鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

とんでもない間違い

2017-05-11 07:45:30 | 日記

 拙著新刊『どんどん虫が見つかる本』が発売になりましたが、

なんと、がっかりなことに大きな間違いが!

 虫の各部の名称を示す箇所で、「腹部」と「胸部」がさかさま!!!

 

 何度も校正したのに、こんな大きな間違いがあったなんて・・・・・・。

言い訳しますと―

当初正しい位置にはいっていたものが、デザイン修正の段階で

こうなってしまったようです。

 実は最近のデザインアプリケーションには、前回出した『わたしたちのカメムシずかん』でも

泣かされました。

 原稿で正しく書いても、デザイン処理の段階で、画数の多い地名などが、略字体に自動的に変換されてしまう、ということが起こりました。

 思いもかけない大きな間違いがデザイン処理によって起こる―これは著者にとっていかんともしがたいけれど、ほんとうにがっかりであり、読者の皆様に申し訳ないこと。

心からお詫びし、訂正いたします。


この記事をはてなブックマークに追加

えらく不人気なフジ棚で

2017-05-07 07:34:45 | 日記

 フジの花や新葉にいるウラギンシジミの幼虫を見つけられないまま、花が散っていきます。

連休、なじみの公園へ行くと、あら、満開のフジ棚に誰もいない!

ちょうど昼どき。ひとりじめ状態でお弁当食べるぜいたく。

 

そのあとは、付近のクリやサクラで、

クロボシツツハムシや

 

バラルリツツハムシや

 

ヒメクロオトシブミ

 

小さな流れのあたりにはカワトンボ

 

 半月前にここで見つけて飼育しているカバイロモクメシャチホコの幼虫も

そろそろ終齢となり、すごい食欲。

今年はシャチホコガの幼虫をもっと見つけたいです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

あれもこれも見ないうちに、春が過ぎていく

2017-05-01 08:15:56 | 日記

 きのうは去年必死に探して1匹しか見つけられなかったヒロバツバメアオシャクの幼虫にフォーカスして、新梢を伸ばしてきたサクラ並木を見に行きました。

これこれ!

 

でも、見つからなかった・・・

夫と手分けして並木の両側を50本くらい見たのだけれど。

去年見つかった木はそのなかでも特に新梢が赤っぽい木でした。

でもこの時期のサクラは幼虫レストランだから、いろいろ。

縦のすじがある幼虫が気になったけど名前がわからない。

 不明幼虫。

 

チャエダシャク。

 

オカモトトゲエダシャク。

 

 

エゴではもうオトシブミが揺籃を巻いていた。

 

イチモンジカメノコハムシも盛んに交尾。

 

ほどなく羽化しそうなアカスジキンカメメムシの終齢幼虫。

 

 

これでもか、というほど野菜の乗っている野菜ラーメンで遅い昼食。するとその中華屋さんの庭にフジ!!!

ウラギン!と思って花を見たけど見つからなかった。

幟をしまいに来た中華屋さんの奥さんが、異様にフジに執着している私を不思議そうに見ていました。

 

いろいろ見つからなかったけど、いろいろ見つかった一日でした。

タイトルの「あれもこれも・・・」は、去年の今頃、昆虫写真家Sさんのブログのつぶやき。

身に沁みるなあ・・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

江刈小学校新校舎にカメムシコーナー

2017-04-26 08:21:42 | 日記

 去年秋に上梓した『わたしたちのカメムシずかん』制作でなんどもお邪魔した岩手県葛巻の江刈小学校。新校舎になりました。おめでとうございます!

