Sparkring Life

旧京都Sparkring Life
8年半の京都生活を終え、地元神奈川で暮らしています。

書く人・maiky

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

電車通勤

2016年10月05日 | Diary



最終電車の中からこんばんは。
いま、radikoでジェットストリームを聞きながら帰宅中です。
(ちなみにFM大阪で聴いてます。私のradikoは関西設定)

気分がいいので、ブログ更新。



「もう通勤なんてこりごり」



中学の頃から京都に行くまで、通学も通勤も片道1時間はかかってました。
何度も貧血で倒れたし、何度も痴漢にあったし、電車遅延で遅刻することも数知れず。

満員電車もとにかく嫌で、京都では憧れの「自転車通勤」を満喫していました。
電車に乗るということも年に何回あるか、というくらい、それこそ通勤電車、満員電車から解き放たれた約9年でした。

だから地元に戻ってから再び電車通勤になり、また嫌々な日々が始まるかと思ってました。



(写真は関係ないです)


ところがどっこい。
以前のような嫌々な日々じゃない!!
何が違うんだろう?と考えてみた。

まず、ギリギリの電車には乗らないことにした。
「始業より30分前には職場のある駅に着いていること」を当たり前にした。

そうすれば、多少の電車遅延でも遅刻しないし、時間に余裕があるから駆け込み乗車もしなくなる。乗り換えの必要なときも、ホームを走ったり階段を駆け上がったりしなくなる。

すると、忙しない周りの時間と私の時間の流れ方が異なって、とてもゆとりが出来た✨

そして、「通勤時間=読書時間」にする。
とにかく周りはスマホいじり軍団。
同じ列に並びたくない謎の反発心で、本を読むことにした。
(今日はスマホいじり軍団になってるけど)

ということで、この1年ほぼ苦痛を感じずに通勤しています。もちろん、嫌な思いをすることも多々あったけど。

近いに越したことはないけど、まぁ、やれてる。
くらいの感覚かなーー。


仕事が忙しくて終電が続いたとき、何か楽しみないかなーと思って閃いたのが、「ジェットストリームを聞きながら帰る」ということでした。
ちょうど1時間。
終電逃したら帰れない!ていうガサガサした中でも、私はゆったーーーりとした音楽を聴いて帰っているというプレミアム感✨
なかなか良い閃きだったと思うのです♪

今日も自分のミスでどぉーーーんと落ち込んだけど、少しだけホッとしました。


せっかく京都でゆったり過ごしたのだから、その「京都時間」を持ったまま、ここで過ごしたいものです。


さて、もうすぐ最寄り駅。
長々と、失礼しました。


今宵のお相手は、maikyでした。
ジェットストリーーーーーム✈
コメント (7)

2年前

2016年10月03日 | Diary


2年前の自分の日記にこの蒼いかもがわがあって。
「この景色と、ずっと一緒にいたい」
と書いてあった。

京都にいる頃はそう思ってたし、そうなんだろうと考えながら、どこかで漠然としているような、輪郭がハッキリしないような、そんな感覚がありました。

もちろん、今を正当化して過去を「神奈川に帰る運命だった」なんて否定するつもりもないけど。

この頃は京都の生活が当たり前になって、いよいよ「京都で暮らす」という本番に入っていたんだろうな。大事なのはそれからだったのかもしれない。
でも、当時はそんなこと思ってなくて、逆に京都で暮らす意味が分からなくなってた。

だからこの写真は、いとおしく賀茂川を見つめているのではなく、何か理由が欲しい、何かにすがりたい気持ちだったんです。





京都を離れて1年。
かもがわを離れて1年。
でも、この景色もここで過ごした思い出も、心の中にちゃんとある。
忙しくてワーーッてなった時に思い出すようにしてる。
あの時の自分の、穏やかさとか。


「この景色と、まだ一緒におるよ。」


2年前の私へ。
コメント (4)

お久しぶりです

2016年09月16日 | Diary
すみません、ずっと放置してました。
ひと夏終わってしまいましたね!!
これからはもうちょっと真面目に更新したいと思います。
(何べんこれ言ってるやろう…笑)

では、ざっとこの夏を振り返りますね。

☀7月☀



横浜で贅沢をしました。
ロイヤルパークホテルの鉄板焼屋さんでコース料理を堪能したあと、最上階のbarへ✨
みなとみらい、一望!



少しだけおしゃれして、たまにはえい!て贅沢するのもいいなぁと思った夜でした✨



聖地、磐田にも行きました!
名波監督を見に(笑)
サッカーが好きになった高校生の頃から行きたかった磐田スタジアム。巡りめぐってまたサッカーを見るようになり、ついに遠征~😆



浜名湖のほとり。
ここまで来たなら、もちろんあっこにも!



航空自衛隊浜松基地!



戦闘機がいっぱいあってめっっっっちゃコーフンしました。いつか航空祭に行きたい。


☀8月☀



職場のあるみなとみらいに、ピカチュウが大発生しました。





あまりに可愛くて、ピカチュウの定期入れやら何やら購入(笑)
フォルムがまめんたみたいだからな。



東京めぐりも続けております。
ここも念願の、岩崎邸。
「真田丸」の録画設定を解除し、再び「龍馬伝」を見ております。やっぱり戦国時代はあかん…!興味持てない!



