信濃大町あなログる生活

信濃大町への移住をきっかけに、考える里山整備や代替エネルギーの事。
そして、変わらぬトレーニングへの情熱と普及の事。

ボキャ貧で騒ぎ過ぎ

2017年06月13日 11時52分28秒 | 日記
中央のTV局は、上野のパンダ誕生で、どうもおかしくなってます。
和歌山にも、優秀なママパンダが、子供をなして、育てています。
先日、成長して中国に帰ったばかり。
そのニュースの扱いは、小さいものでした。
今回、まだ生まれたばかりなのに、この騒ぎです。

パンダはパンダンでも、お膝元でないと、気に入らないらしい。
前回、6日目で死んだのだから、ちょっと待てばいいのに。
パンダ程、繊細でデリケートな、野生動物は居ないと思う。
よくぞ、何千年も大陸で生き抜いてきたと感心するほど。
食べている様子や、遊んでいる様子が、余りにも無防備。

小さい赤ちゃんが、そこそこ成長するまでに、半年以上。
野生動物にしては、時間のかかる種です。
騒ぎ過ぎは、動物にも園にも、プレッシャーとなるでしょう。
静かに見守るべきだと、思います。

また、それを煽るTVアナウンサーの言葉選び。
NHKのベテラン氏は、「言葉選び」を慎重に、と言います。
「パンダフィーバー」なんて、言葉を今更使いますか。
トラボルタ氏も、ビックリですわぁ。
「上野は盛り上がっています」って。
「全米が泣いた」っていう、コピーと一緒です。
上野全部が盛り上がってないし、全米も泣かない。

歌手の来県で、「圧倒的歌唱力」とか、一々形容詞つけるし。
落語家のコピーに、「抜群の話芸」とか。
好きな人は、放っておいてもチケット買うし。
落語家は「話芸」のプロだし。
陳腐な言葉使い程、聞いてて「しらける」ものはない。
言葉のプロは、もっと勉強していただきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷こい水無月 | トップ | 少し気温上昇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。