★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

旧シリア国家実効支配地域北部☆ジャラブラス軍事委員会司令官暗殺のMİT情報部員を拘束

2016-08-24 23:44:31 | Weblog

 

旧シリア国家実効支配地域北部

 ☆ジャラブラス軍事委員会司令官暗殺の

  MİT情報部員を拘束

 

930a75547d9341208b6663c562adf3fd69da2c2e_1471945803

 

 Jarablus軍事委員会(JMC)は、8月22日にJMC総司令官Abdulsettar Al-Cadirî氏を暗殺した、トルコ国家情報機関MİT部員が拘束されたことを発表した。ジャラブラスは、トルコ国家実効支配地域と接する旧シリア国家実効支配地域北部の”国境”の町で、トルコ国家情報機関員どもやI$i$・シリア征服戦線(旧アルヌスラ戦線)は言うに及ばず、彼らの手先でもあるシリア・クルド民主党に連なる武装集団も暗躍してきた町である。

 

 
Tuesday, August 23, 2016
 
 

 

 ジャラブラス軍事委員会・総司令官Abdulsettar Al-Cadirî氏は、昨日(8月22日)、ジャラブラス軍事委員会(JMC)結成と、メディア情報におけるトルコ侵略軍によるジャラブラス占拠策動への反対を表明した後、Şêxlerの前線でトルコ国家情報局(MİT)部員によって暗殺されたことを明らかにした。

 記者会見の3時間後の暗殺策動は、JMC総司令である氏に重傷を負わせた。氏は病院へ搬送されたが、医療努力の甲斐なく死亡した。

 暗殺事件についての発表によると、JMCは、同司令官を暗殺したMİT部員がJMC民兵によって拘束されたことを明らかにした。

 声明は、JMC総司令を暗殺したMİT部員が拘束されたことと、そのほかのMİT秘密工作グループをも拘束したことを述べた。

 

3db273cf933efc8bcf8baa797df81bb54a269e45_1471939582

この記事をはてなブックマークに追加

トルコ国家実効支配地域☆拘束監禁されているÖzgür Gündem紙コラムニストErdoğan氏が入院

2016-08-19 00:37:56 | Weblog

 

トルコ国家実効支配地域

 ☆国家暴力団により2日間拘束監禁されたまま

  Özgür Gündem紙コラムニストの

   Erdoğan氏が入院

2c00cf7d9774cdcf0c6b62c10e31853dc66b999c_1471517059

 

 日刊紙Özgür Gündemがトルコ国家暴力団総本部AKP一家の手先である警察により社屋を閉鎖された後、自宅を警察部隊に急襲され拘束連行されたままとなっていたÖzgür Gündem発行委員でコラムニストであるAslı Erdoğan氏が拘束された身分のまま入院した。

 
 
Thursday, August 18, 2016
 
 
 

  日刊紙Özgür Gündemがトルコ国家暴力団総本部AKP一家の手先である警察により社屋を閉鎖された後、自宅を警察部隊に急襲され拘束連行されたままとなっていたÖzgür Gündem発行委員でコラムニストであるAslı Erdoğan氏が体調不良となり、拘束された身分のまま入院した。

 

 同氏担当の弁護団の情報によると、同氏は何らかの療養後に留置施設に戻らされた、という。

Erdoğan氏は体調を回復したというが、今なお担当の弁護団に会うことを許されていない。


この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブール☆Özgür Gündem紙コラムニストAslı Erdoğan氏、拘束監禁さる

2016-08-17 19:30:26 | Weblog

 

Özgür Gündem紙コラムニスト

 Aslı Erdoğan氏、拘束監禁さる

 

12d84e003becc42d439517e2ca2d3dab511a3bf5_1471422027

 

 Özgür Gündem紙編集委員でありコラムニストのAslı Erdoğan氏が、昨日(8月16日)の裁判所命令で同紙が閉鎖された後に警察部隊に自宅を急襲され拘束連行された。


Wednesday, August 17, 2016
 
 
 
