ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑

2009-04-07 13:32:51 | 映画・DVD
夜勤週のピロEKです。
今日は天気が宜しいですなぁ…仕事行きたくないなぁ


この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。
先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」とか、こちらも満を持して始まった「グイン・サーガ」とか…
そんな中、気になる作品がもう1コあったのでチェックしてみました。
それは「ドラゴンボール改」


…あら、これって新作じゃ無いじゃん
…「Ζガンダム」の映画みたいなもの…って言えば伝わるかなぁ



では、映画鑑賞記録です。
以下の記事は「アイアンマン」の記事2003年アン・リー監督版「ハルク」の記事と少しリンクしております。宜しければそちらもお読みになってくださいませ。



「インクレディブル・ハルク」
(監督:ルイ・レテリエ、出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、2008年アメリカ)

DVDで購入した作品。
2009年3月16日(月曜日)に「ハルク」&「インクレディブル・ハルク」の二本立てを企画するも睡魔に襲われ、2009年3月17日の深夜~18日にかけて仕切りなおしました(このときはオリジナル音声で鑑賞)。
その後も断片的に何度か見つつ…昨日、2009年4月6日(月曜日)にも出勤前に日本語吹き替え版での鑑賞しました。



ストーリー
アメコミ「超人ハルク」の映画化作品。
科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は放射線を使った実験で大量のガンマ線を浴びてしまう。以来、怒りを感じると巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身するという特異体質になってしまう。この恐ろしい体質を兵器開発に利用しようとする軍から逃れ、ブラジルで潜伏生活を送っていたブルースだが、ある出来事がきっかけで、居場所が軍に知れてしまう。
詳しくは…http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/hulk/index_flash.html





ピロEK的感想&点数
日本では「アイアンマン」よりも先に劇場公開されちゃった作品。私のチェックからは外れてて残念ながら劇場では観れ無かったんですけど、どうも評判の良い感じの作品だし「アイアンマン」でテンションが上がっていた私としては、DVDの発売を心待ちにしておりました

で、一応義務(?)として2003年版(アン・リー版)を先に観た後、鑑賞したこの作品。

…面白かったです。


お話のテンポ、CG&特撮等、2003年版の「ハルク」を完全に凌駕した映画

2003年版はヒューマンドラマに重点を置いた作品…なんて言われていますが、主人公ブルース・バナーの苦悩ってな点でも個人的にはコッチ(インクレディブル…)を評価するけどなぁ。あっち(2003年版)は主人公ブルースの生い立ちこそ暗いですがブルース自身はのらりくらりしてる感もあって、こちら(インクレディブル…)は主人公が前向きな分、苦悩度が低く見えるだけなんじゃないでしょうか

2003年版では最初の30分ぐらい使ってダラダラと説明したハルク誕生の切欠となった実験も、こちらではオープニングの中で終了。テンポ良いです。
しかも、そのオープニングの中には「ニック・フューリー」やら「スターク・インダストリー」やらの文字が確認できてテンションが高められる仕組み

スタン・リーのカメオは今までで一番派手かも
だんだん調子に乗ってきてますねぇ、あの爺さん

冒頭ブラジルでの逃走シーンボーンシリーズのような雰囲気&迫力でナカナカ。ロケーションの選択もナイスです。最後には緑色の巨人になって暴れて解決…と分かっていても引き込まれるシーンでした
…正直、アメコミ映画には勿体無いと思えるほど

途中、なんだか歯抜け感もあるも、
…ピザの配達先にいる学生風の人とか
…なぜ大学に居る事が軍に分かっちゃうのかとか、
このあたりは後でわかったり、カットされたシーンを観れば意味が分かるんだけどね

で、大学構内での戦い…軍車両を薙ぎ倒して、音波兵器(?)に耐えて、足の速くなったエミル・ブロンスキーとの戦いから、ヘリ落とすまで…退屈させずにドンドン進んで
…その後どこをどうハルクが逃げて行ったのかは分かりませんでしたけどね2003年版みたいなバビューンジャンプ(勝手に命名)は出来る様子も無かったのにねぇ

紫のノビノビパンツを丁重にお断り…
エッチしようとしたら心拍数が上がり過ぎて…
なるくだりは…まぁこのあたりが能天気過ぎて2003年度版の方がヒューマンドラマ重点と評される部分なのかな(?)もしかして

