ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから?

2010-12-05 16:06:00 | 映画・DVD
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです
そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。
…天気良いのになぁ



ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。
以下は映画観賞記録です。



「ザ・ウォーカー」
(監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ、出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス、2010年アメリカ)

TSUTAYA DISCASさんから「プレシャス」と一緒に届いた作品。2010年11月6日(土曜日)の夜に観賞しました(ブルーレイ)。



ストーリー
文明が崩壊した近未来。その荒廃した世界で、一冊の本を運びアメリカ大陸を西に向かって30年も歩き続けている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。ある日イーライが立ち寄った町には独裁者ビリー・カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が君臨、部下の無法者たちにとある本を探させていた。
詳しくは…http://www.thewalker.jp/





ピロEK的感想&点数
核戦争だか何かで文明が崩壊してしまい、暴力が支配する世界が舞台で活躍する強い男のお話。
と聞いて過去の作品で類似に思えるのは「マッド・マックス2」とか「マッド・マックス3」「ポストマン」とか、そういった類。他には「マッド・マックス2」の亜流として「北斗の拳」とかね。

…「ポストマン」の主人公はあんまり強く無いか
…っていうか、最近はブログ内で何故か「ポストマン」を引き合いに出す事が多いなぁ(※例えば「ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション」の記事をご参照ください


「ポストマン」の話はさておき、この映画「ザ・ウォーカー」は最近ちと流行りのコミック的な映像の作りというのを採用していて(※コミックが原作でも無そうなのにね)…ビジュアルはかなり面白く好みです
言われてみればアメリカンコミックの印刷紙面を考えたかのようにも思えるトーンを抑えた感じとか、言われてみればコミックっぽいカット割りとか…そう思って観ると映像は最も力が入っている部分なようです。メイキングにはスタッフとして参加したコミック作家の方が書いた絵コンテだかストーリーボードだかが出てきて、色々説明してましたが、裏方にしておくには勿体無い良い感じのビジュアルを元に映像を作っているみたい

ブルーレイに特典映像で入っていた、カーネギーが子供の頃のエピソードをコミックで描いたものもナカナカに良い雰囲気のモノでお気に入りです

で、映画しか観ていない方へ…参考画像を探してみました
こんなとかこんなとかです(リンク先の画像をご参照くださいませ)。

…如何にもコミック手法だった「300<スリーハンドレッド>」とか「ザ・スピリット」よりも、こんなコミック作家からの関わり方の方が好きかも知れません。


で、ストーリー。
まぁ途中から気が付くのですが…これは宗教が中心にあるストーリーです。
時間が更に経過すれば聖書にも組み込まれるようなエピソード…という体裁のお話。

私のような、それとは異教徒な人間からすれば…何言ってんのってな話ではあるんだけどね

あの程度の独裁者がこの本を手に入れたからと言って、人心が傾いて世界を手にするなんて事が出来るとは思えません…本があってあるって程度で何か起こせるなら、無くてもやれるだろうよ…とか思ったりしてな。本自体に聖なる神秘的な力があるのだとしても、それこそ彼には味方しないでしょうよ、と…まぁ現にそうなるわけだから、これは肯定的な感想になっちゃいましたかね

で、主人公イーライに起こった、ちょっと神がかり的な状況を除けば、失われてたライブラリが補完されたというだけのお話
…そもそも聖書が全部焼かれるような状況って何よ

敬虔な信者の方からすれば…「こんな状況の中でも、こうやってこの信仰は引き継がれていくんだ」と、思うところもあるのかもしれませんね
この後の世界はこの宗教が全面支配…なんて言う強行な描き方でも無さそうですから(多分)、まぁ良いんじゃないでしょうか

はい、宗教批判にもネタバレにも私なりに極力注意して感想を書いて見た次第です。


という事で点数は4点(5点満点中)
作品のテーマらしき宗教部分は私には全く関係なく訴えてくるものもありませんでしたが、
映像は楽しめたし、単純な冒険劇としてもまぁまぁ楽しめました
無敵に近い主人公の活躍も、荒廃した世界で人間性を欠いた人々の描き方も、本の書き方が実はアレなんて部分も普通に楽しめましたよ



補足・蛇足
出演者について書いてなかったですね…

デンゼル・ワシントン…いつも通り。

ゲイリー・オールドマン…いつも通り。

ミラ・キュニス…マコーレー・カルキンの彼女らしい。

ジェニファー・ビールス
「Lの世界」の予告編以来にお顔を拝見しましたが、半端ないアンチエイジング技術でも駆使されてでもいるのでしょうか、結構綺麗なままですね…古い流行りの顔ではありますけど
個人的には「フラッシュダンス」の頃よりも現在の方がイケます


