L's room.

Lions blog!! No Limit 2017!

2017.2.21. なかなかいい勝負になりそう ~バファローズ編~

2017-02-21 10:12:30 | 日記

今日は朝からビックリニュース連発で目がパチクリンしてしまいました。


まずは野上がやっとこさ結婚するとかしないとか。
これからシーズン始まるというこの時期に飛ばしっぽい感じもしますが、
後輩の雄星が結婚し、同学年の十亀も結婚し、
外堀をどんどん埋められていたので、ついに観念したのかなという印象。

もし、自分の恋人が「なかなか私と結婚してくれないの!」とお悩みの女性がいたら、
男なんてこうやって周りが結婚しだすと「俺もそろそろ…」という気になったりするものなので、
まずは、その恋人の友達を結婚させるような工作をすればいいのかなと思いましたww

そんな感じでビックリしてたら文化放送ライオンズナイターの栗山元キャップのあの問題のビジュアルww

 

 

これはもう、事件ですねww
似合い過ぎててやばい
そして、本人もかなりノリノリww

このポスターだけでご飯3杯いけそうです(意味不明)
これはバズりそうだ…
一部の間でww



さて、朝からものすごい話題を振りまいたライオンズですが、
今日の本題です


各球団苦手なピッチャーとの対戦成績を見て行こうの企画。
今日はバファローズ編。


毎年、大型補強を繰り返しながら優勝出来ないバファローズ。
戦力は十分に整っているので本来はBクラスにいてはいけないチームなのですが…
いかんせん、投打がかみ合わないと言いますか、どこかチグハグな印象。

投手は金子にディクソン、西、松葉、中継ぎだって吉田一将、サトタツ、平野と揃ってますし、
野手にもいい選手そろってますので、一つ歯車が合えばAクラスで勝負できると思います。
思いますに、昨シーズン、なぜあんなに低迷したかって、やっぱり開幕カードでの逆転サヨナラ負けが
痛かったのかと思います。
オープン戦で好投していたコーディエがまさかの炎上で栗山キャプテン(当時)の
3塁ベース上での雄叫びからのメヒアのサヨナラタイムリー。
これは相当こたえたと思いますし、次の試合では5点先制しながらひっくり返されて逆転負けと、
開幕カードで最悪の2連敗をしたのでこれじゃあ「今年もだめかな…」と選手も、ファンも弱気になって
しまいます。


バファローズは開幕10試合がどのようなスタート切るかで今シーズン、
AクラスでフィニッシュするのかBクラスに沈むのかが決まりそうです。
そんなバファローズはホームでイーグルス戦ですか。
則本か岸くんがぶつかると思うので、Bクラスのライバルを開幕で叩けるかどうかです。




さて、バファローズの主力投手陣の過去3シーズンの対ライオンズ戦の成績をまとめたのがこちら。
西だけなんでこんなにあるんだと思った方。
実は、西はライオンズ大嫌いで有名な投手で、プロ入りしてからの成績も
ご覧の通り、昨シーズンやっとこさ初勝利を挙げたほどで、2015年なんて
ライオンズ戦逃げ回っていたせいで1試合しか当たりませんでした。
どれだけライオンズと相性悪いのか数字を深ぼってみたらここまで数字拾ってしまいましたとさww


さすがに、CSでバファローズと当たるようなことになったら
西をわざわざぶつけてくることはないのかなと思います。
ただ、あとで、数字見せますが、ライオンズの主力バッターとの成績はそこまで酷い感じでもないんですよね
(いや、十分打たれてますが…)


こうやって見ると、ディクソンとはそこそこいい勝負していたんですね。
2016シーズンはボコボコにやられましたが…
いったい橋上コーチは何しに来たんや!と文句を言いたい。
あんたが来たらディクソンに勝てなくなったじゃないか!と言われても仕方ない数字です。
まぁ、2014~2015も勝敗こそ5分ですが、防御率でみたらかなり抑えられていたので
4勝0敗で捻られても文句は言えないですか。