で、最後の戦いも2003年版と比べたら断然こちらが上。
というか、最後の戦いに限って言えば0対100ぐらいの比較になっちゃうんですけどね
ラストの市街戦「アイアンマン」の最後のアイアンモンガー戦と比べてもこちら(インクレディブル…)が好み
「トランス・フォーマー」の市街戦と並ぶ出来だったんじゃないですかねぇ…
“ハルク・スマッシュ!”へはノーコメントで


で、で、最後に登場するトニー・スターク
ベタなサービスシーンとは分かっていてもテンションは上がります
それまでも何度も登場する“スーパーソルジャー計画”とその過去の失敗って何だ…とか考え始めると、もう次回作が待ち遠しくてたまりません(次は「アイアンマン2」なのかな)。


で、で、で、もうひとつの最後のシーン。
あの何も無いのに変身しちゃったブルースって…ハルク制御出来るようになったってこと…それだと楽しみなような…残念なような…複雑ですなぁ…どちらにしても先が気になります


ということで堪能しました。
点数は4.5点(5点満点中)。
燃え度「アイアンマン」の方が上でしたけど。映画の出来という点ではこちらが上なんじゃないですかねぇ。満点じゃないのは最近見た5点作品と比較してバランスとった結果です

マイナスポイントを探すとしたら…
ベティの現行の恋人な精神科医さんが蔑ろにされてる点(本当は彼のシーンが丸ごとカットされてるみたいね。削除シーンには随分長く彼のドラマが…)と、日本語吹き替え版の水嶋ヒロとかかな。

欲を言えばハルクのCGもまだ発展途上と思います。凄い技術が使われてるみたいで多分最先端の技術なんだろうけど、もっと実写と馴染む時代を信じております



補足・蛇足
この映画と「アイアンマン」を観てから、マーベルブームに取り込まれつつある私。
ネットで「エクストリミス」とか「シビルウォー」あたりを探してるんだけど、もちろん日本語訳などされていません。絵だけ観るためにあちらのペーパーブックでも買ってみようかとも思うけど、お高い&どの順番で読むのが正解なのかもわからない始末
詳しい方、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

何はともあれ、今後作られる予定の「スパイダーマン4」もこの「ジ・アベンジャーズ」シリーズに取り込まれていますように…と願い続けているピロEKです(「パニッシャー」はそうならなかったみたいね)。



(当ブログ内の関連記事)
2008年10月26日 【映画】アイアンマン…マーベルものの中では最高↑オヤジヒーロー燃え!
2009年04月05日 【映画】ハルク…バナがバナー役



今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週も夜勤です | トップ | 【アニメ】スター・ウォーズ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あのハルクは (sakurai)
2009-04-08 09:16:01
アン・リーも、映画関係者も、エリックもないことにしたいみたいですから、あれはなかったことにしましょう。
エド自身がえらいハルクファンなのだそうですね。
一体誰がこんな配役を思いついたたんだ!でしたが、ありでした。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-04-08 13:58:44
4月からHNを英文字表記に変えました。中身は変ってませんので今後ともよろしくお願いします~♪

この作品はいまひとつでした。特に大きくなった時が・・・好みじゃなかったですぅ^^;
こんにちは~♪ (ミチ)
2009-04-08 23:10:08
ハルクに全く興味のなかった女性がこの映画に足を運んだわけは・・・・エドワード・ノートンを見るためだけだったと思います。
彼が出ている時は良かったのに、変身しちゃうと途端にエドワードとは別人(別顔)になっちゃうからガッカリです。
かといって、変身後がエドワードの顔でもイヤなんですけどね←←超ワガママ!
TBありがとうございました (KGR)
2009-04-10 16:52:26
私はエドワード・ノートンは線が細くてあまり好きではないのですが、
なかなかおもしろかったです。

リブ・タイラーとのキス・シーンは、当初無く
エドワード・ノートンの希望で入ったらしいですけど、
ベッドシーンはリブに拒絶されたんじゃないのかな、
なんて勝手に思ってました。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、yukarinさん、ミチさん、KGRさんへ))
2009-05-03 12:41:57
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>アン・リーも、映画関係者も、エリックもないことにしたいみたいですから、あれはなかったことにしましょう。

「インクレディブル・ハルク」のメイキング映像の中では、アン・リー版の「ハルク」が何度も引き合いに出されて…貶しはしないまでも多少のダメ出し対象となっておりました。監督もアン・リー版の続編なら断ろうと思っていたとか…。
反面教師などと評される可哀想な作品であります。

>エド自身がえらいハルクファンなのだそうですね。

メイキングに出てくるエドワード・ノートンはノリノリですからねぇ。
なんか色々意見も出してるみたいで…
好きな作品だとノリも違うでしょうから、品質向上には一役以上買ってるんでしょうね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★yukarinさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>4月からHNを英文字表記に変えました。

yukarinさんのブログで拝見しましたよ。
国際化(?)って感じですか??

