村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

悪天候には、室内作業へ

2017-07-13 16:43:59 | 菜園の概況

今日の天候については、明け方に一時降ったものの、本降りについては昼前からで、昼過ぎまでかなりの降雨となりました。正午前後の昼頃が一番の降雨となっていて、降り始めから15時までの降雨量については、113㎜(静岡気象台参考Data)と、4日から久しぶりの多量の降雨となりました。

4日の降雨については、1時間の最大降雨量は84.5㎜と全体降雨量の87%が一時間に降ったことになりますが、今回の降雨については、前日夜遅くから少しずつ降り始め、未明には降雨が無かったもの、今回も60㎜ / 時間 程度の降雨となっています。

わが菜園については、集中降雨があっても、圃場への溜まりについてはほとんどなく、圃場借地してからの土づくりと排水などの圃場改善が、かなり効果が出ています。

こんな中で、農業をする際については、ほとんど農休みはできなく、四葉胡瓜などの収穫を一日休むとヘチマのように太くなってしまいます。本日も四葉胡瓜の収穫については、前日少し切り込みをしながら、本日は収穫を休み、明日太くなったものについては、廃棄とします。無人直売などでの販売については、店頭物より良いもので対応するのが一番で、儲けるのではなく喜んで頂くものにしてゆきたいです。

こんな中で、一度目の降雨については、かなりのものがあり、気象庁の高解像度降水ナウキャストを確認しながらの圃場作業への戻りや、作業の見直しをしています。たまたま昨日チョットしたことで転倒したりもして、農休日と現在溜まっている作付け計画の見直しなども含めて、久しぶりに取り組んでいます。

今年の作業に対しての変更は極端なものはないものの、現在無人直売で販売している野菜が、少しずつですが、多品目の要望が出て来ていて、これらについても考慮してゆかなければならないものと思います。

現在の無人直売の作物については、四葉胡瓜・トマト(大玉・中玉)・茄子(中長茄子・長茄子)・ピーマンとなっていて、要望ではできれば秋からには葉物も欲しいとの事ですから、これらについては、わが菜園としてもいろいろと見直しもしてゆきたいですね。

この圃場での作物については、すべての作物については、わが菜園として、栽培履歴そのものは記載して、何が有ってもCheckできるようにしてありますが、今Seasonの5月からは、第3者機関 「農場物語 ~A Farm Story~ http://www.noujou.com/  」 の栽培履歴も取り入れ、無人直売の棚の中の作物でも、スマホで栽培履歴が確認できるように計画を進めていて、全体作物については、7月下旬から播種する作物から、本格的に取り入れたいと計画しています。

以前ブログを始めて立ち上げた際のブログタイトルが「田舎のお百姓・・・(http://www.noujou.com/ )復活しました」始まりましたが、現在はブログタイトルそのものが、菜園名になっていて、安心安全の中で、新鮮な野菜を食して頂くように、出しています。

わが菜園の無人直売については、隠しカメラもありませんが、盗難や料金の減額などと言ったことは全くないので、心配はほとんどしていません。鮮度の落ちたものについては、早め早めの取外しを行い、棚の中に2日以上は行いことをしています。

現在の無人直売の宣伝もしていませんが、購入して頂く皆様のツイッターなどでの広がりがあるようで、地域の周りのみならず、かなり遠くから購入しに来て頂くようです。

 静岡県焼津市の13日9時38分の空模様この地域が×です

 

☜  スマホなどで、バーコードをClickして見てください !! ・・・・・わが菜園の農場物語 ~A Farm Story~を閲覧できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が楽になった育苗管理 | トップ | 作型の切り替え・・・片付け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL