★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

トルコ国家、Silivri拘置施設に監禁中のDBP副代表Tuncelの起訴を用意:氏に懲役135年求刑

2016-12-04 00:23:25 | Weblog

 

 トルコ国家、Silivri拘置施設に監禁された

  DBP副代表Tuncelへの起訴を用意:

   氏に懲役135年求刑

 

 

 民主地域党(DBP)副代表Sebahat Tuncel氏への起訴状がトルコ国家によって準備された。AKP政権の意向を受けた検察は同副代表に懲役135年を求刑している。

 

 

Saturday, December 3, 2016
 
 
 
 

 トルコ国家の支配民族政党であるAKP政権の意向を受けたディヤルバクル検察局によって準備された起訴状は、ディヤルバクル高等裁判所第8法廷で、2016年11月6日以来Silivri拘置施設に不当に拘束監禁されているDBP副代表Sebahat Tuncel氏に懲役135年を求刑した。

 同副代表は、2012年から2016年の間に氏が参加した16件のデモや催しに関しての氏への”テロ組織メンバー”や”テロリストの宣伝行為を行った”などとする不当な”罪状”で罪を問われている。


 

 # では、エルドギャンやAKP政権を支えるならず者共は、如何様な重罪を奴らの虐げる民衆から負されることになるのか。AKPに意見する者やAKPへの不満分子は総て”反AKP”の”テロリスト”として処理しているトルコ国家の状況は,明らかにより強かな統治者共がほくそ笑む日本列島の近い明日の姿である。悪ばかり為す統治機構に抵抗することなど遠い昔に忘れ去った隷従に嬉々とする9割以上の日本列島住民は、今夜も傍迷惑なことに他者を踏み躙る幸福を居直って”ボーの茄子が出ただの出るだの”とやらでラリって浮かれっぱなしである。

 


この記事をはてなブックマークに追加

旧シリア国家実効支配地域☆マンビジ軍事評議会発表: ”国際”旅団の2戦士、マンビジで戦死

2016-12-03 01:10:56 | Weblog

 

旧シリア国家実効支配地域

 ☆マンビジ軍事評議会発表:

  ”国際”旅団の2戦士、マンビジで戦死

 

 

 マンビジ軍事評議会(MMC)は、満を持して越境南侵したトルコ侵略軍とシリア・クルド民主党やSNCなどのトルコ国家の支援を受けた武装組織群による攻撃により、マンビジ(Manbij)で戦死した”国際”旅団の2戦士について発表した。

 

 
Thursday, December 1, 2016
 
 
 

 MMCは、声明の中で越境南侵したトルコ侵略軍とシリア・クルド民主党やSNCなどのトルコ国家の支援を受けた武装組織群による攻撃により、マンビジ(Manbij)で戦死した”国際”旅団の2戦士について発表した。

 同評議会は、マンビジ解放後に多くの”国際”旅団義勇戦士たちがシリア領内へのトルコ侵略軍の南侵急襲や住民への残虐行為に反対して同地に到達したことを強調し、Robîn AgirîとZana Ciwanの2戦士がマンビジで戦闘に参加した最初のグループにあり、トルコ侵略軍とその親和武装組織群(ENKSやSNCのような)の攻撃に抵抗していたことを声明した。

 同評議会は、2016年11月24日、マンビジ西郊の複数のMMC守備位置へのトルコ侵略軍戦闘爆撃機による空襲によって戦死した2名の”国際”旅団義勇戦士について発表した:

 U$A実効支配地域西岸カルフォルニア生まれの義勇戦士Robînは2016年7月にシリア国家実効支配地域の革命戦争に参加、”ロヤヴァ(クルディスタン西部)や旧シリア国家実効支配地域北部には民衆解放のための革命が存在する。私は、その闘いに参加するためにここに来た”と意思表明していた。

 欧州のドイツ国家実効支配地域生まれの義勇戦士は2016年9月にMMCの戦士として参加し、”ロヤヴァと旧シリア国家実効支配地域北部の戦争は、私にとって大変意義深い。ここに住む民衆は残虐行為や隷従、暴力に対峙するからだ。私は、この民主革命を断固支持するだろう”と意思表明していた。

 

Below is the ID information of the 2 martyred fighters:

