本山硯士の円心五法の真髄

「円心五法」の真髄を中心に健体康心についての気づきをお届けしています。

円心五法の真髄580 転倒防止にフットセラピーが注目!

2017年02月22日 | Weblog
転倒が原因で寝たきりになる高齢者が激増しています。高齢者の転倒は骨折につながることが多く、入院中、ほとんど歩かなくなり筋力が低下してしまいます。

過度に安静にしていると、使われていない筋肉が萎縮し、筋力が低下していきます。これを廃用症候群といいます。

例えば、1週間の絶対安静状態が続き、筋肉を使わないと一般の人でも10~15%の筋力低下が起きるといわれています。

高齢者では寝たきりではない安静状態でも足の筋肉が使われないため、2週間で20%もの筋肉の萎縮が起きてしまいます。

筋肉の萎縮と同時にロコモティブシンドローム(運動器症候群)が問題になっています。

筋肉や骨、関節などの運動器の障害のために膝関節や股関節の痛みなどで、歩くことが辛く、日常生活に支障をきたます。

痛いから歩かない、歩かないから益々筋力が低下し、関節に負荷がかかるという悪循環が起きてしまい、介護が必要になったり寝たきりになったりしてしまいます。

「自分の健康は自分で守る」という私たちの理念からも健康な時から筋力の低下を防ぐことが大切なのです。

それではどの様にしたら、筋力の低下を防ぎ、転倒を防止することができるのでしょうか。そこで紹介したいのが、いつでもどこでも手軽にできるフットセラピーです。

道具は何も必要ありません。ご自身の手があれば自分でも家族にでも、いつでも直ぐに行うことができます。

転倒の原因は筋力の低下だけでなく、足首周辺の筋肉の硬直や足趾の変形などが大きな要因になります。

足趾や足首の柔軟性を取り戻すフットセラピーを紹介しましょう。セルフで行う場合はイスに座り、片方の膝の上にもう片方の足を乗せます。

先ず足趾の柔軟性を取り戻す為に第5趾(足の小指)を付け根から左右に10回まわし、足趾全体をグリグリと揉みましょう。これを第1趾(親指)まで順に行います。

次に足首を回します。膝から足首が少し出るようにして、足趾の間に手の指を差し込みます。入らない方は入るところでかまいません。左右に20回以上まわします。逆の足にも行います。

続いて立ち上がり右脚を1歩後に下げ、左足の膝を曲げながら右脚のアキレス腱を伸ばします。脚を変え、左脚も行います。

近々発売される「セラピスト」4月号にフットセラピーが紹介されます。転倒防止の参考になりますので、是非ご覧ください。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄579 慢性炎症を抑えセンテナリアンを目指す!

2017年02月15日 | Weblog
「センテナリアン」という言葉をご存知ですか?私は先日のテレビで初めて知りました。

一世紀といえば100年のことです。この一世紀を生きることをセンテナリアンというのだそうです。

私の目標は100歳まで自分の足で好きなとことに行って生活できることです。このセンテナリアンを目指そうと思います。

この寿命に大きく関わってくるのが、遺伝だと思っていましたが、遺伝はわずか25%で、生活環境の要因が大きいことが分かってきました。

100歳以上の長寿の方を調べた報告結果より、慢性炎症が大きく関わっていることが分かってきたのです。

慢性炎症とは老化により体の細胞が壊れておきる炎症で、壊れた細胞が炎症物質を放出することで周りの細胞にも炎症が広がって気がつかないうちに体を蝕んでいってしまいます。

それではどの様にしたらこの慢性炎症を抑えることができるのでしょうか。その大きな要因が食生活にあります。

テレビで紹介されていた100歳前後のお年寄りは魚を多く摂られていました。魚にはEPAやDHAなどのオメガ3系不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

しかし、魚だけではなく、肉なども摂られており、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。

もう一つのポイントが血液の循環です。最近、毛細血管の血流を手軽に量ることができるようになりました。

毛細血管の役割は体の隅々の細胞に栄養素と酸素を運び、老廃物と二酸化炭素を持ち帰ってくることです。

大きな血管が詰まればその先の細胞が死滅してしまうので、異常を直ぐにキャッチすることができますが、毛細血管の末端に充分な血液が送られなくても、特に自覚症状はありません。

