goo

「喝采」閉幕!

2012-11-06 23:37:19 | Weblog
「喝采」<アニソンミュージカルバージョン>、
無事閉幕致しました。

沢山の方に観て頂き
そして
沢山の方に「面白かった」と言って頂き、
私ホッと胸を撫で下ろしている次第であります。

今回、
一つの舞台を作り上げる大変さを
改めて実感致しました。

正直言いまして、
この舞台が延期、もしくは中止になる可能性が
途中途中で結構ございました。

私の母の死などもあり
心が折れかけた事も何度かございました。

正式にやる事が決定したのはおそらく
本番の2、3ヶ月前の事だったと思います。

そこからのスケジュールは
まさに鬼のようでした。

9月中旬にようやく全てのキャストが決まり、
そこから猛然と台本を書き始め、
稽古始めの9月28日の朝に台本が完成するという
何もかもがギリギリの状態でした。

稽古の方もそれはそれは大変でして
キャストさん皆さんお忙しい方ばかりですので
何せ人数が揃わない。
結局、全員揃った状態での稽古を一度もしないまま
本番を迎えたのです。

それでも何とか成立したのは、
キャストさん各々の頑張りと
代役で入ってくれたスタッフ達の頑張りがあったからです。

本番に入ってからはあっという間でした。
勿論、些細なミスは沢山ありましたが、
お客様には概ね楽しんで頂けてるようでした。

そして千秋楽。
シークレットゲストが嫁という
僕にとっては中々の試練の回でしたが、
芝居自体の出来も良く
非常に良い千秋楽になったと思います。

カーテンコールはありがたい事に
3回も頂きました。
そしてあんなに長い時間、
時間にしておよそ1分以上
鳴り止まない拍手というものを
私初めて体感致しました。

その時にも言いましたが、
辛かった事も大変だった事も
あれを頂いてしまうと
全てが報われてしまうんですね。

率直に言って
僕の人生において
あれ以上の瞬間はないのではと思ってしまう位
皆様のあの拍手は破壊力があるのです。

あれを体験してしまうと、
クソ大変だった事もどっかに行ってしまうのか
またやろうという気にさせられてしまうんです。

ま、今は終わったばかりですし、
この一年、ゆっくり休みらしい休みを取ってないので
しばらくはボーっとするでしょうが、
疲れが癒えたらモチベーションも上がるかもしれません。

そもそも<アニソンミュージカル>というカテゴリーのものは
今始動したばかりです。
素敵なアニソンなんてまだまだ沢山あるし、
素敵なキャストも沢山います。

今回このようなコメディチックな作風でしたが、
次回はド直球なミュージカルにするかもしれません。
色んな可能性を秘めたこの
<アニソンミュージカル>というカテゴリー、
一回で終わらす気はございません。

いつの日かまた
皆様のお目にかかる時が来るはずです。
その時も引き続き宜しくお願いします。

最後に
今回関わってくれたキャストさん、スタッフさん。
そしてテレビ東京さん、イープラスさんを始めとした
強力なタッグパートナーの方々。
そして観に来てくれた皆様に
大いなる感謝の意を述べたいと思います。

本当にありがとうございました!
goo | コメント ( 19 ) | トラックバック ( 0 )

日替わりゲスト発表!

2012-10-20 16:08:55 | Weblog
昨日のニコ生で発表させて頂きましたが、
http://live.nicovideo.jp/watch/lv112054649?ref=top&zroute=index
改めて
喝采<アニソンミュージカルバージョン>
日替わりゲストの皆様の発表をさせて頂きます。

(以下、敬称略)

10月31日(水)
Suara

11月1日(木)
風男塾

11月2日(金)
南里侑香

11月3日(土)14時
榊原ゆい

11月3日(土)19時
angela

11月4日(日)13時
松本梨香

11月4日(日)18時
シークレット

どうですか?!

超豪華じゃないっすか!

お呼びしておいて何ですが、
この豪華布陣に僕自身も驚いております。

この方達のパフォーマンスを間近で観られるのは
役得以外の何物でもございません。
来られる方々も是非楽しみにしていてください!