  AKP政権の意向を受けた司法・裁判所命令で急襲した警察対テロ部隊により日刊のÖzgür Gündem紙が昨日(8月16日)閉鎖され同紙の記者ら従業員が(少なくとも23名が)拘束連行された後、元編集者宅、コラムニスト宅、そして発行者宅が警察部隊によって急襲されガサ入れを受けた。そのほかにもう1名のコラムニスト宅も後刻に不当な言論封鎖の暴力により急襲を受けた。

 

 昨晩には、同紙編集委員のAslı Erdoğan氏宅も警察により急襲された。同氏は、その急襲時に拘束連行されたままとなっている。

 



# 手元にある情報では、氏が何処に連行され監禁されているのか、またその理由なども依然明らかにされていないが、対テロ関連の容疑を被せれば故なく誘拐監禁しても良いという意味不明が付されている事だろう。エルドギャン独裁をもり立てる宣伝機関は好き勝手にピーチクパーチクと。アジアの西端と東端の一部のいずれ劣らぬウツケモノが好き勝手できる状況は、地域の緊張を現在進行系で大きく高めている。


 

 

この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブール☆日刊Özgür Gündem紙記者ら、同紙への暴虐な警察急襲により拘束連行さる

2016-08-17 13:22:26 | Weblog

 

イスタンブール

 ☆Özgür Gündem紙記者ら、

  同紙への警察急襲で拘束連行さる


 

 

 

 トルコ警察対テロ部隊がイスタンブールのÖzgür Gündem紙社屋を急襲し、同社屋内で急襲を受けた記者らが拘束連行された。一昨日にもアダナで同紙関係者ら31名が拘束されている。

Tuesday, August 16, 2016

 

 

 

 自称”民主主義”防衛の茶番劇によりエルドギャン独裁体制が一層強まっているトルコ国家実効支配地域のイスタンブールで、本日(8月16日)、警察対テロ部隊が”クルド支持メディア”として日頃から狙いを定めていた日刊新聞のÖzgür Gündem社屋を急襲した。

同紙編集主幹や居合わせた訪問者などを含む社屋内の記者らが警察留置場へ拘束連行された。DIHAレポーターも、この急襲により拘束連行された。警察急襲部隊は、現場に居合わせて急襲をライブ中継したIMC TVの撮影機材をも力づくで押収した。

 この急襲で拘束連行された記者らは、急襲部隊により滅多打ちにされていたのが目撃されている。当時、同紙社屋外にいた記者らは、急襲場面を録画できなくされた。

 同紙弁護団は急襲に抗議し”我々は、このような急襲の暴挙の一員にはなれない”との声明を発した。

この急襲により拘束連行された記者らは以下の通り:

 

Günay Aslan, Reyhan Hacıoğlu, Ender Öndeş, Doğan Güzel, Ersin Çaksu, Kemal Bozkurt, Sinan Balık, Önder Elaldı, Davut Uçar, Zana Kaya, Fırat Yeşilçınar.

Dicle News Agency (DIHA) レポーターMesut Karnak, İMC TVレポーターGülfem Karataş、İMC TVカメラマンGökhan Çetin(敬称略)

 警察は、その後もÖzgür Gündem社屋のガサ入れを行い、数台のパソコンを押収するなどしている。続報では、少なくとも23名がこの急襲により拘束されたという。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部ディヤルバクル県☆Lice-村民など50名をトルコ侵略軍が拷問

2016-07-01 00:44:46 | Weblog

 

クルディスタン北部

 ☆Lice-村民50名を

  トルコ侵略軍が拷問

 

 

 過去2日間足を踏み入れられないクルディスタン北部Amed(ディヤルバクル県)LiceのMehlêという小さな集落で激しい戦闘が起こった。Liceに入ろうとした50名が村の入り口でトルコ侵略軍兵士らに制止させられ、拷問を受けた。

 
Thursday, June 30, 2016
 
 
 
 

