HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

キリ(桐)

2017-03-08 | 冬芽・葉痕

これは公園の本丸広場の桐。
落雷に遭ったとの話が流布している樹。
かなりの太さだけれど決して立派な姿ではない。
花も細々としか咲かない。

それでも枯れる事無くこの場所にある。














(2017.03.02 明石公園)


伐ることで若木が早く出て生長する、だから切りの木、桐の木。

若木は、生長を支えるために葉が大きいから、葉痕も目立つ。
成木になるとここまでの葉痕は見られない。










キリ(桐)
 キリ(←ゴマノハグサ←ノウゼンカズラ)科キリ属
Paulownia tomentosa(= Paulownia imperialis)

(2017.02.03 硯町)
--------------------------------------------------------------
キリの花 冬芽・葉痕 秋のキリの若木

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカスズカケノキ(亜米... | トップ | クスノキ(樟の木) »

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。