MBAで教える「交渉術」

MBA留学先での「交渉」の授業内容を配信。といっても最近はもっぱら刺激を受けた本やMBAについて。

ブルーオーシャン戦略

2005-08-28 | 雑記
『ブルーオーシャン戦略』って何でしょうか?
実は今年上半期からアメリカはじめ世界各地でベストセラーになったビジネス本です。
日本でも青い表紙で日本語版がこの夏から書店に並んでいると思います。

今アメリカ等のビジネス界ではこの本がけっこうなブームを呼んでいるらしく、『イノベーションのジレンマ』等の90年代のベストセラー記録を塗り替える勢いでブレイクしているらしいです。

この本の著者は筆者のビジネススクールの教授で、キャンペーンを兼ねて来日しているため、先日お会いしてきました。

本の内容はここではあえて細かく説明しませんが、
(同書のウェブサイトは http://www.blueoceanstrategy.com/)
一言で言うと教授のバイタリティに非常に刺激を受けました。

どういうことかというと、
1)とにかく説得力がある(口がうまい)
2)研究者だが、自分の研究の見せ方が極めてうまい
3)研究者だが、現実社会へのインパクトを極めて重視している
ということです。

1)はそのままですが、2)はどういうことでしょう。
要は、自分自身の研究のポジショニングとプロモーションが非常に巧みにできているということです。
経営戦略分野の先行研究で言えば、"定番"としてポーターありミンツバーグあり、今から何か出しても「ポーターのフレームワークにいくつか補足を加えたもの」といった二番煎じになってしまいがちです。
その点、彼等の研究自体が見事に著書で提唱するブルーオーシャン(手付かずでまだ競争のない領域)になっていると思います。
また本の装丁とタイトルを見れば分かりますが、全体が誰でも覚えられて印象に残る仕立てになっており、これはこれからの戦略論の一つのスタンダードになるのかもしれない、と思わせるものがあります。

3)はどういうことかというと、現実社会にパトロンを見つけてそこで実際に試すことに主眼を置いている点です。
要は本(論文)を書くことは出発点で、主眼はその後の実践に相当力を入れているわけです。
著名になる教授はみんなそうだと思うんですが、こうしたトライアルをすることや、その実績を貪欲なまでにきっちり宣伝するところが成功の秘訣なのかもしれません。
(席上、シンガポール政府やサムスン電子もブルーオーシャンをあたかも必須のものとして熱心に取り入れている、と成果を詳しく説明してくれました)

彼のような実践研究者を見ていると、名前は学者であれど実態は起業家に近いように思います。
ネタを準備し、アイデアを広め、パトロンを見つけ、アイデアをどんどん広い世界で試していく、というような。
アントレプレナー的研究者、とでもいうんでしょうね。
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« ひとつ上のプレゼン。 | トップ | 久しぶりの欧州 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【ビジネス書 レビュー】 ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (W・チャン+キム レネ・モボルニュ 著/有賀 裕子 訳) (やわらか頭で本を読もう。)
技術の進歩と言うものはかくも恐ろしい。 オイラの業界は、ミクロン~ナノレベルの高精密な技術でさえ海外との競争で叩き売りの状態が起きています。IT業界なら技術者の敷居が低くなったと同時に、価値ある技術を生み出すには、これまでに比べ、何倍も高いハードルが待ち受
書評:ブルー・オーシャン戦略 (アックインテリジェンス通信)
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する W・チャン・キム+レネ・モボルニュ(著)
ネクスト・マーケット (hello!)
今年最初に読んだ書籍は「ネクスト・マーケット(C・K・プラハラード著)」である。第2章のケーススタディは今後時間があるときに回すとして、全体を概括した第1章を読破した。 この書籍は、ボトム・オブ・ザ・ピラミッド(BOP)、すなわち経済ピラミッドの最底辺にあ...
ブルー・オーシャン戦略 W・チャン・キム (著) (アマゾン 本・CD・DVD ambiz)
ブルー・オーシャン戦略 W・チャン・キム (著)