きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

なぜか今 Tea For Three ♪6

2017-03-31 11:37:23 | ジュリー 記事

あったかくなったねぇ・・

という期待を裏切って・・本日はまた寒かった。

明日はさらに冷え込むらしいですー。

 

なんだかんだと言ってる間に本日で3月も終わり。

いよいよ明日からは4月。新年度スタートです!

 

 

で、なぜか今 Tea For Three祭りのこのブログ。

ジュリ友さまからお借りしてる資料のなかに関連記事がありましたのでアップして一応しめくくります。

あとはラジオの音源もあるのですが・・まだ聴けてない~

ちゃんと聴けたら、またアップしたいと思います。

 

今回の記事、ページの端に「DODA RADAR No.19 5.22.1997」とあります。

転職雑誌デューダの記事なのかな?

オリジナルはカラーページらしいですが、こちらはモノクロコピー版です。

ゆえに何箇所か記事の文字がかぶってつぶれて読めないかな~というところがありますがご容赦ください。

 

  

      ↑この部分を拡大

 

記事の部分は全体に大きめにしました。

 

 

 

50歳。自分のこと、お互いのことを見つめなおし語り合った記事、いいですよねー。

「30年もやっていればもっと上手になるはず!」とサリーにいわれてるジュリーの世渡り

17のころと変わらず、「わざとヘタクソにしているのかと思うぐらい」というね。

50年経っても変わってないジュリー!自分に正直な生き方に磨きがかかってますね。

そういうところがサリーもタローもファンも愛おしくてならないのですね。

70歳の今、お三方が語り合ったらどんな話になるんでしょう?記事にはならないところではお話されてるんでしょうけれど・・聞いてみたいですねー。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか今 Tea For Three ♪5

2017-03-31 00:39:13 | ジュリー テレビ・ラジオ

昨日・きょうはだいぶあたたかい一日だったようで・・ようやく桜もあちこちで開花

週末はお花見に最適?と思いきや、土曜は雪が降るかも!なんて予報も出ていて・・どうなるんでしょう。

家からそう遠くないところに枝垂桜がたくさんあるところを見つけたので、満開になったら見物に行こう~、と楽しみにしております。

 

 

で、まだ続いてます~。

1997年の HAMA大国Night


VTRを見終わって・・・

「どうですか?なかなかでしょ?」

と、誇らしげな北原さん

「TVKのスタッフもやるときはやるでしょう?」

これに

「ばっちりですね」とジュリーからおほめのお言葉。

しかしタローさん

「じゃぁやらないときもあるんですかw」と笑顔でお茶目な突っ込みでみんな大笑い

北「いやいや(苦笑)ほんと、製作スタッフもそうですけどみなさんも、ほんと楽しんでやったからいいものができたんじゃないのかな?」

J「ありがとうございます」

北「思わず口に出て歌っちゃう。いいですねぇ。ほんと耳ざわりがいいっていうのかな?すーっと入ってきますよね。

それに・・いいじゃないですか!ロマンスグレー笑わないで、なんてねぇ。我々もこうちょっと白くなってきましたからね。

でも、きみをマジに愛せなくては他の何もできやしないなんてね!沢田さん、この詞の意味は?」

 

J「いや、なんかね 仕事をしている関係者の中にね? 僕ら家庭を持って子供もできて、今何をしたいかって考えたときに恋がしたいって。

 

そういった人がいらっしゃるんですね。なんだけど、僕なんかは・・恋をする・・う~ん、恋をするんだったら、自分の奥さんにもう1回恋をすればいいんじゃないの?

なんて思ってたことがあったもんで、今度は歌にしてみたんですけどね

 

と、まじめに語るジュリーさま。

なんと優等生のだんなさまなんだ。

そしてお話する顔がめっちゃ美人

これを聞いた北原さん

「恋っていうのはほんと大事なものだと思って。あの石津謙介さんていうね、VANをお作りになったあの方、86歳なんですよ。

でもね、おっしゃってましたよ。ほんと、いつも恋をしているんだ、って。あの大先輩の石津先生だって恋をしているんだから

我々だって恋をしなきゃだめですよね?いやぁすごく出てる!歌に。」

・・あれ?北原さん~、それはジュリーが言ってることとは違うよー?