金子も2016シーズンが不調に終わっただけで今シーズンは巻き返してくるでしょう。


で、これがライオンズの各主力バッターとの対戦成績。

真っ青なのが実は金子でもディクソンでもなく松葉なんです。
2015年にシーズン最多安打を更新した秋山ですら6-0で本人も過去のインタビューで
「松葉アレルギー」を公言してます。
CSでぶつかるとしたら開幕戦は金子でもディクソンでもなく松葉ぶつけられると思いますね。



 

データで楽しむプロ野球さんより拝借


松葉の2016配給比率みると決してライオンズが苦手な球種を投げているわけでは
ないんですけどね…
ただ、このストレートがちょっと動くボールと言いますか、
ツーシームよりなのでここが苦戦しているポイントかなと思います。

なんとか攻略しないといかんのですが、橋上コーチはどう分析するのか。



ちなみにこちらはディクソンの2016配球表。

ストレートとカーブ(ナックルカーブ)だけあればライオンズ打線をある程度抑えられるという
なんとも悲しいデータです。
岸くんに勝てないフラグが既に立ってる感じがしますが、
良い意味で期待を裏切ってほしいですね。


バファローズが上位陣を叩いてくれないとまた今シーズンも上位チームと
下位チームの差が開きすぎてつまらないペナントレースになってしまうので頑張ってほしいですし、
今シーズンはおそらくナカジが復活するはずです。
アメリカ帰りの野手はだいたいNPB復帰してから2シーズン目ぐらいまでは数字落としてて
3シーズン目当たりからまた打ち出すんですよね。
福留がまさにそれ。


糸井が抜けましたがなんとかなるでしょう。
糸井の穴を補強しないで育成で補おうとしている姿勢は良いと思います。
それにしたって2軍の施設とか30億かけて新設して…
ライオンズからしたら羨ましいったらありゃしない。

 


 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.2.20. 南郷キャンプ打ち上げ

2017-02-20 12:37:11 | 日記

早いもので2017年の春季南郷キャンプも無事に打ち上げ。

最終日は紅白戦で締めたようで、
いろいろとその内容について一喜一憂している方も多いですが、
この時期の結果は正直あまり気にしていない…というか全く参考にならないので
細かくは触れません。
そもそもキャンプ最終クールの最終日といえば
疲労がピークに来ている時期だと思うので、
ここでムキになって怪我されても困るので、もうほんとにこの時期からの
怪我は致命的なのでそこだけ気を付けて調整してほしいです。

ちなみに、最終日の紅白戦のスタメンですが…

【紅組】
1、(中)秋山
2、(右)金子
3、(左)栗山
4、(三)中村
5、(一)上本
6、(二)呉
7、(遊)永江
8、(捕)中田

【白組】
1、(中)田代
2、(遊)源田
3、(一)山川
4、(二)浅村
5、(指)岡田
6、(左)斉藤
7、(捕)炭谷
8、(三)熊代
9、(右)愛斗

こんな感じでしたが、呉がまたセカンドですか。
この辺はどういう意図なんでしょう。
オプションを試しているのかな…
ちょっとオープン戦始まってからでないとわからないのですが。
そもそもオープン戦も毎回ショートを変えるわけにもいかないので、
そろそろ固定していかないと他の内野の守備人との連携もそうですし
本人もなかなか落ち着かないでしょう。

メヒアはオープン戦からかな?
実践形式での参加は。
上本に「喝」入れてたので、怪我もなく調整は出来ているようです。


個人的に一番知りたいのは西武ドームのマウンドがどんな感じに仕上がったのかと
結局、最後まで「?」だった南郷や春野のブルペンのマウンドの状態。
ぱっと見た感じ去年とまったく同じマウンドの仕上がりだったように思えますが。

