芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

雄雌の見分け方 花、昆虫 基本的な理解が

2017-07-16 21:38:08 | Weblog

今日も真夏日、然し、早朝は心地よい風

朝の散策は健康保持、夕方は花、昆虫の生態を学びながらの老化防止(脳)にと。花の写真は嫌われないが、昆虫の写真には好き嫌いが激しい。今夕、赤蜻蛉を見かけ記録、これなら何となく理解されそうですが、カミキリムシとなると好き嫌いがはっきりしそうです。

先日のカトミキリムシはゴマダラカミキリ、大変一般的なカミキリ虫でした。今日のカミキリムシは、クワカミキリムシだと思いますが、写真は載せません。思いが叶って赤トンボにも出会えた。正確な名はリスアカネかノシメトンボかわかりませんが、いわゆる赤とんぼです。願いて叶わざること無しと言われますが、今日はその言葉を地で行きました。被写体は動き回り人の気配を感じるとじっとしていない。それで写真が上手く撮れなかった。

アカメカシワの雌花だと思います

南京櫨の花 雌雄同花

季節は花の時期が終わり、この細長い雌雄同株の花は・・・、花の根元に近い丸い実は、雌花が受精してできた実かな。これはあくまでも想像です。ゆっくり調べてみます。先ほど夏祭りの打合せを終え帰宅、早寝早起き、丈夫な老人で休むことにします。今日の出来事は明日にでも。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウインブルドン ゴルフ 夏... | トップ | 自由とは 三連休 一年36... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。