そして、これもニコ生でお伝えしましたが、

<平日限定特別企画>
キャスト達とハイタッチ!

という企画も行う事になりました。

平日の公演の終演後、
希望者はキャスト全員とハイタッチが出来る
といった特別企画であります。

公演が一回しかない平日だからこそ出来る
スペシャルな企画です。
こんな機会はそうそうないと思いますので、
平日に来られる方は
そちらの方もお楽しみください!

そんなわけで一般発売は今日から開始されました。
まだの方は急いでイープラスさんのページへどうぞ!

http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=086107:P5=0001:P6=001
goo | コメント ( 3 ) | トラックバック ( 0 )

緊急発表!

2012-09-23 12:50:55 | Weblog
久しぶりの更新となってしまいましたが
皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は緊急発表がございます。

突然ですが・・・

舞台をやる事になりました!

しかも今回は
僕単独のプロデュースではなく、
テレビ東京「アニソンぷらす」さんとの共同プロデュース
という形でやらせて頂く事になりました。

ジャンルは何と!

ミュージカル!

しかも初めてトライする

アニソンミュージカル!

でございます。

一つの作品をミュージカル化する試みというのは
今まで沢山ありました。
(「○ニスの王子様」、「ブリー○」など)

そういう形ではなく、
一つのオリジナルストーリーをベースに
音楽シーンを数々の有名アニソンで紡ぐといった手法は
今までありそうで無かったような気がします。

そこで今回、その未知なる分野に
唯一無二のアニソン番組「アニソンぷらす」さんと
がっつりタッグを組んで挑戦する事となりました。
更に「イープラス」さんにもご賛同頂き、
思いもよらぬビッグプロジェクトになりました。

これ程心強いタッグパートナーはおりません。
段取りは今まで基本一人でやってきましたが、
テレビ東京さん、イープラスさんという強力な援軍を得た今、
僕の負担は大分軽くなりました。
その分、作品作りに集中出来ております。

さて、その作品なんですが、
何とあの!

「喝采」

をやる事になりました。

2007年の10月に上演され好評を得た
あの「喝采」であります。

DVD化を断念したあの「喝采」であります。

ただ、再演ではございません。
閉鎖されゆく定時制高校が舞台という設定だけ残し、
キャストも変わり、ストーリーも1から書き直しております。
つまり、ほぼ新作という事です。

何故「喝采」を題材としてチョイスしたのかというと、
公演期間がちょうど学園祭シーズンだという事。
そして公演場所が「前進座劇場」さんだという事です。

残念な事に「前進座劇場」さんは
来年1月をもって閉鎖されてしまいます。
スタッフさん方とも仲良くさせて頂き、
使い心地も非常に良く、面白い仕掛けも出来る舞台なので
僕は本当に気に入ってる思い入れのある劇場でしたが、
残念ながら間もなく無くなってしまいます。

その事も
閉鎖されゆく定時制高校が舞台であり、
「形あるものはいつか消えゆくが、良き思い出は一生残る」
というのが裏テーマである「喝采」という作品に
非常にリンクしたのであります。

更には
「喝采」は
学園祭で生徒達がミュージカルを披露するというシーンで
フィナーレを迎えるわけですが、
このシーンを素敵なアニソン達で畳みかけたら
相当凄い事になるのではという気がしたのでございます。

そんなわけで
様々な理由により
「喝采」を<アニソンミュージカルバージョン>として
蘇らせる事にしました。

キャストも凄い人達が集まってくれました。

(以下順不同、敬称略)

米倉千尋
金田朋子
野呂佳代
吉田仁美
喜屋武ちあき
徳井青空
寺川愛美(愛美)

アメリカザリガニ
(柳原哲也、平井善之)
石井真
Kimeru
小山剛志
 


でございます。

更に映像出演はやはりこの男!

