HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

ハナハマセンブリ(花浜千振)

2017-06-18 | 赤・桃色 夏

今日から、神戸・北野坂で「Kobe植物画会」のボタニカルアート展。
必ず、とまではいかないけれど、同窓が何人かは集まって出掛けることにしている。
今日は順ちゃん、幸ちゃんと女房どのの四人。
二年前に足を痛めていた小西は、思いがけないほど元気になって
相変わらず忙しく参観者の応対をしていたから嬉しかった。

その会場で、会のメンバーの方から問われたのがこの花。
小西が『この人のブロクねぇ~』と紹介してくれた。
何と何と…その方は「林の子」をご存じだったから驚いた。
そんなこんなのミニ同窓会、西村珈琲店で散々喋って食べて、今年もみんな元気だった。
























(2017.06.15 林崎町)




(2017.06.13 林崎町)

この花が咲く場所には殆ど同じ頃にヤブジラミも咲きはじめる。
今年も咲きましたね…と、今年も声をかけられた。
雑草には違いないし、手入れされる場所では無いけれど
毎年同じ場所で撮る事が出来るのは嬉しいことだ。






































ハナハマセンブリ(花浜千振) 
リンドウ科シマセンブリ属
Centaurium tenuiflorum(=Centaurium pulchellum)
(2017.06.10 林崎町)
Centaurium tenuiflorum がハナハマセンブリの正名(標準名)
Centaurium pulchellum はハナハマセンブリの異名、
Centaurium pulchellum var. altaicumはコゴメセンブリの標準名とされている。


ベニバナセンブリと思われる花
-------------------------------------------------------------
去年のハナハマセンブリ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キクイモモドキ(菊芋擬き) | トップ | トウモロコシ(玉蜀黍) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。