サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07222「やわらかい生活」★★★★★★★☆☆☆

2007年04月11日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
肉親や恋人、友人を失い、すべてに無気力になり、東京のとある街、蒲田に引越した橘優子・35歳。下町だが「枠」のないこの街は、今の彼女にとって、とても居心地がいい所だった。 続き

走り続けてきて、見落としてきた。小さなスナップショットにも、意味がある。

現在は地下鉄南北線、都営三田線に乗り入れて、目黒からは東京目黒線という名称になっているが、少し前までは、目黒と蒲田をつなぐ路線が、目蒲線と呼ばれていた。
僕がこの目蒲線沿いに住みだしてから、約20年になる。
だから、この映画の舞台になっている蒲田周辺にはそれなりの土地勘がある。

もともと、銭湯好きな僕は、品川の黒湯が好きで、この作品に出てくる(撮影に使われた)風呂屋も主人公のアパートの隣の風呂屋も、知っている。
ユニークなタイヤ公園には、幼かった息子を数回連れて行った。
こぶりな観覧車も乗ったことがあるし、池上本願寺の力道山のお墓の前では、同じように、自分を入れて撮影した。
六郷土手も、商店街の迫った踏み切りも、ラーメン餃子の店も、縁日の神社も、大衆居酒屋も、深夜屋台も、たぶんあそこだろうなと、推定できる。



主人公は、蒲田に住み始めて、「LOVE KAMATA」というサイトを開いて、自分でデジカメで撮った蒲田の点景をアップする。そして、蒲田のことを、「粋がない下町」と形容する。
たしかにそうだ。
JR,京急、東急の三つの路線が乗り入れ、それぞれの出口から、いくつかの商店街が延びている。その商店街は、それぞれ、微妙に空気が異なっている。日曜日の親子連れの買い物街から、ちょっと迷い込むと猥雑なキャバレーの呼び込みにあうことになる。また、ちょっと歩けば、土手沿いに、間隔の短い駅をいくつか散歩で遠征できる。小さな駅と小さなそれぞれの商店街に、思わぬ昭和史の記念をみることもできる。
もともとは、蒲田撮影所もあったが、品川区、大田区の工場労働者が住み着いた街だ。出稼ぎの人たちも多かった。景気のよかったときに、一気に人口が増え、歓楽街も形成された。どこか野暮ったい。気取ってはいない。ちょっとガタのきたそれでもどこか懐かしくウキウキするおもちゃ箱のような・・・。
「粋」というのは、土地っ子が何代もかけてつくった文化である。
蒲田に、住み着いているとしても、何代もさかのぼれる人などほとんどいない。
戦後の闇市からの発展もあったろう。だから、どの店に入っても、気取りようも無い。
お国言葉もさまざま。アジアからの出稼ぎや留学生も、住みやすいという理由で多く見かける。



主人公の橘優子(寺島しのぶ)は、一流大学を出て、一流商社に勤め、総合職キャリアで頑張ってきた。しかし、両親と同じ総合職の親友の死を契機に、心身に変調をきたし、躁鬱症と診断される。
男とも別れ、ネットで出会った自称50歳の建築家Kさん(田口トモロヲ)の痴漢ゲームにつきあい、場末の蒲田にやってきた。「全部、捨てよう!」と決意した優子は、蒲田で一人でアパート暮らしをはじめることになる。
そして、大学時代の友人で都議を目指す本間(松岡俊介)と偶然会い、アパートに連れ込むが、本間はマザコンのEDであり、寝ることが出来ない。
また、幼げで気の弱そうなチンピラ安田(妻夫木聡)に懇願されタイヤ公園に案内するが、彼も鬱病であった。
そんなとき、博多から従兄の橘祥一(豊川悦司)が尋ねて来る。離婚寸前の一文無しで東京に出てきた愛人を訪ねてきたが、追い返されたので、居候させてくれ、と。優子は、気心の知れた祥一との掛け合いで躁になったり、また突然激しく鬱になったり・・・。

