きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

50周年記念ライブ ティアラこうとう 振り返り1

2017-08-31 19:23:37 | ジュリー ライブ

なぜ何度も同じ人のライブに行くの?同じセトリなんでしょ?

・・という素朴な疑問。

むかしは私もそんな風に思っておりましたよ。

同じ歌を何度も?高いお値段払って聴きに行く?もったいないじゃ~ん。

 

しかしね。

ほんっとにどれひとつとして「同じ」ライブはないのですよね。

なにせライブだもの。生きてる時間そのもの。

コンサートの組み立てが一緒でも、その空間でその歌を聴けるのはいちどきり。

毎回が初めてで最後の一期一会。

だからこそ毎回楽しみ尽くさなければ!

 

ってことで行ってきましたティアラこうとう~。

この会館を訪れるのは2度目だったか。小規模だけど綺麗で素敵な会館です。

そしてここは下町なのねー。

 

始まる前からドキドキわくわく B面集を聴きながら(甘いたわむれとかジュリアナとか甘いお声が流れてました)高まる期待。ステージ近いわっ!

・・ありがたいことに本日も肉眼でOK!なお席。

「甘いたわむれ」など流れるなか、開始を待つのも幸せな時間。

 

ブザーの後、スクリーンが下りて。

静かに始まるムービーショー。

ときどき「うわっ」とか「おぉ!」と声が上がるのはお初のお方かな。

それにしても百花繚乱のジュリーさま

前回は「どセンター席」の迫力に圧倒され、ジュリーご本人登場する前から緊張しすぎちゃって、いまひとつこのムービーショーが楽しめなかったんですけど。

きょうは舞台に向かって左寄り。正面はずれてるとちょっと落ち着きます~。

ってことで、前回心がまえ間に合わず見逃しちゃったあの「口元」。しっかり確認しちゃいましたわ。

・・・う~ん。 「ありがとうに見えてしまった。

希望としては「愛してるよ」派だったんですけどねぇ。「ありがとう」がとてもしっくり来てしまった・・。

さぁ~、この真相はツアー最終日に語られたりするんでしょうか?ね?

 

 

スクリーンが上がると中央にジュリー!!

いた~~~~っ いやいやもちろんいるのはわかっていたんですけど・・うれしいぃぃ~~っ!

本日も、あのワインのイントロで盛り上がってスタートでした。

けどね、ちょっとお声のがかさっとしてる?出しにくそうだなあぁ。

気候の変化が激しい時だからなぁ・・なんてちょこっと心配するも、ジュリーは力強く進んでいくのであります。

習志野以来なのでひと月にはなりませんが、髪はけっこう伸びてました。(お髭はもっと・・)

 

ワインで早くも大沸騰の会場!

キラキラの照明の中歌いだすジュリー。そのまわりをなにか飛び交う小さなものが。虫・・?しばらく見えてましたね。どなたか姿を変えておりてきたのかしら。

歌が終わると同時に「きゃぁぁ~~~っ!」・・と高音で出したつもりですが、ありゃ?私もちょっと声がひっかかるわ

「君だけに愛を」が始まるぞ、ってことですでに会場は第二波のきゃ~~っ!

指さされたらもっと出しちゃう!と構えてましたが残念ながら昨夜はこっちに指差しなしでした。

「自由に歩いて愛して」では高音を突き破るように出されてましたね。 もう心が震えてしまったわ。

 

 

「お待たせしました、下町ティアラこうとうです。これから雨だというのによくお越しくださいました。ありがとうございます!」と元気に最初のご挨拶。

「50周年だゾ!」拍手拍手。するとちょっと間をおいて・・ふたたびの

「ほんとに・・ 50周年だゾ!」ちょっと笑いがまじってました。

クレヨンしんちゃんみたいな発音で言う「だゾ!」がチャーミング

「ときどきふざけてるけど・・まじめにやってきたゾ!」さらなる拍手!!