キャンプの時期から本拠地と同じマウンドで練習する環境であればいいのですが、
ここで統一感がないと、開幕まで目前に迫った時期に、また本拠地のマウンドに
アジャストしていかないといけないわけで、まぁもうそこは仕方ないのかな…という気もしますが、
せめて「やることやりきった」状態で開幕を迎えてほしいです。

確か3月でしたっけ?
西武ドームの新しいマウンドがお披露目になると。
オープン戦で慣れろってことですな。


さて、今年はWBCがあるため、秋山と牧田がここでチームから離脱。
残りのメンバーは春野に移って2次キャンプ、そしてオープン戦です。

いつも思うのですが、ファンクラブ会員限定コンテンツとして
キャンプの中継などしてあげてもいいと思うのですが、
この辺ってだめなんでしょうかね?
パリーグTVやスポナビ配信…とは別に、ファンクラブ限定コンテンツで
「魅せる」ということも有かなと思います。

ファンクラブ会員の特典もかなりマンネリ化してきているので
どんどん付加価値を付けていかないと、チーム成績が沈んでいる状態が続いているので
ファンの満足度が低下していきそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.2.17. 攻略できるのか ~ファイターズ編~

2017-02-17 15:02:56 | 日記

まずは冒頭キャンプ情報。

牧田がユニフォーム忘れて秋山のユニを借りてましたが、
今キャンプ、雄星に続いて二人目。
チームを引っ張らないといけない立場の二人がこの体たらくでは…
ものすごく不安になりました。

強いチームにある緊張感というものが欠けているんでしょうよ。
常勝軍団復活への道のりはまだまだ遠いようです。

そして、金子が外野どこでも守る宣言してましたが…
去年の張りぼて守備陣がまた復活するのかと思うと
これもいかがなものかなと。
まぁ昨シーズン、右翼入りながらも左翼もやってたので
大丈夫だとは思いますが…

カルロスの一塁コンバートもイマイチ意図が分かりかねる。


さて、苦手なピッチャーを見て行く企画の第2段。
今日はファイターズ。

バースと吉川が抜けてくれてライオンズ的には結構ラッキーな部分があります。
とはいえ、すでにラスボス感漂う大谷に、結局、昨シーズンも一つも勝てなかったメンドーサ。
この二人にスポット当ててみてみたいと思います。

大谷には2016シーズン、序盤は打ち崩しておりましたが、
それでもやっぱり苦戦してほうに入ります。
メンドーサは…何度か勝てるチャンスあったのに自ら手放してしまった試合もあり、
この2年間で7つも白星献上してるなんて…どうかしてるよ!!

 

そんな大谷との直近3シーズンの対戦成績が…
これはひどい。
レジェンドブルーに染まっておりますww

ただ、ちょろっと他のチームでも調べてみましたが、まぁだいたいこんなもんなんですよね。
ほぼほぼ打率1割台~2割台に抑えられておる。
今シーズだけに限って見れば栗山とメヒアが奮闘しましたが、
それも序盤で二人の調子が良く、逆に大谷の調子がイマイチの状態での成績であり、
状態が上がってきたシーズン終盤の大谷には手も足も出ませんでした。

 

こちら、データで楽しみプロ野球さんより拝借。

なんといっても大谷は160キロ前後のストレートに
140キロ台後半のフォーク(もうフォークと呼べるのかが怪しい。スプリットちゃうの?)