優子は孤独である。
小さい頃、祥一とのおままごとで、自分のことを「姫」と呼ばせていた。
たぶん優等生でどこか気位が高かった。キャリアウーマンとしても、勝ち抜いてきたのだろう。
でも、本当は、激しく疲れていた。この時代に、そうして気位高く生きていくことに。少し前まで、そうして、虚勢を張ってきたのは、多く男であった。けれど、現在では、優子のような女性が、たぶん、そうした気位や孤独を引き受けていることが多いように思える。
両親の死や、友人の死や、付き合っていた男の死。
優子は、その死に、神戸震災や9.11やサリン事件に巻き込まれて・・・と物語を仮構する。死んだのは事実だから、そういう物語を仮構したほうが、他人に説明がいらない。「事件」を語ればすむので、それぞれの死の状況を説明する必要が無い。
悪気があるわけではない。人に説明するのが、物憂いだけなのだ。
そして、自身は、リアリティを喪失していき、病は進行していく。



僕たちの周囲に、優子のような資質を持った女性はどれほど多いことか。
もう、何もかも捨てて、誰も知らない町で、誰からも見られない町で、ひっそりと生きたい。
見るのは自分。デジタルカメラで、なんということもない光景をスナップしていく。それをネットにアップし、自分で感想をつける。写真をプリントして、アパートの部屋にベタベタ貼る。
近くの商店街に買出しに行く。土手を散歩し、夕暮れに佇む。
この無名の町で、無名の人となって、ささやかに生きていく。
銭湯に入り、仕舞い湯につかり、独り言を楽しむ。
それは、惰性なのか、気儘なことなのか、逃避なのか、深い関係の拒絶なのか、ある種の虚無なのか。
どれでもあってどれでもない。少なくとも優子にとって、「やわらかい生活」であったかもしれない。

けれど、優子は自分から求めるのではなくて、「発見」されるのだ。
痴漢男によって、鬱病のチンピラによって、EDの同級生によって、気安い従兄によって。
「発見」された優子は、不器用に、関係線を模索していく。男たちは、一様にダメな男たちだ。しかし、優子にはもう気位は無い。男たちは優子の心の空隙に、自分の安堵をみつけていく。それは、淡い傷の癒しあいかもしれない。
唯一、欝で苦しむ優子にしばらく寄り添った祥一は、もう一度、ふたりの関係を構築できるかもしれない。自分の過去にケリをつける。祥一は、博多に戻る。優子も博多に行こうとしたとき、祥一の訃報が届く。



癒しと新しい幸せを求めて、人生を転回する。
タイトルからはそんな物語を連想させるが、本当はもっととても苦い物語だ。
優子は、湯船につかりながら、男風呂から祥一の「おーい」と呼びかける声が聴こえる。
鬱病のように、しっかりと処方される薬など、人生には無い。
だけど、鬱病の何日間を脱して、暗く閉ざした部屋のカーテンを開き、太陽の光を浴びて喜ぶように、きっと、優子は、自分で回復する事ができるだろうと、予感されて、映画は終わる。

寺島しのぶと豊川悦司。
演技と表情が素晴らしい。
蒲団にもぐりこんで病気をやり過ごす優子がいとおしくてしかたがない。
100円傘をズボンのうしろにひっかけて優子のために買い物をしてあげている祥一がいじらしくてしかたがない。
ひとつの舞台から降りて、しかしようやくそこからはじまる人生は、たしかに在るのだと、信じたい。




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キヨスクおばちゃんには敵わ... | トップ | mini review 07223「間宮兄... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (デジタルカメラどっとcom のJun)
2007-04-11 07:12:32
おじゃまします!

