ブログ見聞録○休憩室

焦るな、急ぐな、怠けるな。

20170119 UPLAN 孫崎享「2017年、世界との向き合いかた」

2017年01月23日 | Weblog



RK緊急入院で順延となった札幌講演会を1月28日に開催します。

1月28日(土)RK札幌講演会
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/01/14/rk%e8%ac%9b%e6%bc%94%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%82%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%80%82%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e7%94%b2%e5%ba%9c/

日時:14:00~16:00

場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター

   カンファレンスルーム2A

http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-sapporo-eki/access/

〒060-0807

北海道札幌市北区北7条西2丁目9

ベルヴュオフィス札幌2F

TEL:011-708-7116

交通
•札幌市営南北線 さっぽろ駅16出口 徒歩1分
•JR函館本線 札幌駅 北口 徒歩2分

懇親会は、札幌ビール園。午後5時。


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou


c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



20170119 UPLAN 孫崎享「2017年、世界との向き合いかた」
https://youtu.be/wtt5yT4g7eI



*******************************************************************
【●】室井佑月「人の心まで管理する“共謀罪”法案のタチの悪さ」〈週刊朝日〉
★阿修羅♪ > 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 21 日
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/455.html


室井佑月「人の心まで管理する“共謀罪”法案のタチの悪さ」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170119-00000029-sasahi-pol週刊朝日 2017年1月27日号


 作家・室井佑月氏は、「東京オリンピックをダシに」政府が情報を操作するのでは?と予測する。

*  *  *
 今日は1月9日。先週号のコラムは去年の年末に書いたもので、これが年明け一発目の週朝コラムになる。だから、大きな声でいっとくわ。あけましておめでとう!

 ほんとに開けなきゃ、目を見開かなきゃ。テレビから正月気分が去ったころ、トランプの米大統領就任の話題一色になり、その後、あたしは東京オリンピック祭りになると予想している。

 東京オリンピック開催の2020年まで、国民の気持ちを盛り上げるため、くり返しくり返しその話題ばかり取り上げるんだろうと思われる。スポーツの話題は、明るいし、誰も文句をつけないから。

 ほら、莫大な費用をかけて東京オリンピックの新施設を造るかどうか揉めた時、新施設を造りたい側はアスリートたちに発言させたじゃん。

 すると、なんか文句がいえない雰囲気が作られるんだよ。これから先も、そういうことになりそうで、心配している。

 東京オリンピックの話題で、重大なニュースが隠れてしまったりして。いや、隠しはしない。アリバイ作りのために、ちょろっとだけ扱う。政府の発表をただ流す。

 政府の取り決めが、我々国民にとって最善のことだとは限らないのに。

 1月7日付の信濃毎日新聞の社説に、「『共謀罪』法案 危うさは変わっていない」という記事が載っていた。さすがに、新聞はどっこも共謀罪には否定的だが、テレビはまだまだだ。

 何度も提出されては廃案になった危ない法案なのに。だって、人として生きていくために大切な人権の話だよ。新聞を読まない人たちのためにも、共謀罪について、もっと時間をさいて深く放送してもいいんじゃないか?

 菅官房長官は6日の記者会見で、

「政府が検討しているのはテロ等準備罪であり、従前の共謀罪とは別物だ。犯罪の主体を限定するなど(要件を絞っているため)一般の方々が対象になることはあり得ない」

 といっていた。が、不安は拭えず。信濃毎日新聞の社説には、こう書かれていたぞ。

〈テロ対策は、後付けで持ち出されたにすぎない。日本はテロ防止に関わる国連の条約をすべて締結している。国際的な要請として、さらに共謀罪を導入しなければならない理由は見いだしにくい〉と。

 じゃ、なんでそんなにこの法案を通したいの?

 ひょっとして、東京オリンピックをダシに、権力者が今までそこまではできなかった国民への監視を強めようとしているんじゃないか? ただの監視じゃない、共謀罪は心まで管理されるようになるからタチが悪い。

 テレビはオリンピックを成功させようという話をはじめに流し、その後、この話を自然な形でさらりと持ち出してきたりしてね。ほんでアスリートたちに、「オリンピックを無事に成功させるためには、必要なこと」といわせたりね。


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】甘利がTPP失恋を、未練一杯に語ってる。強がりなのか、それともポーズ? 米国は初めから本気でなくて、日中を離反させるためのトリックだったのでは?
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 1月22日(日)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14084

http://www.sankei.com/politics/news/170121/plt1701210029-n1.html

まあ、甘利も黙って居られる立場ではないから喋ったんだろうが…。

彼の本音は何処にあるのだろうか?

自民党で日本人だから、単純で、失恋未練といった処だろう。

しかし、

以前の投稿にも書いたことだが、米国はもともと初めから本気ではなく、TPPは流れてよいと考えていたのではないか。

トランプ当選は織り込み済みで、オバマ政権に推進させる気が米国指導層には無かったのではないかと考えて来ているのです。

アベ政権だけが前のめりで、他の国々は米国も含めてそうではなかった。

オバマ政権は、どうにも熱心には見えなかった。私の目には。

勿論、私は日本のTPP阻止を戦った人々を讃える思いでおります。

では、米国が日本にTPPを「扇動」した目的は何であったか?

それは、尖閣問題と同じであって「日中の離反」を実現する為であり、実際に発効すると米国と中国が経済離反するから、それは米国にとっては不都合なのです。

だから、流れて良いのですよ。米国の立場ではそれで良いのでしょう。

だから看板に過ぎないのです。実現すると困るのでしょう。

戦略兵器なのですよ。原発と同じです。

裏があると考えるべきなのです。

日本人は、何でも真に受けて、馬鹿正直だね。直らんねこれは。

考えないんだから、反省出来なくて、従って成長出来ない、幼児のまま。いつまでも。

アベは日本人の典型だ。

多数ページの文書に日本のアベ政権と官僚は惑わされたのでしょう。扇動にコロリとやられるのが日本人だ。

トランプ政権になってしっかりと米中は経済交流するでしょう。軍事的対立のカモフラージュの後ろで。

かつての米中和解(ベトナム戦争直後の)の再来のようですね。

さて、アベ政権はアベノミクスで日本経済を破壊して、

TPPの看板で日中経済離反を拡大させ、

少女像問題で日韓離反に向かい、

諸外国に支援援助金をばら蒔いて日本経済を苦しめて破壊させています。

見事にアベ政権は、日本の政治・経済を破壊させているのです。

日本をアジアでの孤立に向かわせておけば、日本は立ち上がらないから、米欧は中国をはじめとするアジア経済との交流による利益を日本抜きで得ることが出来るのです。


★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************




この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ冬の時代〜転落する中産階級 前編

2017年01月22日 | Weblog


RK緊急入院で順延となった札幌講演会を1月28日に開催します。

1月28日(土)RK札幌講演会
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/01/14/rk%e8%ac%9b%e6%bc%94%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%82%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%80%82%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e7%94%b2%e5%ba%9c/

日時:14:00~16:00

場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター

   カンファレンスルーム2A

http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-sapporo-eki/access/

〒060-0807

北海道札幌市北区北7条西2丁目9

ベルヴュオフィス札幌2F

TEL:011-708-7116

交通
•札幌市営南北線 さっぽろ駅16出口 徒歩1分
•JR函館本線 札幌駅 北口 徒歩2分

懇親会は、札幌ビール園。午後5時。


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou


c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



アメリカ冬の時代〜転落する中産階級 前編
https://youtu.be/j11ik1HBF-0


アメリカ冬の時代〜転落する中産階級 後編
https://youtu.be/Dj6MF_HIUV0

*******************************************************************
【●】トランプ就任抗議と称して、黒ずくめ服装で顔を隠して店舗のガラス壁を投石や棒で叩き壊し、
車の窓ガラスを割る輩は、抗議者ではなく破壊工作テロリストだろう。
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 1月21日(土) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14081

日本のマスコミはトランプ大統領に好意的でなく、皮肉っぽい嫌らしさで報じている。

それで、表題にあげた破壊者これは工作員であろうが、こいつらをも抗議行動者と報じている。

勿論、本物の抗議行動者達も居ただろう。

彼らは暴れたりはせずに声を上げて抗議していた筈だ。

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701210000/反トランプ抗議行動を実行したのは誰か

例えば日本で、反アベ抗議行動が起きて、黒ずくめ覆面姿で商店のガラスを叩き割り、路上の車を破壊したりすれば、

現在の日本のマスコミは「暴徒」と報じるだろう。

これを呑気に「抗議行動」と報じてくれはしないだろう。

★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】藤原直哉のインターネット放送局

健康立国推進対談 「健康寿命日本一」 2017年1月17日 静岡県浜松市長 鈴木康友さん ・ 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/2017117npo-3f46.html

★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】こいつ、いつも、嘘ばかり ~ 安倍晋三と彼を支える官僚どもの話です 
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 20 日
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/420.html


こいつ、いつも、嘘ばかり ~ 安倍晋三と彼を支える官僚どもの話です
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/186c698af8af47c1860ac86034ee9f95
2017年01月20日 のんきに介護


ポン@ponponpoom さんのツイート。

――こいつ、いつも、嘘ばかり。〔22:55 - 2017年1月19日 〕—―

何の話かというと、

天下りについての安倍晋三の国会発言だ。

彼は、

こう言う。

「私は根絶をしてまいる。このように申し上げている通りでありまして、やる気があるか無いか、まさにやる気があるから根絶するということをお約束を申し上げている。」

冗談、櫻井よしこちゃんですね。

生声は、

ⓢⓐⓘⓣⓞ@kentaro_s1980 さんのツイートで聴けます。

なぜか、ミニ動画

転載できなくなっていますので、

URLだけ紹介します。

☆ https://twitter.com/kentaro_s1980/status/822076560928686084
※埋め込みました。(赤かぶ)


問題の具体的な解決策として

盛田隆二 📎🖇‏@product1954さんが提案して言うには、

――官僚の天下り。菅氏は「再就職等監視委員会の調査を待って処分」とか言ってるが、問題は絶対解決しない

そこで提案。「官僚は退職後5年間、各人・各省庁のスキルを活かした無償ボランティアを行い、税金で食べさせてくれた国民に恩返しをしなければならない」法案を作ればいい。冗談ではなく本気で〔23:57 - 2017年1月19日 〕—―

とのこと。

なかなかの妙案だ。

然るに、、

ここくらめる ‏@yusuke00235889さんが

こんないちゃもん。

――@product1954 @Wu_Yong3 自分の労働や著作が無価値で、コネで仕事をもらっている故の発想かもしれませんが、他の人がそうだとは限りませんよ。官僚は結果を求められる仕事をしていたんですから。〔0:22 - 2017年1月20日 〕—―

そんなこと言うんなら、一言言わせてもらおう。

果たして、日本の官僚は、

「結果を求められる仕事をしていた」と言えるのか、と。

75歳へ高齢者の定義見直しで医療費や年金等支出激減という現実は、

立派な詐欺だぞ。

☆ 記事URL:http://www.news-postseven.com/archives/20170120_484756.html

――介護保険の給付(原則65歳から)が75歳以上に引き上げられた場合の影響は深刻だ。〔11:47 - 2017年1月20日〕—―

と ⭐️naナmi ☯意識遠い系 HSsI♡‏@nanachin1974さんが言っている。

しかし、弾き出される結果は、

深刻では済まない。

年金を積み立てろと言いながら、支給はしないでは、

詐欺に他ならない

(Abby @Abby51576401 さんのツイート〔12:38 - 2017年1月20日 〕参照)。

その結果、

「虐殺」と言っていい事態が巻き起こるだろう。

どう責任を取るつもりだ、官僚は。

〔資料〕

「天下りあっせん 文科省、組織的に隠蔽 別に違法9件」

   毎日新聞(2017年1月20日 11時40分)

☆ 記事」URL:http://mainichi.jp/articles/20170120/k00/00e/040/187000c

 文部科学省が元高等教育局長の早稲田大への天下りを組織的にあっせんしたとされる問題で、政府の再就職等監視委員会は20日、文科省人事課の職員が元局長の履歴書を大学に送付した行為などが、天下りのあっせんを禁止した国家公務員法違反に当たるなどとした調査結果を発表した。調査に対し、人事課職員が違法行為を隠蔽(いんぺい)するため虚偽の説明をしていたことも判明。元局長のケース以外に、9件の違法行為や28件の不正の疑いがあるあっせん行為が確認され、文科省に調査と再発防止を指示した。

 これを受け、松野博一文科相は20日の記者会見で、自らも文科省OBの天下りのあっせんに関わった前川喜平事務次官(62)=同日付で依願退職=や当時の藤原章夫人事課長(53)ら7人の幹部や職員について停職や減給などの懲戒処分を発表。大臣報酬も6カ月分、全額返上する。元局長のあっせんがあった当時に事務次官を務めていた山中伸一・現ブルガリア大使(62)や、元局長の吉田大輔・早稲田大教授(61)にも給与の自主返納などを求めた。前川氏の後任に戸谷一夫・文科審議官(59)を充てる。

 監視委によると、吉田元局長は2015年8月に退職し、同10月に早稲田大に教授として再就職したが、藤原氏ら人事課の職員6人は吉田元局長の履歴書の送付や早稲田大との採用面談の日程調整などのあっせんをした。

 更に人事課の職員らは天下りの組織的なあっせんを隠蔽(いんぺい)するため「元局長は早稲田大に再就職していた別の文科省OBの仲介で再就職した」という虚偽の話をつくって偽装工作。このOBにも口裏合わせを依頼し、想定問答を作るなど監視委の調査に虚偽の説明をしたという。

 この他にも、文科省は改正国家公務員法施行(08年12月)で天下り規制が強化された直後から、規制を逃れるため、人事課にかつて所属したOBを介して再就職をあっせんする仕組みを構築していたことも発覚。この仕組みを使ったあっせんには前川氏も関与していた。
 安倍晋三首相は20日、山本幸三国家公務員制度担当相に対し、全府省庁で同様の事案がないか調査するよう指示した。【佐々木洋、田中裕之】

再就職等監視委報告(骨子)
・吉田大輔元高等教育局長は在職中に利害関係がある早稲田大に求職活動をした。人事課職員が調整に当たった
・人事課職員らが国家公務員法違反行為を隠蔽するため再就職等監視委員会に虚偽の説明をした
・人事課は同法の規制を免れる目的で文部科学省OBを介して再就職をあっせんする仕組みを構築していた
・前川喜平事務次官はこの仕組みを利用し、文科省OBの再就職あっせんに関与した


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************




この記事をはてなブックマークに追加

追跡 パナマ文書 衝撃の“日本人700人”

2017年01月21日 | Weblog




RK緊急入院で順延となった札幌講演会を1月28日に開催します。

1月28日(土)RK札幌講演会
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/01/14/rk%e8%ac%9b%e6%bc%94%e6%97%a5%e7%a8%8b%e3%80%82%ef%bc%91%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%80%82%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%98%e6%97%a5%e3%80%81%e7%94%b2%e5%ba%9c/

日時:14:00~16:00

場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター

   カンファレンスルーム2A

http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-sapporo-eki/access/

〒060-0807

北海道札幌市北区北7条西2丁目9

ベルヴュオフィス札幌2F

TEL:011-708-7116

交通
•札幌市営南北線 さっぽろ駅16出口 徒歩1分
•JR函館本線 札幌駅 北口 徒歩2分

懇親会は、札幌ビール園。午後5時。



追跡 パナマ文書 衝撃の“日本人700人”
https://youtu.be/B-TRHRH7Zgw


*******************************************************************
【●】 都議会自民党 豊洲移転促すビラ配布 都民から驚きの声 自民関係者も“タイミング悪い”(しんぶん赤旗)
   ★阿修羅♪ 投稿者 gataro 日時 2017 年 1 月 20 日
   >http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/421.html
 


都議会自民党にはまともな判断能力のある人がいないらしい。 ⇒



川上芳明 ‏@Only1Yori 43 分

43 分前


その他


都議会自民党が、築地市場の豊洲移転を促すビラ配布。都民から驚きの声。そりゃ驚きますよ(笑)(`Δ´)これぞ「なに考えてるんだ!?」ですね。都議会自民党は終わってる(‘д‘ )は

1/20しんぶん赤旗

#都議会自民党

#豊洲移転



都議会自民党 豊洲移転促すビラ配布 都民から驚きの声 自民関係者も“タイミング悪い”
「しんぶん赤旗」 2017年1月20日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-20/2017012016_02_1.html 


 東京都議会の最大会派「都議会自民党」が、築地市場(中央区)の移転予定地である豊洲新市場(江東区)について、「一日も早い開場を」と大見出しで移転を促すビラを都内各地で配布していたことがわかりました。ビラを配布した半月後には豊洲新市場用地で地下水から環境基準を超える高濃度の複数の有害物質が広範囲にわたって検出。自民党関係者からも「タイミングが悪かった」との声が漏れ、都民から批判の声が上がっています。

 問題のビラは、「都議会自民党活動リポート」の新春号。昨年末から今年はじめにかけて新聞折り込みなどで配布され、都議会各選挙区の自民党議員の氏名・顔写真入りと、議員名のない共通ビラの2種類。いずれも豊洲移転問題の部分は共通となっています。

 千代田区選出の内田茂都議(前自民党都連幹事長)の「活動リポート」では、表面のトップで「豊洲新市場の一日も早い開場を」との大見出しで記載。「都民の与党」として「この度『新市場の安全』を確認致しました」とし、「一日も早い新市場の開場に全力投球して参ります」と表明。「都議会自民党は、都民の食の安全を守り抜きます!!」としています。

 東京区部のある自民党都議は、このビラは約10万枚印刷したものの、「ほとんど配っておらず置き場に困っている」と言います。

 ある自民党関係者は「タイミングが悪かった。地下水の調査結果は想像を超えていた。豊洲移転は無理ではないかと思う」と本音を漏らしました。

 日本共産党の、いび匡利(まさとし)調布市議(北多摩3区都議候補)は街頭でこのビラのことを知らせて宣伝。有権者はみんな「えーっ」と驚き、ある人は「あんな所に造ったのが間違いだよね」と話していました。

 全労連・東京中央市場労組の中澤誠委員長はビラを読み、「何考えてるんだ。土壌汚染対策は完全に失敗している。このビラを見たら築地の業者はみんな怒りますよ。自民党が石原慎太郎知事と一緒に土壌汚染地の豊洲移転を無理やり推進した責任は重大です。都議選では都民の厳しい審判が下ると思いますよ」と語っています。


★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】安部の無能っぷりが凄い
ネットゲリラ>>>野次馬 (2017年1月21日 04:04)
http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10475.html


いよいよTPPオシマイですw 目出度い、目出度いw アベシンゾーは馬鹿なので、TPP関連予算を全部通してしまったw TPPなんかやらないのに、補助金だけはバラ撒きw かくして、またしても日本の借金が増えるw アメリカはNAFTAからも離脱するというんだが、世界中が大パニックになりますw


トランプ新政権は、ホワイトハウスのホームページで政策課題のひとつとして通商政策をとりあげ、TPP=環太平洋パートナーシップ協定から離脱すると明らかにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847541000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

また、トランプ新大統領は、NAFTA=北米自由貿易協定の再交渉を行い、もしメキシコやカナダが再交渉を拒む場合は、NAFTAから離脱することを伝えるだろうとしています。

アメリカ・ファーストで、アメリカだけが良い思いをしようと思ったら、世界経済が破綻しました、という結論ですw

【速報】トランプ新政権 TPP離脱の方針を表明 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484936081/そもそもTPPというのは、国家という枠組みを超える枠組みを作ってユダ菌が儲けやすい世界を作るための仕組みだ。日本の国益とか、アメリカの国益とか、そんな目で見ていたら、途を誤る。トランプは不動産屋であって、不動産の価値というのは国家という枠組みによって保証されているわけで、その発想は国家を超えられない。まぁ、コレは必然ですw

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】 <MX>「偏見報道」に波紋…「事実無根」市民が抗議行動/訂正・謝罪求め抗議 東京MX本社前で市民
   ★阿修羅♪ >投稿者 gataro 日時 2017 年 1 月 20 日
 http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/423.html

 

川上芳明 ‏@Only1Yori 7時間



<MX>「偏見報道」に波紋…「事実無根」市民が抗議行動(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000102-mai-soci … #Yahooニュース MXテレビは、謝罪放送をすべきだな。東京都や東京中日新聞は、株主をやめるべき!姿勢が問われている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000102-mai-soci.view-000 



川上芳明 ‏@Only1Yori 6時間6時間前


その他


1/20しんぶん赤旗が報道!デマ・差別放送を流した東京MX 化粧品会社DHCが最大スポンサー(MXの売上の2割超)「ニュース女子」制作も子会社。人権侵害、誤報とともにテレビの公共性が問われる大問題だ!
#MXテレビ
#ニュース女

https://pbs.twimg.com/media/C2kngwDVEAAEznL.jpg


訂正・謝罪求め抗議 東京MX本社前で市民
「しんぶん赤旗」 2017年1月20日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-01-20/2017012017_01_1.html 


 MXテレビが2日放送した番組「ニュース女子」はデマで沖縄への偏見をあおるものだとして市民60人が19日、東京都千代田区の同局本社前で抗議行動をしました。

 「TOKYOMXさん 良心の放送局に戻って」という横断幕、「人間の尊厳をかけた闘いを笑うな」「公共の電波でデマ」など思い思いのプラカードをかかげ市民がリレートークしました。

 「私のまわりでも『MXが放送したのだから』とデマを信じ込んだ人がいる。これは放送被害だ」(都内の女性)、「『日当』をもらって反対運動をしている人などいない。ちょっと考えればわかるようなデマがまかり通る世の中は怖い」(男性)と次々訴えました。

 抗議を呼び掛けたフリーの編集者・川名真理さんが、▽ウソの放送内容の訂正と謝罪を放送で行うこと▽沖縄の基地建設に反対する人への偏見をあおったことへの謝罪を行うこと―を求める申し入れ書を手渡し、MX側は「確かに受け取りました。後日、広報から回答します」と答えました。


★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************




この記事をはてなブックマークに追加

リチャード・コシミズ  安倍政権 小泉内閣の実態!