と、ここでメンバー紹介して

「おなじみのメンバーだゾ!」畳みかける「ゾ」がかわいいゾ

「きょうは上機嫌でやるゾ!!どうぞごゆっくり!」

なにせ下町、威勢のいいジュリーさまなのです。

 

あれ?きょうはタイをほどかないのかしら?と思っていたら「青い鳥」に入った時にするりと解きました。その手つきが優美

そして大好きな「green boy」

やっぱり高音はつらいかも・・。

「あなたへの愛」「許されない愛」「追憶」「サムライ」とドラマチックな曲が続くセトリ。これは素敵だけどつらい。

しかしジュリーさま、こういときこそ!の気迫がすごいんです。

出しにくい声を振り絞っての・・それがどうにもこうにもセクシーでエネルギッシュで・・もう~堪らん またまた惚れちゃうよぉ

と・・カズさん依知川さん従えての魅惑の3人並び出ました!「ストリッパー」ほんっとにかっこいい!

セトリを覚えきっていないから毎回「おぉ!」と新鮮に驚いてしまいますわ。

あれ?ところで昨日はどこでジャケット脱いだんでしたっけ?

う~ん。意識して見てなかったから思い出せないわ。

首元、少しあけたところに細いシルバーのネックレスが光っていたのはよーく覚えてるんだけど。

「ヤマトより愛をこめて」はしっとりしていつもよりさらに哀愁が強まっていました。

「パリにひとり」で伸びやかな声に艶が出始めたような。

この歌のあとはお約束の「メルシ メルシ ボクボクボク 」ですがきょうは「フランス生活長いさかい」と語尾がなんだか関西弁?でした。かわいい

本格的には「コバルトの季節中で」あたりから艶が出始め、やっぱり「君をのせて」で本調子に乗りました。

この歌はほんとにいつもすばらしくいいお声で歌ってくださいますよね。

そしてあの優美なお辞儀。はぁぁ・・美しい

と息つく暇なくロックなジュリー「憎み切れないろくでなし」カズさんのセクシーギターソロも堪能~

今回の席はジュリーとカズさんを同時に見られるという黄金角度なのでした。ふふふ

「時の過ぎゆくままに」「勝手にしやがれ」とザ・ジュリーなヒット曲の連続!

勝手さんはね、この間24時間TVで亀梨君のを拝見したばかり。思わず、いつもより惹きこまれてしまいましたわ。

ジュリー…超絶かっくいい~~~っ!

そりゃあスタイルのよさとか若さとか、そうしたかっこよさは今はかなわないかもしれません。(かなわない、とは書かないけど

でもやっぱり、このスパっと切れのいい明瞭でエネルギッシュな歌、それでいて自然とあふれる色気。

ポピュラーだけどちゃんと歌おうとすると難しいこの曲。

(ジュリーの歌は「歌えそうでいて歌ってみるとほんとむずかしい!」っていうパターンが多いから)

賛否両論あったけど亀梨君の勝手にもとってもがんばっていたと思うのです。でも、むずかしいのよ。

そのうえ阿久さんの詞の世界観に立ち向かい表現するって・・どれだけすごいことなのか。

パーフェクト版を何回も当たり前のように聴いてる私たちの贅沢なこと!とジュリーのミラクルな歌唱力にあらためて感謝感激ですよ。

亀梨君が夜のスポーツ番組で「この歌を歌ったときが24時間番組中いちばん緊張した」と話してたのを聴いてこの曲とジュリーへのリスペクトを感じて好感を持ってしまったわ。

