鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

こんな低い場所に!

2018-02-18 10:31:45 | 日記

 風がまだ冷たかったけれど、じっとしていられなくて朝近所に散歩。

山道に入ったすぐのところで、あっ!

 ウスタビガの黄緑色の美しい繭が。

ふつうは高い木の梢にあるので、見上げるばかりだけれど

地面から20センチくらいのこんな低い場所で見たのは初めてで、目を疑った。

身長の低い私にはうれしいうれしいプレゼント。

ウスタビガが羽化するのは晩秋。

だからもちろんなかは空っぽだけれど

こんなしっかりした繭から羽化するにはすごい力がいるだろうな、と実物に触ると実感される。

まだ風の寒い早春の散歩が一気に華やいだ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

春告げカメムシ

2018-02-16 08:40:44 | 日記

 ああ、春って、こうだったよなあ、と感じた昨日、

11月のはじめに玄関扉にいたのを飼育していたマツヘリカメムシが

春を感じたように、動き出しました!

ずっと、死んだように動かなかったのに。

マツヘリカメムシは1.5センチ以上ある大型で、渋い模様が美しいので好きなカメムシです。

マツの新芽をのぞくと見つかることがあります。

 

 2階の寝室へいくと、ブーンと羽音が。

部屋のどこかで冬を過ごしていたのか、

サッシのところにクヌギカメムシ。

岩手県葛巻小学校で越冬カメムシを観察したときにも感じたのだけれど、

越冬していたカメムシたちは、いざ目覚めるといきなり力強く動き出すよう。

すぐスイッチがはいるんだね。

 「春が来ましたよ~!」とカメムシたちに告げられた昨日でした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

冬、長いな・・・

2018-02-09 16:32:36 | 日記

 ありがたいことに、自宅付近の雪はもうほとんどとけて、地面が乾いています。

とんでもない大雪に見舞われている日本海側のみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

雪って、とめどなくあとがたいへん・・・・・・。

 

 近くの林道の入り口は、コンクリートの数段の階段が凍り付いてつるつる。

なのに、林のなかはもうほとんど雪の姿はなく、雪が長く残るのはコンクリートの上なんだなあ、と。

 これからの季節が楽しみな大好きな場所を見つけました。

 

地面がブナ科の葉で覆われている。

 

まだみんな樹皮の下。

ミクロの蛾

 

トゲヤドリカニムシかな?

 

きらっと光った青いコウチュウの翅

 

クロウリハムシもここにいたか。

 

ジョロウグモの卵のう

 

 雪で苦しんでいる人たちのことを考えると心底いやになるけれど、地面がしっかり保持した水分が植物にも虫にもいいらしい。いいことも、悪いことも。 

まだ木々の芽はかたいけれど、もう少しだね。


この記事をはてなブックマークに追加

今年も、こんな感じで

2018-01-04 16:09:29 | 日記


この記事をはてなブックマークに追加

冬の「ムーミン谷」

2017-12-20 14:03:14 | 日記

 今年はなんか冬が早くはじまったような気がしませんかぁ?

なんとなくソンをしている感じ。

 「ムーミン谷」は埼玉県にあるので(笑)、今まで住んでいた神奈川県より若干寒いです。

自宅のまわりは標高も200mありますしね。

 で、近所を歩くのはお昼前後の日差しのある間。

 ウラギンシジミもツバキの葉上で日向ぼっこ。

近づいても動こうとしないので、顔をのぞきこんだら・・・

こんなビックリ顔でした。

翅はもうぼろっちいけれど、ガンバッて冬を越してね。

 

おっ、ミバエの仲間が。アザミケブカミバエかなあ?ミバエは種名を調べるのに苦労します。

ミバエは不思議なダンスを踊ります。

左右の翅を、交代に横に振り上げながら、どうも頭の先に見える水分(他の虫の尿かな?)を

舐めるための動きのようです。

翅、きれいだなあ。

 

陽が陰ってきたので帰ろうと思って、ふと錆びた金属製の柵の上にめをやると、

あ、そのシルエットと歩き方、遠くからでも誰だかわかるよ~

「ワニ」そっくりだけれど、1センチの大きさのコミミズク。

 明日もお天気がよければ、日差しのあるうちに歩こう!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

グミみたいなジュエリー・キャタピラー

2017-11-29 18:03:03 | 日記

 半透明の体がまるでグミ・キャンディのようなイラガの幼虫。

世界には100種くらいいるみたいですが、国内で私が見たことがあるのはこのアカイラガの幼虫。

10月25日に近所で見つけた5ミリほどの(たぶん)初齢幼虫を育ててみました。

まだ5ミリ

 

こんな顔

 

 

クヌギの葉をもりもり食べて、脱皮を2回ほど(奥に見える白いものが脱皮殻)

 

赤いトゲが目立ってきて、ジュエル感も増してきた。

 

 このアカイラガ幼虫。以前も何度か見たことがあり、グミのような突起がはがれている場合が多かった。突起は少しべとつくので、アリなどがいやがるみたいだ。

 でも5ミリから育てたこの幼虫は、外敵のいない安全 安心な環境にいるので

もしかすると、突起が取れないまま営繭するのかな?

