本山硯士の円心五法の真髄

「円心五法」の真髄を中心に健体康心についての気づきをお届けしています。

円心五法の真髄593 三社祭でエネルギーを充電する!

2017年05月24日 | Weblog
外人の観光名所としても有名な浅草の浅草寺、その右手にあるのが浅草神社です。

明治維新の際、神仏分離令により浅草寺との袂を分かち、三人の神様を祀っていたことから「三社明神社」が誕生しました。

その後、明治6年に現在の「浅草神社」となりましたが、今でも「三社さま」として親しまれています。

今年の三社祭は19日から21日で行われました。21日の午前6時に三基の本社神輿が宮出しされます。

今まで中々行く機会がなかった宮出しを見たくて4時半に起床し、5時半過ぎには浅草に着きました。

さて、どこで見るのがいいだろうと、うろうろして五重塔の前に陣取りました。


6時過ぎに浅草神社の宮から一基ずつ宮出しされた神輿が来るはずですが、掛け声だけは聞こえてくるのに、神輿の姿が中々見えてきません。

やっと姿が見えてきたのが7時過ぎ、掛け声と同時に担ぎ手のエネルギーが伝わってきます。見ている方も一緒に興奮状態です。やはり祭りは最高です。


三之宮が通り過ぎて、しばらくしてようやく二之宮が現れ、過ぎた頃から忙しくなります。一之宮は見ずに三之宮を追いかけて、伝法院通りで間近に神輿を見て興奮。


今度は二之宮が仲見世を通ってくるのを途中で待ち構えていると狭い仲見世を掛け声と同時に目の前を通り過ぎて行きます。


直ぐに裏道を通り、雷門に向います。最後に二之宮が雷門の前に来るのを待ち構えて、三社の宮出しを楽しんできました。時計を見ると既に9時を回るところです。

三社祭は「やくざの祭り」と言われていたようですが、今回は刺青姿を見ることはありませんでした。三社祭だけでなく、どの祭りにもこのような問題は絡んでいるのではないでしょうか。

そんなことに気を紛らわすより、純粋に祭りを楽しみ活気のあるエネルギーを充電することが大切なように思います。

家族は早く起きるのは嫌だというので、私一人で宮出しを楽しみました。一人だったので自由に動き回られたのかも知れません。

夏に向けて各地で夏祭りが始まることでしょう。皆さんも是非、祭りに足を運び、エネルギーを充電されてはいかがでしょうか。

私も最高のストレス解消になり、エネルギーを充電してきました。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄592 発酵食品は本当に素晴らしい!

2017年05月17日 | Weblog
私の朝食はゆで卵を1個にヨーグルトにオリゴ糖を入れ、一口に切ったバナナ1本を混ぜて食べています。

また、事務所での昼食は以前にも書きましたが納豆にメカブを入れて食べた後に、ヨーグルトに青汁の粉末、オリゴ糖、グラノーラを入れた食事を週3日は摂るようにしています。
 

自分なりに素晴らしい健腸食を摂っているなと自己満足しています。このような時に「健康カプセルゲンキの時間」で発酵食品の効率的な摂り方を紹介していました。

特に「納豆」と「ヨーグルト」の持っている力を最大限に発揮する食べ方を紹介したいましたが、ご覧になりましたか。

発酵食品の大きな特徴は腸内フローラをいい状態に保つために必要な善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑制してくれることです。

先ずは納豆の働きを落とさない食べ方を番組から抜粋してまとめて見ましたので、紹介しましょう。

①納豆菌が作るナットウキナーゼやビタミンB群は熱に弱いので、熱いご飯にのせて食べない方が良い。
②中性脂肪やコレステロールが高い人は朝食より、夕食で摂った方が血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼの働きが12時間続くので、夜中や明け方に発生しやすい心筋梗塞の予防にもつながる。
③納豆にはプリン体が多く含まれるので、1日1パックで充分です。食べ過ぎないように注意しましょう。

続いて、ヨーグルトはどうでしょうか。

①ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱く、朝一番の空腹時に食べると胃酸で死んでしまいます。食後に摂るようにしましょう。しかし、死んだ菌でも腸内で善玉菌のエサになってくれるので、全く効果がないわけではありません。
②乳酸菌やビフィズス菌などは本来、腸内の空気のないところにいる菌です。その為、開封後は早めに食べるようにしましょう。
③加齢とともに善玉菌は徐々に減っていきます。ヨーグルトなどで補うことも大切ですが、腸内に元々いる善玉菌を育てることが大切です。その為には食物繊維を多く含む食品やオリゴ糖を多く含む食品を摂ることが重要なのです。

改めて、私の食事を自画自賛しています。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄591 ホルモンの働きを保つ間脳!