  Kerwas (Yalaza)村のMehlê集落付近で6月30日朝9時ごろから激しい戦闘が始まった。同集

落でトルコ侵略軍の軍事作戦が続いており、同所の住民たちは過去2日間、自らの住居に近付けていない。

 村民の暮らしのあった”戦闘の場”に近づこうとした女性や若年者たちを含む50名が、村の入り口を封鎖している対テロ特殊部隊に制止された。

軍・警察で構成されるトルコ侵略軍は、制止した50名を拷問し、集落を封鎖した。拷問による叫び声などが村にこだまし、犠牲者たちは危急の助けを求めたという。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部ディヤルバクル☆Lice、Silvanなどで住民追い立て後、トルコ侵略軍が拠点群に

2016-06-30 00:33:44 | Weblog

 

bbd489a025c9792dfddf5eaa08ad0c710c2ac5ec_1467189956

クルディスタン北部ディヤルバクル県

 ☆Liceの複数の村、SilvanやKulpで

  住民の追い立てが行われ、

   トルコ侵略軍が拠点群に

 

 トルコ国家が内国植民地として扱っているクルディスタン北部ディヤルバクル県のLice、Silvan、Kulpは、軍・警察によって構成されたトルコ侵略軍と在郷警備隊、対テロ特殊部隊によって攻囲されている。そこでは、国家は住民の治安などやすやすと踏み躙り破壊しておいて”治安を護ってやっているのだ”と毎度のように豪語している。

 
Wednesday, June 29, 2016
 
 
 

 Liceの村々は数日間、トルコ侵略軍の砲撃や空爆を強いられ、その結果である火災が時を追って拡がっていることもあり、同地の住民は住民の意志には一切関係なく追い立てられた。

  数日間侵略軍の攻囲下にあるAmed(ディヤルバクル県)のLiceの数十の村々は、同地で激烈な”ゲリラ掃討作戦”が行われた90年代を凌ぐ強いられた 事態に直面している。数千の侵略軍兵士共や対テロ特殊部隊群が、奴らが火器や重火器による攻撃のなか住民を強制的に追い立てたそれら地区群に急派された。 それらの暴挙に抗議した村々は砲撃と空爆で焼かれた。消防隊がトルコ侵略軍によって消火活動を制止されたりして妨害されるなどしているため、森林などの火 災は更に拡がっている。複数の情報によれば、6月29日朝からの火災エリアでは、偶発的な戦闘も起こっているようだ。

694837e4f66808029bd737df69a43aa59cc3bf82_1467120615


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部☆トルコ侵略軍兵士が、Liceで村民の食料供給(源)を差し押さえ

2016-06-29 20:06:00 | Weblog

 

694837e4f66808029bd737df69a43aa59cc3bf82_1467120615

クルディスタン北部

 ☆トルコ侵略軍兵士が、Liceで

  村民の食料供給(源)を差し押さえ

 

 

  トルコ国家に内国植民地とされているクルディスタン北部のLice、そして奴らの毒牙の向けられたSilvanやKulpでトルコ侵略軍の攻撃が続いてい る中、村民は侵略軍によって村への複数の入り口から自分たちの住居へ入ることを制止され、村民の食料供給(源)は差し押さえられた。

 奴ら侵略軍は「村民が食料を”テロリスト”に持って行く」からなどと主張している。

 村民にすれば、突然勝手に夜間外出禁止令とやらを強い、勝手に村に踏み入れ勝手に攻撃を加え、森を焼き、出入りを制止し食料まで差し押さえるトルコ侵略軍こそ、その”テロリスト”そのものなのだが。

 既に奴らは村を”テロリスト”掃討の拠点にしようとして、村民の暮らしの場を更に脅かし奪おうとしている。

9fc30753b117009883783288a24b1de27d422cc0_1467195164 

Wednesday, June 29, 2016


# これまでも、”夜間外出禁止令”とトルコ国家が勝手に称し勝手に住民に強制した地域への”戒厳令”によって、クルディスタン北部の多くの都市や町、地区群がパンを販売する商店の閉鎖を強いられたりしてきた。当該地区への出入りはもちろん、火事や救急搬送についても消防車や救急車の出入りを制止して火事が広がったり、急患が由々しい状況を強いられた例も多々ある。トルコ侵略軍兵士というテロリストどもが負傷すれば救急搬送されるにもかかわらず!