浪川大輔

です。

いやいやそれにしても、
声優、アーティスト、アイドル、お笑い芸人、ラッパー(?)
というバラエティに富んだ
凄いキャスティングに成功しました。
この人達となら物凄いエンターテイメントが作れそうです。

更には

豪華日替わりゲスト

も予定しております。

以下、公演概要です。


<公演概要>

KOYA・MAP + アニソンぷらすPresents

「喝采 <アニソンミュージカルバージョン>」

<作・演出>

小山剛志

<キャスト>

米倉千尋       
金田朋子       
野呂佳代       
吉田仁美   
喜屋武ちあき     
徳井青空
寺川愛美(愛美)      

アメリカザリガニ
石井真
Kimeru

小山剛志



<映像出演> 浪川大輔

豪華日替わりゲストも随時発表!

日時   2012年10月31日(水)〜11月4日(日) 全7公演

場所   前進座劇場(吉祥寺)
    ※住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町3-13-2
http://www.zenshinza.com/gekijo/index.htm

チケット   前売り5900円
      当日 6200円

詳しくは、、、
アニソンぷらすHPへ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/anison/


9月24日より最速プレオーダー、受付!!

<リンク> http://eplus.jp/koyamap/


という事で、
早くも明日からプレオーダーの受付開始となります。

かなりの競争率が予想されますが、
興味ある方は是非ともトライしてみてください!

間違いなく凄い作品になります。

皆様・・・

期待しててください!
goo | コメント ( 20 ) | トラックバック ( 0 )

ご報告

2012-07-24 01:13:33 | Weblog

結婚式が終わってから二週間程しか経っていないのに
このような報告をせねばならないのは
非常に心苦しいかぎりではありますが、

本日7月23日、
私の母が他界致しました。

享年68歳でした。

数年前に突然、白血病を発症させて以来
病気と戦ってまいりましたが、
本日ついに力尽き、天国に召されました。

病を発症させる以前の母は
それはそれは元気な人でした。

バレーの選手として様々な大会で活躍し、
60過ぎてもママさんバレーの現役選手でした。

僕や弟、そして親戚一同は
「この人は絶対100歳近くまで生きるに違いない」
と口を揃えて言う程、元気な人でした。

病を発症させた後も一度は克服したのですが、
残念ながら再発させてしまいました。

こういう状況でしたので、私は
結婚式を執り行う事を躊躇していたのですが、

「私の事は気にせず、結婚式だけはちゃんとやり遂げなさい。
 式が終わるまでは死にゃあせんから。」

という母の一言に背中を押され、
結婚式の準備を進める事にしました。

本人もギリギリまで参加する意思はありましたが、
やはり体調が思わしくなく
欠席せざるを得ませんでした。

結婚式を無事終えた翌日、母に電話をしたら

「親戚の人達みんながいい式だったって言っとったよ!
 よう頑張ったね!」

と、ここ数年で一番元気な
明るい声で労ってくれました。

結婚式の模様を収めたDVDを
いち早く母に見せたくて、
式場の方に頼み
急いで仕上げてもらう事にしました。

出来上がりの報告を受けた私は
すぐに式場に向かい
DVDを受け取り、
その足で高速道路に乗り
母のいる愛知県の病院に向かいました。

帰郷途中、神社でお参りをしていたところ
弟から「母の容態が悪化した」との連絡が入りました。

雨の中、そして大渋滞にはまりながらも
急いで病院に向かいました。

私が着いた頃には、母は苦痛に顔を歪め
息をするのがやっとという状態でした。
とても結婚式のDVDを見せれるような状況ではありませんでしたが、
何とか写真だけは見せる事が出来ました。

