サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆

2010年12月25日 | 座布団シネマ:か行

『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に就いた男の決死の捜査を描く。共演には『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『ハリー・ポッター』シリーズのブレンダン・グリーソンらが顔をそろえる。銃撃戦などのアクション・シークエンスを手持ちカメラで活写した臨場感あふれる映像は圧巻。[もっと詳しく]

「大量破壊兵器(WMD)」の存在を煽ったのは、誰であったのか。

2010年も残り少ないが、今年もっとも考えさせられたのは、「機密情報」の公開あるいは流出問題であった。
日本では厚生省の村木厚子局長が「凛の会」事件で大阪特捜部前田主任検事によって証拠書類のFDを改竄されるという事件が起こり、上司の大坪特捜部長らも含めた組織ぐるみの隠蔽工作ではないかということで、検察の「権威」を地に落とすスキャンダルとなった。
発端は、前田主任の同僚の検事らによる内部告発だといってもいい。
中国船による尖閣諸島沖での衝突事件においては、逮捕した船長を中国政府の圧力の前にすごすごと送還した弱腰民主党政権のていたらくはともあれ、その記録映像を公開しておればよかったものを理由にもならない理由をつけて公開をしぶったあげく、ひとりの海上保安官によってYouTubeに流出され、国際的な赤っ恥をかいた事件では、結局海事の情報管理の脆弱さを問題視するだけで幕を引こうとしている。
警視庁の公安部外事3課が作成したと見られる国際テロ関連資料流出では、2ヶ月余りも明々白々な流出の事実も調査中とのことで公式には認めず、最近になってイスラム教徒らの告発を認める形でしぶしぶ事実上形式的な謝罪をしたが、まだ情報漏えいルートについての明確な説明は無い。



国際的に見れば、なんといってもウィキリークスの120万を超えるといわれる機密情報公開による世界の権力者たちの大慌てぶりである。
創始者であるジュリアン・アサンジはインターポールによって「別件」で拘束されたが、世界中のネチズンたちの多くは喝采を送った。
国内外を問わず、インターネット社会の中で、情報を秘匿しようという側の目論見は、いとも簡単に破綻するものであることは明らかになっている。
内部告発などの方法をとって、あるいはハッキングによって取得された機密情報は、もちろん精査すればあえて機密にするほどでもないゴミ情報や、情報漏えいをあえて狙うと言った高度な情報操作もあるかもしれないが、少なくとも「口伝」でない限り、デジタル化された情報は、どのようにセキュリティをかけたとしても、完璧に漏洩を防ぐということは、相当程度困難になってきている。
一連の機密情報のリークに関して、もっともその存在理由を問われたのは、第三の権力と言われて久しいマスコミである。
論説委員の解説や、メディアの社説などを見るにつけ笑ってしまうのだが、記者クラブによって守られ、意図を持った「権力」の世論操作のためのリークを、そのまま自分たちの特権のように垂れ流している日本のマスメディアは、自分たちの存立基盤をもう説明することも出来ない。
ウィキリークスの情報が、まず日本のマスメディアに提供され、真偽の解明を委託されたとき、はたして真っ向から向かい合うマスメディアなど存在するのだろうか。



ウィキリークスに対する摘発は、世界各国で厳しくなるだろうし、逆にウィキリークスに対するミラーサイトの提供の動きはいたちごっこのように止まることは無いだろう。
そして主要メディアやグーグルやアップルが圧力を受けて便宜の供用を停止したとしても、世界的なユーザーからなるコミュニティがその文書を精査したり、議論したりすることに対しては、歯止めをかけることなど出来ない。
そのことに対して、少なくともわが日本の民主党政権の閣僚の中で、見識に値する発言は皆無といってもいい。
『グリーンゾーン』という映画は、2003年3月19日のブッシュによるイラン戦争開始の根拠とされるイランの「大量破壊兵器(WMD)の存在」という名分が、でっちあげられたものであったことを告発した社会派映画である。
マイケル・ムーアはこの作品に対して、「私はこの映画が作られたことが信じられない。愚かにもアクション映画として公開されてしまった。ハリウッドで作られたイラク戦争映画としては最もまっとうである」との賛辞を送っている。
たしかに、『ボーン・スプレマシイ』(04年)や『ボーン・アルティメイタム』(07年)でタッグを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのコンビである。
配給会社が「ジェイソン・ボーン」シリーズを超えるマット・デイモンのアクション活劇との謳い文句で宣伝を仕掛けたことにも、仕方がないところもあるかもしれない。