・・とついついレポから話がはずれてしまったぞ

ってことで「勝手にしやがれ」をいつもよりさらに心して聴き、思い切りキャーキャー言ったのでした

怒涛のヒット曲集。しかし、今ツアーのセトリのすごさはまだまだまだこれから!なんですよね。

「The Fugitive」後半のオクターブ上いくところもばっちり!そんなかっこいい歌の後に

「サンキュ サンキュ イギリス生活長いさかい」とまたこれがかわいいの。

「アリフ・ライラ・ウイ・ライラ」・・この激しくも妖艶な世界これぞジュリー 

そして今ツアーで「これだ!これ待ってたんだ!!」と思う曲のひとつ・・「Stepin Stone」これも「これぞジュリー!」

(「ひとつ」・・っていうのは結局後半にも「これだ!」「いや、これだ!」って思う曲が続々出てきて1曲に絞れないから

あの飛び跳ねるステップもかわいいんだよね無条件にノッてしまうのよ。

そして「チャンス」これもまたジュリーならではのかっこよさで・・あぁもうどうしましょ!ってなりますわ。

1曲終わるごとの「きゃーーっ!」がすごかったです。

で、気が付けば「Love Love Love」Lの字をかかげて揺れる会場。

折り返し地点のMCです。

 

 

そうそう!昨日入場口でこれが配られました。

 

おお!大悪名、CD出るんだ~~

映像ならもっと嬉しかったけど、希望をかなえてくださったということかしら。

で、気になるのは「ポスター2枚付き」ってとこですよね。

ジャケット写真と同じ桜の絵~とか?うぇ~ん

できれば ヴィアジャンテ~で飛び跳ねる着流し親分とか、殴り込みでキックをくらわすおみ足全開の親分とか・・希望です

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

50周年記念ライブ ティアラこうとう!

2017-08-31 02:16:27 | ジュリー ライブ

最高に盛り上がってきました!ティアラこうとう

ジュリーも会場もノリノリの大盛り上がり!

本日は二度目の良席。左ゾーンからの一桁席でジュリー様の素敵な斜め顔がよ~~く見えちゃった

きょうもたくさんキャーキャー言って、飛び跳ねて参りましたわ。

熱中症は大丈夫だったけど、ジュリー熱はスコーンと上がってしまったわ

 

しかしなにせなにより歌が

始まりはちょっとお声が心配な気もしたのですが、それを上回る全身全霊の歌唱。

中盤からの歌のすごかったこと!

なにしろあの色気な~~~んであんなに色っぽいんだろ

色気というのは、若さだけではなく、ましてや小細工で作るものではなく・・熟成された中身があってこそ醸し出されるものなのねぇ・・とあらためて思い知ります。

いやぁほんとに。ドキドキしどおしでした

そしてあの生真面目さねー。

「LOVE抱きしめたい」に入るとき、イントロ始まってから急いでマイクスタンド取りに行き、歌いながらマイクをセットしたので「ガコン!」って音がして「あらら」とは思ったのだけど、そのままいいお声で歌い、歌い終わったら・・・

「ちょっとタイム!・・・すみませんでした。」と神妙な様子のジュリー。

「私、次の曲間違えてました・・」間違えたの?とわからない程度のものだったのに。(いつもよりちょっとあっさり気味だったかな?という程度)

会場は「あはは」と笑って拍手。すると

「もういっぺんやっていいっすか?」と低い声で。もちろん会場大喜び!!

「歌いながらいろんなこと考えてたんだけど。なんて言おうか。・・もう一度いきます!!」

くるっとふりむいてバンドメンバーにも頭下げて・・仕切り直し。

・・いやぁ~~。この歌が、もうほんとに情感たっぷりで。すばらしかった

一度目だって全然よかったんですよ?入り遅れたわけじゃないし、普通ならそのままいくじゃないですか。

でも、ジュリーはほんとすごいねぇぇ。

ご本人が納得いかなかったのでしょうけど・・ありがたい!ほんとにまじめなお方です。

素晴らしすぎる歌をじっくり聴かせていただいた後には

「失礼しましたっ!」とこれまたなんともかわいくご挨拶。

ぎゃぁあもう~~!愛しすぎる~~っ

 

そして今日のMCは、下町っ子ジュリー!威勢よくかわいくかっこよく元気いっぱいでした。

「50周年だゾ!」

から始まって

「おいらはさ、負けん気が強くってさ!」とか

回を追うごとに下町人情芝居みたいになっていきました。

「お!このやろ!てやんでぃ!」って感じで。言った後にちょっと恥ずかしそうに笑うのがめちゃめちゃチャーミング

歌の色気とのギャップがまたたまりませんでしたわ。

あぁあ~もう~~!!なんでこんなにも素敵なんだか!

