読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

津村記久子「とにかくうちに帰ります」

2016年10月13日 | た行の作家

 

新潮文庫
2015年10月 発行
2016年 1月 4刷
解説・西加奈子
199頁

 

 

「職場の作法」

 ブラックボックス

 ハラスメント、ネグレクト

 ブラックホール

 小規模なバンデミック

 

職場の諸々
あるあるです
語り手の観察力に感心しきりでした

 

「バリローチェのファン・カルロス・モリーナ」
「職場の作法」にも登場する先輩が応援するスポーツ選手やチームはほぼ全て没落傾向にあります
自分が密かに応援していた海外の男子フィギュアスケート選手に先輩も注目していたことを知り…

 

「とにかくうちに帰ります」
台風が接近し、帰宅する交通手段を失った女性と後輩男性
別の会社の男性社員、塾から帰る途中の少年
この4人が大雨の中、とにかくうちに帰ろうと歩き続ける
それだけの話です
けれど、とにかくうちに帰りたい、屋根のあるところに帰りたい、と願う気持ち
よ~くわかります
全く関係の無かったはずの4人に微妙なリンクを持たせる辺りもいいなぁ

ホンワカ優しい小説集でした♪

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋冬物編み物始めました | トップ | 湯浅誠「ヒーローを待ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL