鈴木海花の「虫目で歩けば」

自然のディテールの美しさ、面白さを見つける「虫目」で見た、
身近な虫や植物の観察や飼育の記録。

イモムシ写真コンテスト 応募数51点!

2016-05-29 21:15:54 | 日記

 北杜市オオムラサキセンターにて、

来る6月4日に開催予定の『鈴木海花・むし塾プロデュース「安田守のイモムシ塾」』に先立ち、

自慢のイモムシフォトを募った「イモムシ写真コンテスト」。

 20点くらいは応募があるといいねえ、と担当者と言っていたのですが

なんと、51点もの応募が!

 応募作はすでにプリントされて、オオムラサキセンター館内に展示されています。

当日の受賞作発表に向けて、今週安田守さんの審査が。

イモムシ写真、が51点なんて迫力あります。

6月4日、安田守賞に輝くのは、もしかするとアナタの作品かも。

結果はまた当ブログでお知らせします。おたのしみに。

たくさんのご応募、ほんとうにありがとうございました!!!

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ヨダン、クモマ、ウデブト

2016-05-24 07:40:22 | 日記

 おとといはハエトリグモの研究者Sさんといっしょに、

観たいと思いつつ、今まで自力では見つけられていない

ヨダンハエトリ、クモマハエトリ、ウデブトハエトリを観に、神奈川県の公園へ。

この3種、とてもきれいなんですが、とにかく小さい。

ヨダンとクモマは7ミリくらい、ウデブトは5ミリくらいです。

カラフルなヨダンハエトリのオス

 

 

ウデブトハエトリ。名前のとおり!

 

そしてこれが、Sさんによってクモマハエトリ(雲間ハエトリ)と名付けられた

彩が美しい♀。

薄いブルーの背、黄色の脚、そして雲のあいだからさす太陽のような赤いキバ。

 

 翌日は久しぶりの筋肉痛。

つまりいつもの観察ではとっていない姿勢をとりつづけた結果。

今まで見つけられなかったはずです。

筋肉痛が、図らずもそれを示しています。

 どこで、いつ、どんなところに注目すればこれらのハエトリグモを見つけられるのか、は

来年出版予定の本で、くわしく!

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

イモムシグッズ、続々!

2016-05-21 18:36:42 | 日記

 6月4日(土)開催予定の『鈴木海花・むし塾プロデュース「安田守のイモムシ塾」』に

多数参加お申込み、ありがとうございました。

現在お申込みが定員に達して(ちょっとオーバーブッキング気味 笑)いますので、以後のお申し込みはキャンセル待ちになりますのでご了承ください。

 さて、このイモムシ塾開催時に、以前お知らせしました西塚emさんによる

イモムシ・マスキングテープを特別価格にて予約販売いたしますが、

その後もイモムシグッズが増えていますので

ご紹介します。

なんと、マグカップです!

私もさっそく予約しましたー

(1500円)

 

つづいてイモムシノート、2色 (各500円)

 

 

 

 

スマホカバーも。

(3000円)

 

 予約してくださった方には6月4日にお手渡しいたします。

再度お手数ですが、ご希望の方は 5月31日までに、 mushijuku@yahoo.co.jp

 までメールでお知らせください。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ヒヤッと心地いい5月の低山地で

2016-05-16 11:58:17 | 日記

 身近な虫もいいけど、ちょっと違う環境にいる虫も見たいと思って久しぶりに低山地へ。

 5月の林道は風がちょっとヒヤッとして、いい気持ち。

 

同じアブラチャンの木にいながらまだ出会っていないヒゲナガオトシブミの男女

「会えると いいね〜」

 

アオジョウカイ

 

アオハムシダマシ

 

イチモンジチョウ

 

キマエホソクロバ?