お三方も「???」って感じだったでしょうけど、

「いいなぁ~ なんか」と浸ってる北原さんに反論はせず、ふふふと笑うジュリー。

「我々の応援歌ですね!」とさらに盛り上がる北原さんに

「そうですねー」とやさしく応じてます。

 

北「では、今後の予定などお聞きしたいいんですけど」

まずタローさんから

「プロデュースとか作家活動、作曲のほうですね。Tea For Threeとしては・・いかがですか?」とジュリーに振る。

  

J「え?Tea For Threeとしてはですね、今、作品作りを開始しまして。でー、今年の夏ごろにはアルバムのレコーディングをしよう!と。

 

たぶん予定でいくと11月ごろですか?ですから当面の目標は11月ごろにライブができるようにしたいなと。」

 

北「ぜひやってください!応援しますから

「個人的には?」とタローさんのフォローでジュリーの予定を紹介。

普通は自分の宣伝したくてTVに出るものなんでしょうけど、ジュリーはそういうのとっても控えめなのねー。

「あ、個人的にはね、相変わらず・・あのぉやってまして、コンサートも9月の18日から県民ホールでやりますし、

 

その前に東京のグローブ座っていうところでACTエルヴィス・プレスリーを5月の8日からやります。」

 

「岸部さんは?」

「僕はしばらく映画が3本ぐらい続いて、映画だから時期とかわからないんですが。そういう仕事のあとにレコーディングを考えてるんですけど。」

こちらも控えめー。

 

「ぜひねぇ!アルバムを作ってコンサートをやってくださいよ!」と、北原さん熱が入ります。

タ「コンサートをやるためにはね、10数曲作らないといけない・・」

北「今、2曲ですよね?」

J「でも、あと2曲ぐらいもうできてるんです」

北「じゃあもう、あと8曲じゃないですか」

J「そうなんです」とみんなで笑ってます。

北「50代になったロックバンド・・まぁ海外にはたくさんいますから、これからも日本のリーダー的にねやってほしなぁと思います。」

 

で、プレゼントのお知らせ!

なんと3人のサイン入りCD 10名さまにプレゼントということ。

超~~~お宝ですよね。どこのどなたに当たったのかしら。家宝だわねー。

(このCD自体、サイン入りじゃなくても今はプレミアついてめっちゃ高いです

 

「きょうはほんとうにありがとうございました!」

ということで出演は終了ー。

  

最後に ひとりづつカメラが追って・・サリーさん、ちょい変顔かわいい

最後まで楽しそうな笑顔のお三方でした

 

 

 ・・と出番は終了しましたが、このあと番組レギュラーさんたち

「かっこよかったですねー、お三方

そして視聴者からの感想FAXがまた熱かった様子

Tea For Three素敵ですね!昔タイガースを追っかけてました。私も皆さんと一緒に歳をとりましたが、まだまだこれからがんばります。北原さんもかっこいいです。」

と、ちょっとお気遣い入ったものから

Tea For Threeご出演、おめでとうございます!少女のころ胸をときめかせていた思い出が心の引き出しからあふれ出て今涙が止まりません。

ジュリーもサリーもタローも最高に素敵に映ってました

「2週間前の予告から楽しみにしてました。ライブ実現してほしいです!」

「昔姉と有楽町のウェスタンカーニバルになんども足を運びました。タイガースは気品があり、京都弁のゆったりした話し方が大好きでした。」

「中学生のころGSに夢中になり毎日レコードを聴いてました。3人を見るとうれしくてわくわくしてしまいます

がいーっぱいついていそうなアツいコメントがたくさん。

ジュリーファンはもちろんでしょうけれど、久々に3人を見たーって方も多かったのでしょうかね。

ご本人たちも、ファンもアルバム発売やコンサートを楽しみにしていたのに、実現しなかったのは残念でしたねぇ。


で・・HAMA大国Nightは終了です~。


もうひとつ関連記事があるので次回ご紹介。

ラジオの録音もあるんですが・・時間があったらちょっと書きたちと思います。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか今 Tea For Three ♪4

2017-03-29 00:41:09 | ジュリー テレビ・ラジオ

まだ続いております

Tea For Three ご出演の 1997年の Hama大国Night~

 

きみを~マジに~

が、頭の中で鳴ってて・・ときに口に出して歌ってしまうよー。

ジュリ~


続きです。

PVが出ず・・トーク行ってください~ってことになったようで、早速話し出すタローさん。

 

タ「しかしみんな楽しそうにやってるでしょー」

北「ええ。ほんと。でも我々若いですから

と、なぜかまたそれを言う北原さん

ここでジュリーなぜか

J「でもなんで3人か?っていうのがねw タイガース全員なんで集まらないかって。」と問題提議。

え?それ聞いていいの?