Code Name: Robîn Agirî

Place of Birth: Lodi, California

Date and Place of Martyrdom: 26-11-2016 / Manbij

***

Code Name: Zana Ciwan

Place of Birth: Bielefeld, Germany

Date and Place of Martyrdom: 26-11-2016 / Manbij


この記事をはてなブックマークに追加

トルコ国家実効支配地域☆Dersimで戦死した兄弟の身元確認中に男性が拘束さる

2016-12-02 00:50:11 | Weblog

 

 

トルコ国家実効支配地域

 ☆Dersimで戦死した兄弟の身元確認中に

  男性が拘束さる

 

 

 Dersimでのトルコ国家が差し向けた兵士共との戦闘で戦死した TKP/ML TİKKO (トルコ共産党ML主義派・労農解放軍)ゲリラの兄弟が、自らの兄弟である死んだゲリラの身元確認の間にトルコ警察により拘束された。

 

 
Wednesday, November 30, 2016
 
 
 
 
 
  TKP/ML TİKKOゲリラ4名が、2016年11月25日、Dersim郊外でAKP政権の私兵であるトルコ侵略軍戦闘攻撃機の空襲援護を受けたトルコ侵略軍兵士共との戦闘中に戦死した。
戦死したゲリラ4名の遺体はMalatya Forensic Medicine Instituteに保管安置されたため、うち1名の家族が11月30日に、その遺体の身元確認を行った。

 すると突然、警官共が何の理由を示すこともなく身元照合作業中の1ゲリラの兄を身柄拘束した。同人は留置空間に監禁され、その後直ぐに拘置所に移送された。


この記事をはてなブックマークに追加

ロヤヴァ=クルディスタン西部☆Manbij西方の村々で激しい戦闘

2016-11-27 00:57:25 | Weblog

 

ロヤヴァ=クルディスタン西部☆Manbij西方の村々で激しい戦闘

 

トルコ侵略軍とその親和武装民兵組織群は、クルディスタン西部(旧シリア国家実効支配地域内クルディスタン)Manbij(マンビジ)西方のSebwêran村とGirhuyok村に攻撃を加えている。

 

Saturday, November 26, 2016
 
 
 

 

 トルコ侵略軍とその手下の親和武装民兵組織群は、クルディスタン西部Manbij(マンビジ)西方のSebwêran村とGirhuyok村に攻撃を加えている。

マンビジ軍事評議会(MMC)戦士らが、トルコ侵略軍や親和武装組織群の攻撃に反撃して激しい戦闘がその地で起こっている。

既にMMCは少なくともトルコ侵略軍の戦車2台を破壊しているが、トルコ侵略軍とその手下武装民兵組織群は、Manbij周辺の村々に激しい砲撃と空襲を加えており、住民6名以上が死亡している。


この記事をはてなブックマークに追加

トルコ国家実効支配地域☆日刊紙Özgür Gündemの2氏、3カ月の不当な拘束監禁後に解放さる

2016-11-24 10:46:43 | Weblog

 

http://anfenglish.com/article/image/521c3ccaf824fa1b440a4df764037de9910b5413_1479910933.jpeg


トルコ国家実効支配地域

 ☆日刊紙Özgür Gündemの

  A.Erdoğan氏・N.Alpay氏、

   トルコ国家による3カ月の

    不当な拘束監禁後に解放さる

 

 

 

 Özgür Gündem出版監修会議メンバーの著述家Aslı Erdoğan氏と言語学者のNecmiye Alpay氏が、トルコ国家AKP政権の手下である警察による不当な拘束連行後に監禁されて3カ月後にようやく解放された。

 

 

 
Wednesday, November 23, 2016
 
 
 
 

 著述家のAslı Erdoğan氏は95日間、言語学者のNecmiye Alpay氏は85日間、トルコ国家AKP政権による報道機関への最近の一連の弾圧時に封鎖された日刊紙Özgür Gündemに連帯表明したとして、同政権の意向を受けた司法と警察により不当に拘束連行後、拘束監禁された。聴取評決後に、両氏はようやく解放された。

 イスタンブール第23高等犯罪法廷において、第一回聴聞が2016年12月29日に行われることになり、”国家の統一性と統合性への分裂策動”や”テロ組織のための宣伝の流布と同組織の構成員”との”罪状”で由々しい判決がÖzgür Gündem出版監修会議メンバーのAslı Erdoğan氏とNecmiye Alpay氏、チーフエディターのZana Bilir Kaya氏、エディターのİnan Kızılkayaら4氏に下されることになりうる。


