鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

グミみたいなジュエリー・キャタピラー

2017-11-29 18:03:03 | 日記

 半透明の体がまるでグミ・キャンディのようなイラガの幼虫。

世界には100種くらいいるみたいですが、国内で私が見たことがあるのはこのアカイラガの幼虫。

10月25日に近所で見つけた5ミリほどの(たぶん)初齢幼虫を育ててみました。

まだ5ミリ

 

こんな顔

 

 

クヌギの葉をもりもり食べて、脱皮を2回ほど(奥に見える白いものが脱皮殻)

 

赤いトゲが目立ってきて、ジュエル感も増してきた。

 

 このアカイラガ幼虫。以前も何度か見たことがあり、グミのような突起がはがれている場合が多かった。突起は少しべとつくので、アリなどがいやがるみたいだ。

 でも5ミリから育てたこの幼虫は、外敵のいない安全 安心な環境にいるので

もしかすると、突起が取れないまま営繭するのかな?

と思っていたら、

ある朝。

一気に6個も突起がはがれていました。

体長は20ミリ。

 

とれた突起は不思議な形をしていた。

 その後、出窓の上を歩き回っているので、これはもう繭になるな、と

容器に土を入れてみると・・・あっという間に潜っていきました。

 羽化が楽しみです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

念願かなった夜

2017-11-14 20:05:05 | 日記

 今ね、うちの玄関にヒメヤママユが来てるの!

40年も前にアリゾナの石屋さんで買ったシーホースの玄関飾りに止まってくれた。

 

すてきな触覚のオスです。

 

ヤママユ類が灯りに来るような、そんな場所に住みたい、と願ってここ「ムーミン谷」に来たので

今夜は念願かなった夜です。

近くの森のなかへ夜いけば、きっといろいろ見つかりそうだけど

この間、町内会から「罠をしかけるので、注意!」があったばかり。

地元のひとによると、タヌキ、ハクビシン、イノシシ、クマ(ほんとかな?)が出るとのこと。

なので夜、森にはいるのは、こわい。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

出窓は飼育所

2017-11-12 12:50:11 | 日記

 東側にあって、朝陽が差し込む出窓には、生態を見たくて採集してきた幼虫や植物を置いています。

 アカイラガの幼虫の生育を見たくて、エサ(ブナ科)用にクリの枝を刺しておいたら

小さな乾いた糞が、てんてんと。

誰かいるな。

 

やはり、ヤマトカギバの幼虫がいました。

刺激にすごく敏感で、体を伸ばして葉を食べている時に近づくと

すぐ察知して、このU字形の体勢になる。

 

アカイラガの幼虫も、見つけたときは5ミリほどだったのが、脱皮をして1センチほどに成長。

ジェリー状の突起が取れる瞬間を見たくて飼育しているのだけれど

まだ突起ははがれていない。

 

庭のツツジの葉に、フタモンホシカメムシ。9ミリの小さなカメムシです。

 

 テングチョウもやってきた。

家の前の雑草にコカマキリがいた。

これはオスの褐色型。

鎌の内側にピンクの飾り。

 

2センチ以上あるオオトビサシガメ。噛まれたらたいへん。

 

 寒くなるというのに、食欲旺盛なフクラスズメの幼虫。

 

きょうは庭に、フジ、オニグルミ、アワブキ、トウカエデ、イチヂク、イチイなどを植えました。

来年、フジにウラギンシジミが卵を産みに来てくれるといいなあ。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今朝のおきゃくさんたち

2017-11-03 15:50:06 | 日記

 秋もどんどん深まっていく気配。

おだやかな秋晴れの日の朝、「ムーミン谷」の我が家に来たお客さんたち。

 

グミキャンディのような突起を体につけたアカイラガの幼虫。7㎜。

もう終齢のようですが、栗の葉を食べたあと、ぽろりと糞。幼虫時代さいごの食事かな?

アカイラガの幼虫はこのゼリーのような突起がだんだんはがれるのだけれど

これはまだきれいについている。

繭になるときは突起を全部落とすのかしら?

もう少し見守ってみよう。

 

 

出窓の上にとまっていた蛾。

ぼろぼろなのではっきりわからないけれど、ツバメエダシャクの仲間だと思う。

 

来ました!マツヘリカメムシ。

初夏には体色に緑色が混じるのだが、

今は茶色の濃淡の越冬色。

 

 外壁にはクサギカメムシ、マルカメムシ、ベランダにはナナホシテントウ。

この家は、冬場に室内にカメムシがやってきそうな気がするなあ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

木版画家 竹上妙さん、絵本作家デビュー!