ジュリ~~~ と身をよじるしかありません。

詳細は次回。

 

 

昨日は告知間に合わなかったんですが、ハローパンダさんの新作!

50th研ちゃん、誕生~

お披露目してくれました。

 

めっちゃ男前ですー

髪の長さはちょうどこれくらいだったかな

おひげは・・もっと長かったですー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの思い出~ 1の続き

2017-08-29 22:15:06 | 日記

8月も残りわずか!

明日は久々のジュリーさまとの逢瀬でございます

あぁ 宿題終わってないのに~

ライブ行ったらいろいろ忘れちゃいそうと心配しつつ。

とりあえずメモ書きしておきますかねぇ・・

 

ってことで、夏休みの思い出1の続き、ささっと参りますー。

 

 

 

今戸神社より急ぎ足で戻りました浅草駅前

 

じゃ~~ん

大メジャーな浅草寺

 

 

雷門、りっぱです。

大わらじもでっかいよー。

17時前あたりですがまだまだ暑いし明るいし人が多い~

  

さすがにすごい混んでます。

人はいっぱいいるんですが、17時には本堂閉まってしまいます。

何時まででも混んでそうですが、きりがないのかな。

ご朱印いただけるのも17時まで!ってことで、あわててお参り済ませてご朱印いただく影向堂に時間ギリギリで滑り込み!

最後の一人でした。


 

流石です!なんともご麗筆!ありがたや~


 その後、あらためてあちこち見学。

境内には五重塔や小さな大仏さん?見所いっぱいあるんですが、私が気になったのはこちら。

お手水するお水舎、とっても素敵

かっこいい水神様がお立ちになってます高村光雲作の沙竭羅竜王像だそうです。

足元の龍もかっこい~

17時を過ぎたのでお水は止まってました。

そしてもうひとつ・・

こちらは なでぼとけさま

 

治してほしい体の個所をなでるとよい・・ってことですが、

この仏様、ずいぶん色っぽいお姿だなぁ~と。

仏さまは美形が多いし、薄物を着てらっしゃるのが多いですからね。

・・大悪名の漠然さまを思い出してしまいました。ふふ

 

 

    

                暮れ行く仲見世通り


荘厳なお寺さんなんですが、京都や奈良の格式高いお寺とはちがった親しみやすさもあって。

なんというか粋 かっこいいお寺さんでした。

ってことで駆け足のご朱印めぐりでした。

 

 

夜は娘と合流し、今年は3人で25周年お祝い鉄板焼きダイニングディナーへ。

息子は夏休みがあわなかったので残念ながら一緒出来ず。)

今回は銀婚祝いでちょっとはりこみましたー

高田馬場「鉄板焼きさくら」初訪問。

前夜に予約して鉄板前のカウンター席確保。料理人さんの手際も楽しめます。


まずはビールで乾杯して、

盛り付けも美しい前菜 色とりどりお味もさまざま美味しかった~

 


出汁サラダ


天使海老のムニエルは 殻も香ばしくやわらか 白ワインと合います~。


目の前で丁寧に焼いてくれるのを見られるのも目に嬉しいですねー。


いよいよ登場!フォアグラと焼きリンゴのソテー。これが食べたくて来ました。

なんとも絶妙に美味しかった~


そしてメインの黒毛和牛ランプステーキ 


もう~おなかいっぱいですが・・

ラストはアニバーサリーデザートで。アイス盛り合わせ美味

花火つきで「おめでとうございます~」と祝っていただきました。ありがとうございますー。


おしゃれで美味しいお料理の数々、目でも舌でも堪能しました。

満腹・満足幸せです~

とっても美味しくて高級感もあるけれど 肩ひじ張らないカジュアルな店構えで居心地よかったです。

いつかまた行きたいわー。次は30周年か?