私のサイトでこちらの記事を紹介させて
頂きましたのでご連絡させていただきます。

紹介記事は
http://dejikamedaisuki.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html
です。
はじめまして (いちご)
2007-04-11 13:17:12
はじめまして(^-^)TBありがとうございます♪
本当に、この映画っていいですよねぇ☆大好きです。
ゆるーい感じが何ともいえません。
もう一度DVDで鑑賞しようかなと思います(*^^*)
これからもブログ、よろしくお願いします。
いちごさん (kimion20002000)
2007-04-11 22:17:59
こんにちは。
やっぱり優子は等身大のヒロインですよ。
みんな悩んでる。優子が幸せに近づいたかどうかは、だれにもわからない。だから、いやし系物語として、受けとりたくないですね。
こちらにも・・・ (ミチ)
2007-04-11 22:36:36
この映画、好きでした。
トヨエツも寺島しのぶもとっても良かったです。
『愛ルケ』の二人とは思えませんでしたよね。
ラストですが、私もきっと優子は自分で回復できるだろうと予想しました。
ミチさん (kimion20002000)
2007-04-11 22:45:12
こんにちは。
「愛ルケ」は、怖くて、まだ見に行く度胸ができません(笑)
気弱なkimion20002000です。
この映画が (sakurai)
2007-04-12 08:04:09
あったのからこそ、「愛ルケ」が出来たのだと思いますが、到底見る記もなく、未見のままで終わりそうです。
蒲田をよーく知ってる人なら、膝を打つような映像でしょうね。
東京のご当地映画という範疇で考えてもいいのでしょうが、どこか無機質なものを感じました。監督の色かもしれませんがね。決して嫌いじゃないです。役者のうまさを上手に引き出す人だなあ、と思いました。
sakuraiさん (kimion20002000)
2007-04-12 09:15:06
こんにちは。
家族愛や恋愛などをベースに据えていませんからね。
生きることが困難な人間たちを描いていますから、演出も、少し突き放すように客観的においているところがあります。
ベタな博多弁が、緊張をやわらげていました。
お初ですv (PEN)
2007-04-12 19:31:32
こんにちわぁv

記事、すんごい分量ッスね、オレこんなに書いたことないかもw
自分のBLOGに「ムービー」っていう映画の書庫、置いてるんですが、なんか色々恥ずかしくなっちゃいましたぁ(*ノェノ)キャー
PENさん (kimion20002000)
2007-04-12 21:10:48
こんにちは.
短くてもなんでもいいんじゃないですか。
おじさんは、理屈こねのおしゃべりなだけですよ(笑)
心のバランス。 (BC)
2007-04-13 01:11:33
kimionさん、お久しぶりです☆
トラックバックありがとうです。(*^-^*

私見ですが・・・
人って、大人になるにつれて辛いこと悲しい事苦しい事があっても
発想を前向きに切り替えたり、趣味に夢中になったりしながら乗り越える方法を見出していくけど、
それが優子にとっては物語を仮構する方向へ行ってしまった為に
現実と虚構の分別がつかなくなっていき、
心のバランスを崩していってしまったのかもしれませんね。