>この作品はいまひとつでした。特に大きくなった時が・・・好みじゃなかったですぅ^^;

お好みじゃなかったですか…残念です。
大きくなったときは…映画界において、まだまだ特撮には発展の余地はありそうですね。
どうしても不自然に見えたり…
…って、話じゃない(?)もしかして(?)
…変身後のハルクが男前…なんてことは望めないですよ

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>ハルクに全く興味のなかった女性がこの映画に足を運んだわけは・・・・エドワード・ノートンを見るためだけだったと思います。

このあたり、よく分からないのですが…
エドワード・ノートンって女性に人気のある俳優なんですか(?)
そんなに男前ではないと思うんだけど…

>変身しちゃうと途端にエドワードとは別人(別顔)になっちゃうからガッカリです。

ハルクの顔がエドワード・ノートンなんてのは勿論嫌ですが、雰囲気を残すぐらいのことがあっても良かったのにねぇ。
確かに変わりすぎ感は否めないです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>リブ・タイラーとのキス・シーンは、当初無く
>エドワード・ノートンの希望で入ったらしいですけど、

エドワード・ノートンが脚本に口出ししたという噂は聞いておりましたが…そこだったんですか
(そこだけって事は無いでしょうけどね)

>ベッドシーンはリブに拒絶されたんじゃないのかな、

ホントのところは子供も観る可能性があるアメコミ作品だからでしょうが…
拒否されたんだったら面白いですね。
…逆にリブ・タイラーって男性を誘う役が多い気もする女優さんですね

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2010-07-22 18:10:30
アン・リー版よりははるかに面白かったのですが
私はどうしてもあのCGハルクが好きになれないんですよね~
まだボブ・サップあたりを緑に塗ってくれた方が納得いったかも知れません(笑)
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(ONE OF THE BROKENさんへ))
2010-07-25 17:26:26
★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>私はどうしてもあのCGハルクが好きになれないんですよね~