2017年05月10日 | Weblog
GWはどの様に過ごされましたか?私は遠出をせずに近場を巡りました。藤の花で有名な亀戸天神は人人人、藤の間から見えるスカイツリーもいい光景でした。


翌日はツツジが素晴らしい根津神社、境内が広いせいか亀戸天神ほどの混雑は感じず、ツツジを堪能してきました。


その後、都心の中心でありながら、自然が豊富な皇居を見学したくなり皇居東御苑を訪れました。持ち物検査などはありますが、無料で見学できます。一度散策されてはいかがでしょうか。

前置きが長くなりました。先日の「健康カプセルゲンキの時間」でホルモンの話をしていました。

ホルモンといえば「更年期」を思い起こしませんか。女性にとっては誰しも関わってくる閉経後の症状です。

閉経後に女性ホルモンの「エストロゲン」が急激に減少して色々な症状を引き起こします。この症状がひどくなると更年期障害と呼ばれるのです。

「エストロゲン」は脳の視床下部の下にある下垂体から卵巣に指令が伝わり分泌されます。ところが閉経後にはいくら下垂体が指令を出しても、卵巣機能の衰えによって分泌されにくいのです。

すると、下垂体はさらに分泌するように指令を出しますが、エストロゲンは分泌されません。これは下垂体だけでなく視床下部にも混乱をきたしてしまいます。

視床下部は自律神経のメインコントローラーですので、自律神経の働きにも影響を与えてしまい、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしますのです。

しかし、更年期障害は女性だけの問題ではないようです。番組では男性ホルモンが異常に低下して大変な状態になっている男性を紹介していました。

短期間に体重が20kgも増え、ちょっと荷物を持っただけで、脊椎の圧迫骨折を起こしたというのです。

これには男性ホルモンが大きく関わっています。男性ホルモンが減少すると、精力の減退や内臓脂肪の増加、骨粗鬆症、ウツといった症状が出てくるのです。

男性は女性のように急激にホルモンの分泌が減少することはありませんが、男性にも更年期障害が起きる可能性があることは自覚しておく必要があります。

ホルモンの分泌には間脳である視床下部が大きく影響しています。フットセラピーやハンドセラピーなどで間脳の働きを正常に保つことが大切ですね。日々の生活に取り入れましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄590 もうすぐ「立夏」いよいよ夏の始まりには!

2017年05月03日 | Weblog
今年の立夏は5月5日です。いよいよ夏の季節が始まります。立夏に合わせるように、各地で25℃以上の夏日の日が報告されています。

夏は「五行」では「火」に当たります。「火」に関わる経絡は「心経」と「小腸経」で循環器や消化吸収に影響していきます。

まだ、夏本番ではありませんので、猛暑による暑さの害は少ないのですが、暑さになれていないこの時期も熱中症には充分に気をつけましょう。

さて、夏本番に向けて循環器のトラブルといえば心筋梗塞が頭に浮かびます。ちょうど、NHKの「ガッテン」で強い心臓を作るという番組を放送していました。

心筋梗塞といえば心臓の筋肉に血液を送り込んで心臓自体の働きを司っている筋肉に血液が行かなくなり死滅することです。

ところがこの血管が詰まり、鼓動が停止したとしても、亡くなる可能性が低く、後遺症も残らず回復する「強い心臓」を作る方法を番組で紹介していました。

ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。とても簡単な方法ですのでご紹介したいと思います。

心筋梗塞を起こす直前に狭心症の発作を起こした人は救命率が高くなることが知られています。

酸欠状態で心臓に負荷がかかると、ミトコンドリアが活性され、心臓が強くなるという仕組みの解明が進んでいるようです。

日常生活で手軽にできる強い心臓を作る方法を紹介します。

心臓の病気などをもっていない方には

心拍数を110程度で有酸素運動を行い、これにちょいキツ筋トレを行うというものです。

お勧めなのは30分程度の速足歩きです。心拍数110程度の速足歩きは隣の人と会話ができ、歩き出したら少し汗ばんでくる程度の速さです。

ちょいキツ筋トレは「壁立て伏せ」や「壁つかまりスクワット」などがあ勧めです。壁に手を当て、足を少し後ろに引き、ゆっくり腕を曲げ、ゆっくりと元に戻します。1日10回から始め、増やします。

スクワットは壁に手を当て、ゆっくりお尻を下ろし、椅子に座るように膝を曲げ、ゆっくりと元に戻します。10回程度から始め、少しずつ増やしていきます。

簡単な運動と同時に心経や小腸経の経絡の滞りが起きないように手の小指を良く揉み、爪の際をグリグリと揉みましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄589 いよいよ五月病到来の季節!