 地元の木だけを使った総木造の新校舎にはこんなコーナーも。

 

いっしょにカメムシ調査をした子どもたちもどんどん巣立っていき、先生たちも異動に。

万物は流転す、なのです。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

急に駆け足な春

2017-04-18 07:39:13 | 日記

 今年は虫の出が遅い、1週間以上遅れている・・・・・・・こんな声があちこちから聞こえた今年の春ですが、いよいよと思ったら、いきなり駆け出した感が。

ま、まってぇ~

 

 近所の自家菜園の際に生えているクコに、今年もトホシクビボソハムシが姿を現したかと思うと、もう卵が。

 

 先週末の森林公園では、サクラの葉に食痕があらわれ始め、

 

葉裏をのぞけば、こんな幼虫。

疑似柵にも。

この時期の幼虫は、小さすぎて種を調べるのが困難です。

 

でも、これはわかるわね、ヒメヤママユの3齢くらいの幼虫。

 

ハンターたちも始動!

マミジロハエトリのオス。

 

ネコハエトリも。

 

おっきな獲物にじりじりと近づくサシガメの子どもは、ちょっと腰が引けてる。

小さな体で活発に歩き回るナナフシモドキのこども。

 

花にはアブがきている。

 

イチモンジカメノコハムシの姿もありました。

冷蔵庫の野菜室に、人間用ではない葉物がどんどん増えていく季節となりました。

1日、1日フィールドの様子は足早に変化していきそうで

目が離せないなあ。

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

拙著新刊カバーです、ぜひ!手に取ってみてください

2017-04-03 17:31:34 | 日記

 きょうは拙著新刊『どんどん虫が見つかる本―虫の楽しみ365日』の入稿日でした。

いよいよ印刷にはいります。

これがカバー。

虫と、虫を見つけている人の写真でつくりました。

アマゾンでも予約受付がはじまったようです。https://t.co/S3TbaQZh7T

発売日が5月10日となっていますが、もう少し早いんじゃないか、と思います。

GW中だといいなあ。

  書店などでこのカバーを見かけたら、ぜひ手に取ってください!

そして、おりしも虫のピークシーズン、観察のお供にしていただけたら

こんなにうれしいことはありません。

 よろしくお願いいたします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

ハンドブックシリーズ新刊は『落ち葉の下の小さな生き物」

2017-03-19 11:02:21 | 日記

 

 まだ、やってるの~?!と言われそうですが、・・・まだやってます。印刷物をつくるのは

時間がかかるんです。

最近ではまずはPDFの画面上で校正し、赤をいれていくので、私のようなうっかりものは、見落としが心配でびくびく。不安で胃がきりきり。

で、ここで初めて「紙」に出した状態で校正まできた、というところです。

このまま順調に進めばGWのはじめに発売となりそうです。

で、タイトルが決定。

なんと

『どんどん虫が見つかる本―虫の楽しみ365日』

「どんどん・・・」って・・・ほんとかね(auの三太郎CMじゃなし)、と著者も思っているけど

実用書のタイトルは版元の営業の意見もあるので、

まあ、こうなりました。

 

校正の打ち合わせの時に、文一さんからいただいた『ブンイチ』第2号とハンドブックシリーズの新刊『落ち葉の下の小さな生き物』。

『ブンイチ』のほうでは特に「ピンセットを使う愉しみ』と『山田、マラリアにかかったってよ~』が面白かった。

『ブンイチ』は無料の情報誌なので、書店などでもらえます。

 

 

『落ち葉・・・』の表紙、ふと手に取ってみたくなるかわいさ!ミミズもさりげなく下のほうでのたくっています。

 

表4(裏表紙)には吸われてもいいから一度見てみたいヤマビルの卵嚢。

 

さて、作業にもどります。(ちなみにこちらの本にはヤマビルの写真は出てきませんのでご安心を)