と、こんな感じです。
…あ(サブタイトルの)角川書店グループの事書いていないけどまぁ良いか



ではこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ハート・ロッカー…蛇... | トップ | 【映画】プレシャス…マライア... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宗教もん (sakurai)
2010-12-06 07:48:07
その辺の物語ってなると、われわれ(一緒にしてしまいました)には、根本から理解できないというか、胡散臭いっていうか、なんかなあ・・・って感じてしまいます。
抹香くさい面を突き詰めていくと、面倒くさくなりそうですが、ビジュアルの側面はなかなかの見どころだったですかね。
似たくさいシチュエーションで「ザ・ロード」っていうのがありましたので、そのうちどうぞ。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2010-12-12 01:12:48
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>胡散臭いっていうか、なんかなあ・・・って感じてしまいます。

対象となる宗教について信者でない者がそう思うのは当然なのでしょうが、それでもあの中東を起源とするいくつかの宗教は…なんだか納得しにくい教義内容が多いものだといつも思います。それで悪い事しない人が増えるんならまぁ良いかなぁ…ぐらいには思いますけど。
私は、めでたい時と厄除けには神道、不幸とそれ以降には浄土宗、普段の生き方は多分儒教…人に聞かれて説明が面倒なときにはエコノミックアニマルたる…という典型的な日本人(?)です。そんなテキトーな輩に言われたくも無いでしょうけどね

>似たくさいシチュエーションで「ザ・ロード」っていうのがありましたので、そのうちどうぞ。

先日TSUTAYAから届きました…まだ観てないけど。記事アップしたらまたTBさせていただきますね(※来年になるかなぁ??)

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
30年歩き続け (KGR)
2010-12-25 01:33:36
宗教がらみはよくわからんです。

30年と言えば1万日からありますから、
毎日歩いてたらどこまで行っちゃうのか、
なんでそんなにかかったのか、
気になってしまいました。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-12-30 12:22:03
こんにちは~♪
『マッドマックス』には負けますが『ポストマン』よりはマシでした^^;
まぁ、デンゼルの作品にしては物足りなかったです(^^ゞ
異教徒のせーか、ワタクシにもピンとくるものがなくて・・・w
取り敢えず続編は、あの本を復活させたせーで権力争いが起こったり、他の考え方をした人たちが激しく弾圧されたり、殺し合いが起こったり、その他にも不幸なことがアレコレと・・・
まぁ、最終的には彼女が天帝の双子の妹ってオチになるんじゃないかと・・・
て、イミフなことをウダウダと書いてすみません(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(KGRさん、Aki.さんへ))
2011-01-02 22:53:15
★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>30年と言えば1万日からありますから、
>毎日歩いてたらどこまで行っちゃうのか、
>なんでそんなにかかったのか、
>気になってしまいました。

家から出るのもままならない盲目(だという説が強い)の主人公が、信仰心ゆえに頑張って感覚を研ぎ澄ませ健常者と同じように歩けるまでに数年、鍛え上げるまでに数年…なんて風にも考えられますが、時間経過が現代とは異なる感じの聖書時代の雰囲気にしたかっただけなのかも知れません。
…この役目をもっと比較的簡単に成し遂げられるであろう健常者に委ね無かった所に、西洋の神様の歪さを感じないでも無いです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。



★Aki.さんへ★

あけましておめでとうございます。

>取り敢えず続編は、あの本を復活させたせーで権力争いが起こったり、他の考え方をした人たちが激しく弾圧されたり、殺し合いが起こったり、その他にも不幸なことがアレコレと・・・

あの本が復活したのならば、他の経典も復活しないとフェアじゃないし…となるとねぇ。
…というかこの映画自体が多民族国家アメリカで作られた割にはそのあたりに配慮が少なく、軽い争いの種じゃないかとも思ったりして。
…と言っても私はそんなに基督教に批判的だったりはしませんよ、教義内容が何となく弱いなぁとは思うけど。

>まぁ、最終的には彼女が天帝の双子の妹ってオチになるんじゃないかと・・・

で、数十年後に続編で、香港を舞台にした本編よりも過去が舞台の格闘マンガが青年誌で連載されたりもするんでしょうか。
で、その後は他のマンガも含め色々なパチンコ台となってひと儲けです。
で、角田は意外と歌ウマだったりもするのです。