MET隊長であるロイ・ミラー(マット・デイモン)は、WMDの発見のため緊急出動するが、三度も続けて空振りに終わった。
どこかおかしいと感じたミラーは、CIAのマーティンやウォールストリートジャーナルのローリーと接触しながら、情報提供者であるMagellanを探る中で、政府高官であるバウンドストーンらの陰謀に気づくことになるのだが・・・。
グリーンゾーンとは、かつて連合国暫定当局があったバクダッド市内10km圏内の「安全地帯」を指している。
バウンドストーンらは、このグリーンゾーンの中で、情報を操作しながら、真実を隠蔽しようとしている。
ロイ・ミラーら現場の軍人たちは、もちろんその外側にあるレッドゾーンで命をかけているのである。
『グリーンゾーン』の主要な登場人物たちには、もちろんモデルがいる。



もっとも重要なのは、映画の中でローリーと呼ばれるバクダッド特派員の女性記者である。
彼女が政府高官であるバウンドスイートに操られて、WMDの存在を煽るスクープを出しているからだ。
実際には、ニューヨーク・タイムズのジュディス・ミラー女史がモデルだ。
ピューリッツアー賞にも輝いたことのある名物記者であるが、2002年9月8日に「イラクが過去1,2年にウラン濃縮技術に必要なアルミニウム管数千本を入手しようとしていた」という政府関係者からの情報を掲載した。
この記事は、チェイニー副大統領の自作自演ともいう捏造記事であったが、ニューヨークタイムズは情報源の秘匿を理由に、ディープスロートを秘匿し続けた。
後に連邦大陪審での証言を拒否したため収監されたミラー女史が一転して取材源を明らかにすると、ニューヨークタイムズは今度は全社を上げて非難に回り、あるコラムニストは「大量破壊女」と女史を罵ったりもした。



ともあれ、イラク戦争はWMDの存在を捏造し、かつ「予防戦争」という理屈で数万人のイラク民間人を殺害した、「イラク民主化」を建前とした虐殺でもあった。
当時のブッシュ大統領やドナルド・ラムズフェルド国防長官やチェイニー副大統領らのご都合主義の言説を忘れてはならない。
もちろんWMDの存在を断言しまっさきにブッシュ支持をぶちあげながら、WMDが存在しなかったことが明白になるや「思いと予想と見込みは外れることがある」としゃあしゃあと言ってのけた小泉元首相や、「イラク攻撃の支持は合理的な判断だった」と言ってのける安部元官房長官の言説を忘れてはならない。
イラク戦争開始時にメジャーマスコミも開戦一辺倒であり国民の70%がイラク戦争を支持していたアメリカ世論だが、WMDが捏造とわかり、開戦5年後のCNN調査では国民の31%が支持、67%が不支持と完全にひっくりかえっている。
この年にパウエル国務長官は、イラク攻撃を正当化した国連演説は「人生の汚点だ」と語っている。
そして、IED(即席爆破装置)によってアメリカ兵にも4000人の戦死者、3万人の重傷者を出しながら、アメリカ兵の引き揚げは、多くの不安と矛盾を残しつつも、ともあれ2011年末には完了するのである。



『グリーンゾーン』の評価をめぐっては、アメリカでも賛否両論のようだ。
主人公であるロイ・ミラーの行動をめぐっては(もちろんモデルがいるのだが)、「おそろしく反米である」と非難する論者もいる。
逆に、内部告発者としての勇気を讃える論者も多い。
どちらにせよ、ハリウッド映画のひとつの伝統でもある社会派告発のジャンルにおいて、このポール・グリーングラスらのプロダクションには、『ユナイテッド93』(06年)のスタッフたちをはじめ、現在もっとも先鋭的でジャーナリスティックでもある良心的な映画人たちが集結していることは、疑いようがないところだ。

kimion20002000の関連レヴュー

ボーン・スプレマシー
ユナイテッド93






 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師走(残業したのに、懲戒処分の... | トップ | mini review 10513「息もでき... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろんな評価があり得ますが (KGR)
2010-12-27 11:14:28
私には言い訳映画に見えました。