# ”疑われるようなことをした奴が悪い”などという寝言を言うことなかれ。統治者共の気まぐれやワガママ勝手に付き合うことに忙しい連中でさえ、クーデター容疑でお縄になるような状況であることを忘れて物を言うなど愚の極みだ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部シルナク県☆Silopi-越境南侵準備で増大するトルコ侵略軍の軍事行動

2016-11-24 00:07:37 | Weblog

 

 

クルディスタン北部シルナク県

 ☆Silopi-増大するトルコ侵略軍の

  軍事行動

 

 

 大規模なトルコ侵略軍部隊急派が11月22日夜にクルディスタン北部シルナク県Silopiで国境ゲートに向けて始まったとの現在進行系の情報がある。同侵略軍兵士共は、地区の3つの学校に陣取っている。

 

 
 
Wednesday, November 23, 2016
 
 
 
  Silopi経由でクルディスタン南部方面に部隊急派されるトルコ侵略軍の動きが数日間、同地で続いている。

Silopiからの大規模な部隊急派が11月22日夜にもあった。侵略軍急派部隊はHabur国境ゲートから3キロ離れたインターナショナル・ペトロレウム社(TPIC)ビル付近で待機している。同急派部隊は先例通りHabur国境ゲートを通過してクルディスタン南部へ移動するものと思われる。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ロヤヴァ=クルディスタン西部☆Manbij西方の村にトルコ侵略軍機の空襲、住民6名が死亡

2016-11-23 13:20:00 | Weblog

 

 

ロヤヴァ=クルディスタン西部

 ☆Manbij西方の村に

  トルコ侵略軍機の空襲、

   住民6名が死亡

 

 

 


 複数のトルコ侵略軍機による空襲が、クルディスタン西部(=ロヤヴァ地域)マンビジ西方の村で村民6名を殺害。


 

  
Tuesday, November 22, 2016
 
 
 
 
 
 トルコ侵略軍がロヤヴァの地(クルディスタン西部=旧シリア国家実効支配地域北部)への侵攻を続行しているため、複数のトルコ侵略軍ジェット戦闘爆撃機が11月22日夜にManbij(マンビジ)西方よりSubil Wêran村を襲った。その空襲により、村民6名が殺害された。
トルコ侵略軍部隊は、旧シリア国家実効支配地域への満を持した南侵を確信をもって推し進めるために過去3日以上にわたりマンビジの西方から周辺の村々を空襲や砲撃で攻撃している。


 

# ”トルコ国家が対I$I$戦に参戦した”などという聞こえの良い法螺話は、奴らのオスマントルコ帝国への憧憬によるレコンキスタ(失地回復)策動を覆い隠すためのものであることは、バシュールの地(クルディスタン南部=イラク国家実効支配地域クルディスタン)での狡猾な南侵策動によっても明白である。この地の”憎むべきクルド勢力とその親和武装組織群”を”コントロール可能なクルド勢力”やスンニ派ジハーディストどもを利用して廃滅・無力化しようというトルコ国家の目論見は、地下に眠るオイル資源の全部もしくは権益のていの良い獲得にもある。いうまでもなく、”対I$I$”など自称の実のないお飾りに過ぎず、最終獲得目標である地下資源のために”目障りなクルド勢力”無力化を第一義としているので、対I$I$の最前線地上戦力の後方を脅かしているのだ。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部-ディヤルバクル☆女性が銃で撃たれる

2016-11-22 23:26:41 | Weblog

 

 

クルディスタン北部-ディヤルバクル

 ☆女性が銃で撃たれる


 

 周辺部でトルコ国家がディヤルバクル県知事に発令させている夜間外出禁止令が続く中、クルディスタン北部ディヤルバクル市中心部で、女性が銃で撃たれた。


 
Tuesday, November 22, 2016
 
 
 
 
 
 クルディスタン北部のディヤルバクル県中心部BağlarのBağcılar地区にあるKaranfil通りを歩行中に、女性が一般車両からの銃撃をうけた。

 その女性が地面に崩折れた後も、4発の銃撃があった。

医療チームがその場に駆けつけると、警察特殊部隊がその場を封鎖したため、誰も立ち入り出来なくなっている。

 警察は、通りで撃たれた女性の写真を撮ったとして未成年1名を拘束連行した。


# 女性がその後どうなったかは定かではないが、銃創を負って放置されていれば、危険な状況も予想される。

 


