きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

50周年記念ライブ NHKホール大千秋楽 振り返り~1

2018-02-02 20:01:22 | ジュリー作品

早くも2月に入りました。

2018年もあっという間にひと月が過ぎてしまったのねー。

「時はあまりにも早く過ぎゆく・・」のジュリー様MCがすでになつかしい。

この調子なら7月もあっという間に来るでしょうか?

待ち遠しいのは7月6日~

まぁその前にインフォメーションが届いて納めるものを納めねばですけど。

 

で、2月の初日夜から・・雪降りましたー。

寒いったら

我が家の前はまたも白い道。

 

朝の様子

道路に出るため雪かきしました。

夕方、道路の雪はほぼなくなってるのに我が家の前だけまだこんなだわ。

 

またも腕・腰痛いー。

いやー、まぁしかし千秋楽が雪でなくてよかったですね、ほんとに。

 

 

ではでは・・だいぶ遅れてますが 26日千秋楽の振り返り、参りますー。

 

席について、ブザーが鳴り・・しばしお隣のSさまと歓談。

会場入ってからずっとたくさんの方とお会いしてばたばたしちゃってたのですが少し気持ちが落ち着きました。

1階前方ですが、お顔をよく見るにはちょっと遠いのでオペラグラス装着!準備万端・・のつもりだったのですが、

いざスクリーンが降りて「あぁ、このスクリーンショーもこれが見納め・・」と感傷ににひたりかけて、はたと思い出しました!

黄色と緑のわっか~~!

バッグに入れて忘れてましたー。そのバッグは椅子の下にぎゅっと押し込めてある~と、あわてて引っ張り出して手探りでわたわたで、無事装着。

きゃー ジュリー登場の前に気が付いてよかった

もたもたやりつつもラストの「愛してるよ」とはにかむジュリーをしっかり見つめ「私も」とお返事してたらスクリーンがあがって・・

 

イントロ始まる前に、私を含め周辺はばたばたっと立ち上がりました。

いつもより前のめりー!

 

まぶしい緑の衣装のジュリーさま、きょうも元気にがつんと歌ってくれます。

NHKホールいっぱいの手拍子が響く。

「心まで酔わせたい酔わせたい あなたを~~ うぉおおぉ~~~~~~~~~~!」

最初から飛ばす飛ばすー

これに私たちも「きゃ~~~~~~っ!!ジュリ~~~~~~っ!!!」と盛大にお迎え

「君だけにー

の指差しは残念ながら左サイドには飛んでこなかったので「きゃ~~!」を言うタイミングを逸してしまいました。

ジュリー様、前日に比べるとちょっとお声がハスキー。コンディション的にはあまりよくなかったかも。

でもこの声で歌われる

「自由に歩いて愛して」はとってもセクシー

大好きな「っうぅっ!」も堪能~。

 

「お待たせしましたー。50周年ライブ、大千秋楽でございます!」

きゃ~~

「ひとことで50年。大変長うございました。お互い、変わってしまいましたね。」

あはは、ちょっとセリフを変えてきましたね。

「でもこうして元気で会場いっぱいのお客様の前で歌えることに 歌い手としてこのうえない幸せを感じております。

ほんとうにありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!」

はい~

このツアー中、ジュリー様はいったいどれだけこうして丁寧にお礼のお辞儀をされたことか。

「メンバーはおなじみ・・」

とおひとりづずつ名前呼ばれるたびに大きな拍手と歓声!

今宵が最後のこの5名での演奏なんだ・・とかまたもちょっと感傷的になり、ちゃんと聴かなきゃ!とか思ってしまったり。

「ではどうぞ最後までごゆっくり。私、最後まで上機嫌でお届けします!」

さっと跪くジュリーに拍手拍手

 

始まって間もなくのジュリーはやっぱり前髪ぱっつん気味のヘアスタイル。

空を見上げ青い鳥を探す上目遣いが少年のよう、といつも思います。

と、うっとりしてるところにガツンと入る GREEN BOY。

あぁやっぱりこの曲すごく好き!