末端の細胞は元気がなくなり、慢性炎症を引き起こす危険性が高まります。この状態を続けていると病気の原因となり、老化を早め、センテナリアンを目指すことはできません。

セラピストの方でしたらお気づきですよね。血流を促進するには末端の手や足を揉むことが一番です。

二本足歩行を行うようになった人間は足に血液が停滞しやすくなるので、足を使うことが大切です。

手軽にできる方法は足趾を揉むことです。爪の周辺には特効のツボがあり、グリグリと揉むだけで趾先が温かくなってきます。

手も同様で、各指の爪の際をグリグリと揉みましょう。末端まで血液が流れるということは全身の血循がよくなった証拠です。

手軽に慢性炎症を抑えてセンテナリアンを目指しませんか。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄578 花粉症、苦しみ解消のお手伝い!

2017年02月08日 | Weblog
立春も過ぎ、暦の上ではいよいよ春ですね。草花が芽を出し始める季節です。心もウキウキとしてきます。

でも、そろそろ花粉が飛び始める季節でもあります。花粉症の方にとってはウキウキどことではありません。

私は絶対に花粉症なんかにはならないと思っていましたが、突然目が痒くてたまらなくなり、鼻はグスグス、これはおかしいと耳鼻科に行ったところ「スギ花粉症です」との診断を受けました。

この時期になると仕事の集中力も落ちてしまいます。健康を指導している私にとっては恥ずかしい状況でした。

何とか予防することはできないかと、自分で手軽にできるセルフケアを行ったところ、症状がとても楽になり、毎年、ほとんど気にならなくなりました。

東洋医学の五行説では鼻は「金」に属しています。その「金」に属する臓腑は「肺」と「大腸」で、この臓腑の働きを高めるには関連する経絡を調整することが大切です。

この臓腑に関連する経絡は「肺経」と「大腸経」です。

肺経は胸から始まり、腕の内側の親指側を流れて親指の爪の外側の角に流れてきます。

大腸経は肺経からつながり、人差し指の親指側の爪の角から始まります。甲側の合谷や手三里のツボを経由し、顔の口の周りの筋肉まで流れていきます。

2本の経絡は両方とも手に流れてきています。特に手の指には特効のツボがあるので、通勤の電車の中やテレビを見ながら親指や人差し指を揉むようにしました。

また、呼吸も肺の機能に関係しています。腹式呼吸を意識して行うように心がけました。布団から起き出す前や寝る前に腹式呼吸を行う習慣をつけ、瞑想も行うようにしました。

脳梗塞で入院した後は食生活を改善しなければとの思いから、お昼は納豆にメカブを混ぜて食べ、ヨーグルトに青汁とオリゴ糖を混ぜて食べるようにしたところ、便通がとても良くなりました。

鼻のトラブルには大腸も関係しており、脳梗塞のお陰で腸内環境も改善され、花粉症対策に役立っているように思います。

そこで、花粉症の苦しみを経験した一人として、花粉症で悩まれている方のお役に立てればとの思いから季節限定で「花粉症予防」のセラピーをOluOluRoomで行うことにしました。

花粉症は花粉が飛び散る前から予防することが大切です。今年の花粉症の症状を楽にしましょう。お気軽にご相談ください。

お問い合わせは、03-6721-6633まで。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄577 勉強会で経絡の働きを再確認!

