きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

今更ですが ちょこっと加須

2017-09-30 01:11:19 | ジュリー ライブ

日中はまだ暑い日もあるけれど、朝夕はひんやりした空気。

日々秋は深まっている様子ですね。

気が付けば9月も明日で終わり!

そして明日はもう静岡ライブですねー

 

で、まだ加須のレポまったく書いていないというね

実はちょっと個人的にばたばたありまして。この先、もっとばたばたありそうなことになってしまってましてまぁこれはまたいずれ。

すっかりタイミング逃しちゃったのでどうしようかと思いつつ・・やっぱりちょっと書き留めておきたいし~。

なので今回はかる~く、参ります。

 

スクリーンがあがった舞台センターのジュリー。

いつにもましてグリーンの衣装が煌びやかに見えた気がしました。

ワインの前奏はそれだけでわくわく!

前日横須賀からの連チャン。最初は少しかすれ気味な気もしたけど元気いっぱいのジュリーの声が響きます。

「きみだけに~!」の2回目はこちらにいただきしっかり「きゃ~~!」と叫ばせていただきました。

前日横須賀ではマイクトラブルでやり直したという「自由に歩いて愛して」はこの日は何事もなく。(毎回あったら大変よねでもちょっと残念)

大好きな「うっ!」は若干ハスキーなお声でよりセクシーでした。

 

最初のご挨拶は

「ありがとうございます!加須です!花咲徳栄、おめでとうございます!

埼玉でいちばんに優勝したね?よかったね 自分のことのようにうれしいよ!」

と、加須市の私立高の甲子園優勝を祝うお言葉。

そうよね。市の主催だし・・もしかして市長さんも来てたでしょうか?

「最後までごゆっくり!私、上機嫌でお届けします!」

と跪きポーズで 会場は早くも大盛り上がり。

 

その言葉通り、終始お元気で気合の入った歌唱!

ほんと、ジュリーは1曲たりとも気を抜くことなく全力で歌ってくださるんですよね。

TGのロマンチックな曲の後にくるGREEN BOYはいつもぐっと引き込まれ魅了されます。

歌詞も歌も全体の演奏がすごく好きなの。

が、今回は「許されない愛」の後半の気合がすごい!と思っちゃったなぁ。

いつもそのあたりの曲は綺麗に流れて行ってある意味あんまり印象に残らないんだけど(すみませんほかに比べて私的に、です)、この日は終わったとたんに「きゃぁ!」と声が出てしまった・・私だけではなかったと思います。今更ですが、すごいわジュリー様

 

神戸以来のジュリー、髪はやはり少し伸びて・・たけど、そのわりに前髪は短めな気が。

なんというかちょっとぱっつん?

あれは伸びると邪魔で切ってしまうんでしょうかねぇ。それもまぁかわいいのですが

ゆるっと横に流れる銀の前髪好きなのでまたちょっと伸ばしていただきたいなぁなんて思うけど。

巷で話題の猫耳くんはあまり顕著に見られませんでした。

なんとなく右側がすこし立ちあがってたかな?という程度で‥残念。

お髭は神戸より短かった気もしました。なんか、ちゃんと整ってたような。

タイをはずして第二ボタンあたりまで開けた状態・・白い首元にあの華奢なネックレスが汗と一緒にきらきら光るの素敵だったなー

 

バラードを歌えばそのドラマチックに世界がたちまち引き込まれ、ロックを歌えばあまりのかっこよさにしびれっぱなし。

ジュリーならではのフランス語バラード・パリに一人はなによりロマンチックだなぁといつも心が浮き立ちます。

「フランス生活長いさかい」には男の人の笑い声もけっこうあがってたかも。

神戸でもそうだったけど、やっぱり今年は男性客多し!なんでしょうか。

そういえば最前列にものりのりの男性がいたような。

けっこうジュリーに見つめられていたような??

いいなー

超ヒット曲ゾーンの盛りあがりはやはりすごかったです。

憎み切れない~から時過ぎ、そして勝手にしやがれはとくに、会場全体がどっと沸いてました。

勝手にしやがれのあのジュリー独特のステップが、毎度のことながらかっこよすぎ

しかしもっと気持ちが盛り上がるのはそのあとの流れ。

妖しさに魅了されるアリフライラも大好きだけど、stppin stonesで一気にロックにはじけるジュリーがたまらなくかっこよくてかわいくて、もうじっとしてられない~っ!

激しく跳ねまわって歌うジュリーにアツくなっちゃいます。

と・・毎度同じこと書いてますが、ほんっとかわいくてかっこいいんだもの

 

折り返し地点のMCはごく短く

「時はあまりにも早く過ぎゆく・・もう24曲です。50周年記念ということで50曲やるぞ!