2017年01月14日 | Weblog



1月15日(日)RK横浜講演会
http://urx2.nu/AXbn
時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ6階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou


c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1


リチャード・コシミズ  安倍政権 小泉内閣の実態!
https://youtu.be/-yyJbh28dz8


*******************************************************************
【●】 たぶん、もう、どうにもとまらない「共謀罪」  「家族葬」は誰のもの? 思いについて思うこと ★阿修羅♪ > 投稿者 軽毛 日時 2017 年 1 月 13 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/927.html
 
ぶん、もう、どうにもとまらない

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明

2017年1月13日(金)
小田嶋 隆

 「共謀罪」の成立が現実味を帯びてきている。
 時事ドットコムニュース(こちら)によれば、

《共謀罪「一般人は対象外」=菅官房長官
 菅義偉官房長官は1月6日の記者会見で、いわゆる「共謀罪」を創設するための組織犯罪処罰法改正案を20日召集の通常国会に提出することについて「政府が検討しているのはテロ等準備罪であり、従前の共謀罪とは別物だ。犯罪の主体を限定するなど(要件を絞っているため)一般の方々が対象になることはあり得ない」と述べ、理解を求めている。 》

 とのことだ。

 共謀罪を盛り込んだ法案については、野党などの反対で、これまでに3回廃案となっている。昨年9月の臨時国会でも、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の関連審議を優先させるなどとして、法案提出が見送られた。

 今回の共謀罪成立への4度目のチャレンジは、2020年のオリンピック・パラリンピック開催をにらんで、政府が、不退転の決意で臨んでいるところのものだと言って良い。

 会見の中で菅官房長官が伝えようとしていたのは、

「今回政府が提出するいわゆる『共謀罪』は、戦前に猛威をふるった『治安維持法』とは違って、思想犯や社会運動家を大雑把に網にかけるようなものではない。対象はテロ犯罪に限定しているし、逮捕に至る要件も厳しく制限している。だから、テロ犯罪の準備にかかわることのない一般人がこの法律によって逮捕されたり、普通の人間の言論や行動の自由が制限されるリスクを言い立てる一部の人間たちの言説は、ためにする議論に過ぎない」

 といったほどのお話なのだろう。
 言いたいことの主旨はよくわかる。

 政府が組織犯罪処罰法を改正しようとしている主たる目的が、あくまでも五輪開催に向けたテロ犯罪を防止するところにあることも、基本的には理解できる。安倍政権が、政府に批判的な市民を片っ端から逮捕する一大ファシズム国家の実現を夢見ているってな調子の近未来予測を並べ立てるつもりもない。

 が、それでもなお、私は、この法律に感じている不気味さを、どうしてもぬぐい去ることができずにいる。

 ここまでのところを読んで、「考えすぎだ」ということを私に伝えようとする人が、一定数あらわれるはずだ。

 実際、菅官房長官の「一般の方々が対象になることはあり得ない」という発言を受けて、私がツイッター上に、

《「一般人は対象外」という理屈の背後には、「共謀に与するような人間は一般人ではない」というトートロジーが隠れている。この言い方を応用すると、たとえば道路交通法も「一般人は対象外」として運用されているてな話になる。なぜなら「信号を無視するような市民は一般人ではない」わけだから。》

《「犯罪者以外は罰せられないのだから一般人には関係ありません」という説明で簡単に安心してはいけない。犯罪者以外が罰せられないのは、どの法律でも同じことで、この言明そのものにさしたる意味は無い。大切なポイントは「その法律が想定している『犯罪者』がどういう人間なのか」ということだぞ。》

《これってつまり「誰が一般人でどんな人間が犯罪予備軍であるのかはオレらが決めるんでよろしく」ということだよね? 共謀罪「一般人は対象外」=菅官房長官 【時事ドットコムニュース】》

 という一連のツイートを書き込んだところ、私のツイッターの@欄には、

「『テロ等準備』の文字が読めないの? なんですぐに妄想で語っちゃうの?」
「特定テロ組織と共謀してテロを起こす一般人は確かにいますね。ISのテロなんかそうですね。 しかし、テロを起こした時点で一般人に分類するのは、かなり無理ですなw」
「不安を煽るのがライターさんの重要なお仕事なのでは?」

 といった感じの、嘲笑を含んだ複数の反論や疑問が、間髪を置かずに寄せられている。
 こういうことが起こるのは、「テロ等組織犯罪準備罪」の必要性を感じている人がたくさんいることの現れでもあるのだろう。

 が、それ以上に、私が強く感じるのは、「共謀罪」に懸念を表明する人間に反発を感じる人々が増えているということだ。

 私は、いま、まわりくどい書き方をしている。
 こういう書き方は、本来好ましくない。
 が、実際に事態は、まわりくどい段階に到達しているのだから仕方がない。

 つまり、いま起こっていることは、目に見えているカタチとしては「政権の意向に何がなんでも賛成する人々が増えている」ように見えるわけなのだが、実際に起こっているのは「何がなんでも権力に反発してみせる人間に対して何がなんでも反発する人々が増えている」事態だということだ。

 どうしてこういうことが起こっているかについての分析は、とりあえずここではしない。別の機会に書くことがあるかもしれない。とりあえず、今回は、共謀法の話を進める。

 共謀法に関して私が感じている不気味さは、2年前に特定秘密保護法が制定されようとしている時に抱いていた懸念とほとんど同質のものだ。

 私は、この組織犯罪防止法の改正案が、特定秘密保護法案などが成立した時とまったく同じような経緯で、たいした議論も経ぬままにずるずると成立することを、半ば以上のあきらめとともに、強く予感している。同時に、私は、自分たちが、あの自民党の憲法改正草案の実現に向かって進む一本道の途中段階に立っていることにあらためて思い至っている。

 憤っているとか反発しているというのとは少し違う。

 事態がある段階に立ち至ると、恋愛であれ、ギャンブルであれ、事業であれ、一度動き傾きはじめた流れは、結局のところ誰にも止めることのできないものなのだなあと、静かに落胆している、といったあたりが正確なところだ。

 テロ犯罪をたくらむテロ組織なりテロリストたちが、自らテロ集団なりテロリストなりの看板を掲げて堂々とテロの準備を敢行しにかかるのかというと、コトは必ずしもそういうわかりやすい手順では進まない。現実には、悪質なテロ組織であればあるほど、自分たちの正体を隠蔽ないしは偽装する。そして、その悪賢くも周到な彼らは、およそ考え得る限りのあらゆる迷彩を施して、自分たちが善良な一般人であるかのような外面を整えにかかる。

 対抗上、捜査機関の人間は、当然のことながら、市民団体を装っていたり、無害な私企業のふりをしていたり、NGOの看板をかかげて市民を欺罔する国家転覆計画者や無差別殺戮テロ準備組織の正体を暴こうとする。つまり、テロ組織の犯罪に対峙する捜査員が犯罪捜査に従事する時には、まず、一般市民としてふるまうテロリストを疑ってかかるところからとりかからないと、仕事にならないのである。

 であるからして、捜査の現場では

「私は一般市民です」

 という供述は、まず間違いなく一蹴される。

「テロリストはみんなそう言うんだよw」

 と、たぶん、逮捕にやって来た人間は、「一般市民」の言葉をテンから信じないだろう。

 「共謀罪」の不気味さは、「為したこと」(事実として行われた行為)ではなく、「考えたこと」(アタマの中で考えている計画や謀議)を裁くその前提の特殊さにある。

 普通の刑法は、原則として、犯罪行為の「結果」を裁くことになっている。
 ところが、「共謀罪」は、犯罪企図や犯行の準備や共同謀議をその対象にしている。

 ということは、この法律に関しては、「共謀」の主体なり対象なりをどれほど厳しく限定したところで、さしたる歯止めにはならない。
 なぜなら、いざ法を運用する場面では、法を執行する側の解釈次第で、「共謀」の解釈をどうにでも拡大できてしまうからだ。

 というよりも、捜査する側が、自分たちの見込みに従って、ある程度恣意的に「共謀」の範囲を勘案できるのでなければ、この法律は有効に機能しないのだ。

 たとえば、1990年代のオウム真理教事件の捜査では、

《カッターナイフを所持していたために銃刀法違反、職務質問から逃げようとして公務執行妨害、マンションや東京ドームでのビラ配布で建造物侵入、ホテルの宿泊者名簿に偽名を記入したことによる旅館業法違反容疑、自動車の移転登録をしなかったために道路運送車両法違反容疑で逮捕など通常では考えにくい微罪逮捕が行われ、信者四百数十名が別件逮捕・微罪逮捕で拘束された》←ウィキペディアより

 といった野放図な操作手法が、堂々と繰り広げられたとされる。

 ほかにも、いわゆる過激派と呼ばれた左翼運動家の捜査では、「転び公妨」(捜査員が捜査対象に意図的にぶつかって転ぶことで、公務執行妨害を成立させる手口)と呼ばれる捜査手法が頻繁に使われている。

 凶器準備集合罪も、その制定過程では、暴力団の抗争が、具体的な殺傷事件に発展する前に取り締まることを目的として準備されたものだと言われている。ところが、実際に法律が制定されてみると、1960年代以降、凶器準備集合罪は、主として学生のデモを規制する手段として用いられることになった。

 これらの例からわかるのは、法律が、運用次第で、かなり恐ろしいツールになり得るということだ。

 共謀罪のような「人間がアタマの中で考えている犯罪」を裁く法律の場合、その運用の幅は、原理的に、どこまでも拡大することができてしまう。

 旅館業法や道路運送車両法は、「一般人」を捕縛する目的で制定された法律ではない。公務執行妨害にしても、普通は歩いているだけの人間にいきなり警察官がぶつかって来て転ぶようなやりかたで適用される法律ではない。

 というよりも、言葉のアヤみたいな話になるが、どんな法律であれ、それは本来「法を犯す者」を裁くために書かれたものであるはずで、その意味では、法律は、法の枠内で暮らす善良な一般市民とは無縁なものだ。

 もう一度繰り返すが、旅館業法や道路運送車両法は、一般市民を捕縛するために制定された法律ではない。

 にもかかわらず、現実の犯罪捜査の現場では、旅館業法違反や道路運送車両法違反を拡大解釈して市民を捕縛するようなことが起こっている。また、われら「一般市民」の多くも、オウム事件が世間を騒がせていた当時には、道路交通法や有印私文書偽造などの不可思議な罪名でオウム真理教の信者を大量に検挙する警察官の態度を、大いに支持していた。

 つまり、現場で法執行に当たる人間は、敵(捜査員から見た「犯罪者」のことだが)を捕らえる目的のためには、どんな手段でも使おうとするものなのであって、だからこそ、法律の条文は、なるべくなら野放図な拡大解釈を許さないものであることが期待されている。

 もっとも、仮に、警察官が多少強引なやり方で市民の身柄をおさえて拘束するようなことが起こったのだとしても、法の番人である裁判所が正しく基本的人権を守る立場で審理を行い、判決を出すことが間違いなく保障されているのであれば、そんなに大きな心配をすることはない。

 万が一、末端の捜査官の勇み足の結果、罪を犯していない人間が逮捕されるようなことがあったのだとしても、裁判が正しく行われ、裁判官が正しい判断を下すのであれば、正しい行いをしている市民が不当な罪を着せられることはあり得ないからだ。

 とはいえ、わが国の司法制度とそれを支える裁判官の全員を完全に信用できるのかどうかというと、実のところ、私は確信を持てない。

 裁判所は、時に冤罪をつくっている。
 このことは、誰もが知っていることだ。

 名張毒ぶどう酒事件の裁判をめぐる一連の出来事や、袴田事件、免田事件に関する詳細を知れば知るほど、自分が無実である限り、できれば裁判の被告として裁かれるような事態は、全力で忌避したいものだと考えざるを得ない。

 思うに、裁判官の中には、一般人の中で広く共有されている常識よりは、身内のメンツや法曹人としての体面の方を重視するタイプの人々が、一定の割合で含まれている。

 とすれば、われわれの中にある何らかの要素(思想、信条、好みの下着などなど)が、彼らの好みに合わない時は、どんなひどい目に遭わされるのかわかったものではないわけで、だとしたら、私は彼らの手に「共謀罪」のような解釈の余地の大きい条文を与える決断には賛成できないのである。

 東京新聞が11日の紙面で伝えたところでは、


安倍晋三首相は、十日、共同通信社との単独インタビューに応じ、政府が通常国会に提出する方針を固めた「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に関し、成立させなければテロ対策で各国と連携する国際組織犯罪防止条約が締結されず「2020年東京五輪・パラリンピックが開催できない」と指摘。懸念がある「共謀罪」には、「一般の方々が対象となることはない」と理解を求めた。--略--
 ということになっている。
 五輪の開催にかこつけて、共謀罪の必要性を訴えているカタチだ。
 別の確度から見れば、五輪という錦の御旗が、共謀罪創設のための道具として利用されている局面と見なすこともできる。

 「もう止めることができない」などと言いつつも、この件に関して個人的な見解を述べるなら、たった2週間で終わるイベントを無事に開催するために、わが国の法典の中に永遠に残る厄介な法律を書き込まなければならないのだとしたら、その取引はあまりにもベネフィットに対して、コストが高すぎると思う。

 逆に言えば、もし仮に、五輪というイベントが、本当に共謀罪を創設したり、基本的人権を制限しないと開催できないような空恐ろしいイベントであるのだとしたら、そんな剣呑なイベントの開催は、いまからでもぜひ辞退するのが賢明だということだ。

 五輪の開催と引き換えに共謀罪をあきらめるというのなら、まだ交渉の余地はある。
 共謀罪を成立させる代わりに五輪の開催を断念するという選択肢も、まるで理解できないわけではない。

 でも、安倍さんが言っているのは、五輪を開催するためには共謀罪の成立が前提条件になるということで、これは、私にとっては大嫌いなものが二つ並んでふところに飛び込んでくるタイプの交渉になる。

 到底話を聞ける条件ではない。
 なめくじを食べるのならミミズも食べないとスジが通らないみたいな、両睨みの地獄じみた話に聞こえる。
 私はどっちもゴメンだ。

 というわけで、安倍さんには、
「つまり、五輪の開催を辞退すれば、共謀罪の成立も回避できるわけですね?」  と答えておくことにする。

 ちなみにこれは私の側からのファイナルアンサーなので、返事は要りません。あしからず。

「普通である」と他人に認証してもらう、
そんな社会は相当息苦しそうです。

 全国のオダジマファンの皆様、お待たせいたしました。『超・反知性主義入門』以来約1年ぶりに、小田嶋さんの新刊『ザ、コラム』が晶文社より発売になりました。以下、晶文社の担当編集の方からのご説明です。(Y)

 安倍政権の暴走ぶりについて大新聞の論壇面で取材を受けたりと、まっとうでリベラルな識者として引っ張り出されることが目立つ近年の小田嶋さんですが、良識派の人々が眉をひそめる不埒で危ないコラムにこそ小田嶋さん本来の持ち味がある、ということは長年のオダジマファンのみなさんならご存知のはず。

 そんなヤバいコラムをもっと読みたい!という声にお応えして、小田嶋さんがこの約十年で書かれたコラムの中から「これは!」と思うものを発掘してもらい、1冊にまとめたのが本書です。リミッターをはずした小田嶋さんのダークサイドの魅力がたっぷり詰まったコラムの金字塔。なんの役にも立ちませんが、おもしろいことだけは請け合い。よろしくお願いいたします。(晶文社編集部 A藤)

このコラムについて

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明

「ピース・オブ・ケイク(a piece of cake)」は、英語のイディオムで、「ケーキの一片」、転じて「たやすいこと」「取るに足らない出来事」「チョロい仕事」ぐらいを意味している(らしい)。当欄は、世間に転がっている言葉を拾い上げて、かぶりつく試みだ。ケーキを食べるみたいに無思慮に、だ。で、咀嚼嚥下消化排泄のうえ栄養になれば上出来、食中毒で倒れるのも、まあ人生の勉強、と、基本的には前のめりの姿勢で臨む所存です。よろしくお願いします。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/011200077
 


「家族葬」は誰のもの?

遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」

思いについて思うこと
2017年1月13日(金)
遙 洋子

ご相談

年末年始、実家に帰り、両親とあれこれ話をしていた折、「私たちは家族葬でいいからね」と言われました。突然のことに驚きながら、両親も年を取り、そんなことを考えているのだと思うと、何だか胸が締め付けられるような気持ちになりました。改めて両親を大事にしようと思いながら、自分もそうしたことも考えておかなければいけないのだなと気づかされました。「おくり方」も多様化する中、遙さんが考える「いい葬儀」について教えてください。(40代女性)

遙から

 新年早々こういうテーマはいかがなものかとも思いつつ、最近の潮流としての"家族葬"などについて考えてみたい。

 折しも、私の身内に不幸があり、家族葬を経験することになった。年末のことだ。

 大阪市内では焼き場がなく、葬儀は大阪で、火葬は隣接した他の市にバスで移動となった。どうやら年末はもっと不幸が多かったようで、年末ぎりぎりに身内をおくった知人は火葬場待ちで4日間もご遺体をそのままの状態で保存せねばならなかったという。

 いずれ、団塊の世代が終焉を迎える頃には葬儀場が足らなくなるとは聞いてはいたが、すでにそれが始まっていると実感した。

自宅から斎場へ

 過去、いろいろなおくり方を経験してきた。

 最初は、自宅での葬儀。町内会の婦人会の方たちがこぞって朝5時から起きて準備してくれ、そういった地元ならではの人のつながりにも感謝できる経験だった。家での葬儀には、故人が在りし日々を過ごした場所で偲べる情緒がある。が、慌ただしい中で慣れぬ準備にあれこれ追われ、来客を迎えるための食事の準備や接客など大変さも半端ではない。

 その経験をもとに、次の葬儀は大きな斎場に委ねることにした。場所も分かりやすく弔いの宴席もすべてセット。どういう葬儀にするかを業者と打ち合わせ、当日はその通りに、恙なく葬儀が運ばれることとなった。

 大きな斎場はさすがに慣れていて、例えば喪服の着付けについても「帯締めは通常のように二重で結ばず、不幸が続かぬように一重で結ぶんです。そして、ヒモの端の処理は端を上に挟むのではなく、悲しみ事なので端が下に来るように仕上げるのです」などと係の人が教えてくれる。

 日本古来の着物の着方にも、ハレの場、悲しみの場、それぞれに着つけが異なる。分からないことが次々に出てきて不安になりがちな葬儀に関して、そういったプロがいてくれるのは何かと心強い。

 そして今回は家族葬。どんどん葬儀が簡略化、効率化、プライベート化されていく中で登場したスタイルを初体験することになった。

 家族葬のいいところは、葬儀が終わって以降の弔花の返礼などの手間が省け、あっという間に終えられるところだ。つまり、“楽ちん”なところだ。

謳い文句は謳い文句

 だが、「?」が浮かぶことも、いろいろ見えてきた。

 家族葬と低価格というのはセットだ。業者も低価格を謳い文句に営業する。だが、後に喪主に聞くと、「どんどん追加料金が派生し、当初の謳い文句どおりの料金で収まらなかった」という。

 例えば、セット料金にある棺には遺体が微妙に納まりきらない。両手足を伸ばした状態で納棺するには大きいサイズの棺に変更する必要があり、「膝を折って棺に入れますか? ヒザを伸ばして棺に入れますか?」と喪主は選択を迫られる。おくる側の心として後者を選ぶと「追加料金」となる。その理由は「通常、棺はすでに身体が委縮した高齢者向けの小さめのサイズにしており、普通の体格の人のサイズの棺は別料金」という理屈だそうだ。

 故人は特別デカい体格ではないが、普通の身長であることですでに「小さくないから特別料金」ということだった。

 そして、そこからが次々と追加料金が発生することとなる。

 「大きい棺なので車も大きめのものになります」。だから追加料金。

 「棺だけではなく家族も同行するならそれ用の車に変更しますので」。さらに追加料金。

 といった風に。

 高齢社会をすでに背負う読者の皆様に、ごく個人的な経験ながらお伝えしておきたい。良心的な家族葬を営む業者も当然あるだろうが、低価格を謳う業者の中にはこうやって、やむなくどんどん追加料金が重なるケースもある。“謳い文句通りにいかない家族葬”があることにご注意いただきたい。

 参加する側の「?」も発見した。"家族"つまり"来るのは身内だけ"という意識から、これまでの葬儀とは異なるシーンが展開された。

 まず服装。パリッとした喪服ではなく、黒ならとりあえず何でもいいだろう的な、アイロンなどかかっていない普段着の黒のよれよれパンツで来る。その場が"式"だと思えば、それが他人の眼もある斎場なら、最低限のマナーとして喪服を着ていた人が、身内だけ意識から正装という概念を崩す。

 また、子連れの多さ。いわゆる通常の葬儀では、厳粛な式の間、静かにしているのが難しい幼い子供たちは連れていかないケースが多いのだろう。斎場で大勢の子供たちが所狭しと走り回るような光景をあまり見た記憶がない。

 だが、家族葬だ。気を使う必要はないのだから、子供をみんな連れて行こう、となる。そうして各家族の子供たちが出会うと斎場の親族待合室は保育園化する。家族葬専門の業者が仕切る待合室がいくつも並ぶロビーでは、子供たちが走り回り、はしゃぐ声が響く。

これは骨です

 焼き場ではちょっとした議論が噴出した。あまりの子供たちの明るい騒ぎ様に、ある親族が提言した。

 「火葬場のお骨拾いの時は、子供の参加はマナーとして避けるべきではないか」

 諸々意見が出た末の結論は

 「それぞれの親に判断を委ねる」

 
 結果、それぞれの親が出した答えは、同じだった。

 「子供の教育にもなるからお骨拾いの場にも参加させる」

 そして、ひとりの人間が人生を終焉させる式のクライマックスともいえるお骨拾いの場で、何やら違和感のある光景を目撃することになる。

 幼児が母に聞く。

 「これなに?」
 「これはね。骨よ。ホネ」
 「ホネ?」
 「そう。ホネ。熱いから触っちゃダメよ」
 「ホネ、あっちー?」
 「そう。あっちっちだからね」

 …葬儀の場を教育の場にしたっていいじゃないか。だって、家族葬だものね…。

お隣のご遺体

 ちょうど、お隣りのご遺体も焼き上がった。

 隣りの方の骨の周りには、悲しみを隠さない喪服姿のご高齢のご身内方が神妙に厳粛に、ひとつひとつご遺骨を骨壺に収めていった。

 私は素直にうらやましかった。せめてその日一日くらいは、悲しみと厳粛さをしっかり感じていたいと思い、そんな自分の気持ちにしっくりくる光景だったからだ。

 現実に戻れば、帰りのバスの中もキャッキャと賑やかだ。子供好きの青年たちが幼児をあやす。まるでピクニックに行くような雰囲気だ。喪主が膝に乗せた骨壺がピクニックのお弁当かと思えるくらいに。

 最近、地域レベルでの家族葬専門の業者が増えている。まさしく駅前葬儀と言おうか。私の経験では"身内だけ"ということが厳粛さを溶解させ、緊張からも他者の眼からも解放され、安く、気軽に、手軽に、自由な、葬儀だった。

 盛大な葬式を手放しで肯定するつもりはない。高い金を払えばいいというわけではないし、カジュアルな葬儀も、明るい葬儀だってありだと思う。

 例えば、故人が明るい葬儀を望み、おくる側も「いかにも彼・彼女らしい」と故人を存分に偲びながら、泣き笑いしながらドンチャン賑やかにやるなんてオシャレじゃないか。

料金でもなく参列者数でもなく

 しかし、故人の扱いが軽くなるのは、違うと思う。

 家族葬にしても、「真にその人を想う人だけで」の家族葬。「いいじゃん。家族だし」が優先される家族葬。金銭的な制約からやむなく選んだ家族葬。様々な家族葬があるだろう。

 私は近い将来、「いいじゃん。地味なジャージで」の家族葬の時代が来ることを確信する。その先、「いいじゃん。焼くだけで」との境界線は、もう紙一重に感じる。

 故人を偲ぶ列が絶えない盛大な葬儀も、ジャージ家族葬も、私は否定しない。

 私の小さな望みは、故人に思いを致し、厳粛に過ごすしばしの時間を大事にしたいということだけだ。


遙洋子さん新刊のご案内
『私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ』

『私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ』
ストーカー殺人事件が後を絶たない。
法律ができたのに、なぜ助けられなかったのか?
自身の赤裸々な体験をもとに、
どうすれば殺されずにすむかを徹底的に伝授する。