2017年02月01日 | Weblog
本部のセミナールームで29日、30日はボディコンディショニング講座を開催。悲しみや怒りの感情などを解消していく方法として背中への施術は有効なセラピーだと確認して頂きました。

興味をお持ちの方は是非、学ばれてはいかがでしょうか。

また、31日は名古屋市内で会員勉強会を行ってきました。

今回の勉強会は私が決めた内容を行うのではなく、参加者が普段感じている疑問点や手技についての質問などに答えるという形で開催しました。

実技での質問は家族などに施術している方でも自己流になっていないか心配だという声や活かされていない方からは活用の方法が分からないといった声を頂きました。

家族に施術をされているのであれば基本に忠実に行う必要はないと思いますし、活用されていない方には、先ず、家族に行うことを勧めました。コミュニケーションをとるには最高の道具です。

これらの疑問点にお答えするために個別に施術を行ったり、施術しているところを見て頂くことで疑問点に答えていきました。

質問の中に経絡のことがいまひとつ分からないという声が非常に多く聞かれたので、詳しく経絡について説明することにしました。

フット、ハンド、ヘッドを勉強された方が大半でしたが、授業の中では勉強しているのに分からないとか、難しいと思われているようで、正直驚かされました。

これはフットでは足の経絡、ハンドは手の経絡、ヘッドは頭の経絡と学んできているが、全体のつながりが理解できないようです。

そこで、経絡の1本1本をどこらかどの様に流れて、どこまで行くのか、そして、次にどの経絡につながるのかを説明しました。

すると、「経絡は1本、1本で各々存在していると思っていました。次から次につながっているのですね」という声になるほどだから分からないのだな、と私も理解しました。


経絡がつながる場所は足や胸、手、顔でつながっていることが分かり、私たちが行っているセラピーのフットやハンド、ヘッドがいかに素晴らしいかが理解できたようです。

この後、経絡カードで各々の経絡の滞りを確認しながら、井穴や原穴の刺激を行いました。

結果、経絡の滞りが改善され、関連する筋肉が正常な働きを取り戻し、腕が楽に動くようになったり、前屈が楽にできるようになったりと大喜びです。

素晴らしい勉強会ができ、参加された皆さんに感謝いたします。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄576 もち麦ダイエットは本当に効果的か!

2017年01月25日 | Weblog
テレビ番組で「もち麦ダイエット」について放送していたのを偶然に見ました。多くの番組で取り上げているので、つい満って見てしまいました。

ポッチャリアイドルが2週間体験した結果を放送していましたが、なんと5kg以上の体重減に成功し、タプタプお腹が引き締まり、ウエストが14cmも減少していたのです。

体験の食事の内容は白米3に対してもち麦1の割合で炊いたご飯を毎食3回食べ、他の食事は今までどおりに普通に食べるというものです。

特に何かを我慢するということは全くなく、ご飯だけを欠かさず取り入れただけだそうです。

2週間でこの結果には驚きです。なぜ、このような結果が出たのでしょうか。「もち麦」とはどの様な食べ物なのか、調べてみましょう。

大麦にはお米と同じように「うるち麦」と「もち麦」があります。もち麦は大麦の中でもモチモチの食感があり、水溶性の食物繊維を多く含んでいます。

例えばごぼうは食物繊維を多く含んでいるイメージがありますが、100g中水溶性食物繊維を2.3g、不溶性食物繊維を3.4g含むのに対し、もち麦は水溶性が9g、不溶性が3.9gも含んでいるのです。

不溶性食物繊維は水に溶けにくく、腸内で保水した状態で便の量を増やし腸壁を刺激することで腸の蠕動運動を活発にして排便を促してくれます。

水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれたり、脂肪の消化吸収に関わる胆汁酸の排泄を促し、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。

また、体内に入ると水分を吸収してゲル化し、食べ物の胃での滞留時間を長くさせる働きがあり、腸からの糖の吸収を抑制して血糖値の上昇を緩やかにします。

このように糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあり、肥満解消には効果的なのです。

確かにダイエットに有効のようですが、もち麦のメリットは腸内環境を整え、腸内フローラを正常な状態に保ってくれます。

その結果、免疫力も高まり生活習慣病の予防につながるという一石二鳥以上の効果が期待できます。

もし、ダイエットをお考えでしたら、食事制限をするのではなく、普通に食事をしながら、腸内をきれいにしてくれる「もち麦ダイエット」が、お勧めですね。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄575 認知症予防に瞑想が効果的!