50曲フルサイズでやると帰れまテン!になってしまうので短く短く短く短く・・!なにか、ご不満でも??」

とコンパクト。

しかし、歌うとあれだけかっこいい人がしゃべるとどうしてこんなにかわいいの??!!

ほんとにいつでも何度でも萌えさせてくれる・・こんな69歳絶対ほかにいないよ~。

 

ってことで、かる~くと言いつつ・・やっぱり後半に続きます

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LaLaテレビで 山河燃ゆ!

2017-09-26 16:10:15 | ジュリー ドラマ


すみません~。

お知らせ忘れておりました

 

女性チャンネルLaLaTVにて25日26日27日、3日連続で「山河燃ゆ」総集編放送しておりますー。

夕方18時から。

・・って、きょう第二部放送終わってしまいました。お知らせとしては遅すぎですわ。

昨日は私、録画失敗しちゃったし(途中録れてなかった)

きょうはちゃんと録れた模様。

 

「山河燃ゆ」といえば、このブログで以前連続して取り上げてたんですが、ちょっと中断・・ののちずっと中断状態

わわわ・・チャーリー様、何年寝かせてあるんだ!?

っていうね。すみません~

当時連載してた途中で綺麗な映像いただいたから、写真を綺麗なものに差し替えてアップしなおしたい!

などと思ってたら全然進まなくなってしまって。

 

今回の放送は総集編なので、ただでさえ毎回出番があったわけではないチャーリーの出演率は下がってしまうんんですが・・

やっぱり映像が綺麗だしねーうんうん。

綺麗なチャーリーはより綺麗に見たいじゃないですか嬉しいわー。

 

こちらは昨日第一部から拾ったお写真。

 

あぁ チャーリ~~

これだけでも美しくって萌え萌えですが

本日、第二部ではあの最大の悶々シーンがっ!

 

  

    

 

はい~

大河ドラマ初!いや唯一ではないか??と思われるシャワーシーン

さっすがNHK。ジュリーマニアな演出家がいたのでしょう。

なんとも眼福 ありがたや~でございます

 

このあとバスローブだけ羽織って逃げ惑うチャーリー、追い詰められ死体置き場に逃げ込み、三船さんに

 

「すみません、追われているんです!」

とかくまってもらいます。

総集編ではここまでだった~。

けどほんとはそのあと冷凍庫にかくまわれて、出てきたときにフルフル震えて・・という超かわいいシーンがございました。

そこを切っちゃったのは残念だわー。

 

ってことで、遅すぎる感はありますが、明日・第三部放送あります。

ご覧になれる方はぜひ~。

18時から女性チャンネルLaLaテレビです。

 

 加須ジュリーさま、なかなかお出ましならず すみません~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました 加須! 道中編

2017-09-26 11:51:23 | ジュリー ライブ

お彼岸ですが、日中はけっこう暑かった~。

でもさわやかと言えばさわやかで、まさにコバルトの季節という感じかな。

ジュリー様は23日・24日の連チャンライブを終えて、しばしのお休み。

次は30日の静岡、そして1日の相模大野ですね。

・・って、あっというまに9月が終わる!

ジュリーを追いかけていると、ほんとに1年があっっっ!!という間なんですわー。



で、そんなお彼岸のさなかの日曜日、行ってきたのは埼玉県加須市です。

澤会さんで申し込むとき、行かれそうな日程と同時にその会場がどこにあって、どのように行くのか?

調べますよね。

行きやすい場所がいいけど、行ったことのない会場にも行ってみたい

  し~らない ま~ちをあるいてみたぁい

みたいな?


で、パストラルかぞはけっこう悩んだひとつだったんじゃなかったかな~。

でもでも悩んだ結果、9月は神戸に行くつもりだし「埼玉だけど遠そうだ・・」と申し込むのをやめた会場でした。

 

けど・・結局行っちゃったんだなぁー

だって、ぴあで中ほどの席(センターという意味ではありません。27列中の中間あたりということで左サイドでした)があった!・・とTwitterで見つけちゃったのが3日前。

チケットの売り方ってよくわかりませんが、あとから若干前のほうの席が出ることもあるんですねぇ。びっくりでした!

 

さぁチケット取った!ではいざ加須に!

こういうちょっと遠くの初めての場所に行くっていうのは、ある意味遠足気分もあったりして。ドキドキわくわく。

実際、けっこう思わぬものに遭遇して楽しいびっくりいっぱいでした。

なのでちょこっと加須への道中をご紹介。

 

まずは・・

こんな電車が走っていたりね

久喜駅で電車まってるときだったかな?

東武伊勢崎線は春日部も通るのね。

 

 全く知らない土地、加須ですが、幸いジュリ友様も行かれるということで「加須駅に14時ね」と待ち合わせ。

で、途中遅いランチを食べるつもりですがまだ時間に余裕があるし・・

ということで寄り道したのが、駅からすぐそばのこちら!