このコラムについて

遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」
 働く女性の台頭で悩む男性管理職は少なくない。どう対応すればいいか――。働く男女の読者の皆様を対象に、職場での悩みやトラブルに答えていきたいと思う。
 上司であれ客であれ、そこにいるのが人間である以上、なんらかの普遍性のある解決法があるはずだ。それを共に探ることで、新たな“仕事がスムーズにいくルール”を発展させていきたい。たくさんの皆さんの悩みをこちらでお待ちしています。
 前シリーズは「男の勘違い、女のすれ違い」
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/213874/011200040/  


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************


この記事をはてなブックマークに追加

【尾藤イサオ】あしたのジョー

2017年01月12日 | Weblog



【尾藤イサオ】あしたのジョー
https://youtu.be/2GoFL5dzz3E
*******************************************************************
【●】支持率下がるとサンドバッグ叩く ネットゲリラ>>>野次馬 (2017年1月10日 02:24)
http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10420.html


支持率下がると、外国を非難して大騒ぎというのが朝鮮人のいつものパターンで、それを考慮すると、アベシンゾーの支持率がヤバいんだろうねw 公明党が離れそうだしw 公明党が離れたら、自民党のために熱心な選挙活動をしてくれる人がいなくなる。いくらマスコミを恫喝してチョーチン記事書かせても、知ってる人は知ってるわけで、失敗続きの内政、経済、外交、どれも手柄がひとつもない。韓国を敵視して叩けば、少なくともネトウヨだけは褒めてくれるw 韓国側も同じw 日本を敵視して叩けば、アタマの悪い愚民が拍手喝采w ユダ菌の植民地どうしでいがみ合い、ののしり合い、美しい国・日本、美しい国・韓国ですw


バイデン米副大統領が安倍首相に話した内容を日本政府がわざと削除?
http://s.japanese.joins.com/article/450/224450.html?servcode=A00§code=A10

6日、ジョー・バイデン米副大統領と安倍首相の電話会談で、バイデン副大統領が現在の韓日関係を悪化させないように呼びかけたことが分かった。
韓国メディアの聯合ニュースによると、韓国の外交消息筋は8日、「日本側が釜山(プサン)の日本総領事館前の少女像の設置に抗議して駐韓日本大使の一時帰国などの対応措置を公式発表する前に、バイデン副大統領が安倍首相に電話をした」とし、これは「釜山の少女像の設置に関連した日本の措置計画に対して状況の悪化を避けるように呼びかけようとしたもの」と伝えた。

バイデン副大統領はアベシンゾーに何と言ったのか? まぁ、ひと言で「いい加減にしろ、バカども」だろうw アメリカの立場としては、双方に自重をうながすしかないしw 日本の方が忠実な子分だから、日本は叱られない、韓国が叱られた、とネトウヨは思いたいんだろうがw

バイデン「安倍は韓日関係を悪化させるな」 ←日本政府、発言内容を削除して発表 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1483954192/

アベシンゾーも追い詰められているので、韓国叩くくらいしか手柄を立てられない。あんなのイジメて手柄と言えるかどうか疑問だがw つうか、韓国とケンカして、ネトウヨ以外の日本国民が嬉しいのか、疑問ですw 従軍慰安婦なんて、おいら関係ないしw

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】藤原直哉のインターネット放送局

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2017年1月11日 誰と友達かが一番大切
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/2017111-ccb0.html

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2017年1月11日 個の花を見つけるために
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/2017111-d22f.html

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】韓国の慰安婦像問題。これ、アベ政権にとって甘くない事態と考えます。真珠湾慰霊からイナダ靖国参拝の流れから中国での慰霊の問題になるかも?
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 1月11日(水) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14060

日本は外交官引き上げの強硬姿勢まで取り、韓国は慰安婦像を増大させるとか。

互いに大人げないとして冷静な評論をしても無意味と言えましょう。

韓国民としては、アベは真珠湾で慰霊をしたのだから、慰安婦問題についても謝って欲しいと言い出すでしょうね。

韓国は日本から迷惑被ってるんだよ、対等の姿勢を取ってくれよ、と言いたいのでしょうね。

これは、中国でも内心としては同じような要求を言いたいのではないでしょうか?

中国の国土で戦争をやって中国国民に多くの損害を与えた事について謝って欲しいと思っているでしょう。

しかし、アベは真珠湾で本気で慰霊したのか? 空念仏でも唱える気分だったのではないのか?

そのように韓国民や中国民は思っているでしょう。

だって、真珠湾から帰国して直ぐに靖国神社にイナダが参拝したのだから。大日本帝国体制の精神で祀りをしている神社に参拝したのだから、真珠湾と靖国神社の対比に日本人は違和感が薄いのであろうが、

外国は、韓国・中国・米国は違和感を抱くだろう。

真珠湾慰霊の本気度が疑われているのだろう。

「本気ならばこちらも何とかしてくれよ」ということではないのか?

像なんてものはプラカードや幟や看板のようなものであろう。要するに、訴えなのだ。

まあ、アベは本気ではなかったのだろう。真珠湾慰霊の旅が。

日本は旧軍人と遺族に軍人恩給と遺族年金を支給してきている。

これを見て、日本から被害を受けたとの思いが強い外国人は、

じゃあ、私達にも何らかの誠意があってもいいんじゃあないか、と言い出すことになるのだ。

要するにだ。

日本人(日本国民)は、自分達の事だけを考えて生きていては、国際社会を生きることは出来ませんよ、ということなのだ。

国際社会は、外国は、御隣りさんなんだから。

御隣への挨拶と気配りは大事でしょう。

近所付き合いが悪く、自分勝手で、他人との付き合い方が片寄って、無神経で自己中心の家であると、

御近所は見ているでしょうね。

相手が自己中心的であるとは、自分が自己中心的であることの鏡でしかないのだ。

はっきり言えば、「自分が悪いんだ」よ。


★詳細はURLをクリックして下さい。


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************




この記事をはてなブックマークに追加

荒川強啓デイ・キャッチ 青木 理 「2017年は世界中で選挙の年」2017.01.02

2017年01月10日 | Weblog


1.13FACT01 BF・RK対談予定通り開催されます。
http://ur0.link/AOUb


2017年1月13日(金)
受付 18:45~
開演 19:15
終演 21:30
会場 東池袋@あうるすぽっと会議室B
前売 4,000円
当日 4,500円
定員 100名
確実なお座席確保のため前売りをご利用下さい。
http://wonder170113.peatix.com



荒川強啓デイ・キャッチ 青木 理 「2017年は世界中で選挙の年」2017.01.02
https://youtu.be/ylQAxcZAYhA


*

*******************************************************************
【●】「人間の身の丈にあった社会」 晴耕雨読 開かれた地域共同体
   http://sun.ap.teacup.com/souun/205.html#readmore

鳥の目と虫の目さん:
人間の身の丈にあった社会の仕組みに、どこから近づいてゆけばいいのですか。ご意見を伺わせて下さい。

私がこの講演録を引用して投稿したときに、漠然と頭の中にあったのは、人間の社会的分業の編成に果たす『ストック』の意味と言うことでした。

生身の人間は、どれほど身体能力が違ったとしても、大局的に見れば、ほとんど似たり寄ったり、同じ存在です。毎日飯を食わなけりゃいけないし、背のたけだって2メートル程度まで。
考え得ることだって、しょせんは、生物としての人間という基盤からは離れられないはずです。

そんな人間ひとりひとりが壮大な社会的分業を組んで、いま、我々の目の前にあるこの社会的現実を作り上げています。

たしかに現代社会が成し遂げている結果は壮大なものです。

しかし、その社会的現実を作り上げている端緒をたどれば、根元的な駆動力は、一人一人の生身の人間の意志に裏付けられた活動力に違いないですよね。


もちろん、その社会的分業をくみ上げる上で、さまざまな物質的な媒介物がはさまったり、化石エネルギーで補完されたりしてはいます。しかし、間に挟まった媒介物は、みな意志を持たない、ただの物です。

だから、社会的分業を本源的に駆動させているのは、それぞれの場面で意志をもって現実に向き合っている、それぞれ、一人一人の生身の人間以外はありえないに違いない。そして、たとえその社会的分業の総体がどれほどに壮大であっても、それぞれの人間の意志は、生き物としての一人一人の身体の、その脳味噌の中にしかないものです。

上手く表現できないのですが、ようは、生き物としての人間なんて、みんなほとんど似たり寄ったりでしょ、という感覚と、その一方で、それぞれの人間の、その脳味噌の中につまった意志が、その意志の形を貫徹させて社会全体へ働きかけ得る程度において、天と地ほどに違う立場への分化している現実の人間社会の有様というものの、めまいを覚えるような格差の本源的な原因はどこにあるのか。そして、その落差を縮めてゆくための手がかりはどこに求めればよいのかということです。

どう考えても、現代の社会的分業の壮大さと、生き物としての人間のちっぽけさとの対比は、無理がありすぎるように思います。

しょせん、生きものとしての出自に構造づけられた人間の脳味噌の構造(たとえば喜怒哀楽とか、相手を疑ったり信用したりとか…)しか持たないはずなのに、想像も出来ないほど広範囲の社会的分業にたいして、その意志を届かせようとすれば、そこに関与してくる他人の命を命として関知でし得ないことに起因するさまざまな問題がふきだしてくるのは当然だと思うのです。
逆に、そうした動きへの対抗運動においても、それが逆方向での意志のかたちを、巨大な社会的分業のしくみ全体において実現しようとするものである限り、やはり同じように、人間の認知能力の限度を超えたことに起因するさまざまなゆがみが出てくるに違いない。
社会問題を、それぞれの人間が、意志を働かせて、互いの意志を重ねて十全に舵取りをするためには、やはり動物としての群れ構造を大幅に逸脱しない程度を前提にしなくてはならないのではありませんか。

ビル・トッテンさんのご講演の大切なメッセージとして受け止めたのは、そうした生き物としての身の丈をゆがめる夾雑物としての土地と貨幣という『ストック』に、生き物に擬制した寿命をあたえるという対案、すなわち例外を許さぬ土地課税とマイナス金利という提案でした。

だれもが、生き物としての身の丈の態度と、同じ寿命という枠の中で競い合って生きていれば、今目の前にあるほどのゆがみは発生しないのではないでしょうか。

内田義彦さんが、『資本論の世界』(岩波新書)のなかで
「私有財産制度とは、一般に-つまり資本主義であってもなくても-生きた他人の労働の成果がなんらかの形で私有財産の所有者の手にわたり、その一部が蓄積される。そして、その過去の他人の蓄積された労働が、私有財産として他人に対立し、ふたたびなんらかの形で現在の、生きた他人の労働を吸収する制度である。それだから財産によって生活できる。」(内田義彦1966年)
と書いています。
私有財産制度ということばで表現しようとすると、なんだか色が付きすぎていて、こなれないですが、生物としての個人の意志の『巨大な拡声器』の仕組み、人間の生きのびようとする意欲と実践struggleがもたらす同盟関係と敵対関係を身の丈を超えて促進する本質的な原因である『ストック』の意味について、ぜひ教えて頂ければとおもいました。

あっしらさん:
経済(学)は論理ですからそれを熟知しているより、鳥の目と虫の目さんのように、人間観を含む社会観というか世界観がきちんとあり、現実の社会と自分の理念的な社会観の乖離が何に由来しているかを探るときに、経済(学)を利用するというものだと思っています。

鳥の目と虫の目さんが説明されている人々の生き様(=社会の在り様)が普遍的(超歴史的)なもので、経済学が対象とする近代社会(資本制経済社会)はその特殊な形態です。
似たり寄ったりの人々が、持てる認識能力と身体能力を相互活用しながら外的自然(物)に働きかけ、その成果を個々人及び“共同体”が享受することで個々人の生存や快楽が実現されるというのが人の世だと思っています。

どう考えても、現代の社会的分業の壮大さと、生き物としての人間のちっぽけさとの対比は、無理がありすぎるように思います。
社会問題を、それぞれの人間が、意志を働かせて、互いの意志を重ねて十全に舵取りをするためには、やはり動物としての群れ構造を大幅に逸脱しない程度を前提にしなくてはならないのではありませんか。


私も同じように考えています。
いわゆる共産主義国家も、共産党官僚が云々というより、この罠(無理)によってあのような国家社会に行き着かざるを得ない宿命にあったと思っています。(それに輪をかけたのが、封じ込め的国際関係のなかで戦時体制をとった(とらざるを得なかった)こと)

国民経済的社会的分業でも壮大なのに、グローバリズムという名の下、世界規模での社会的分業の濃密化が進められています。
いわゆる資本主義国家の人々は共産主義国家の抑圧性には納得しても自らの抑圧には少しばかり無頓着なようです。
社会的分業が壮大なものになれば、利潤獲得動機がもたらす弊害は別としても、それをなんとかして動かすために、制度及び支配-被支配の関係性が強大なものにならざるを得ないことにもっと留意すべきだと思っています。

利潤(貨幣的儲け)が経済活動の動因で、それが壮大な社会的分業世界で実現される条件になっていれば、少数の支配者(表に出るのはテクノクラートと企業経営者)が、ほとどんと言える大多数を機械や原材料と同じような物として管理していくかたちをとらざるを得ません。(倫理的善悪を捨象しても、論理的にそうならざるを得ないということです)

このようなことから、私自身は、「開かれた地域共同体」という在り方を一つの望ましい世界と考えています。
経済学的には効率(生産性)が下がるものであっても、心地よさが上がるのならそれでいいじゃないかというもので、地域共同体が消費するものはできるだけその地域共同体で生産するという考えです。
(人はお金にならないことにいそしんで大きな喜びや満足を得ることもできる生き物です)

物余りやデフレそして失業者の増加や余暇時間の増大という状況は、そのような社会の在り様を実現できる条件があることを示していると言えます。

しかし、「開かれた地域共同体」はすぐにめざすものではなく、そこに至る過渡期として、国民経済主義的国家社会が必要だとも考えています。

私有財産制度ということばで表現しようとすると、なんだか色が付きすぎていて、こなれないですが、生物としての個人の意志の『巨大な拡声器』の仕組み、人間の生きのびようとする意欲と実践struggleがもたらす同盟関係と敵対関係を身の丈を超えて促進する本質的な原因である『ストック』の意味について、ぜひ教えて頂ければとおもいました。

「生き物としての身の丈をゆがめる夾雑物としての土地と貨幣という『ストック』」というご指摘に魅力を感じるとともに、『ストック』概念として土地と貨幣は峻別したほうがいいのじゃないかと思っています。

端的には、超歴史的には『ストック』でなくてもいい貨幣が『ストック』としてのさばっていることが、生き物としての身の丈をゆがめている一つの要因だと考えています。
社会的分業の“媒介物”でしかない貨幣が、『ストック』しかも代表的『ストック』として考えられていることが大きな問題です。
貨幣は、土地(埋蔵資源を含む)や生産設備といった『ストック』を購入できる手段であっても、『ストック』である必要はないという視点が重要だと思っています。
そして、貨幣の『ストック』化を支えているのが、利息取得制度や様々な金融商品(取引)です。
マイナス金利という“消費促進策”を持ち込まなくとも、金利(利息取得)をなくせば、消費レベルだけではなく社会構造全体を変えるインパクトになります。

『ストック』には、自然的ストックと活動成果的ストックがあると考えています。
土地(埋蔵資源を含む)が自然的ストックで、生産設備・道路・住宅など人々の活動力で作り出した持続的な有用性享受という性格を持つものが活動成果的ストックです。

近代社会の特質は、後者(活動成果的ストック)のなかでもとりわけ生産設備が持つ意味が飛躍的に高まったことにあります。

引用された内田義彦さんは“マルクス疎外論”ないし“マルクス物象化論”の立場から生産設備の問題を捉えているようです。
物になった活動力と生身の活動力が結合する仕組みを大きくすることで、生産力が高まってきました。過去の活動力の成果を使うことで現在の活動が楽になる仕組みが飛躍的に発展したと言うこともできます。
(それを支えたのは急増大する生産力の成果(財)を国際交易を通じて売りさばき貨幣利潤を獲得できる“制度”です。それがなければ、デフレや生産過剰になるそのような仕組みの発展はありませんでした)

人々の関係的活動成果である「過去の他人の蓄積された労働が、私有財産として他人に対立し、ふたたびなんらかの形で現在の、生きた他人の労働を吸収する制度」になるかどうかは、社会の在り様如何に関わることであり、超歴史的なものではありません。
(内田さんもそれをご理解の上に書かれたと承知しております)


膨大な活動成果的ストックがあるというか、それを造り出し使いこなすことができる歴史段階になったことが、「開かれた地域共同体」への移行を保証すると確信しています。

Re: 人間の身の丈にあった社会の仕組みに、どこから近づいてゆけばいいのですか。投稿者 あっしら 日時 2004 年 1 月 31 日




★詳細はURLをクリックして下さい。


******************************************************************
【●】無いものは使えない。はい!論破!
ネットゲリラ>>>野次馬 (2017年1月 9日 23:08)
http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10419.html

個人消費が伸びない、というんだが、カネがなきゃ、使いようがない。はい、論破! 企業がちっとばかり賃金あげても、社会保障費やら税金やらがもっともっと上がるので、可処分所得は下がっている。カネがないから使えない。それだけw だってアベシンゾーがやっている事は、「お口だけ」。香港の処女かよw 香港の処女は意外に身持ちが固くて、なかなか身体を許さないらしいねw その代わりに、フェラチオはとても上手なんだそうでw


榊原会長は「個人消費を喚起するためにも、これまで3年続けてきた賃金引上げのモメンタムを今年も継続する」基本的スタンスのうえでhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00000007-economic-bus_all

「今年の経労委報告では個人消費が伸びていない実態について分析し、対応すべき」と政府に対して要望していく方針だ。
榊原会長は「国民の将来不安や子育て世帯の教育費負担、消費者の節約志向といった点に何ら手をつけないままでは経済界が賃金引上げに取り組んでも消費は拡大しない。原因を分析するとともに、官民あげて(対応策に)取り組むことが必要」とした。

あげなくて済む給料は上げない。それがアタリマエ。自分の会社だけドカドカ賃上げしていたら、厳しい競争に負けてしまう。アベシンゾーが何を言おうが、イイナリになる必要はない。

【消費】経団連の榊原会長「賃金引き上げに取り組んでも消費は拡大しない」 政府に個人消費が伸びない実態の分析・対応を要望へ★3 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483964638/

そもそも、あれだけ人気の高かったコイズミ、何をやったのか、みんな覚えてないのか? コイズミのやった事で、ひとつでも良い事があったか? 拉致被害者の帰国? あんなヤラセのプロレスで騙されてるようじゃ、謀略渦巻く現代社会を生きられないぞw アベシンゾーに至ってはもっと酷い。日本人を食い殺す悪魔です。

★詳細はURLをクリックして下さい。




*******************************************************************
【●】「抜け出す第一歩は「隷属の認識」」 晴耕雨読 「近代」から一歩先を見据えて
   http://sun.ap.teacup.com/souun/178.html#readmore


国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないようにしてきた。

「自分と家族が共同体のなかで自立して生存できる条件を保有していないこと」を、土地に縛られない自由の獲得だと説明している。

民主制を基礎とした国家にすることで、自分が命を失うことになったり、相手を殺すことになる侵略戦争を担うことを義務と考えたり愛国心の発露と信じるよう仕向けている。

女性は男性に隷属させられており、女性が“社会”に進出して経済的に自立することが解放だとされている。

そして、失業者が大量に発生しながら財が余るという過剰な生産力(高い生産性)が実現されていながら、市場原理や経済理論を持ち出して、それは仕方がないことであり、年金などが切り詰められるのもやむをえないことだと説明している。

今書いた四つのことを一つでもその通りだと考えている人は、国際寄生者にすっかり隷属していると断言する。

「感じにくい隷属」から抜け出す第一歩は「隷属の認識」投稿者 あっしら 日時 2003 年 3 月 12 日

■ 寄生者は「奴隷制」の復活を志向してはいない

時々コールマン博士や太田龍氏のことを“あっち(寄生者)側”の人と揶揄するのは、寄生者が、寄生方法として「奴隷制」を志向していないし選択することもないと考えているからである。

起こらないことを起こると扇動しそれに対して戦えと叫べば、その傾向が消えた途端に戦いも消え去るだろう。

コールマン博士は、ひとの土地を大規模に収奪し奴隷制もある条件下で生まれた合衆国憲法を福音書のように賛美し、南アフリカの土地を収奪した歴史的経緯を軽く見て、アフリカーナと英国支配層の対立に焦点を当ててアフリカーナの側に立ち、先住者の多数派を基盤とするANCを共産主義者として非難している。

(反アパルトヘイト運動やANCが国際寄生者に操られていたり(いる)と思っているが、それは別問題である。ジンバブエのムガベ大統領も操られている)


時代性から、奴隷というとアフリカから南北アメリカに運ばれ、拘束状況で酷使された黒人を思い浮かべる場合が多いだろう。

(アフリカから奴隷輸送船に積み込まれた黒人は6千万人以上で30%前後が輸送途中に死亡したと言われている)

しかし、厳しい批判ときちんとした反省的総括が必要だと考えているが、そのような奴隷制は歴史的に見れば特異なものである。

大規模な土地を収奪し、その土地を活用することで生み出す財がもっと売れるのにそれを満たすだけの労働力が不足していたことから生じた特異性である。


古来より、奴隷は、自分及び家族の生存手段を保有していない(失った)ためにひとに使われることで生存を維持せざるを得ない層、特定能力を持った戦争捕虜、政治的支配層の執事や娯楽提供者として召抱えられた者たちである。

くびきをかけられているかどうかは、奴隷であるかなしかとは本質的に無関係である。

債務不履行で生存手段を失った人(家族)は、生きるために債権者の手足となって働くしかない。

(債権者が債権を譲渡すれば別の人のもとで)

戦争に負けて土地を奪われた人は、労働力が不足状態であれば奴隷になり、そうでなければどこかに新天地を求めることになった。

戦争捕虜になった人たちのなかで特殊技能(学問や芸能を含む)を持っている人は、戦勝側に余裕や不足があればお抱えになった。

政治的支配者は、より快適な生活をおくりより心地よい日々をおくるために、被支配者に奴隷の提供を求めた。

女性は、とりわけ戦争を通じて、性的快楽や生殖機能として奴隷化されることも多くあった。

奴隷の自由は「死の選択」だけである。

拘束がなくとも、逃げて生存できる条件がなければ逃げない。
決起するのも、勝算があるときだけである。

租税として差し出された奴隷は、家族や地域共同体の安寧を考え逃げないはずである。

別に奴隷所有者を擁護する気はないが、奴隷を所有し続けるのも負担(コスト)なのである。

機械は手入れをすれば済むし、家畜は餌を与え逃げないようにしていれば済むが、人である奴隷は、自分の目的に叶うように働く方法を理解させたり、病気や事故で用を果たさなくならないよう気を使い、身の回りにはべらせておくのなら身繕いもきれいにしておかなければ自分がいやな気分になるという存在である。

南北アメリカの「近代奴隷」も、奴隷商人が高収益源として群がったように高価なものである。

高額のお金を支払っているのに、死ぬ気になってしまったり、病気になったり反抗心を煽ってロクに働かないのでは割が合わないのである。

タダ同然で奴隷が手に入るのではない限り、奴隷も、それなりの水準で取り扱われることになる。

(奴隷商人は、奴隷をタダ同然で手に入れ、べらぼうな価格で売ることができたので、輸送で生じるロスをそれほど気にせず「家畜以下」の過酷な条件で船に積んだのである)