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
やわらかい生活/寺島しのぶ、豊川悦司 (カノンな日々)
『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督と寺島しのぶさんのコンビに、今回は共演に豊川悦司さんを迎えての第二弾。出演は他にも松岡俊介さん、田口トモロヲさん、妻夫木聡さん、柄本明さん、大森南朋さんとワタシ的には豪華な面々が勢揃い。しかも劇場予告編を観ていて気付いた...
『やわらかい生活』 (京の昼寝~♪)
それとな~く幸せ   ■監督 廣木隆一■脚本 荒井晴彦■原作 絲山秋子(「イッツ・オンリー・トーク」文藝春秋刊)■キャスト 寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、柄本明、大森南朋□オフィシャルサイト  『やわらかい生活』 みんな孤...
「緑の象」を見つけました~ (京の昼寝~♪)
 先日、キネカ大森で観た『やわらかい生活』に出てきた「緑の象」を探してきました 映画は蒲田を舞台に描かれており、見慣れた風景やお店も出てきたのですが、なかでも「Love KAMATA」というサイトを立ち上げた寺島しのぶ演じる主人公の橘優子が、デジカメ片手に地元蒲...
映画「やわらかい生活」を観て (とみのひとりごと)
 いちばん「もったいない」のは、「今」。過去じゃなくて。
この街のどこかで ~やわらかい生活 Part2 (recomints side-B)
※優子と祥一 大森酉の市/鷲神社にて 荒井晴彦氏脚本・廣木隆一監督・寺島しのぶさん主演の「やわらかい生活」を見に行った。 今SIDE-Bスタッフの中で密かなブーム(笑) 7/4のブログに引き続き、確かに「やわらかくない」と言うのが本音、 ...
映画 「やわらかい生活」 (ようこそMr.G)
映画 「やわらかい生活」 を第6回東京フィルメックスの有楽町朝日ホールにて。
やわらかい生活 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
脚本=荒井晴彦、監督=廣木隆一、主演=寺島しのぶの、『ヴァイブレータ』トリオが絲山秋子の原作「イッツ・オンリー・トーク」で再集結。 大企業のキャリアウーマンだった「かたい生活」や、両親の死をきっかけに、精神のバランスを崩した35歳の優子は、色々な問題を...
やわらかい生活 (2005) 126分 (極私的映画論+α)
 「愛の流刑地」とはまたちがった形の「愛」がそこにはありました。
やわらかい生活(~_~)寺島しのぶがいい! (銅版画制作の日々)
滋賀会館シネマホールにて《やわらかい生活》を鑑賞。京都で上映の際、観に行けなかったので・・・・。大津まで観に行った。原作は絲山秋子、「沖で待つ」と言う作品で第134回芥川賞受賞した39歳の若手作家そして主演は寺島しのぶ33歳孤独で自然体、魅力的なヒロイ...
やわらかい生活 (徒然なるままの日記)
今日は午前中に洗濯や掃除を済ませて、映画を見に行ってきました。 蒲田のお隣、大森にある「キネカ大森」で上映中の 「やわらかい生活」という映画です。 この映画、蒲田の街が舞台になっているということだったので、 知っている場所がたくさん出てくるのではないかと...
やわらかい生活 (しぇんて的風来坊ブログ)
この映画、しっくり来なかった。 純情きらりの笛姉ちゃんこと寺島しのぶさんは良かったです、だいぶんカバーしてました。でも・・・・ 躁うつ病の描き方が、ちょっとどうなんだろうというので、しのぶさんに関してさえ、ちょっと??というところがあった。 ばかりで...
劇場『やわらかい生活』 (映画ダイエット)
監督:廣木隆一 原作:絲山秋子 出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、榎本明、他 しのぶさん顔でかいですね。唐突にごめんなさい。ひとのこと言えませんorz で、豊川悦司がかっこよすぎでひとり勝ち(?)。あんな車でナンパされてみたいw 妻...
やわらかい生活:きゅうくつだね、体も心も大人になっちゃって キネカ大森 (気ままに映画日記☆)
トヨエツと寺島しのぶのこの映画。期待できそうだなって見に行ったらずっぽりはまりました。 タイトル:やわらかい生活 監督:廣木隆一 出演:寺島しのぶ/豊川悦司/松岡俊介/田口トモロヲ/妻夫木聡 /柄本明/大森南朋 橘優子(寺島しのぶ)35才独身。一流大学を出て一...
やわらかい生活 (BUNPITUノHIBI)
廣木隆一監督 バリキャリだった優子は人生の底に落ちた。精神に捻挫を負い、薬が手放せない毎日。だがそれをそのまま受け入れようという気分もあったのか、蒲田という「粋」のない下町に移り住む。やりたいことだけやって生きてみるために。そして出会い、再会もする幾...