母の手を握り、一言二言交わした後、
苦痛を和らげる為の薬を投与してもらいました。

しばらくは苦しそうな呼吸をしていた母も
徐々に意識を失うような感じで眠りへとつきました。

それでも、時折うめき声をあげ、
何の意思表示なのかはわかりませんが
手を我々の方へ差しのべていました。

その手を握り、語りかけるも
母はもう言葉を発する事はありませんでした。

二日間程病院に寝泊まりし、
弟や親戚の方々と交代交代で看病をしていたのですが、
仕事の為昨晩東京に戻りました。

そして今日、仕事を終えた一時間後位に
弟から電話がありました。

「お母さんが亡くなった。」

と。

覚悟していた事とはいえ
やはり茫然自失になりました。

正直、今現在
こうしてブログを書きながらも
まだ現実として受けとめられておりません。

明日再び帰郷し、
明後日がお通夜、その翌日がお葬式という事になりそうですが、
もしかすると、それが終わるまでは
実感が湧かないかもしれません。

こういう事になり
各現場に迷惑をかけております。

特に事務所には、
二週間前はお祝い事、そして今は弔事と
色々と仕事の調整をしてもらい
迷惑をかけっぱなしでございます。

僕も次から次へと大きな出来事が続き、
精神的に疲労困憊の状態であります。

しかしながら、色んな事が起こるのが人生。

起きてしまった事は何であれ受け入れねばならない事も、
辛い出来事は時が和らげてくれる事も
頭では分かっています。

それにしても改めて思いますが、
僕の中で母の存在は大きかったようです。

母に褒めてもらいたくて
色々と頑張ってきたような気すらします。

これから先、
母に褒められる事はもう二度とございませんが、
それでも頑張っていかねばなりません。

天国で再会した時に褒めてもらえるよう
頑張っていかねばなりません。

薬を投与された後、
薄れゆく意識の中でしたので
届いたかどうか分かりませんが、
手を握りながら母に言いました。

「お母さん、今までありがとう。

 俺はあなたの子供で本当に良かったよ。」

それを最後に言えた事が、

僅かではありますが
僕の救いとなっております。


長文、失礼致しました。


平成24年7月23日  小山剛志
goo | コメント ( 31 ) | トラックバック ( 0 )

結婚式!

2012-07-11 01:16:41 | Weblog
久しぶりのブログ更新となってしまいました。
その分、かどうかは分かりませんが、
これから物凄く長い文章を書きます。

ツイッターの方http://twitter.com/_higetter_
では既に記しておりますが、
7月8日日曜日、
私達夫婦は都内某所で結婚式を挙げました。

同日に披露宴、結婚パーティーも執り行ったわけですが、
本当に沢山の方々にいらして頂きました。
何とか無事に終わった今
心よりホッとしている次第であります。

思えばこの数ヶ月ずっと、
仕事の合間を縫って
この日の準備に取り組んでおりました。
正直、これ程大変だとは思いませんでした。

会場選びから始まって
招待状の作成、切手貼り、招待状の郵送、
招待者の返事待ち、席の並び順決め、
料理、引き出物、プチギフト等のチョイス、
タキシード、ドレス選び、
お色直しの為のタキシード、ドレス選び、
入場曲、退場曲を始めとしたBGMのチョイス、
二人の生い立ちから出会い、
そして結婚に至るまでのプロフィールビデオの作成、
スピーチ、歌等、余興をしてくれる方への依頼。

ざっと思い出しただけでもこれだけの事を
全て自分らでやらねばなりませんでした。

中でも、誰を呼ぶ呼ばないとかに
非常に気を使いました。

会場の都合上、呼びたい人を全員呼べるわけではないのでね。
この人を呼びたいのだけどこの人を呼んだら
このグループの人全員呼ばないと失礼になるので
呼ぶのを断念しようだとかね。

ま、でも所詮
友人知人全員に失礼のないようになんてのは不可能なんでね。

「何で俺を呼ばなかった?」とツッコマれたら
ただひたすら謝るしかないですけどね。

てな感じで準備は実に大変でしたが、
何とか挙式当日を迎えました。
心配していた雨も上がり、
日差しも強くなくちょうどいい気候で迎えられたのは
本当にありがたかったです。

僕も妻も勿論初体験という事で、
教会の隣の部屋で軽く式のリハをやったのですが
結構細かい段取りがあって若干テンパリました。
ま、でも本番はスタッフさんの導きもあり
それなりに堂々とやれたかなといった感じです。

神父さんが中々面白い人でね。
キッチリ進行しつつ、合間合間で
僕らにだけ聞こえるような音量で
語りかけてくるのです。

「オヨメサン、スゴクキレイデスネ。」

とか

「オヨメサン、ハマサキアユミ二ニテマスネ。」

とかね。

この神父さんのおかげで
だいぶリラックス出来ました。

無事に式も終わり、
教会の外で写真撮影やブーケトス等が行われました。

未婚女性のみが参加したブーケトス。
僕としては、年齢的な事もあるので(笑)
是非とも中村さんに取ってもらいたかったのですが、
残念ながらブーケは
無情にも中村さんの頭の上を越えて行きました。