2017年04月26日 | Weblog
ゴールデンウィークが間近になりました。昨年もこの時期に五月病について書きましたが、今年も五月病を取り上げたいと思います。

4月に新しい職場や高校、大学への入学と今までと大きく環境が変わってしまいます。

張り詰めた緊張状況の中での生活からGWで休養すると、新しい環境に戻りたくなくなってしまいます。メンタルヘルス的には鬼門といえる時期で、五月病が発生しやすいのです。

五月病とは医学的には正式な名称ではなく、気分が落ち込んで気力や行動力が乏しくなった状態のことで「抑うつ状態」といわれるものです。

しかし、新入社員や新入生だけが五月病になるわけではありません。次のような方も発生するリスクがあるので、要注意です。

・転勤や転職で環境が大きく変わった人。
・上司や同僚の移動などで、職場の雰囲気が変わった人。
・昇進などで、新しい責任が加わった人。
・冬から春にかけて自分や家族の病気や怪我などで生活リズムが乱れた人。
・3月の年度末に仕事が集中して長時間の残業を行っていた人。

要するに、日常生活の変化が大きく、生活環境が変化した人は五月病の発症リスクが増えるということです。

五月病になると、次のような症状が出てきますので、このようなときには早めに休息をとるようにしましょう。

・気分がめいる日が多くなる。
・体がだるくて気力が出ない。
・日常の仕事や趣味までもやる気が起きない。
・人と会うのがおっくうになる。
・会社や学校に行くのに抵抗を感じる。
・頭痛や胃腸の不調、めまいなどがちょくちょく起きる。
・寝つきが悪い、眠りが浅い、熟睡感がない。
・怒ったり落ち込んだりと感情が不安定になる。

このような時に休息するようにといっても中々できない方が多いと思われます。先ずはハンドセラピーやフットセラピーなどで自律神経を副交感神経優位の状態に持っていくことです。

会員の方は周りのこのような方がいらっしゃるようでしたら、是非、セラピーを行って差し上げましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄588 脳疲労を解消し、慢性脳疲労を防ぐ!

2017年04月19日 | Weblog
仕事や運動、メンタルの悩みなど様々な出来事を脳は「ストレス」として受け止め、脳神経が炎症を起こします。神経伝達機能が低下し、体に「疲れた」というシグナルを送るのです。

疲れない体をつくるためには、脳を疲れさせないことが何より重要になってきます。

脳が疲れた状態がいつまでも続くと筋肉の疲労と異なり、痛みなどの自覚症状がないため、いつの間にか慢性の脳疲労を起こしてしまいます。

早めに脳の疲労を取ることが大切です。脳の疲労を取る唯一の方法は、充分な睡眠を取ることです。但し、次のようなサインが出てきたら要注意です。

① 一つの作業に集中していると、脳の一部が酷使され、活性酸素が発生し神経を傷つけます。すると「飽きる」というサインを出します。1時間ごとに休憩を取り、別の作業を行いましょう。
② 仕事中に眠くなってきたら、脳が疲労しているサインです。散歩をしたりして自然と触れ合いリフレッシュするようにします。
③ いつもと同じ作業なのにパソコンの打ち間違えや普通では考えられないミスをしてしまうのも脳疲労のサインです。

このサインを放置するか、その都度対処するかによって疲労度に違いが出てきます。

しかし、脳疲労のサインが出ていても、感じない人がいます。それは「やりがい」や「達成感」「喜び」などを感じると脳の前頭葉が疲労感のサインをかき消してしまうのです。

実際は脳の疲労が溜まっているにも関わらず、脳疲労に気づかず、慢性の脳疲労を起こしてしまい、重篤な疾患に陥ってしまう可能性があります。

先日の「健康カプセル 元気の時間」で慢性脳疲労を取り上げ、慢性脳疲労で突然動けなくなった方を紹介していましたが、恐ろしい病気です。

インフルエンザの後に突然動けなくなり、会社も辞めざるを得なくなったというのです。血液検査などでは判断が難しい病気で、症状の重い人はベッドから起き上がることもできないそうです。

次のようなことが続くようであれば慢性脳疲労症候群の疑いがありますので、注意しましょう。

① 熟睡感がない。
② 認知機能が低下して、頭にモヤがかかったよう状態が続く。
③ 関節痛や頭痛、微熱など風邪に似た症状がある。

二つ以上当てはまり、病院を受診しても原因不明な場合は慢性脳疲労症候群の疑いがあるようです。専門の病院を受診することをお勧めします。

脳疲労にいち早く気づき、リフレッシュすることが大切です。それにはやはり、フットセラピーの間脳調整がとても有効ですね。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄587 睡眠不足と認知症の関係は?

