HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

マンサク(満作)

2017-01-30 | 冬芽・葉痕

日本庭園のマンサク三種。
庭園の南端から一段降りた場所のシナマンサクと思しきモノは伐採された。
ここでも樹勢は年々衰えているから
早晩、伐採対象になってしまうかも知れない。
赤花種は二本、一本は息絶え絶え状態から脱したようで、今年は蕾が多い。

ところが日本家屋の南に、シナマンサクに隠れるようにして育つマンサクは
どうも弱っている様子、今年も花は余り期待出来ない。


目立つのは葉芽、花芽は数えるほどしかない。







マンサク(満作) マンサク科マンサク属 Hamamelis japonica
アカバナマンサク
Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata
シナマンサク Hamamelis mollis
マンサクとシナマンサクの交配種 Hamamelis x intermedia

(2017.01.28 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
アカバナマンサク・シナマンサクの冬芽 シナマンサク アカバナマンサク 森林のマンサク・シナマンサク

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオギリ(青桐、梧桐) | トップ | マンサク シナマンサク(支... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。