色っぽく深い声と激しいギターの絡み合い。ギターソロのあいだ前後にゆれてリズムを取る姿も好き

「空から堕ちるよに歳を取る~うぁぁーーー!」

体のそらせかたがジュリーだぁと、斜めからの角度を堪能しました。

 

あなたへの愛はお穏やかに、許されない愛はきょうも情熱的に、そして追憶は狂おしく。

そして サムライですが・・この日のサムライ様、切れ味鋭くかっこよかったなぁ。

畳み掛ける「あぁあ!」の悩ましいこと

ツアーセトリ最短曲(タイトルは最長)君を真実に・・・まで来ると、なんかいつもちょっとほっとします。

しかしそんな暇もなく、出ました!ベース・ギターと一線ならびのス・ト・リ・ッ・パ・ー超かっこいい~

これは左右にステップしながらあちこちフリマネ。通路際だったから余裕で動けてしまいました。

あの魅惑の「おいで」の指の動きとか「朝でも夜でも真昼でも!」の手のフリとか。

大胆にも「おまえのすべて見たい!」のおまえとか・・きゃー楽しい~

歌い終わっての「きゃーきゃーー!」も半端なく。

ヤマトより愛をこめて は、もはや神々しいと言えますね。

スポットライトがジュリーだけを照らすラストもドラマティック。

巴里にひとり・・ジュリーのフランス語大好物

「メルシメルシメルシ!メルシボクボクボク フランス生活長いからー」も愛嬌たっぷりでかわいかった~(片言標準語バージョン)

 

明日は晴れる も大好きよー。

上着を脱いで、ひらひらブラウス萌え袖艶姿~めっちゃラブリーなんですが、

「空に叫びたい うぉおおぉ~~~~~~~~~~!」はとにかくド迫力!

そしてやっぱり文句なく良いお声の 君をのせて。知らぬ間に乙女ポーズでうっとり聴いてしまうー

しかし打って変わってのパワフルなろくでなしポリスマン登場!

あの手、腰の動きはなんとも悩ましく。カズさんのギターソロにもアツい手拍子。

時すぎでしっとりとひたるけど、続く ザ・ジュリーな勝手にしやがれでさらに会場は一体に!

会場い~っぱいの壁塗りが揺れる~間奏ではあのかっこいい走りを見せてくれるのが楽しみー

もうなんども見てるのに、毎度新鮮に美味しくいただけます。


と、来た来たー。

THE FUGTIVE から静かに幕が開く中盤の盛りあがりゾーン

アリフ・ライラ・ウイ・ライラ の妖しく魅力的なこと!もっと聴きたいー!!と毎度思います。

続く STPPIN STONES!あのジュリーの躍動と言ったら!!激しくて可愛くて。スペースにゆとりあったから存分に一緒に跳ねました。

さらに来たー!CHANCE

どんだけかっこいいんだよ~~!?っていう曲ですよ。

ワイン躍らせちゃう扇情的なジュリーの声もアクションも、演奏も、めちゃめちゃ好き~

歌い終わった時には特大の「きゃーーーーっ」が出ました。

しかしここではたと「半分来た・・」と気づかされる LOVE LOVE LOVE

ここでいつもの「帰れまテン」トーク・・のはずでしたがこの日は異変が!!


「時はあまりにも早く過ぎゆく。ザ・タイガースのLOVE LOVE LOVEでした。

今のでちょうど24曲終わりました。50周年と言うことで全部やりますと~・・今頃来たのかぁ」

・・・・?へ?

ジュリーがなにを言い出したのか、最初わからなくてざわつく会場。

「今頃来たのか。どうした?なにがあった?事故か?滑ったか、転んだか、骨折したか?!」

「あ、今たいへん不適切な発言があったことをお許しください。」と澄ましてるジュリー。

と、ここで自らご説明。

「ただいまの勝負についてご説明いたします。(相撲風?)

ずーっと、始まってから一番前のど真ん中が空いてたんです。ずーっと気になってたんですが・・ただいま到着されました!!大きな拍手をっ!!」

ってね、これなんと遅れてお席に到着した方へのお言葉だったんですよ!!

うひゃ~~~!ジュリーから特定で話かけられ(いじられてるともいう)てるっ!!

会場、笑いつつ拍手!!

いや、もう~~ジュリー様ったら!