CGで表情のある人間を描くのって、後は技術というよりもセンスなのかもしれませんね。
もっと普通の演技に感じるCGってのが見れればONE OF THE BROKENさんの評価も上がるのかも知れないんですけどねぇ。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
インクレディブル・ハルク (いやいやえん)
以前もハルクって映画化していましたよね。エドワード・ノートンさん主演です。ハルクは他のアメコミヒーローと違ってとにかく怪力で力任せにぶっ倒すといったアクションなので、斬新さはないけれど、迫力がありました! 科学者が事故でアドレナリンが高くなると怪物ハ...
インクレディブル・ハルク (Recommend Movies)
『インクレディブル・ハルク』 緑の巨人、再び。 【出演】 エドワード・ノートン、リヴ・タイラー ティム・ロス、ティム・ブレイク・...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
インクレディブル・ハルク (迷宮映画館)
この配役を、いったい誰が思いついたんだ!!
インクレディブル・ハルク (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ルイ・レテリエ監督、エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート。放射線と細胞生物学に基づいた最先端バイオ筋肉増強剤でプロレスラーの超人ハルク・ホーガンになることにはまってしまったインテリ男をめぐるラブコメディ。
インクレディブル・ハルク (to Heart)
その「力」、ためらうな。 原題 THE INCREDIBLE HULK 製作年度 2008年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 112分 原作 ジャック・カービー/スタン・リー 脚本 ザック・ペン 監督 ルイ・レテリエ 出演 エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイ...
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハートその「力」、ためらうな。
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
『インクレディブル・ハルク』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
日本ではアメコミのヒーローというより、TVドラマのヒーローという印象が強いんじゃないかと思われる、マーベル・コミックを代表するスター「ハルク」、2度目の映画化作品。なんせコミックの方は殆ど紹介されていないのに、TVシリーズは『超人ハルク』のタイトルでし...
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その途端、...
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
国家に踊らされてしまった哀れな男たち。『インクレディブル・ハルク』 (水曜日のシネマ日記)
アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
『インクレディブル・ハルク』 (Sweet*Days**)
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
【インクレディブル・ハルク】 (日々のつぶやき)
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよ...
試写会「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/7/22、東京国際フォーラムでの開催。 実は同じ日に「ダークナイト」の試写会もあったのだが、 悩んだ末「ハルク」を選択。 例によって事前に指定席券と交換する方式。 2階席中段だったが、運のいいことにほぼ中央が当たる。 スペシャルゲストとして水島ヒロが...
インクレディブル・ハルク (Akira's VOICE)
怒らせたらエライ事になります。  
インクレディブル・ハルク (マー坊君の映画ぶろぐ)
「インクレディブル・ハルク」監督:ルイ・リテリエ (『ダニー・ザ・ドッグ』『トランスポーター2』)出演:エドワード・ノートン(『キングダム・オブ・ヘブン』『ミニミニ大作戦』)リヴ・タイラー(『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『ロード・オブ・ザ・リング/...
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
インクレディブル・ハルク (ダイターンクラッシュ!!)
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが...
インクレディブル・ハルク (こんな映画見ました~)
『インクレディブル・ハルク』 ---THE INCREDIBLE HULK--- 2008年(アメリカ) 監督:ルイ・レテリエ 出演:演: エドワード・ノートン 、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート  科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ(リ...
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
インクレディブル・ハルク (猫の毛玉 映画館)
『インクレディブル・ハルク』 THE INCREDIBLE HULK 2008年・アメリカ 緑色のデカイやつ。超人ハルクがまたもや新しく映画化。 Hulkとは、作中でも...
The Incredible Hulk (犬連れ国際結婚)
『The Incredible Hulk』(2008) この映画の予告編を観た時に、ハズも私も最初に思った事は、 「Edward Nortonが、Hulk???」 で、その次に思った事は、 「何か、映画が、ゲイっぽい???」 それに...
インクレディブル・ハルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 「生身の人間より鉄!」トニー・スタークの登場には驚いた。
『インクレディブル・ハルク』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE INCREDIBLE HULK】 2008年/ソニー・ピクチャーズ/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス
インクレディブル・ハルク (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハー...
「インクレディブル・ハルク」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました~^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
インクレディブル・ハルク・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この夏のハリウッド映画はアメコミヒーローだらけで、バットマンに続いて、超人ハルクも帰ってきた。 「インクレディブル・ハルク」は、2003...
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
インクレディブル・ハルク/ エドワード・ノートン (カノンな日々)
子供の頃、夜中にこっそり起きて深夜放送されていた『超人ハルク』を見てました。何が面白かったんだか、よくわからないけど怒ると緑色のマッチョマンに変身して暴れ回るオジサンに夢中になった記憶があります。そして数年前に公開された劇場版の出来の悪さにはガッカリさ...
『インクレディブル・ハルク』('08初鑑賞100・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月1日(金) 三宮シネフェニックス スクリーン1 にて 18:45の回を鑑賞。
「インクレディブル・ハルク」 (てんびんthe LIFE)