身体も大きく、ダイナミックなフォームなので恐らく、打者からすると
もの凄く近いところから球が飛んでくるイメージなんでしょうね。

ただ、このオフシーズンのTV番組などで現役の選手が大谷について語る時に
必ずと言っていいほど「バッターとしての方がエグイ」というコメント。
ピッチングについてはコントロールがアバウトな部分があるということなので、
この辺が攻略のヒントなのかなと思います。
来たボールをぶんぶん振っていくのではなくて、粘っこく当ててファールにして
四球を選ぶとかね。
まぁ、球が速すぎてそれどこじゃないんでしょうが…


続きましてメンドーサ。
メンドーサも結構苦手にしてるライオンズ。
てか2015シーズン、大谷とメンドーサに10勝も献上してて、
この二人からしたらボーナスステージみたいなもんでしたね。

今シーズンは四球で自滅した試合もありながら黒星をつけられず、
ここで黒星を付けるか、付けないかで印象がだいぶ変わりますよね。
メンドーサからしたら「乱調だったけど負けなかった」とポジティブにとらえられますし、
ライオンズ側からしたら「あそこまで打ち込んだのに勝てなかった」というネガティブな
印象しか残らず。
ただ、橋上コーチ効果なのか知りませんが、2016シーズンはメンドーサ攻略の糸口は
見えてきたと思うので、今シーズンはしっかり蹴散らしてほしいですね。


 

メジャーでは結構スライダー多投してましたが
2016シーズンの配給表みるとシュートのが多いですね。
シュートを意図して投げたのか、ストレートがシュート回転してしまっているのか
ちょっと詳しくはわからないのですが、
もし後者であれば今シーズンはしっかり攻略してもらいたいものです。
まぁシュートよりのツーシームなんだろな。結局のとこww

ファイターズ相手にはどちらかと言うとリリーフピッチャーに抑え込まれていると思います。
谷元、増井、宮西…この辺をリリーフさせない展開、
先発投手陣を早々にノックアウトするような展開に持ち込まないと厳しいですよね。

ただ、ファイターズとはそこそこやれるはずなんだけどなぁ…
どうしたってこんなに差がついているんでしょうか?

哀しい限りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.2.16. 苦手なピッチャー ~マリーンズ編~

2017-02-16 12:02:43 | 日記

春季キャンプも早くも最終クール突入です。

メヒアのインスタの釣りの写真を見て、ほっこり癒されました。


さて、ライオンズは各球団に天敵ピッチャーが多いので
どげんかせんといかんわけですが、
じゃあ、どのぐらい悲惨なのかなということで、各球団の天敵ピッチャーと思われる
選手を何名かピックアップして対戦成績を拾ってみました。

まず初めは今シーズンも、CS争いの直接のライバルになるであろう、マリーンズから。


毎回やられている石川をはじめ、
いまではすっかりマリーンズになじんでしまった涌井、
さらに、ホークス時代から苦しめられてきたスタンリッジ、
この3名との対戦成績を拾ってみました。

いろいろセイバー見たりしてますが、
なんだかんだ言って、一番信頼できるデータといえばずばり「相性」だと考えております。
「なぜかこのバッターだけは打てる」
「なぜかこのピッチャーだけは打てない」
というのはどの選手にもあったりするもの。

それではいろいろ見て行きましょう。


こちらの表は直近3年分の対ライオンズの成績をまとめました。
当然、3投手ともライオンズを得意としているだけあってWHIPが1.10付近でまとまっております。
もう、やっぱり手も足も出ていないのが石川です。
実は2016シーズンは防御率で見れば一番打ち込んだとも言えますが、
(群馬での打ち込んだ試合ありましたよね)
結果的に4つも白星献上しているので、やはり天敵だったのは変わりない。

涌井はあとで詳しく見て行きますが、結構打ち込んでます。
マリーンズに移籍した年からの通算成績も勝ち越してますしね。
涌井に関してはもう浅村が無双状態なのでね…
もし、CSでマリーンズと1stステージ戦うことになったら確実に叩かないといけない相手です。

スタンリッジはとにかくホークス時代から相性が悪い。
若干衰えが出てきているとはいえ、2016シーズンは結局、黒星つけられてないですね。

で、1番ライオンズが嫌いな石川と主力選手の年度ごとの対戦成績を拾ってみました。
一応、赤いセルが3割以上打ちましたの選手。
青いセルが1割台以下の選手。
もう、ライオンズ、真っ青です…ww