映画「やわらかい生活」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「やわらかい生活」 『ヴァイブレータ』の監督・脚本・主演トリオ、廣木隆一&荒井晴彦&寺島しのぶが再び組んで、絲山秋子のデビュー作「イッツ・オンリー・トーク」を映画化。 優子(寺島しのぶ)は35歳、独身、一流大卒、バリバリのキャリアウーマンだった...
やわらかい生活 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
魅力的なニューヒロイン"橘優子"の難役に挑んだのは、『ヴァイブレータ』で各賞を総なめし、『大停電の夜に』など出演作が目白押しの演技派女優寺島しのぶ。35歳、男なし、金なし、仕事なし... だけれど、孤独を受け入れ、自然体で生きている、新しい女性像を見事に演...
やわらかい生活 (休日の過ごし方・・)
この作品は、全国ロードショーではなく、限定上映。 今回は、遠くまで足を運んで鑑賞しに行きました。 うつ病の独身女性の話ですが、現実的な身近な話。 今は、こんな女性が多いのかな? とも勝手に思ったりして(笑) 主人公と、付き合う男性が事故で、 こんなに...
[ やわらかい生活 ] バカ殿、最高やわ! (アロハ坊主の日がな一日)
[ やわらかい生活 ]@渋谷で鑑賞 2003年、僕のおすすめ邦画は[ ヴァイブレータ ]だった。 本作[ やわらかい生活 ]も、あの[ ヴァイブレータ ] 廣木隆一監督×脚本荒井晴彦に、そして主演はもちろん寺 島しのぶの強力チーム。見逃すわけにはまいりませぬ。...
やわらかい生活 (迷宮映画館)
少々生き急いできたのかもしれない。東京・蒲田。都会だけど「粋」がないと称された静かな街に移り住んだカオル。なんとはない街並を写真に撮り、自分のHPに載せる。そのサイトは精神に変調をきたした人たちが集う。ばりばりに働いてきたカオルは、ここでゆっくりと生き...
やわらかい生活 (・・・MOVIE FLOWER・・・映画の記録と感想と )
映画 やわらかい生活 製作年度 2005年 上映時間 126分 監督 廣木隆一 原作 絲山秋子 脚本 荒井晴彦 音楽 nido 出演 寺島しのぶ 、豊川悦司 、松岡俊介 、田口トモロヲ     妻夫木聡 、大森南朋 、柄本明
やわらかい生活 (勝弘ブログ)
http://www.yawarakai-seikatsu.com/渋谷 シネ・アミューズで鑑賞原作はこちらJR東日本、京浜東北線、蒲田周辺が舞台。キャッチコピーに「それとな~く幸せ」って有るんですが見た感想としては、そうか?と疑問が。 主人公
『やわらかい生活』 ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
日本映画です。 監督:廣木隆一&脚本:荒井晴彦&主演:寺島しのぶ 『ヴァイブレータ』のスタッフが数多く携わった作品のようです。
「やわらかい生活」 (俺の明日はどっちだ)
かつては一流企業の総合職というバリバリのキャリアウーマンだった寺島しのぶ演じる35歳のヒロイン・優子。 しかし、両親の死とともに精神に変調をきたし会社を退社、そして「松子」みたいに夢を見ることなく、両親が残してくれた遺産をもとに淡々と暮らしていたーーーー...
やわらかい生活 (てのひらおとこ)
やわらかい生活 身近な人の突然の死に苦しみ一気に底へと落ちて精神病院に通うようになった優子(寺島しのぶ)は、掲示板で痴漢と知り合い、東京のようで東京じゃない蒲田へ引越し、元同級生でEDの議員、HPで知り合った鬱病のやくざの安田(妻夫木聡)、そしていとこ...
やわらかい生活 (海山呑喰)
パッチギを観てからおもしろい邦画探しをちょくちょくやっています。 井筒監督に走りたい気持ちを抑え、あえて色んなジャンルの作品を観ましたが、パッチギほどガツンとくる作品はまだ。 最近観たのが寺島しのぶさん主演の『やわらかい生活』 鬱病を克服した人が観ると...
『やわらかい生活』 ★★★ (時流を聴く)
新宿のK's cinemeで『やわらかい生活』を観た。 監督は廣木隆一。あの『ヴァイブレータ』のスタッフが集結。 出演は、寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、大森南朋。 観終わった
『やわらかい生活』フィルメックス映画祭にて (映画子の映画日記)
2005年 / 日本 / 126min. 配給:松竹 (来年公開予定) ★★★★☆ 蒲田に住みたい! まさかこのポスターでいくの? 違うよね~。 もっと、ちがうポスター作ってよ~! もっとかっこいいの! お願いね~! 映画に負けないくらいにかっこいいポスターをノゾム! (*フィ...
【劇場鑑賞69】やわらかい生活 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
