MBAで教える「交渉術」

MBA留学先での「交渉」の授業内容を配信。といっても最近はもっぱら刺激を受けた本やMBAについて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学位を取って10年以上残るものは

2017-01-04 | MBA
あけましておめでとうございます。
今年も、皆様にとって最高に楽しい一年になりますように。

MBAを取って十数年になりますが、今日まで残っているものは何か?
ふと考えてみました。

「知識」は、うろ覚えで細かい点は忘れたことも多数。
「ワクワク感」も、だいぶ年齢を重ね、「若いころの思い出」に。
「仕事に使えるネットワーク」も、そこまでは使っていない。
学位ブランドは、ドアオープナーとして一定の効果はあるが、結局は本人次第。

やはり、残ったのは「友人」ではないかと思います。

毎年冬になると、日本に旅行に来る友人がいます。
最初は夫婦で来ていたのが、子供が一緒に来る、子供が増える、さらに子供が少しずつ大きくなる。
こちらも毎年確実に少しずつステージが変わっていく。
そのような変化が風物詩になっています。

SNSで薄くつながった同窓生多数も含め、結局これが一番はっきり残ったものかと思います。
高いお金を出して行ったのなら、もう少し人脈も仕事に活用すべきなのかも知れませんが。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国内MBAの本当の問題 | トップ | すばらしい新世界 »

コメントを投稿

MBA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。