このような説明をしたのは、国際寄生者が奴隷制を志向していないことを少しでもわかっていただくためである。

国際寄生者は、“奴隷”の処遇に関して、奴隷制よりも賃金労働者のほうが合理的だと考えているのである。

長期間にわたって生存の面倒を見なければならない奴隷よりも、必要なときだけ雇って、不要になったら捨て去るほうが都合がいい(合理的な)のである。

そして、ほとんどの人が生存手段を保有しなくなった「近代」では、タダ同然で賃金労働者を手に入れることができる。

賃金労働者をタダ同然で手に入れても巧くいかないことがわかった結果が、賃金水準を上昇させることで生まれた「大衆消費社会」や「福祉国家」である。

(米国の奴隷解放令は、このような国際寄生者の損得勘定に基づき成立したものである)

奴隷とは、自分と家族が生存するための自然的条件を保有していない人のことである。

自分と家族が共同体のなかで自立して生存できる条件を保有していない限り、奴隷なのか、賃金労働者なのか、はたまた“知的執事”なのかは別として、他者に自己の活動力を提供することを通じて生存を維持するしかないのである。

■ 「感じにくい隷属」

国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないようにしてきた。

「自分と家族が共同体のなかで自立して生存できる条件を保有していないこと」を、土地に縛られない自由の獲得だと説明している。

民主制を基礎とした国家にすることで、自分が命を失うことになったり、相手を殺すことになる侵略戦争を担うことを義務と考えたり愛国心の発露と信じるよう仕向けている。

女性は男性に隷属させられており、女性が“社会”に進出して経済的に自立することが解放だとされている。

そして、失業者が大量に発生しながら財が余るという過剰な生産力(高い生産性)が実現されていながら、市場原理や経済理論を持ち出して、それは仕方がないことであり、年金などが切り詰められるのもやむをえないことだと説明している。

今書いた四つのことを一つでもその通りだと考えている人は、国際寄生者にすっかり隷属していると断言する。

人は、生きていくために、他者と共に外的自然と巧く付き合いながらそれを自分のために改変しなければならない。

人(人的自然)は、否応なく、土地(外的自然=自然的自然)に縛られている存在なのである。

縛られていないと考えがちなのは、お金でお金を稼ぐ人・知的活動でお金を稼ぐ人・政治的支配者といった、圧倒的多数の他者を自分の生存から快楽の手段と位置付けている階層である。

女性が家族の面倒を見るのは、役割分担でしかなく、別に男性への隷属ではない。(男女が逆でもいいのだが、出産と育児という役割を女性が担うほうが都合がいいだけのことである。)

女性を家族から切り離すのは、個人主義的自由主義と同じで、人々のバラバラ化を通じて隷属構造をよりスムーズに維持するのが目的である。

共同体を崩壊させて国家的統合に変えたように、家族を崩壊させることで人々の絆をなくし、寄生者に直接的に隷属させようとしている。

国際寄生者は、人々の絆を恐れている。それは、自分たちへの対抗力につながるものだからである。無力な個として、持っている活動力を自分たちの“養分”吸い上げのために発揮してもらえばいいと考えている。

もう一つの目的は、経済合理性である。家族を養うために一人が働くだけであれば、家族分の生存費を給与として支払わなければならない。

しかし、家族から複数の人が働きに出れば、一人に支払う給与は抑えることができる。

(米国の50年代から現在に至る“中流家庭”の変遷を顧みればこのことがわかる。かつては、お父さんが働くだけで、家と自動車を持ち、子供たちを大学に送ることができたのである)

長期にわたる学校教育と日々発信される膨大なメディア情報を素直に受け入れることで、隷属性が高まる仕組みができ上がっている。

現在の多数派の人々(寄生されている人々)は、奴隷以下家畜以下の存在になっていながら、自由だと錯誤する倒錯的隷属者になっているのである。

国際寄生者が、ここまで巧妙につくり上げた「隷属システム」を捨て去り、寝た子を覚ますような奴隷化政策をとることはないのである。
(近代奴隷制を廃止させたのは、国際寄生者であることをお忘れなく)

国際寄生者は、米英の国家支配層を先兵として「対イスラム戦争」を展開しているが、それとてただの“戦争狂”であるが故に行っているわけではない。

彼らとて、目的を早期に完遂させて“平和な世界”を築きたいと考えている。

早期に完遂させて“平和な世界”を築けば、先進諸国の多くの人が素晴らしい現実が戻ってきたと感じ、さらに隷属性が高い新たな「世界」を素直に受け入れると夢想しているであろう。

国際寄生者は、「近代以後」(ポストモダン)を構想しながら、それに向け現在を動かそうとしている。

「対イスラム戦争」は、行き詰まった「近代」を根底から変えるためのものである。

それを完了させれば、ブッシュ的圧制も終わり、国民国家の在り様も変わり、経済的政治的国際システムも変わることになる。


現在でもいいし、バブルに浮かれていた時期でもいいし、目に見える勢いで生活が良くなった高度成長期でもいいが、どの時点でも隷属性を感じなかったという人は、今後の世界でも隷属性を感じることはないのである。

感じ取りにくくなった隷属構造から抜け出すためには、隷属性を論理的に認識するしかない。そして、隷属性を認識すれば、隷属性を感じることになる。

ハイテク物語とおどろおどろしい表現で予言される「未来の奴隷化」を危惧するのも大事だが、それ以上に重要なのは、現在の隷属性をきちんと認識し、そこから抜け出す術を見つけ出すことである。


現在の隷属性を認識していても、落胆することもあきらめることもない。

隷属性を認識しながらも、自分や家族のために働き、片隅で束の間の心地よさを味わい、“その時”がやってくるのを待てばいいのである。
(刹那的な快楽や物欲も忌避する必要はない)

隷属性を認識していれば、心地よさを感じる対象も変わり、刹那的な快楽や物欲の充足行動も変わる。

“その時”はそう遠くないうちに(もうまもなく)やってくる。

しかし、“その時”に、神が審判を下したり、救世主と悪の大魔王が壮絶な戦いを繰り広げた結果として、隷属のくびきから逃れられるわけではない。

“その時”までに現在の隷属性を認識する人が増え、“その時”までに見出した隷属克服法が合理的なものであり、“その時”までにそれを実現しようと思う人が多数派を形成しているかどうかで決まることになる。

それができていなければ、“その時”がやってきても、巧妙な「隷属システム」は継続し続ける。

(“その時”は既にやってきているのかもしれない)


自覚していないとしても、隷属を強いられている人々が主体的に動くことがなければ、“その時”がそのままずっと続くだけである。

主体に取り組むことなく、神や救世主の力もしくは世界史的理性や自然の摂理によって、“その時”が解決されることはない。
2006/10/18



★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************

この記事をはてなブックマークに追加

【あかりちゃん#2】HIGE MAX あかりのデス・ロード

2017年01月09日 | Weblog

1.13FACT01 BF・RK対談予定通り開催されます。
http://ur0.link/AOUb


2017年1月13日(金)
受付 18:45~
開演 19:15
終演 21:30
会場 東池袋@あうるすぽっと会議室B
前売 4,000円
当日 4,500円
定員 100名
確実なお座席確保のため前売りをご利用下さい。
http://wonder170113.peatix.com



【あかりちゃん#2】HIGE MAX あかりのデス・ロード
https://youtu.be/WVpX-fuN98s

読まずに 聞く 言論出版妨害事件 の 真相
https://youtu.be/BqZgVXDqxUk

(公式)「日本会議ってなに?」講師:高野孟(ジャーナリスト)
https://youtu.be/VJrDCf_FUMs

*******************************************************************
【●】 『日本会議の研究』出版差し止め 著者・菅野完氏「言論統制だ」(田中龍作ジャーナル)
★阿修羅♪ > 投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 07 日
 http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/682.html  


『日本会議の研究』出版差し止め 著者・菅野完氏「言論統制だ」
http://tanakaryusaku.jp/2017/01/00015110
2017年1月7日 00:08 田中龍作ジャーナル



好敵手、相まみえる。日本会議会長の田久保忠衛・杏林大学名誉教授と握手する『日本会議の研究』著者の菅野完氏。=2016年7月、日本外国特派員協会 撮影:筆者=


 「日本会議」という団体名を天下に知らしめた菅野完氏のベストセラー『日本会議の研究』(扶桑社刊)。

 本書に登場した男性が名誉を傷つけられたとして出版差し止めの仮処分申請をしていた件で、東京地裁は6日、版元に出版差し止めを命じた。

 田中は東京地裁の決定について、著者の菅野氏に聞いた。仮に政権に近い者がヘイト本を出し、それに対して誰かが差止めを求めた場合、裁判所は出版差し止めを命じたりするだろうか? これは言論統制の始まりではないのか?

 菅野氏は「言論統制だと思う」と答えた。

 「恐ろしい時代に入ったね」と田中が聞くと、菅野氏はすかさず「そうです」と肯定した。権力者が読まれては困る本は禁書となる時代が到来したのだ。共謀罪が成立すれば、続々と「禁書リスト」が出来上がるようになるだろう。

 「電車に乗る時には、周囲に気をつけて」と田中が忠告すると、菅野氏は「身辺に注意している」と語った。

   ~終わり~

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】オバマ大統領に呼びつけられていた安倍首相の真珠湾慰霊訪問 (天木氏)…?
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 1月 9日(月) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14057 http://天木直人.com/2017/01/08/post-5873/

オバマ大統領に呼びつけられていた安倍首相の真珠湾慰霊訪問

(転載)

 そう思っていたら、発売されたばかりの週刊アエラ(1月16日号)に、ホノルル滞在のフリージャーナリストである津山恵子という記者が、見事にその事を証明する特集記事を書いている。

 真珠湾訪問はオバマ大統領のトランプ包囲網だったと。

 安倍首相はそれにつき合わされたのだと。

 間違いなくこれが真相だろう。

 津山記者はその記事を次のように締めくくっている。

 「・・・オバマ氏が、真珠湾と安倍首相、さらには日米関係を巻き込んで、『平和』と、『和解』を訴えたことは、トランプ氏に侵されない『レガシー(遺産)』作りととらえて間違いない。真珠湾の合同訪問
は、『オバマの世界』のクライマックスでもあり、終幕でもある」と。

(転載以上)


さてさて、天木氏と同様に私も驚きはしました。

が、唐突な真珠湾訪問! しかも、前もって何の予定的な報道も無くて、突然に発表がされました。

その事と、アベに同行したイナダ防衛相が帰国直後に靖国神社に参拝した事が、アベとイナダのオバマへの面従背腹と解釈可能である事。

この二つをもって、アベがオバマから強要された事は考え得る事ではあります。

事の真相は明らかではありませんが、

アベが面従背腹であっても、オバマに従って真珠湾慰霊を行った事は、動かしようはなく、

アベの今後の行動を縛りつけて行くものです。

それにプラスして不気味な出来事として、韓国との間に慰安婦像を巡っての対立が再び激しく巻き起こってきました。

これらの動きは、偶然のものだろうか?

いや、アベ右翼政権を警戒しての国際的包囲網が造られているのではないか? と私は疑っているのです。

アベの動きを封じようとする国際的な動きが存在するのではないか?

しかし、アベは自分を取り巻く国際的動きがトランプ大統領が誕生することにより、自分に不利になりつつあることを自覚していない様子で(本当はどうだか判りませんが)、共謀罪だの日本会議についての本の出版差し止めだのと独裁政権気取りで威張り散らしています。

トランプ大統領就任を待たずして、トランプ氏はメキシコへの自動車工場建設を巡って日本に厳しく要求を語って来ております。

もうすぐに、日本は経済的にも政治的にも苦慮させられることになり、今までの路線の転換を迫られることになるでしょう。

近代日本は司令塔が存在しませんから、右往左往してもたつくでしよう。

自分から路線転換出来ない日本は、追い詰められて仕方なく方向転換してゆくことになるのでは?

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】 悪代官菅は、「共謀罪一般人は対象外」と言うが、安倍や菅の言う事を誰が信じる?(まるこ姫の独り言)
★阿修羅♪ >投稿者 かさっこ地蔵 日時 2017 年 1 月 07 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/699.html
 


http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2017/01/post-ad22.html
2017-01-07


今、「共謀罪」がまた今国会で提出されようとしている。

この法案は、政府が何度も出してきて、政府お得意の拡大解釈
ができ、危険すぎると言う事で廃案になった経緯があるが、また
ぞろ、安倍首相は年頭から、共謀罪を今国会に提出するように
悪代官、菅九官鳥に指示したとされる。

>共謀罪「一般人は対象外」=菅官房長官
                     時事通信 1/6(金) 12:34配信

>菅義偉官房長官は6日の記者会見で、いわゆる「共謀罪」を
創設するための組織犯罪処罰法改正案を20日召集の通常国
会に提出することについて「政府が検討しているのはテロ等準
備罪であり、従前の共謀罪とは別物だ。犯罪の主体を限定す
るなど(要件を絞っているため)一般の方々が対象になることは
あり得ない」と述べ、理解を求めた。 

オリンピックは、悪法成立のための格好の隠れ蓑だ。

共謀罪を、目くらましの為か、テロ等準備罪と名を変えて提出し
ようとしているのが安倍政権で、単純でアホなネトウヨ達は後
先考えることなく、”普通に過ごしてればそもそも公安から目を
つけられることなどない”とのんきそのもので。。。。。

悪代官菅は、国民の懸念に対して、一般人は対象外とは言っ
ているが、この政権は、コメント常連さんの肉山会さんが常に
コメントで危惧しておられるように、”小さく生んで大きく育てる”
そのものの政権で一度成立させると、何をやらかすか分からな
い危険性を持っている。

そしてなんといっても、大嘘付きの安倍首相、そしてどんな不
祥事があっても、”問題ない”で片づける悪代官菅のいう事な
ど誰が信じられるものか。

しかも悪代官は、一般人は対象外というが、誰が一般人とそ
うではない人の区別をつけるのか。

結局、権力を持っている方の判断如何で、政権に批判的な人
間は一般人に認定されないだろう。

私など、最たるものだ。

それこそ、国会前デモにでも参加していたら、一発お縄じゃな
いか?

ネトウヨや安倍政権お得意の、「プロ市民」にされてしまう。

確か、安倍の腰ぎんちゃくの礒崎が、国会前デモを見て「とて
も一般人とは思えません」とツイートしていたのではなかった
か?

これだけ一般国民の権利遂行でさえ色眼鏡で見る集団には、
この法案が成立した日には、○○に刃物で何をされるか分か
ったものではない。

ここは野党もマスメディアも一丸となって、この法案を阻止し
ないと大変な事になる。

数の力で成立させてはならない。

野党は未来の人達の為にも一丸となって頑張って欲しいし、
ゆ党はいらない。

マスメディアも、マスゴミと呼ばれないように一大キャンペー
ンを張るくらいの気概ある行動を起こすべきだ。

この国が明るくなるか息苦しくなるかこの法案にかかっている
と言っても過言ではないのだから。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************

この記事をはてなブックマークに追加

荒川強啓デイ・キャッチ 青木理 「共謀罪、名前を変えて国会再提出へ。その危険性とは!?」2016 08.29

2017年01月08日 | Weblog


1.13FACT01 BF・RK対談予定通り開催されます。
http://ur0.link/AOUb


2017年1月13日(金)
受付 18:45~
開演 19:15
終演 21:30
会場 東池袋@あうるすぽっと会議室B
前売 4,000円
当日 4,500円
定員 100名
確実なお座席確保のため前売りをご利用下さい。
http://wonder170113.peatix.com



荒川強啓デイ・キャッチ 青木理 「共謀罪、名前を変えて国会再提出へ。その危険性とは!?」2016 08.29
https://youtu.be/KylnpvwHSWA



*******************************************************************
【●】不平だけ並べて終りの”沈黙”の怖さ 
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 08 日
 http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/725.html



不平だけ並べて終りの”沈黙”の怖さ
http://79516147.at.webry.info/201701/article_64.html
2017/01/08 11:46 半歩前へⅡ


▼不平だけ並べて終りの”沈黙”の怖さ
 日曜あさのテレビ番組を見て金城和之さんが”沈黙”の危険性についてつぶやいた。年金カットしようが、沖縄を弾圧しようが、何があっても、自分は動かず、傍観する”沈黙”は、カットや弾圧を暗に認めていることで、「加担」しているのと同じだ。

 行動を伴わない、不平だけ並べて終りの”沈黙”の怖さはそこにある。自分で気が付かないうちに、とんでもない政治の「応援団」になっているのである。

 左翼を自称する大半が、グチは言うが自分では何があっても動かず傍観し、”沈黙”し続ける。結果、安倍政権の影の応援団と化している。

 愚か者が、傍観を決め込んでいる自分のことは棚に上げ、世論調査の結果を「マスコミのねつ造だ」と他人に責任転嫁。内閣支持率が高いのは当たり前ではないか。自分たちが応援団だということを忘れている。お笑いだ。

************

金城和之さんの
私のつぶやき:”沈黙”(原文のまま)

これから仕事に出かける前に!
今朝、サンデーモーニングのTV番組を見ていたら…
“沈黙”に関してつぶやいていた。

“沈黙”は、悪である。
これからの人類は、人々が沈黙をしていけば…
人類社会は崩壊の道を進む。
人類は、「言葉」によって発展・成長してきた。
人類の人々が自己都合によって、おかしい社会に
“沈黙”をする人が多くなれば人類社会は誤った
方向へ進む。

日本も世界も「混迷の社会」に突入した。
権力者が間違った方向に進む際、メディアや国民が
それを支持し、広げて行く事でこれまで愚かな道を
歩んできた。

特に、日本社会や日本国民は、その傾向が非常に強い!
日本国民は、”沈黙”が美徳であり、”沈黙”が自分
とって都合の良いものだと思っている人が多い。

この様な”沈黙”は、間違いである!!
これからの混迷した社会において、国民一人一人が
自己都合によって、”沈黙”をすれば取り返しがつ
かない間違った「道」を選ぶことになる。

「言葉」・「メッセージ」を通して、一人一人の国民
が間違った「道」を歩まない様に、互いに協力・団結
をすべきである。

『沈黙』こそが、国を国民を間違った方向に!
進む「道」づくりを作ってしまう『事』を、
国民一人一人が・・・・・
『肝に銘じる!』必要がある。


★詳細はURLをクリックして下さい。


******************************************************************
【●】「財政赤字の累積問題は、高額所得者への累進課税と切っても切れない関係にあるのです」 
   *晴耕雨読  マクロ経済/経済政策
   http://sun.ap.teacup.com/souun/1839.html#readmore

>日本は貧富の差がそれほど激しくない。この程度の貧富の差は有って当然で無ければおかしい。

日本は貧富の差がそれほど激しくはないとおっしゃいますが、本当にそうでしょうか?

日本の貧富の差を考えるにおいては、課税最低限を例にとってみるのがわかり易いと思いますので、それを例に考えてみましょう。

課税最低限というのは、それより少ない所得の場合には税金を納めなくてよいという基準です。

実際の課税最低限はどうなっているでしょうか。給与所得者の場合を例にみてみましょう。

会社勤めの人は、毎年、源泉徴収票というものをもらいます。

支払金額(給与収入)のあとに、所得控除合計額などの数字が並んでいます。

そして、源泉徴収税額があります。

実際に課税されるのは支払金額から各種控除を除いた金額です。

参考記事:
日本はなぜ負債大国になったか

貧乏人からカネを取るよりも、カネ持ちからカネを取るほうが合理的だと思いますが・・・


あなたの問いに対しての回答 投稿者 横レスすまぬ 日時 2002 年 3 月 24 日

330万円までは10%、それを超す部分は900万円まで20%の税率というように、高額になるほど高い税率で計算されます。(累進税率)

給与所得者といっても、単身者、夫婦、障害を持つ家族がいるなどさまざまです。

各種控除もそれに応じて変わるので、課税最低限も一様ではありません。

たとえば、夫婦と子ども二人の場合、各種控除を合計すると、384万2千円になります。これが課税最低限です。

年間給与収入がこれ以下の人の場合、課税所得はゼロになり、税金を払わなくてよいのです。

ところで、年収330万円という金額ですが、これは現在の平均給与水準(約500万円)と比較しても明らかに低水準ですし、この年収で、生計費を払いながら生活をしてゆくのは、現在の日本の実質物価水準から見てもかなり厳しいことが想像できます。

現在の日本の非納税者の数は財務省の試算で約26%にのぼります。つまり、日本人の4人に1人が年収300万円以下で生活をしているのです。これでいったい日本には貧富の差が少ないといえるでしょうか?


>金持ちに対して、今まで以上の高税を課すということには反対します。

歴代政府は低所得者層ほど負担が重くなる消費税を導入し、税率を5%にアップする一方で、高額所得者減税、大企業減税を繰り返したことで所得税、法人税とも激減しています。

最近では、1999年に50%だった所得税の最高税率を37%に引き下げ、法人税の基本税率も30%にしました。

金持ちに対して高税を課す政策を政府は行ってきているのでしょうか?

優遇政策ばかりではないですか?

どこからそういう話が出てきているのですか?


>高額所得者は所得税と住民税を合わせて65パーセントも税金を取られ、健康保険と国民年金も最高額で寄付金も最高額で相続税も最高額で手元に残るのはほんのわずかです。これ以上、税金を高くすれば自分の取り分がなくなってしまいます。彼らは何のために苦労しているのかわからなくなってしまいます。働くことが馬鹿らしくなってきます。これ以上、税金などが高くなったら外国への移住を考えるでしょう。日本は貧乏人しか住めない国になってしまう。

こういう話は現実を知らないか、無視をしているメディアの評論をそのまま鵜呑みにしていることから出てきているのでしょうね。

これは米国を例に考えるのが一番いいと思われますので、それをまた例にとります。

米国は繁栄しているとつい先ごろまではいわれていましたが、なぜ、好況下にもかかわらず、企業が労働者を何千人も解雇していたのですか?

世界最大規模の経済力をほこる米国がなぜ巨額の貿易赤字を抱えているのですか?

なぜ、米国は第二次世界大戦で大負けをしてぼろぼろになった国(日本とドイツ)から何千億ドルも借金をしなくてはならないのですか?

なぜ、80%もの米国人労働者の税引き後実質賃金が1972年より25%も低下してしまったのでしょうか?

多くの米国人は、1950年~1960年代には、家族のうち1人が働ければ、家も車も健康保険も学費もすべて支払った上で、さらに所得の8%を貯蓄に回すことができました。

それがわずか40年たった今、共働きですらこれらすべてを賄うことは借金なしでは出来なくなってしましました。

どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか?

