ちょっと気になる世間のこと、自分のこと

ああでもない!?こうでもない?!
悩み尽きない人生だもの。
気になるアレコレ自己満備忘録。


一部だけ

2016年05月28日 | 気になる世間
ああだったらよかったのに」
「私が本当に望んでいたのは
あっちだった」などと考え...
いまの自分の生き方を
失敗、敗北だと考えると
たとえいいこと、うれしいことがあっても
目に入らなくなるので、ますます
「私はみじめ」という思いが強まることになる。

この連鎖を断ち切るには、
どうしたらよいのか。
だれかを「うらやましい」と思った時に、
「私が目にしているのはその人の一部だけ」
と自分に言い聞かせることだろう。

(50代になって気づいた人生で大切なこと、香山リカ)




"だれかを「うらやましい」と思った時に、
「私が目にしているのはその人の一部だけ」"
という言葉について考えさせられます。

リアルな社会にかぎらず、SNSなど
ある程度「見せたいように」見せられる昨今です。

それだけに目を奪われると、
相手が自分と同じ人間だということを
忘れてしまう時すらあります。

苦しいこと、悲しいこと、うまくいかないこと、
みんなたくさん抱えているんだってことを。

見せられていることと、見えないことと
どちらも見える目をもっているはずなんですが。(´-ω-`)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なにもしない

2016年05月27日 | 気になる言葉
たまには
なんにもしない時間を
たのしむことも大事だよ。

(14歳の水平線、椰月美智子)



何のきっかけで買ったか
完璧に忘れてしまったけれど、
「何もしない贅沢」っていう本が
わたしの本棚にあります。

あれもこれもしたい、あそこに行きたい、
と思って果たす、目指して生きる幸せ
というものもありますが、
いっそ、何もしないっていう贅沢もある。(*´∀`*)

袋いっぱいに詰め込む幸せもあるけど、
あえて、空っぽのまま、何も集めない、
軽さとか自由を楽しむ、という贅沢もある。

あるから幸せ、ないから不幸せ、
というモノサシから離してもらえる瞬間。

そんなものを与えてくれる本でした。

背表紙を見るだけでも
心が軽くなる時があるから不思議です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚えやすく

2016年05月26日 | 気になる言葉

まず第一に、意味のあるものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。
第二に、関心のあるものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。
第三に、理解したものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。
第四に、論理的なものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。
第五に、物語性のあるものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。

第六に、リズム感のあるもの、調子がいいものは覚えやすく、
その逆は覚えにくい。
第七に、イメージしやすいものは覚えやすく、その逆は覚えにくい。

(不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か、米原万里)



人の関心、興味は、
植えつけられたから
育つとは限りません。

どうしようもなく惹かれてしまうものに、
人は引っ張られ、楽しませられたり、
苦しめられたりするんだなと思います。

だから、興味を育てるって言葉を
よく聞くけれど、それほど
簡単なことではないんでしょうね。(*´∀`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の全てを自分ひとりで

2016年05月25日 | 気になる言葉
世界の全てを自分ひとりで
理解することなんてこと、
できるわけがない。

わからないままで、
様々な選択をしながら
人は生きなければならない。

(太陽がもったいない、山崎ナオコーラ)



年をとれば、
見えてくるもの、
分かってくるものが増えて、

生きるのが楽になるだろう、
自信をもって生きられるだろう、
と思っていたのは、勘違いだと
最近思います。(´-ω-`)

分かってくるということは、
さらに分からないことが
見えてくるっていうこと。

そして、
場合によっては、
どうでもいいことは分かるのに、

本当に分かりたいことでさえ
分かることができないこともある
っていうこと。(*´∀`*)


手探り状態で今日も進みます・・・(*´∀`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんな苦境からも立ちなおる力がある。

2016年05月24日 | 気になる言葉
人間の魂には、
どんな苦境からも
立ちなおる力がある。

(This is the Life、アレックス・シアラー)



もうダメだ、もう無理だ、
という経験をしたときに、

ここからどれくらい立ち直れるか、
なんて考える余裕はありません。(´-ω-`)

しかし、生きていれば、
そんな経験は何回かあるもので、

否が応でも
立ち直らなければいけない
という状況は多いように思います。

たとえ逃げたくても、
人は追い込まれたら、
立ち向かっていく覚悟を
最後はするようになります。

逃げるよりも、
立ち向かう方にまだ救いがある、
ということが多いですから。

そういうことの積み重ねが、
弱い人間をちょっとずつ
強くしてくれる...

ありがた迷惑な話ですが、
それが人生のようですから、
しょうがないですね。(*´∀`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗を恐れない

2016年05月22日 | 気になる言葉
1日1日
自分自身を
選び取っていく
毎日に飽きることなく...