政治のミスリードと言う意味では正しいんでしょうけど、諸悪の根源=ミスリードの中心はもっと複雑では。

それに、ミラーもデインも短絡的すぎる気がしました。
苦悩するジャーナリズムと言う点では「大いなる陰謀」のメリル・ストリープの方が良くできていたと思います。
KGRさん (kimion20002000)
2010-12-27 17:22:57
こんにちは。
当然、そういう評価もあると思います。
諸悪の根源は、もっと複雑だし、とても2時間映画には収まらないでしょう。
9.11以降についてみれば、その後のアフガン、イラン戦争含めて、さまざまな視点が出始めていて、この作品もそのひとつだと思います。
はじめまして (ゴーダイ)
2010-12-28 04:39:03
このたびはトラックバックありがとうございます。記事大変興味深く読ませていただきました。
私はこの映画の主人公のような人もいたと思います。
歴史や国家や組織と言った大きな流れを変えることはなかなか難しいですが、私たち日本人でさえこの戦争を間接的に支持してしまったのですから、いろいろ考えていかなければいけませんよね。
ゴーダイさん (kimion20002000)
2010-12-28 04:48:20
こんにちは。
主人公のモデルとなった人物が、映画のアドバイザー役にもついたみたいですね。
娯楽映画ですから、描き方が中途半端であるという指摘も多いのですが、ハリウッドの社会派映画という範疇で言えば、とてもよくまとめられていると思います。
どっちにしろ (sakurai)
2010-12-28 10:15:27
もし、硬派な告発映画として公開されたら、多くの人が映画館に足を運ぶことはなかったのではと思います。
あたしは、どっちしにしろ、多くの人の目に触れる形で作られたこの作品は、大いに価値あると思いますわ。
もともと、このセットコンビが好きなもんで、贔屓目もありますが、好きです。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-12-28 10:28:09
こんにちは。
そうですね。
ドキュメンタリーフィルムとしてではなく、娯楽映画としてメジャーで出されたということに、僕も大きな意味を感じました。
しかし (KUMA0504)
2010-12-29 14:18:47
イラクには大量の「傭兵部隊」が残るようです。全然撤退になっていないという意見もあります。
告発型映画ですが、アメリカはいろいろな言いがかりをつけて「テロ容疑者だ」と逮捕できる権限をもつことが出来るようになり、オバマはさらにそれを強化しています。その中でのこの映画はまあよくがんばったという感じですね。
KUMA0504さん (kimion20002000)
2010-12-29 17:09:12
こんにちは。
「傭兵」とは便利な言葉ですね。
傭兵の確保のために、膨大な軍事費(委託費)が出ていますが、結局、石油資源が安定的に確保する道筋をつけたようですから、つじつまは合うんでしょうね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-12-30 04:03:02
TB有難うございました。
ジェイソン・ボーンシリーズの監督と主演
ということでかなりの期待を持ったのですが
自分にはイマイチでした。しかし、アメリカが
この題材をそして真相を描いたには
感服します。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目〜5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!
シムウナさん (kimion20002000)
2010-12-30 08:10:04
こんにちは。
ボーンシリーズは、個人が理不尽な包囲網に対して、肉体と知恵で抗するというものですからね。
今作はアクション映画ではないですね。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-04-27 10:22:15
母の葬儀の翌日ポカーンと見ていたので、内容もどこまで理解できていたのか、という感じです。世界的な問題より、自分の犯した罪について考えている瞬間が多かっただろうと思います。

そういう状態ですので、作品の細かい点は全く捉えていません。
 全体としては証文の出し遅れという印象を覚えましたが、一種の極限状況の中で現場の人間が遭遇するであろう権力側への疑問について思い出させる力があっただろうとは思いました。
 今回の福島原発問題にも通底するものがありますね。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-04-27 13:36:32
こんにちは。