 

高田馬場は大学時代通った街。

それもすでに30年ほど前の話だからねぇ

昔はこんなおしゃれなお店はなかった・・といういか当時は全然おしゃれ感のない安い居酒屋ばかり行ってたからなぁー。

もちろん昔のままのお店もあるし、すっかり様変わりしたところもあるし。

夫とは大学1年からの付き合いなので・・なんと31年の付き合い

ちょっと昔を懐かしみつつ、長いお付き合いを祝った夜でした。

これからもよろしくね~

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました ガラスの仮面展

2017-08-28 23:25:10 | 日記

夏が終わりますね~・・

8月31日までが夏休み!の小学生中学生にとっては(高校もかな?)、きょうあたりから宿題済んだか?の確認が忙しいのでは。

今年の関東は今一つ夏休みらしくないお天気が続いてしまったけど、みんな楽しい思い出作れたかなぁ?

 

で、夏休みの宿題のようにお出かけ日記を書いてる私ですが・・

きょうはまた新たなお出かけしてきちゃったのでそちらを先に。

 

銀座松屋で開催中の「ガラスの仮面展

ジュリ友さまからご招待チケットお譲りいただいたので、中学時代からの友人と連れ立って行ってまいりました。

 

    8階イベントフロアに堂々登場!

 

入り口に飾られた花は 紫の薔薇の人からの贈り物~

 

「ガラスの仮面」と言ったら、私が小学生のころから連載されていて、当時はコミックもずっと買っていた漫画。

懐かしい~っ

少女漫画らしいといえばとってもらしい絵柄ですが、そのストーリーは普通の少女漫画の枠を超えたスケールの大きいドラマ。

伝説の芝居「紅天女」を演じられる女優を目指して、なんの取柄もない地味な少女が その天性の演技力を開花させ成長していく・・というね。

主人公マヤが数々の困難にぶち当たりながらも執念ともいえる演じるエネルギーを爆発させるアツい姿は爽快でもあったなー。

特に「たけくらべ」「奇跡の人」「嵐が丘」「女海賊ビアンカ」「ふたりの王女」「真夏の夜の夢」などなど劇中劇のシーンはすっごく魅力的でした。

オーディション場面も面白かったなぁ。

さらにほかの登場人物も個性的。

熱血・月影先生はもちろん、運命のライバル・美貌の姫川亜弓さん(じつはかなり男前)、そして紫の薔薇の人・大都芸能社長速水真澄氏!(じつはかなり乙女?)

とにかくお話も登場人物も熱くてわくわくさせられる、今の時代から見るとそれはダサさにも通じるでしょうけど、そんなこんなはどうでもいい!

っていうぐらいその勢いに惹かれちゃうパワーのある漫画でしたわ。

・・「でした」って過去形で語ってしまいましたが、じつはこちらの作品まだまだ連載中なんですよね。

なんと、2016年で40周年を迎えたんだとか。うわぁ~~

私が読んでいたのは・・う~ん、高校時代ぐらいまでだったかな?

途中、休載があったから40年間描き続けていたわけではないらしいのですが、40年!長いよね~

当時小学生で読み始めた少女が今は50の大台超えてますもの。

1976年・・ジュリーが「勝手にしやがれ」歌うよりも前ですよ。

開始当時の1976年と現在ではマヤが生活する環境もがらっと変わってしまってます。

リアルに生きてる人間と違うからマヤはそんなに歳をとっていないようですが・・リアルに歳をとってたら私より上になっちゃうものね。

 

 

で・・今回の展示の内容はほとんどナマ原稿!すごい数でした。

(ほとんどがガラスの仮面。ほかに初期のホラーものもありました。私はホラーものもよく読んでいたなぁ。「魔女メディア」とか「黒百合の系図」とかコミック持ってたし。)

数々の劇的名シーンの原稿が「これでもか!」と展示されていて見ごたえ充分!