千方神社(ちかたじんじゃ)


まずはジュリー様のご健康を地元神社に祈願

どうぞお聞き届けください!

そしてご朱印も(社務所がしまっていて書置きだったけど)いただきました。

 

そしていざ!歩きます~。

ホールに行く道の途中には

こんな噴水が・・これ、な~んだ?

寄ってみると・・

なんと、鯉のぼりなんですよ~。びっくりー

 

ジュリ友様によると加須は鯉のぼり生産日本一!の街なのだそうです。

おぉ~。

調べたら全長100メートルのジャンボ鯉のぼりもあるらしいですよ。びっくりだわー。

こんな柵もありました。これは鯉のぼりじゃなくて普通の鯉ね。

(鯉自体は生産してないと思うけど)

 

と、まぁ遠足気分上々で歩くけどおなかが空いてきて。

どこかで軽く食べていきたいんだけどなかなかお店が見つからないんです

駅前にもっとなんかあるかと思ったのだけど・・なかったなぁ。

だんだん心配になってきた・・ホールまでの3分の2ぐらい歩いたところでようやくお店発見ー!

こちらちょっとおしゃれなカフェ。けっこう混んでました。

よく見ると・・あ。黄色いわっかの人が多いかも??

 

メニューはけっこう種類ありました。ドリンク付きで1080円。

私は「パンといろいろ野菜のプサラダレート」(だったかな?)を注文。

出てきたのはこちら!

まさにパン、そして野菜です。

わ!思ってたよりボリューミーでびっくり!

インスタ映えといえばいえるかな?

 

しかしまぁほんとにひたすら生野菜。

ええ、とってもヘルシーだったけど。野菜もこれだけあるとなかなか食べるの苦しくなるっていうか・・

とってもナチュラルな感じなので、ニンジンなんかはうさちゃん用のように噛み応えがあって。

後半はもうひたすらウサギになった気持ちでかじり続けました

(ドレッシング美味しかったけどちょっと量が見合わなかったのよ)

 

さぁ!腹ごしらえもしたところでいざ!会場へー。

 

ルーブル美術館か?というガラスのピラミッドがそびえる入り口。夜は光るのかなぁ?

建物前もすご~く広い広場なの。

しかしすでに入場始まっていて外にひとかけ全くなし!閑散としてました。

中に急ぎますー。

 

  

ポスターはあちこちでおなじみのシングルジャケット仕様

     

パストラルかぞの大ホールは1階のほかに壁際のバルコニー席含めて1005席という小規模ホール。

一番後ろでもけっこう見えやすそうな大きさ、一番前なんてめっちゃステージに近そうに見えましたが。うらやまし~なぁー。

こういう小ぶりなホールに行くと、「ほんとにここにジュリーが現れるの?」とか若干不安になることがあったりしますが。


はい~。ちゃんとこのように

なんかほのぼのした利用案内

カズさんはクマさんに、グレイスさんはライオンさんに。ジュリーは??

で、主催者って加須市なんですね!市を上げての主催なんだ。わぁ~


中ほどの列の席を探していくと・・お隣はTwitterで「ぴあ」の情報つぶやいてくださったお方。ありがとうございますー。

そしてもう片方のお隣もTwitterでお名前存じてたお方。お初でごあいさつ。

3人並びでびっくりよ~。

 

1005席のホール満員御礼!

開始前からすでに熱気が立ち上ってる感・・アツイなぁー。(空調弱め?)

と・・なんだか妙な音が。

なんだ?警報??とか思ったら開始合図のブザーだったみたいでちょっとびっくり~w

(なんか変わった音でした)

 

さぁぁ いよいよ場内暗くなりスクリーンが下りて拍手拍手拍手

ジュリーライブ加須!開幕ー。

 

長々すみません・・本編次回~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました 加須!

2017-09-25 00:39:14 | ジュリー ライブ

ジュリ~~~ッ!!

 

加須への道のりは遠かった・・けどジュリーさまは二連チャンの本日も最高っでした

 

歌えば果てしなくかっこよく男前

しゃべれば底抜けにかわいすぎる~~っ

艶のお声とキレキレのアクション、あんなにも素敵な69歳がほかにいるでしょうか?