政治というものは、どの国も複雑ですね。
まだ今世紀中は、こうした状況が続くのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グリーン・ゾーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『決死のWMD<大量破壊兵器>捜索、唯一の手掛かりは”偽情報”だった─。』  コチラの「グリーン・ゾーン」は、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のポ ...
グリーン・ゾーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、イガル・ノール、ハリド・アブダラ、ジェイソン・ ...
『グリーン・ゾーン』は諸刃の剣 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『グリーン・ゾーン』は、イラク戦争の背景に焦点を当てて映画化した作品である。  本作はワシントン・ポストのバグダード支局長を務めたラジブ・チャンドラセカランのノンフィクシ...
『グリーン・ゾーン』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」        □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ラ...
グリーン・ゾーン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イラク戦争の開戦理由の一つだった大量破壊兵器の保有が幻想だったことは周知のことだ。でも、大筋でこの映画の描写がほんとうならあの戦争はなんだったのか。こんな内容の映画を作ってしまうとは、たいしたものだ。娯楽作品として見るのがいい。
【グリーン・ゾーン】 (日々のつぶやき)
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン  決死のWMD捜索、唯一の手掛かりは"偽情報”だったー。 「イラク戦争真っ只中、ロイ・ミラーはバクダットで隠された大量破壊兵器を探す任務に就いていた
『グリーン・ゾーン』スクリーンの向こうから問いかけてくるもの。 (コナのシネマ・ホリデー)
『グリーン・ゾーン』   (G)   原題:GREEN ZONE           2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス (114分)                監督:...
グリーンゾーン/GREEN ZONE (いい加減社長の映画日記)
戦争物は、苦手ではあるんだけど、予告編でサスペンス風味が面白そうで。 「グリーンゾーン」を金曜日のレイトショーで鑑賞。「U...
グリーン・ゾーン (Akira's VOICE)
「戦争」なんて,もともと無意味。  
映画「グリーン・ゾーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/14、109シネマズ木場。    マット・デーモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライヤン。 ** 2003年、アメリカ軍はイラクが大量破壊兵器隠ぺいを理由にイラク戦争を開始。 バクダッド市内に100平...
「グリーン・ゾーン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ちょい前に、スニークプレビューで鑑賞した作品でしたが、当日は口外禁止だったので、今更感想を。うーん、何故、今更(じゃない問題だけど)イラク戦争の大量破壊兵器問題を扱った映...
グリーン・ゾーン ぎりぎりマット・デイモン愛でるだけの映画になるのを回避(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【=19 -7-】 マット・デイモン好きのうちの奥さんが「絶対に観に行く!」と息巻いていたら、試写会が当たった☆⌒(>。≪)イテェ試写会場は初めて行くABCホール、どの席がいいのかわからんかったから、最前列の真ん中あたりを陣取ってみた(スクリーンが小さいし間に舞台...
グリーン・ゾーン (to Heart)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 原題 GREEN ZONE 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 上映時間 114分 脚本 ブラ...
グリーン・ゾーン (風に吹かれて)
大量破壊兵器は なぜ見つからない公式サイト http://green-zone.jp監督: ポール・グリーングラス  「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」「ユナイテッド93」映画の原案
劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」 (日々“是”精進!)
「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
グリーン・ゾーン(2010)GREEN ZONE (銅版画制作の日々)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 上映開始されました。14...
映画「グリーン・ゾーン」@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 2月のスニークプレビュー試写会で鑑賞しました。配給会社さんに気を使い、一般試写会が開催されるまで眠らされていたレビューです。 【トキメキ特価!】グリーン・ゾーンブルー...
グリーン・ゾーン (だめ男のだめ日記)
「グリーン・ゾーン」監督ポール・グリーングラス出演*マット・デイモン(米国陸軍上級准尉/MET隊隊長ロイ・ミラー)*グレッグ・キニア(国防総省/情報局クラーク・パウンドス...