2017年01月18日 | Weblog
最近テレビなどで多く取り上げられているのが「認知症」です。

年齢と共に気になるのがこの認知症。私の母も昨年他界しましたが、亡くなる前は認知が進み、父も分からない状態でした。

体の老化と共に脳の老化も起きてきます。だから仕方がないとあきらめる必要はありません。

実は「瞑想」が脳の老化防止に効果的という研究が進んでいます。米カリフォルニア大学の精神科教授「Helen Lavretsky」氏が行った研究を紹介しましょう。

55才で記憶力に問題があるとさる25人に協力してもらい、1グループの11人には記憶力増進トレーニングを行ってもらいます。残り14人にはヨガや瞑想行うというものです。

12週間後どちらのグループも歩行中や運転中に場所を思い出したり、道順を理解するのに必要な記憶については、同じような効果が見られました。

しかし、ヨガと瞑想を行ったグループでは、ウツや不安といった感情が少なくなり、感情のコントロールやストレスに対する耐性が高まっていたのです。

また、1日20分の瞑想を8週間継続して行うと、脳の記憶を司る「海馬」の体積が何と5%も大きくなっていたというのです。同時に小脳や脳幹などの神経細胞も増えていたそうです。

脳で重要な思考や判断を担っている「前頭前野」は海馬が記憶している情報を呼び出し、思考に用いています。

脳の各部と連携して記憶を引き出す海馬は常にストレスの影響を受け続けます。健常な人と、ストレスでウツ病になった人の海馬を比べると海馬の部分が小さくなっているのです。

ストレスを上手に開放することができれば認知症予防に効果的といえます。このストレス開放には瞑想と呼吸法が有効です。

私たちは6分間瞑想をお勧めしています。朝の3分、寝る前の3分呼吸を整え、瞑想してみましょう。

やり方は簡単です。あぐらをかいてもイスに座ってもかまいません。基本は「調身」「調息」「調心」です。

背筋を自然に伸ばし、肩が持ち上がるように息を吸い、吐く息で肩が自然に戻り、肩の力が抜けます。

次に下腹に意識を集中し、吐く息でへこむように吐き、吸う息で下腹が膨らむように吸います。

下腹の意識を外し、頭の中を空っぽにしてポカンとし、呼吸に意識を持っていき、瞑想を行います。

朝の瞑想では今日一日を楽しく過ごしているイメージをしたり、夜は全てに感謝して瞑想を行います。

この6分間瞑想で、認知症が予防できれば最高ですね。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄574 目標達成にクサビを打とう!

2017年01月11日 | Weblog
寒中お見舞い申し上げます。今年もよろしくお願い申し上げます。

新年を迎え、目標に向って進み出されたことでしょう。今年はどんな目標を掲げられましたか。

私は恩師である「寒河江徹」先生から円心五法を通して「人としての生き方」を学ばせて頂きました。

特に私の持ち味は足操術を通して最高のくつろぎを得られ、心身の元気を取り戻して頂く技術にあります。これを仲間の方々に継承し、社会を元気にすることを目標に掲げました。

しかし、人間の心はコロコロと移ろいやすいものです。新年からわずか10日ほどで、最初の目標を忘れがちになります。

以前読んだ本の中にこのようなことが書かれていました。

『目標を作った時は、ワクワクしているが、1週間、1ヶ月と時間が立つに従い、当初の気持ちが薄れ、そのうち忘れてしまう。
「大好きなものを犠牲にしてでも、コレをやり遂げるんだ」という硬い決意の為に「自分との約束にクサビを打つ」という意味がある。
心にしっかりとクサビを打った人には「辛さ」が「楽しさ」になり、「目標達成」についてずっと思い続けられる。』

というのです。そこで、自分の好きなことは何だろうと考えました。以前は直ぐに「酒ですかね」と答えていましたが、最近は週末しか飲まなくなったので、クサビにならないかもしれません。