2017-10-21 15:15:48 | 日記

木版画家 竹上妙さんから『マンボウひまな日』を送っていただきました。

拙著のカヴァーやポスターで何度も作品を提供してくださった竹上さん、

いよいよ絵本作家デビュー。おめでとうございます!

 

海のものも、山のものも、さまざまな生き物が登場します。

どのページも竹上妙ならではの、生命力ではちきれそう。

初著作からこのすばらしさ。どんなに大きく成長されていくのか、たのしみでなりません。

 虫も登場。

11月はじめには、書店に並ぶそうです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「ムーミン谷」の虫だより ①

2017-10-09 13:27:07 | 日記

 自宅と事務所の2か所の引っ越しを終え、まだ空いていない段ボールもありますが、

新しい住処を楽しむ余裕が少しでてきました。

 日高市(北海道の日高とは違います)は埼玉県の南西部に位置し、

我が家のある場所は標高が200mくらい。

家から2分のところにある標識からは、天覧山や、「ムーミン谷テーマパーク」建設中の宮沢湖に通じています。

このあたり、どれも魅力的な道が続いていて、どこに行くか迷います。

 

 朝起きると、とりあえず外へ。

ゴミ出しのついでにも、虫さがし。

 ムモンホソアシナガバチ。全体のフォルムといい細部といい、美しいのひとこと

 クサカゲロウの一種

 

ツワブキの葉裏にエグリグンバイ

 

庭に来たクモヘリカメムシ

 

クズの葉でコミスジの幼虫も見つかった。

 

コミスジ幼虫の顔って短いけれど突起があるんだね。

 

家の中にも、なにげに虫が。

 コガタカメノコハムシの一種かな。

以上、家から数分範囲で見つかった虫ばかり。

明日の朝は、陽が昇らないうちに、ヤママユ類を探しに行こうかな。

 

 まだ新しい環境に慣れないので、なんだか旅行しているみたいな気分です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「ムーミン谷」で虫さがし?

2017-09-14 19:23:23 | 日記

 夏からずっと、家を探したり、引っ越しの準備をしたりで、忙殺され続けています。

渋谷で30年間使ってきた事務所も同時で、ダブルの引っ越し・・・・・・。

 なんとかまわりに虫が濃い場所に家を見つけたいと、昆虫写真家のSさんに相談したら、

〇〇がいいんじゃない?と。

 で、日高市というところに気に入った家を見つけました。

近くで「ムーミン・テーマパーク」というのを建設中らしい。

トーベ・ヤンソンのファンの私に娘が

「おかあさん、とうとうムーミン谷にたどり着いたね!」と。

 引っ越し完了まで、あと少し。

すごい荷物の混沌のなかにいます・・・・・・。

クズの花のウラギンシジミの幼虫も見たい、アケビにはアケビコノハの幼虫もいるだろう、

などなど、気もそぞろですが、いまはぐっと我慢。

買ったばかりのTG-5もまだほとんど使えない状態。

 そんななか、マンションの前のシラカシで、ビジョオニグもがいっとき虫心を慰めてくれました。

 

ああ、早く「ムーミン谷」で虫をさがしたいーーー!

庭は小さいけれど、「集虫力」のある庭にしたい、と

夢は膨らみます。

「ムーミン谷の虫便り」、来月になれば書けるかなあ。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

中学校の「虫部」のみんなと校庭で

2017-08-08 17:00:40 | 日記

 こう暑くては、小さな虫をさがし歩くのはかなりしんどい。

今、マンションの売却や引っ越し(もっと周りに虫が多いところに住みたい!)などに忙殺されていることもあり、この夏はあまりフィールドに出る時間がありません。

そんななか、先週は千葉にあるある中学校の「虫部」の活動にお邪魔してきました。

 人生のさまざまなステージで、虫とずっと同じ関係を保ってける人はめったにいないと思う。

特に受験がからむ中学、高校就学期間はどうしても虫から離れがちなのも無理のない、自然のなりゆきかと。

 そんなこともあるのか、赤ちゃんを背負った夫婦から直角に腰が曲がった80歳台の方まで

いろんな年齢の人たちとフィールドをともにしてきた私も、中学生といっしょに、というのは

経験がない・・・ドキドキ。

 ひょんなことから、この中学で虫をテーマに指導、活動している先生と知り合うことができ

この日の訪問となりました。

 中学くらいだと、どんなに虫が好きでも、虫さがしのために遠出したり、海外に行ったりというのは

まず望めないこと。

そこで、彼らの日常のなかで観察が可能な「校庭」での虫をさがしをしてみることに。

 先生の活躍で、プールの裏などの草むらは雑草を刈るのはやめてもらったときいていたのですが

虫を探せるような場所があちこちにある校庭でした。

 5,6人かな、と思っていたら、びっくりなことにこの日参加した部員だけでも15名。

うち4名が女子でした。

 