北「なんで集まらなかったんですか?!」そりゃー聞くよね。

しかしジュリーさま、自分で振っておいて特に答える気がなかったみたい なので、タローさんが何か言わねば・・と

「・・なーんでってね?」ちょっと困るー

ここでサリーがなんか言ってるのだけど・・聞き取れないのよ~。でもみんな笑ってます。

そこで北原さんが

「みんな忙しかったのかな?」とフォロー?さらに

「プロモーション撮った感想どうですか?」と別の話題へ。

サ「久しぶりにほんと楽しい時間を過ごさせていただきましたね。遊べたからね。」

うんうん、ジュリーと遊べてよかったことほんといちばんノリノリでした

 

J「スタジオでは緊張しましたけど、屋外でね、連れて行っていただいて。

外の空気の中でいるとこう、童心に返るっていうか。そういう感じでね。」

はいー。まさにかわいい少年でした

 

北「うちのブリキのおもちゃ博物館来ていただいたのがちょうど日曜日だったのかな、お客さんいっぱいいらしてたじゃないですか。

みなさんあそこの庭でお茶を・・tea for threeですからね お茶を飲みながら歓談してる風景を見てね、あ!なんでいるんだろう!なんて言ってね。

人だかりができちゃいましたよね。ほんと楽しくやっていただいて・・」

あ、これ!前記事でコメントくださったひよこさんが遭遇したのはこの場面でしょうか?

うらやましですね~

と、ここでPV準備OK!

「完成したVTRをご覧ください!」

 

 

  

       きみのよろこぶ 顔が見たい

 

      長い年月でぼくは変わった     

    

     ほんとにきみが幸せかと 胸が痛むのさ 悔やんでいる

 

ロマンスグレイ笑わないで     誓うよoh my love~

   

 

 

きみを(きみをー) マジに(マジにー) 愛せなくては 

 

ほかの(ほかのー)なにも(なにもー) 続けられない~ 

                     ・・って感じで (実際はフルコーラスです)

 


  

リラックスした様子のお三方。

とーってもいい表情がいっぱいでした。 

 

 

 

 

・・・終了と同時に、スタジオに拍手喝采・歓声!

 

きみを(きみをー)マジに(マジにー)のサビが頭から離れませんわ~。

 

 

ってことで・・もうちょっと続きますー。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか今 Tea For Three ♪3

2017-03-27 16:29:50 | ジュリー テレビ・ラジオ

先日の「HAMA大国Night」

ごちゃごちゃ書いてるわりに、まだほんの5分ぐらいの内容しか進んでないんです。

ありゃー

見ているとついつい「きゃぁ かわいい」って止めてしまう。

以前にも見たのに内容把握してないところいっぱいあったしね。

ジュリーに見とれて話聞き逃してるっていうのがいっぱいあるんです、たぶん

なのでこのように止めながら書き起こすと自分でも「なるほど」「そうだったのか!」ってことがいくつも出てきます。

勉強になるなぁー。・・とか言いつつ、またその内容もすぐ忘れてしまったりするんですが。

ちょっとずつしか進まないのでいったいいつ終わるんだ?って感じですが、よろしければおつきあいくださいー。

 

続きですー


「みなさんに協力していただいてがんばって作りましたー」

と言う北原さんに、ジュリーすかさず

「ありがとうございました!」

と野球少年のようなお礼!3人でぺこり!

 

「その模様をご覧ください!」とまずはメーキングビデオご紹介。

 

控え室の貼り紙

これは~・・歳の順でもなく五十音順でもなく・・並び順かな?

やっぱりジュリーははさまれるのが似合う


控え室のジュリー。 なにしてるんでしょ?

隣にサリー

 

サリーのベース

 

私物・・ どれがジュリーのでしょう?

 

スタジオ風景 演奏前

お口ぱくぱく  歌前の準備体操かな?

からの 

 

なぜか大笑いw 楽しそう~

   

 演奏シーン

 

北原「かっこいいぃねぇ ぜんぜん変わらないじゃないですか沢田さん

J「この3人でやるのは久しぶりだから緊張しますねw ひとりでやったほうが気が楽ですよー。」

 

北「みなさん笑ってますね。

  あんまり3人で会うことはないんですか?」

サ「あんまり~」

タ「沢田がコンサートとかミュージカルのときにサリーとときどき楽屋覗くみたいな感じで。お?サリーなにやってんの?」

片足でひょいひょい~

これにジュリーは爆笑w

タ「きみはコメディアンか?なんか役者のときとえらい違いや。」

j「楽しそうだったねー、サリーがいちばん

 

