません…
縁はヘキサゴンになっていてかわいい。相変わらずものすごい細かいキルティングにくらくら~
←こちらも切れてるけど、松山敦子先生、明るいキュートな色合いに惹かれます。


←水野めぐみ先生。構成といい色といいさすが~ですね。


←こちらは額絵コーナーにあった越野先生の作品。こんなにきれいにそろう刺繍って…素晴らしいですね。

 そのほかにもキャシー先生や小関先生のコーナー等、見ごたえが沢山でした。人が多くて写真を撮れなかったのが残念ですが…図録はしっかり購入してきたので、そちらで振り返りたいと思います。

 コンテスト部門で気になるのはやはりトラデッショナル部門。このところモダン系な布使いに惹かれているのでそういう作品に目が行きます。


←ガーデニングのキルト~すごくかわいい!

←こちらは一目見てこうの先生のお弟子さんだ、と分かりますね。やさしい色使いが癒されます。


←そしてこちら~仲良くしているお友達NORIさんの作品!一番最初に探しちゃいました~綺麗だし細かいし…かわいい妖精のアップリケも見事!入選おめでとうございます。
 どれを見てもため息の連続、キルトもまさに芸術品と感動した1日でした。

 ドームといえばお買い物…なんですが何せお店が多すぎて何を見ていいのかわからない状態(笑)小関先生とこうの先生のところ、と私は決めてお買い物。(何せ寄る店でほしいものが多すぎて・・・いくつ品物を泣く泣く置いたかわからないわ…

←こうの先生のお店で新刊とバック用に厚手の生地や持ち手、W・モリスの布と副資材を購入。新刊本のキット・・・びっくりなお値段に思わず手をひっこめたわ…

 小関先生のところではオリジナルファスナーとコインケースのキットを購入しました。

 小関先生のお店…とにかく混んでいて、入れない、観られない…新柄の布が欲しかったんだけど。。。無理でしたゆっくりNSで検討

 遠いし混むし…ドームに行くのもなかなか腰が重いのではありましたが、行ってよかった~おともだちも満足してくれてよかった

 いい刺激を受けて、またキルト頑張りたいと思います長々とお付き合いありがとうございました

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加