HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

ヒメジョオン(姫女菀)

2017-05-25 | 白色 春

ヒメジョオンの根生葉は開花時には枯れている。
ヒメジョオンの茎葉には葉柄がある。
茎を折らなくても、それだけの事でもハルジオンとは見分けられる。






(2017.05.18 玉津町)


黄緑色は茎の葉で葉柄を持つ。
根生葉は薄茶色の部分、枯れている。


(2017.05.01 林)

今年もハルジオンは須磨で撮ったきりに終わりそうだ。
河川敷ではヒメジョオンが咲き始めている。

たぶん秋頃まで咲き続ける。


















ヒメジョオン(姫女菀)
 キク科ムカシヨモギ属 Erigeron annuus
(2017.04.25・27 林・明石川)


ロゼット
--------------------------------------------------------------
ヘラバヒメジョオン ヒメジョオン  ハルジオンのロゼット ハルジオン

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンテマ | トップ | ヒメコバンソウ(姫小判草) »

コメントを投稿

白色 春」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。