ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦…ヤッツケてみた(3)けど、割とキッチリ書けてる気もする

2012-08-28 16:05:01 | 映画・DVD

おお三日連続で記事アップ出来てます
そんな記事は、ほぼ当日にヤッツケで書いてアップしています


ということで映画観賞記録(ヤッツケ度★☆☆☆☆



「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
(監督:ジョナサン・リーベスマン、出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、2011年アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「アイ・アム・ナンバー4」と一緒に届いた一本。2012年2月13日(月曜日)から14日(火曜日)にかけて観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
2011年8月12日、世界各地の海沿いにある大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて流星群が落ちた付近の海から正体不明の何者かが現れ、人類を無差別に攻撃し始める。除隊間際だったマイケル・ナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)の配属された海兵隊2-5小隊は、ロスアンゼルス市内に取り残された民間人救出の命を受ける。
(公式ウェブサイト)http://bd-dvd.sonypictures.jp/battlela/





ピロEK的感想&点数
正直なところ、どうでもいい映画…という感想。
宇宙人が突然責めてきたというのを、戦争映画っぽく作った…というコンセプトが理解できないではないが、結果面白くないというか、退屈に仕上がったというか

例えば、「プライベート・ライアン」なり「ブラックホーク・ダウン」のような映画なら(その描写の正確さ具合はさておき)、歴史の再現的な感覚で観る部分も加味されての面白さとかもあるのでしょうけど、宇宙人が攻めてくる話にソレっぽいものを持ちこまれても、そのテンションに乗っかるまでが一苦労というか

結果、地味な「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が出来上がりましたという感じ(とか言いながら、あちらは派手でもあんまり楽しめませんでしたけど)。
作りたいのであろう“らしい”映像は頑張ってる感がシッカリ伝わってくるだけに不憫な映画というか


SFとしても、結局は「宇宙戦争」と何が違うのという設定に過ぎず
宇宙人のデザインも、メイキングで製作者側が悦に入ってたほどに奇抜じゃないしね。


出演者ですが、割と豪華。

最初、地味に役作りし過ぎてて『このオジサンみた事あるけど誰的に思ってしまった、アーロン・エッカートが主演。この人は面白いのからクソなのまで幅広いな…クソだと「ザ・コア」とか

クジラ愛護のためにはテロをも辞さない女優ミシェル・ロドリゲスやら、感動作からコメディまでこなすマイケル・ペーニャ(この人の出るのは、個人的にアタリが多いのですが、今回はイマイチ。役柄的にもイマイチ)やらも出てます。

…他は知らない人が多かったけど


点数は3点(5点満点中)程度。
映画としては淡々と言うか、平坦過ぎるというか、地味で退屈しちゃいそうにもなります。
「ブラックホーク・ダウン」にも「インデペンデンス・デイ」にも成りえていない映画。それら二つを足して割ったら良い部分を捨ててきちゃった…的な

この前に「スカイライン-征服-」(※ここ1年では唯一の1点映画)とか観てなかったら、もっと低い評価だったかも知れません。



補足・蛇足
まぁ、主人公小隊の1/6ミリフィグでも出れば、それはそれで買いそうだけどね



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ハングオーバー!! 史上... | トップ | 【映画】アイ・アム・ナンバー4…... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2012-08-30 13:03:29
こんにちは~♪
実は意外と楽しめてしまいました(^^ゞ
やはり、これの前に『スカイライン-征服-』を観ていたのが良かったのでしょうかw
アレに比べたらかなり頑張ってる方なんじゃないかと。
『ザ・コア』がクソなのは激しく同意で御座いますw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(Aki.さんへ))
2012-09-09 00:55:31
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>実は意外と楽しめてしまいました(^^ゞ
>やはり、これの前に『スカイライン-征服-』を観ていたのが良かったのでしょうかw

ヤッパリ、どんなときも「スカイライン-征服-」なんかと比べたらダメなんだ。
何処のラーメン屋でも、捨てられて伸びてるカップラーメンのカスに比べたら旨い…なんて言わないように。

>『ザ・コア』がクソなのは激しく同意で御座いますw

どんな映画か思い出せないけど、クソだった思いは残ってる映画です。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011) (肩ログ)
BATTLE: LOS ANGELES アメリカ 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ、コリー・ハードリクト、他 珍しく続けて劇場作品を。 ある日、大量の隕...
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いや、面白かった~^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (キノ2)
★ネタバレ注意★  Retreat, Hell! うおーっ!!!(←燃えた)。  本来今年の4月に公開される予定だった本作、震災の影響で、一時は公開見送りとまで言われていたのでヤキモキしていたのですが、思ったより早く公開にこぎつけられてよかった☆ だって、久...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 古くは煙草に毒(?)を仕込んでみたり、最近ではガンプラを作ったり海の家で働いてみたりと、どーやら地球は常に侵略者によってありとあらゆる手段で狙われているらしいです。 なんて思いつつ観た『スカイ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/10/5、109シネマズ木場。 貸切。 もし我々夫婦が見てなかったら、無人の中で上映していたのだろうか。 絶対ヒットしそうにない古臭い感のある邦題。 原題は「Battle Los Angeles」だが、 アメリカ以外分では多くが「World Invasion: Battle Los Angeles....
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (だらだら無気力ブログ!)
見事にアメリカ万歳映画だった。
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
★世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)★ (Cinema Collection 2)
BATTLE: LOS ANGELES   それでも人類は戦うのか――。   上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/09/17 ジャンル SF/アクション 映倫 PG12  【解説】  エイリアンによる容赦の...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...
映画 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    地球に侵略してきた異星人と海兵隊の戦いを   ドキュメンタリー風に描いているところが面白い。       海兵隊の諦めない戦い方が、今の自分と重なって &...