この記事をはてなブックマークに追加

トルコ国家実効支配地域☆HDP女性議員らが”テロリスト”として拘留施設で隔離継続さる

2016-11-22 18:57:03 | Weblog

 

 

トルコ国家実効支配地域

 ☆HDP女性議員らが”テロリスト”として

  拘留施設で隔離されたままになっている

 

 

 

 人民民主党(HDP)女性議員たちが、国家指定外暴力団AKP一家の牛耳るトルコ国家の拘留施設で隔離されたままとなっている。トルコ国家によって拘留施設にブチ込まれた女性議員の一人であるGülser Yıldırım氏は”我々は外部からの交通などを一切隔離されており、独房に入れられたままである。”と述べた。

 

 
 
Tuesday, November 22, 2016
 
 
 
 
 
 拘留施設で許可される週一回の電話連絡の間、 最近の政治的大弾圧作戦に遭って不当に拘束監禁されたHDP女性議員のGülser Yıldırımは、自らの夫に現状を報告した。同女性議員は、自分やHDP副代表Figen Yüksekdağ、ディヤルバクル副市長Gültan Kışanak、KJA(自由女性会議)スポークスパーソンのAyla AkatがKandıra No 1 F型拘留施設の独房に入れられたままだと指摘した。

 

この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部-Şırnak☆警察特殊部隊に拘束連行されたジャーナリストが拘束監禁さる

2016-11-22 10:45:42 | Weblog

 

 

 

クルディスタン北部-Şırnak

 ☆警察特殊部隊に拘束連行された

  元JINHAジャーナリストが拘束監禁さる


 

 

 元女性ニュースエージェンシー(JINHA)リポーターでジャーナリストのA.Işık氏が11月21日朝にŞırnak(シルナク)で警察特殊部隊によって拘束連行されていたが、拘束監禁された。

 

 
 
Monday, November 21, 2016
 
 
 
 
 

 JINHA元リポーターでジャーナリストのA.Işık氏が、2016年3月14日から再び続いていた夜間外出禁止令が一応解かれたばかりのクルディスタン北部シルナク県で拘束監禁された。

 当時、同氏は同県Yeni地区でHDPメンバーの近くにいて、警察特殊部隊がその場を取り囲み、武装装甲車両に力ずくで押し込んだ。

 警察本部での”手続き”後に、同氏は送検され、公式の拘束監禁要求が裁判所から出された。

裁判所は、”テロ組織構成員”などとして彼女の公式の拘束監禁命令を下したという。


# ”こんなのよその話。日本列島ではありえない”などという寝言は9割列島住民にだけ有効な麻薬だが、そんな寝言とは別に伝えることができなくされた、伝えることを忘れさせられた、統治機構や経営者共の宣伝広報機関としてのみ動く自称”報道人”どもは日本列島にもそこここにある内国植民地になど労を割くことはない。ウチナーの島内植民地とも言える北部ヤンバルで起こっている、民意を無視し隷米植民現地支配層としてウチナンチュをブチノメシ立ち回る植民現地統治政府は程度の差こそあれ、同じことを行っている。クルディスタン北部との違いは、同地では武装抵抗さえ貫徹し続け、弾圧され続け随意殺され放題となり暮らしの場や町を潰されてもなお激しく侵略者に対して抵抗を続ける力が残っているが、ウチナーではそれが残らないほどにていよく打ちのめされている上、闘える下地も二重支配の中で破壊されまくっているということだろう。ウチナー侵略者共は、ヤマト現地支配階層としてウチナー現地支配階層をも駆使してウチナンチュを踏みにじり、もはや”えーぃ、何しとるんじゃ、アンクル・サムご主人様のご機嫌が良くなるようして差し上げねばならんのに! かせ、ワシらヤマトのもんがオマエら本島支配階層ウチナンチュを押しのけてでもやったる、やり切ったる”となりふり構っていない。9割マゾッホ共の奴隷根性とは、かくも卑しきもの。

 


この記事をはてなブックマークに追加

旧シリア国家実効支配地域☆マンビジ軍事評議会戦士らの守備位置をトルコ侵略軍が攻撃

2016-11-21 23:23:53 | Weblog

 