大量破壊兵器は存在しない〜『グリーン・ゾーン』 (真紅のthinkingdays)
 GREEN ZONE  2003年、「大量破壊兵器が存在する」という大義名分のもと、アメリカはイラク に戦争を仕掛ける。軍からの指令により、兵器発見の任務に着く陸軍隊長ミラー (マット・デイモン)...
『グリーン・ゾーン』 (こねたみっくす)
すっきりしない映画でした。大量破壊兵器がイラクには存在しなかったことは今や誰もが知る事実なのに、今になってこういうアメリカ映画を見せられても何とも言い様がありません。 ...
「グリーン・ゾーン」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 イラク戦争戦時下のイラク・バグダッド。ロイ・ミラー率いるMET隊は、大量破壊兵器(WMD)捜索作戦を三度展開するも、いずれも空振り。飛び交う嘘情報に苛立ちを募らせてい...
グリーン・ゾーン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★【5点】まるで『ボーン』シリーズの第4弾のようだった。
映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う〜んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本...
『グリーン・ゾーン』 ('10初鑑賞75・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 5月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:10の回を鑑賞。
グリーン・ゾーン (Yuhiの読書日記+α)
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。その他のキャストはグレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス他...
グリーン・ゾーン (LOVE Cinemas 調布)
『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』でコンビを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、イラクを部隊に大暴れ!大量破壊兵器の有無に隠されたアメリカ政府の内紛に翻弄される主人公を描いたサスペンス・アクションだ。脚本は『ミス...
グリーン・ゾーン (だらだら無気力ブログ)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン とポール・グリーングラス監督のコンビが再びタッグを組んでおくるサスペン スアクション。 イラク・バグダッドとその近郊を舞台に、イラクが開発した大量破壊兵器の 在りかを求めて特殊任務に...
★「グリーン・ゾーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、 「ボーン〜」シリーズのコンビ。 原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。
戦場のジェイソン・ボーン「グリーン・ゾーン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ブライアン・ヘルゲランド脚本、ポール・グリーングラス監督による『グリーン・ゾーン』(Green Zone)。ジェイソン・ボーンシリーズでみせた手持ちカメラと高速カット割りによる臨場感は今作でも全編にわ
グリーン・ゾーン (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  面白いけど長い・・・!20分ほどカットできなかったのかな?  イラク暫定政権の安全地帯「グリーンゾーン」にちなむタイトルの本作は
グリーン・ゾーン 【戦場と ニセ情報と 陰謀と】 (猫の毛玉 映画館)
『グリーン・ゾーン』 GREEN ZONE 2010年・フランス=アメリカ=スペイン=イギリス 2003年イラクの戦場を舞台に、米兵の疑念を描く。  マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督の『ボーン』シリ...
グリーンゾーン/GREEN ZONE (いい加減社長の日記)
戦争物は、苦手ではあるんだけど、予告編でサスペンス風味が面白そうで。 「グリーンゾーン 」を金曜日のレイトショーで鑑賞。
「グリーン・ゾーン」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Green Zone)あまり盛り上がらない。これは監督のポール・グリーングラスの演出スタイルと題材が噛み合っていないからだ。ジェイソン・ボーンシリーズや「ユナイテッド95」がどうしてあれだけヴォルテージが高かったかというと、殺し屋に追われる元スパ...
グリーン・ゾーン (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ワシントン・ポストの記者、ラジャフ・チャンドラセカランのノンフィクション小説を映画化した作品。 一触即発の危険な地域となってしまったバグダッド。そこに赴任した下級准尉のロイは、大量破壊兵器の所在を追う任務に就いていましたが、彼にもたらされる大量破壊兵...
「グリーン・ゾーン」 そんな国を誰が信用するのか (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「グリーン・ゾーン」とはイラク戦争時、首都バグダットへの侵攻後市内に設
[映画『グリーン・ゾーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先のイラク戦争のアメリカの大義としてあった「大量破壊兵器の脅威の排除」・・・、バグダッドの捜索現場で、その指揮を執っていた部隊リーダーの物語。  手持ちカメラでの撮影映像は臨場感あるが、私のようなおじさんにはいささか目が疲れるも、「占領地」特...
映画「グリーン・ゾーン」を観てきた♪ (雑多なブログ)
