akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

酒田第二中学校60周年記念公演

2007-10-06 | 活弁
酒田市立第二中学校の60周年記念式典で活弁公演をさせていただきました。
ありがとうございました。

生徒さんたちは、朝早くから集合、午前中に演劇発表や合唱コンクールなどがあり、お昼をはさんでの記念式典は緊張がとけて眠くなる頃。大丈夫だろうかと心配しましたが、小津監督の『生れてはみたけれど』、突貫小僧こと青木富夫演ずる弟のセリフや行動に笑いが起こり、反応しながらよく観てくれていたようです。

中学生の反応は新鮮でした。同じ作品も年齢層や客層によって多少台本を変えるわけですが、今回の公演経験をまたいかしていきたいと思います。
ご覧下さった皆さんの心に何かが残っていきますように。

卓球一家の我が家ですが、昔から家族ぐるみでおつき合いしていて私も中学時代コーチとしてお世話になった方が、今二中のPTAをなさっていて、先生方と一緒に出迎えて下さいました。
「この間、お父さんど一緒、秋田の、剛くんが監督した国体の応援行てきたんよ~!」
公演前の入場時には「亜希子さん、がんばれよ」
公演後、また「いやあ、よかった。よかったよ」と退場の際にも声をかけて下さり、なんだか面映い感じでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卓球の輪 | トップ | 宝かゴミか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (二中生)
2007-10-09 20:25:08
二中の二年生です。

あの後に戦争をするのだと思うととても複雑な気持ちになりました。
でもとてもおもしろかったです(^-^)

公演してくださってありがとうございました^^
ありがとう。 (akiko)
2007-10-10 12:33:14
よかったです。
二中の創立より15年も前の映像も、興味深かったことでしょう。
平和で基本的人権が尊重される時代と国に生まれたのは幸せなことです。また、これからの時代も平和で心豊かであるためには、あなたたちが大切です。
仲間を大切に、今できることを精一杯楽しんでやって下さいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。