その一方で、残りの20%の労働者はどうなったのでしょか。

1980年代、賃金上昇分全体の64%が最上位1%の労働者の手に渡りました。

この最上位1%の人々は資本利得を含めると90%も所得が増加しています。

企業の最高経営責任者(CEO)の平均給与は、以前は、非管理職労働者の平均給与の35倍だったものが、今や160倍にもなっています。

当然、最上位1%の米国民が所有する資産の集中化は過去最高であり、1949年の21%から40%以上増加しました。

また、過去35年間、米国政府は最高所得者層の所得税率を91%から40%に引き下げましたが、それに対して、低所得者や中間所得者に対して、1980年以降社会保障税を急増させました。

社会保障税は所得階層の上下にかかわらず、課税率が同じなので、その何倍もの収入を得ている高額所得者に比べて所得に占める割合が多くなることは目に見えています。

1972年~1995年までの間に社会保障税利は4.2%から7.65%になっています。

ちなみに売上税(消費税)は3%から7%になっています。

このまま、日本も米国式に金持ち優遇、法人優遇の逆進税を放置しておけば、間違いなくアメリカ並みの資産の集中がおこるでしょうが、あなたはこのような社会を望んでおられるのですか?

それともあなたは優秀だから最上位1%の仲間入りができると確信しているからそれでよいとでもいうのでしょうか。


まあ、それはさておき、この逆進的税制はマクロ経済的にまったく間違った政策であることは断言できます。

そもそもマクロ経済学というものは単純な理論で、資金の循環を止めないようにするにはどうするべきかを考える学問であるからです。

累進課税が経済成長を押し上げ、逆進税がそれを悪化させるのはなぜでしょうか。

先進国の市場経済では、需要が生産活動の中心に位置するからです。

投資、収益、生産高、雇用、財政支出などすべての要素が全需要の2/3以上を占める消費者支出に左右されます。

雇用主が全てを支配する資本主義においては、米国の例でもわかるように、最上位の所得階層の所得上昇率は、最下層のそれを上回る傾向にあります。

しかし、高額所得者の所得に占める消費の割合は、貧困者に比べてはるかに少ないため、消費支出、すなわち需要はそれほど増加せずに、一般に、需要が生産増に追いつかない結果になります。

言い換えると、貧富の差が拡大しているがために、需要が供給に追いつかなくなってしまうのです。

その結果、生産を需要に合わせて引き下げなければならなくなり、当然、経済成長は鈍化してしまうのです。

どのような経済においても、資金の循環は必要不可欠なのです。

それを政府が赤字国債を発行して、わざわざ裕福者層に利息をはらって借りて、取り繕っているのが現在の日本経済の状態なのです。

全需要の2/3を占める一般消費者に課税をかけて、消費の能力をうばい、金持ちを優遇して、金持ちの貯蓄を増やし、さらに一般消費者が消費できなくなったがゆえに大きくなってしまった需給ギャップを穴埋めするために政府が赤字国債を発行して、かわりに消費し、ご丁寧にもその赤字国債を金持ちに買ってもらうことにより、金持ちに対して国が利息もはらっているというのが現実なのです。

これが金持ち優遇税制つまり逆進税をした結果なのです。こんな不健全な経済がいつまでも持つと思いますか?


いいですか、もういちど繰り返します。貧困者はわずかな所得しかしないために、すべての所得を使い切ります。

また、中間所得層は、所得のごく一部を貯蓄し、高額所得者はそれよりもはるかに多くの金額を貯蓄に回します。

したがって、高額所得者の貯蓄が銀行に預金されたままであったり、例えそれが使われたとしても、国債などの金融投機を対象としていたならば、資金の循環が止まってしまうのです。

生産者はいくら豊富に資金の出し手があっても、需要がなければ投資をしないからです。

一般の消費者に資金がゆかなければ需要は伸びません。この資金循環の停止こそが、不況や大恐慌の原因になるのです。

累進税は高額所得者の遊休資金を吸い上げ、それを財政支出など公的支出につかうことをねらったものです。

政府の需要が高額所得者の貯蓄や投資の結果生じる需要の減少分を補っているのです。

こうすることによって、わざわざ赤字国債を発行して需要不足を補う必要はなくなるのです。

だから財政赤字の累積問題は、高額所得者への累進課税と切っても切れない関係にあるのです。

あなたは高額所得者層を優遇することと、財政赤字をこのまま累積させて日本経済を破綻させることとどちらをお望みですか?ということに結局なるのです。
9/3/2


★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】官邸は“してやったり”、国民にとっては最悪・最低の事態。(永田町徒然草)
★阿修羅♪ > 投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 08 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/706.html



官邸は“してやったり”、国民にとっては最悪・最低の事態。
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1831

17年01月07日 永田町徒然草

今年は、4日から仕事という事業所が多かった。白川勝彦法律事務所は、5日が仕事始めであった。もちろん今日も仕事であった。マスコミは3連休、3連休の連呼だ。非正規労働者は、休みが多過ぎると困るのだ。正規労働者は休みの日でも給料が出るが、非正規労働者等は働いた日しか賃金が貰えない。それが現実なのだ。わが国には、そういう人が約3割以上もいることを忘れないで欲しい。

今年の正月は、自宅でのんびりと過ごした。届いた年賀状を見ると、皆さんそれぞれに頑張っている様子が分かる。何か一言が添えられていると、本当に嬉しくなる。やはり年賀状は大事だ、と私は思う。元気でいるうちは、私は年賀状を出すことを続けたいと思っている。天候にも恵まれた正月であった。ご近所の青山学院大学が、箱根駅伝で3連覇した。これも目出度いことであった。

自宅にいて、特にやることがなければ、自然とテレビを見る。正月番組は、嘗(かつ)てはそれなりに面白かったものである。ところが、そういう正月番組に、ひとつもお目にかかれなかった。わが国のテレビ局は、面白い娯楽番組を作る力もなくしたのだ。これは、真面(まとも)なニュース報道番組を作れなくなったことと関連していると思う。どっちが先か、分からない。しかし、頭(トップ)が狂えば、全体が狂ってくるのだ。それが世の中というものだ、と私は思う。

新年になってからのニュース報道番組について言えば、その劣化状態は深刻だ。今年のニュース報道の劣化は、昨年にも増して酷くなるであろう。それも当然のことなのだ。安倍首相は、虎視眈々と解散総選挙を狙っている。そのために、官邸はこれまで以上にニュース報道番組に干渉してくることは明らかだ。わが国のマスコミは、その干渉を介入と意識する危機感さえなくしているのだ。批判精神をなくしたマスコミなど、大本営発表と同じだ。

わが国のマスコミがどう報道しようと、世界はダイナミックに動いている。私はNHK‐BSの“ワールドニュース”でしか、世界のニュースを見ることができない。これとて、かなりのバイアスが掛かっているが、それでも世界の政治の動きはかなり良く見える。本当は、わが国こそ世界から信用されるニュース・報道を発信できる報道機関を持たなければならないのだ。6000億円超の予算を持つNHKは、おカネの面だけから言えば、十分に可能なのであるが…。

政治のニュース報道について言えば、どの局も“トランプ”と“小池都知事”に関することを、異常なウエイトで報じている。わが国の政治にとって、このふたつはそんなに重要なのか。わが国の政治にとっていちばん大事なのは、安倍首相の動静とその政策であろう。多少なりとも政治を知っている者ならば、安倍首相の言動や史上最大規模の予算案など、突っ込みどころ満載である。それを批判するのが、ジャーナリズムの役割である。

第二次安倍政権になってからの4年間で、わが国のマスコミは本当に酷くなってしまった。わが国のマスコミからジャーナリズム精神は全くなくなってしまった。官邸としては、“してやったり”なのであろうが、国民から見たら最悪・最低の事態の到来である。このままで行ったら、わが国は死んでしまう。そういう危機的状況にあることを心ある国民は自覚しなければならない。この続きは、改めて書くことにする。

それではまた。


★詳細はURLをクリックして下さい。








********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/playlists
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************



この記事をはてなブックマークに追加

総統閣下は共謀罪をテロ等組織犯罪準備罪と名前を変えて成立させるつもりです

2017年01月07日 | Weblog


総統閣下は共謀罪をテロ等組織犯罪準備罪と名前を変えて成立させるつもりです
https://youtu.be/uP7k85xOHOU


*七草がゆの作り方
https://youtu.be/aLFFTnYsovM******************************************************************
【●】森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 アベノミクスの終焉(週刊実話)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 05 日
http://www.asyura2.com/16/hasan117/msg/480.html



森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 アベノミクスの終焉
http://wjn.jp/article/detail/5128715/週刊実話 2017年1月5・12日合併号


 財務省が、今年度の税収見積もりを下方修正する方針を決めた。その結果、今年度の税収が7年ぶりに前年度実績(56兆2854億円)を下回ることが確実となった。税収減の最大の原因は、企業業績の低迷から、法人税が振るわないと見込まれるためだ。

 安倍政権が発足した'12年度に43兆円だった税収は、その後、44兆、47兆、54兆、56兆円と、順調に拡大してきた。税収は、毎年のように当初見積もりを上回り、それを原資に補正予算を組んで景気を刺激したことも、経済の好循環を生む原因になった。

 税収が増えた大きな原因は、消費税率の引き上げだが、法人税も税率を大幅に下げたにもかかわらず、'12年度の10兆円から昨年度の12兆円まで、毎年順調に増えてきた。企業収益が大幅に増加していたからだ。

 ところが、その企業収益が減少に転じた。その理由は、二つある。

 一つは、円高の進行だ。'16年年初の為替は、1ドル=120円だった。それが一時期100円割れ寸前まで行った。その結果、輸出関連企業の業績が大幅に悪化してしまったのだ。

 円高の進行の原因は、日銀が追加の量的金融緩和を一度も打てなかったことにある。日銀が400兆円を超える国債を保有するにいたったことにより、買える国債のタマがなくなってしまったのだ。

 国債をどんどん買って、資金供給を増やすというアベノミクスの根幹が限界を迎えたということだ。現時点では、米国の利上げを織り込んでかなり円安に振れているが、トランプ大統領が正式に就任すれば、日本の金融緩和を強くけん制してくるので、再び円高トレンドに戻るだろう。当然、製造業の収益は伸びないことになる。

 企業収益が減少に転じた二つ目の理由は、消費不振だ。10月の「家計調査」によると、物価変動を調整した実質家計消費が、8カ月連続で前年同月を下回った。うるう年調整をすると、事実上14カ月連続のマイナスとなる。

 アベノミクスで経済のパイは大きくなったが、それは企業収益の拡大に回され、労働者には、ほとんど回らなかった。しかも、そこに消費税の引き上げを重ねたのだから、消費が失速するという当然の事が起きたのだ。

 消費税の引き上げ前、多くのエコノミストは、消費不振は3カ月で終わると言っていた。駆け込み需要で買い込んだ日用品や食料品は3カ月で食いつぶすからだ。ところが、'14年4月の消費税率引き上げ後、実質消費は13カ月連続のマイナスとなってしまった。そして、数カ月のプラスを挟んで、また、さらに14カ月連続のマイナスとなっているのだ。

 振り返れば、'97年に消費税率を3%から5%に引き上げた後、日本経済は'15年デフレに突入した。やはり、消費税率の引き上げは、日本経済に壊滅的な悪影響を与えることが、今回、改めて分かったのだ。

 すでに景気後退のリスクが高まっている以上、再びデフレに戻ることを警戒しなければならない。しかし、アベノミクスの根幹である金融緩和が封じられてしまうのだから、やるべきことは、たった一つしかない。それは、消費税率の引き下げだろう。


★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として ネットゲリラ>>>野次馬 (2017年1月 3日 17:57)
http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10396.html


EUが移民・難民で大混乱、というんだが、こういうのは貧しい国から宗主国へと流れるわけだ。ロンドンでウロウロしている黒人やアラブ人は、大英帝国の残滓です。だから日本にも「在日」がいる。そして、今、やたらトンキンでウロウロしている中国人というのも、かつて日本が中国大陸でやらかした悪事の報いw 因果応報w 貧しい国から収奪しないと、先進国は豊かに暮らせない。


2017年は、欧州の未来を占う1年になる。3月のオランダ総選挙を皮切りに、欧州連合(EU)を率いてきたドイツとフランスでそれぞれ総選挙と大統領選が控える。英国はEU離脱に向けて交渉を本格化させる。昨年12月に首相が退陣したイタリアでも、近く総選挙が予想される。各国で広がる「自国第一主義」や「反エリート」のうねりに、欧州統合の理念が試される。
http://www.asahi.com/articles/ASJDX0C5CJDWUHBI048.html


まぁ、今年はロシアがISISをやっつけてシリアを平定してくれるので、シリア難民は全員、送り返せばいい。ロシアは、次にリビア平定に乗り出すらしい。中東はロシアの庭になりますw ロシア流の、強引な平和が訪れます。あのチェチェンだって、今では紛争が止んだ。そういや、ロシアに難民が入って困るという話は聞かないねw 白系ロシア人の昔から、あの国は難民を出す側であって、難民を受け入れる側ではないw 今でもイスラエルに逃げ出すロシア系ユダヤ人、数知れずだw

【国際】試される欧州、統合の理念..."外国人ばかり、うんざり" 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483361564/


アベシンゾーの爺さまは、満州国で「五族共和」を唱えていた。五族というのは、満州人、漢族、朝鮮人、日本人、蒙古人だ。今、アベ自民党がやっているのは、その裏返しw どこが日本を移民に売り渡す国賊政党か? アベ自民ですw


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】「検察庁法の起源」 晴耕雨読 憲法・軍備・安全保障
  http://sun.ap.teacup.com/souun/2702.html#readmore 中島政希 公式ホームページ 政友ネット   検察庁法の起源 から転載します。氏のHPには他にも司法関連の興味深い記事が多くご一読をお勧めします。


〈H22/4/21UP!〉 誠実な刑事局長答弁

 小沢一郎民主党幹事長の政治資金規正法違反捜査をめぐる検察と民主党との抗争は、検察側が小沢氏の不起訴を決定したことで、一応沈静化した。今回の一連の出来事を単なる司法的現象と理解するのは浅薄にすぎるだろう。御厨貴東大教授はいみじくもこう指摘している。

 「検察が政治的動きと無関係に捜査するというのは建前にすぎない。議員の逮捕は国会が始まる直前であり、国会審議を通常の状態では行わせないと検察側が宣言したようなものである。この意味で、検察が先手を打って政治に介入してきたという印象を受ける。つまり小沢氏と検察の対決は、むきだしの権力者同士による政と官の対決と見ることができる」(『中央公論』平成22年3月号)

 私も、これは政治史的に見て、政と官の権力闘争と見るほうが正鵠を得ていると思う。では何故、このような権力闘争が生じたのか。

 今回は、検察庁法の起源をたどることで、この問題を考えていきたい。


 先日、予算委員会の分科会で「検察庁法」の解釈について、法務省の西川刑事局長に聞く機会があった。検事総長も事事務次官も通常は国会答弁には出てこないので、検察関係の問題には刑事局長が責任を持って答えるのが慣例となっている。そこでこういう問答をした。

 まず「検事総長は民間人でもなれるか」との問いには「なれる」と。これは異論のないところだ。続いて「国会議員はなれるか」と聞くと「憲法上排除すべき理由はない」と。これも正しい。国会法上に議員の兼職制限の規定があるが、この改正は前例があるので障害にはならない。問題は「法務大臣と検事総長は兼職が可能か」との問いだ。私は直ちに否定するかと思っていたのだが、刑事局長はこう答えた。

 「検察庁法15条によりますと、検事総長、次長検事、各検事長は一級として、その任免は内閣が行い、天皇がこれを認証するということでございますので、基本的には内閣が決めるということでございますので、内閣がお決めになるということだろうと思っております。」

 内心「ほぉー」という感じだった。西川氏はまじめな刑事局長だな、と至極感心した。私は彼が14条を盾に即否定すると予想していたので意外の感に打たれたのである。  

 検察庁法の15条を主にして解釈すれば、内閣が良しと判断すれば、兼職も不可能ではないということになる。他方、14条を重しとして解釈すると、指揮権を有する法相と被指揮権者である検事総長が同一人で良いかという問題が生ずる。だから私は、西川刑事局長が、15条のみに言及したことを高く評価した。

 議院内閣制の諸国には例があるように、法務大臣が検事総長を兼任することは、検察組織への民主的統制にとって意義あることだ。日本でも検察改革を議論するときに頭から否定するようなことがあってはならない。

 かつて私は、終戦直後の検察庁法制定過程について関心をもち、可能な限りの文書(注)に目を通したのだが、その過程で様々な議論があったことを知った。

 「検事総長はその地位に於て(或は国務大臣として)閣議に列席し、議会に出席し、国会に対して検察につき直接責めに任ずべきものとすること」

 これは昭和21年3月に司法省が管下の諸機関を対象にして意見を徴集した際(臨時司法制度改正準備協議会)の、東京民事地方裁判所のものだ。議院内閣制つまり政党政治の原理からいえばこれが正論だろう。

 司法法制審議会でまとめ役を務めた兼子一らも、検事総長と司法大臣の兼任、検事総長の閣僚化を主張しており、司法法制審議会の最初の会合(昭21・7・12 )では、「司法省を存置する場合、検事総長を司法省の長官とする考えはどうか」と問題提起がなされていた。

 また、その分離が決まった後の「第一次検察庁要綱案」(昭21・7・24)では「検事総長の任命は国会の推薦又は承認を必要とする」とされ、それが司法法制審議会で否定された後も「第二次検察庁法要綱案」(昭21・8・5)で「検事総長は参議院の承認により」と改めて提案されている。

 敗戦後、司法省の少壮官僚たちは、検察の民主化を求める在野の憲法私案やGHQの意向を強く意識してこうした「要綱」を起草したのだが、司法法制審議会に集められた戦前的思考の司法界の大家たちによって、検察へ民主的正当性を付与する条項は次々に削られていった。


戦後検察庁法の思想

 検察庁法制定当時の検察内部の意見は「検察庁は内閣の外に立つ独立機関たるべしという意見が圧倒的だった」(出射義夫『検察の面でみた刑事訴訟法の25年』―『ジュリスト』昭49・1・1 )。彼らは、昭和戦前期の「検察権の独立」の観念に強く支配されていたので、戦後憲法のもとで政党内閣が常態化し、政党出身の司法大臣が検察組織に君臨することを病的に警戒していた。

 他方において、在野には戦前の検察ファッショ復活への警戒感が根強く、また何よりGHQ(占領軍最高司令部)が検察の民主的統制に強い関心を持っている以上、統帥権の独立にも似た検察権の独立を表立って維持することは難しいという判断も、司法省内にはあった。

 そうした政治状況の中で、実際に出来上がった「検察庁法」は、政党出身の司法大臣を容認する代わりに、検事総長の任命には国会の関与を排除し、また司法大臣の監督権限を制限する条項(現14条)を設けて、検察への「一般」的指揮権を認める一方、個々の捜査については検事総長を通じてのみ指揮できる、という妥協案に落ち着いたのだ。

 今もそうだが、当時の検察官僚の政党への不信感、警戒感は相当のものだった。

 「検察庁法の制定される以前には、政治体制が異なっており、多年検察実務の運用になれた検事出身者が検察内部から司法大臣に就任する慣行があったため、内閣の政治力が検察に不当な影響を与えるような考慮は必要なく、したがってかかる規定をおく必要はなかった。…司法大臣の検察に対する指揮権を認めないか、検事総長が司法大臣をかねる制度を設ければ、政党の不当な政治力が検察に影響を及ぼす懸念はなくなるという考慮はないではなかったが、憲法改正草案は内閣総理大臣に国務大臣の任命、罷免の権限を予想していたので、内閣総理大臣が閣僚中に罷免できないものを置くこと、あるいは法務行政について内閣に責任を負わぬ司法大臣を置くことは、明らかに憲法に抵触することであり、実現できないことだと考えた」(最高検察庁中央広報部『検察制度10年の回顧』―『法曹時報』第10巻第1号所収)

 要するに、軍部大臣現役制のような政党内閣に左右されない(国会に責任を負わない)司法大臣ならいいが、憲法上それは無理なので、司法大臣と検事総長を分離したということだ。そこには、司法大臣を政党に取られても検事総長ポストだけは検察官僚で死守するという執念があった。

 「検事出身者が検察内部から司法大臣に就任する慣行」とは、五・一五事件により政党内閣の時代が終焉してからのことである。それまでは、松田正久、原敬、横田千之助、小川平吉など、政党領袖が就任することがめずらしくなかった。
 戦後検察庁法の「思想」は、政党内閣の時代を「否」とし、昭和戦前期の官僚・軍部内閣時代を「可」とするものであったことを知らなければならない。

 言いかえれば、検察庁法は、新憲法の「議院内閣制(政党政治)」の原理と、戦前からの「検察権の独立」論の妥協の産物であり、それ故いずれの論理が優先するかは極めて曖昧に作られている。

 政党にすれば、油断しているとたちまち検察ファッショが息を吹き返してくるかもしれない、逆に検察官僚にすれば、政党からの検察権干犯の危機に常にさらされている、双方がそのように意識せざるを得ないような微妙な均衡の上に成立しているのである。

 なんらかの要因によって、検察庁法の曖昧さに由来するこの微妙な均衡が崩れるとき、大きな政治的抗争に発展することになる。その例が、遠くに造船疑獄、近くに今回の小沢事件があるということだ。


『近代日本の司法権と政党』

 では、「検察権の独立」論とは、何時、如何にして生まれたのか。

 戦前の「裁判所構成法」では、検察組織(検事局)が裁判所に付随するものとされ、裁判所と検事局の人事・行政を統括する司法省の権限は強大なものだった。旧法下の検事局はもともと捜査を担当する機関ではなかったのだが、明治末年の日糖疑獄や大逆事件の捜査を通じて、その政治的影響力を拡大していった。それを主導したのが平沼騏一郎である。
 司法部は、藩閥に代わる統治勢力として成長してきた大正デモクラシー期の政党にとって、「統帥権の独立」を主張する軍部とともに、政党政治確立の前に立ちはだかる胸壁となった。

 三谷太一郎著『近代日本の司法権と政党』(昭44)は、政治的影響力を増す検察勢力と、これを抑制しようと奮闘する原敬の政治指導を描いた日本政党政治史研究の傑作である。

 「司法部は明治40年代から大正前期にかけて、政治的疑獄への積極的介入を通して一個の政治勢力に成長する。…司法部はこの間に官僚閥・軍部・政党とならぶ、いわば第四の政治勢力となる。そしてそれに伴なって、『司法権の独立』は積極的な政治的意味をもつにいたる。平沼を先頭とする検察権の台頭は『司法権の独立』が『検察権の独立』を含むものとして観念せしめるに至る」「『司法権独立』の広義化、あるいは政治化は、昭和期にはいるとますます進行する」

 司法権の独立は検察権の独立へと拡大解釈され、ついには、統帥権の独立に等しい攻撃的政治イデオロギーと化して、帝人事件に象徴される検察ファッショを誘発することとなった。

 大正7年、政友会を率いて初の政党内閣を組織した原敬は、一方において『陪審制度』の導入によって司法部の政治的影響力を抑制しようと図り、自ら司法大臣を兼任してこれを推進し、司法部の利益を代弁する枢密院と果敢に戦った。

 他方で、司法部の実力者平沼騏一郎やその子分の鈴木喜三郎を懐柔することで、司法部を親政党勢力化することを目指した。原内閣は裁判所構成法を改正し、検事総長を親任官とする道を開いた。これによって検事総長の地位は、司法大臣、大審院長と並んだ。それは原が「司法部の熱心なる主張」に応えたものだった(『原敬日記』)。

 「原が日本において、『政党政治』という政治体系を組織するためには、それぞれ『司法権の独立』および『統帥権の独立』によって守られた司法部と軍部をその従属体系として包摂することが必要」だったのである。

