サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09412「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★★★★☆☆

2009年10月23日 | 座布団シネマ:さ行

『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風の持ち味を生かしながらつづっていく。主演はこの作品でデビューし、数々の映画賞を受賞したデヴ・パテル。底知れないパワーと生命力を感じさせる人間讃歌に息をのむ。[もっと詳しく]

レンタルDVDに特典満載で、思わず得をしてしまったような。

 

この作品は映画館でみそこねて、ようやく出たレンタルDVDで観賞した物だ。
借りてから気づいたのだが、DVDは2枚収納されており、うち1枚は特典映像が特集されていた。
思わず、得したな(笑)、と。
インド人外交官ヴィカス・スワラップの「僕と1ルピーの神様」が原作になっており、日本でもランダム講談社から翻訳されているらしいが、僕は読んでいない。
脚本のサイモン・ピューフォイによって大幅に設定変更され、映画のオリジナルストーリー部分もかなりあるらしいが、この映画のパンフレットも読んでいないし、批評もみていないので、あまりよく分析できない。



しかし、このDVD特典で、かなり未公開映像が収録されており、それがとても理解の助けになったのだ。
スタッフ&キャストのコメントやメイキングもかなり丁寧に収録されているのだが、ともあれこのダニー・ボイル監督はとても精力的な御仁らしい。
世界最大のスラム地区とされる人口が2000万人に近い大都市ムンベイ(ボンベイ)のダーラーヴィー地区。
貧困と汚濁に満ちたけれども最高にエネルギーと人間臭さが集積したこの地区に、どうやらイギリス映画界の職人的なスタッフたちは、すっかり魅了されたらしい。
たとえば、撮影でもあっという間に数千人の野次馬が集まってきて、1日中ガヤガヤしながらたちんぼしている。
この地区での撮影など、とてもとても統制なんてできないのだ、と。
「今日撮影したところに、翌日行ってみると、いきなり壁ができてるんだからね」
そうした様子が特典映像からよく伝わってくる。



冒頭、スラムのこどもたちが歓声をあげながら木の棒とボールで野球の真似事のような遊びをしている。
私有地のため、警備員がコラ!と追いかけてくる。
こどもたちは、笑いながら、ゴミ山をのぼり、路地を縦横無尽に駆け巡り、屋根をつたい、乱雑な屋台の間をすり抜けながら、警備員をからかうように逃げまくる。
このシーンを撮影するために、小型のデジタル撮影機を工夫してつくりあげ、スタッフたちも走り回っている。
もうこのシーンだけで、僕たちはこのスラム地区のおおよその空気をつかめてしまうのだ。
あるいは、最貧の地区に隣接して、映画スターなどの超富豪の豪邸地域が存在する。
富豪たちはそこに自家用飛行機や、高級自動車で、移動するのだ。
スラム地域にはほとんど衛生的な公衆トイレがなく、海にのびた桟橋に仮設のトイレを造作して、金持ち相手に小遣い稼ぎをしている。
ここも、このお話しの中で、重要なそしてとてもユーモラスなシーンのひとつとなるところだが、ロケスタッフが探し当ててきたロケーションだという。



ダニー・ボイル監督は、脚本にはきわめて忠実だが、撮影シーンはともあれ精力的に取りまくったようだ。
時間的制約の中で、編集段階でかなりスリムにしたのだろうが、そうした映像の一部が、特典の未公開映像で見ることが出来る。
この映画制作にあたっての制作予算は、きわめてミニマムであったようだ。
もちろん、インドは世界最大の製作本数と映画館観客動員数をほこる映画大国である。
けれど、一部の社会派映画をのぞいては、あくまでインド系民族に対する娯楽・娯楽・娯楽である。
撮影がよく行われるボンベイとハリウッドをかけてホリウッド映画といわれるが、通常は3時間ほどの大作であり、マサラムービーといわれるが、いきなり筋書を飛び越えるように、歌えや、踊れやのミュージカルシーンが挿入されるのが、まあホリウッド映画のお約束のひとつなのだ。
ということはもともと、今回の映画は、インド国内向けに作られたわけではない。
トロント映画祭で初上映されて、観客が驚愕して「トロント映画祭観客優秀賞」に。噂が噂を呼んで、全米では10館でのミニミニ公開の予定が600館上映へ。
そして、08年のあらゆる映画賞を総なめして、英国制作であるにかかわらず、とうとう第81回アカデミー賞で、作品・監督・歌曲・作曲・編集・録音・撮影・脚色の8部門で、オスカーを獲得してしまったのである。
これは、やはり快挙である。