浅村は2016シーズンこそ4割近い打率を誇りましたが、
2014~2015シーズンは悲惨な状態。
秋山ですらこの数字で、栗山、中村、メヒアはもう論外です。

唯一相性が良いと言われている銀仁朗もこのぐらいだもんなぁ…
森も打ててないので、今シーズンは石川と対戦するときは銀仁朗がスタメン一択でいいのかなと思います。
もうメヒアやおかわりが悲惨な数字なので山川に賭けるというのも一つの手かなと。


石川の代表的な球種と言えばシンカーが思い浮かびますが、
カーブも15%の割合で投げてくるので、実はこのカーブもとらえきれずにやられている印象。
ライオンズはカーブ投げるピッチャーにすこぶる弱いですからね。
これ、いつになったら治るんですか?

続きましてワクについて。
FA移籍以降、完全にマリーンズのエースとなりましたが、
それでもライオンズは結構打ち込んでます。
表を見てもわかる通り、浅村の無双っぷりが半端ないですね。
毎年5割近い打率を誇ってますので、きっと今シーズンもこんな感じで
推移する思われるので、短期決戦で当たる場合には浅村にいかにいい形で打席を回せるかが
重要かなと思います。
中村もそこそこ打ち込んでます。メヒアが2016シーズンの数字がフロックではないことを
今シーズン証明する必要がありますね。

 

こちら、データで楽しむプロ野球さんから拝借。

涌井の2016シーズンの配給データですが、
球種はたくさんありまして、2016シーズンからフォークも久しぶりに投げ始めたことも話題になりました。
ただ、全体の12%程度、ライオンズが苦手なカーブも6%と、ほぼ投げないピッチャー。
投球の大半を占めるのがストレート、シュート、スライダーと横系の変化球が多いです。
ライオンズはこの手のピッチャーにすこぶる強い。
今シーズンは、ライオンズ戦に涌井がどのような配給で来るのか、まぁ田村が考えるのかもしれませんが、
この辺も楽しみの一つです。
今まではムキになってストライクゾーンで勝負しては浅村やおかわりに打ち込まれてましたが、
最近、ワクも結婚して大人になってきたので、投球術変えてくるかもしれませんね。

最後にスタンリッジ。
ホントは二木でも載せたかったのですが、いかんせんデータが少ないのでやめました。

とにかくホークス時代から散々苦しめられている印象のスタンリッジ。
秋山とメヒアが押さえられてしまっては苦しいです。
栗山も厳しいですね。これだと。
そんな中、昨シーズン、永江が3-3とまさかの確変!
こういったデータをもとに今シーズン、スタンリッジと当たる時にショートのスタメン永江となっていたら
思わずニヤリとしてしまいそうです。

スタンリッジって球種そこまで多くないんですね
ストレート、スライダーが中心でチェンジアップとカーブをたまに挟んでくるピッチャーなので、
一見打てそうに見えるんですが…
この、カーブがどちらかというとナックルカーブに近い形で
ライオンズはナックルカーブが大嫌いなんです!ww
ディクソンも同じ理由で打てないんですが。

ただ、スタンリッジもかなりのご高齢なので、今シーズンはそこそこ打ち込んでもらわないと困りますね。


とにかくね、カーブ系の球をいつになったら打てるんでしょうか?
岸くんのカーブにぶんぶん空振りする光景が今から頭に浮かんでしまいます…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.2.14. 対策は進んでますか?