 原敬は「憲法政治は多数政治なり」と言った。憲法政治あるいは立憲政治とは、今の言葉で言えば議会制民主主義ということだ。原にとって立憲政治の確立とは、全ての統治機構に政党化を貫徹することに他ならなかった。

 原が目指した、軍部と司法部を政党にとっての非敵対勢力とする企図は、一旦は成功したかにみえた。原敬没後、軍部から田中義一が、司法部から鈴木喜三郎が政友会に入党し、それぞれ総裁となって「政党制そのものを維持する責任を負わされ」。しかし、「彼らは政党制を擁護する一貫した信念と能力を欠いていた」。彼らによってむしろ「政友会は陸軍や親右翼的な平沼系の影響を受けやすくなり、政治的主体性を弱める」結果を招くこととなった。「両者はともに政党制を安定させ定着させる役割を期待されながら、逆に政党制への反乱を誘発する役割を果たしたのである」。

 政友会田中内閣時の昭和3年には、裁判所構成法の抜本的改正が検討され、裁判所法案と検察庁法案が起草された。これは枢密院の反対で結局成立しなかったが、名称も示す通り現行検察庁法の起源となったものである。
司法大臣の権限についてはこう規定されていた。

 「第21条 司法大臣ハ公訴ノ実行ニ付検事ヲ指揮ス
検事総長以外ノ検事ニ対スル指揮ハ検事総長ヲ経由シテ之ヲ為ス、但シ緊急ノ必要アルトキハ此ノ限ニ在ラズ
前項但書ノ規定ニヨリ指揮ヲナシタルトキハ司法大臣ハ検事総長ニ其ノ指揮ヲ為シタル事項ヲ通告ス
第25条 司法大臣ハ検察庁ヲ監督ス」

 戦後検察庁法の司法(法務)大臣の検察への指揮権規定(14条)は、この昭和3年の案より、政党の立場から言えば、後退している。つまり「緊急ノ必要アルトキ」の規定がない。因みに、第二次検察庁法要綱案(昭21・8・5)には、そのまま入っていたのだが削除されたのだ。終戦時の政党の力が弱く、改正案作成が司法省関係者中心に行われた結果だ。

 改正案が起草された昭和3年は、戦前の二大政党交代による政党内閣の全盛期だった。政党の力が相対的に強力であった政治状況を背景とし、検察の独立を企図する司法部と、検察権の抑制をめざす政党との、同床異夢の帰結ともいうべきものであり、また両者の勢力均衡を反映しものとも言えるだろう。

 満州事変以降、政党と、軍部および司法部との力関係は逆転する。統帥権と司法権の猛威の前に政党は息の根を止められ、明治憲法下の日本は破局の淵に追いやられたのである。

認証官の府

 終戦後GHQの強い意向を反映した憲法改正により、司法権の独立は「裁判所の独立」と定義されたため、「裁判所構成法」は改正を余儀なくされ、「裁判所法」と「検察庁法」に分離された。

 検察庁法は 昭和22年3月18日に衆議院で趣旨説明、19日より委員会審議、23日に委員会採決、27日衆議院本会議で可決している。まことに短時間の審議で驚くが、他の憲法付随法案も皆この程度の審議で可決成立している。戦後改革とは、憲法改正自体もそうだが、こういう即製の国会審議で出来上がったものだった。

 したがって、先に述べたごとく、検察庁法と裁判所法の内容は、国会で政党政治家によって議論されたものではなく、司法省内部の議論とGHQ(占領軍最高司令部)との折衝の過程のなかで出来上がったものである。 

 GHQからは、裁判所の司法省からの人事・予算を含む完全独立はもとより、検事の公選制や国民審査、任期制などが提案され、これらを回避したい司法官僚との間で虚々実々の駆け引きが行われた。検事公選制度の代案としてできたのが検察審査会制度だった。

 敗戦により、「検察権の独立」論は公然とは語られなくなったが、実際に出来上がった検察庁法は、検察機構への民主的統制というGHQの指示を巧妙に回避し、「検察権の独立」という検察官僚年来の願望を色濃く反映したものとなった。

 昭和憲法体制下においては、検察機構は行政の一機関であり、会計検査院のように憲法が定める内閣から独立した機関ではない。

 世間では、検察が余りに大きな力を持っているので、現行憲法が検察の権限について規定しているのだと誤解している。しかし、現行憲法が検察について触れているのは、ただ一か所しかない。それも第77条二項に「検察官は最高裁判所の定める規定に従わなければならない」と、ついでのように出てくるだけだ。

 また検察庁法は「憲法附属法」でもない。裁判所法が枢密院の諮詢に付せられたとき(昭22・2・13)、入江俊郎法制局長官はこう断言した。

「裁判所法は裁判所に関する基本的な法律で憲法に附属した法律であるが、検察庁法はそうではない。ひろい意味の行政機関に関する法律で、新憲法に附属する法律ではない。従って検察庁法は枢密院御諮詢の手続きはない」

 それにもかかわらず、検察庁には検事総長以下8名もの認証官が存在する。これら検察庁の認証官は、大使公使のように憲法に具体的な規定がないだけでなく、会計検査官、人事官、公取委員長のように国会の承認人事にもなっていない。憲法の精神に照らして、まことに奇妙なことだ。こういう官庁は他にない。検察庁は、国会から超然とした「認証官の府」として継続しているのである。

 前掲『検察制度10年の回想』には、検事総長以下の幹部検察官が「認証官」になれた経緯が語られている。

 「この着想は極めて機敏に行われたため、総司令部との折衝や法制局との協議は極めて順調に進められた。後において認証官の設置を希望する官庁が少なかったにもかかわらず、その実現を果たし得なかったことを思えば、検察庁法立案にあたった関係者の明敏さには敬意を払わざるを得ない」「総司令部は当初天皇の認証する官というものにそれほど深い関心を持っていなかったもののようであり、その折衝に対しては、さしたる異論もなく承認を与えてくれたのである」

 要するに、認証官の位置づけが定かでなかった憲法制定直後のドサクサに紛れて、また天皇という伝統的権威へのGHQの無理解に付け込んで「機敏」に認証官にしてしまったということだ。

 しかし、この機敏さによって、憲法上の存在でもない検察庁の幹部たちは、国務大臣や最高裁判事と同格の権威をもって日本の統治機構の一角に君臨することを得たのである。


現代に生きる「検察権の独立」論

 以上のように、戦後改革でもっとも変わらなかったものをあげるとしたら検察組織ということになる。「統帥権の独立」は過去のものとなった。しかし「検察権の独立」論は、いまも生き続けている。

 もちろん、検察庁も公然とはそんなことは言わないし、検察庁法の解説書にも、そんなことは書いてない。検察庁法についての解説書というのは数えるほどしかない。現在の一番権威ある解説書は伊藤栄樹(のちの検事総長)が昭和38年に書いた『検察庁法逐条解説』だが、さすがに「検察権の独立」などという言葉は出てこない。

 問題なのは、法務総合研究所が検察職員の研修用として編集している小冊子『検察庁法』である。法務総合研究所は法務省の中の機関であり、毎年「犯罪白書」を作っているところだ。この第2章第2節として「検察権の独立(行政権、立法権との関係)」と、堂々と書かれている。内容は伊藤の解説書の要約だが、見出しを殊更「検察権の独立」としているところが異常だ。日本の検察官は、この本によって、検察庁法を学び、捜査現場に出て行っているのだ。

 「司法権独立の主眼は、司法権の行使を政治的影響から自由にするところにあるといってよい。…刑事司法の公正を期するためには、検察権についても司法権独立の精神を能う限り推及されなければならない」

 「司法権は、裁判権のみならず、検察権をも包含するものとして之を広義に解し、…この広義の司法権を行政権威から独立せしむることが緊要なのであって、検事の公訴権行使が行政的威権に左右せらるるが如きことありては、司法権の独立に動揺を起し、破綻を生ずるにいたるのである」

 前者は法務総合研究所『検察庁法』からの引用であり、後者は三谷太一郎が『近代日本の司法権と政党』に引用した昭和15年の大審院検事佐々波佐次郎の論文である。70年の星霜を隔てても両者の説くところはまったく一致している。検察権の独立論は今も生き続けているのだ。

 佐々波論文を引用した後、三谷太一郎はこう書いている。

 「このように意味内容を拡張した『司法権の独立』は、場合によっては『統帥権の独立』とも同義となりうる政治的イデオロギーとしての性格をもってくる」…「『統帥権の独立』に依拠していわゆる『軍ファッショ』が生まれたように『司法権の独立』に依拠していわゆる『司法ファッショ』が生まれたことは、特定の政治状況の下においては、両者が同一の機能を営む積極的な政治イデオロギーに転化しうる可能性を示唆している。すなわち両者はともに本来防衛的守勢的であったものが攻撃的なものに転化したこと、他からの政治的介入を排除するイデオロギーであっものが、逆に他への政治的介入を正当化するイデオロギーに転化したことにおいて共通性をもつものだといえよう」

 昨年からの小沢一郎氏の政治資金をめぐる検察の捜査は、「現代に生きる検察権の独立論」が、小沢一郎という現状破壊的な政治的個性に触発されて、その本来の防御的性格から攻撃的性格に転化したものだった――というのが、一日本政治史研究家としての私の解釈である。

 そして一人の政党政治家としても、検察権の独立という本来政治介入を排除する論理が、容易に他への政治介入を正当化する論理に転化するということを忘れてはならない、と確信している。それは検察官一人ひとりの正義感や良心を信じていることと矛盾することではない。

 それ故に、政党政治家は、検察官僚の論理に巻き込まれて、検察庁法の改正をタブー視するようなことがあってはならないのである。政党政治家は、検察組織が検察権独立の陥穽に陥らないよう、常に検察庁法の正当性を問い続けなければならない。
 原敬同様、小沢一郎氏もまた、あらゆる統治機構に政党化を貫徹することを議会制民主主義の完成と信じているかのようである。私はそれを間違ったことだとは思っていない。しかしそれは、自らを政争の局外にあると自負している官僚機構(検察庁、宮内庁、内閣法制局など)と深刻な軋轢を生み出すこととなる。その意味では、政党化の貫徹を正義と信ずる小沢氏の軌跡は、原敬のそれによく似ているのである。

 ただし、原敬がその死後に残したものは、私産ではなく、浩瀚な『原敬日記』のみだったことは特筆しておかねばならないだろう。

(平成22年4月17日 中島政希 記)

注) 司法省内の議論(司法法制審議会の議事等)については、内藤頼博『終戦時の司法制度改革の経過』が詳しい。GHQとの折衝経過については、外務省文書『検事に対する国民審査に関する会談録』などが公開されている。

----------------------
プロフィール(氏のHPから)
 中島 政希(なかじま・まさき)略歴

★昭和28年(1953年)生れ、56歳。
高崎市立東小学校、高崎市立第二中学校、群馬県立高崎高等学校卒業。
早稲田大学大学院法学研究科修了、法学修士(政治外交史専攻)。

早大大学院では、政治外交史を専攻。研究者としても将来を嘱望されていた。

故石田博英元労相政策秘書、田中秀征元経済企画庁長官政策秘書、国務大臣政務秘書官を歴任。
国務大臣秘書官として執務する。経済企画庁大臣室にて。(平成8年1月)
オランダで開かれた「花の万博」日本代表として出席した石田元労相とともに。
(昭和57年5月)

民主党の創設に尽力し、鳩山由紀夫氏の信頼も厚い。

★群馬県内では、さきがけ群馬代表を経て、民主党群馬を創立、
初代代表を務めるなど、県内における新党運動を終始リードしてきた。

★『プロジェクト2010』『シンクネットセンター』など、旧民主党系シンクタンクの運営と研究に関わり、党の長期政策の立案に貢献。

鳩山氏の憲法試案の草案づくりに携わった。

旧民主党のシンクタンク「プロジェクト2010」の責任者として民主党の長期政策立案に貢献。鳩山、菅両氏らとともに。(平成10年2月)

★家族は朗子夫人と一男一女。高崎市江木町に在住。

家庭では一男一女の父。趣味は日本政治史研究と
観世流の謡曲。正月には父子で「仕舞」を舞う。
(平成10年1月)

★現在、衆議院議員、民主党群馬県連会長代行・地域政策本部長、民主党衆議院北関東ブロック比例区第1総支部長、NPO法人 公共政策研究所 理事長。
2010/6/24

★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/playlists
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************



この記事をはてなブックマークに追加

【老いるショック】高齢者の貧困~年金だけじゃ足りない もみじ台団地~ 2015年9月28日放送

2017年01月06日 | Weblog


【老いるショック】高齢者の貧困~年金だけじゃ足りない もみじ台団地~ 2015年9月28日放送https://youtu.be/cj4rK5SFunM


*******************************************************************
【●】物価はインフレ 賃金はデフレ ネットゲリラ>>>野次馬 (2017年1月 4日 23:22)
http://my.shadowcity.jp/2017/01/post-10402.html

PK2016020902100031_size0.jpg

上の図を見れば一目瞭然なんだが、売国奴アベシンゾーが首相になって以来、国民にとって良い事はひとつもなかった。民主党政権、それも鳩山首相でわずかに向上しただけ。二十一世紀に入って、首相として合格点をつけられるのは、鳩山由紀夫だけだ。数字を見れば、一目瞭然w それを認めてないのは、本人だけですw


首相、デフレ脱却に意欲 「わくわくする日本に」
http://sp.kahoku.co.jp/naigainews/201701/2017010101000996.html

 安倍晋三首相は1日放送のニッポン放送ラジオ番組で、デフレからの脱却に改めて意欲を示した。
「デフレだとわくわくしない。わくわくする日本をつくることが今年のテーマだ」と述べた。番組は昨年12月21日に収録された。

自画自賛以外に、この知恵遅れを擁護する意見が皆無、というのもアタリマエなんだが、なんせあちこちカネを撒いてテンプレに沿った自画自賛の絶賛を書き込ませているので、みんな「オカシイなぁ」と思いながらも、「オレ以外はみんな、アベノミクスの恩恵でウハウハなんだろうか」と諦めているw 


【社会】安倍首相「デフレだとわくわくしない。わくわくする日本をつくることが今年のテーマだ」、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。-----------------------
する訳ない
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483514968/-100

アメリカも、アベシンゾー並みの知恵遅れが大統領になったので、これからの4年間はゆるやかに低下していくと思う。株価も空前絶後の大暴落が来るだろう。アホがトップになる「民主主義」を、中国人がせせら笑ってますw アメリカがメキシコから工場を引き揚げれば、むしろ不法移民が急増する。アタリマエだ。食えなくなるんだからw つうか、隣の国なのに、今までメキシコの面倒を見てやらないから、メキシコは未だにあんなです。日本人はあの朝鮮ですら、面倒見て、ここまで育ててやった。台湾や韓国が今、先進国の仲間入りするほど成長したというのは、日本の残した遺産です。アメリカは、結局メキシコを育てられなかった。これからも育てる気はない。

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】藤原直哉のインターネット放送局

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2017年1月4日 2017年を考える
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/2017142017-7a8d.html



藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2017年1月4日 まず仕事ができるようになろう
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2017/01/201714-5206.html


★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】おい、手順が違うじゃねーか、このバカ! 
★阿修羅♪ > 投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 04 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/550.html



おい、手順が違うじゃねーか、このバカ!
http://79516147.at.webry.info/201701/article_31.html
2017/01/03 23:58 半歩前へⅡ


▼おい、手順が違うじゃねーか、このバカ!
 こんなに余裕があるなら安倍晋三は、大火に襲われ糸魚川大火の被災者の見舞いに行くべきだ。戦後の歴史に残る大火が町を舐めた。多くの人が、正月を前に自宅も商売も失った。

 こっちの方が映画見物やゴルフより先ではないか。遊ぶ暇があったらお見舞いに行って来いこのバカ。

ゴルフ、映画、グルメ三昧はここをクリック
http://79516147.at.webry.info/201701/article_25.html

もしかして 1泊100万円に泊まってんのか?! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/531.html


<安倍首相>早期解散「ない、ない」 神奈川のゴルフ場で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000018-mai-pol
毎日新聞 1/2(月) 18:24配信

 安倍晋三首相は2日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で、経団連の榊原定征会長ら財界人と今年初めてのゴルフを楽しんだ。記者団に「幸先の良いゴルフになってますよ」と語った。また、早期の衆院解散・総選挙の可能性について問われると、笑いながら「ない、ない」と否定した。

 首相は1日は、夫人の昭恵さん、岸信夫副外相ら親族と映画「海賊とよばれた男」を鑑賞。3日までは休み、4日に伊勢神宮を参拝して年頭の記者会見に臨む。【真野敏幸】


安倍首相が静養終える=4日から公務再開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000037-jij-pol時事通信 1/3(火) 17:30配信

 安倍晋三首相は3日午後、東京・富ケ谷の私邸に戻り、昨年12月29日から続けていた都内のホテルでの静養を終えた。

 首相は冬休み中、趣味のゴルフや映画観賞を楽しみ、英気を養った。3日午前はホテル周辺を昭恵夫人と散歩し、通行人に記念写真を求められると笑顔で応じ、十分にリフレッシュした様子だった。

 4日は公務を再開し、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝、年頭の記者会見に臨む。


★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/playlists
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************



この記事をはてなブックマークに追加

奨学金問題返したくても返せない

2017年01月02日 | Weblog



2017年1月7日(土)RK「白銀舞う」札幌講演会のお知らせ

日時:14:00~16:00
場所:かでる27 北海道立道民活動センター10階 1030会議室http://homepage.kaderu27.or.jp/〒060-0002札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
電話 011-204-5100
交通
・ JR札幌駅南口:徒歩13分
・ 地下鉄
さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分
大通駅(2番出口)   :徒歩11分
西11丁目駅(4番出口) :徒歩11分
・ JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りくださ
い)1番出口:徒歩4分
テーマ:「99%が地球の主人公になる!」


1月15日(日)RK横浜講演会

時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ3階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。

以後の予定は調整中です。

●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou


c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




レイバーネットTV第83号「まるでアリ地獄? 奨学金問題を考える」
https://youtu.be/eGo8JIpoZZ4


奨学金問題返したくても返せない
https://youtu.be/iW_b8aML7JM

*******************************************************************
【●】室井佑月「愛国者ってどういう人?」〈週刊朝日〉 ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 31 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/439.html


米軍の輸送機オスプレイが“不時着”し大破した事故を論じるマスコミについて、室井佑月氏が持論を展開(※写真はイメージ)


室井佑月「愛国者ってどういう人?」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161229-00000040-sasahi-soci週刊朝日  2017年1月6‐13日号


 作家・室井佑月氏は、米軍の輸送機オスプレイが“不時着”し大破した事故を論じるマスコミについて、持論を展開する。

*  *  * 
12月13日の夜、米軍のオスプレイが沖縄県名護市沖に墜落した。15日付の毎日新聞によると、

<沖縄県の安慶田(あげた)光男副知事は14日、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官に直接抗議した。安慶田副知事によると、ニコルソン氏は「パイロットは住宅や住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」などと述べ、抗議に不満を示したという。

 安慶田副知事はニコルソン氏に、オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める抗議文を手渡した。これに対し、ニコルソン氏は「政治問題にするのか」と言い、怒りが収まらない様子だったという>

 普段、あたしの発言に「売国」だとかなんだとか執拗にいちゃもんをつけている「自称愛国者」の人たちは、こういうことをどう思うんだろう。こういうときこそ、文句やクレームをつけるべきなんじゃないの?

 てか、そういう人たちを相手にして、視聴率やヒット回数を伸ばしているメディアの人たちは、もうそろそろ恥ずかしいと思ったほうがいい。

 たぶん、メディアの人たちのほうが悪なのよ。完全にすっとぼけだもん。

 その発言があった翌日の15日、テレビの時事ネタは、ずーっとロシアのプーチン大統領について。

 プーチンさんが2時間半遅刻し、まだまだ来ないとわかってもなお、朝から山口の旅館前を実況中継。繰り返し、繰り返し。

 それって意味があるのかしら? 在沖縄米軍トップのニコルソンさんの暴言を取り上げ、オスプレイの危険性や、沖縄に基地を押し付ける意味、理不尽な日米地位協定などについての特集を組めばいいのに。

 ちゅうか、とことん腐っているのな。15日の沖縄タイムスに、「事故は『墜落』か『不時着』か 米軍は機体大破でも『墜落』使わず」という記事が載っていた。

 米軍が使っちゃダメと言ったからかね? 大手新聞もテレビのニュースもみんな「不時着」という言葉に統一されていた。

 機体が大破していても、不時着。事故を大したことにしたくないからだろう。

 これから佐賀県でも千葉県の木更津でもオスプレイは飛ぶことになる。人々の考えるきっかけを奪おうとするメディアは、もうメディアの体をなしていない。

 カジノ法案についてもきちんと報道している? なぜ、この国の刑法は賭博を禁止しているのか?