「クイズ&ミリオネア(邦題だが)」というイギリス発祥の四択クイズで世界80カ国で人気の超有名なクイズショー番組を構成軸にしているところが、まことにわかりやすい。
その一攫千金のクイズショーに、挑戦するスラム育ちで無学の主人公。大学教授や作家であっても、最終(ミリオネア)まではいかないのに、とうとうこの18歳のコールセンターのお茶出しアシスタント青年が、最終問題まで来てしまった。
「インチキをしているに違いない!」
熱狂する視聴者の興奮をよそに、警察で拷問まがいの取調べを受ける。その取調べの中で、なぜ、正解を言い当てたのか、主人公が説明する。
その説明が、スラム地区で生まれ、幼い時から金銭の魔力にとりつかれ裏社会にも通じてしまった兄と、両親もいず住むところもない可愛い少女との10年間の遍歴(体験)となっている。
息詰まるミリオネアを狙う一攫千金のクイズショーのハラハラする展開と、正解を続ける主人公と取調べ官との重苦しい訊問と、その訊問によって明らかにされる主人公たちの波乱万丈の10年間と、それらを支えるインドの激動するエネルギッシュな熱気が、とても上手に構成されて、この映画の魅力となっている。
どのシーンをとっても「目が離せない」のだ。
娯楽作品としても一級だし、もちろん、主人公たちの「運命」にさまざまな普遍かつアクチュアルなテーマがさりげなく織り込まれている。



特典映像の未公開シーンを観て、筋書きとしてなるほどな、と会得したもっとも重要な箇所は、結局、警部の取調べはどうなったんだろうか、ということだ。
もちろん、最後は釈放されるのだから、訊問によってなぜ正解できたのか、警部にも納得できた、という解釈でもよいのだが。
けれど、特典映像では、主人公の兄が犯してしまった殺人に立ち会っていたという別事件を洗い出し、別件で収監されることがほぼ警部の判断であったことが強調されている。
しかし、貧困層を中心とした大衆がいまやこの主人公を奇跡のヒーローと見なしていること、そして主人公が誠実に正直に過去を物語っていること、とくに「運命の人」である少女とこの青年をもういちど会わせてあげたいと言った親切心のようなものが、警部に芽生えたあたりが映像的には収録されている。
けれど、こうした映像は、未公開となっている。
それはそれで、単に時間の尺の問題なのか、観客の想像に任せようということなのか、あるいは説明過剰になることを嫌ったのかわからないが、DVDの特典映像を観るチャンスのある人には、是非ともチェックしてもらいたい箇所だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 09411「コレラ... | トップ | mini review 09413「路上の... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悠雅)
2009-10-25 10:26:20
こんにちは。
普通、レンタルでは特典映像が観られないことが多いのに、
本当にそれはお得でしたね。
劇場公開を観てしまうと、余程のことがない限りレンタルしないし、
再見してもWOWOWなどだったりするので、観ないまま終わる映像が、案外多いのかもしれません。
これは、改めてレンタルして観る価値あり、のようですね。
悠雅さん (kimion20002000)
2009-10-25 12:08:47
こんにちは。

よくスペシャルプレミアムboxとかありますよね。
ちょっと値段を高くしてもいいから、そういうのもレンタルしてくれればいいのになあ、と思いますね。
特典映像 (しゅぺる&こぼる)
2009-10-25 19:17:55
お得感あるんですね。
これは劇場で見たんですが、もう1度見てみたいなあと思いました。
しゅべる&こぼるさん (kimion20002000)
2009-10-25 21:18:22
こんにちは。