必死に取ろうとした中村さん、
勢い余ってその場でおコケになられておりました(笑)。

そんなホノボノとした感じで時は過ぎ、
やがて披露宴へと移りました。

会場の照明、音響を駆使した渾身の入場シーン。
僕らの入場直前、
ちょうどトイレから戻ったジョイが会場に入った瞬間に大拍手(笑)!

いきなり面白い感じで始まった披露宴でしたが、
ウチの藤崎社長の素晴らしい主賓挨拶、
アチラの小原社長の素敵な乾杯のご発声により
段々と格調高い感じになってまいりました。

それにしても、噂には聞いておりましたが
新郎新婦って料理を食べるタイミングが本当にないですね。
せっかくのフランス料理でしたが、
僕の分は殆ど声優兼フードファイター(笑)の
明坂さんに食べてもらいました。

お色直しを終えた後はいよいよ余興タイム。
トップバッターは、歌といえばやはりこの人・・・
Suara!

僕のリクエストで「ハナミズキ」を歌ってくれました。
出番前は若干緊張ぎみだったけど
そこはさすがプロ!
素晴らしい歌声を披露してくれました。

続いては何と!あの・・・
和泉元彌さん!

目の前で祝言の小謡を披露して下さったのですが
それはそれは凄いド迫力!

そして何だか物凄くいい人!
報道されてる感じと全然違う
めっちゃいい人でした。

最後は嫁自ら自分の持ち歌「それが愛でしょう」を歌い
余興タイムは終了したのでありました。

その後は恒例の、花嫁からの手紙、僕の締めの挨拶等があって
披露宴が終わるのですが、
途中のお義父様のご挨拶が中々の破壊力でした。

「皆様、本日は〜」的な感じで話し始めるのが普通なのでしょうが、
お義父様は
歌から入りました。

勿論アカペラです。
しかもほぼフルコーラス歌われました。

何の歌だったのかは正直分かりませんでしたが、
僕らを祝福してくれてるような内容であった事は
間違いございません。

そんな素敵な披露宴が行われた一時間後、
友人知人総勢200人にも及ぶ
結婚パーティーが行われました。

お忙しい方々ばかりなのに
声優界、アーティスト界、俳優界、麻雀界を始めとした
様々な分野から沢山の
錚々たる面々が集まって下さいました。

司会を石井とジョイにやってもらい
チェキッ娘の皆さん、馬場さん、鷲崎さん、某大物声優らに
スピーチをして頂きました。

そして何といってもこのパーティーの目玉は
ライブコーナーでした。

トップバッターは僕が大ファンである
bless4!

披露宴のお色直しの時の入場曲として
使わせて頂いた程好きな曲
「夢つむぎ」
そして
「創聖のアクエリオン」
を歌ってもらいました。

リハなしであれだけのパフォーマンスをやってのける
bless4はやっぱり凄いアーティストです。

続いてはチッヒーこと
米倉千尋さん!

これまた僕の大好きな曲
「嵐の中で輝いて」を歌ってくださいました。

さすがチッヒー、
MCを含め会場を煽って、大いに沸かせてくれました。

続いては何と!
井上あずみさん!

あの!「君をのせて」を歌ってくれました。
「天空の城ラピュタ」のあの名曲です。

しかも今回特別に
バイオリニストのソンイルさんと一緒にやってくださったので
そのレア感たるや相当なものでした。
勿論歌も素晴らしく会場全体が聴き惚れておりました。

そしてライブコーナーの締めは
素晴らしいアーティスト達の後で恐縮ではございましたが、
私達夫婦がデュエットで「南風」をやらせて頂きました。

皆様に盛り上げて頂き
ライブコーナーも無事、そして盛大に終了しました。

最後に僕の挨拶で締め
パーティーが終わったのが22時位でした。

こうして長い長い一日が終わりました。
式が始まってからほぼぶっ続けで10時間程。
終わった頃にはさすがにかつてない程の疲労感を
味わっておりました。

式の準備から考えると、
この一大イベントに費やしたトータルの労力は
相当なものだと思います。

ただ、これをやるに当たって
本当に沢山の方の協力を得ました。

忙しい中、駆けつけてくれた皆様、
スピーチ、歌の披露など快く引き受けて下さった皆様、
本当にありがとうございました!