そしてそのナマ原稿のきれいな状態にびっくりしました。

美内先生、ほとんど修正というものを行った形跡がないんですよ。

きっちり描きこまれた絵はどれも完璧な出来上がり。ふつうはもっとホワイト塗ったりしてませんかね?

そしてカラー原稿の美しさにも感動でした。

絵柄的には好みとは言いかねるところもあるんですが、やはりすばらしい良いもの見せていただきました。

 

 

で・・連載のほうはまだ続いてるということで、マヤちゃんか亜弓さん・・どちらが紅天女を演じるのか!?は決着していません。

出口のところにこのようなボードが

うまく撮れなかったんですが、これはふたりのうちどちらが紅天女を演じると思うか?の投票ボタン。

5142票対2411票

マヤちゃん優勢!・・主人公だからねぇ。

私は亜弓さんに1票入れてきました。

 

お話の結末は美内先生の中では出来上がっているようですが、連載最終回はいつになるのかな?

場内のモニターで先生が挨拶されていて

「必ず完結させます。みなさんも見届けてください!」

完結した折には、私も読ませていただきます。

昔集めていたコミックはもう手元にないのですが・・もう一度最初から読みたくなっちゃったなー。

 

外にはた~くさんの「ガラスの仮面グッズ」物販も熱かったー。

 

イラストカードやマスキングテープ、クリアフォルダーなどは定番ですが、お菓子の種類もたくさん。

 

   

 

こんなお店も出てました。

う・・なんかちょっとこわいっ

メニューはこちら

う・・白目パフェって??こわっ

「物語の中で1300回も描かれた白目のシーンを表現したパフェ」

ってわけわかりませんが、白いプリンのうえに「ガ~ン!」って感じの白目表情キャラが描かれてます。

ちょっと気になったけど・・スルーしてきました。

お店はかなり混んでいましたよ。

 

あまりに数が多くて、なんだか圧倒されちゃってけっきょくなんにも買わずに帰ってきちゃったんですが・・(ケチってしまった

あとで「これは買えばよかったなー!」とか思ったのがこちら。

こ、これは!

生の芝居の舞台でまんじゅうを泥まんじゅうにすり替えられる嫌がらせ・・!

しかし役になり切ったマヤは

「あぁ うめえ うめぇ!おら こんなうめえものくったなぁ はじめてだ!」

とむしゃむしゃと泥まんじゅうを食べる!という名シーンにちなんだお菓子。

おうちでマヤになりきって再現してみたらよかったかも

 

なかなかの大盛況だったガラスの仮面展

平日昼・・同じ年頃の女性がわんさといました。

他の時間なら若い子も来るのかなぁ?

娘の高校の演劇部熱血顧問先生は

「これは絶対読め!」と半強制・・おすすめだったようです。

ガラスの仮面は今も演劇少女たちのバイブルなのかな?

 

9月4日まで開催中!です~。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの思い出~ 1 

2017-08-27 23:23:42 | 日記

 

 

残暑見舞いからはや1週間。 

昨夜ちらっと出現しましたが・・こんなに更新期間あけたのは今回が初めてだったかも?