たまにはね。
予告編だけで、特典映像と称してるのが、ほとんどだからさ(笑)
こんばんは~。 (ryoko)
2009-10-25 23:05:19
映画館で見たのでレンタルする気はなかったのですが、見てみたくなりました。
以前友人から借りた「パイレーツ・オブ・カリビアン」の特典映像が本編より長くって・・・そこまで長くなくていいけれど、未公開シーンなどがあると監督たちの苦労や思いが伝わってきて一層楽しめますね。
ryokoさん (kimion20002000)
2009-10-26 00:01:43
こんにちは。

僕はパンフレットも買わないし、DVDも購入しないし、映画関係の雑誌も買わないからさ、たくさん見ているけど、案外、疎いんですよ(笑)
出ましたね! (maru♪)
2009-10-26 00:27:18
こんばんわ♪
TBありがとうございました。

やっとDVD発売&レンタル開始になりましたね!
ずっと待ってました。
特典映像が充実しているみたいで楽しみです。
しかも未公開シーンでより理解が深まるんですね!
ディレクターズカット版とか出して欲しいです。
maru♪さん (kimion20002000)
2009-10-26 02:40:09
こんにちは。

評判は聞いていたんですけどね。
映画館に行きそびれちゃって。

これから、インドで撮影する海外映画が、多くなりそうな気配がありますね。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-10-26 08:37:54
こうやってTBいただいて、その後の情報を得れるというのが、ブログの恩恵ですね。
ありがとうございます。
あの爽快感と、疾走感!また見たくなってきました。
これは買い・・かな。
この本の原作者が、ニュースに出てて、確か大使として、日本に来てるという内容だったと思います。

先日、当地で行われた国際ドキュメンタリー映画祭の中で、やはりインドですが、貧困層ながら・・・それも盲目の夫婦の間に生まれた子供の姿・・・力強く、本当にたくましく生きていく姿を撮った映画を見まして、愕然としました。
人間、ちょとやそっとじゃ、大丈夫だ!と感じた次第です。
sakuraiさん (kimion20002000)
2009-10-26 11:55:23
こんにちは。

インド映画祭も、やられているらしいですね。
昔は、インド映画というと、ミュージカル仕立てはやはり苦手なので、岩波ホールとかでまじめなドキュメントタッチのものを時々見ました。

この頃は、もうすこし、欧米資本も入った映画が、増えてきていますね。

弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-03-15 14:16:11
インドはイギリスが宗主国だったので、あの野球みたいなのはクリケットなんでしょうね。

>世界80カ国で人気の超有名なクイズショー番組
へえ~、そんなに世界各国で導入されていますか?
クイズ番組が好きなので僕も日本版を良く見ていましたが、音楽まで同じなのには驚きましたねえ。

確かにクイズの問題をベースにお話を進行させたのが成功の要因ですね。
幾つかの映画サイトやブログで見かけた、問題が主人公に都合が良すぎる・・・などというリアリズムに依拠する批判は馬鹿げていると思いますなあ。
映画全体が一種のファンタジーであり、各問題はお話を進行させる小道具(ギミック)なんですからね。

最後の問題がお話の構成に捉われすぎて簡単すぎたのは【玉に傷】でしたが。(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2010-03-15 18:47:30
こんにちは。

>リアリズムに依拠する批判は馬鹿げていると思いますなあ。

こういう人はいつの時代にもいるんですよね。じゃあリアリズムとは何かといえば、教条主義的な答えしか返ってこないんですね。結局、意味というもの、比喩というもの、幻想というものがわかんない人たちなんですよ。無視しましょう(笑)


お邪魔致します (マーク・レシター)
2010-10-22 06:29:13
レビューを興味深く拝見致しました。

“「運命の人」である少女とこの青年をもういちど会わせてあげたいと言った親切心のようなものが、警部に芽生えたあたりが映像的には収録されている。”