 こんなことは日本列島では起こらないという希望的観測は何の意味もない。クルディスタン北部で起こっていることは、日本列島の為政者どもが羨望の眼差しで見てしまうほど望んでいることなのだから。

 


この記事をはてなブックマークに追加

旧シリア国家実効支配地域北部☆トルコ侵略軍のGirê Spî攻撃で住民ら数十名が負傷

2016-06-29 19:17:55 | Weblog

 

 

81ff06d24e88b24f5f1d2a17f9a4eb67d7b07190_1467141073

旧シリア国家実効支配地域北部

 ☆トルコ侵略軍のGirê Spî攻撃で

  住民ら数十名が負傷


 

 ロヤヴァ地域(クルディスタン西部=旧シリア国家実効支配地域北部)のGirê Spî(テルアビヤード)で6月28日夜、トルコ侵略軍部隊が攻撃を行い、多くの住民が負傷した。


 
Tuesday, June 28, 2016
 
 
 
 

 ロヤヴァ地域のGirê Spî(テルアビヤード)で6月28日夜、トルコ侵略軍部隊が攻撃を行い、多くの住民が負傷した。

 情報によると、トルコ侵略軍の攻撃は、28日夕方5時ごろからGirê Spîから35キロ東方のHeşîşaで住民を標的とした。

殆ど女性や子どもたちばかりの数十名の住民が、その攻撃のために負傷した。

 負傷した住民は、Girê Spî中心部の病院に搬送された。


# 中東共通の敵イスラエル国家やロシア国家との関係改善を国家として行う姿勢を見せているトルコ国家を”融和路線”などと言うのは全く時期尚早である。それどころか、トルコ国家はクルディスタン北部やクルディスタン西部(ロヤヴァ地域)などで増々激しい対クルド戦争を強いている。要するに”融和路線”と見せかけつつ報道統制を行って報道機関を黙らせている対クルド戦争についての非難をかわす狙いだろう。何を粉飾してみても”夜間外出禁止令”を連発して住民生活を破壊し、大量殺戮と大量破壊、大量難民化をクルディスタン北部で結果している事を覆い隠すことは出来ない。穏健派である議会主義者さえもが、拘束連行され監禁されるような状況である。旧シリア国家実効支配地域北部のロヤヴァ地域やアレッポ市ではトルコ国家情報部門のMITが暗躍し、弾薬などを支援したSNC系民兵部隊やENKS(シリア・クルド民主党)民兵部隊が、I$I$との戦闘に忙しいSDF(民主シリア軍)の背後を徹底的に脅かし、アレッポではクルド人の多い居住区に度重なる砲攻撃を加えている。そこには何の融和もない。奴らが提出するのは意味不明な卑劣な戦闘と難民をビジネスにするあり方のみだ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部☆トルコ侵略軍がLice、Cudi、Siirtの森林群を焼く

2016-06-28 00:55:38 | Weblog

 

ecd25ddb42eceafdee4a5e432e56da40ee9c1af1_1467035800

 

クルディスタン北部

 ☆トルコ侵略軍がLice、Cudi、Siirtの

  森林群を焼く

 

 トルコ侵略軍による身勝手で卑劣な空爆群や砲撃により、同侵略軍がLice、Cudi、Siirtの森林群に放火した。

”国土は、唯一国家のものであって、その統治下住人である個々人のものではない”というアホな日本列島の圧倒的多数は、自らの”国土”を破壊し焼き、荒廃化させているトルコ国家を一切笑えない。それは、自分たちのこれから辿る道筋だから。自ら”国体を破壊している”奢る国家主義者どもには、冷静に自ら反省することを是非とも勧めたい。オマエタチには皮肉なことに、体制破壊者は他ならぬオマエタチだから。他称テロリストより、歯止め無くぶっ飛んで物騒なオマエラへ。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部☆Cizre-トルコ侵略軍の不法な破壊が地裁決定の10日後にようやく停止

2016-06-27 23:57:23 | Weblog

 

8864af69c41ae56b64e978f7db793304811c14b5_1467030972

クルディスタン北部

 ☆Cizre-不法な破壊が

  地裁決定の10日後にようやく停止

 

 

 トルコ国家の内国植民地とされているクルディスタン北部Şırnak県Cizre。Mardin地方裁判所の同地を踏みにじっている軍・警察から構成されたトルコ侵略軍に地区の”緊急事態時における””緊急収用”の一環として行われた住居などの建物群を破壊するのを止めさせる決定が、同決定の10日後にようやく実行された。

 
Monday, June 27, 2016
 
 
 

 Şırnak県Cizreでの建物などへの破壊を、地区の”奴らにとっての緊急事態における””緊急収用”の一環として行なったトルコ侵略軍に止めさせるMardin地方裁判所(地裁)決定が、同決定の10日後にようやく実行された。

トルコ侵略軍の虐殺攻撃群の後、トルコ国家AKP政権による”緊急収用”の一環として行われたŞırnak県CizreのCudi地区やNur地区の住居群の破壊は、ようやく停止された。

Cizîr(Cizre)住民会議副代表でトルコ侵略軍の卑劣極まりない虐殺攻撃の犠牲になったMehmet Tunç氏の父などは、CizreのCudi地区などの地区群の破壊をようやく渋々止めさせる決定をしたMardin地裁に、それ以前から異議申し立てをしてきた。

 Mardin地裁は、Şırnak県İdilに関する同様の異議申し立てを受けており、Cizreでの破壊行為を止めさせるのに10日間遅れたことで批判を浴びていた。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

旧シリア国家実効支配地域☆Manbij南部-I$I$の16戦闘員が死亡

2016-06-27 17:23:14 | Weblog

 

旧シリア国家実効支配地域

 ☆Manbij南部-I$I$の16戦闘員が死亡

 

 

 Manbij軍事会議の部隊がManbij南部のMillジャンクションまで進んでおり、直近のI$I$との戦闘でI$I$の16名の戦闘員が死亡した。

 

Monday, June 27, 2016
 
 

 現地からの情報によれば、Manbij軍事会議の部隊がManbij南部のMillジャンクションまで進んでいる。同部隊の戦士たちはMillジャンクション手前の穀物サイロから1キロ前進し、I$I$側の防衛線が破壊された。

 激しい戦闘が行われ、I$I$戦闘員の16名が6月27日2:00以降、同エリアで死亡した。戦闘は今も続いているという。

 


この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブール☆国家暴力団のテロと”Transプライド”開催中の拘束に抗議してアナキストがデモ

2016-06-26 01:20:17 | Weblog

 

 

トルコ国家実効支配地域イスタンブール

 ☆国家暴力団のテロリズムと

  ”Transプライド”開催中の

   拘束に抗議してアナキストがデモ

 

 

 トルコ国家実効支配地域イスタンブール県知事Cihangirによって禁じられた”Transプライド”デモと国家暴力団(警察ともいうようだ)のテロリズムに抗議してイスタンブールでアナキストがデモをし、同志5名が国家暴力団に拘束された。

 国家暴力団は鎮圧用ゴム弾を抗議デモのアナキストに使用し、アナキストは”ビン”でやり返した。以下は、6月24日のLGBTİ+ プライドの禁止概況: 国家暴力団はTaksim広場全体を封鎖し、LGBTİ+活動家を攻撃するためにIstiklal街にやって来たトランフォビック(反トランスジェンダー主義的)なファシストどもに場を許した。


