ちょっと気になる世間のこと、自分のこと

人生イロイロ、人それぞれ。
気になるアレコレ自己満備忘録。^^

心からの言葉だけど、

2017年01月19日 | 気になる自分

心からの言葉だけど、
言葉にしてしまうと、
ぜんぜん足りない。

(黄色い目の魚、佐藤多佳子)




Facebook、Twitter、LINE、
mixi、ブログ、メルマガ、などなど。

言葉で発信されるものは、
いろいろあるけれど、

また、これからも、
いろいろ出てくるだろうけど、

私自身は、自分のことを
うまくさらけ出せないなぁ~って何度も考えさせられます。(T_T)

身に起きた出来事とか、
面白おかしく、具体的に
書ける才能があったら、
いいなぁ~と思うこともあるけれど、

どうしても、
抽象的な表現に逃げてしまうのは、
やっぱり、ぜんぶ出すのが怖い、
という心理状態があるからでしょう。

たしかに、ある種の、
見栄っ張りも入っているだろうし、

ぜんぶ知られてしまったら、
自分には何も残らない気もします。(*´∀`*)

あと、それに
「依存」することへの不安や、
それを出す場所が、
なんとなく信用できない、
っていうのもあるでしょう。

リアルな社会がすべてではないし、
心の中の自分だけがすべてでもないし、
バーチャルな世界に見せてる自分も
すべてではない。

そう考えると、
ホントの自分って、
どこに表れるんでしょうね。(´-ω-`)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

人生の目的は、

2017年01月18日 | 気になる言葉

人生の目的は、
一人でいるときよりも、

誰かと一緒にいるとき、
とくに何かをやって
感謝されたりするときに、
「ああ、これかも!」
という感覚で見つかる

(人生の目的、本田健)




人を笑わせるキャラじゃなくても、
笑ってもらえたり、
喜んでもらえたりすると、

また笑いをとろうと、
がんばりたくなることが
あるかもしれません。

あまりがんばりすぎると、
(豚もおだてりゃ木に登るみたいな...)
スベる可能性のほうが
高い気もします。(^.^)

人様の役に立てた、
という経験は、
強烈なものです。

そこに、
自分の才能がなくても、
その喜んでもらえた経験が
自分が頑張り続けるための
心の支えになることも
少なくないでしょう。

何をしていいか
分からないとき、
ただシンプルに、
人を喜ばせてみよう
って気持ちは大切ですね。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

可能性

2017年01月16日 | 気になる人々

人間は環境に左右されるし、
それになにより、選択はつねに
ひとつではないのだから。

完全に白紙の状態では
すべての可能性が許されるかもしれない。
だが、ぼくたちはそれまで
生きてきて形成した価値観、
大切に思うもの、愛しいもの、
しなければならない義務、
そういうすべてを天秤にかけて、
どれかを選ぶことができる。

(虐殺器官、伊藤計劃)




頭がよくなる、
という選択はできないけど、
ネットで検索してみる、本を読む、人に尋ねる、
という選択はできます。

いい人になる?、
という選択はできないけど、
優しい言葉遣いをする、人に譲る、
という選択はできます。

頭がよくならない、いい人になれない、
と結果についてぼやく前に、
「行動」を選択したか自問してみれば、
ほとんど何もやっていないことに人は気づくのではないでしょうか。

口から出る言葉は人を非難、攻撃。(´-ω-`)


そんな生き様、態度は嫌だな。


今日も、ささやかな選択を積み重ねたい。( ´ ▽ ` )ノ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

失うことは、

2017年01月15日 | 気になる言葉

失うことは、
マイナスでもプラスでもなく、
何かを持っていたという証である。

(ポケットに物語を入れて、角田光代)




若さをもっていても、
それは、いつまでも
もっていられるものじゃない。

ほとんどのものは、
それに似ているものだと思います。(´-ω-`)

ずーっと持ち続けられるものなんて、
めったにない。

いつか、どこかで、
必ず失うことになる。


たとえば、
日本人が言う「絆」
というものだって、

人それぞれの定義があるから、
持ち続けられる「絆」もあれば、
早々に失う「絆」だって
あるかもしれない。

いつかは、
失うかもしれないものだと思って、
持って、眺めて、執着しすぎずに
大切にしていればいいだけのこと。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

時間というのは強い。

2017年01月14日 | 気になる自分

時間というのは強い。
時間にはすごい力があります。

長いことたつと、
赤い色がさくら色になる。
長いあいだに、
紺色も空色になる。
変わってしまう。

(もう私のことはわからないのだけれど、姫野カオルコ)





明日は、ちょっと
気の進まない予定があります。(´-ω-`)

でも、終わってみれば、
実際はたいしたことないのです。

それでも、その時間がくるまでは、
なんだか心が揺れてしまうものです。

待っていれば、
時間はちゃんと進んで、
その時がやってきて、
通り過ぎています。

それが通り過ぎることから逃げると、
またやり直しになります。

だから、逃げないほうがいい。

どんなことにおいても、
今の気持ちが、状況が、
ずーっと続くということはない。

それは、
残念なこともあるけれど、
救われることも多いです。

時間にまかせれば、
思わぬ展開になることもあれば、
忘れ去られていくこともあるからです。

時間に感謝です。( ´ ▽ ` )ノ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Entry List

人は、安上がりが大好きで、そのためなら、どんな代価でも支払う。

人は、 安上がりが大好きで、 そのためなら、 どんな代価でも支払う。
(リー・イアコッカ)
  
あります、あります、こんな事って。(´-ω-`)
何か、使命感に燃えちゃうことも。(*´∀`*)
節約って言うか、 予想以上に安上がりだと、
そのために、 どれだけの労力、時間を 使おうとも。
そんなことを考えると、 失敗はいくつも浮かびます。
一度ならず、幾度も。
オークションで 安く手に入れるつもりが、
競り合いに付き合ってしまい、
さらに送料などが上乗せされて、 新品との差額が、
たいしたことないっていう結末。
あと、食材を安く買うために、 一つ遠いスーパーに、
時間と労力をかけて 出かけたところが、
近くのスーパーでは、 閉店前の安売りになっていて、
損した気分を味わったこと。
飽くなき追求に、 終わりはありません。 結局、価値観なんでしょうね。
どこまでの「安上がり」で良しとするか

ちょっと気になる,アノ品、コノ品♪

ちょっと気になる,アノ品、コノ品♪

ナニコレ?珍商品!
  
 
お店で買うにはちと恥ずかしい
ちょっと気になるデジタルアイテム