 

旧シリア国家実効支配地域

 ☆マンビジ軍事評議会戦士らの

  守備位置をトルコ侵略軍が攻撃

 

 

 トルコ国家による南侵攻撃の一環としてトルコ侵略軍はマンビジ軍事評議会(MMC)戦士たちの守備位置を攻撃し、その結果、戦闘が起こった。

 日本列島でも知られているはずだが、I$I$が”首都”ということにしていると言われる町に進撃する”有志国軍”地上部隊の一つとして奪還作戦に参加しているMMCを攻撃するトルコ侵略軍は、またもI$I$を助けるための作戦を行っている。


 
Monday, November 21, 2016
 
 
 
 
 
  旧シリア国家実効支配地域のMMC筋によると、MMCは、トルコ侵略軍がManbij(マンビジ)西方のSheikh Nasir村でMMC部隊の守備位置を空爆したり砲撃したりして攻撃したという。

 MMC部隊が、重火器を駆使したトルコ侵略軍の攻撃に反撃し、同地で戦闘が起こった。

トルコ侵略軍戦闘機が、11月20日夜、Yilanli、Qurt Wêran、Sheikh Nasirといった村々のMMC戦士らの守備位置群を攻撃した。その結果として、MMC戦士1名が死亡し、ほかの3名が負傷した。

 


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部-Van県☆Erciş事件の目撃者:”トルコ侵略軍兵士どもが女性を生きたまま焼いた”

2016-11-21 21:01:51 | Weblog

 

2036239ebdd4be78923c091294798041a59d323d_1479558973

 

Erciş事件の目撃者:”トルコ侵略軍兵士どもが女性を生きたまま焼いた”

 

 

 Van猫でも知られるVan湖北岸のクルディスタン北部Van県Ercişで、警察と軍で構成されたトルコ侵略軍によるH.Ataman殺人事件後に撮られた写真は、全くもって酷い残虐行為を見せつけた。被害者の家族は”侵略軍兵士共がここに来て、あの娘を生きたまま焼いたんだ”と訴えた。

 

 
Saturday, November 19, 2016
 
 
 

 クルディスタン北部Van(ワン)県ErcişのÇelibibağı地区にあるAtaman宅は、11月18日夜にトルコ侵略軍兵士共による急襲を受けた。”PKK構成員が中にいる”などとして同宅は放火され、燃えさかる同宅からの脱出を妨害した侵略軍兵士どもがH.Ataman氏を焼き殺した。

 現場の数枚の写真は、彼女が焼き殺されたことを示している。焼き殺された彼女が着ていた衣服は全くもって酷い残虐行為を見せつけている。また、被害に遭った村人たちの衣類にある血痕は、村人たちが侵略軍兵士共に滅多打ちにされた後に放火されたことを示している。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部☆Vanで唯一のクルド語教育校、トルコ国家により閉鎖さる

2016-11-20 01:07:51 | Weblog

 

927d7406524abd84ea0c4986384ffdc47e95eb83_1479558275

クルド語教育機関の存在は、トルコ国家にとって何が不都合なのか。意味不明な言いがかりで閉鎖するトルコ国家の偏狭さが発露。

 

クルディスタン北部

 ☆Vanで唯一のクルド語教育校、

  トルコ国家により閉鎖さる

 

 

 クルディスタン北部Van(ワン)県で唯一のクルド語教育を提供するDibistana Seretayî ya Fatma Tokatという学校が、トルコ国家がよこした受託人のİpekyolu(シルクロード)地区当局への”指摘”により閉鎖された。

 ”トルコ国家実効支配地域にはトルコ人しかいない”というトルコ国家の”単一民族国家である”との虚実は、”対外的に”一度は”緩和”されたかに見えたという錯覚をもって一度は崩れたように”思われた”が、AKPやトルコ極右は”単一民族国家”や”独裁”に棹さすと思える一切を徹底的に抹殺し”トルコ化”する方法を昨年夏より全面展開し始めている。その”成果”の一つが、この事件である。もちろん、多くの個々人が”テロリスト”呼ばわりされて家宅急襲で拘束連行という熾烈な弾圧がVanで続いている中での出来事である。

 

 
Saturday, November 19, 2016
 
 
 