橘優子、35歳、蒲田で一人暮らし。 可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。 暖かな幸福感に包まれる物語。 それとな~く幸せ
『やわらかい生活』 (Sweet* Days)
やわらかい生活 スペシャル・エディション 監督:廣木隆一 CAST:寺島しのぶ、豊川悦司 他 STORY:優子(寺島しのぶ)は両親や親友を亡くして以来、躁鬱病に苦しむ日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、蒲田に引っ越す・・・・ 『愛るけ』以前の愛るけ...
映画【やわらかい生活】 (notation)
やわらかい生活 2006 廣木隆一 なんだか分からないけれども、じわじわ来る滋養のある映画です。 本当にコンパクトな一人の人と、その人を取り囲む小さな人間関係のお話。 起こる出来事は超些細な出来事ばかり。 でも、なぜかじわじわ来る。 好きな映画です。 ザ・邦画と...
ひとやすみの季節・・・~「やわらかい生活」~ (ペパーミントの魔術師)
やわらかい生活 スペシャル・エディション寺島しのぶ 絲山秋子 廣木隆一 ハピネット・ピクチャーズ 2007-01-26売り上げランキング : 6507おすすめ平均 なまぬるい生活。頑張り過ぎないで...Amazonで詳しく見る by G-Tools 心にかかえるものでつぶされそうになって ...
映画 やわらかい生活 (DVD) (ぽぽらす日和*)
寺島しのぶと豊川悦司主演の映画『やわらかい生活』。 先日レンタルして観ました。 淡々としたムードのユルユル映画かと思いきや、たしかに雰囲気はそうなんだけど、最後はなんともせつなかった。 どこまでもあ
やわらかい生活 (とんとん亭)
「やわらかい生活」 2006年 日 ★★★☆ 久々に邦画をレンタルして観ました^^ 物凄くゆったりとした映画で、ふと「君とボクの虹色の世界」を思い出した。 ただ、「孤独な人間」というのを扱った映画は沢山あると思うけど、この物語 の主人公橘優子(寺島...
独断的映画感想文:やわらかい生活 (なんか飲みたい)
日記:2007年7月某日 映画「やわらかい生活」を見る. 2005年.監督:廣木隆一.寺島しのぶ,豊川悦司,田口トモロヲ,妻夫木聡,大森南朋. 「ヴァイヴレータ」と同じ監督・主演の映画. 主人公優子が
やわらかい生活 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「やわらかい生活」     (廣木隆一:監督/      絲山秋子:原作「イッツ・オンリー・トーク」)  やわらかい生活 スペシャル・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る  昨日深夜に放映されていたのを観ました。  (その前仮...
やわらかい生活 (レンタルだけど映画好き)
それとな~く幸せ 2005年 日本 やわらかい生活 スペシャル・エディション 「粋のない下町」蒲田が傷ついた者にとって、とても住みやすく見えてくる。だけどこんなラストでいいのーーーっ?彼女のその後の事がとても気なって気になって・・・。 監督 廣木...
やわらかい生活 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それとな~く幸せ』  コチラの「やわらかい生活」は、「ヴァイブレーター」の廣木隆一監督、寺島しのぶ主演が再びタッグを組んだヒューマン・ドラマです。  あたしは、「ヴァイブレーター」にずど~んとヤラレちゃったので、本作も期待しちゃったのですが、ん~...
<やわらかい生活>  (楽蜻庵別館)
2005年 日本 128分 監督 廣木隆一 原作 絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 脚本 荒井晴彦 撮影 鈴木一博 音楽 nido 出演 寺島しのぶ  豊川悦司  松岡俊介  田口トモロヲ    妻夫木聡  大森南朋  柄本明
映画評「やわらかい生活」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年日本映画 監督・廣木隆一 ネタバレあり
やわらかい生活 (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/廣木隆一 「やわらかく行くのはムズカシイ」 廣木監督は、しのぶちゃんを好きになってしまったのかしら?と思えるくらい、寺島しのぶが愛らしい。躁鬱病を抱える袋小路な女としては、ちょいとカワイすぎるんですよ、導入部。人生行き詰まった...
やわらかい生活 (たまゆらのつぶやき)
やわらかい生活 スペシャル・エディション寺島しのぶ 豊川悦司 松岡俊介 ハピネット・ピクチャーズ 2007-01-26評価 by G-Tools , 2008/02/08 絲山秋...