 12月2日、国会の中で質問されて、法務省の人がはっきり答えていた。

「勤労の美風を害するばかりでなく、副次的な犯罪を誘発し、さらに国民経済の機能に重大な障害を与える恐れすらある」

 わかりやすい。ワイドショーなど、ボードでも取り上げやすいと思うが。

 ま、政府が右と言うことを左と言うわけにはいかないのね、きっと。

 あたしは政府が間違ったことをしていたら、間違ってると言えるのが愛国者だと思うけど。


★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】平成天皇の御時世下を陛下御在位の時を共有して生きて想うこと。陛下は御苦労だけを生きられたのか?
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 1月 2日(月) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14056


昭和天皇の時代を生きられた方が語っていた言葉を思い出す。

「陛下(昭和天皇)は御苦労だけを生きられた」

私は戦後の早い時期の生まれであり、昭和天皇の御在位の時期を生きた時間の方が長いのです。

が、しかし、平成天皇には強い思い入れがあります。

それは、昭和天皇の崩御から平成天皇の践祚の時期に、ほぼ天皇の意義を認識し始めたからでもあり、

さらに、それにより平成天皇と共に歩んでいる想いが芽生え、陛下をお慕いさせて頂いて生きて来ているのですが、

それにより、

陛下は、御在所である日本国の国難に心を悩まされただけでなく、この国難が払拭される日の目を見られる事無く、先の事を御心配されつつ、御高齢により、今まで守り切って来られた古き時代からの「天皇の座」を途切れさせる事無く、正常な機能を確保しつつ運行を継続させるために、生前退位により壮年天皇に受け継がせる方法を模索せざるを得ない時にまで至られたのです。

このことが、私の目には痛ましく(天皇御自身の想いはもっと高度でありましょうが)、国民の一人として、誠に申し訳なく、不甲斐ない日本国民の有様を国民の同胞として、陛下に陳謝申し上げたくて堪らない気分で毎日を生きています。

今上天皇が天皇の座に就かれた時、私は、漠然とこう思ったのです。

「今上陛下の御在位の間には、日本も米国の支配を脱して経済的にも政治的にも独り立ちする端緒を掴んで雄々しく歩みだすだろう」

そう、漠然とです。

しかし、結果は裏切られたものだった。私の認識は主観的で甘かった。私の頭で日本を見ていた。日本は私ではなかった。

陛下が天皇の座に就かれた御年齢が高かった(このことが生前退位の動機の一つにもなっているでしょう)事もあり、空しく時は流れて、直前の不動産総量規制から空しく日本経済はバブル崩壊から立ち直る事無く、最悪の空洞右翼アベ政権による対米売国経済政治政策による日本破壊テロリズムが吹き上げる最低最悪の事態を迎えて、

+原発爆発だ。これも常々、周りに原発廃棄を訴えて来ていたが、誰もが怪訝な表情を浮かべるだけだった。

政治的に全く訓練されておらず、戦前には優秀有能な兵隊としてのみ訓練された強兵にして弱民として育て上げられた日本国民は、国を運営する知力と行動力を持たず、

空しく、平成の28年間をバブル崩壊から引きずり、ようやく、米国のトランプ政権の誕生により、若葉の芽生える条件を国際情勢から外部から提供されるに至ったのです。

私の漠然とした想い、平成の御代に日本は立ち上がるだろう、との想いは見事に裏切られ外されたが、

それにより、私の日本社会観と日本社会の由来としての日本歴史観は鍛えられたのです。

指揮官は不在でも世界最優秀の日本兵、将校よりも将軍よりも兵隊が優秀。

でも、兵隊は情勢判断はできない。判断力は幼稚園レベルだ。家畜やペットと変わらない。

これ、日本人の在り方そのものでしょう。

戦後は、経済界のトップが跡継ぎだけで、又は学歴卒業証書だけで学力無しの阿呆達でも、中卒・高卒・三流大卒の現場労働者勤労者が兵隊・下士官として優秀だから、保たれて来たのが日本社会なんだ。

兵隊・下士官には情勢判断が出来ない。

日本に将校や将軍や貴族は居ない。

従って、天皇は孤立し、兵隊や下士官の労働者・勤労者は路頭に迷う。

阿呆の経済政治トッ屁は、無駄飯食って痴呆症を患う。

この事態を招いた日本近代の思想的行動的病巣を摘出できたのは成果ではあったが、

しかし、陛下に対しての、まことに申し訳ない気持ちを消し去る事は不可能だ。

今上陛下の最後の最後のウルトラ大回転である生前御退位により、明治以来の日本近代史における天皇利用の歴史に終止符が打たれることを切に願い、その日の来たんことを、その日を迎える日に接する事を切に願って、今後の毎日を生きんと決意しています。

平成天皇と皇后陛下、ご苦労様でございます。お許しくださいませ。いや、御存分に。

二日には一般参賀に御出ましでしょうが、御口を封じられたとか。

愚かな不忠の逆賊共は、相応の運命を招くことは免れないのが哀れであります。


★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】「「xxさんは会社のために命を捧げて下さった。会社の守護神として祀らせていただきます
:想田和弘氏」 晴耕雨読 2016/12/31 天皇と近代日本
http://sun.ap.teacup.com/souun/21393.html#readmore

https://twitter.com/KazuhiroSoda

安倍晋三は「大東亜戦争」はアジア解放のための聖戦だったと言う歴史改ざん主義者(靖国史観)なので、本来ならば真珠湾など参るわけにはいかない。

しかし宗主国との関係から参ることになってしまったので、稲田に靖国参拝させたのだと思う。

つまりアクセルとブレーキを同時に踏んで取り繕ったつもり。

アジア太平洋戦争で亡くなった日本兵230万人のうち、6割は餓死したといわれる。

靖国神社は彼らを慰霊するのではなく、国を守った「神」として称揚し祀る施設。

現代の政治家が靖国を参拝するのは、食料もないのに兵士を戦地へ送り見殺しにした日本政府の無能と犯罪を覆い隠す行為である。

戦死した兵士を「国のために死んだ英雄」として称揚する行為は、米国でも盛んだ。

イラクなどで戦死した兵士は「英雄」として讃えられるが、そんな光景をみると違和感を覚える。

なぜなら彼らを讃えることで、戦地に送った政治家の罪が棚上げされてしまうから。

彼らはそもそも死ぬ必要などなかった。

考えたくもないことだが、これから日本でも自衛隊員が戦死した際には、国のために殉じた「英雄」として讃えられることになると思う。

そして讃えない人間は「反日」として非難されるであろう。

それは自衛隊員を戦地に送った政治家にとっては、実に都合がよい。

みなさんに覚えておいてほしい。

>曽我逸郎 自己犠牲を強いられた人たちを顕彰するのではなく、自己犠牲を強いた連中を糾弾すべき 

>盛田隆二 僕の亡父は通信兵として中国に出征し、中隊166名が凍死した厳寒期の夜行軍から奇跡的に生き延びた。「戦友は無謀な大陸打通作戦の犠牲になった」と父はよく言っていた。国に命を捧げた訳ではない。 稲田防衛相「今の平和な日本は、国のために命をささげられた方々の尊い命の積み重ねの上にある」


>クリエネ もう、国家が戦争に突き進んで兵士や民衆を見殺しにしたり捨石にしたことを「戦争に命を捧げた」と都合よく解釈することはやめようよ。彼らは国家に殺されたんだ。

>M城 J壱 「国のために命をささげた」という言い方は、生者の身勝手極まりない解釈…もとい捻じ曲げた認識であり、対外的には「死者を讃える」という形に見せながら、その実敬意と悼みを欠いた不遜な態度だと思います。

家族が過労死させられた時に、会社の上司がやってきて「xxさんは会社のために命を捧げて下さった。会社の守護神として祀らせていただきます」なんて抜かしたらどう思うか。

靖国神社では単位が会社ではなく国である点が異なるが、基本的にはそれと全く同じことが起きている。

>マッキ世も末 稲田、軍需関連株20,000株以上って、これって軍事企業からのワイロじゃないの? 自分で戦争プロモートして軍事株で儲ける。極悪人だな(笑)で、「日本だけが高い道徳性と倫理観で世界から信頼されうる」って、そら笑われて当然。だから自衛隊の派遣が決まった時あんなに嬉しそうだったんだな。



★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************


この記事をはてなブックマークに追加

8月14日東芝粉飾決算から見えること 森永卓郎

2017年01月01日 | Weblog


1月15日(日)RK横浜講演会

時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ3階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。

以後の予定は調整中です。



●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
● c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




8月14日東芝粉飾決算から見えること 森永卓郎
https://youtu.be/2X6arqqmioM

*******************************************************************
【●】「【社長が代わっても「隠す文化」から抜け出せない東芝】
:郷原信郎氏」 晴耕雨読 2016/12/31 その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/21385.html#readmore

https://twitter.com/nobuogohara

【社長が代わっても「隠す文化」から抜け出せない東芝】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ https://t.co/OpKiQOIlSe

>Satoshi Ogasawara本誌スクープの経緯も含め、引用していただきました。ありがとうございます。

>BLOGOS編集部【東芝の「隠す文化」】"収益回復の見込みを前提に、最安値155円から反騰し、475円まで買われていた東芝株は、12月27日、28日と、連続ストップ安で311円まで売られている。"https://t.co/LTze6oSSSN

ーーーーーーーーーーーーーーーー
https://t.co/OpKiQOIlSe社長が代わっても「隠す文化」から抜け出せない東芝
投稿日: 2016年12月28日 投稿者: nobuogohara

東芝が、原発事業で数千億円の損失を出す見込みとなり、今期(2017年3月期)の決算が最終赤字になる可能性が高まったと報じられている。

今年3月に、原発事業で約2500億円の減損を行って損失処理を行う一方、医療機器子会社をキャノンに約6655億円で売却して財務体質を強化し、その資金を好調な半導体事業の投資に回した。その半導体部門の好調等で、今期は1450億円の黒字に急回復する見込みを公表していた。

それが、一転して、巨額の損失を出し最終赤字に転落する可能性が高まったというのだ。収益回復の見込みを前提に、最安値155円から反騰し、475円まで買われていた東芝株は、12月27日、28日と、連続ストップ安で311円まで売られている。

東芝会計不祥事追及で独走してきた日経ビジネスのオンライン記事(NBO)【東芝、原発事業で陥った新たな泥沼】によると、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が2015年末に買収し、子会社化した米CB&Iストーン・アンド・ウェブスター(S&W)について、 買収後にWHがS&Wの経営状況を見直したところ、原発の建設プロジェクトなどでコスト超過が判明。資材や人件費などが想定よりも大幅に増え、その結果、S&Wの資産価値が当初の想定から大きく下がり、多額の損失計上が必要だと判断したとのことである。

2006年に約6000億円を投じてWHを買収し、買収価格とWHの純資産との差額、約3500億円の「のれん」を計上していた。買収後、リーマンショックや原発事故などで経営環境が激変したのに、一貫して「原子力事業は好調」と説明し、巨額ののれん計上を正当化してきた東芝だったが、16年3月期の2500億円に続いて、17年3月期でも数千億円の損失を計上することで、会計不祥事表面化後にも続けていた説明が全く誤りであったことが示されたことになる。

上記NBO記事では、東芝の子会社WHがS&Wの買収を決断した理由に関して、以下のように述べている。

原発建設の現場では「コストオーバーラン」が深刻な問題になっていた。WHは米国内で4基の原発を建設していたが、規制強化による安全対策や工事の遅延などでコストが増大し、事前の見積り額を超過するようになったのだ。発注元の米電力会社はWHに超過分のコスト負担を求め、一部は訴訟に発展。工事を担当するCB&IとWHとの間でも、負担割合などをめぐって争いになっていた。こうした係争が深刻化して損失計上を迫られれば、WHの収益計画を見直さざるを得なくなる。すると、のれんの減損処理が現実味を帯びる。こうした事態を回避するために、東芝はS&Wを買収することで関係を整理することにした。

(中略)

つまりS&Wを買収することが、電力会社との関係を修復する条件だったのだ。前述の東芝関係者は「S&Wを買収しなければ、WHは2015年中に減損処理に追い込まれていたかもしれない。資産査定などの時間は限られていたが決断せざるを得なかった」と振り返る。

そのような事情から、東芝がS&W買収・子会社化を発表したのは2015年10月28日だった。その直後の11月に、日経ビジネスが、(【スクープ 東芝、米原発赤字も隠蔽 内部資料で判明した米ウエスチングハウスの巨額減損】【スクープ 東芝、室町社長にも送られた謀議メール 巨額減損問題、第三者委の調査は“出来レース”だった】)等のスクープ記事を連発した。それによって、第三者委員会発足前に、当時の東芝執行部が、米ウエスチングハウスの減損問題を委員会への調査委嘱事項から外すことを画策し、その東芝執行部の意向が、東芝の顧問である法律事務所から第三者委員会の委員の弁護士に伝えられ、原発事業をめぐる問題が第三者委員会の調査対象から除外されたことが明らかになった。しかも、その中で、当時の田中社長が、社内メールで「今回の課題は原子力事業の工事進行案件と初物案件(ETCなど)であって、それ以外は特に問題がないという論理の組み立てが必要だ。そうでなければ、会社の体質、組織的な問題に発展する。」と述べていたことも明らかになった。東芝内部者からの告発によると思われるスクープ記事で、問題の本質の隠ぺいの事実が否定できない事態に追い込まれていったのとほぼ同じ時期に、東芝執行部は、S&W買収によってWHの減損処理を必死に先送りしようとしていたのである。

今回、原子力事業で更なる巨額の減損の見通しが明らかになったことで、東芝の再建は極めて厳しい状況に追い込まれることとなった。債務超過を免れるための資本の増強も検討されているようだが、特設注意市場銘柄に指定され、12月19日に、その期間が来年3月まで延長された東芝は、公募増資を行うことは困難で、金融機関に支援を求めても、主力事業の二つのうちの原発事業が巨額の損失を出し、現時点では好調な半導体事業も、巨額の投資を継続しないと競争に取り残されかねない、というのでは、金融機関が資本増強や巨額の融資に応じることは常識的には困難だろう。2日間の株価の暴落も、そのような惨状を見越してのものといえる。

今回の突然の巨額損失の公表に関して、16年3月期決算の段階で、正確な金額は確定できなくても、損失の発生の可能性を何らかの形で決算に反映させられなかったのかという点は、会計処理上の問題として検討する必要があろう。また、会計処理として問題がなかったとしても、17年3月期で黒字転換の業績見通しを公表していたのに、一転して巨額の損失を計上して赤字転落の見通しになったことで、投資家、株主の利益を著しく損なったことは事実であり、今回の問題も、広い意味での「東芝会計不祥事の続篇」と言うべきだろう。

そして、今回、明らかになったことは、結局、東芝という企業は、社長が誰に代わっても、「隠す文化」の組織的体質から脱却できないということだ。綱川智社長は、会見で、「コストを見積もったのが10月初めでWHが再び資料をチェックして報告したのが12月初め。私は今月半ばに報告を受けた。」と述べたという(日経)。会社の屋台骨を揺るがすほどの事態が生じているのに、最近までそれを知らなかったと強弁してはばからないというのが、東芝の社長が歴代共有してきた特質のようだ。

先月、一連の東芝会計不祥事の追及で、誌上で内部告発の募集まで行ってスクープ記事を連発し、独走してきた日経ビジネス誌から、12月19日号で特集する「次代を創る100人」のうちの1人の東芝の綱川社長について、記事の執筆依頼が来た。これまで東芝を徹底批判してきた私が同社の現社長についてコメントするとすれば、極めて厳しい内容になるのは当然だ。それでも良いのかと聞いたら、「構わない」とのこと。以下は、私が寄稿した綱川社長についての記事の全文だ。

2017年は、東芝が本当に変わることができるか試される1年になる。会計不祥事では、「偽りの第三者委員会」を使って問題の本質を覆い隠したので、結局、抜本的な改革はできず、組織にしみついた「隠す文化」は変わっていないのではないか。

多くの企業不祥事に弁護士として関わってきたが、教訓として活かしていく企業と忘れ去ろうとする企業の二つに分かれる。2007年に一連の食品不祥事で危機的事態に陥った不二家は前者だ。不祥事を風化させず、取組みを継続していくため、「食品安全の日」を設け、毎年、社員全員による行事を開催している。これまでの対応を見ると東芝は後者の典型のように思える。ブランドと信頼を失墜させた不祥事を次の世代へと語り継いでいくことは経営陣の責務でもある。

創業141年、培ってきた技術の底力を活かすためには、組織を根底から変える姿勢を世の中に見せることが不可欠だ。

発売後に送られてきた同誌を見ると、他の99人についての記事は、ほとんど例外なく、賞賛と期待に埋め尽くされており、まさに「次代を創る100人」に相応しい。その中で、私が書いた綱川社長に関する記事だけが、異彩を放っている。

日経ビジネス編集部は、今回の原発事業での巨額損失公表を見通していたわけではないだろう。それにしても、同誌の徹底した東芝批判の報道姿勢には、改めて驚嘆させられる。


★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】 電通がおかしい 投稿者:風太 投稿日:2016年12月31日(土)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14053

電通のブラック企業ぶりは今に始まったことではありません。

今から40年以上も前の1971年には、「電通公害論」 猪野健治著が出ているくらいです。

ところがここにきて急に電通がマスコミ各社の総攻撃を受けている。

ついには社長が辞任に追い込められた。

私はどうにもこの流れが不可思議でならないのです。

あの電通がこんなにもマスコミの総攻撃を受けて社長が辞任に追い込められるなど、本来ありえないことです。

この裏には、マスコミ各社をすでに手中に収めた官邸による最後の仕上げとして、電通がターゲットにされている様な気がしてならない。

新聞各社とテレビの東京キー局をすでに抑えている官邸は、ここで広告代理店の電通を抑え込むことで言論統制が完成するのです。

なにやらこの妙にまともな一連の動きの背後で、とてつもなく大きな動きが起こっているような気がしてなりません。

要警戒です。




★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】「【稲田防衛相の支離滅裂が世界を騒がす
:金子勝氏」 晴耕雨読 2016/12/31 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/21389.html#readmore

https://twitter.com/masaru_kaneko

【支離滅裂な茶番】稲田防衛相が真珠湾での「和解」の直後、A級戦犯を合祀する靖国神社を参拝。

米国へはポチになり、植民地化した中国や韓国へは侵略OKということか。

この無責任が、政官財のリーダーが責任取らない「失われた20年」を生んだのだ。https://t.co/la6KUtJdS3

【稲田防衛相の支離滅裂が世界を騒がす】海外メディアは、真珠湾訪問翌日の稲田防衛相の靖国参拝をどんどん報じ、問題にしています。

まずロイターhttps://goo.gl/HkXGkt とニューヨークタイムズ紙 ウォールストリートジャーナル紙https://goo.gl/CLNXHA タイムズ・オブ・インデア紙https://goo.gl/Q1MGyR 英ガ-ディアン紙https://goo.gl/u7Ougv も。

稲田氏は極右として有名だ。

【無責任と失敗を隠すのに必死】東証株価は、東芝の原発損失拡大を引き金に下落し、それを日銀がETF1日742億円で買い支えようとする官製相場。

斜陽の原子力産業にのめり込む失敗を日銀の金融緩和でごまかす、アベノミクスの持続不可能を象徴。https://t.co/ezplU7t2K2

【中毒症状】佐賀県知事が、核のごみ受け入れる最終処分場建設に反対の意向を表明したが、玄海町長は、使用済み核燃料税を課して税収を稼ぎ、最終処分場をも受け入れる姿勢。

カジノと同じ、周りへの影響など考えない原発ギャンブル依存症です。https://t.co/L8erKrqcR1

本日15時過ぎに文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」に出ます。

今年最後ですが、政治も経済も深刻な劣化が進んだ。

愚かしい政治に疑問をはさまないようにと報じるメディアの劣化もひどい。

内心忸怩たる思いを持つ人たちもいる。

楽天的でいきたい。https://goo.gl/oAnuC

ちなみに12月23日の放送分は休日だったためアップが遅れてすみませんでした。

ポドキャストで聞けます。

福島原発事故の責任をとらないまま、すべてネジを巻き戻すかのようになっており、一億総懺悔で負担を国民に押しつけることに怒っています。https://goo.gl/29kfL


★詳細はURLをクリックして下さい。
********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************

この記事をはてなブックマークに追加

クロース?アッフ?現代 ワーキンク?フ?ア:アメリカからの警告

2016年12月31日 | Weblog




1月15日(日)RK横浜講演会

時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ3階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。

以後の予定は調整中です。



●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
● c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




クロース?アッフ?現代 ワーキンク?フ?ア:アメリカからの警告
https://youtu.be/eSRx8WMddJw


*******************************************************************
【●】真珠湾慰霊から帰って直後に、イナダさんはどうして靖国参拝をしたのでしょうかね?理解に苦しむ行いですが、背景にアベの影ありでしょうね、 投稿者:青トマト 投稿日:2016年12月30日(金)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14052

イナダ御姉様、彼女一人の思いでの行いとは私は見ていません。

アベ首相の想いも込めて靖国参拝をしたのでしょう。

早速、中国と韓国は反発のコメントを発しました。

いかに頭が回らない二人でも、両国が反発してくることは想定できたでしょう。

ではなぜ、真珠湾慰霊の後で、波風を立てたのかな?

一つには、真珠湾慰霊訪問により、オバマ大統領に服従したわけではないと表明したかったのではないか?

もう一つには、真珠湾慰霊について、靖国の英霊達に言い訳をするつもりであったのかも?

本当は本気では行きたくなかったが、情勢に追い詰められて行かざるを得なくなった、無念だが、行った。英霊にはこれを御理解を頂きたいと思ったか?

産経新聞のイナダ姉さんへのぶら下がり記事が出ていて、そこでは、真珠湾慰霊をしたのだから靖国参拝も諸外国は理解してくれるであろうとイナダ姉さんは語っているのですが、そうはならなかったよね。

結果、波風を立ててしまった。

イナダ=アベでしょう。

そうでなければ、アベはノーコメントなんて言わない筈だ。

イナダの行為はアベの行為なのでしょう。

オバマに心ならず服従したが、本音は頭を下げたくはなく、真珠湾攻撃は正しいのであり、したがって、靖国の英霊への慰霊も当然の事だ。

まあ、そのように考えていてもおかしくはないのではないか?

しかし、靖国神社の祀り方は、時代に合っていない。

アベとイナダがオバマと共に合意した筈の「和解」の精神から大きく外れている。

何と、いまだにだよ!!

新撰組も上野彰義隊も西南戦争の西郷軍もオオウレッパンドウメイも祀っていないのだ。

駄目だろう!これは。

勿論、諸外国 の戦争被害者も祀っていない。

簡単に言えば、終戦の敗戦で破産が明らかになった明治維新体制そのままの明治維新正義史観で祀りがなされているのだ、

これは、和解ではない。時代錯誤の化石だ。

和解の精神で、敵味方なく総ての日本近代史にからむ内外の総ての戦争参加者と被害者を祀るのであれば、戦犯を合祀しても筋が通るから、諸外国も文句は言ってこない。

例えば、人数の問題は別にしても、南京占領時の中国人被害者も祀り、朝鮮独立運動で倒れた人物達も祀れば、和解となり、日本国憲法の精神に沿うものとなる。そこで戦犯も祀ればよい。チャーチルもルーズベルトもスターリンもヒトラーもムソリーニも祀るべきだ。

戊辰戦争や西南戦争の賊軍扱いを解いて祀るべきなのだ。新撰組も彰義隊も祀らなければならない。

靖国神社の本殿の直ぐ横に小さいが総ての内外の戦争関係者と被害者を祀る社がある。この在り方を本殿で行うべきである。

それが、敗戦で破産が鮮明となり現実となった明治維新体制から離脱して進歩に踏み出した戦後日本における靖国神社が歩むべき道であった筈である。

真珠湾慰霊の後で古くさいカビ臭い靖国参拝なんて、実行者のイナダも裏に潜むアベも…ケチ臭いぜ。喜劇だぜ。


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】Wワークで過労死したら、誰が責任取るの?
ネットゲリラ>>>野次馬 (2016年12月30日 00:24)
http://my.shadowcity.jp/2016/12/post-10364.html
正社員の副業、というんだが、どこまで国民を働かせるつもりなのか? 一番大きな問題は、Wワークで過労死したら、誰が責任取るの? という事なんだが、もちろん誰も責任なんて取っちゃくれません。つうか、それが目的。国民を過労死で殺しまくって、誰も責任を取らない社会の到来です。


正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/

 政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする 企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。
複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。
働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。
 安倍晋三首相は副業や兼業について「普及は極めて重要だ」との認識を示している。少子高齢...