  Van(ワン)市中心部のİpekyolu(シルクロード)地区当局へのトルコ国家がよこした受託人がやり玉に挙げたことで、クルド語教育を提供する唯一の学校Dibistana Seretayî ya Fatma Tokatがトルコ国家により閉鎖された。

 İpekyoluのBostaniçi (Sıxke) 地区の学校は、2015年11月にKurdi-Derワン支部と教育支援の家(MAPER)の共同の尽力により開校した。

トルコ国家のよこした受託人の命令が、最近İpekyolu地区当局に指摘した学校には3クラス50名の学生が通っていた。


この記事をはてなブックマークに追加

fwd: Kurdistan短信

2016-11-18 00:12:07 | Weblog

クルディスタン北部-Van(ワン)☆トルコ警察により41名拘束連行さる

 クルディスタン北部Vanでの深夜のトルコ警察による居宅急襲で41名が拘束連行された。

Thursday, November 17, 2016
 AKP政権による政治弾圧の一環としての居宅急襲や弾圧作戦が、Vanで続いている。
Van中心部で監禁された副市長に加え、Başkaleで3名がトルコ警察に急襲を受けて拘束連行され、Ercişで37名が急襲されて拘束連行された。


 

クルディスタン南部☆シンジャール抵抗部隊戦士曰く:”我々は奴らが何処から攻めて来ようとも、その総ての攻撃に抵抗する”

 

 

 クルディスタン南部(バシュール=イラク国家実効支配地域クルディスタン)のシンジャール山麓の防衛戦に参加しているシンジャール抵抗部隊(YBŞ)は、”我々は奴らが何処から攻めて来ようとも、その総ての攻撃に抵抗する。他の総ての部隊がシンジャールから退却しても、命尽きるまでヤジディ教徒クルド人を護ったように”と表明した。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部-Nusaybin☆夜間外出禁止令と破壊廃滅を続け住民を踏躙り続けるトルコ侵略軍

2016-11-15 10:51:05 | Weblog

 

c0ae941519781479340960faf5382b9e7bf69f87_1479128667
内国植民地クルディスタン北部の”国境”の街ヌサイビンを”掃討”し、その暴力の成果に巨大な軍旗を掛けるトルコ侵略軍。

 

クルディスタン北部-Nusaybin

 ☆夜間外出禁止令と破壊廃滅を続け、

  暮らしを踏み躙り続けるトルコ侵略軍

 

 

 トルコ国家とその手下である軍・警察で構成されたトルコ侵略軍=国家テロリストどもの圧倒的暴力に少なくとも昨年以来踏み躙り続けられている、奴らに内国植民地として扱われているクルディスタン北部Mardin県Nusaybin(ヌサイビン)は、シリア国家実効支配地域との”国境”の街である。そのヌサイビンの夜間外出禁止令なるものが未だに発令されたままの地区で、住民の暮らしや暮らしの場の破壊廃滅などの暴力支配が続いている。こうなることを想定して侵略軍に抵抗してきた住民にもたらされたのは、予想した通りの”治安回復”などとは程遠い、侵略軍のやりたい放題の乱暴狼藉であった。

 

 
Monday, November 14, 2016
 
 
 

 昨年来何度もの夜間外出禁止令なるものやトルコ侵略軍の攻囲にさらされてきたクルディスタン北部Mardin県ヌサイビンで2016年3月14日に発令され今現在も発令されたままの夜間外出禁止令なる暴力は、Yenişehir、Fırat、Dicle、Abdülkadirpaşaといった地区群を含むAlika地域の大部分で続いている。

トルコ国家とその手下であるトルコ侵略軍の破砕用重機群をも駆使した破壊廃滅無消作戦は、夜間外出禁止令と称した住民生活の踏み躙りが発令されたままの地区群で続いている。”抵抗は町ごと廃滅して除去してやる”という事なのだろう。こんなことをトルコ人が住民の大部分を占める町や街で奴らはできるだろうか? 明らかにそこには、”内国植民地だから”とか”二等国民だから”良いだろうという動機があるのだ。

Yasemin街やŞahin街だけでも10台の破砕用重機群が町を破砕するために運用されている。

Yenişehir地区では、同地区住民たちが、その場で破砕されていく自分たちの暮らしの場であった家々をただただ見ているしかない状況がトルコ侵略軍の圧倒的暴力をもって強いられている。


この記事をはてなブックマークに追加