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き続けていた。彼が持っているのは、た だ一冊だけ地球上...
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
ザ・ウォーカー (迷宮映画館)
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)と出会う。 文明が崩壊した終末...
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違...
道を歩く (Akira's VOICE)
「ザ・ウォーカー」 「ザ・ロード」 
ザ・ウォーカー (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 退廃した世界の中で、一人ぼっちとか、何か運んでるとか、そーゆーのって大体ハズしてるよーな気がするわけで・・・ ...
ザ・ウォーカー (銀幕大帝α)
THE BOOK OF ELI/10年/米/118分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス <ストーリ....
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、 ...
ザ・ウォーカー (晴れたらいいね~)
デンゼルさんの近未来もん。イーライの運ぶ本って、観る前からわかった!あれしかないっすよね。核兵器により、空に穴があき紫外線が強く降り注ぎ、荒廃してしまった世界は恐ろし ...
映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ...
ザ・ウォーカー (Recommend Movies)
運べ、西へ。 世界に残るたった一冊の本を― 名優デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの二大スター共演! 肝心の本の中身にもビックリ! あたくしは読めません(^_^; 戦争によって文明が...
『ザ・ウォーカー』 (こねたみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレ ...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー(THE BOOK of ELI) (シネマクマヤコン)
おそらく核戦争(詳しい説明は無かった気がします)後の荒廃した世界を舞台にしたプチ
ザ・ウォーカー (キノ2)
 文明が崩壊した近未来のアメリカを舞台に描く西部劇風サスペンス・アクション。  仕掛けが面白く、深読みが可能で、主演のデンゼル・ワシントンがかっこよく、悪役のゲイリー・オールドマンが如何にもかれらしい演技を魅せてくれる、なかなか楽しい一作であります...
ザ・ウォーカー (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクションです。 色を落とした映像の予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 シンプルなストーリーと共に映し出された荒野に、彼はどこまで行くのかなあと思いながら 黙々と歩く主人公の姿をじっと見つめてい...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニフ ...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映画その....
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優 ...
♯33 「ザ・ウォーカー」 (ここはここ)
映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避けてるネタバレ記事。今回は我慢できずに、ちらっと拾い読みしたのがドーンとネタバレ....
タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た
ザ・ウォーカー (そーれりぽーと)
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょうか、一番のはまり役な悪役を演じなくなって久しかったのが、突...
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ザ・ウォーカー [DVD]文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を ...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシントン主演の近未来アクション映画。 一見すると「マッドマックス」...
ザ・ウォーカー (ルナのシネマ缶)
う~~ん、今回はかなり ネタバレな内容になりそうなので これから、観られる方は どうかご注意ください! ・・・っていうか、 これ、ネタバレなしでは ちょっと何も書けない感じ なんですよねぇ~。 世界が崩壊した近未来、この世に一冊だけ残った本を運び、 ...
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大...
映画「ザ・ウォーカー」 (今日の素敵さがし)
 我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。
ザ・ウォーカー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
川崎のチネチッタにて、毎月10日、14日、19日のうち土日祝日に行われる、ポイントカード提示1000円の日に鑑賞。(実施日を見ると何を狙っているかがよくわかりますが。)劇場入り口は...
2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 今週の映画で期待度ナンバーワンとか。 デンゼル・ワシントンが主役なのだか、現役フットボール選手の息子共...
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですか...
ザ・ウォーカー (5125年映画の旅)
終末戦争で文明が崩壊した世界。一人の旅人<ウォーカー>が、一冊の本を抱えて30年の長い旅を続けていた。旅の途中、ウォーカーはとある街を訪れ、街の支配者カーネギーに目 ...
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
「ザウォーカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
心眼一刀流師範代が強いのなんの。 宗教観というのは語るのが非常に難しい。 宗教観が違う人とは、もはや次元が違うとしか言いようがないほど相互理解が進まないことがままある。 戦争や紛争の原因の多くが宗教という印象があるが、しかしその一方で、信仰心は時に自....
ザ・ウォーカー (メルブロ)
ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマン(カーネ ...
ザ・ウォーカー (C note)
デンゼル・ワシントン主演のSFアクション。 少なくとも今よりはテクノロジーが発達
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ザ・ウォーカー (食はすべての源なり。)
ザ・ウォーカー ★★☆☆☆(★2つ) 公開後の評判が全く聞こえてこなかった本作。 期待していなかったけど、やっぱり・・・ 一言で言うと、「地味」。それに尽きます。 世界を救う一冊の本。世界を絶望から救い、再び文明を再興させる・・・。 「聖書」 はい。...
エアベンダー (RISING STEEL)
エアベンダー / THE LAST AIRBENDER 火の国、水の国、土の国、気の国という4つの王国によって成り立つ世界。 それぞれのエレメントを操る者”ベンダー”により均衡は保たれていたが ある時、火の国が反...