HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

クスノキ(樟の木)

2017-03-08 | 樹木 果実・葉

下の画像と何が違っているのだろう。
三ヶ月経っている。




(2016.12.10 明石公園)

明石公園を回って帰った。

カラスノゴマの種子を30分ほど撮っていた。
アメリカスズカケが「もう一つのマックロクロスケ」になりかけている。






(2016.12.10 明石公園)


(2016.12.03 須磨離宮公園)


神戸市の樹はクスノキではなく、クロマツ…だそうだ。
それでも公園や街路、何処にもクスノキは多い。
秋の深まりと共に、樹下には黒い果実。

北風が吹き抜け始めると落ち葉。










(2016.11.22 須磨離宮公園)


緑葉の中に一枚、二枚と赤く色づいた葉が混じっている。









(2016.10.30 明石西公園)


正門への歩道橋からは目の前にクスノキ。
今日は風が強い。
後で知ったことだけれど、木枯らし一番…だった。










この葉群れは、春先までは残ることなく冬に落葉するのだろう。
クスノキ(樟の木)
 
クスノキ科ニッケイ属 Cinnamomum camphora
(2016.10.29 須磨離宮公園)

【クスノキの赤い葉】
クスノキは常緑樹、春先に古い葉を落とし若葉が芽生える。
芽生えの柔らかい葉は虫に食べられてしまう恐れが高いので
葉緑素に多くの投資をせずに、赤っぽい葉が芽吹く。
赤い葉については、赤い色素が紫外線から葉を守るという説、赤い色素が寒さから葉を守るという説もある。
秋に残っている赤い葉は枯れ落ちる直前の葉、春の若葉とは違う。
--------------------------------------------------------------
クスノキの冬芽 今年のクスノキ  幾つかの挿話

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリ(桐) | トップ | 明石公園の梅 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。