はい~、お久しぶりの開店です。

19日から夫の夏休みにあわせ、ちょこちょこおでかけしておりました。

 

前半は自宅から日帰りでちょこっと近場に、後半は起点を夫赴任先の山口に移してのミニトリップ。

しばし続いてる単身赴任生活、山口県・・うちからはまぁ遠いんですわ。 

・・ならばその遠さを活かして、行かれるところに行ってみよう!ってことで久々の飛行機にて山口へ飛びました。 

今年は結婚25周年・・銀婚旅行ってところかな。

山口県付近でお初の場所をいくつも訪れ、新たな出会いもあり。とっても楽しかった~。

この思い出を忘れないうちに記録に残そう!と思いますが、その前に近場で出かけたぶんも残しておきたいし。

とか言いながらすでに1週間前の記憶はあやしいっていうね

明日は明日で予定があって、そのあとにはジュリーライブも控えてますから、さっさとまとめておかないと記憶がどんどん消えてしまいます。

ってことで、夏休み終了直前の宿題に追われる小学生のごとく、作文・絵日記に取り組みますー。

とりあえず忘れぬように書いておいて、ライブレポの間にちょっとずつアップしようと思います。


久々の開店なのにジュリ話じゃなくてすみません~。

とりあえずこの1週間ジュリ活はすっかりお休みしてました。

30日のティアラこうとうライブでばっちり復活したいと思います

きょうの金沢はいかがだったかなぁ



では、とりあえず1週間前の近場お出かけ編。

「都内神社ご朱印めぐりと25周年祝いのお食事」におでかけ~の巻

 

8月20日という真夏に神社。

これは4月あたりから始めた私のご朱印巡りにからませまして。

夫もちょっと興味があるようなのでどこか都内でいただいてこよう!と午後から出かけることになりました。

ご朱印巡り・・と言いつつジュリーツアーが始まってしまったらなかなか神社さんに出かけてなくてねぇ~。ほとんど増えてない。

有名神社にもまだまだ伺っておりません。

ってことで、今回は日本一初詣客の多い超メジャー神社・明治神宮を参拝

ここを訪れるのは数年ぶり。夫と来たのは・・結婚前かもしれないなぁ。

 

さすがメジャー神社さま。

たくさんの参拝客、外国人旅行者も多いです。

しかし都会の真ん中で緑がこんなにあふれてるなんて・・異次元のよう。

蝉の声がたくさん降ってくるー。

ほとんどはジージー鳴いてる、アブラゼミかな?

よーく聴いてるとツクツクホーシもかすかに聴こえてきますが。

 

 

 とってもジャパニーズなアートの雰囲気?

外人さんがポーズ決めて写真撮影してました。

 

初詣のときはここにぎっしり人の列ができてますよね。

暑い夏はスイスイお参りできます~。

 

ご朱印帳購入も楽々。

  

いただきました~

 

さて次は浅草に

お!屋根の上に鼠小僧?

浅草駅前とっても賑やか~。

ここも久々の訪問であちこちゆっくり見たいのだけど、きょうは時間があまりない。

と、いうのもご朱印いただける時間ってだいたい17時頃までなんですよね。

まずは目的の神社へ急ぎます。 

浅草駅からけっこう歩いたところにあるこちらは・・

  

招き猫発祥の地、今戸神社!猫と聞いたら一度は行かないと!と思ってました。

そして沖田総司ゆかりの地なのね。結核療養していたところでしょうか。

  

こじんまりした神社さんです。

本堂の中には・・

      けっこう巨大な招き猫さんたちが・・ちょっとこわっ?

    

本堂脇の社にもぎっしりいます。

 

  

              外にも~

こちらは招いていませんが・・

猫だらけ~

これは猫型じょうろです。(じつは我が家にも同じものあり)

 

お参りしたら、神社の方が

 

「四葉のクローバー、どうぞ~」と手渡してくださってびっくり。

上にアップした猫じょうろで囲まれた鉢のなかから摘んでくださってました。栽培してるの?

猫に守られた四葉さん、ありがたくいただきました。


もちろん絵馬も猫でした。

無表情な猫たちがなんともユニーク。


ご朱印にも無表情猫ズ




で、浅草駅に戻ります。

 続きますー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加