・・いないよねぇ。

 

ってことで、帰宅に3時間かかってもウキウキの本日。

帰ってピノちゃんにごはんをあげた後、ひとり祝杯~

ビールの後にちょっとワインも飲んじゃったらほろ酔いで。

すみません~、まともにレポはできそうにないんですが・・とりあえず書いておきますと

 MCのジュリー。おめめがとっても大きくて綺麗でした~(オペラグラス使用)

 お袖の捲り具合がずるずるしてて、左右乱れ気味なのが色っぽかった

 自らを「ジュリ~~」と叫んだのがめちゃかわいかった

 それと・・きょうは中間あたりのお席でしたが、なぜか右腕のあの傷跡がけっこうはっきり見えてドキドキしちゃいました。

  髪はけっこう伸びてましたが前髪はぱっつん。

 

など萌えポイント続出~。

連チャン二日目というのにすばらしき歌声、パワフルでした。

今宵はパーフェクトなジジィさまであったことをご報告。(残念と言えば残念な、歌いなおしとかありませんでした)

細かいことは明日、また!ということで。

本日は限界~。

 

 

まるでピラミッドのようなパストラルかぞ 

行き・帰り30分のウォーキングとライブ2時間半スタンディング+きゃ~きゃ~!叫ぶ でカロリー消費はばっちりだったかも?

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリー鑑賞 恋人よわれに帰れ 3

2017-09-24 00:14:13 | ジュリー ドラマ

本日は横須賀にてジュリー様ライブ~

超男前でかっこよかった!

とか

噂の猫耳が立ってた(ラブリ~)

とか。

Twitterにはすでにたくさんの感想が上がってます~。

そしてなんと本日は「自由に歩いて愛して」を2回歌ってくださったんですと!きゃぁ~ いいな

なんかマイクトラブルで最初の部分が聴こえなかったからだとか。

きょうご参加の皆様、得しちゃいましたね~

 

で、明日は加須でございます~

お初の会場ゆえ行き帰りが心配ですが、帰ったらなにかしらご報告いたしますー。

 

 

で、ライブ前に終わらせておきたい

「恋人よわれに帰れ」

参ります

 

クラブで歌ってます もはや専属歌手?

 

セクシーポーズもさまになるケン

歌はつねに「Lover Come back to me」

「戦争に行くのでこれがラストダンスです」と告げるジョン。

朝鮮戦争が始まって、日本に駐留していたアメリカ兵は次々と出兵することに!

ケンにも命令が。

それを知ったケイコは「朝鮮は私の父の祖国。戦争に行かないで!」と訴えます。

「命令だから行かないわけにはいかない・・」と苦悩するケン。

 

出兵前夜、ケイコの病室に付き添うケン。

「患者は眠らせますから、話しかけないでくださいね」と医師からの注意。

先生、ケンに見惚れてます?

 

付き添いで座ったまま

思わずうたた寝の眠れる王子さま、美しい~

「・・?」おめめが覚めました?

気が付くと・・ケイコがいない!

 

なんとケンが眠ってる間に病院を抜け出していなくなってしまったケイコ。

えーーっ!?

お医者さん、眠らせますとか言ってたのに~。(あれはケンを眠らせます・・だったのか?)

ケンは軍に戻らずケイコを探しに!・・脱走兵となってMPに追われてしまいます。

 

 

広島でケイコを見つけ

「もう軍には戻らない!」と愛を誓います。

指の先まで美しい

そこに黒衣の女性が船に乗って現れて驚くふたり。

いったいこの女性は??

ケンの姉、ナオミでした。生きていたんだ!

 

しかし・・追手がせまります。

MPに同行したジョンが説得するけど「戻らない!」と抵抗。

「ナオミが生きていた、けどジョンにはもう会いたくないそうだ」と告げるケン。

原爆でひどい傷を負ったナオミはひとりで無人島に住んでいたということ。

ジョンは二度の被爆(広島とビキニ諸島実験)で白血病にかかっていると告白。

これを聞いてケンはナオミとジョンを会わせることに。

戦争前にふたりで踊るはずだった「オリエンタル」というダンスをするジョンとナオミ。

「もう追わない。行きなさい」とジョンに言われ、手漕ぎボートでナオミが住んでいた無人島を目指すケンとケイコ。

しかし・・これは無謀。追ってきたMPにすぐに見つかり・・

撃たれるケン!

それでもケイコとともにボートをこぎ続け・・

このときナオミも桟橋から海に身を投げてしまいます。

 

 

無人島に

ふたりの名前を刻んだ墓碑。

 

ジョンはその後朝鮮戦争に出兵し病気で亡くなったとのこと。

二組の恋人たちはみな亡くなってしまったのです。

なんとも辛いお話・・・。

 

ラストにはケン・オータの甘い声で「Lover Come Back To  Me」が流れます。

 

・・あれ?

しかし、ナオミさんも亡くなったならいったい誰がナレーションを??

同じ顔、同じ声のユキコさんだったのでしょうか?

謎です。

 

お話は辛すぎる結末でしたが、なにしろ83年ジュリーの美しさと甘い声堪能。

映画館で上映された映像はとてもきれいでした。

ぜひあの映像をDVD化していただきたいと願います。

 

ということで・・終了ですー。

 

 

さぁ!明日は加須

張り切って行ってまいります~

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加