この記事をはてなブックマークに追加

旧シリア国家実効支配地域☆I$I$の中のトルコ人グループがSDF等に攻囲のManbijで窮地に

2016-06-23 18:17:24 | Weblog

 

 

旧シリア国家実効支配地域

 ☆I$I$の中のトルコ人グループが

  Manbijで窮地に

 

 

 Antep-Adıyaman-Konya出身のI$I$内のトルコ人グループも、Manbij軍事会議やSDF(シリア民主軍)の包囲によって窮地に陥った。同グループは、自動車を使った自爆攻撃を実行しようとしていた。

 
 
Thursday, June 23, 2016
 

 

 https://youtu.be/01dniSLBAiU

 

 

 Antep-Adıyaman-Konya出身のI$I$内のトルコ人グループも、Manbij軍事会議やSDF(シリア民主軍)の包囲によって窮地に陥った。

同グループは、自動車を使った自爆攻撃を実行しようとしていた。

 I$I$が残していった無線の混乱に陥った声は、I$I$間での通話である。Antep-Adıyaman-Konya出身のI$I$に属したトルコ人グループは無線で会話している。I$I$メンバーの通話は、奴らが自動車を使った自爆攻撃を準備している事を明るみにした。

それらの通話の幾分かが上掲の映像で聞ける。

 


この記事をはてなブックマークに追加

イスタンブール☆アナキストの共有スペースinfiAlを警察部隊が6月19日夜に急襲

2016-06-22 23:16:42 | Weblog

 

 

トルコ国家実効支配地域イスタンブール

 ☆アナキストの共有スペースinfiAlを、

  警察対テロ部隊が6月19日夜に急襲

 

 

 

 6月19日夜23:30ごろ、トルコ国家実効支配地域イスタンブールのアナキストの共有スペースinfiAlという場が、警察部隊による2度の急襲を受けた。

 LGBTによるイベントに関連して、奴らは急襲をかけたものと思われる。


この記事をはてなブックマークに追加

クルディスタン北部☆ディヤルバクル-トルコ国家にとっての”緊急事態”声明が拡大

2016-06-22 11:04:24 | Weblog

 

1d474537db89484ba324b50a867ebcbf5a11de68_1466494346

 クルディスタン北部

 ☆ディヤルバクル-トルコ国家にとっての

  ”緊急事態”声明が拡大

 

 

 

 Amed(ディヤルバクル県)Lice、Hani、Hazro、Kulp、Silvan地区の25村にトルコ国家の言うところの”夜間外出禁止令”が発令された。

 

 
Tuesday, June 21, 2016
 
 
 

 クルディスタン北部ディヤルバクル県Lice、Hani、Silvanといった地区(三角地帯)で6月20日に開始された軍事作戦は本日6月21日も続いている。幾つかの住居群は、それら作戦の矢面で”夜間外出禁止令”下にある。

 ディヤルバクル県知事の命令で”夜間外出禁止令”下にされた村々は以下の通り:

 

Lice のŞenlik, Birlik, Erginköy, Elmadere, Oyuklu, Kutlu, Türeliの各村、HaniのYukarıturalı, Akçayurt, Kaledibi, Damlatepeの各村、SilvanのÜçbasamak, Çaldere, Keklikdere, Görentepe, Bayırdüzü, Dağcılar ve Dolaplıdereの各村、 KulpのTaşköprü, Temren, Bakırköy、Demirliの各村、 HazroのÜlgen, Mutluca、Bayırdüzüの各村。

 

 

Liceでの砲撃


 数千規模の特殊作戦部隊が武装装甲車両群に付き添われつつディヤルバクルからLiceに急派された。6月20日よりLice地区への総ての道に人と車両群の往来を監視・制限する5カ所のチェックポイントが設けられた。

Lice周辺の夜間外出禁止令の適用を免れた複数の村も6月20日夜から今朝(6月21日)までの空爆に遭うことを強いられた。

そういった蛮行をやめさせようとした非暴力の”人の盾”行動がLiceに向かっている。


この記事をはてなブックマークに追加