そして
沢山の「おめでとう!」の言葉。

大変ではありましたが、
今では、やって良かったと思っております。

ただ・・・

もうやりたくねえっす。

結婚は一度で充分っす。


小山剛志
goo | コメント ( 26 ) | トラックバック ( 0 )

<J-1グランプリ The Final>発売!

2012-04-25 03:54:44 | Weblog
久々の更新となってしまいましたが、
皆様お元気でしょうか?

ちなみに僕はそんなに元気ではございません。

何故なら・・・先程書いた記事がUP寸前で全部消えて
これを一からまた書いてるからです(笑)。

近況報告、仕事情報等、記したい事もありますが、
今はそんな余裕がない為、早速本題に入らせて頂きます(笑)。

日付が変わって本日4月25日、
いよいよ・・・

<J-1グランプリ The Final>

が発売されます。

Vol.1が発売されてから約5年。
当初はまさか、これ程長きに渡った企画になるとは
夢にも思っておりませんでした。

そして今回4作目にして最終章。

以前の記事にも書きましたが、
ファイナルにふさわしい凄い展開になりました。

「本当は台本があるんじゃないの?」
と思われても仕方がない位の展開です。

でもこれ、完全ガチなのです。
言わば、オールアドリブです。

もし、シナリオを書いた人がいるとすれば、
それは
<麻雀の神様>以外の何物でもございません。

Vol.1からご覧になってる方にとっては、
まるで・・・
5年かけて大河ドラマを観たような
そんな気分になる方もいらっしゃる事でしょう。

その位、ドラマティックな展開になったのです。

そして、麻雀以外も見どころ満載であります。
入場シーン、インタビューは勿論、
<J-1名物>
コスプレ
も過去最高のクオリティとなっております。

この作品を一つのエンターテイメントとして完結出来た事。
そしてそれが自信を持って世に出せる作品になった事は、
プロデューサーとして
大きな喜びであると同時に、
なんとかやり遂げたという安堵感で一杯であります。

そんな自信作であり
おそらくシリーズ最高傑作であろう
この<J-1グランプリ The Final>、
是非とも沢山の方に観て頂きたく思います。

詳しくは
音泉さんの<J-1グランプリ>特設サイトでご確認下さい。
(PVも流れてます!)
http://www.onsen.ag/sp/j-1/

そして、<J-1グランプリ>発売に伴い
様々な連動企画も行われます。

まずは、
物凄い数の声優が参加しているオンライン麻雀ゲーム
<桃色大戦ぱいろん>
さんとのコラボで、
ニコ生番組を放送する事になりました。
http://rsc.nico.pairon.jp/ex/html/exevent/nicolive/info.html

是非ともチェックしてみて下さい!

更に!
例によって今年も
<J-1cup>
が開催されます。
<J-1グランプリ>の一般部門とも言えるこの大会。
毎年大勢の参加者で大賑わいの大会が
今年も行われる事になりましたが、
必然的に今回が最後の大会となります。

<最後のJ-1cup王者>になるのは一体誰なのでしょうか!!

詳細はまた後日、発表させて頂きますが、
沢山の皆様の参加をお待ちしております!