2017年04月12日 | Weblog
先週のメルマガを見て皆様からご心配の声を頂き、ありがとうございました。無事、退院し元気に仕事に復帰しましたので、ご安心ください。

入院中はとても良い休息になり、心身ともに充電することができました。

さて、今日のテーマは「睡眠不足になると認知症になり易いのか」という内容です。

「日経電子版、ヘルスUP」に紹介されていた記事を参考に、ご紹介します。

徹夜で遊んだり、徹夜で仕事をした翌日は頭がボーとしていて集中力がなくなるといった経験をしたことはありませんか。

ちょっと怖い話ですが、睡眠時間の少ない子どもは記憶を司る海馬の体積が小さくなっているといいます。

成人の大人でも、睡眠を充分に取っている人と取れていない人では記憶力に差が出ています。充分に睡眠が取れている人の方が記憶力が高いというデータもあります。

また、慢性的な睡眠不足は認知症になりやすいという報告もあります。

認知症の中でも圧倒的に多いのがアルツハイマー病です。この病気は「β(ベータ)アミロイド」というたんぱく質が脳に溜まって、神経細胞を破壊して起きます。

脳に溜まったβアミロイドは睡眠中に処理されるのですが、歳をとると睡眠ホルモンといわれる「メラトニン」の分泌が減少してきます。

メラトニンの分泌が減少すると、眠りが浅くなってしまい、βアミロイドが溜まりやすくなるのです。

日中に増えたβアミロイドを充分に処理するには6時間半以上の睡眠が必要といわれます。

脳内にβアミロイドが増えると睡眠の質が悪くなり、さらに溜まりやすくなる悪循環を引き起こすのです。

睡眠不足が続くと、脳内のβアミロイドを処理しきれずにどんどん増えていき、アルツハイマー病を発症する危険性が高まります。

睡眠不足を解消し、認知症、特にアルツハイマー病を予防しましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄586 ガンのリスクは誰にでもある!

2017年04月05日 | Weblog
私は健康だし、ガンとは縁がないものと勝手に思い込んでいました。

そんな私にガンが襲ってきました。ガンといっても死に直結するようなものではなく、膀胱ガンの初期です。

膀胱ガンには筋層まで到達していない表在性ガンと筋層まで到達している筋層浸潤性ガンに分けられます。

65歳を過ぎると表在性ガンを発症する人が急に増えるようで、私もその中に入ってしまいました。

健康診断で血尿が出ているので検査をした方がいいと言われ、近くの病院で診察してもらうことにしました。

尿検査に血液検査、下腹部のエコー検査を行い、診断結果は特に問題はないが、血尿の原因は、腎臓に小さい石があり、脳梗塞後に服用している薬かもしれません。との診断です。

血液にもガンの兆候は見られません。このまましばらく様子を見ましょう。と言うことになりました。

この時は少し安心しましたが、一向に血尿が治まりません。痛みはないのですが、赤い血が混じるようになってきたので、再度診察に病院を訪れました。

前回行わなかった、膀胱鏡検査を行うことになり、検査の予約をして当日は帰りました。

3月21日に検査に訪れ、膀胱鏡検査を行いますと、すぐに医師が「腫瘍があるね」と言ってディスプレイを見せてくれました。

検査だけのつもりで来院したのですが、手術の日程の調整の話になり、29日からの入院の手続きになってしまいました。

初期のガンでしたので、手術は1時間弱で終了しました。終了後の様子見で、まだ入院をしています。

筋層浸潤性ガンになると死亡率が急激に高まります。早期に発見することがとても大切になります。

健康診断などあまり重要視しておりませんでしたが、やはり定期的な検査を受けることは大切だとかんじております。

特に60を過ぎると、何らかの不調が起きやすくなります。「自分の健康は自分で守る」方法の一つではないでしょうか。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄585 心と体の元気回復セミナー報告

2017年03月29日 | Weblog
3月26日の日曜日に亀田総合病院のKタワー、13階のホライゾンホールで、亀田産業主催の「心と体の元気回復セミナー」が開催されました。