と思っていたら、

ある朝。

一気に6個も突起がはがれていました。

体長は20ミリ。

 

とれた突起は不思議な形をしていた。

 その後、出窓の上を歩き回っているので、これはもう繭になるな、と

容器に土を入れてみると・・・あっという間に潜っていきました。

 羽化が楽しみです。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

念願かなった夜

2017-11-14 20:05:05 | 日記

 今ね、うちの玄関にヒメヤママユが来てるの!

40年も前にアリゾナの石屋さんで買ったシーホースの玄関飾りに止まってくれた。

 

すてきな触覚のオスです。

 

ヤママユ類が灯りに来るような、そんな場所に住みたい、と願ってここ「ムーミン谷」に来たので

今夜は念願かなった夜です。

近くの森のなかへ夜いけば、きっといろいろ見つかりそうだけど

この間、町内会から「罠をしかけるので、注意!」があったばかり。

地元のひとによると、タヌキ、ハクビシン、イノシシ、クマ(ほんとかな?)が出るとのこと。

なので夜、森にはいるのは、こわい。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

出窓は飼育所

2017-11-12 12:50:11 | 日記

 東側にあって、朝陽が差し込む出窓には、生態を見たくて採集してきた幼虫や植物を置いています。

 アカイラガの幼虫の生育を見たくて、エサ(ブナ科)用にクリの枝を刺しておいたら

小さな乾いた糞が、てんてんと。

誰かいるな。

 

やはり、ヤマトカギバの幼虫がいました。

刺激にすごく敏感で、体を伸ばして葉を食べている時に近づくと

すぐ察知して、このU字形の体勢になる。

 

アカイラガの幼虫も、見つけたときは5ミリほどだったのが、脱皮をして1センチほどに成長。

ジェリー状の突起が取れる瞬間を見たくて飼育しているのだけれど

まだ突起ははがれていない。

 

庭のツツジの葉に、フタモンホシカメムシ。9ミリの小さなカメムシです。

 

 テングチョウもやってきた。

家の前の雑草にコカマキリがいた。

これはオスの褐色型。

鎌の内側にピンクの飾り。

 

2センチ以上あるオオトビサシガメ。噛まれたらたいへん。

 

 寒くなるというのに、食欲旺盛なフクラスズメの幼虫。

 

きょうは庭に、フジ、オニグルミ、アワブキ、トウカエデ、イチヂク、イチイなどを植えました。

来年、フジにウラギンシジミが卵を産みに来てくれるといいなあ。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今朝のおきゃくさんたち

2017-11-03 15:50:06 | 日記

 秋もどんどん深まっていく気配。

おだやかな秋晴れの日の朝、「ムーミン谷」の我が家に来たお客さんたち。

 

グミキャンディのような突起を体につけたアカイラガの幼虫。7㎜。

もう終齢のようですが、栗の葉を食べたあと、ぽろりと糞。幼虫時代さいごの食事かな?

アカイラガの幼虫はこのゼリーのような突起がだんだんはがれるのだけれど

これはまだきれいについている。

繭になるときは突起を全部落とすのかしら?

もう少し見守ってみよう。

 

 

出窓の上にとまっていた蛾。

ぼろぼろなのではっきりわからないけれど、ツバメエダシャクの仲間だと思う。

 

来ました!マツヘリカメムシ。

初夏には体色に緑色が混じるのだが、

今は茶色の濃淡の越冬色。

 

 外壁にはクサギカメムシ、マルカメムシ、ベランダにはナナホシテントウ。

この家は、冬場に室内にカメムシがやってきそうな気がするなあ。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

木版画家 竹上妙さん、絵本作家デビュー!

2017-10-21 15:15:48 | 日記

木版画家 竹上妙さんから『マンボウひまな日』を送っていただきました。

拙著のカヴァーやポスターで何度も作品を提供してくださった竹上さん、

いよいよ絵本作家デビュー。おめでとうございます!

 

海のものも、山のものも、さまざまな生き物が登場します。

どのページも竹上妙ならではの、生命力ではちきれそう。

初著作からこのすばらしさ。どんなに大きく成長されていくのか、たのしみでなりません。

 虫も登場。

11月はじめには、書店に並ぶそうです。

 


この記事をはてなブックマークに追加