なるほど、そのような準備はしていたのですね。
それが加わっていたらどのような映画になっていたのでしょうね。
ボクも今作のレビューを書いておりますので、トラックバックをさせて下さいませ。
マーク・レシターさん (kimion20002000)
2010-10-22 09:13:15
こんにちは。
未公開映像ですからね、監督の意図はよくわかりませんが、少なくとも僕はそういう感じを持ちました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Slumdog Millionaire) (Mooovingな日々)
今日、ジャマール・マリクにとって人生最大の日を迎えた。文無しで、インドはムンバイのスラム街に暮らす18歳の青年が出演したインド版「クイズ・ミリオネア」で、クイズ史上最高額の賞金2000万ルピーを勝ち取るまであと1問を残したところでその晩の番組が終了後、...
「スラムドッグ$ミリオネア」プチレビュー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー、作品賞を受賞した作品です。 作品賞になった映画は常にチェックしなくてはと、 使命感に駆られて劇場に足を運びました。
「スラムドッグ$ミリオネア」文句なしのアカデミー賞 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年末からとんだバタバタで、なかなか映画を観に行く事が出来なかった私。 ようやく時間がとれるぞ!と思ったら、もう引越し準備がMAXに。 最後の望みは、ロンドンまでのフライトだっ! 12時間のフライトなら4本は見られるもんね~♪ 先ずは「スラムドッグ$ミリ...
【映画】スラムドッグ$ミリオネア (新!やさぐれ日記)
▼動機 去年の夏秋に誰かのサイトでみて ▼感想 人生に無駄なものなどひとつもない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年...
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪今...
【映画評】<!-- すらむどっぐみりおねあ -->スラムドッグ$ミリオネア (未完の映画評)
インドのスラム街育ちで無学の青年が、世界的超有名クイズ番組『クイズ$ミリオネア』で正解し続けるに至った過酷な半生を描くヒューマン・ドラマ。
スラムドッグ$ミリオネア (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:SLUMDOG MILLIONAIRE。ダニー・ボイル監督、デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール。邦題の$は米ドル、映画はインドルピーなのでもとより米ドルは関係ない。関係あるとしたらアメリカでの興行成...
スラムドック$ミリオネア (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 &nbsp;今年のアカデミー賞、最多の8部門受賞作品。待ちに待った公開初日。日比谷シャンテにて、満席状態の中鑑賞。パワフル。カラフル。インドならではのスパイスが効いた超ド級のエンターテインメントでした。監督のダニー・ボイルには“鬼才”と...
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、イギリス発祥の『Who Wants to Be a Millionaire?』(日本でのタイトル「クイズ$ミリオネア」)と言うクイズ番組...
スラムドッグ$ミリオネア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―【story】TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を...
スラムドッグ$ミリオネア (悠雅的生活)
インドの現実。疾走。三銃士。
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
スラムドッグ$ミリオネア (Akira's VOICE)
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
「スラムドッグ$ミリオネア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ムンバイのスラム街、其処に漂う、濃密な空気感を見事に映像化したダニー・ボイル以下、制作者陣の苦労が伺える映画でした。二人の少年時代から始まる物語、彼らを取り巻く、その世界は、あまりにも絶望的で、しかし、生き抜く為に、兎に角、お金に執拗に固執する。その為...
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
スラムドック$ミリオネア/Slumdog Millionaire (いい加減社長の映画日記)
「おっぱいバレー」も、出身地北九州市が舞台だし、綾瀬はるかちゃんのおっぱいにも興味があったんだけど。 ここは、アカデミー賞8部門受賞の「スラムドック$ミリオネア」を選択。 綾瀬はるかちゃんがおっぱい見せるとも思えなかったし^^; 「UCとしまえん」は、いつ...
♯22 「スラムドッグ$ミリオネア」 (cocowacoco)
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 SLUMDOG MILLIONAIRE を観ました         ダニー・ボイル監督 2008年 イギリス/アメリカ 『スラムの負け犬』ジャマールの成功譚。 幸せには富みも必要だが、そこに愛がなければいけない。 必死に生きてきた、ジャマー...
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 (ようこそMr.G)