めったになさらないことだけど、よほどノリノリだったのか・・いじるときはめっちゃ派手にいじりますねー。

しかしそのお方、千秋楽に一列目ど真ん中という好運のうえに、ジュリーから直接話しかけられるなんていう奇跡のような体験

運命のいたずらがすごすぎるわー。

うらやましゅうございましたしかしまぁすんごい注目浴びちゃいましたね。

どんなにかドキドキしたことでしょう!そこにジュリー様、

「・・ごめんね」と、やさしくフォロー。

いや~~ん、やさしい

「どこまで話しましたっけ?あ・・50曲、全部フルサイズでやると帰れまテン!になってしまうのでできるだけ短く短くお届けしてますが、なにかご不満な点でも?」

と、あのドSなかわいい目つきで言い放ったあと

「・・あなたは、ご不満ですか?」とこれまた遅れて来た彼女に個人攻撃

これには会場再び、「うっきゃーーーーっ!!」と、驚きとうらやましさと何とも言えぬ叫びがあがりましたね。

ジュリーから「あなた」とか名指しされちゃうって・・はぁぁ

「大丈夫ですか。ではお言葉に甘えまして・・25曲目をお届けします!」

ああぁもう!!

こっちの興奮置いといて行っちゃいますか。

・・しかし、ジュリーさま「殺す気か?!」

これ自分だったら、もう真っ白!いや真っ赤?真っ青?いやいやいや・・・しかしうらやましいぞよ~

いつも冷たい素振りしといていきなりこんなことしちゃうジュリー。ほんと罪なお方です。

うううジューリィ~~


ってことで、とりあえず続きますー。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日です いざ武蔵野!

2017-12-14 23:10:04 | ジュリー作品

北風ぴ~ぷ~な寒い一日でした。

大雪に見舞われてる地域もたくさんあるとか!

どうぞご注意くださいねー。

 

で・・明日です!

ジュリーでござる、ライブでござる!

寒さにも負けず、いざ!武蔵野~っ

 

そうなの。どんなに冷たい風が吹こうとも 、ジュリーを思えば気持ちはほかほか・・いえ、愛待てやそのキスいただいたら

ほかほかどころかあっち~~っという感じでですけど。

火傷覚悟で行きますよー。

ジュリ~~っ

 

ってことで‥行く前からだいぶテンションあがってますが、

・・・ライブの前には素敵作品鑑賞で、さらに気持ちを高めてください

 

 

 

・・・高まってきたかな~~??

 

いやいや

 zzz・・・

今夜は早く寝て明日にそなえねば。

 

明日、武蔵野市民文化会館にてお披露目~~~~

お待ちしております

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ~ 15日武蔵野でお披露目

2017-12-13 23:06:36 | ジュリー作品

さ・む・いよ~~

めずらしく日暮れ後の外を歩いたら、空気が冷たくて「ひぃ~っ」てなりました。

 

昨夜は埼玉・川口にてジュリーライブ

またまた満員のお客様で盛り上がったようですね

多摩、川口、と1時間ちょいで行かれる範囲のライブが続いたのに参加できず、どうにもじりじりと気持ちがあせっておりました。

で!いよいよ明後日、15日は武蔵野市民文化会館にてライブ久々のライブ参加でございます~!

思えば大田区アプリコ以来。しばらくジュリー様にお会いしてないのだわ。

1か月以上空いてしまったけど枯れずにいたのは、間にジュリー映画祭りがあって他の時代のジュリー様と逢瀬きゃぁきゃぁしてしまったから。

あぁ!ジュリー様、すみません浮気してしまった!・・って、むむ?同一人物だけど、これも浮気か?

・・で、その間にジュリー様の髪がいい感じに伸びてきたそうで・・前髪も伸びた?

Twitterで似顔絵あげてくださった方のイラスト見ると、なんとも絶妙!ちょ~どよい感じ!の私好みのヘアスタイルになってるんじゃございませんか?

いや~ん早くお逢いしたい~~

ジュリ~~っ


 

で、大事なお知らせでございます。

15日の武蔵野市民文化会館ライブ開演前・・会場ロビーにてジュリー作品お披露目いたします。

今回は、ハローパンダさんのかわいい研ちゃんたちとともに、先日ここでもご紹介したサキさんの布絵アートの美麗ジュリーさま4点ほどお持ちいただきお披露目!!

      

「勝手に二人展」行き逃しました!という方・・ぜひぜひこの機会に実物ご覧くださいませー

武蔵野文化会館、私はお初の会場なんですが、入ったことのあるサキさんの説明によると

「ロビーはチケットもぎりから縦に長方形で右側に腰高の全面ガラスで物が置けるようなカウンターみたいになってます。(リニューアルで変わって無ければ)広くはないけどソファもあるし綺麗でした。」

とのこと。

なので、チケットもぎりからずーっとまっすぐ進んでいただいて(入場口付近は混むでしょうし)、奥のほうのカウンター?