マット・デイモン主演、ポール・グリーングラス監督コンビのこの「グリーン・ゾーン」、決して名作ボーン・シリーズと比べてる訳じゃないんだけど、イラク戦争で大量破壊兵器が見つからなかった現実と、その真実を求めるロイ・ミラー(マット・デイモン)のエンタテインメ...
「グリーン・ゾーン」(GREEN ZONE) (シネマ・ワンダーランド)
多くの血が流れたイラク戦争を舞台にしたマット・デイモン主演の戦争ヒューマン・ドラマ「グリーン・ゾーン」(2010年、英米仏西、114分、ユニバーサル映画配給)。この映画は、大量破壊兵器に疑問をもった1人の米軍兵士が、米政府の内部抗争に巻きこまれながら、...
公開のタイミングを逸した、グリーン・ゾーン (オヤジの映画の見方)
イラク戦争の開戦原因が大量破壊兵器の保持であったが、そんなものはなかった事が今では明らかになっている。ありもしない大量破壊兵器のおかげでとんでもない戦争が引き起こされてしまったのだ。そこに切り込んだグリーン・ゾーンはなかなか良い作品だが、今では完全に公...
グリーン・ゾーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「グリーン・ゾーン」監督:ポール・グリーングラス(『ボーン・アルティメイタム』) 出演:マット・デイモン(『インビクタス/負けざる者たち』『インフォーマント!』)グレッグ ...
映画「グリーン・ゾーン」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『グリーン・ゾーン』を本日鑑賞。日曜の午後で客席は50名程度、さすがボーンシリーズの人気コンビ作品。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら30点。期待し過ぎが減点に繋がったと思う。 ざっくりストーリー イラク暫定政権下のバクダッドの危険...
グリーンゾーン (シネマ日記)
この作品見ながらかなり眠かったー。画面が暗いせいもあるかもですが、ワタクシがたまたま眠かっただけでこの作品のせいではないと思います。「あなたは114分間、最前線に放り出される」っていうキャッチコピーが結構気に入ったんですよね。なんかカッコよく...
グリーン・ゾーン/マット・デイモン、グレッグ・キニア (カノンな日々)
『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督×マット・デイモン主演というヒットメーカーコンビによるアクション・サスペンス・ムービーです。実は『ハート・ロッカー』の公 ...
グリーン・ゾーン (2ちゃんねる映画ブログ)
GREEN ZONE グリーン・ゾーン http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1269570980/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/26(金) 11:36:20 ID:0ZiCSdqy] 監督:ポール・グリーングラス 脚本:ブライアン...
グリーン・ゾーン (迷宮映画館)
これはフィクションです・・・。の最後の文句が深い。
「グリーン・ゾーン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ちょい前に、スニークプレビューで鑑賞した作品でしたが、当日は口外禁止だったので、今更感想を。うーん、何故、今更(じゃない問題だけど)イラク戦争の大量破壊兵器問題を扱った映...
一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』 (水曜日のシネマ日記)
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
『グリーン・ゾーン』: こわごわと提示された余りに遅すぎる疑問 (マスコミに載らない海外記事)
Jane Stimmen 2010年3月19日 監督:ポール・グリーングラス、脚本:ブライアン・ヘルゲランド、ラジブ・チャンドラセカランの著書に基づくもの イギリス生まれのポール・グリーングラスが監督した映画『グリーン・ゾーン』は、ラジブ・チャンドラセカランによる2006年の本...
グリーン・ゾーン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2003年、米英連合軍によって陥落したイラクの首都バグダッドで、この街のどこかに隠されているはずの大量破壊兵器を探す任務を負った兵士が直面した真実に迫る緊迫のアクシ ...
グリーン・ゾーン (Green Zone) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2010年 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画 114分 アクション 採点★★★★ この辺もあっちこっちと合併しまくって市を名乗るようになりましたが、まだ町だった頃は町長選なりなんかの節目になると、...
『グリーン・ゾーン』 (つれづれなるままに)
やっと、ワーナー・マイカルで 『グリーン・ゾーン』を見てきました。 予告編では、
グリーン・ゾーン (キノ2)
 ポリティカルサスペンスを期待して観たのですが、実際はがっつりミリタリーアクションでした。  もう、全編、パンパンパンパン銃撃音が鳴り続け。音声だけだと、春節を祝う北京の風景です、と言われてもわからないくらいパンパンしていました。  ポール・グリ...
グリーン・ゾーン (映画尻エリカ)
『グリーン・ゾーン』 “GREEN ZONE” (2010・フランス=アメリカ=スペイン=イギリス) 1h54 製作・監督 : ポール・グリーングラス 出演 : マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン イラクに大量破壊兵器は有ったのか...
「グリーン・ゾーン」:木場六丁目ギャザリア前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