場面変わって・・

「横浜のうちの倉庫にも来ていただいて。いろんなコレクションが集まっていて。」

「すごいですね!ここも」

「いろんなものあったでしょ?」と、ちょっと自慢げな北原さん。

1930年代後半のオートバイにまたがるサリー。

タ「サリーがあんまりにも何も知らないんでね」なにか説明受けてます。

 

北原さんの自宅の中も撮影場所だったらしいです。

J「いろいろありがとうございました、ほんとにぃ」

と恐縮するジュリーに

北「とんでもないです ギター弾いてもらっただけで・・(とたぶん言ってるので)」

 

 

ソファでギター弾くタローさん。 

ジュリーもギター弾いてます。このギター、北原さんのなのかな?

ジュリーがおうちに来てソファに座ってくれただけでもう超幸せじゃないですか?いいなぁー

 

さらには野外での撮影シーン

  

タ「こんな絵まで!これふざけてるときじゃないですか?」 とくにノリノリのサリーさん

 

   かっわいい~ タ「はしゃいでます、いい歳してぇ」ジュリー(たぶん)手をたたいて笑っておられますw

「こんなこともやってました??」

外で開放感あふれてふざける3人さま・・もうほんと!少年です

 

メーキング鑑賞で大うけの皆様

J「こりゃ自然体やわ」

 

北「それではプロモーションビデオが完成しましたので紹介しましょう!

君を真実に愛せなくては他の何も続けられない!どうぞご覧になってください~」

 

思わず身を乗り出すジュリーですが・・

 

「あ・・出てこないですね

ってことでまだ準備ができてなかったらしいです。

 

それにしても まぁー楽しそうな撮影

そして箸が転がってもおかしい女学生のように笑い転げるジュリーのかわいいこと

ジュリーが笑うから思わずサービスしておどけるサリーも、それにびしびし突っ込むタローもかわいいです。

 

で、PVがなぜかまだでなかったので次はスタジオトーク


続きます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか今 Tea For Three ♪2

2017-03-26 01:41:48 | ジュリー テレビ・ラジオ

昨日お知らせしたように、本日は日本映画専門チャンネルで鈴木清順監督追悼特集。

大正浪漫三部作放送がありました。

「ツィゴイネルワイゼン」は用事があったのでちょこっとだけ見てみました。

先日見てきた「リボルバー」の藤田敏八監督が俳優としてご出演。原田芳雄さんとともに主演です。

午後、「陽炎座」は途中から見始めました。こちらは松田優作さんと原田芳雄さん。おふたりともすごい個性的。濃いなぁ~。

そしてなんとも不思議でエロティックな世界が展開してましたが・・あれ?気がつくと「夢二」の真ん中あたり。

・・あぁ やっぱり寝てしまったよー

夢二はわりと最近(昨年の秋?)観たのに、またしても「こんな場面あった??」と新鮮でした。

なんでもすぐ忘れてしまうのも何度も感動できていい!(のかな・・)

 

 

さて、なぜか今、Tea For Three  祭り中~

やはりはずせないのは唯一の?TV出演だったと思われる「 HAMA大国Night」

え~~っ?この3人がユニット組んでたというのに、なぜこれしか出演がなかったの??

と、すごく腑に落ちません。もっとメジャーな番組に出演依頼なかったのかしら?

・・が、私自身この時代ジュリーの活動すらまるで知らないでいたころですからねぇ。

この当時に知っていたら!夢中になっただろうに。


 

「こんばんは!今夜はギターといっしょに登場しました」

と、この番組のMCは鑑定団でおなじみ、おもちゃ博物館の館長・北原照久さん。

なんだかすごいギターらしいです。

「なぜギターを持ってきたかというと、きょうはスタジオにすごいミュージシャンをお迎えしたから!お楽しみに!」

ってことでだいぶ気合が入ってますー。

で、オープニングの音楽でに早くもその素敵ミュージシャンの演奏シーンが

 

きゃぁ~~ ジュリ~っ

 

ずらり並んだ番組キャスターさんたち。

「きょうは!」「きょうはすごいですよー

とスタートから浮き足立ってる感が

「今夜は元タイガースの森本太郎さん、岸辺一徳さん、そして沢田研二さん!」

と、紹介途中からもう「きゃぁ~」「うっほ~」 みたいな歓声と拍手で盛り上がります。

「きーみの喜ぶ顔が見たい~」と歌声がバックに流れ、黒いスーツにインのシャツも黒というしぶかっこいいスタイルで決めてるお三方

 きりっとかっこいいポーズから

  ぴょこっと謙虚なお辞儀ジュリー

この3人並び、ジュリーが最強にかわいいです

なんか学生っぽい?