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」
★『スラムドッグ$ミリオネア』☆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:イギリス映画、ダニー・ボイル監督、デーヴ・パテル主演。
Slumdog Millionaire (2008) (犬連れ国際結婚)
Jamel Malik(Dev Patel)は、子供の時にインドの貧しい地区で、兄と2人でシングルマザーの母親によって育てられていた。そして、ある日、ヒンドゥとモスラムの宗教争いのために母親を亡くし、兄と2人だけで生き延びなければならなかった。そんなJ...
『スラムドッグ$ミリオネア』の映画の外のスキャンダル (犬連れ国際結婚)
映画『スラムドッグ$ミリオネア』(SlumdogMillionaire)は、日本で、今、ヒット中のようだが、今夜のテレビのニュースで、残念な事を聴いてしまった。映画を観た人なら絶対、憶えているLatika(ラティカ)を最初に演じた子役女優の父親が彼女をインドのお金持ちにアメリ...
最後に彼が手にしたモノは・・・。『スラムドッグ$ミリオネア』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
スラムドッグ$ミリオネア (Memoirs_of_dai)
ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だ...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」@GAGA試写室 (masalaの辛口映画館)
   映画の話テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8...
溢れんばかりのインドパワー!「スラムドッグ・ミリオネア」を観ました(ちょっと修正) (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
パンフレット 700円 内容 ABOUTクイズ$ミリオネア(クイズ$ミリオネアについての大まかな説明) 「もはや社会現象、あのアカデミー...
スラムドッグ$ミリオネラ (あーうぃ だにぇっと)
監督: ダニー・ボイル キャスト ジャマール・マリク☆デーヴ・パテル サリーム・マリク☆マドゥル・ミッタル ラティカ☆フリーダ・ピント プレーム・クマール☆アニル・カプール 警部☆イルファーン・カーン 幼少ジャマール☆アーユッシュ・マヘーシュ・ケー...
スラムドッグ$ミリオネア (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    = 『スラムドッグ$ミリオネア』  (2008) = テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、次々と正解を重ね賞金を獲得するジャマール(デヴ・パテル)であったが、インドのスラム街で育った少年に答えられるわけがないと、不正を疑われて逮捕されてしまう...
スラムドッグ$ミリオネア (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
昨年度のアカデミー賞最多部門受賞作品です。日本でもお馴染みのクイズ番組が舞台です。スラム育ちの少年、ジャマールは警察に逮捕される。罪状は人気番組「クイズ$ミリオネア」で不正を働いて賞金を得ようとしたこと。ジャマールは今まで医者も弁護士も到達したことがな...
スラムドッグ$ミリオネア 圧倒的なパワーとうんち!? (労組書記長社労士のブログ)
【 24 -7-】 草薙くん、やっちゃったねえ{/m_0211/} しかし飲酒量{/m_0053/}を酒気帯び運転{/m_0033/}の基準と比較するのって無意味だと思うし、なんで家宅捜査までされるんよ、おかしいやん{/m_0152/} それに『鳩山邦夫総務相(60)は「最低の人間だ!」と大激怒』って、あ...
スラムドッグ$ミリオネア (めでぃあみっくす)
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...
スラムドッグ$ミリオネア (映画君の毎日)
//ストーリー//テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
『スラムドッグ$ミリオネア』 ('09初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月30日(木) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン9にて 15:00の回を鑑賞。
『スラムドッグ$ミリオネア』・・・僕たちのデスティニー (SOARのパストラーレ♪)
ため息が出るような素晴らしい作品だった。アカデミー賞でのあの圧勝劇。最多8部門受賞という快挙の理由はこれだったのか・・・。
スラムドッグ$ミリオネア (そーれりぽーと)
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ...
スラムドッグ$ミリオネア (TRUTH?ブログエリア)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE原作:ヴィカス・スワラップ 「ぼくと
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (映画!That' s Entertainment)
●「スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire」 2008 イギリス・アメリカ Pathe Pictures,Celador Films,Film4,120min. 監督:ダニー・ボイル  原作:ヴィカス・スワラップ著「ぼくと1ルピーの神様」 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Slumdog Millionaire」2008 UK     ジャマール・マリクにデヴ・パテル。 サリーム・マリクにマドゥル・ミッタル。 ラティカにフリーダ・ピント。 司会者プレーム・クマールにアニル・カプール。 警部に「その名にちなんで/2006」「ダージリン急行/2007」「...
