HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

アメリカネナシカズラ(亜米利加根無し葛)

2016-10-07 | 草 果実・種子

雨はさほど降らなかったけれど、曇り空が延々と続いた。
明石川が警戒水位に達することはなかったけれど足を運んだのは久し振り。
猛威を奮っているセイバンモロコシは相変わらずで
アメリカネナシカズラはハクチョウソウに絡んだままそろそろお終い。
マダラケシツブゾウムシが寄生して出来たネナシカズラツルコブフシは
ハクチョウソウが枯れ始めたから、余計に目立つ程にぶら下がっている。






(2016.10.06  明石川)

ネナシカズラが凄い勢いで広がっている。
その近くでアメリカネナシカズラ、こちらはほぼお終いだけれど
奇妙な物体がぶら下がっている。


絡みついているのはハクチョウソウの長く伸びきった茎。
その先端部分にはまだ花が咲き続けている。









茶色は膨らんだ果実、未熟な果実、まだ花をつけているものに混じって奇妙な物体が見えた。
寄生植物に寄生する摩訶不思議な図。




ネナシカズラツルコブフシ、寄生主はマダラケシツブゾウムシ。
こんなのも有りなのだ。




(2016.09.17  明石川)

ここでもヨモギとアレチヌスビトハギに絡まっている。










(2016.08.18  森林植物園)

不思議だけれど、似たような雑草類は同じ場所に一緒に広がっているものだ。
北山貯水池の北側にある小さな池へのアプローチはヒメジョオン畑。
雑多な草が茂っているし、イノシシが掘り返した跡も残っている。
メドハギが上に伸び、ヤハズソウは地面に広がっている。
ヨモギの茎や葉にはアメリカネナシカズラ。
どこかで見かけたような光景が広がっている。




(2016.07.18  甲山)

去年と全く同じ場所にアレチヌスビトハギが猛威を奮いそうだ。
まだ葉が広がり始めたばかりの幼苗に
アメリカネナシカズラが既に絡みついている。




縦に伸びているのはホソムギ。





シロツメクサにも絡みついている。

アメリカネナシカズラ(亜米利加根無し葛)
 
ヒルガオ科ネナシカズラ属 Cuscuta pentagona
(2016.06.28  明石川)
--------------------------------------------------------------
去年のアメリカネナシカズラ  去年のネナシカズラ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クサネム(草合歓) | トップ | ハクチョウソウ(白蝶草・ヤ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。