 さっそく校庭へ。

 実はお邪魔する前に、先生を通じてセミ、チョウなどの花形昆虫以外の

小さな昆虫も校庭で探してみてほしい、そして当日私に教えてほしい、とお願いしてありました。

 

 さて、虫を探し始めると、みんな嬉々としています。

虫さがしって、宝探しみたいなものだもんね。

すぐに私も溶け込んで、いっしょに虫目に。

すると、「ここに○○がいたんです」とか「昨日ここで○○をみました」などと

教えてくれます。

私のお願いをみんなで実行してくれたのが、すごくよくわかりました。

 

 

網をもっている生徒もいましたが、大半はカメラで記録、という観察が主流のようでした。

 この日はヨコバイの幼虫とか、カメノコハムシの幼虫とか、ハゴロモ類がたくさん。チョウやガの幼虫も見つかりました。

こういった普通はあまり目につかない小さなものも、ちゃ~んと見つけているのに感心!

 1時間余り外の観察をしたあとは、部室にもどり、みんなで名前調べや記録の時間。

なんと一人に1台ずつPCがあり、また図鑑もそろっています。

川邊透さん著『昆虫探検図鑑1600』のマトリックスが大人気。

 

 しかし、若い目は「虫目がいい!」と痛感。

あそこあそこ、と教えてもらっても、私には「どこ、どこ?」なことも多かった。

 学生時代はなんといっても部活の花形はスポーツ部。

「むし部」に入っていて、友達から何かいわれない?と訊いていみると、

多少はあるけれど、今では友達もわかってくれている、という返事が大半でした。

そしてこの日集まってくれた15人全員が、「家族は理解してくれている」と答えていたのが印象的でした。

 

 4名の三年生はこの日の活動を最後に、三年間の活動をまとめた研究レポートや作品を秋の個人コンクールに出展して締め括り、そして受験のラストスパートに突入。さらに11月の秋のコンクールに向けて頑張るのが、三年生から代を引き継いだ二年生と一年生たちなのだそうだ。

3年間はあまりに短い。

でも、今後どんな道に進むとしても、中学時代に、ふつうは気が付きもしない小さな虫の世界の面白さに触れた体験は、きっと彼らのなかのどこかに残るに違いない、いや、そうであってほしいなあ、と願いながら、整列して元気よく挨拶してくれた虫部のみんなに別れの挨拶を返しました。

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ヒアリ狂想曲

2017-07-10 17:54:03 | 日記

 もうずいぶん前のこと。

 フィリピンのカオハガンという島へ貝の採集に行ったとき、砂がこんもり盛り上がった個所を知らずに踏んでしまい、小さくて赤茶のアリがわあーっと足に登ってきてすごく痛くて、ホラーだった。

 貝を集めるのに夢中で3回くらい踏んでしまい、痕が赤く残ったけれど、何にも知識もなかったので、治るまで我慢していたのを思い出す。

 人口200人、徒歩30分で一周できる、電気もなく、住民はトイレも使わない島で、外との交易などほとんどないわけだから、たぶんヒアリとは違う種だったと思うけど。

 ヒアリが怖いからって・・・アリの無差別大量殺害のほうが怖いよ。

 

下記のサイトはわかりやすく、おもしろく正確な知識を得ることができます。http://numagasa.hatenablog.com/entry/2017/07/09/115705

 

これで、「虫はすべからく毒を持っており、忌避すべき」という風潮が高まるんだろうなあ・・・

と思うと、しごく残念。


この記事をはてなブックマークに追加

卵発見

2017-06-19 09:16:07 | 日記

 日曜日にはウォーキング会の侵攻に撤退したのですが、

気になるので、水曜日にまた同じ木を見に行くと、

ありました!!!

大きくて薄緑色の美しい卵~

 

ナガメも羽化していました。

 

おまけにヒメトラハナムグリも!

 


この記事をはてなブックマークに追加