私も講師として「ココロとカラダのビタミン講座」というタイトルで講演をさせて頂きました。

Kタワーは入院棟なのですが、13階にはレストランがあり、病院の中とは思えない設備です。この奥にあるホールに60名ほどの方が参加されていました。

「自分の健康は自分で守る」という予防健康法の視点から円心五法の考え方を簡単に説明させて頂きました。

円心五法という言葉は分からなくても食事の大切さ、血流を図ること、エネルギーを上手に発散し、心の安定を図ることが、充分な眠りにつながることをお話しすることで理解して頂いたようです。

次に東洋医学の根幹を成す五行を紹介し、「木」を取り上げ、関連性を説明することで、若い参加者の方は東洋医学に興味を持たれたようです。

この五行から経絡について話を進めてまいりました。手に流れている経絡、足に流れている経絡、その経絡は手や足、胸や顔で次の経絡につながっていること。

経絡といっても分からないという方が1/3ほどいらっしゃいました。一般の方にとっては聞いたことがないのかも知れません。

そこで、目には見えないけれども、経絡を調整すると関連する筋肉の働きが変化することを体感して頂くことにしました。

横に座っている方と二人一組になって、私が見本を見せながら手や足のツボに刺激を入れて筋肉の動きの変化を体感して頂きました。

また、靴を履いているので足のツボを刺激できない時は顔のツボでも同じような変化を確認できます。実際に顔のツボを刺激して変化を確認して頂きました。

参加者のアンケートを頂きましたので、いくつか紹介いたします。

「良かった、大満足です。新たな健康観知りました。運動だけでなく、経絡を流すことの大切さを痛感しました。実技を伴う講座で良かったです」(60代女性)

「とても良いお話を聞き勉強になりました。実技を伴い普段実行に移したいと思います」(70代)

「非常に参考になりました。経絡の流れを意識して継続したいと思います。ありがとうございました。人体のすごさと不思議さを実感しました」(80代女性)

「テレビを見ながら足指まわし、ふくらはぎもみ等良くやっていますが、ほんとうにいい事なんだと、つくづく感じました。手の指もみ即効ありました。こんなにきくとはおどろきでした」(70代女性)

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄584 「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」!

2017年03月22日 | Weblog
20日は春分でしたね。東京では昨日桜の開花宣言が出ました。各地で開花の便りが届いてくることでしょう。

さて、今回は乳酸菌について調べてみましょう。

腸の環境に欠かせない「乳酸菌」をわかりやすく分けると「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」とに分けられます。

専門的にはこのような分け方は不適切とも言われましが、わかりやすく乳酸菌のことを知るにはとてもわかりやすいものです。

「食物性乳酸菌」には野菜を漬けて発酵した漬物や大豆を発酵した納豆や味噌、醤油などがあげられます。

「動物性乳酸菌」には牛乳を発酵して作るチーズやヨーグルトがあります。植物性に比べ、胃酸や胆汁に弱く、腸まで届かないものがほとんどです。

これには乳酸菌が誕生してくるまでの環境が大きく影響しているようです。食物性乳酸菌は野菜に含まれるわずかなブドウ糖を餌に、塩や酸が多く、寒い環境の中で育ちます。

これに比べて動物性乳酸菌は牛乳の乳糖を餌に、30~35度に保温された厳しい衛生管理のもとで育ちます。低温では育たないのです。

人間でいえば温室育ちの「おぼっちゃま」に比べ、厳しい環境で育ってきた「野生児」といえそうです。

しかし、市販の漬物には野生児の乳酸菌はほとんど含まれていないようです。調味料で味付けした発酵風の漬物なのです。手作りの漬物、特にぬかみそなどはお勧めです。

生きたまま腸まで到達した乳酸菌は乳酸を排出し腸内を酸性にして悪玉菌が住みにくい環境を作ります。

では、死滅した乳酸菌は腸内で役に立たないのかというと、そうではありません。生きた菌も死んだ菌も善玉菌の餌になって善玉菌を増やしてくれるのです。

乳酸菌は生きていても死んでいても腸内環境を良くし、免疫細胞を刺激して免疫力を高めてくれます。

乳酸菌だけではなく、忘れてはいけないのがビフィズス菌です。乳酸菌もビフィズス菌も酢酸を作りますが、ビフィズス菌の方が酢酸を多く作り、腸内を酸性に保ち悪玉菌の繁殖を防いでくれます。

乳酸菌は主に小腸で働き、ビフィズス菌は主に大腸で働くため、両方とることにより、整腸作用を高めることができるのです。

やはり発酵食品は素晴らしいですね。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加