2017-02-14 18:05:02 | 日記

まずは2月14日はバレンタインデー!!
もいいですが、紅白戦でした。


詳しいことは明日のブログに書くとして
スタメン見るだけでなかなかニヤリとする布陣。



紅組

1、(中)秋山
2、(遊)源田
3、(左)栗山
4、(二)浅村
5、(一)山川
6、(三)熊代
7、(捕)炭谷
8、(指)中田
9、(右)愛斗

【投手】
光成→野田→平井→田村

まずは紅組のスタメン。
源田がいきなりショートのスタメンに入ったのはビックリでしたね。
期待されてている証拠です。

山川はやはりファースト要因ですよね。
そうですよね。

くましーはやはり練習してたからサードか。
それにしてもポジションたらい回しにされ過ぎてるけど大丈夫でっか?
このままいろんなとこ使い回されてポイされそうで…
なんだかかわいそうです。
がんばれくましー!

愛斗はいい経験ですわな。
この経験を活かすも殺すも本人次第。
期待してるんだからね!


白組

1、(右)金子
2、(中)田代
3、(一)木村
4、(三)中村
5、(二)呉
6、(捕)岡田
7、(左)斉藤
8、(遊)永江


【投手】
雄星→本田→佐野→國場


続いて白組。
「金子センターじゃないんかーい!」
とツッコミ入れたくなりましたが、まぁこれからいろいろ試すのでしょう。

木村のファーストもまぁいいんですが、
やっぱり、あの肩の強さを活かすなら外野だと思うのですが…

ポイントはやはり呉のセカンドですかね。
個人的にはこれは有だと思います。
浅村がずっと元気で入れるとは限らないですし、
呉はセンスあるのでセカンドもソツなくこなすと思います。

投手も左→右→左→右と交互に変わるようで
この白組のピッチャーも今シーズンは1軍で活躍しないと
ライオンズの投手陣は火の車でっせ。


で、今日書きたかったのは紅白戦のことじゃないのです!
(ここまで書いて…ww)

それは昨シーズンから、もっと言ってしまえば
その前のシーズンからずっと思っていたのですが、
仮に、ライオンズがCS出場したとしても、CSを突破できる可能性が
限りなくゼロに近いなと思います。

もはや周知の事実ですが、
ライオンズは各球団に苦手なピッチャーが多すぎます!

 

データで楽しむプロ野球より拝借


こちら、2016シーズンの対ライオンズ相手に多く勝ち星を挙げたピッチャー順に並んだ表です。


当然ながらリーグ優勝で1位抜けしない限りは
CS1stステージは先に2勝した方が勝ち抜けできるわけで。

短期決戦になるので、
当然どのチームもエース級のピッチャーをどんどん当ててくるわけですが、
ここでライオンズの致命的なところが、この表から分かります。
それは…

パリーグの各球団に2人は全く歯が立たないピッチャーがいる

という事実。


この表から見ても
ホークス…千賀、武田、東浜
ファイターズ…吉川、バース(退団)
マリーンズ…石川、二木、涌井
バファローズ…ディクソン、松葉
イーグルス…則本(QS率100%はやばい!)


ファイターズはバースが抜けても大谷がいますよね。
バファローズは金子も、西もいるし
イーグルスはなんといっても岸くんが立ちはだかる。
ホークスはバンデンハーク、和田もいますよ

ということで、どうしたって苦手なピッチャーが多すぎて
短期決戦にそれぞれのチームの苦手ピッチャーを当てられたら借りてきた猫状態になってしまう
のがライオンズ打線のクオリティ。

ここまでのキャンプ、確かに守備の意識だ、つなぎの意識だといった練習を
多くされているようでなによりですが、
いくらそのような練習をしようが、まずは苦手なピッチャーを攻略してかないとなにも始まらない。

橋上コーチはデータ野球を取り入れると言いながら結局、
昨シーズンは同じピッチャーに何度もやられていたので
もう今シーズンも同じ過ちを犯したら言い訳はできませんし、
今シーズンもなにも変わらなければシーズン途中でなんらかの責任を取る形になると思います。


ちょっとまだシーズンまで時間があるので、
各チームの苦手ピッチャーをどうやったら攻略できるかを
次回以降のブログでセイバー見ながら簡単に見て行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加