こういうショッピングモールも、緑が多いとほっとするな。 癒しのグリーン・ゾーンね。 しかし、世の中には癒されないグリーン・ゾーンもあるぞ。 ポール・グリーングラス監督が新作で描いたグリーン...
「グリーン・ゾーン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ポール・グリーングラス監督×マット・デイモン。「ジェイソン・ボーン」シリーズのタッグがイラク戦争の映画を撮るということで、注目していました。予想通り、見応えある作品でした。マット・デイモンは1997年の「グッド・ウィル・ハン...
映画レビュー「グリーン・ゾーン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]◆プチレビュー◆大量破壊兵器にまつわる陰謀を暴く戦争アクション。政治的な題材だがエンタメ映画として楽しめる。 ...
グリーン・ゾーン (メルブロ)
グリーン・ゾーン(原題:GREEN ZONE)317本目 2010-21 上映時間 1時間54分 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン(ロイ・ミラー) 、 グレッグ・キニア(クラーク・ ...
「グリーン・ゾーン」戦場のジェイソン・ボーン(^^;?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マット・デイモン] ブログ村キーワード  “主演 マット・デイモン × 監督 ポール・グリーングラス”3度目のタッグ。「グリーン・ゾーン」(東宝東和)。「ボーン」シリーズの2人が仕掛けた、“ノンストップ・アクション大作”(←何か安っぽいな〜、この書き方…)。『114...
グリーン・ゾーン (銀幕大帝α)
GREEN ZONE/10年/仏・米・スペイン・英/114分/戦争アクション・サスペンス/劇場公開 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン <ストーリー> イラク戦争で大量破壊兵器発見を至...
「グリーン・ゾーン」 (prisoner's BLOG)
あと大量破壊兵器がなかったことはすでに現実において明らかなので、結末は最初から割れている。 大量破壊兵器を捜索する役目の軍人が、一向に見つからないのでその裏にある工作を調べて上層部やマスコミにまで至る陰謀の真相に至る、偽の真実から本物の真実へ、真相...
『グリーン・ゾーン』・・・MOVIXで「グリーン・ゾーン」シートを探せ! (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を語る上で欠かせないキーワードのひとつである“大量破壊兵器”。この存在を大義として半ば強引にイラクへの攻撃を開始した時のブッシュ政権。けっきょくアメリカはイラクの大量破壊兵器保有を裏付ける証拠を見つけることができず、世界の警察を自負する大国の...
2010-14『グリーン・ゾーン』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-14『グリーン・ゾーン』(更新:2010/05/16) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) いやぁ、面白みはあったね。 アクション映画というより、サスペンス映画だろう。 ここまで政治色の強い映画...
「グリーン・ゾーン」グリーン・グラス印の... (再出発日記)
イラク将軍「バクダッドに進攻してそれで勝ったと思うな。戦いはこれからだ」イラク知識人「この国のことは俺達が決める」ロイ・ミラー「ふざけるな!戦争の原因だぞ」(ちょっと粗...
グリーン・ゾーン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月15日(土) 13:55〜 TOHOシネマズ スカラ座 料金:1280円(新橋の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『グリーン・ゾーン』公式サイト シリーズを重ねるごとに面白くなった珍しい作品ジェイソン・ボーン。その大傑作「ボーン・...
グリーン・ゾーン (りらの感想日記♪)
【グリーン・ゾーン】 ★★★★ 映画(祭) (26) ストーリー フセイン政権陥落直後のイラク、バグダッド。米陸軍のロイ・ミラー准尉(マット
グリーン・ゾーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GREEN ZONE) 【2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) イラク戦争の大義とされた「大量破壊兵器」を巡り、その情報に疑問を抱いた一人の米軍兵士が真実を追求していくサスペンス・アクション。 イラク戦争開戦か...
グリーン・ゾーン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
大量破壊兵器が隠されているという情報をもとにロイ・ミラーと彼の部隊はバグダットの街を日々駆けずり回っていたが、その情報は果たして正確なものなのか?空振りに終わる日々に疑念を抱き始める。そして現地の義足をつけた男を伴い単独調査を始める。イラク戦争の際のス...
『グリーン・ゾーン』破壊兵器はどこ?? (@KOBAのムービー!ムービー! )
『グリーン・ゾーン』GREEN ZONE(2009年アメリカ、フランス、スペイン、イギリス) 監督    ポール・グリーングラス 脚本    ブライアン・ヘルゲランド 原案    ラジーフ・チャンド...
グリーン・ゾーン (そーれりぽーと)
最強タッグでシリアスなドンパチもの?? 『グリーン・ゾーン』を観てきました。 ★★★★ スティーブン・ソダーバーグ辺りが撮ってたらもっと人物に焦点...
グリーン・ゾーン (Diarydiary! )
《グリーン・ゾーン》 2010年 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画 −
グリーン・ゾーン (5125年映画の旅)