とか言いながらも、若い頃のおいらは副業しまくりだった。エロ本の出版社に勤務しながら、別の出版社でインチキ告白体験手記とか書きまくっていて、安い原稿料ながらも、給料と同じくらい稼いでいた。エロ本のライターというのは専業では食えない安い稿料なので、どこかの編集者の副業が多いんですw 互助組織w


【社会】政府、正社員の副業後押し 安倍首相「普及は極めて重要だ」★3 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482852300/

ヒュンダイがトヨタの研究所の隣に研究所作りますw 夜だけ勤務の研究者大募集とかw 研究者丸ごと引き抜くとカネかかるが、Wワークならハシタガネで企業機密を買えますw

★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】 「政府広報を引き受けると、こんなオイシイお歳暮がもらえる。中高図書館に複数の新聞を
:毛ば部とる子氏」 晴耕雨読 その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/21388.html#readmore

https://twitter.com/kaori_sakai

政府、中高図書館に複数の新聞を 5カ年計画 5年間で計約150億円を、自治体に配分する地方交付税で https://t.co/e0GY7hFHPA

⇨新聞の販売部数が落ちてるからな。

全国で何部の底上げになるのか。

政府広報を引き受けると、こんなオイシイお歳暮がもらえる。

新聞報道が政府広報としてしか機能しなくなり、新聞が売れなくなったら、政府が税金で購入して、全国の学校に新聞を配布するという。


マスコミ幹部のタダ飯なんかより、はるかに悪どい。

>赤い豚 小学校→産経 中学校→産経・読売 高校 →産経・読売・日経・地元紙 政府、中高図書館に複数の新聞を 5カ年計画 | 2016/12/28 - 共同通信 47NEWS https://t.co/lgkjyH45Ok

「軍事研究費」18倍増額で研究者らが抗議の声 6億円から110億円に増額 大学の研究者らは、自由な基礎研究が大事で「軍産学複合体」が形成されていく恐れがあると危機感を表明 https://t.co/o5af4AlRvZ

⇨基礎研究を大事にしろって大隅氏に言われてたじゃん。

去年度の「サービス残業代」約100億円、1348社に指導 https://t.co/HeMyI0xv1D

⇨あくまで「労働基準監督署から指導を受けて、100万円以上の未払いの残業代を支払った企業」の集計。

一体全国でどれほどのタダ働きが生じているのだろう。

「サービス残業」って言葉を改めて考えると、「サービスは無料である」という前提で成り立っていて、そもそもそこから考え直したほうがいいのではないかと思ってしまう。

「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態 https://t.co/HRsRgDfCxo

⇨消費者の問題とか、通販が増えた社会傾向の問題とかじゃなくて、企業が「労基法を守る」の一点に尽きると思う。

他の業界にも言えること。

ヤマトドライバー悲鳴の件、消費者が問題と捉える人が案外少なくないのに驚いた。

無意味なお急ぎや指定をしないといった協力的な姿勢は、人としてアリだと思うけど、解決には繋がらない。

なぜなら、企業は従業員ができる無理の限界値で儲けを出すことを考えるから。

労基法の遵守以外に道はない。

電通社長「過重労働を阻止できなかった。

心よりおわび申し上げる」と謝罪。https://t.co/Y8XrAWnLrO

⇨阻止?「過重労働させてすんません」の間違いじゃないのか。

電通「人権侵害ない」「パワハラ否定できず」 過労自殺 「心情や不安を思いやる想像力やサポートが足りなかった」 https://t.co/smZDOXgESy

⇨死ぬほど働かせておいて、何を言ってるのだろう。

安い感情論でまとめないで欲しい。


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************



この記事をはてなブックマークに追加

返還式典欠席し抗議集会に出席へ 沖縄県知事(16/12/21)

2016年12月22日 | Weblog


richardkoshimizu official website

http://urx3.nu/Ab4Z

講演日程(12-1月)



12月24日(土)RK大阪定期講演会(関西耶蘇教降誕祭を兼ねる。)

時間:13:00~15:00
場所:レンタルスペースMonaco 大阪市淀川区西中島6-1-11
交通:最寄り駅:地下鉄御堂筋線新大阪駅/阪急南方駅

12月31日(土) 東京年越しパーティー(初日の出、江の島なんていかがですか?) 詳細未定。


2017年1月7日(土)RK「白銀舞う」札幌講演会のお知らせ

日時:14:00~16:00
場所:かでる27 北海道立道民活動センター10階 1030会議室http://homepage.kaderu27.or.jp/
〒060-0002札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
電話 011-204-5100
交通
・ JR札幌駅南口:徒歩13分
・ 地下鉄
さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分
大通駅(2番出口)   :徒歩11分
西11丁目駅(4番出口) :徒歩11分
・ JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りくださ
い)1番出口:徒歩4分
テーマ:「99%が地球の主人公になる!」


1月15日(日)RK横浜講演会

時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ3階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。

以後の予定は調整中です。



●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
● c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



返還式典欠席し抗議集会に出席へ 沖縄県知事(16/12/21)
https://youtu.be/wX7jrDUlUwU



*******************************************************************
【●】米軍施設で半旗掲揚を確認の情報ありとのこと。オスプレイ墜落乗員の死亡が疑われている。それで不自然に飛行訓練を再開させたか? 投稿者:青トマト 投稿日:2016年12月21日(水)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14041


http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/110740643

植草先生のこの御指摘情報が出所が掴めないのが残念だ。

私は、この掲示板への先の投稿で乗員の死亡への疑いを書いておいたが、現実に有り得る話である。

機体の損傷が激しい事から操縦士または他の格納室にいた塔乗員の大怪我や死亡が疑われるのです。

パラシュート脱出もあったようだが、成功したかどうかも疑われる。

それに加えて、

記者会見をした米軍司令部の報道担当者の話しぶりが極端な興奮ぶりであり、これを日本人の多くは傲慢姿勢と受け取っていたようだが、これを私は異なった受け止め方をしていた。

すなわち、大事故に至って慌てていて、それを出来る限り隠さなければならず、混乱を招くことを避けようとしてさらに慌てに拍車がかかっているのではないか?と思ったのだった。

報道担当の米軍人は、目つきが興奮してまるで酒乱のような異様性だった。

興奮が押さえ切れなかったのではないか。

この時点で、搭乗員の一人または数名が死亡または死を免れない重症だったのではないか?と私は疑った。

米軍の言い訳では、オスプレイの機体の欠陥ではなく、空中給油の失敗事故とのことだが、

しかし、オスプレイは構造上において飛行時の機体安定を保つことが、飛行条件の難しさにおいては大いに耐えがたいのではないのか?

空中給油を受けるときに飛行の安定を保つことが難しいのではないか、と私は疑うのです。

この機体の構造は、そもそも飛行安定が難しい構造だから落ちやすいのです。

安定性が高い構造であれば、とうの昔に民間航空機の構造に採用されていた筈なのです。

過去に聞いた話ですがB29が本土空襲をしたときに、迎撃した日本軍戦闘機の搭乗員の話として、B29の後ろから機関砲を撃とうとして後ろに付こうとしたが、相手の飛行による空気撹乱が大きすぎて自分の機体が大きく煽られて攻撃が難しかった、とのことでした。

オスプレイのような飛行安定の難しい機体で、空輸母機は大型の輸送機、その後ろでは空気は大きく撹乱する。オスプレイはそれより小さく、プロペラが大きく、撹乱空気でさらに不安定飛行となるのではないか。

戦闘機の空中給油映像を見たが、戦闘機はジェットエンジン推進そのものでプロペラはなくて力も強い。

気象条件が安定していてしかも供給パイプを大変に長くしてオスプレイに送るか、又は、先にオスプレイを飛行させて、後ろに飛行する給油機からパイプにポンプで燃料を強く押して送り込むとかの方法を採らなければ難しいのではないか?

従って、給油訓練の失敗事故とは、オスプレイの無理な機体設計計画による欠陥構造から起きている可能性が高いと私は疑うので

★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】 東電解体 ネットゲリラ>>>野次馬 (2016年12月22日 09:57)
http://my.shadowcity.jp/2016/12/post-10333.html


東電解体、というんだが、上級国民のミナ様がいよいよ逃げ切った、という事なのかね? かつては電力株と言えば鉄板のガチガチで、資産運用の定番だった。東京都が筆頭株主なのは歴史的経緯もあるんだが、皇室はもちろん、自民党の国会議員の8割が東電の株主です。3000円以上だった株価が、フクシマボカン後には200円切るまで下落。以後も、1000円を超えた事はない。本来なら100パーセント減資で精算しなきゃいけなかったんだが、民主党がヘタレだったので出来なかった。


東電に事実上の解体迫る 経産省、「再編・統合」の方針明示 提携先探しは難航か
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161221/mca1612210500003-n1.htm

 経済産業省は20日、東京電力の経営改革を検討する「東電改革・1F(福島第1原発)問題委員会」を開き、原発や送配電事業で他の大手電力との再編・統合を図る方針を盛り込んだ提言をまとめた。東電は来年、再編相手を公募する見通し。ただ、他の電力会社は東電との提携に腰が引けており、相手探しは難航しそうだ。
 福島第1原発の事故処理費用は想定の2倍となる22兆円に拡大。このうち、東電は16兆円を負担する。1社で賄うのは難しく、経産省は「実質国有化」を延長して国の関与を強め、事実上の東電解体となる再編・統合を迫る方針を示した。
 ただ、廃炉費は今回試算した8兆円から数兆円規模で拡大するとの指摘もある。東電と組めば国の思惑次第で負担を強いられる恐れがあり、「提携のうまみはない」(大手電力幹部)と動きが鈍い。

莫大な補償金とか考えたら値段の付くはずのない株価が、それでも1000円近くまで回復した時期があったというのは、上級国民救済のために逃げ場を作るだろう、という期待があったからだ。そして今、502円くらいか? さすがに今日は順調に下がってますね。いよいよ100パーセント減資の時期か?

【東京】東電に事実上の解体迫る 経産省、「再編・統合」の方針明示 提携先探しは難航か 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482324505/

★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】 どの国もまともに向き合うはずがない− 国家の品性も品格もなくなった日本 − 大谷 昭宏 2016.12.22
http://www.otani-office.com/flashup/n161220.html
 「メディアは、もっと本当のことを伝えようよ」。出演しているテレビ番組で最近、ことあるごとにそうコメントしている。
日刊スポーツの実際の記事画像
 ロシアのプーチン大統領が安倍首相の地元、山口での会談に臨む前日の番組。「トラフグや金目ダイで心からの、お・も・て・な・し」と説明する官邸記者に私は「言葉は悪いけど、食い逃げが心配」とまぜっ返した。さすがに首相に同行する記者は苦笑いするしかない。

 だが結果は2時間半もの遅刻で、底冷えのする中、待ち続けた小中学生の歓迎行事は中止。会談では日本側がひょっとして2島プラスアルファもと期待いっぱいだった北方四島は「両国間に領土問題はない!」とゼロどころかマイナス回答。その一方で「4島で一緒に経済活動しようね」とカネだけはふんだくる。腹が立つより情けなくて、やりきれなくて、涙がこぼれるではないか。

 だけど冷静に考えてロシア側に理はないのか。事務レベル交渉でロシアがこだわったのは「日本に主権を渡した場合、日米安保によって4島に米軍基地が置かれることはないのか」だった。

 ならば現実はどうか。大統領訪日の直前、沖縄で米軍のオスプレイが墜落、大破した。だが、米軍の準機関紙「星条旗」まで「クラッシュ(墜落)」と書いているのに、首相も稲田防衛相も、だれの顔色をうかがってか「あれは一時着水」。

 それどころか翌日、米軍の最高指揮官、ニコルソン中将が言い放った「住民に被害を出さなかったことに感謝しろ。パイロットは表彰ものだ」という暴言どころか妄言に、安倍政権は抗議する気さえない。

 その指揮官発言から日をまたいで審議が続いた国会。当然諸外国は、かねて危険性が指摘されていた軍用機の墜落と指揮官発言をめぐって徹夜の審議が続いていると考える。だけど実際は、アベノミクスの破綻で「こうなりゃ、バクチでひと山当てるしかない」と政権が言い出したカジノ解禁法案、つまりバクチ場を作る、作らない、で与野党どころか、仲間内でもつかみ合い寸前の大げんかだったのだ。

 こんな自我や自尊心どころか国家の品性も品格もない国と、ロシアならずとも、どの国だってまともに向き合うはずがないではないか。

 落ち葉の舞い落ちる音をいっそう寂しく、虚しく感じる2016年暮れである。
(日刊スポーツ「フラッシュアップ」2016年12月20日掲載)



号外ニュースで振り返る2016年(Yahoo!ニュース)
 http://news.yahoo.co.jp/staffblog/special/lookback2016/


2016年振り返りツイート(国内編) | Twitter Blogs
 https://blog.twitter.com/ja/2016/1206yotjp_all


YouTube Rewind(日本) - YouTube
 https://www.youtube.com/user/theyearinreviewJP
★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************

この記事をはてなブックマークに追加

日米地位協定のもとでは、法治国家はありえない

2016年12月21日 | Weblog


richardkoshimizu official website

http://urx3.nu/Ab4Z

講演日程(12-1月)



12月24日(土)RK大阪定期講演会(関西耶蘇教降誕祭を兼ねる。)

時間:13:00~15:00
場所:レンタルスペースMonaco 大阪市淀川区西中島6-1-11
交通:最寄り駅:地下鉄御堂筋線新大阪駅/阪急南方駅

12月31日(土) 東京年越しパーティー(初日の出、江の島なんていかがですか?) 詳細未定。


2017年1月7日(土)RK「白銀舞う」札幌講演会のお知らせ

日時:14:00~16:00
場所:かでる27 北海道立道民活動センター10階 1030会議室http://homepage.kaderu27.or.jp/
〒060-0002札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
電話 011-204-5100
交通
・ JR札幌駅南口:徒歩13分
・ 地下鉄
さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分
大通駅(2番出口)   :徒歩11分
西11丁目駅(4番出口) :徒歩11分
・ JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
・ 公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りくださ
い)1番出口:徒歩4分
テーマ:「99%が地球の主人公になる!」


1月15日(日)RK横浜講演会

時間:14:00~16:00
場所:横浜ワールドポーターズ 会議室
〒231-0001 横浜市中区新港二丁目2番1号
横浜ワールドポーターズ3階
TEL:045-222-2400 (受付時間/10:30~19:00)
FAX:045-212-3165
交通:みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩5分。

以後の予定は調整中です。



●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
● c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1

日米地位協定のもとでは、法治国家はありえない
https://youtu.be/kPZFeZYf_SM

*******************************************************************
【●】なぜ在日米軍はオスプレイの訓練を再開させたかー(田中良紹氏)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 20 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/818.html
 

なぜ在日米軍はオスプレイの訓練を再開させたかー(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1spf3rn
20th Dec 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


オスプレイの飛行訓練が事故から6日しか経っていない19日に再開された。

そのニュースを見てフーテンの頭に浮かんだのは、

先日の日ロ首脳会談で安倍総理が見せた「すり寄り外交」である。

あの会談は「強腰」を見せれば日本は「引っ込む」という教訓を全世界に見せつけた。

プーチン大統領の対日外交姿勢は明確である。

まず日本に極東地域で経済協力をやらせ、

次に日本が主権を主張する4島においてもロシアの主権下で経済協力をやらせる。

その協力がロシアを満足させるものであれば平和条約の締結に応ずる。

その先に日本の求める領土交渉はある。

基本的に4島はロシアが第二次大戦で勝ち取った領土だが、

1956年に「日ソ共同宣言」で「平和条約を締結して歯舞、色丹の2島を引き渡す」とした経緯がある。

従ってそこは認めて「引き渡し」に応ずるが「引き渡し」が直ちに「返還」を意味するものではない。

1956年の「平和条約締結と2島返還」はアメリカの妨害で実現しなかった。

アメリカは安全保障の見地から2島返還と平和条約を結ぶことに反対した。

だから日本に「4島一括返還」という高いハードルを主張させ、平和条約締結が難しくなるようにした。

従って今後の領土交渉でも日米安保体制をどうするかが大きな課題となる。 

プーチン大統領が日本において行った発言はそういうことである。

これに対して安倍総理は「領土交渉を行うためにはプーチン大統領の信頼を得るしか道はない。

私はプーチン大統領を信ずる。経済協力を重ねて一歩ずつ領土交渉を行う」というものであった。

鳩山総理が行った1956年の日ソ交渉は、経済協力などなくとも

「平和条約を結んで2島を引き渡す」だったが、

安倍総理の交渉ではその前に経済協力の実を上げなければならなくなった。

さらに日米安保体制の見直しも条件となる可能性が示唆された。それを先週全世界が知ったのである。

当然アメリカの政治家、官僚、軍もこの交渉をみてその先行きがどうなるかを分析し、

いかなる対応をとるべきかを検討しているはずである。

そして安倍総理に対しては「強腰」が有効であることを再確認した。

その時期に沖縄でオスプレイが「墜落」した。

在日米軍にとっては由々しき事態で、沖縄の反米感情が高まることは必至である。

それは在日米軍も分かっている。

しか安倍総理は在日米軍の目の前でプーチン大統領と信頼関係を強めていく決意を語り、

さらに日米安保体制の弱体化が領土交渉の前提であるかのようなプーチン発言を許した。

それはオバマ政権、ペンタゴン、在日米軍にとって面白かろうはずはない。

それがオスプレイの早期訓練再開につながったとフーテンは思うのである。

1956年の時は、「平和条約を結んで2島引き渡し」を日ソで合意するのなら

「沖縄を永遠に日本に返さない」とダレス国務長官は日本を脅し、

日本は脅しに屈して「平和条約締結」をあきらめた。

その後日本は「4島一括返還」という高いハードルを掲げ、

実現するはずのない目標に向かって国民運動を展開してきたが、

日本にチャンスがあったとすれば冷戦が終わった時である。

ソ連という「仮想敵国」がなくなったのだから日米安保条約は白紙にしてもおかしくない状態になった。

ゴルバチョフやエリツインとは日本の要求である4島の外に国境線を引く構想が検討されたりした。

しかしその頃の日本は金満バブルに酔いしれ、日米安保体制の見直しを真剣に検討することもなく、

アメリカの言いなりになって在日米軍基地を強化する方向に向かった。

その頃、同じ敗戦国のドイツは日本と異なる道を探る。

冷戦期の西ドイツはアメリカに頼って生きてきたが、

冷戦の崩壊と東西ドイツ統一を機に長年の宿敵フランスと手を組み、

EU統合に向けて中心的役割を果たしていくのである。

一方の日本は冷戦期はアメリカをきりきり舞いさせるほどの経済成長を成し遂げたが
(要因は平和憲法を盾に軍事負担を極力抑えたことによる)、

冷戦後はソ連ではなく日本を「仮想敵国」と考えるアメリカによって蓄積した富を吸い上げられる仕組みに

押し込められた。仕組みとは日本に軍事負担を押し付けてそこからアメリカが利益を得るのである。

従って在日米軍は日本を守るためではなく日本から利益を吸い上げるために存在する。

しかし彼らは「日本を守るために我々は存在している」と言えば

日本がそれに文句を言えない国家であることも知っている。

目の前でプーチン大統領に言いたい放題を言わせ、日本の富をロシアに吸い上げさせる様を見せつけられ、

さらに在日米軍の弱体化まで言わせる日本政府に対し、

在日米軍が嫌がらせというかアメリカの論理を押し出す気分になったとしても不思議ではない。

1956年と同じで北方領土交渉に道筋をつけようとすれば、アメリカは沖縄を材料に脅しをかけてくる。

問題は日本政府の強者に対する「すり寄り」が国民に不幸を押し付ける結果になることだ。

日本政府はいつまでこの構図を繰り返すつもりなのか。

国民はこの構図に気づいてこれからの国のあり方を考える時に来ているのである。

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】「【沖縄イジメ】最高裁が専門家の環境破壊の意見を無視し、辺野古訴訟の敗訴を確定させた
:金子勝氏」  晴耕雨読 2016/12/22 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/21336.html#readmore

https://twitter.com/masaru_kaneko

【沖縄イジメ】最高裁が専門家の環境破壊の意見を無視し、辺野古訴訟の敗訴を確定させた。

オスプレイ2機が墜落と胴体着陸した事実も無視。

沖縄県の主張する場も設けずに高裁のにわか判決を支持。

ナチスの歴史を参照に警鐘を鳴らす金平茂紀氏の論説。https://t.co/vJXvvpTdba

【東電優先救済】政府は、福島の帰還困難区域の除染に国費300億円を投入する。

東電の責任が一切問われず、株主責任も貸し手責任も問われず、ずるずる救済が続けられる。

沖縄とはあまりに対照的だ。

エネルギー転換が遅れ取り残される日本です。https://t.co/QtQSCLAk06

【精神論か】政府は、非正規同一待遇へ指針を出す。

「同一労働同一賃金」へ踏み出すのはいいが、企業側が守らなくても、違法性の立証責任は労働側にあり、しかもガイドラインで法的強制力がない。

他方で、労働<法制>の規制緩和を続けるのはおかしい。https://t.co/HsEUHOsqgr

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】 藤原直哉のインターネット放送局


藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2016年12月21日 ロシアが欧米に勝った
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2016/12/20161221-6f2e.html

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2016年12月21日 経済の下克上を考える
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2016/12/20161221-f52a.html


経済アナリスト藤原直哉のワールドレポートQ&A 2016年12月14日第1069号より
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2016/12/qa201612141069-.html

講演 第18回 NSP時局ならびに日本再生戦略講演会 2016年12月17日 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム 理事長 藤原直哉
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2016/12/18-nsp-20161217.html

健康立国推進対談 「健康立国とは」 2016年12月16日 ベイサンド・ジャパン(株) 代表取締役 三輪晴治さん vs 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2016/12/20161216vsnpo-1.html


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】 「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」アベ幕府の先輩が、江戸時代に居ました
投稿者:青トマト 投稿日:2016年12月21日(水)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14040

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E6%98%A5%E5%A4%AE
神尾 春央(かんお はるひで)

(転載)

人物評価[編集]

およそ半世紀後の本多利明の著作「西域物語」によれば、春央は「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」と述べたとされており、この文句は春央の性格を反映するものとして、また江戸時代の百姓の生活苦の形容として広く知られている(ただし、逆に貧農史観のイメージを定着させてしまったともいえる)。

また、当時の勘定組頭・堀江荒四郎芳極(ほりえ あらしろう ただとう)と共に行った畿内・中国筋における年貢増徴の厳しさから、「東から かんの(雁の・神尾)若狭が飛んできて 野をも山をも堀江荒しろ(荒四郎)」という落書も読まれた[2]。

(以上転載)

「ゴマの油と国民は搾れば絞るほど出るものなり」と、アベ政権の財務省・日銀。

あらゆるところから搾り取る。

金で払えなくなったら、命で払わせる。

即ち、自殺や過労死や事故死や困窮老衰で死んでもらって国費負担を軽くさせる。つまりは、これも命による税負担だ。

思うに、やはり日本は江戸徳川幕府の時代からの収奪形態が変わっていないことが解る。

江戸徳川幕府では商業経済活動に課税しなかった違いがあるだけのことだ。

このように搾り取られた経験があるので、アベ重税政権に国民は反抗しないのだ。

恨みながらも収奪を容認してしまう。

アベ幕府官僚はますますズに乗って重税をかける。

「払えるだけ払え、払えなかったら死ね。死んで国費負担軽減の御役にたて!」と言って鞭を振るうのです。

でも、江戸時代に百姓が重税に反発して百姓一揆を起こしても、その騒ぎで幕府政権が揺れるまで行ったことはなかった。

それが今にまで響いている。

徳川幕府が官僚幕府に変わっただけなのが、明治以降から今までの日本のスタイルなのです。

「国民よ、金で払えなくなった時には命で払え」。

それが、彼らの思いあがった国に寄生しての泥棒根性なのです。


★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
https://www.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
https://www.youtube.com/watch?v=ONelHU53Cto

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
https://www.youtube.com/watch?v=BdSRmeFqLvs


日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
https://www.youtube.com/watch?v=_pQCdzqQhI4

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
https://www.youtube.com/watch?v=QMWqiTgE1iY

石井紘基議員 暗殺の謎 1/3
https://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

石井紘基議員 暗殺の謎 2/3
https://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

石井紘基議員 暗殺の謎 3/3
https://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************



この記事をはてなブックマークに追加