「インクレディブル・ハルク」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 おすぎがCMやっているのでみようかどうしようか悩みましたが、映画の日なのでみることにしました。 おすぎのCMは気に入らないけど、私はこの作品好きです。 愛があって、苦悩して、とても人間臭...
『アイアンマン』 (ラムの大通り)
(原題:Iron Man) ----この映画って、アメリカで大ヒットを記録したんだよね。 主演がロバート・ダウニーJrって、ちょっと不思議? 「いやあ、そこがやはりハリウッドのハリウッドたるゆえん。 どう考えてもスーパースターには向かない個性派が タイトルロールを演じて...
インクレディブル・ハルク (  Art- Mill  )
インクレディブル・ハルクHP http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/ エドワード・ノートンといえば、「幻影師アイゼンハイム」を思い出す。彼には、苦悩とそれを乗り越えようと
インクレディブル ハルク (2009 映画観てきましたっ!)
ノートン、ゴメン! 君より、ティムのほうが 数倍好きなんだ・・・
インクレディブル・ハルク(映画館) (ひるめし。)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]主人公の苦悩はドラマとして、愛する女性を守る気持ちはラブストーリーとして見応えがある。科学者ブルースは、心拍数が上ると巨人ハルクと化す肉体の治療法を研究しているが、陰謀を企て...
インクレディブル・ハルク (ルナのシネマ缶)
アン・リー監督で ちょっとこけた前作から、 キャストを一新して ルイ・レテリエ監督がメガホンを 撮った新作ハルクです。 全てCGのハルクの顔って かなりマンガチックです・・(笑) 科学者のブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、 研究実験の事故...
220「インクレディブル・ハルク」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
怒れる緑の巨人  科学者のブルース・バナーは研究中の事故で多量のガンマ線を人体に浴び、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。以来彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開...
「インクレディブル・ハルク」今度は、スッキリ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。つい5年ほど前にも、アン・リー監督の手で、「ハルク」として映画化されました...
「インクレディブル・ハルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Incredible Hulk」 2008 USA 怒りを覚えると緑色の巨人に変身するスーパー・ヒーロー“ハルク”の物語。 ブルース・バナーに「「幻影師アイゼンハイム/2006」のエドワード・ノートン。 ベティ・ロスに「オネーギンの恋文/1999」のリヴ・タイラー。 エミル...
インクレディブル・ハルク (だらだら無気力ブログ)
心拍数がある数値を超えると緑色の怪人ハルクに変身して しまう科学者が自分の運命に立ち向かうアクション。軍の依頼で放射線抵抗の研究をしている科学者のブルースは 実験中の事故で多量のガンマ線を浴びてしまう。多量の ガンマ線を浴びたことで、ブルースは心拍数が200...
「インクレディブルハルク」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
正気と狂気の境界が適当。前作の「ハルク」は見ておらず、米国ではそこそこヒットしたけど、わが国ではさっぱりだったという印象しかない。今回それほど間をおかずに、続篇ではない新作を世に送り出してきたのは、前作を失敗と捉えているからであろう。主演にE.ノートンを...
アングリー・フィスト (宇宙のめいぐると)
「インクレディブル・ハルク」
インクレディブル・ハルク (心のままに映画の風景)
科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、 ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた...
[Review] インクレディブル・ハルク (Diary of Cyber)
incredible -【形】 1.(比較無し)〈物事など〉信じられない、信用できない 2.《口語》 驚くべき、非常な、途方もない 軍用の人間兵器開発の端となるはずだったのに、人体実験の失敗で途方も無い怪物となってしまった『ハルク』。感情が高まり、血圧が...
2008-56『インクレディブル・ハルク』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-56『インクレディブル・ハルク』(更新:2008/08/08) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) 非運のヒーローとでも云うべきだろうか。 成りたくてなった訳ではない緑色の怪物、超人ハルク。 ...
鋼の錬金術師 (鋼の錬金術師)
鋼の錬金術師(fullmetal alchemist)の魅力が満載です。鋼の錬金術師(fullmetal alchemist)の人気の秘密がいっぱいです。
インクレディブル・ハルク (2008) THE INCREDIBLE HULK 112分 (極私的映画論+α)
「サンダVSガイラ」(爆)
インクレディブル・ハルク (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「インクレディブル・ハルク」の感想です
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
インクレディブル・ハルク 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
インクレディブル・ハルク (映画君の毎日)
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) ¥3,761 マーベル・コミックの人気ヒーローが再び実写映画化!科学者ブルース・バナーは放射能実験で大量のガンマ線を浴びて以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌と共に巨大な緑色のモン...
【インクレディブル・ハルク】 エドワード・ノートン主演 リヴ・タイラー (Mix Fruit Strategy)
インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定仕様】 インクレディブル・ハルク [Blu-ray] インクレディブル・ハルク[UMD] マーベル・コミックが自社製作したアメコミヒーロー映画の第2弾で、 第1
『インクレディブル・ハルク』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレデ...
インクレディブル・ハルク オリジナルアニメ &映画 ▲58 (レザボアCATs)
『インクレディブル・ハルク』'96-'97年にアメリカで放映された、オリジナルアニメ。『Return of the Beast Part1』他4作品監督: リッチ・トゥルーブラッド、レオ・サリヴァン、ダン・トンプソン、エルネスト・ロペス原作・脚本・撮影・音楽 スタン・リー
『インクレディブル ハルク』 2008-No54 (映画館で観ましょ♪)
エドワード・ノートンはスキな俳優さんの一人。 でも、まさか、こんな肉体派とは思いもしなかったけど... そういう意味ではティム...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
インクレディブル・ハルク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画      ◆超人ハルク    アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて    正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。    圧倒的に強いハルクに立ち向...