そんなこんなで
精魂込めて作ったこの作品。

商標登録までした(笑)、この<J-1グランプリ>。

これが本当に最後の作品です。

どうか・・・見届けてやってください。
goo | コメント ( 13 ) | トラックバック ( 0 )

CM情報

2012-03-05 21:56:31 | Weblog

本田圭佑選手出演の「MINTIA(ミンティア)」のCMのOAが

本日より開始されました。

私、ナレーションを担当させて頂きました。

非常に面白いCMですので

宜しければチェックしてみて下さい!

http://www.asahi-fh.com/mintia/cm.html
goo | コメント ( 14 ) | トラックバック ( 0 )

御礼

2012-02-17 23:39:50 | Weblog
入籍発表から数日経ち
ようやく落ち着きを取り戻し始めました。

それにしても、自分達自身
こんな大ごとになるとは
正直思っておりませんでした。

まさか
Yahoo!のトップニュースに載ったり
ツイッターのトレンドランキングに入ったりするとは
夢にも思っておりませんでした。

そして何と!
僕のブログへのアクセス数は1日で

40万アクセス!

そんなに見られるのであれば
もっと硬い文章にしておけば良かったと、
若干後悔したりなんかもしておりますが
まぁ、今更仕方がありません。

それにしても
皆様・・・
ブログのコメント欄、そしてツイッターの方へと
本当に沢山のお祝いメッセージありがとうございました!
勿論、その全てに目を通させて頂きました。

正直、公表するかどうか迷った瞬間もありました。
お互いのファンの事を思えばどちらの方が良いのかと・・・。

ただやはり、
隠しておく方がむしろ
自分達の精神的負担になると考え、
思い切ってお互いの名前を明らかにした上で
公表する事にしました。

皆様のメッセージを拝見するにつけ、
自分達の判断は間違ってなかったと確信致しました。

皆様からの沢山の愛溢れるメッセージは
我々にとって宝物となりました。

それを胸に刻み
夫婦として
人として
人生という名の道を
より一層しっかりと歩いて行きたいと思います。

皆様・・・

本当にありがとうございました!
goo | コメント ( 38 ) | トラックバック ( 0 )

結婚のご報告

2012-02-14 20:28:11 | Weblog
突然ですが、皆様にご報告がございます。

本日2月14日、

私、小山剛志は

歌手の下川みくにさんと結婚いたしました。

先程、区役所に婚姻届を提出してまいりました。

長年気ままな独身生活を続け、

親兄弟、親戚を始め

色々な方に心配をかけてきた私ではございますが、

44歳にしてついに家庭を持つ事になりました。


嫁は思いやりがあり

居心地の良さを与えてくれるとても素敵な人です。

僕が息絶えるその時まで

ずっと彼女を守ってあげられたら

と思ってる次第であります。


夫婦として歩み始めたばかりの私達。

至らない事も多々あるでしょうが、

どうか温かい目で見て頂けたらと思います。


そして・・・

長年愛用し、更には僕の歌のタイトルにもなっている

<ひげ独身>という愛称も

ついに封印する時がやってまいりました。

サインを書く時には必ず横に書き添えてたこのニックネーム。

確かに愛着はありますが、残念ながら手放さねばなりません。

次書く時は

<ひげ旦那>

とかにしますかね(笑)。

そして同時に、

長年務めてまいりました

<全国独身連合>略して<全独連>会長の座を

本日付で辞任させて頂かねばなりません。

僕が舞台やらイベントをやる時には必ず

<全独連>の方々から

<会長へ>という形で

お花を頂いておりました。

今後は

<名誉会長へ>

という形で何卒宜しくお願いします(笑)。


そんなわけで

独身ではなくなる私ではありますが、

仕事に対するスタンスは何も変わらないでしょうね。

<エロい発言>等も自粛するつもりはございません(笑)。


こんな私ですが、これからも引き続き

夫婦共々

宜しくお願い致します!


平成24年2月14日 小山剛志
goo | コメント ( 497 ) | トラックバック ( 0 )

事務所移籍のお知らせ

2012-02-01 19:06:55 | Weblog
皆様にご報告がございます。

私、2月1日付けで
長年お世話になりました豪勢堂グロウブを離れ、
アクロスエンタテインメントに所属する事になりました。
http://across-ent.com/index.html

気持ちも新たに
より一層〈エンターテイメント道〉に邁進していきたいと思っております。

新事務所の偉大なる先輩、
浪川先輩(笑)にも色々とご指導を賜りたいと思っております。

皆様…引き続き、宜しくお願い致します!

2012年2月1日 小山剛志
goo | コメント ( 14 ) | トラックバック ( 0 )