そういえば、休みになると布団の中でごろごろしながらテレビを見ている時間が多いな。よし、これを我慢してクサビを打つことにしよう。

このクサビの意味は初心を思い出し、ワクワクした気持ちを再び呼び起こす物なのですね。皆さんも自分の好きなことを一つ我慢してクサビを打ってみてはいかがでしょうか。

さて、私は目標を達成するための行動として少人数制での「セラピー勉強会」を隔月、OluOluRoomで開催することを決めました。

寒河江徹先生と出会い、30年以上が経過しました。数え切れない人の足を揉ませて頂き、多くの経験をしてきました。

「たかが足首まわし、されど足首まわし」、会員の方から「足首まわしってすごいですね」と聞くと「やっと足操術の素晴らしさが分かってきたようだ」と内心嬉しくなります。

真剣に学びたいと思われる方に私も真剣に指導させて頂きます。初回は1月25日(水)~26日(木)で開催いたします。詳細は本部事務局までお問合せください。

一緒に魅力ある人を目指して人間力を高めていきましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄573 原点回帰、色々会った一年!

2016年12月28日 | Weblog
今年最後のメルマガになります。今年も色々なことがありました。その中でも「原点回帰」し、ホリスティックな方向に向っていることを実感します。

ホリスティックといえば「円心五法」の実践そのものではないかと思っております。食事(血の質)に始まり、運動(血循)、精(エネルギーの発散)、精神(心の安定)、休息(充電)です。

この円心五法を補佐するものとして「冷えの解消」と「排泄優先」の考え方を寒河江徹先生は訴えられていました。

今年は以前、寒河江徹先生と研修を行っていた湯河原の地で排泄優先の考え方である「腸セラピー講座」を開催することができました。素晴らしい講座ができたと自負しております。

また、2月頃から新しい拠点となる場所を探していましたが、中々見つかりません。こちらが気に入っても、事務所だけの使用であればいいが、第三者が出入りするのはダメと断られました。

いくつも下見をしては気にくわなかったり、断られたりと、あきらめかけていましたが、9月に入り、ネットで再度検索を始めたのです。

徹先生と最初にスタートした高輪に拠点を置きたいと思い、その周辺を検索すると、希望にそう物件が出てきました。

早速、下見をすると理想的な空間ではありませんか、直ぐに申込みをさせていただきました。

今まではその後、断られることが多かったのですが、なんとスムーズに進み契約することができたのです。

あまりにもスムーズに進んだのが不思議でなりません。湯河原での研修といい、寒河江徹先生が力を貸してくれたのではないかと思うほどです。

この拠点が誕生したお陰で「心と体 生まれ変わる!」というテーマでセッション&セラピーを体験して頂ける「OluOluRoom」を新設することができました。

また、少人数でのセミナーや講座を開催できるセミナールームも併設し、本部の機能も果たせる素晴らしい場所を高輪の地に設けられたのです。

特に会員の皆様には是非とも本部にお越しいただきたいと存じます。飛行機だと羽田空港から乗り換えなしで「泉岳寺」まで来れ、徒歩2分。新幹線でしたら「品川」から徒歩10分と便利です。

新しい拠点でホリスティックな予防健康法を多くの方にお伝えしてまいります。

充実した年の瀬ですね。今年一年、本当にありがとうございました。皆様と共に良い年を迎えたいと思います。

1月4日はお休みいたします。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄572 陰極陽生セミナーが大好評!

2016年12月21日 | Weblog
今日は冬至です。夜の長さが一番長くなる日だというのはご存知ですね。また、陰のエネルギーから陽のエネルギーに転じていく日でもあります。

今日はかぼちゃを食べて、柚子湯に入って昔ながらの風習を楽しみましょう。

冬至の時期に合わせて、12月18日~19日、「陰から陽へとエネルギー転換をスムーズに行い、幸運体質に生まれ変わる」をテーマに「陰極陽生特別セミナー」を湯河原にて開催しました。

今年一年の疲れを癒し、新しい年に向けてエネルギーを高めていこうと北海道から沖縄まで総勢28名の方が参加されました。

実際にどの様なことを行ったのかご紹介しましょう。

最初は「みすまるの球」という木のボールを使ってのセラピーです。ひのきのボールを背中や顔、腕から足まで、コロコロと回しながらセラピーを行うのですが、これがなんとも気持ちがいいのです。