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

やっと峠を越えたかな

2017-02-25 09:37:55 | 日記

 4月末、ゴールデンウィーク直前の発売を目指して、暮れから取り組んでいた新著の制作。

やっと峠を越えたかな、というところまで来ました~

ちょっと気温が上がると心もそぞろ。

 本のタイトルはまだ迷っているのだけれど、テーマはいろんな虫の見つけ方。

この、「いろんな」というところが曲者。

さまざまな分野の虫を取り上げているので、自分の経験不足や観察不足に自信をなくしたり。

 この本には、今までいろんな場面でいっしょに虫を探してきた方たちの写真がたくさん載ります。

みなさんの虫探しの様子をたくさん並べてみると、そこからは虫を楽しむ喜びのオーラが!出て、

読む人に感染するといいなあ、と思いながら。(お顔がはっきり写っている方には事前に掲載のご承諾をいただきます)

 

 一足先に、先日発売になったご存じ山口進さんの『珍奇な昆虫』(光文社新書)。

山口さんは、昆虫探検写真家。

この「探検」っていうところが、凝縮されているのがこの本。

美味しい飴をちびちび舐めるように、自著制作の合間に読んでいます。

 

 でも、本の制作に忙殺されるのは冬でよかったかも。

他の季節だったら、フィールドに行きたいのを我慢するのがどんなに辛かったかと思うと。

「プレミアム・フライデー」って、なにそれ?

もの書きは、自分で仕事の時間を厳しく(笑 ごとじゃない)管理しないといけないので

全く関係ない世界だなあ、なんて思ったきのうでした。

 

これは去年3月はじめの、よく行く里山の様子。

 

 えーと、あとコラムを3本、小コラムを2本、まえがきと謝辞を書いたら・・・出かけよう~

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

オオキンカメムシを見に海の方へ

2017-01-21 08:36:29 | 日記

 連日、リストとにらめっこ。

4月に発売予定の本の制作に追われています。

野外で見つけるとうれしい(と私が勝手に感じている)、これだけは見ておきたい、見つけるともっと見つけたくなる・・・そんな虫たちをリストアップして、写真と解説でつくるページに予想どおりの苦戦。

でも、やっと終わりが見えてきたかな?

 欲求不満になるので、今月中旬には、神奈川県の南のほうへ

12月に見つけることができなかったオオキンカメムシの越冬集団をさがしに。

いろんな照葉樹が雑然と生えていて、いかにも、という場所。

 

カメムシの越冬はだいたい集団をつくるのですが、

ここのは、あちこちに2、3匹と、散乱している感じ。

真冬にこんな大きさのある、しかも派手な色合いの虫をみると、元気が出ます。

 

 しかし、ほとんどのオオキンカメムシは枝の上のほうの葉裏に。

こういうときは、背が低いのがうらめしい・・・・。

あ、でも、私向けに、足元の草の上にも1匹!

 

 この日はアロエが花盛り。

誰が花粉を媒介するのか、とみていると、アブでした。

 

 

 でも、ああ遠き春よ・・・

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

cancanライトで遊ぶお正月

2017-01-03 12:21:56 | 日記

あけまして、おめでとうございます。

去年お世話になったカメムシと宮崎で買ったタイ製のツノゼミの置物を飾りました。

 

 穏やかないい気候のお正月、いいですね。

45年間実家のある鎌倉の銭洗い弁財天に初詣にいってお札を洗ってきたけれど、

あまりに混むし、ご利益も感じられない(笑)ので、

今年は九品仏の浄真寺へ。

おみくじはひかない私ですが―
娘:あら、オマケついてるよ
私:じゃあひいてみるか・・・オマケ、熊手だった
娘:わたしとおなじだ、8種類あるみたい。だるまがほしいなあ~
私:もういっこ、やってみようか?でるかもよ。...
娘:ガチャじゃないんだから 笑

 仕事で外出がままならないので、

例の「cancanライト」でつかの間、虫撮り。

光がきれいにまわる虫撮り必携ライト

 

2ミリのジュウジチビシギゾウムシ。もう2か月もリンゴを食べて元気です。

 

ちょうど出てきたハエトリグモの幼体の目に、ハート~

 

 来週は越冬オオキンカメムシを見に行く予定。

楽しみです。

 

 今年も、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


 

 


この記事をはてなブックマークに追加