スラムドッグ$ミリオネア (C'est joli~ここちいい毎日を~)
スラムドッグ$ミリオネア’08:イギリス ◆原題:Slumdog Millionaire ◆監督:ダニー・ボイル「サンシャイン2057」「ミリオンズ」「トレイン・スポッティング」「ザ・ビーチ」 ◆出演:デーヴ・パテル 、 アニル・カプール 、 イルファン・カーン 、 マドゥル・ミッタ...
スラムドッグ$ミリオネア (Art- Mill)
http://slumdog.gyao.jp/ 英語名で「ボンベイ」と呼ばれていた街は、1995年に、現地語(マラーティー語)での名称にもとづく「ムンバイ」へと公式に変更された。インド最大の街であり、周
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 (英国日記)
 インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。  この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、  ついに残り1問までやって来た。  ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、  イカサマの容疑で警察に逮捕...
スラムドッグ$ミリオネア (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞スラムドッグ$ミリオネア/Slumdog Millionaire 2008年/イギリス、アメリカ/120分 監督: ダニー・ボイ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (或る日の出来事)
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇...
スラムドッグ$ミリオネア (こんな映画見ました~)
『スラムドッグ$ミリオネア』 ---SLUMDOG MILLIONAIRE--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ダニー・ボイル 出演: デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。 この日、ムンバイ出身の青年ジャマ...
スラムドッグ$ミリオネア SLUMDOGMILLIONAIRE (まてぃの徒然映画+雑記)
さすがオスカー8冠!『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督がボリウッドと組んで放ったエンターテインメント大作。コールセンターのアシスタント・オペレーター(といいつつ実はお茶汲み)のジャマールが、優勝賞金2000万ルピーのクイズ番組に出演して、次々に...
スラムドッグ$ミリオネア (だらだら無気力ブログ)
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組...
スラムドッグ$ミリオネア・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボ...
スラムドッグ$ミリオネア (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
イギリス発祥で、世界的に人気のあるクイズ番組、「クイズ$ミリオネア」。インドのスラム出身の青年、ジャマールが、出演し、次々と正解を出していきます。そして、あと1問で最高賞金、2000万ルピーを手に出来るというところで、その日の放送は終了、続きは翌日に持ち越さ...
映画レビュー「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]◆プチレビュー◆インドを駆け抜ける夢物語は、残酷さとユーモアと愛のカオスだ。オスカー8冠の話題作。 【95点】 スラム出身の青年ジャマールは「クイズ・ミリオネア」に出演。全問正解を目前に、不正を疑われ逮捕されてしまう。無学の...
スラムドッグ$ミリオネア (2008・イギリス/アメリカ) (白ブタさん)
アカデミー賞受賞作ってことで、行ってきました☆
『スラムドッグ$ミリオネア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重...
スラムドッグ$ミリオネア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 幼少期で生き抜く術を身に付けた兄弟の力強さに脱帽した
「スラムドッグ$ミリオネア」パワフルムービーですよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード  第81回アカデミー作品賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」(ギャガ・コミュニケーションズ)。作品賞だけでなく、最多の8部門で受賞しちゃったんですよね。何がそんなに凄かったのでしょうか?  世界各地で...
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
スラムドッグ$ミリオネア (迷宮映画館)
がつがつしていた頃のダニー・ボイルを彷彿!力が入る。
ファイナルダンサー!~『スラムドッグ$ミリオネア』 (真紅のthinkingdays)