あたりで作品広げられたら、と思ってます。

私たち、できるだけ早めに入場できるよう努力します。

ですが、いちばんに入場できるかはわかりませんし、行ってみたら場所が確保できなかった!っていう場合もあるかもしれないし。

もしもいなかったら探してくださいませー。お願いいたします。

また、入場から開演までが30分しかないので混雑するかもしれません。

ジュリーファン淑女の皆様だから・・あ!もちろん紳士も! 大丈夫と思いますが、どうぞおだやか~に譲り合ってのご鑑賞お願いいたします。

 

あー、もう。なんか久々の参戦でドキドキしてきちゃったー

あと二日・・体調注意してのぞまねば!!


きょうはちょっと川越に出かけまして、氷川神社さんに寄ったのでジュリー様の健康祈願!

で、境内にあったおみくじがかわいかったので・・パシャ


 

めっちゃ大漁~~ おめで鯛

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「勝手に二人展」 ジュリーを描いた布絵アート

2017-12-07 23:17:02 | ジュリー作品

本日、ジュリー様は東京・パルテノン多摩にてライブ~。

・・うう、行かれる近場なのに行かずにいるのってなんか淋しい。

当日券で行っちゃうか!?とかも考えたけど、どうもいろいろ詰め込みすぎのこの頃だったので天気のいいうちに大掃除。

来週の武蔵野での逢瀬を待ちますわ。

あぁ!でも逢いたいよ~。ジュリ~~っ

 

 

先日、行って参りました「勝手に二人展」

あまりに素敵な作品世界に魅せられて

いったいどういう作品なの?どういう方が作っているの?と、気になる方もいらっしゃるかと思います。

先日アップした写真は全体的なものだったので、「一点一点をもっとよく見たい!」という方はこちらのホームページではっきりしたお写真が個別に見られます。ぜひどうぞ。

         細谷さつき布絵作品  http://sakiart.saloon.jp/    

また、サキさんのブログお読みいただくと創作活動の様子はよくわかるのではないかと思います。

        クラシノ    https://blogs.yahoo.co.jp/sa_lanimoana/29113593.html

 

 

で、ふたたびの「勝手に二人展」アップなんですが、前回書き損ねた「ここをお伝えしたかった!」という部分がありましたので少々の説明とともに紹介します。

 

こちらの壁にずらりと12点。

そしてさらに2点。

 

それぞれの作品には描かれているジュリーの年代が添えられていました。

と、同時にいくつかの作品にはサキさんの「言葉」が添えられていたのですが、それがとても端的にジュリーを表していたのです。

ということで、右端から順に紹介していこうと思います。

写真はちょっと距離をとって撮影したものなので、作品詳細はHPhttp://sakiart.saloon.jp/   のほうでぜひぜひよ~くご覧くださいね。

 

一番右から・・2008年(還暦) 添えられていた言葉は 「60歳。穏やかな中にも・・・」

中央・・1968年 タイガースデビュー当時 「未来を見る目」

左・・1973年 危険なふたり

 

1977年 憎みきれないろくでなし

ここでちょっと解説・・左の作品。真っ赤な背景で歌うジュリーがひと際鮮やかな大きい作品ですが、ジュリーの背後に広がる影はなぁに?

なぞなぞのようですが・・私、会場で直接サキさんにお尋ねしたんです。

これは、大きな得体のしれない鳥ということで、右側に鳥の頭のようなもの、そして左が羽があるのがわかるでしょうか。

さらに、作品中央をななめに横切るような黒とブルーの半円の物体。これはジェットコースターのレールの残骸なのだそうです。

ドン・キホーテ六本木店の屋上に建設されたけど諸々の問題で稼働せず残骸となったジェットコースターのレールを思い出してイメージで縫ってみたそうです。

このころのジュリーは怖いものなしの快進撃の真っただ中。そんなジュリーの高みを目指し挑んでいく姿を

「メタリックなレールに乗り得体のしれない鳥に導かれるように高く羽ばたくジュリー」として描かれたとのこと。

う~ん。さすが!いろんなイメージやアイディアが盛り込まれているのですわ。


また、もうひとつ注目は右のろくでなし様の耳元・・イヤリングが

ほんとの安全ピンだ

 

 

 1977年 勝手にしやがれ

 

1978年 ダーリング

右の作品、とくにその立体感に圧倒されました。角度を変えてみるとまた違って浮き出てみえるのですよ。

 

 

1978年カサブランカ・ダンディ 

左の作品の下に 「時折見せる眩しそうな流し目」

あぁこの流し目にズキューンとやられちゃいますよね。

 

