akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

足利市民文化友の会活弁公演

2008-11-29 | 活弁
栃木県足利市の市民会館で『大学は出たけれど』と『セブンチャンス』を活弁上演させていただきました。映画を始め文化好きな温かいお客様ばかりで、若き田中絹代さんや飯田蝶子さん坂本武さんなどが出るたびに大きな反応を頂き、ちょっとしたギャグにも笑って下さり、とても楽しく語りました。「『セブンチャンス』にほんのちょっと出演している若きジーン・アーサーの姿も嬉しかったわ」と帰り際に声をかけて下さった方も。インタビューコーナーも設けて頂き、落語もやっていらっしゃる橋本理事の流暢なトークにつられて、これも楽しく語らせていただきました。推薦下さったほしのさん始め、主催下さった足利市民文化友の会の皆さま、市民会館の方々に、心より感謝いたします。

足利市は、ご存じのように足利氏縁の地。国指定史跡の「足利学校」をご案内頂きましたが、ここは、中世以前から儒学や漢詩、易学等の学びの場として多くの学徒を輩出してきた日本最古の学校です。方丈や庭園は平成二年に江戸中期の姿に復元されたものでしたが、学問探究の精神が息づいているような重厚で知的な空間でした。戦国時代の主将たちは、皆ここで易学を修めた者たちをブレーンにしていたと言います。

とてもいい学びをさせていただきました。足利は歴史もあり、文化への造詣も深い土地。また音楽好きの方々も多いので、地元の方々とのコラボレーションもできたら楽しそう…子どもたちにも観てもらいたい、などとちょっと先の夢を語り合いお開きと相成りました。ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花はどこへいった』副音声収録 | トップ | ふれあい酒田 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。