 SLUMDOG MILLIONAIRE  "Who Wants To Be A Millionaire?"  2006年、インド・ムンバイ。スラム育ちの青年ジャマール(デーヴ・パテル)は 人気クイ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (てんびんthe LIFE)
「スラムドッグ$ミリオネア」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 映画の日ですから…。 7スクリーンもほぼ満員。 ベンジャミンをあれだき引き離して各賞かっさらっていった作品でうから一応みないと話にならない。 賞を取る前ってたしか、シャンテの短観上映の予定だ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 Slumdog Millionaire (俺の明日はどっちだ)
D. It is written う~ん、いろいろ話題が先行し、期待感が募りすぎたからか、あるいは劇場スタッフ曰く「配給会社がそんなに大きな会社じゃないのでプリントの数が少なくて、おかげで地方にまで同時に公開されないですよ」というトホホなこともあって、気持ち的タイミン...
スラムドッグ$ミリオネア (心のままに映画の風景)
インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問...
スラムドッグ$ミリオネア [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE公開:2009/04/18製作国:イギリス/アメリカ PG-12上映時間:120分鑑賞日:2009/04/18監督:ダニー・ボイル出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン運じゃなく、運命だった。+あらす...
【スラムドッグ$ミリオネア】 (日々のつぶやき)
監督:ダニー・ボイル 出演:デーブ・パテール、アニル・カプール、イルファン・カーン、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル 「インドのムンバイ、人気クイズ番組クイズ$ミリオネアに出演したスラム出身のジャマールはあと1問で2000万ルピーを手に入れられると
スラムドッグ$ミリオネア (えいがの感想文)
2008年/イギリス=アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル    フリーダ・ピント 疾走感があって、始まったら最後までずっと集中して観てました。 なぜスラム育ちで教育を受けていない青年が、 クイズミリオネアの難問の答えを知っている...
スラムドッグ$ミリオネア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で今年のアカデミー賞総ナメの「スラムドッグ$ミリオネア」を観た。 インド・ムンバイのスラム街で育ったジャマールは、クイズ・ミリオネアに出演して、最後の一問を残すだけまで正解を重ねるが、無学なために不正を疑われて逮捕されてしまう。暴力的な取...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を採点 ※一部ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)」を1観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)です。90点でも良いくらい。 何と言っても“読後感が良い”。自分が置かれた過酷な現実を正面から受け止め、少年少女たちが生き生きと成長していく様がドキ...
Slumdog Millionaire / スラムドッグ$ミリオネア (Akasaka high&low)
エマージング諸国から賞レースに加わる名作のほとんどが貧困街の子供を主人公に設定しそこから這い上がる過程を描いています。 Slumdog Millionaire(スラムドッグ$ミリオネア)は英語圏のインドを舞台にした英国監督作品なので外国語映画部門にノミネートされなかったの...
スラムドッグ$ミリオネア (犬・ときどき映画)
スラムドッグ$ミリオネアを観ました。 アカデミー賞8部門を受賞したインドを舞台にした映画。 ストーリー インドのスラムで育った兄弟、母親は幼少のころ宗教間の争いで殺されてしまう、兄弟はその争いから命からがら逃げ出し、一緒に逃げた少女と知り合う。ゴミ捨て場...
スラムドッグ$ミリオネア (りらの感想日記♪)
【スラムドッグ$ミリオネア】 ★★★★★ 映画(祭) (17)ストーリー インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身
スラムドッグ$ミリオネア (★ Shaberiba )
  「駆け抜けたその道に、夢とヒントが落ちていた・・」 インドのスラムで過酷な人生を生きてきた少年たちの人生に涙・・! 
【スラムドッグ$ミリオネア】つき落とされても生き抜く力と愛 (映画@見取り八段)
スラムドッグ$ミリオネア ~Slumdog Millionaire~ 監督: ダニー・ボイル 出演:  デーヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、ア...
スラムドッグ$ミリオネア (2008) SLUMDOG MILLIONAIRE 120分 (極私的映画論+α)
 主人公はもちろんインドです。
『スラムドッグ$ミリオネア』:スラム育ちの愚兄賢弟物語、純愛も泣かせる (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
インド・ムンバイのスラムで育った青年がクイズ・ミリオネアでなぜ全問正解できたのか・・・というような物語ではなく、スラムで育った兄弟の確執の物語、そして弟とひとりの少女の純愛物語である。