で・・1枚飛ばして・・

ごめんなさい!この2点はピントが甘かった・・ぜひHPのほうでご覧くださいね。

右 1978年カサブランカダンディ 「不埒でだらしなさも絵になる」

左 1978年サムライ 「作詞家の考える世界を表現する道具になり身体を張って、ただ目の前の任務を遂行する仕事人」

曲ごとにそのキャラクターを演じきったジュリーを表す端的な言葉ですね。

 

サムライは一枚でも撮ってありましたのでいちおう貼っておきますね。

 

 

 さて。そして最後に、一枚飛ばした作品ですが・・

こちらは1981年のス・ト・リ・ッ・パ・ー

 

1981年のジュリー。あらたになバンドエキゾティクスとともに活動始めた時期。

私がリアルタイムで堕ちたころのジュリーで思い入れがあるのです

と、いうのもあるのですが・・作者のサキさんが、この作品のジュリーの「目」の表現にひと際悩み、時間をかけて出来上がった作品とお聞きしました。

 

この作品だけ、サキさんに送りいただいた少し鮮明な画像を貼らせていただきます。

 

孤独・不安・・それらを背負いながらもなおひたすら進み続けるまっすぐな強さ。

それこそがジュリー!という強さを宿した目の光。

なんども試行錯誤してこの表情ができあがったそうです。・・お見事

添えられた言葉は

「透明なバリアで人を寄せ付けない雰囲気」

気高くも不敵ともいえる女王の笑みを浮かべたジュリー。最高に美しい

 

いかがだったでしょう。

いつも書くことなんですが、ほんとうは実物をご覧いただくのが一番!!私の伝え方では不十分なのはわかってるんですが・・。

すこしでも作品の素晴らしさをお伝え出来たら幸いです。

 

 

 次回は・・映画祭りのまとめ・・書きたいと思います

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました 勝手に二人展

2017-12-05 01:13:14 | ジュリー作品

ゴールデンウィーク終了でちょっと気が抜けちゃっております。

あぁー。なんとときめきに満ちた1週間だったことか。

次のライブまでまだちょっと間があるのでもう少し余韻に浸っていようと思います。

もう少し記事を書きますね。

 

しかし!

きょうはちょっとお出かけしてきたのでそちらを先に。

 

行ってきちゃいました。

「勝手に二人展」

漆作家さんと布絵作家さん二人の作品展。


  

吉祥寺ホテルのギャラリーKにて開催。

 

布絵作家サキさんの作品、以前お写真で拝見したことはあったのですが、実物を見せていただくのは初めてのこと。

ドキドキです。

 

会場全貌・・わぁぁ壮観!!

手前には漆器の展示、向こうの壁にはずらり並んで壮観なジュリージュリージュリーが14点。

撮影お許しいただいたのでもう少し近づいたお写真・・

 

 

 

 

油絵のように見えますが、これはすべて布を重ねて縫い合わせることでできています。

動いて歌っているジュリーをスケッチして、そこに色を重ねて仕上げていくというこの作品。

色使いのセンスが絶妙で素敵すぎる・・

まるで今にも音楽が鳴ってジュリーの歌が聴こえてきそうな生き生きとした臨場感。

作品それぞれの時代の背景やジュリーの想いを想像し、サキさんご自身の気持ちも込めて作り上げられた作品は、ひとつひとつがジュリーへの愛でできているのですね。

はぁぁぁ いつまで見ていても見足りない、見れば見るほど惹きつけられてしまう作品です。

連れて帰りたい~ ・・とか思っちゃいますが、もちろん非売品ですよ~。

どれもがジュリーに捧げる愛と魂がこもった世界にただひとつの作品ですもの。

ほかに、街の風景やクリスマスモチーフなど素敵な作品があって、こちらは販売されてます。

 

 

   

ともに展示されていた漆器・・シンプルでいて美しく品もあり素敵でした。しかもお手頃価格!

心惹かれました。



 

サキさんとは初めてお会いしましたが、とてもやさしい素敵な方でした。

その優しさは作品にもよく表れていると思います。

ジュリ友さんと一緒にお訪ねしたのだけど、たくさんお話させていただいてとても楽しかった~。

漆器の作家砂賀さんと、その奥様もとても気さくにいろいろお話させていただいて長々とお邪魔してすみません。

お茶までいただいて、ごちそうさまでした。

 

「勝手に二人展」開催は明日5日までです。

ご興味ある方はぜひお出かけください~。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加