 

コブオトシブミ

 

ヒロバトガリエダシャクのたぶん終齢。

サングラスなんかかけちゃって、いい幼虫だねぇ

 

脱いだ頭の殻を積み上げているリンゴコブガの幼虫。

 

ひとときもじっとしていないジュウジアトキリゴミムシ

 

外郎のようなモチモチ感が好ましかったハバチの幼虫

 

 やっぱり標高が違うと、違う虫がいて、初夏を堪能した楽しい一日だった〜

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

けっこう好きです、グンバイ

2016-05-14 18:35:52 | 日記

 エグリグンバイ、まだ見たことないなあ、見たいなあ……とばくぜんと考えながら歩いていたら、

あ、フキあるじゃん。

で、おりました。

首の後ろにエアバッグ2つつけているような、

グンバイのなかでもかなり、変なやつ。

 

おなか側はこうなっています。

 

こちらは、羽化したてで「異星の白い女王様」みたいなツツジグンバイ。

今年はいろいろ見たいグンバイです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

こんなところにコミミズクが・・・

2016-05-05 09:41:23 | 日記

自宅から駅までの道にあるコジャレた安普請のメゾネット型マンションの前にある、

これまたとってつけたような海の向こうからもってきたコジャレたベリー類の幹で、

アナタを見るとは思ってもいませんでした。

たぶんコミミズクの成虫。

冬の公園の手すりでよく幼虫を見かけるけど成虫は初めて。

アナタも植木にくっついて海の向こうから来たのかなぁ。


この記事をはてなブックマークに追加

野菜室が食草で・・・

2016-05-01 17:12:15 | 日記

 冷蔵庫の野菜室が、人間用の野菜より幼虫用の葉でいっぱいに・・・。

サクラ、アワブキ、サルトリイバラ、アケビ、ミズキ

この間ヒメヤママユ用にとっておいたミズキの葉のなかから、

こんなのが出てきた。

2.5センチくらい。

調べたら、ヒトツメカギバという蛾の幼虫みたい。

しぐさが活発で、愛嬌がある感じ。

とっても得した気分です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

GW初日 夫のおみやげ

2016-04-29 17:36:35 | 日記

 今日の夫のおみやげ―ワケあって私が今いちばん欲しいもの・・・

ヒロバツバメアオシャクの幼虫!!!

わ〜い!!!

桜の新梢のほんのりピンクの色合いをそっくりまねています。

体長は3.5センチくらい。でも頭部はゴマ粒くらい小さい。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

「イモムシ・マスキングテープ」予約販売

2016-04-27 20:18:59 | 日記

 6月4日『鈴木海花・むし塾プロデュース「安田守のいもむし塾」』にさっそくたくさんの参加お申込みいただき、ありがとうございます!

 第一部は30名が定員で、もうすぐ満員になりそうです。

 

 ところでこのイベントに関連して、もうひとつお楽しみができました。

 京都在住のイラストレーター 西塚emさんによる、11種のイモムシのマスキングテープです。

 

 

 

他にもいろいろアイテムがつづけてつくられているようで、

マグカップもほしい!

https://twitter.com/doxxxem

マグカップなどは11月のジュンク堂昆虫展で販売したいと思いますが、

とりあえず、6月4日にイベントに参加される方で、マスキングテープご希望の方に

予約販売いたします。(当日お渡しします)

虫のマスキングテープ、いろいろに楽しめるアイテムなので私もつくりたいのですが・・・・・・なにしろオリジナルのマスキングテープというのはロットがすごくて、初期投資がかなり高額になってしまうので、なかなかできない・・・・・・。

これもオリジナルなので、ちょっと値段がはるのが玉にキズですが、

今回のイベント特別価格で1個600円で販売いたします。(作者直販なので税金はかかりません)

 ご希望の方は、お手数ですが、こちらまでメールでお知らせください。

mushijuku@yahoo.co.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

『イモ・コン』への応募、お待ちしています!

2016-04-25 17:25:20 | 日記

 先にお知らせしましたオオムラサキセンター『イモムシ塾』関連の『イモムシ写真コンテスト』(イモ・コン)。

 あちこちにイモムシ、ケムシがいっぱいのこの季節、ぜひご自慢のイモムシ写真で応募してください。

こちらから応募できます。

http://oomurasaki.net/events/event/3903.html

 

 

(アケビコノハ2齢幼虫。こんなに小さいのにもう目玉模様ぱっちり!)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加