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Sweet*Days**)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ...
スラムドック$ミリオネア (5125年映画の旅)
スラム育ちの無学の青年ジャマールが、人気TV番組『クイズ$ミリオネア』に出演。正解を続け、ついにあと一問というところまで上り詰めた。しかし製作者側がイカサマの疑いがあるとしてジャマールを拘束した。何故正解出来たのかと尋問を受けるジャマールは、過酷な...
『スラムドッグ$ミリオネア』@シネセゾン渋谷 (映画な日々。読書な日々。)
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマー...
スラムドッグ$ミリオネア (rambling rose)
鑑賞予告していた「スラムドッグ¥みのもんた」観て来たよ~!
スラムドッグ$ミリオネア ▲52 (レザボアCATs)
もはや取り立てて説明する必要もないでしょう、今年のアカデミー主要受賞作。作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、その他最多8部門受賞。livedoorブロガー試写会、ギャガ試写室@六本木ミッドタウンタワーで見て来ました~!
スラムドッグ$ミリオネア 九段会館 2009.4.9 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
アカデミー賞、最多8部門受賞のこの作品、予告編見てずっと気になってたので試写会で見れて嬉しい あらすじ:インド...
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
スラムドッグ$ミリオネア (pure's movie review)
2008年 イギリス作品 120分 GAGA=Communications配給 原題:SLUMDOG MILLIONAIRE STAFF 監督:ダニー・ボイル 脚本:サイモン・ボーフォイ 原作:ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』 CAST デヴ・パテル マドゥル・ミッタル フリーダ・ピント アニル・カプ...
スラムドッグ$ミリオネア (paseriのブログ)
「スラムドッグ$ミリオネア」(2008)を観ました。監督:ダニー・ボイル出演:デーヴ・パテル、アニル・カプール、イルファン・カーン、マドゥル・ミッタル、<内容>インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピー....
「スラムドッグ$ミリオネア」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
とにかく不思議な映画。本筋をまとめて言えば、インドの貧民街で育った青年・ジャマールの物語。テーマで括るなら、貧困問題を扱った社会派作品か青年の実直なまでの想いを綴った愛の物語である。いずれを前面に打ち出したとしてもどうにも地味なのだが、まるで畑の違うク...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」 (Andre's Review)
slumdog millionaire イギリス 2008 2009年4月公開 DVD鑑賞 英国映画好きにはたまらないスタッフ陣で、アカデミー賞をはじめとして非常に評価も高かった為、是非とも劇場で観たかったんですが、上手い具合にタイミングが合わなかったことと、その前に観た『グラン...
スラムドッグ$ミリオネア (ダイターンクラッシュ!!)
2009年4月19日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。 ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (古今東西座)
タイトルからして一獲千金の映画かと思っていたが、実は強烈に一途な愛の物語だった。『クイズ$ミリオネア』で大金を掴もうとしているジャマール・マリク(デーヴ・パテル)であったが、スラム出身でまともな教育を受けていない彼がこれ程正解できるはずがないとイカサマ...
スラムドッグ$ミリオネア - Slumdog Millionaire - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
長い休暇の初日にスラムドッグ$ミリオネアを観てきました。 「いいもん観たな」というのが率直な感想です。 アカデミー賞作品賞受賞作...
映画評「スラムドッグ$ミリオネア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年イギリス映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
完成! 「スラムドッグ$ミリオネア」  (ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー)
                    今作は ■   「生命力に満ちたインドの民衆」                   ...
スラムドッグ$ミリオネア (いやいやえん)
今更ながらの鑑賞です。運じゃなく、運命だった。スラム街で育ったジャマールの純愛ドラマでもありました。 過酷な人生の中に希望があった。有名番組「クイズ$ミリオネア」の問題と、ジャマールの人生がリンクして
【映画】スラムドッグ$ミリオネア…マダオドックで知っていた (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
(夜は) 先週の頭からインフルエンザを発症して苦しんでいたピロEKです 2013年1月7日(月曜日)のどに異変を感じるも、マスクを着けて出社。日中は特に悪化の兆しも無かったのですが、夜になって38.5度の発熱が続く。 なのに…翌日1月8日(火曜日)は、そのまま出社。...