混迷するイラク戦争。フセインが逃亡し、イラク軍の統制が乱れる中、アメリカ軍のミラー准尉は大量破壊兵器探していたが、一向に発見することが出来ずにいた。兵器の在処をリー ...
グリーン・ゾーン (こんな映画見ました〜)
『グリーン・ゾーン』 ---GREEN ZONE--- 2010年(フランス/アメリカ/スペイン/イギリス) 監督:ポール・グリーングラス 出演: マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ フセイン政権陥落直後のイ...
グリーン・ゾーン (たにぐちまさひろBLOG)
昨日は、とてもいいお天気。昼間は、福井市美術館(アートラボふくい)で“市美展”を鑑賞。その後、近くの公園で一休み。とても気持ちがいい。
「グリーン・ゾーン」 (てんびんthe LIFE)
5/14「グリーン・ゾーン」TOHOシネマズ スカラ座で観賞 TOHOの日で1000円観賞。 ドキュメンタリー性にこだわったというこの作品、私は苦手な分野です。 なので、ダメでした。 ドキュメンタリー性という作り=ハンドカメラ。 最初から、もうだめでした、めま...
「グリーン・ゾーン」  GREEN ZONE (俺の明日はどっちだ)
・ 『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で良い仕事を見せてくれたマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、三度合い見えタッグを組んだ期待のサスペンス・アクション。 冒頭のアメリカ軍の空爆から逃げ惑うフセインの側近の軍関...
グリーン・ゾーン (とりあえず、コメントです)
ポール・グリーングラス監督&マット・デイモンのコンビで創り上げた戦争サスペンス・アクションです。 ボーン・シリーズとは違ってどんな挑戦をしたのかなあと気になっていました。 2003年のイラクのバグダットと舞台に描かれた陰謀と“国”にかける想いにう〜んと唸って...
グリーン・ゾーン (晴れたらいいね〜)
この手の映画は、どうもそそられてしまいます。14日はTOHOシネマズ千円の日♪つうことで、公開初日の初回に観てきました。マット・デイモンの「ボーン・シリーズ」は、好きです。そ ...
【映画】グリーン・ゾーン…私なりに色々書いたけど全部削ってこんな感じ。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告 先週は息子が帰省。で、2010年7月5日(金曜日)に関東の方に戻りました。 息子が帰って来たからと言って、特に何もしてやらなかったけど、私の家がヤツの息抜きになったのなら幸い…どうなんだろうねぇ{/face_ase2/...
グリーン・ゾーン (シネマ名画座)
昨日でほとんど上映は終了してしまいましたが、今日は『グリーン・ゾーン』についてです。 ブログを書くならBlogWrite
■映画『グリーン・ゾーン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
マット・デイモン×ポール・グリーングラスという『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の主演×監督コンビがタッグを組んだ問題作『グリーン・ゾーン』。 イラク戦争勃発のきっかけとなる「大量破壊兵器」の所在をめぐる陰謀を、リアルな映像で描き出...
グリーン・ゾーン (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★ 「好きなゲームは?」→アメリカ兵「RPG!!」 ドキュメンタリータッチのリアルなアクション映画や戦争映画が珍しいことではなくなった今、それだけを売りにするのは難しい。 よく撮れてはいる...
10-138「グリーン・ゾーン」(アメリカ・フランス・イギリス・スペイン) (CINECHANが観た映画について)
アメリカが見たくなかったもの  フセイン政権陥落直後のイラク、バグダッド。米陸軍のロイ・ミラー准尉と彼の部隊は、大量破壊兵器の発見という極秘任務に就いていた。  しかし、上からの指示に従って捜索を繰り返しても、一向に兵器はおろか、その痕跡すら掴めずにい...
映画『グリーン・ゾーン/GREEN ZONE』 (オタマ・レベルアップ)
映画『グリーン・ゾーン/GREEN ZONE』を見たよぉ〜 メディア 映画 上映時間 114分 製作国 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2010/05/14 ジャンル アクション/サスペンス/戦争 映倫 G 解説・・・ 「ボーン...
グリーン・ゾーン 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『グリーン・ゾーン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...
『グリーン・ゾーン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...
グリーン・ゾーン (犬・ときどき映画)
グリーン・ゾーン「GreenZone」 <Story> イラクが大量破壊兵器を隠しているとの情報を得て、ロイ・ミラー(マット・デイモン)が率いる部隊は、情報通りの場所を捜索していた、しかしその作戦も3度失敗し、兵器は見つからない。 情報源が確かなのか上官に詰め寄るミラ...
「グリーン・ゾーン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「グリーン・ゾーン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ポール・グリーングラス 帰京して一発目は、マット・デイモン主演×監督ポール・グリーングラスという「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・...
喪中映画評「グリーン・ゾーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ポール・グリーングラス ネタバレあり