明日の幸せに向かって
失敗を恐れないこと

何事も勇気ある
一歩一歩よ

(死に至る病 [まんがで読破]、キェルケゴール)
 



介護、闘病、刑務所、
この3つのキーワードのどれかで
図書館の蔵書検索を行い、
本を借りてきて、と家人に頼まれたことがありました。

それらの本を読んでいると、
自分がどれだけ恵まれているか
再認識できて、心が軽くなるんだそうです。

視点が変わるってことなんでしょうね。(*´∀`*)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

適材適所

2016年05月18日 | 気になる世間

私もずっと大きな作品で
主演をやりたいって思ってきたけど、
その考えがもともと
おかしかったのかもしれない。

適材適所っていうのかな?
人には人の輝く場所があって、
そこから無理に出ようとするのも
あんまりよくないっていうか...

(世にも奇妙な君物語、朝井リョウ)



自分がどのレベルに
位置づけされる人間か、
そのとらえ方を誤ると、
待つべき時と、動くべき時の
タイミングを見落としてしまう気がします。

たとえば、病院や銀行、他のところで、
順番待ちの番号をもらうことがあります。

自分は特別だ、優遇されるはずだ、
といくら自分で思っていても、
(病院に居て、急変でもしない限り)
その順番が来るまで呼ばれることはありません。

人生も、仕事も、成績も、就活も、婚活も、
時には「順番待ち」だと思ってみれば、
今まで見えなかったものが見えるかも?(´∀`*)


石倉三郎 初主演作公開に「感無量」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好き嫌い

2016年05月16日 | 気になる言葉
ああいったことくらいでひとつの国を
わかったように思うのは危険だよ。
状況はどんどん変化して行くし、
データなんかは一年で古びてしまう。
それに経験というやつは
常に一面的だしね。

知らなければ知らないでいいんだよね。
自分が知らない
ということを知っているから、
必要なら一から調べようとするだろう。
でも、中途半端に知っていると、
それにとらわれてとんでもない結論を
引き出しかねないんだな。
どんなにその国に永くいても、
自分にはよくわからないと
思っている人の方が、結局は誤らない。

(深夜特急6、沢木耕太郎)



自分のなかにある感情で、
一番簡単で、また愚かなものは、
「好き嫌い」のように思います。(´-ω-`)

たいした知りもしないうちに、
これは好きだ、あれは好きだ、
とやってしまう。
人に対しても、ものに対しても。

それをやってしまうと、
本当に「知る」というチャンスを
逃してしまいます。

分からない言葉、
納得いかない結果、
怒ってしまいそうな出来事、などなど。

好き嫌いの感情が
湧き上がってくる前に、
ちゃんと見つめられた方が
いいんでしょうね。(*´∀`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつも後になってから気づく。

2016年05月15日 | 気になる自分
人生には様々な岐路がある。
だが、それに気づくのは
いつも後からだ。

(シャイロックの子供たち、池井戸潤)



いつも後になってから気づく。

少し気づきかけていても、
忘れてしまって
その時点を通り過ぎてから、
やっぱり、後になって気づく。

自分は、そういうことをよくやる。(´-ω-`)

ある意味、仕方ない。

しゃべってから、
言わなければよかったと思い、

食べてから、
食べなければよかったと思い、

やめてから、
やめなければよかったと思う。

いつも後になってから
冷静になれるから。(*´∀`*)

その最中には、
冷静さをなかなか取り戻せない。

でも、気づかないよりはマシだ
と思うことにして、
これからも後に気づくことで、
どうにかこうにか成長します。(p`・ω・´q)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会話

2016年05月14日 | 気になる自分
インタビューに限らず、人は本来、
誰かに自分のことを
聞いてもらえるのは嬉しいはずだ。

仕事でも日常会話でも、
「あなたに興味がある」という態度を
示すことから関係は始まる。

(図書室で暮らしたい、辻村深月)



自分の話に興味を持ってもらうために、
いろんな情報をテンコ盛りしたり、
大げさに話してしまったり、
長々と話したり、人はやってしまう。

ワタシもその一人。(*´д`*)

相手の関心が向かないと、
かえってムキになっていたり。(*´∀`*)

まず相手の話しをじっくり聞いてから
、自分の意見を述べることが大切だと痛感するこの頃。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 [ちょっと一服}人は、安上がりが大好きで、そのためなら、どんな代価でも支払う。

 
人は、 安上がりが大好きで、 そのためなら、 どんな代価でも支払う。
(リー・イアコッカ)
  
 
あります、あります、こんな事って。(´-ω-`)
何か、使命感に燃えちゃうことも。(*´∀`*)
節約って言うか、 予想以上に安上がりだと、
そのために、 どれだけの労力、時間を 使おうとも。
そんなことを考えると、 失敗はいくつも浮かびます。
一度ならず、幾度も、。(/ω\*)
オークションで 安く手に入れるつもりが、
競り合いに付き合ってしまい、
さらに送料などが上乗せされて、 新品との差額が、
たいしたことないっていう結末。
あと、食材を安く買うために、 一つ遠いスーパーに、
時間と労力をかけて 出かけたところが、
近くのスーパーでは、 閉店前の安売りになっていて、
損した気分を味わったこと。
飽くなき追求に、 終わりはありません。 結局、価値観なんでしょうね。
どこまでの「安上がり」で良しとするか。(p`・ω・´q)
お買い得♪ほんのわずかな検索で

ちょっと気になるデジタルアイテム

ナニコレ?珍商品!
  

お店で買うにはちと恥ずかしい