 

「いつも自然体を大事にするということでつけられた名前が Tea For Three。どんなお話が聞けるか楽しみですよね

と紹介が終わるともう

「こんな近くにいるよ~

「私なんかうれしくってカメラ持ってきちゃいました~

「きゃぁ ミーハ~」

「みんな人のこと言えない~。始まる前いつものところにいないしー」

「ファンなんです!」

完全に素ではしゃぐみなさん 気持ちはわかりますが、おいおい 番組中だよー。

 

ちなみに「カメラ持ってきちゃいました~」はこの方

経済評論家の森永さん。いちばん乙女入ってますー

 

CM前のショットも

 

           かわいい~

 

で、いよいよ!

「かっこよさを忘れないロックを愛するメンバー集まった Tea For Three肩の力をぬいて大人の音楽を楽しもう!」という紹介で

  

 

お話を聞くのは北原さん。

「みなさん来られるというんでみんな緊張してるんですけどね。僕もほんと緊張しちゃって

と、言いつつ

北「僕たちって同じ歳なんですよ実は。団塊の世代というやつですよね」と妙に親近感もってる様子。

「団塊の世代の僕らが肩の力をぬいて音楽をやるっていいですよね。Tea For Threeのコンセプトは?」

これに答えるのはタローさん。

「最初は NHKのみんなのうたで絵を描いている中島潔先生から曲をかいてくれと依頼がありまして、歌はジュリーに歌ってほしいということで・・」

説明しているタローさんの横で神妙にうなずくジュリーさま。

 

NHKみんなのうた「あなたが見える」ですね。

そうか。中島先生がジュリーをご指名されたんですか

 

タ「そしたらジュリーがOKしてくれて。じゃぁ詞だれがいいかな?って言ったら、ジュリーが『サリーがいいんじゃないかな』ってことで。

レコーディングはじめたらコーラスを僕とサリーがやって。3人でぜんぶ完成してしもうた。サリーも久しぶりにベース弾いて。」

「スタジオ15年ぶりぐらい。」

「で、飲みにいったりしてるうちに だったらバンド作ろうか?と。

で、ちょうど(みんな50と言おうとしたのかな?)・・ま、ジュリーはまだ50になってないけども・・」

 
と、これを聞いて
「へへへ もうすぐですよ!」
  
   と、まぁーこの花咲くような笑顔なぁ~~んて綺麗でかわいいんだ!!
 

「50代のロックバンド!いいんじゃないかと。エリッククラプトンとかローリングストーンズとか向こうでは一線でしょ?日本はどうも若者中心で。
 
僕らも楽しくやろうよ!原点に戻ってと。」
 
 
「のんびりとね」とジュリーさま。

 
「と、まぁお茶を飲みながらのんびりやろうと、そいうことですか?」とまとめる北原さん。
 
「50って言うと、子供のとき50はすごい年配の方に見えなかったですか?」との問いに
 
タ「そうですねー。」
 
「今、自分がなってみると全然若い・・」
 
「昔だったらおじいさんですよ!」とタローさん。
 
これに大笑いのジュリー。
 
「30ぐらいでおじさんって感じしなかった?」
 
北原さんとタローさんは「今の50は若い!」って言ってるんだけどジュリーは
 
「だから 今の若い子たちも僕らのことおじいさんって思てるのよ」

 
と、ごく当たり前のようにおっしゃる。

タ「え!おじいさんと思てる?!」
 
「でも本人はまだ若いつもりなのよ」
 
どう見てもいちばん若くてかわいいジュリーなのに、シビアな認識なのがすごいですよねー。
 
これには北原さん
 
「みなさんも若いし、僕も自分ではすごい若いと思ってるしねー」と受け入れません。で、気を取り直して
 
「みなさんがこういうロックバンド結成してくれるなんて夢のようですね

これになんだかはにかんだように笑うサリー、ジュリー。

 

           

「3月26日発売のCD『君を真実に愛せなくては他の何も続けられない』作詞が沢田研二さん、作曲が森本太郎さんですよね。
 
実はうちのスタッフがこのプロモーションビデオ作りたいってことでみなさんに協力していただいてがんばりました」

ってことで、プロモーションビデオのメイキングビデオ紹介。

 


長くなったので続きます。

しかしサリーさん、寡黙です~。
 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加