akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

横浜霧笛楼第6回活弁シネマライブ

2008-09-07 | 活弁
横浜元町霧笛楼での「第6回季節のコース料理と佐々木亜希子の活弁シネマライブ」
霧笛楼公演は6回目になりますが、今回初のコメディ。ピアニスト清水友美 さんとの共演で、チャップリンの『移民』とバスター・キートンの『セブンチャンス』の二本立て。お子さん連れでいらして下さった方々もおり、皆さんに笑って御覧いただけてうれしかったです。
いつもいらして下さる皆様、会場とおいしいお食事を提供下さる霧笛楼の皆様に心より感謝申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふれ愛まつりだ、芝地区!~... | トップ | 金沢こども映画館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。