HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ノゲシ(野芥子)

2017-03-03 | 黄色 冬

久し振りにオニノゲシのロゼット葉。
蕾もついていたから、花が咲くだろう。

少し離れた場所にノゲシ、花が咲いている。








(2017.02.26  新明町)

あちこちで黄色の花が咲いているのだから
今更ロゼットではあるまい…と思いながら、それでも撮っている。


(2017.02.12  明石公園)




(2017.02.11 須磨離宮公園)


(2017.02.04 北王子町)

襤褸のような綿毛は、ノゲシの綿毛。
ノボロギクはやっと花が咲いて暫くすれば同じように綿毛を飛ばし始める。
どちらが襤褸だろうか…と、時々は考える。
こちらのノゲシの方が襤褸に相応しい?気がする。












このノゲシの綿毛の飛び方はかなり特徴的、甲斐信枝さんの絵本「のげしのおひさま」に描いていらっしゃる。
襤褸…と言うのは失礼かも知れない。


(2017.01.06 松江)

ノゲシ、またの名をハルノノゲシ。

アキノノゲシがあるから、そう呼ばれる事もある…そうだ。
確かに春の花だろうけれど、野辺の花は秋に咲くものも多い。
秋から冬に咲くものもハルノノゲシ。




左の花の下には蕾、右の花の横は開花後の姿、暫くすれば上の画像のように綿毛が出て来る。
(2016.12.29 林)









ホトケノザを従えるように伸びている。

寒さに縮んではいない。
存分に日射しを浴びているから葉も艶々と輝いている。





(2016.12.17 松江)


ノゲシ(野芥子)  キク科ノゲシ属 Sonchus oleraceus
ウスジロノゲシ Sonchus oleraceus f. lilacina
(2016.12.15 北王子町)


先週のノゲシ
--------------------------------------------------------------
今年の秋のノゲシ ノゲシの綿毛

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) | トップ | ノボロギク(野襤褸菊) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。