木が持っている氣を感じながら体が緩むだけでなく、エネルギーが充電されたようで、皆さんの血色がよくなり、顔色も緩んできました。

今度は自分と向き合う時間です。ルーツを見直して現在・過去・未来を整える「内観」のワークではアイカードを使って、両親との関わりを見ていきました。

温泉タイムが終わり、夕食を頂いた後に夜は場を整える「陰極陽生の瞑想法」で一日目が終了しました。

2日目の朝は「経絡ストレッチ」で経絡を意識しながらストレッチを行うと、筋肉が目覚めてきました。全身の血流がよくなり、爽やかに一日をスタートすることができます。

温泉タイムと朝食の後はホテル近くの「万葉公園」で自然と触れ合いながら散策し公園内の足湯コーナー「独歩の湯」で自然の氣と交流しエネルギーを充電してきました。

最後は参加者全員が氣を一つにして代表者のヒューマンブリッジを成功へと導く、デモンストレーションで会場が一体化、素晴らしい感動がありました。

美味しい食事に最高の温泉、体も心も緩んで一年の疲れが癒されていきます。気血の流れも良くなり、必ず幸せになると意識が変化、自己肯定感が高まっていきました。

1泊2日のセミナーとはいっても、充実した長い時間を一緒に過ごしたようで、昔からの友達のような仲間と感動の時間を過ごすことができました。

共に学んだ仲間に感謝し、素晴らしい未来を確信しました。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円心五法の真髄571 今年のインフルエンザ予防はこれだ!

2016年12月14日 | Weblog
インフルエンザが流行りだしてきているようです。高齢者や子どもたちにとっては非常に危険な病気です。

家族間の感染が多いようですので、家庭内での予防が肝心です。手洗い、うがいは基本中の基本です。しかし、免疫力が落ちていたのでは予防することはできません。

先ずは食事が大切です。寒いこの時期は鍋がいいですね。野菜やキノコをタップリと入れた鍋料理は体も温めてくれますし、ビタミンやミネラルを充分に摂り入れることができます。

ビタミンといえば、ビタミンCが風邪などに良いといわれますが、見落としてはいけないビタミンがビタミンDです。魚類やキノコ類に多く含まれています。

また、「太陽のビタミン」といわれ、太陽を浴びることで体内で合成されます。食事と同時に日光浴でビタミンDを体内で合成しましょう。細菌などの抗菌作用や免疫力アップにつながります。

免疫力といえば何といっても腸内環境を整えることです。食べ物と一緒に口を通して体内に入ってきた細菌やウィルスは胃酸によってほとんど死滅します。

しかし、全てではありません。生き残ったウィルスなどは腸まで到達し、腸壁を通して侵入する危険性が高いのです。

腸内にはこれらの菌の侵入を防ぐために免疫細胞の70%近くが腸内に存在しています。

この免疫細胞に大きく関わってくるのが腸内環境です。腸内の善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが2:1:7といわれます。理想的なバランスは免疫力アップにつながるのです。

腸内環境については何度も健腸食でお話してきましたので、もう一つの免疫力をアップする方法をお伝えします。

免疫力は自律神経とも大きく関わっています。交感神経が優位になると白血球のバランス顆粒球が増加し、リンパ球が減少してきます。その為、免疫力が低下してしまうようです。

逆に副交感神経が優位になるとリンパ球が増加し、顆粒球が減少し、免疫力が高まるといわれています。

副交感神経を優位な状態にするには適度な運動やぬるめのお湯でゆっくりと体の芯まで温めましょう。そして充分な睡眠をとることが大切です。

これに私たちが行っているセラピーがお勧めですね。フットもハンド、ヘッド全て深いリラックスを味わうことができるセラピーです。

副交感神経優位な状態になり、腸内環境も整えてくれ、免疫力を高めてくれます。

家族で手足を揉み、免疫力を高めてインフルエンザを予防しましょう。

それでは本日はこの辺で。

NPO法人日本フットセラピスト協会
理事長 本山 硯士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加