この日は浴衣でした✨
岩崎邸~湯島天神~ニコライ堂~神田明神と、歴史を歩くおさんぽ。
(目的は神田明神のビール祭でした笑)

〆は、御茶ノ水の路地奥で立飲み。





大きな花火大会にも2つ行けました!


🌙9月🌙



今度は等々力競技場に、アビスパの井原正巳監督を見に行きました(笑)
そう、私が一番サッカーが好きだった頃に現役だった選手が、いまは監督やコーチになっているのです。
その、監督を見に行ってます。
この日も井原監督をじろじろ見すぎて、フロンターレの先制点見逃しました(笑)


9月、京都から戻ってきて1年経ちました。
あっという間!!ホンマに!!
おかげさまで仕事も順調。
プライベートでも幸せなことがあり、今年は今まで以上に充実しております♥

10月からも仕事浸けにならず、楽しく過ごしていきたいと思います。ブログも頑張るー👊✨



まめんたも元気!!6歳になりました!!
コメント (10)

トウキョウノモリ

2016年06月10日 | 【Tokyo】diary
私のブログを10年前から見てくださっている奇特な方ならお分かりかと思いますが、
京都に引っ越した時の私はとにかく「東京が嫌い」でした。
都会の喧騒、姿を消した歴史、常に新しい世界…
そういう嫌なものに背中を向けて京都に行き、9年半が経った今、改めて東京を見つめています。

東京の、埋もれている歴史。
以前は見えていなかった、良きもの。

このブログに、【Tokyo】カテゴリが登場しました。





さて、先日の休み。
そんな東京へ出掛けてきましたよ。
実は今年はかなり東京に通っております。おトクちゃんなフリーパスを活用して☆


写真は代々木駅。
専門学校がこの辺でした。懐かしく、嫌気がさしていたあの頃を思い出します(笑)

ここは道すがら。

新宿からてくてく歩いて目指したのは。





トウキョウノモリ。
そう、明治神宮です。
学生の頃、つまんない授業をサボってよくここへ来てました。





先日出かけた京都の糺の森に癒されて以来、あの感動が抜けなくて。京都から帰った後の怒濤の仕事をこなした身体に、癒しがほしくて。

この森を目指しました。

ちょうど、雨が上がったばかり。
木々は身を守るために、フィトンチッドを放出中。
雨上がりは、森がいいよ☆





どこからが幹で、どこからが根なのか。





参道にニョッキリと立つこの古木の歴史を思います。





本殿への最後の鳥居。
雨上がり、姿を現した太陽が鳥居の中央高くに!!
感動的な偶然です✨

神々しかった~。





境内は、外人さんがいっぱい。
日本人にならって、ぎこちなく二礼二拍手一礼している姿や、結婚式の行列に群がる姿がなんとも微笑ましかった。

明治神宮、何年ぶりか分からないくらい久しぶりやったけど、やっぱり、良かった。





このあと本屋さんで東京の今昔を照らし合わせた地図本を買い、カフェでじっくり見た後。
その場から一番近い史跡に行ってみた。

【追分】
甲州街道と青梅街道の分かれ道。

新宿三丁目の大きな交差点の一角にあり、一角ずつ「どこやろ?」と信号を渡りました。
2つ渡った時、目に入ったのは「追分交番」。歴史の名残が見えた瞬間、心臓が跳ね上がる。
そして、やっと見つけたのでした。





こんなギラギラした東京で。
京都で何度も体感した身震いみたいなものを感じる。
嫌いだったはずなのに。
・・・よく、知りもしないで。


ということで、今後このブログにはお江戸Tokyoが登場してきます。
以後ヨロシク!
コメント (8)

京都よっかめ:ふるさと

2016年06月05日 | 【京都】Diary



少し間があいてしまいました。
京都から帰った翌日から仕事がエグいくらいに忙しく、きりきりまいでした。
今は少し、落ち着いてきた感じ。


さて、京都よっかめは神奈川に帰る日。
最後に来たのは、京都生活の半分以上を過ごしたカフェ。
料理なんてまるで出来なかった自分が、短い間でも店を任されてやってきた大切な場所です。
一度は閉まったけど、また再開し、スタッフもお客さんも戻った。
愛されている場所に、私も旅の最後に行ってきました。


お隣のおばちゃんも来てくれて、長い時間お喋り。
帰るときには、「私どこに帰るん?」みたいな感覚。
私はどこから来て、どこに帰るんだろう。
そんな不思議な感覚がありました。


まだ離れて1年経ってないから?
まだ、変な訛りが抜けないから?


私はまだ京都のどこかにいる気がしてならない。
でもそれは決して未練ではなく、そんな風に今思えることが幸せだと、選んだことは間違いではなかったんだろうなぁと感じた4日間でした。


会える人がたくさんいた。
時間を作ってくれた人がたくさんいた。


京都は、そのまんま、京都であった。


また、行くね。
コメント (4)